Entertainment Japanese news daily

seibu railway| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

seibu railway, /seibu-railway,

Video: Kyushu railway from YouTube · Duration: 1 minutes 25 seconds

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

seibu railway, 1 month ago, Kyushu railway from YouTube · Duration: 1 minutes 25 seconds , , James 5 fan spare

,

重要なお知らせ


新型コロナウイルスに関連する感染予防について

最新情報

2022-10-20

川越市市制施行100周年記念事業×鉄道三社協働事業 「電車で行く! 小江戸川越古地図めぐり」と ヘッドマークの掲出を行います

2022-10-20

【乗車ポイント】東大和スケートセンター・あそびっぐリニューアル記念

2022-10-19

2022年12月3日(土) 「52席の至福×台湾好吃(ハウチ)」トレインを運行します!

2022-10-18

第15回「SEIBU Green Marché」 2022年11月12日(土) 石神井公園駅前にて開催!

2022-10-18

「やめましょう、歩きスマホ。」キャンペーンの実施について(PDFを開く)

2022-10-18

池袋線等にて『DORAEMONーGO!』を2022年10月21日(金)より期間限定で運行します!(PDFを開く)

2022-10-17

インターネット予約サービスの 終了 に ついて(PDFを開く)

2022-10-17

チケットレスサービス「 Smooz 」の前売発売制限について(PDFを開く)

2022-10-17

【お詫び】山口線 車両設備の不具合による運転見合わせについて(PDFを開く)

2022-10-17

チケットレスサービス「Smooz」積立ポイントの払戻しについて(PDFを開く)

詳細については、次の URL をご覧ください。……

お知らせ

チケットレスサービス

「Smooz」とは?

窓口や券売機に並んで特急券・指定券を購入する必要はありません。
インターネットにアクセスできれば、いつでもどこでも購入OK!

あらかじめ登録したクレジットカードから「積立ポイント」を積立。そして「積立ポイント」から特急券・指定券を購入。
すべてネット上でできるから、キャッシュレスです!

スマートフォンやパソコンなどで購入した「ネット購入券」で乗車。駅の窓口や券売機で、特急券・指定券に引き換える手間がないのでスムーズに乗車できます!

  • シートマップから
    好きな座席が選べる!

    お手持ちのスマートフォン等で、ご希望の列車のシートマップを見ながらお好きな座席を選べます!

その他にも使える
機能がいっぱい

1度に4席まで確保できる!

秩父や川越への旅行にも便利!
また仕事終わりに、一緒に帰る同僚の分まで席を確保できます。

ご利用区間が同一の場合に限ります。

乗車変更は2回までできる!

急な予定変更があっても安心!
購入したネット購入券は2回まで手数料不要で変更できます。

乗車までの流れ

  1. まずは会員登録

  2. ログイン後、
    積立ポイントの購入

  3. ご希望の列車を選択

  4. 「Smooz」にログインできる端末を持って乗車

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

西武鉄道は、東急阪急電鉄阪急阪神ホールディングス)などの大手私鉄と同じように、経営の多角化を早くに進め、また自社の不動産を中心とした非鉄道事業で大きな利益を上げている。祖業が堤康次郎率いる不動産会社の箱根土地(後のコクド)であることも、その背景である。不動産開発は西武沿線は勿論のこと、神奈川県千葉県房総伊豆箱根地方にも広がり、堤康次郎の出身地である滋賀県も1943年から近江鉄道を傘下としていること[4]などにより西武鉄道の事業エリアとなっている。

昭和中期には箱根の不動産開発をめぐり小田急グループ(当時の東急系)と「箱根山戦争」と称される縄張り争いが繰り広げられた。現代では、2003年から小田急電鉄と観光地や鉄道沿線事業での提携や、「東急線西武線まるごときっぷ」といった共通商品の開発に乗り出しており、また2013年以降は東京メトロ副都心線を経由して西武池袋線東急東横線が相互直通運転を開始するなど、対立していた小田急や東急と現在では協調している。

鉄道事業での収入より不動産部門の方が主となっているが、2006年のグループ再編により、日本国内のリゾート関係の不動産は兄弟会社のプリンスホテル西武プロパティーズ(旧:西武不動産販売)へ段階的に譲渡されている。旧宮家(皇族)の持っていた東京都心や駅前の超一等地、神奈川県の箱根や湘南長野県軽井沢といった人気リゾート地にホテルやスキー場ゴルフ場などの広大な土地を所有しており、企業の土地資産価値で日本一の時代もあった。かつては阪急や東急、近鉄を抑えて大手私鉄の中で時価総額が最大であった。その恵まれた土地資産を活用して、石神井公園駅大泉学園駅小手指駅周辺などの沿線再開発のほか、赤坂プリンスホテル跡地に大規模な再開発ビルである「東京ガーデンテラス紀尾井町」を開業した。また、所沢駅周辺や東京都区部池袋品川高輪でも再開発を進行・計画中である。

西武グループとして商業施設や小売・外食店を展開している[5] ものの、関東の大手私鉄では相模鉄道(相鉄)[注 1]東京地下鉄(東京メトロ)とともに、グループ内に百貨店を持っていない(百貨店の「西武」を経営するそごう・西武は後述するようにセブン&アイ・ホールディングス傘下であり系列外)。これは、創業者である堤康次郎死後、西武鉄道などは堤義明率いる西武鉄道グループ(現:西武グループ)、西武百貨店などは堤清二率いる西武流通グループ(後のセゾングループ、2000年代に実質解体)の2グループに分かれたため。ただし、2003年のミレニアムリテイリング第三社割当増資時に和田繁明社長(当時)が堤義明会長(当時)へ打診し、西武鉄道が出資を引き受けた。2006年の西武ホールディングス設立に伴うコクドの第三者割当増資時にはミレニアムが10億円出資を引き受け、セブン&アイ・ホールディングスがミレニアム株式を現金で買上げるまでの数か月間は株式の持ち合い状態であった。2020年時点でも、西武グループの統括会社である西武ホールディングスとセブン&アイ・ホールディングスは「連携強化のため」にお互いに株式を持ち合っており[6]、西武鉄道・プリンスホテルと西武池袋本店が共同で外国人観光客誘致を行う[7]秩父地方で採れた農産物を西武の特急列車で輸送し、西武池袋本店で販売する[8]などの協業を行っている(詳細は「そごう・西武#西武鉄道グループとの関係」参照)。

西武百貨店の小店舗として登場したスーパーマーケット西友が西武沿線に多いのは、グループ分裂前に発展過程で店舗と土地を賃貸しているのが、現在まで継続しているからである。西友が米ウォルマートの子会社になってからも西友とのつながりは未だに深く、西武鉄道の開発するニュータウンや駅改良工事後に、西友の新店舗が開店することが多い。また、西友の小売事業として発足したファミリーマートとは、駅ナカコンビニTOMONY(トモニー)の展開で提携しているなど、かつてのセゾングループとのつながりを見ることが出来る。

一方で西武鉄道グループとしても、西武プロパティーズ(旧:西武商事)を介して、PePeEmioなどの駅ビルやBIG BOXアウトレットモールといった大型商業施設の運営を行っている。また、旅行業部門として西武観光を擁しており、一般客向けには西武線のターミナル駅構内に窓口が置かれている。

首都圏で東京都区部と周辺地域を結ぶ鉄道他社、特に小田急電鉄や東急電鉄では利用客の増加に対応し線路の複々線化が活発に行われたが、西武鉄道では複々線化について、池袋線では練馬駅から石神井公園駅までを複々線化した一方で、新宿線では西武新宿駅上石神井駅間の複々線化が計画されたが、その後少子高齢化の進行に伴う利用客の減少の見込み等により、計画を中止した。

一方、老朽化した駅施設などのリニューアルを活発に進めており、1999年の田無駅を皮切りに野方花小金井狭山市東長崎江古田東久留米所沢の各駅で駅舎の全面改築が行われている。2007年からはファミリーマートと協業した駅売店「TOMONY(トモニー)」や2010年代以降は駅ビル型の中小規模な駅ナカ商業施設として「Emio(エミオ)」やより大規模な「Grand Emio(グランエミオ)」を開業させ、駅の改築に合わせて順次展開していく見通しである。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

History[edit]

“Seibu Railway” was originally the name of a tram service between Shinjuku and Ogikubo, which was transferred to the Tokyo metropolitan government in 1951 and eventually closed in 1962. The Seibu Railway was acquired in 1921 by the Kawagoe Railway, which had operated a train service between Kokubunji and Kawagoe since 1894; the merged company kept the “Seibu” name and expanded its main line to Takadanobaba, forming what is now known as the Seibu Shinjuku Line.

The current Seibu Railway is a product of a 1945 merger between the former Seibu Railway and the Musashino Railway, which was founded in 1912 to operate what is now known as the Seibu Ikebukuro Line. The merger was largely orchestrated by Yasujirō Tsutsumi, a real estate developer who opened the Tamako Railway (now the Seibu Tamako Line) in 1928, became a major shareholder in the Musashino Railway and merged the two in 1940.

In 1944, the Tokyo metropolitan government, under the administration of Shigeo Ōdachi, hired the Seibu Railway and the Musashino Railway to provide a coordinated service to transport night soil from central Tokyo to outlying disposal areas. At the time, night soil was generally transported by truck to Tokyo Bay and disposed of by dumping there, but the progress of World War II led to gasoline and personnel shortages which made this system unsustainable. The sewage service continued through the American occupation until 1951. As a result of this service cooperation, Seibu Railway merged with Musashino Railway to form the current Seibu Railway, effective in September 1945. Tokyu Group president Keita Goto had an intense personal rivalry with Tsutsumi, and unsuccessfully attempted to block both Tsutsumi’s takeover of the Musashino Railway and its merger with the Seibu Railway.[1]

The former Seibu network based around Shinjuku and the former Musashino network based around Ikebukuro remain operationally separated today. In 1986, Seibu Railway moved its headquarters from the Ikebukuro area to Tokorozawa, Saitama, where the two main Seibu lines intersect.

Tsutsumi became the controlling shareholder in Seibu Railway following the merger through his holding company Kokudo Corporation. After gaining control of Seibu, Kokudo developed the Prince Hotels chain, acquired the baseball team now known as the Saitama Seibu Lions, in addition to continuing its core real estate business throughout the Tokyo area. Seibu Railway had its initial public offering on the Tokyo Stock Exchange in 1949 but remained under the control of Tsutsumi through Kokudo.

Station numbering was introduced on all Seibu Railway lines during fiscal 2012.[2]

Delisting and takeover struggle[edit]

Tsutsumi registered Seibu Railway shares owned by Kokudo in the names of various affiliated individuals, often without their permission, so that the true ownership of the company was not readily apparent.[3] Following the death of Tsutsumi in 1964, his third son Yoshiaki Tsutsumi inherited control of Kokudo and continued the practice of falsifying shareholder records. His holdings in Kokudo and Seibu led to his being deemed the “world’s richest man” by Forbes magazine for four consecutive years from 1987 to 1990, with estimated net worth of $15–20 billion during the height of the Japanese asset bubble. He was arrested on securities fraud charges in March 2005.[4]

On December 21, 2005, Seibu Railway was delisted from the Tokyo Stock Exchange. A reorganization of the group, completed in February 2006, created Seibu Holdings to act as a holding company for both the railway and Prince Hotels. Cerberus Capital Management, an American investment fund, became the largest shareholder in Seibu Holdings with a 29.9% share of the new company.[1]

In late 2012 and early 2013, Cerberus proposed that Seibu Railway abolish five non-core lines, along with other restructuring measures throughout the Seibu Holdings group, but management refused to implement these changes. Cerberus then executed a tender offer to increase its stake to 35% as of June 2013, giving Cerberus the power to veto shareholder resolutions.[5] Cerberus had aimed to raise its stake to 44%, bringing it closer to an outright majority, but Seibu management engaged in a massive campaign to thwart the tender offer, including advertising within Seibu trains to passengers who owned stock. The East Japan Railway Company and several financial institutions also planned a support scheme to keep Cerberus from acquiring control of Seibu, but it was ultimately not implemented due to a lack of potential financial benefit for the investors. At the June 2013 shareholder meeting, several proposals by Cerberus were voted down, including the election of outside directors and the abolition of non-core lines.[6]

As of June 2013, Yoshiaki Tsutsumi remains a major investor in Seibu Holdings through his 36% investment in NW Corporation, the second-largest shareholder in the company with a share of around 15%. Tsutsumi refused to respond to the Cerberus tender offer at the urging of Seibu management.[6]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button