ニュース (News)

BJフォックスはメンタルヘルスへの意識を高めるためにTELLでステップアップします

イギリスのコメディアン、作家、俳優のBJ Foxは、スタンダップコメディコメディー集団での仕事で国際社会の多くの人に親しまれていますが、現在FoxはTELLと協力して、最も深刻な社会問題の1つに対する意識と資金を高めています。今日私たちに影響を与えている–メンタルヘルス。 チャリティーのアンバサダーとして、フォックスはTELL2021のステップアップチャレンジの宣伝を支援しています。 、081ステップ–昨年日本で自殺で亡くなったすべての人に1つ。 TELLは、友人、同僚、クラスメート、家族、そして個人のチームを招待して、世界自殺予防デー(9月24の間の日を選びます。 )と世界メンタルヘルスデー(10月10)でチャレンジを完了します。 主な焦点が歩くことである間、参加者は創造的であり、彼らと彼らの状況のた​​めに働く方法で挑戦を解釈することが奨励されます。 「実際、そして悲しいことに、TELLとのつながりはコメディから始まりました。残念ながら、数年前、東京のスタンドアップコミュニティがメンバーの1人を自殺で失いました」とFoxは言います。 「これにより、私たちのグループはTELLの募金ショーを開催するようになりました。また、私は多くの自問自答を行い、TELLとより個人的なつながりを持つようになりました。 「あなたのコミュニティのメンバーが自殺で亡くなると、悲しみは別として、それは多くの罪悪感と怒りにつながる可能性があります。それは確かに私にも当てはまりました。 私たちは何ができただろうか? そこに看板はありましたか? 現在、私はTELLの大使であり、TELLが私たちのコミュニティに提供する素晴らしいサポートに対する認識を高めようとしています。」 パンデミックのメンタルヘルスコビッドへの影響-19は日本のすべての人に大きな打撃を与えましたが、国際的な多くの人々にとって追加の課題がありましたコミュニティ、旅行制限やウイルスの拡散への懸念などの問題のために海外の愛する人から切り離されました。 Foxも例外ではありません。 「私にとって、そして多くの国際社会にとって、母国の家族から離れ、状況がいつ解決するかわからないことは非常に苦痛です。 私の娘はパンデミックの初期に生まれました。彼女が1歳を超えており、私の母に会っていないと思うのはとても悲しいことです」と彼は率直に言います。 日本では自殺とメンタルヘルスの問題が長い間タブーのテーマでしたが、特に昨年12月にプロレスラーでリアリティ番組のスターである木村花が亡くなった後、テニススターによる最近の公の証言により、対話は改善しているとフォックスは指摘します。大坂なおみと米国体操チャンピオンのシモーネ・バイルズ。 しかし、これらの問題に関するスティグマを取り除き、人々が手を差し伸べて話を聞くことができることを人々が理解できるようにするための作業はまだたくさんあります。 接続を維持する個人的な立場では、パンデミックにより、Foxは、人々とチェックインして接続を維持する必要性をこれまで以上に認識しています。 「ジムで友達にぶつかったり、職場で、コメディーのギグで、私たちが持っていた構造物の多くが持ち去られ、気づかずに人々との接触が失われました。 これは、チェックインしてそれらの接続を再確立するだけの良い瞬間のようです」と彼は言います。 パンデミックの間、TELLは、ウェブサイト、ソーシャルメディア、遠隔治療、ライフラインとチャットを介して重要な情報とリソースを提供し続けてきましたが、定期的な募金活動の多くは保留されていました。 2021ステップアップチャレンジから集められた資金は、24時間の提供に向けられます日本の危機支援サービス。 「国際社会のほとんどのメンバーは、多かれ少なかれ自殺の影響を受けていると思います。私は、すべての人が参加し、社会集団や職場での意識を高め、サービスの提供に努めるTELLを支援することを奨励します24時間、週7日」と、フォックス氏は言います。 チームの登録方法や寄付方法など、TELL2021ステップアップチャレンジの詳細については、www.tellevents.org /をご覧ください。TWImpact:Hike for MentalHealthの詳細ここでの認識

  • マーケティング (Marketing)
  • 仕事 (Business)
  • 健康 (Health)
  • 食物 (Food)
  • ニュース (News)
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Back to top button