仕事 (Business)

LCQ2:電子消費バウチャー

LCQ2:電子消費バウチャー以下はHonChanによる質問です本日(9月15日)の立法評議会におけるハクカンと金融サービス財務長官のクリストファー・ホイ氏の回答: 質問: 今月1日の電子消費バウチャーの最初のバッチは、記入して提出した紙の登録フォームの情報に誤りがあるか欠落しているため、かなりの数の一般市民が予定どおりに支払われませんでした。 今月初めの数日間、そのような人(多くは高齢者)が消費バウチャー制度事務局に集まり、問い合わせや再登録を行い、行列が長くなりました。 その後、事務局は、登録の再提出のための特別取り決めの期限を今月の15日まで延長した。 これに関連して、政府はこの評議会に次のことを通知しますか。 (1)処理が完了し、進行中の、再提出された登録のそれぞれの最新の数。  (2)今月の1日までに、政府が誤った情報または欠落した情報を含む多数の紙の登録フォームに気付いていたかどうか。 もしそうなら、なぜ政府は訪問者の流れをそらすために様々な地区の政府の会場に事務所を設置することを含むフォローアップ作業のための良い準備をしなかったのか。 と (3)同様の事件の再発を回避するために、スキームの取り決めを包括​​的に見直すかどうか。 返事: 大統領、 財務長官は2021年から22年の予算で、消費者心理を刺激し、地元の消費を促進し、それによって景気回復を加速することを目的とした消費バウチャースキーム(スキーム)の実施を発表しました。 同時に、スキームを通じて、より多くの地元の商人や一般の人々が電子決済を使用することを奨励し、それによって地元の電子決済市場の発展を促進します。 スキームの登録期間中(すなわち、7月4日から8月14日)に、重複したものと無効なものを含めて、合計約690万件の登録がありました。 2,000ドルの最初のバウチャーは、それぞれ8月1日と9月1日に、合計約630万人の適格者に支払われました。 観察されたように、支払われた消費バウチャーは、市場に刺激的な効果を効果的に生み出し、商人のビジネスを大幅に後押ししました。 コミュニティの全体的な反応は非常に肯定的です。 残りの約60万件の登録については、約10万件が不適格者からのものであり、20万件が重複登録であり、残りの30万件程度は、提供された情報が不完全または不正確であるためにさらに処理されておらず、そのうち28万件を超える登録者が補足情報を提供するか、登録期間が終了する前に提供された情報を修正しました。 その結果、登録期間終了時に処理できなかった登録が約19000件ありました。 関連する登録者が補足情報を提供するのに十分な時間を確保するために、8月16日から31日の間に一度紙の形式で登録を再提出できるように特別な手配をしました。紙の登録フォームを受け取って処理するスタッフを手配することにより、提供された情報が正しく完全であることを確認できます。 9月1日の事情を踏まえ、9月15日まで特別手配を延長しました。その後、大幅な人員増員、土曜日のサービス時間の延長、3つのサービスセンターの運営を行いました。 本ちゃんが提起した質問のさまざまな部分に対する私の回答は次のとおりです。  (1)9月14日現在、上記の特別取り決めにより、合計約18,200件の登録が再提出され、約13,000件の登録が処理されました。 8月16日から9月15日までの間に特別な取り決めを利用して登録を再提出した人は、資格が確認されると、10月1日に2,000ドルの最初のバウチャーを受け取ります。  (2)7月4日のスキーム登録開始以来、登録の進捗状況を注視しております。 スキームの発表された実装の詳細に従って、登録が成功しなかった登録者にSMSが送信され、登録プロセスを完了するための補足情報を提供するように通知されました。 SMS対応の携帯電話番号を提供していない場合は、補足情報を提供するように通知するために、提供された電話番号に電話をかけました。 さらに、スキームの登録期限や、多数のプレスリリースを通じて再提出による補足情報の提供に関する特別な取り決めに繰り返し注目を集めています。 また、プレスリリースやソーシャルメディアを通じて、ホットライン185000の対話型音声応答システムを介して登録ステータスを確認できることを一般の人々に思い出させました。 一部の登録者は、9月1日、つまり2番目のバッチのバウチャーの支払い日にバウチャーを受け取らなかった場合にのみ、登録が成功しなかったことに気づきました。 一部の登録者はできるだけ早く登録を再提出したいと思うかもしれないので、事務局に突然の訪問者が流入し、待ち時間が長くなりました。 一部の高齢者が旺角の事務局に再提出するために長い道のりを旅しているのを見て、私たちは非常に残念に思いました。 これは、私たちの実施、準備、取り決めには確かに改善の余地があり、より思慮深くなる可能性があることを反映しています。 9月1日に特別契約を9月15日まで2週間延長することを発表し、人員を大幅に増やし、土曜日に追加のサービス時間を利用できるようにするなど、すぐに対応しました。 また、9月6日より、各地区の方の再登録を容易にするため、セントラル、タイポー、トゥエンムンに3つのサービスセンターを増設しました。これまでのところ、事務局と3つのサービスセンターは順調に稼働しており、長く待つ必要はありません。  (3)政府が多数の受益者を巻き込んだ消費バウチャー制度を実施するのは今回が初めてであり、準備・実施の過程で様々な困難や課題に直面している。 私たちは、さまざまな人々や利害関係者のニーズに応えるよう努め、セキュリティとシンプルさのバランスを取りながら、スキームの実装と有効性が消費の促進と電子機器の使用の促進というポリシーの目的に沿っていることを確認するよう努めました。支払い。 スキームの実施を引き続き監視し、円滑に運用されるようにします。 社長、ありがとうございました。終了/ 2021年9月15日水曜日 Issued at HKT 15:30 NNNN

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button