Entertainment Japanese news daily

カレー 事件| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

カレー 事件, /%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc-%e4%ba%8b%e4%bb%b6,

Video: 【ゆっくり2ch】和歌山カレー事件の真犯人考察がやばすぎた

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

カレー 事件, 2022-08-17, 【ゆっくり2ch】和歌山カレー事件の真犯人考察がやばすぎた, #和歌山カレー事件#犯人#林真須美

元スレ
和歌山カレー事件の真犯人ってずっとビビった生活してるんだろか?
https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1658782210/, トイレの落書き

,

事件の概要[編集]

事件発生[編集]

1998年(平成10年)7月25日、和歌山市園部地区の新興住宅地にある自治会(和歌山市園部第14自治会)が開いた夏祭り[注 1]で、出されたカレーライスを食べた未成年者30人を含む合計67人[注 3]腹痛吐き気などを訴えて病院に搬送された[8]。異変に気付いた人が「カレー、ストップ!」とスタッフに提供を直ちに止めるよう命じ、一連の嘔吐がカレーによるものと発覚した。

中毒症状を起こした被害者67人のうち、園部第14自治会の自治会長男性A(当時64歳)および副会長男性B(当時53歳)和歌山市立有功小学校4年生の男子児童C(当時10歳)と、私立開智高校1年の女子生徒D(16歳)の計4人が死亡した[7]。被害者は会場で食べた人や、自宅に持ち帰って食べた人などで、嘔吐した場所も様々だった。

和歌山県警察および[8]和歌山市保健所は事件発生当初、集団食中毒を疑っていた[注 4][26]が、和歌山県警科学捜査研究所が被害者の吐瀉物や容器に残っていたカレーを検査したところ、青酸化合物の反応が検出された[8]。和歌山県警捜査一課は「何者かが毒物を混入した無差別殺人事件の疑いが強い」と断定し、和歌山東警察署に捜査本部を設置した[7]

毒物[編集]

当初、死亡した自治会長Aの遺体を和歌山県立医科大学において司法解剖した結果、心臓の血液や胃の内容物から青酸化合物が検出されたため、死因を青酸化合物中毒と判断[7]。また、事件発生直後の鑑定では、青酸化合物を使った農薬などの二次製品に含まれる他の物質は検出されなかったため、県警は混入された毒物を「純粋な青酸化合物」に絞り、県外も含めて盗難・紛失事件がなかったか否かを捜査していた一方、ヒ素など他の毒物の検査は行っていなかった[27]。しかし、A以外の死者3人の遺体からは青酸化合物は検出されなかった一方、Aの胃の内容物や、Bの吐瀉物、Cの食べ残しカレーからそれぞれヒ素が検出され[28]、8月2日には捜査本部が「食べ残しのカレーからヒ素が検出された」と発表[29]。同月6日には「混入されたヒ素は、亜ヒ酸またはその化合物」と発表された[29]

これを受け、捜査本部から「死因はヒ素中毒だった疑いがある」と報告を受けた警察庁科学警察研究所が新たに鑑定を実施した結果、4人の心臓および自治会長以外の3人の心臓から採取した血液から、それぞれヒ素が検出された[注 5][28]。これを受け、捜査本部は10月5日、4人の死因を当初の「青酸中毒(およびその疑い)」から「ヒ素中毒」に変更した[31]

毒物学の専門家である山内博(当時、聖マリアンナ医科大学助教授)によると、厚生省(現:厚生労働省)からの要請で山内が和歌山市中央保健所へ向かったのは中毒発生9日目で(事件発生の当日、山内はアメリカ合衆国に滞在)、山内が患者の尿を検査して急性ヒ素中毒であると正式に確定したのは中毒発生10日目だった。原因解明までの10日間、被害者に対して急性ヒ素中毒に有効な治療薬・BAL(British Anti Lewisite)の投与は行われず、対症療法のみであった。
山内によると、急性ヒ素中毒の原因は、カレールーを作る鍋に混入された三酸化ヒ素(無機ヒ素に属す,iAs)であった。三酸化ヒ素は無味無臭で刺激性がない毒物である。鍋に投入された三酸化ヒ素の結晶は大部分が溶解し、カレールーに含有していたヒ素は約6 mg/gと極めて高濃度であった。三酸化ヒ素の致死量は成人でおよそ300 mgとされるので、わずか50 gのカレールーを口にしただけで致死量に達する計算になる。被害者のヒ素摂取量は、重症者では200 mg以上のヒ素摂取者が確認され、軽症者では20 mgから30 mgであった[32]

逮捕・起訴[編集]

1998年10月4日、知人男性に対する殺人未遂と保険金詐欺の容疑で、元保険外交員で主婦の林 眞須美[34](はやし ますみ、1961年昭和36年〉7月22日 – 、事件当時37歳)が、別の詐欺および同未遂容疑をかけられた元シロアリ駆除業者の夫・林健治[注 6]とともに和歌山県警捜査一課・和歌山東警察署による捜査本部に逮捕され[34]、2人とも同月25日に和歌山地方検察庁から起訴された。

10月26日には、眞須美が別の殺人未遂[注 7]および詐欺容疑で、健治も眞須美と同じ詐欺容疑[注 8]でそれぞれ再逮捕され、11月17日に追起訴された[37]

11月18日、眞須美は健治らに対する殺人未遂容疑などで、健治も詐欺容疑で再逮捕され[37]、12月9日には眞須美と健治がそれぞれ詐欺罪で起訴されたほか、眞須美は健治らを被害者とする殺人未遂罪でも追起訴された[38]

さらに12月9日には、カレーの鍋に亜ヒ酸を混入した殺人と殺人未遂の容疑で眞須美が再逮捕された[39]。同年末の12月29日に眞須美は和歌山地検により、殺人と殺人未遂の罪で和歌山地方裁判所へ起訴された[40]

当局が眞須美をカレー毒物混入事件の犯人と断定した理由は、

  1. カレーに混入されたものと組成上の特徴を同じくする亜ヒ酸が、眞須美の自宅等から発見された。
  2. 眞須美の頭髪からも高濃度のヒ素が検出され、その付着状況から亜ヒ酸等を取り扱っていたと推認できる。
  3. 夏祭り当日、眞須美のみが上記カレーの入った鍋に亜ヒ酸をひそかに混入する機会を有しており、その際、眞須美が調理済みのカレーの入った鍋のふたを開けるなどの不審な挙動をしていたことも目撃されている。

ことによる(これらに対する眞須美側の反論は #冤罪疑惑を参照)。さらに眞須美は、カレー毒物混入事件発生の約1年半以内という近接した時期に、保険金取得目的で、1997年(平成9年)2月6日から翌1998年3月28日まで合計4回にわたり人の食べ物にヒ素を混入したが、どれもカレー事件前には発覚せず、まんまと保険金をせしめることに成功した。当局は、眞須美が「カレー毒物混入事件に先立ち、長年にわたり保険金詐欺に係る殺人未遂等の各犯行にも及んでいたのであって、その犯罪性向は根深いものと断ぜざるを得ない」と考えた。和歌山県警は眞須美による犯行を裏付ける直接証拠がない中、多数の間接証拠(目撃証言など)の積み重ねにより、事件当日の状況を分刻みで再現し、嫌疑を否認していた被疑者(眞須美)が犯人であることを立証するという捜査手法を取ったが、『毎日新聞』(大阪本社版)はその手法が京都・大阪連続強盗殺人事件(1984年発生)の際に取られた手法と同一である旨を報じている[44]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「事件は終わっていない・・・」 被害者家族の複雑な胸中

 いま、被害者は事件のことをどう受け止めているのか。「カレー事件被害者の会」の副会長をつとめる杉谷安生さん(74)が、思いを聞かせてくれました。

 杉谷さんは、当時高校生だった長女が被害にあい、入院。一命をとりとめました。

杉谷安生さん

「ここ(事件現場)へ来ると改めて『あぁ…』っていう、蘇ってくるというか、腹が立ってくるというかね、憤りを感じるというか。何年経とうが、もう気持ちはとにかく一緒ですね」

 当時、夏祭りが開かれた現場は、空き地となっています。地元の自治会では、事件の翌年から、毎年、慰霊祭を開いてきましたが、「静かに命日を迎えたい」という遺族からの要望で10年前からとりやめています。

 杉谷さんは、家族で事件を話題にすることはほとんどないといいますが、いまも、毎年7月25日にこの空き地を訪れ、献花を続けています。

杉谷安生さん

「いまでも、亡くなられた方のご家族にどう言えばいいのか言葉がありません。だから、亡くなった方のご冥福を祈るということと、せめて献花だけでもということで、それは自分の気持ちとしてやらせてもらっています。毎日、カレーカレーと思って生活してるわけじゃないんやけども、節々に結局、思い出す。『あれ、なんであんなことしたんやろう』と。『なんで、全く何の罪もない、何の落ち度もない人に、あれだけの被害を与えたりとかしたんかなぁ』、『カレー事件って何だったんやろうかな』と」

 杉谷さんは、林眞須美死刑囚の裁判に何度も足を運び、東京の最高裁にも傍聴に訪れました。

 裁判を通して、事件を起こした動機を知りたいと願っていましたが、判決では、死刑が確定したものの、動機は解明されませんでした。そのため、あれから23年が経とうとしているいまも「事件が終わったわけではない」という思いがぬぐえないといいます。

杉谷安生さん

「最高裁の判事がいろいろ議論に議論を重ねた結果、死刑という判断が下ったんだから、ほとんど間違いないやろなとは思います。でも、やっぱり動機。そういう事件を起こした動機を一番知りたい。未だに動機は何もないでしょ?
『どうしてあんなことをしたんや?』という動機。もう、うちの娘なんかも言うてんの。『なんであんなことしたん?』、『動機が一番知りたい』って」

「やっぱり“しこり”と言うんかな、動機が分からないだけに、地区の中でも、どうも、しこりが残っているような気がする。せやから、事件は終わりやないと思います」

 杉谷さんは、先月、林眞須美死刑囚の長女が自ら命を絶ったことについて、報道を通じて耳にしていました。

 また、母親が林眞須美だということを理由に受けた児童養護施設でのいじめや婚約破棄など、過去を告白している長男の人生についても、報道で聞いたことがあるといいます。   直接、事件とは関係のない子どもたちの境遇について、複雑な思いを抱えていると話しました。

杉谷安生さん

「子どもたちはある意味、事件の被害者やとは思います。彼らは彼らの人生やから、別に親と別やからね。でも、まあ私たち被害者からしてみれば、モヤっとしてるもんは、あることはありますよね。カレーを食べて亡くなられた方もいてるんやし」

  事件の被害者や家族、そして地区に暮らす1人1人の心に深い傷を残した、和歌山毒物カレー事件。杉谷さんは最後に、取材にこたえてくれた理由を次のように話しました。

杉谷安生さん

「こうやってお宅らの話にお応えさせてもらってんのも、事件のことを絶対忘れてほしくないという思いがあるからです。いつ、またどこで起こるか分からん。本当に明日どこかで起こる可能性もある。僕はそういう事件やと思いますのでね。風化させたくない、それだけです」

<あわせて読む>

無罪を訴え続ける林眞須美死刑囚 再審の経緯と争点は

〝メディアスクラム〟の象徴に・・・ 問われた事件報道のあり方

7/16放送「#カレー事件の子どもたち」 映画監督・森達也さん放送後トーク

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実: 田中 ひかる,   + 配送料無料

よく一緒に購入されている商品

  • +
  • +

総額:

当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。

ポイントの合計:

pt

  • 対象商品: 「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実

    – 田中 ひかる 単行本(ソフトカバー)

    18ポイント(1%)

    この商品は、Amazon.co.jpが販売および発送します。

  • この商品は、Amazon.co.jpが販売および発送します。

  • この商品は、Amazon.co.jpが販売および発送します。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button