Entertainment Japanese news daily

wada| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

wada, /wada,

Video: 【カラオケ】トリコ / Nissy(西島隆弘)

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

wada, 2018-10-11, 【カラオケ】トリコ / Nissy(西島隆弘), 作詞:Takahiro Nishijima、Masaya Wada / 作曲:Takahiro Nishijima、Masaya Wada、MANABOON、Sho Kamijo
2018年9月30日リリース
映画『あのコの、トリコ。』主題歌

■ガイドメロディなし(オフボーカル)
キー変更 https://utatchaoh.blogspot.com/2021/07/76343.html

■カラオケ再生リスト
週間トップ50 https://bit.ly/31uz16I

■早押しクイズ
Nissy(西島隆弘) https://www.utadon.com/playlist?key2=6081

人気曲のカラオケ動画を続々公開中。
「歌詞を覚えたい」「歌を練習したい」「歌ってみた・弾いてみた動画を配信したい」そんなアナタにおすすめ!
よろしければチャンネル登録をお願いします。

■歌っちゃ王動画の権利について
原盤権は株式会社友ミュージック:歌っちゃ王が保有しております。
音源は、すべて原曲を耳コピーして打ち込み(MIDI)制作をし、シンセサイザーを演奏したものを録音しております。
画像もすべてオリジナル制作となります。

■歌っちゃ王動画のご利用について
チャンネル概要をご確認ください。
https://www.youtube.com/channel/UC1tk9F5-MGXEq4LWnjmrtpA/about, カラオケ歌っちゃ王

,

世界アンチ・ドーピング機構の成り立ち

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)は、世界的なアンチ・ドーピング・ムーブメントを促進、調整、モニターする役割として、1999年11月10日に設立されました。国際オリンピック委員会(IOC)や国際パラリンピック委員会(IPC)を代表するスポーツ界と、各国政府が50:50の拠出金を負担し、協力・連携体制をとる世界の独立組織です。WADAの常任理事会・理事会も、スポーツ界と各国政府が半分ずつで構成されており、政府側の理事兼アジア地域を代表する常任理事として、日本の文部科学副大臣が就任しています。
WADAの重要な活動は「世界アンチ・ドーピング規程(Code)」が、各国で遵守されているかをモニタリングすることや、各国のアンチ・ドーピング機関の環境整備支援、自然科学・社会科学系の調査研究の促進などです。

世界アンチ・ドーピング規程の署名当事者

世界アンチ・ドーピング規程(Code)では、Codeのことを「スポーツにおける世界アンチ・ドーピング・プログラムの基礎となる基本的かつ全世界共通の文書」と定めています。国際競技連盟、各国・地域のオリンピック委員会・パラリンピック委員会、各国アンチ・ドーピング機関、主要競技大会機関などが、WADAに誓約書を提出し、署名当事者としてCodeと、それに紐づく国際基準を遵守することに同意しています。
世界アンチ・ドーピング規程の署名当事者一覧

署名当事者におけるCodeおよび国際基準の遵守については2018年4月1日より施行されている「署名当事者の規程遵守に関する国際基準」をもとに、WADAから監査、評価(制裁あり)を受けることとなっています。

ユネスコ国際規約「スポーツにおけるドーピングの防止に関する国際規約」

2007年2月1日、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の「スポーツにおけるドーピングの防止に関する国際規約」が発効されました。スポーツの持つ大きな社会的価値と教育的価値のため、WADAの設立当初より、アンチ・ドーピング活動に政府が積極的に関与する必要性が世界的に共有されていました。しかし、民間法人であるWADAが取りまとめた「世界アンチ・ドーピング規程(Code)」に対して、政府が直接採択することができないため、一部の国を除き、政府が主体的にアンチ・ドーピング活動に関わることは難しい状況でした。そのような状況の中、ユネスコが発効した「国際規約」という枠組みにより、政府の立場が明確となり、各国においてアンチ・ドーピング活動の実践と推進が行われることとなりました。 我が国では、ユネスコ国際規約の発効を受け、2007年5月、文部科学省により「スポーツにおけるドーピングの防止に関するガイドライン」が策定されました。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Raising the game for clean sport

SPEAK UP!

Help us protect the clean athlete and the integrity of sport.

Every time someone steps forward with information on doping, we move closer to a clean and fair playing field for all.

Discover

  • ADEL

    The Anti-Doping Education and Learning Platform (ADEL) is the central hub for WADA’s eLearning courses and education resources. ADEL supports the anti-doping community by providing training solutions for athletes, their support personnel and other stakeholders.

  • ADAMS

    The Anti-Doping Administration & Management System (ADAMS) is a digital tool that simplifies the daily activities of all stakeholders and athletes involved in the anti-doping system.

WHO WE ARE

  • The World Anti-Doping Agency leads the collaborative worldwide movement for doping-free sport.

    Our key activities include scientific research, education, and development of anti-doping capacities. We are proud to be the world’s unifying force in this field.

詳細については、次の URL をご覧ください。……

世界アンチ・ドーピング機構 - Wikipedia

Join us in raising the game for athletes worldwide

We are constantly looking for top talent to support our mission towards fair play and clean sport. We employ 170+ dedicated, expert staff from over 60 countries of the world. Together, we form a purpose-driven organization committed to building anti-doping capacity and community worldwide.

We are headquartered in Montreal, Canada and have offices in Cape Town, South Africa; Lausanne, Switzerland; Montevideo, Uruguay; Tokyo, Japan and Warsaw, Poland.

Who We Are

  • Our vision

    A world where all athletes can participate in a doping-free sporting environment

  • Our mission

    To lead a collaborative worldwide movement for doping-free sport

  • Our values

    • Integrity

    • Openness

    • Excellence

Diversity, Equity and Inclusion

As the leader of the collaborative worldwide movement for doping-free sport, we are committed to diversity, equity and inclusion. These principles are central to our mission for fair play. In all that we do, we stand against any form of discrimination – race, colour, gender, sexual orientation, language, religion, political opinion or social background.

“Sport is uniquely beautiful in its power to unite people no matter their political ideology, religion, nationality, gender, race or age. As a society, we must aim to preserve fairness in competition and to protect those that participate in sport from doping. If we do not, the beauty and values of sport will be spoiled, and competition will merely be an illusion. We must do everything we can to preserve the beauty and values of sport.”

About WADA

WADA is an international, independent, non-profit organization that is composed and funded equally by the sports movement and governments of the world. Since 1999, we have been leading a collaborative worldwide movement for doping-free sport. As the global regulatory body, our primary role is to promote, develop and enforce harmonized anti-doping rules and regulations, while enabling anti-doping organizations to develop customized anti-doping programs.

Learn more about WADA

Great Place to Work®

  • We are proud to be certified as a Great Place to Work® after a thorough independent analysis conducted by Great Place to Work Institute® Canada (GPTW). While the great majority of WADA’s employees work from our headquarters in Montreal, this certification is based on direct feedback from all WADA employees worldwide

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

WADAは、禁止薬物リスト・検査・分析などの国際的なドーピング検査基準やドーピング違反の罰則規定の統一化、アンチ・ドーピング活動に関する教育・啓発活動等を目的として設立された。現在は、スポーツ界だけでなく、各国政府や公的機関とも協力しながら、アンチ・ドーピング活動を行っている。

1968年のメキシコオリンピック及びグルノーブルオリンピックで初めてドーピング検査が実施されて以降、アンチ・ドーピング活動は国際オリンピック委員会 (IOC)と各競技団体の主導で行われてきた。
しかし1998年のツール・ド・フランスにおいて、チーム主導による組織的なドーピング違反が複数発覚し、選手・チームスタッフ10名以上がフランス警察に逮捕された (通称:フェスティナ事件) 。これをきっかけに、翌1999年に、国際オリンピック委員会 (IOC)の主催で行われた「スポーツにおけるドーピングに関する世界会議」において採択された「ローザンヌ宣言」に基づき、1999年11月にWADAが設立された。

それまでIOCが主幹として取り締まっていたドーピング検査はWADAが行うようになり、2003年3月にはIOC医事規程からWADA規程(WADA Code)が正式なルールとして採用されるようになっている。WADAに反発していた国際サッカー連盟 (FIFA) も[1]、2006年6月に、条件付ながらWADAの統一基準受け入れに合意した。

競技者から採取され検体の分析は、WADAが各国において公認する機関(現在は33機関)に委託されており、日本ではLSIメディエンスが唯一の公認機関となっている。なお、公認機関の検査精度などに問題がある場合は、WADAが公認を取り消す場合もある[2]ドーピング検査は、競技の場で行われるものの他に時間や場所の通告なしで行われる抜き打ち検査がある。プライベートな場で検査を要求される選手側にとっては、不快を感じることやトラブルに発展することもある[3][4]
実際にWADA規程に準拠する国際自転車競技連盟 (UCI) の管轄下のレースで抗議行動が起こる事態に発展した。2008年にロードレース選手のケビン・ヴァンインプに対して通常の抜き打ち検査が行われた。しかし、検査が自身の息子の死と重なったことが波紋を呼び、チームメイトと他チームの選手が団結しての抗議行動となった。[5]

2014年12月、ロシアの陸上選手のドーピング疑惑をドイツの放送局が報じたことを受け、WADAは独立委員会を設置した。2015年11月9日、独立委員会は国家ぐるみでロシアがドーピングを行っているという報告書を発表した[6]。報告書には、検査の際前もってコーチや選手に検査が通告されていた、1400件以上の検体が廃棄されていたなど、ドーピング検査の実態が浮き彫りになっていた。この報告書は、モスクワ反ドーピング研究所の公認取り消し、WADAのロシア反ドーピング機関への不適格認定[7]、さらに、世界陸連のロシアへの出場資格停止処分、2018年平昌オリンピックへの参加禁止など波紋を呼んだ[8][9]

2020年、アメリカ麻薬取締政策局は、世界アンチ・ドーピング機構の改革を提言。行われない場合には、機構への資金拠出を保留することを主張した。これに対して機構側は、資金拠出が停止された場合、アメリカのアスリートがオリンピックを含む国際競技大会に出場できなくなることを示唆した[10]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード wada wada

karaoke, 歌っちゃ王, カラオケ, uta-cha-oh

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button