Entertainment Japanese news daily

japan covid| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

japan covid, /japan-covid,

Video: 狂言誘拐の女に実刑18カ月 元交際相手と密会

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

japan covid, 2022-09-24, 狂言誘拐の女に実刑18カ月 元交際相手と密会, カリフォルニア州の母親であり妻であった女が誘拐事件をでっち上げ、 被害者のふりをして全米の注目を集めた事件で、連邦地裁は検察が求刑した期間の2倍以上の実刑を言い渡しました。

19日月曜日、カリフォルニア州サクラメントの連邦地裁はシェリー・パピーニ被告40歳に18カ月の実刑判決を言い渡しわしました。

事件が起きたのは2016年11月です。当時34歳のパピー二被告がジョギングに出かけたまま行方不明となり、全米で大きく報じられました。その3週間後、パピーニ被告は高速道路で、鎖で拘束された状態で発見されました。その時、被告が「助けて」と自ら通報した際の音声が残されています。パピーニ被告は、ヒスパニック系の女2人に誘拐され暴行を受け、体に焼き印を押されたと話していました。発見から数日後、被告の夫は「顔も負傷していて、あちこちにアザがあります。」と涙ながらに被告の状態を語りました。

しかし、発見から3年後の2020年、パピーニ被告の服に付着していたDNAから元交際相手の男性が捜査線に浮上しました。捜査当局によると、誘拐事件は自作自演で、全てパピーニ被告により計画されたもので、行方不明の間は元交際相手と過ごしており、発見時のケガは自傷行為によるものだったということです。

取り調べの際、被告は泣きながら流し取り乱しました。
「悪いことは何もしていません 」
「他の男性と話しただけなのに(刑事:なぜそうなったと思いますか)」
「夫を愛してます。他の男性と話したのは間違いでした。」

取り調べで被告の矛盾点が次第にあらわになっていく様子を目の当たりにした夫は「自宅に戻っていいと言いますが、妻に子供や私に近づいてほしくない」と刑事に話しました。

今年4月、パピーニ被告は司法取引に応じ、誘拐事件についてFBI連邦捜査局に嘘の発言をしたとして有罪を認めました。検察は8カ月の実刑を求めていましたが、裁判官は、被告の虚偽の証言で地域の人々が恐怖の中で暮らしていたこと、ヒスパニック系の人々が疑いの目にさらされたことなどを考慮し、18カ月の実刑を言い渡しました。パピーニ被告の夫は離婚を申請し、子供の親権を求めています。

——————————————————————————-
この動画の詳細は
FCI 公式サイト: http://www.fujisankei.com/
FCI News Catch! は毎週 月〜金曜日、アメリカ在住の皆さまにフジテレビの最新ニュースとアメリカで役立つ情報を全米に向けテレビ放送しています!

♢アメリカの ニュース・U.S. News ♢
https://www.youtube.com/playlist?list=PLpXk0Q5io1AXwcG7pxSVzFfE7wGSU9sgf
♢ エンタメ・Entertainment ♢

♢ アメリカでインタビュー・Interview ♢

♢ アメリカのグルメ・Gourmet in USA♢

再生リストはこちら
https://www.youtube.com/user/fci/playlists
FCI News Catch!の番組情報:http://www.fujisankei.com/program/
Facebookページ: https://www.facebook.com/Fujisankei/
Twitterページ: https://twitter.com/fci_ny
——————————————————————————-
Check FCI Official Site on: http://www.fujisankei.com/
https://www.facebook.com/Fujisankei/

FCI (Fujisankei Communications International, Inc.) is a NY based Japanese TV company. It is a subsidiary company to Japan’s Fuji TV. We produce reports on food, events, trends, fashion, sports and much more that you can find in NY and LA! We also have special interviews with artists from Japan and around the world. Our new videos can be found at www.fujisankei.com so please visit the website!, FCI NY

,

Information for the public

Government actions

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Posters

Mask Use

Wear a mask when meeting with the elderly or spending time in a hospital. Remove your mask if you do not need it outdoors, to prevent heat stroke.
■Outdoors: You do not need to wear a mask outdoors when you are approximately 2 meters apart from others, or when you are not talking at a distance of less than 2 meters.
■Indoors: You do not need to wear a mask indoors when you are approximately 2 meters apart from others and when you are not talking.

For Restaurants

PDF Links

ページの先頭へ戻る

Video

How to wear a mask properly

・Fit a mask tightly to your face with covering your nose and mouth completely
・No gaps between the mask, your cheeks and your chin
・Do not touch the surface of the mask. Wash your hands immediately if you touch it
・Hold the strings when you remove your mask

When you may remove your mask outdoors

・Masks are not necessary outdoors except when conversing with people in close proximity.
・Masks are not necessary when quietly passing other people, such as when walking or bicycling to work, or when taking a walk or running.
・Masks should be removed when outdoors to prevent heat stroke, especially when temperatures and humidity are high.
・However, do not forget to wear a mask during rush hour commutes, in hospitals, and when meeting elderly people.
・Thank you for your cooperation.

ページの先頭へ戻る

Q&A

What are the situations in which masks should be worn or may be removed?

Basic infection control measures are important because the infection route of new coronavirus infection is thought to be inhalation of droplets and aerosols emitted when coughing, sneezing, talking, etc., and contact infection. Basic infection control measures include avoidance of the “three Cs,” (Closed spaces, Crowded places and Close-contact settings)”maintaining a safe distance between people,” “wearing masks,” “hand washing and other hand hygiene,” and “ventilation.

The situations in which masks should be worn or may be removed with are as follows.

<Outdoors>
-When talking with others at a distance of at least 2 meters, it is recommended to wear a mask.
-If you are able to maintain a physical distance from others (e.g., walking, running, or cycling in the park), or if you are not able to maintain a physical distance from others but are rarely engaged in conversation (*) (e.g., passing people outdoors while walking or biking to work), you do not need to wear a mask.
-In summer in particular, it is recommended to remove the mask in outdoor situations where it is not necessary to wear it in order to prevent heatstroke.
*”Hardly conversing” refers to situations such as exchanging a simple greeting when passing someone outdoors, or passing by someone talking on a cell phone without stopping.
 
<Indoors>
-When you cannot maintain a physical distance from others (e.g., on a commuter train where you rarely engage in conversation) or when you can maintain a distance from others but still engage in conversation, wearing a mask is recommended*.
-When a person is physically distant from another person and rarely converses with them (e.g., reading in a library or viewing art from a distance), it is not necessary to wear a mask.
-However, when visiting the elderly or in hospitals, etc., where there is a high risk of serious illness, it is recommended to wear a mask.

*In the case of “conversing with others at a distance,” masks can be removed if sufficient ventilation and other infection-prevention measures are in place. However, since ventilation conditions and building structures are not uniform indoors, please make an appropriate decision when removing your mask, taking into consideration the measures taken to prevent the spread of infection in each situation and the instructions of the manager of the indoor facility in question.

What is your basic policy regarding the wearing of masks by children?

<For school-aged children from elementary school to high school stage>
-When children are outdoors and can maintain a physical distance from others (e.g., when playing outdoor games that do not involve close proximity, such as exercising, moving, or playing tag), or when they can maintain a distance from others but rarely engage in conversation (e.g., in outdoor educational activities such as nature observation and sketching), they do not need to wear masks.
-In the case of indoor activities where physical distance from others can be maintained and conversation is rarely required (e.g., individual reading, research, and thinking), the wearing of masks is not necessary.

Please refer to the website of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology for more information on the use of masks in school life.
 
<For preschool children in day-care centers, certified child-care centers, kindergartens>
-Masks should be worn with caution by infants and toddlers (before they enter elementary school), and are not recommended for children under 2 years of age.
-With regard to preschool children aged 2 years and older, the wearing of masks is not uniformly required regardless of physical distance from others, as it is necessary to take into account individual developmental status, physical condition, and other factors. (The WHO does not require masks to be worn by children under 5 years of age.)
-If a child is not feeling well and is unable to wear a mask for a sustained period of time, it is not necessary to force the child to wear a mask. Especially in the summer, it is recommended that the child remove the mask when outdoors when it is not needed in order to prevent heat stroke.
-In the case of an outbreak in a daycare center or other facility, it is often difficult for preschool children to wear masks correctly and snugly. So rather than paying attention to be worn correctly, parents and other adults should pay attention to their children’s physical condition. Please avoid forcing children to wear masks against the intention of the children and their parents.

ページの先頭へ戻る

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Covid-19 Vaccines

Data

ページの先頭へ戻る

Resources

Q&A on Staying Home for Isolation

Q&A in English (PDF) in やさしいにほんご (PDF)

How to deal with side effects after vaccination

Click here for PDF

ページの先頭へ戻る

Posters

Multilingual posters

Mask Use

Remove your mask to prevent heatstroke outdoors. It’s important to wear a mask as a basic prevention against COVID-19.
■Outdoors: You do not need to wear a mask outdoors when you are approximately 2 meters apart from others, or when you are not talking at a distance of less than 2 meters.
■Indoors: You do not need to wear a mask indoors when you are approximately 2 meters apart from others and when you are not talking.
■For Children: Children don’t need to wear masks at a distance of Approximately 2 meters from others. All preschool children are not required to wear a mask.

PDF Links

ページの先頭へ戻る

Videos

How to wear masks properly

What are the 3Cs & 5 Situations?

ページの先頭へ戻る

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Basic policies

The government’s Novel Coronavirus Response Headquarters held a meeting on March 28 to decide the Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control.

Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control

The government’s Novel Coronavirus Response Headquarters held a meeting on February 25 to decide the Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control. The Basic Policies lay out the measures currently being taken and various measures that may be taken in response to future developments.

○Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control(Revised on May 25, 2020)
On May 25, 2020, the analysis and assessment was conducted again and the implementation of emergency measures are deemed no longer necessary; therefore, the lifting of the state of emergency was declared.

Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control by the Government of Japan (Summary)

○Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control(Revised on April 16, 2020)
 On April 16, the areas under declaration of state of emergency were expanded to all 47 prefectures. The Basic Policies decided on March 28 have been revised.
Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control by the Government of Japan (Summary)[116KB]

○Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control(Revised on April 7 , 2020)
With the declaration of a state of emergency on April 7, the Basic Policies decided on March 28 have been revised.
Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control(Revised on April7,2020)[123KB]
(Summary Version)Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control by the Government of Japan[42KB]

○Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control (March 28, 2020)
On March 28, “Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control” decided by the Headquarters for Novel Coronavirus Disease Control.
This Basic Policies present measures to be taken so that the government, local governments, and the people will work together to have an accurate grasp of the situation and further advance countermeasures against the novel coronavirus infectious disease.
(Summary Version)Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control by the Government of Japan[42KB]

○Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control (February 25, 2020)
On February 25, “Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control” decided by the Headquarters for Novel Coronavirus Disease Control. This policy summarizes the measures that are currently being taken and the perspectives of possible future measures to be taken to respond to future development.
Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control[151KB]
(Summary Version) Basic Policies for Novel Coronavirus Disease Control[103KB]

ページの先頭へ戻る

詳細については、次の URL をご覧ください。……

PCR testing

• PCR tests are now covered by medical insurance (starting from March 6). This allows medical institutions to request tests from private testing institutes and other such bodies directly without having to go through public health centers and will increase the utilization of testing capacity of private testing institutes, etc.

• Research into the validity of using nasopharyngeal swab fluid and saliva in diagnosing COVID-19 has revealed a good diagnostic concordance rate between the two within nine days of the onset of symptoms. Based on this result, it was decided on June 2 that patients may take a saliva PCR test within nine days of the onset of symptoms.

• Since July 17, asymptomatic patients have also been allowed to use saliva-based tests.
 

ページの先頭へ戻る

Antigen testing

Antigen test kit (qualitative antigen test)
• On April 27, 2020, a pharmaceutical application was submitted for FUJIREBIO Inc.’s antigen test kit “ESPLINE SARS-CoV-2.” It was approved as Japan’s first COVID-19 antigen test kit on May 13, 2020.

• After the antigen test kit’s approval, a positive result was initially considered a definitive diagnosis, and a negative result required additional PCR testing for a definitive diagnosis. However, research results have since confirmed that the concordance rate for the antigen test kit results and the PCR test results was high for symptomatic cases from the second to the ninth day of the onset of symptoms.
Thus, the “Guidelines Regarding Use of SARS-CoV-2 Antigen Detection Kits” were reviewed on June 16. The use of nasopharyngeal swab fluid tests allows a definitive diagnosis to be made even if a negative test result is obtained for a patient from the second to the ninth day of the onset of symptoms.

• Qualitative antigen test kits were initially supplied by the Outpatient Services for Returnees and Contact Persons in prefectures with many patients and this was gradually expanded. These kits are now supplied nationwide regardless of the type of testing facility or medical institution.

Quantitative antigen test
• On June 19, FUJIREBIO Inc. obtained pharmaceutical approval for its new COVID-19 antigen detection kit “Lumipulse SARS-CoV-2 Ag.” Insurance coverage for this kit began on June 25. By using special measuring equipment to provide a higher sensitivity than traditional antigen detection kits (qualitative antigen tests), this product can measure antigens quantitatively. Therefore, as with PCR tests, the nasopharyngeal swab fluid test can be used to obtain a definitive diagnosis regardless of whether the patient is symptomatic or asymptomatic.
• Saliva-based tests were originally allowed for patients within nine days of the onset of symptoms. As with PCR tests, however, the use of saliva-based tests has been allowed for asymptomatic patients as well since July 17.

ページの先頭へ戻る

詳細については、次の URL をご覧ください。……

1. Denial of permission to entry

The denial of landing that had been placed to all the countries/regions were lifted on September 4, 2022.

Please refer to the page of Immigration Services Agency (PDF) .

2. Denial of the re-entry from certain countries/regions among designated countries/regions in response to COVID-19 variants of special treatment on border measures

Currently, there are no subject countries/regions.

3. Quarantine measures (New)

(2) Reinforced quarantine measures for all the travelers who enter, re-enter or return to Japan from designated countries/regions in response to COVID-19 variants of special treatment on border measures.

Taking such elements as knowledge of COVID-19 variants of special treatment on border measures, epidemic situation in each country/region, risk assessment of current situation of inflow of the COVID-19 to Japan, and efficacy of the vaccination among others into account, and judged from a comprehensive risk assessment of inflow of coronavirus from each country/region, the following additional measures will be implemented as designated countries/regions in response to COVID-19 variants of special treatment on border measures according to separate designation based on this measure;
(i) All cross-border travelers and returnees from some of the countries/regions which are separately listed among the designated countries/regions are requested, for the time being, to stay for 10 days at facilities designated by the Chief of the Quarantine Station (limited only to those facilities secured by the Quarantine Station). In addition, those who obtain negative results of all COVID-19 tests conducted on the third, sixth and tenth days from the entry into Japan, may leave the facilities.

Designated Date Date of Commencing quarantine measures Countries/Regions
    None

(ⅱ) All cross-border travelers and returnees from some of the countries/regions which are separately listed among the designated countries/regions, are requested, for the time being, to stay for 6 days at facilities designated by the Chief of the Quarantine Station (limited only to those facilities secured by the Quarantine Station). In addition, those who obtain negative results of both COVID-19 tests conducted on the third and sixth days from the entry into Japan, may leave from facilities secured by the Quarantine Station, but are still required to stay for the remaining period of 7 days after the entry into Japan at places such as their own residence.

Designated Date Date of Commencing quarantine measures Countries/Regions
    None

(iii) All cross-border travelers and returnees from some of the countries/regions which are separately listed among the designated countries/regions are requested, for the time being, to stay for 3 days at specific facilities designated by the chief of the quarantine station (limited to the accommodations facilities designated by the chief of the quarantine station). If the test result (PCR test) at the facility on the third day after the entry is negative, home quarantine after leaving the facility is no longer required. Meanwhile, those who have obtained a valid vaccination certificate will be allowed to have 7-day home quarantine instead, and if they submit a negative result of a voluntary test (PCR test or Quantitative Antigen test) on or after the third day from the entry into Japan, home quarantine is no longer required only after the MHLW(Health Monitoring Center for Overseas Entrants) confirms the test result via MySOS app.

Designated Date Date of Commencing quarantine measures Countries/Regions
    None

(Note 1) Subject countries and regions of the measures will be designated and confirmed by the Ministry of Foreign Affairs and the Ministry of Health, Labour and Welfare. The designation is duly announced.

(Note 2) The above-mentioned quarantine measures will be applied to those entering Japan who have stayed within 14 days in the designated countries and regions.

(3) Reinforced quarantine measures for all the travelers who enter, re-enter or return to Japan from designated countries/regions in response to COVID-19 infection other than coronavirus variants of special treatment on border measures.

With regard to countries/regions other than countries/regions based on the designation mentioned in (2) above, taking such elements as knowledge of COVID-19, epidemic situation in each country/region, risk assessment of current situation of inflow of COVID-19 to Japan, and efficacy of the vaccination among others into account, and judged from a comprehensive assessment of the risk of inflow of the coronavirus from each country/region, all cross-border travelers and returnees from countries/regions judged with high risk of inflow of COVID-19 are requested, for the time being, to stay 3 days at facilities designated by the Chief of the Quarantine Station (limited only to those facilities secured by the Quarantine Station) as “designated countries/regions in response to coronavirus infection other than COVID-19 variants of special treatment on border measures” according to the separate designation based on this measure. In addition, those who obtain a negative result of COVID-19 test conducted on the third day from the entry into Japan, may leave the facilities, but are still required to stay for the remaining period of 7 days after the entry into Japan at places such as own residence

Designated Date Date of Commencing quarantine measures Countries/Regions
    None

(Note 1) Subject countries and regions of the measures will be designated and confirmed by the Ministry of Foreign Affairs and the Ministry of Health, Labor and Welfare. The designation is duly announced.

(Note 2) The above-mentioned quarantine measures will be applied to those entering Japan who have stayed within 14 days in the designated countries and regions.

詳細については、次の URL をご覧ください。……

▶ 医療用検査薬

下記は医療用検査薬となります。
一般用抗原検査キット(OTC)として承認された品目はこちら

1.核酸増幅法

No. 品目名 製造販売業者名 検査法 承認日 審査概要
2019-nCoV 検出蛍光リアルタイムRT-PCR キット シスメックス株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年3月27日 審査概要
Loopamp新型コロナウイルス2019(SARS-CoV-2)検出試薬キット 栄研化学株式会社 核酸増幅法
(LAMP法)
令和2年3月31日 審査概要
コバス SARS-CoV-2 ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年4月7日 審査概要
TaqPath 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) リアルタイムPCR検出キット ライフテクノロジーズジャパン株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年4月20日 審査概要
Xpert Xpress SARS-CoV-2「セフィエド」 ベックマン・コールター株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年5月8日 審査概要
MEBRIGHT SARS-CoV-2キット 株式会社医学生物学研究所 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年5月21日 審査概要
FilmArray 呼吸器パネル 2.1 ビオメリュー・ジャパン株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年6月2日 審査概要
ジーンキューブ SARS-CoV-2 東洋紡株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年7月2日 審査概要
2019新型コロナウイルス RNA 検出試薬 TRCReady SARS-CoV-2 東ソー株式会社 核酸増幅法
(TRC法)
令和2年7月31日 審査概要
10 SmartAmp新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検出試薬キット 株式会社ダナフォーム 核酸増幅法
(SmartAmp法)
令和2年8月17日 審査概要
11 SARSコロナウイルス核酸キット アプティマ SARS-CoV-2 ホロジック株式会社 核酸増幅法
(TMA法)
令和2年8月18日 審査概要
12 Ampdirect 2019-nCoV検出キット 株式会社島津製作所 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年9月8日 審査概要
13 アイデンシーパック SARS-CoV-2 株式会社アークレイファクトリー 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年9月8日 審査概要
14 ID NOW 新型コロナウイルス2019 アボット ダイアグノスティックス メディカル株式会社 等温核酸増幅法 令和2年10月20日 審査概要
15 ジーンキューブHQ SARS―CoV-2 東洋紡株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年10月23日 審査概要
16 SGNP nCoV/Flu PCR検出キット 株式会社スディックスバイオテック 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年10月23日 審査概要
17 Takara SARS-CoV-2 ダイレクトPCR検出キット タカラバイオ株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年10月27日 審査概要
18 コバス SARS-CoV-2 & Flu A/B ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年11月13日 審査概要
19 Illumina COVIDSeq テスト イルミナ株式会社 次世代シークエンス法 令和2年12月8日 審査概要
20 TaqPath SARS-CoV-2 リアルタイムPCR検出キット HT ライフテクノロジーズジャパン株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和2年12月17日 審査概要
21 2019 新型コロナウイルス RNA 検出試薬 TRCReady SARS CoV 2 i 東ソー株式会社 核酸増幅法
(TRC法)
令和3年1月19日 審査概要
22 Simprova 呼吸器ウイルスパネル SARS-CoV-2 栄研化学株式会社 核酸増幅法
(LAMP法)
令和3年2月15日 審査概要
23 Takara SARS-CoV-2 & Flu ダイレクトPCR検出試薬キット タカラバイオ株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年2月15日 審査概要
24 スマートジーン SARS-CoV-2 株式会社 ミズホメディー 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年2月18日 審査概要
25 Alinity m システム SARS-CoV-2 アボットジャパン合同会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年2月24日 審査概要
26 コバスLiat SARS-CoV-2 & Flu A/B ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年3月12日 審査概要
27 Xpert Xpress SARS-CoV-2/Flu「セフィエド」 ベックマン・コールター株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年4月14日 審査概要
28 DetectAmp SARS-CoV-2 RT-PCRキット シスメックス株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年4月14日 審査概要
29 DELBio Dagene G1 新型コロナウイルス検出試薬キット デルタ電子株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年5月27日 審査概要
30 SGNP nCoV PCR 検出キット スディックスバイオテック株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年5月27日 審査概要
31 スイフトジーンSARS-CoV-2「カイノス」 株式会社カイノス 等温核酸増幅法 令和3年5月31日 審査概要
32 TRexGene SARS-CoV-2検出キット 東洋紡株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年6月3日 審査概要
33 エリートМGB SARS-CoV-2 PCR検出キット プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年6月21日 審査概要
34 カネカ Direct RT-PCR キット SARS-CoV-2 株式会社カネカ 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和3年6月25日 審査概要
35 FTD SARS-CoV-2キット シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社 核酸増幅法
 (RT-PCR法)
令和3年11月17日 審査概要
36 ミュータスワコーSARS-CoV-2 富士フイルム和光純薬株式会社 核酸増幅法
 (RT-PCR法)
令和3年11月30日 審査概要
37 J-Bio 迅速PCRキット SARS-CoV-2 日本バイオテクノファーマ株式会社 核酸増幅法
 (RT-PCR法)
令和3年12月23日 審査概要
38 BD マックス SARS-CoV-2/Flu 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和4年1月31日 審査概要
39 GeneSoC SARS-CoV-2 N2検出キット 杏林製薬株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和4年3月2日 審査概要
40 ルミラ・SARS-CoV-2 RNA STAR Complete ルミラ・ダイアグノスティクス・ジャパン株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和4年3月31日 審査概要
41 ジーンキューブ HQ SARS-CoV-2/RSV 東洋紡株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和4年4月6日 審査概要
42 SARS-CoV-2 RNA検出試薬 LAMPdirect Genelyzer KIT キヤノンメディカルシステムズ株式会社 核酸増幅法
(LAMP法)
令和4年4月8日 審査概要
43 エリートMGB SARS‐CoV‐2 PLUS PCR検出キット プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和4年9月14日 審査概要
44 ID NOW 新型コロナウイルス2019 v2.0 アボット ダイアグノスティックス メディカル株式会社 等温核酸増幅法 令和4年9月22日 審査概要
45 LeaDEA VIASURE SARS-CoV-2 PCRキット プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 核酸増幅法
(RT-PCR法)
令和4年10月6日 審査概要

2.抗原検査法

No. 品目名 製造販売業者名 検査法 承認日 審査概要 単独
エスプライン SARS-CoV-2 富士レビオ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和2年5月13日 審査概要
ルミパルス SARS-CoV-2 Ag 富士レビオ株式会社 抗原検査法
(定量)
令和2年6月19日 審査概要  
クイックナビ-COVID19 Ag デンカ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和2年8月11日 審査概要
イムノエース SARS-CoV-2
キャピリア SARS-CoV-2
株式会社タウンズ 抗原検査法
(簡易キット)
令和2年10月13日 審査概要
ルミパルスプレスト SARS-CoV-2 Ag 富士レビオ株式会社 抗原検査法
(定量)
令和2年10月16日 審査概要  
HISCL SARS-CoV-2 Ag 試薬 シスメックス株式会社 抗原検査法
(定量)
令和2年11月10日 審査概要  
SARSコロナウイルス抗原キットRapiim SARS-CoV-2-N PRT-C2N01A キヤノンメディカルシステムズ株式会社 抗原検査法
(定性)
令和2年12月8日 審査概要
ルミラ・SARS-CoV-2 Ag テストストリップ ルミラ・ダイアグノスティクス・ジャパン株式会社 抗原検査法
(定性)
令和3年1月19日 審査概要
Panbio COVID-19 Antigen ラピッド テスト アボット ダイアグノスティクス メディカル株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年1月22日 審査概要
10 BD ベリター SARS-CoV-2 コロナウイルス抗原キット 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社 抗原検査法
(定性)
令和3年1月26日 審査概要
11 プロラスト SARS-CoV-2 Ag
アドテスト SARS-CoV-2
アドテック株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年1月29日 審査概要
12 SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年2月9日 審査概要
13 富士ドライケム IMMUNO AG ハンディ COVID-19 Ag 富士フイルム株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年2月15日 審査概要
14 Sofia アナライザー用 SARS-CoV-2 FIA Quidel Corporation 抗原検査法
(定性)
令和3年2月18日 審査概要
15 クイック チェイサー Auto SARS-CoV-2 株式会社 ミズホメディー 抗原検査法
(定性)
令和3年3月2日 審査概要
16 富士ドライケム IMMUNO AG カートリッジ COVID-19 Ag 株式会社 ミズホメディー 抗原検査法
(定性)
令和3年3月2日 審査概要
17 アルソニック COVID-19 Ag アルフレッサ ファーマ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年3月12日 審査概要
18 KBM ラインチェック nCoV(スティックタイプ) コージンバイオ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年3月17日 審査概要
19 エクルーシス試薬 SARS-CoV-2 Ag ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 抗原検査法
(定量)
令和3年3月17日 審査概要  
20 COVID-19 and Influenza A+B抗原コンボテスト「ニチレイバイオ」 株式会社ニチレイバイオサイエンス 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年4月14日 審査概要  
21 イムノアロー SARS-CoV-2 東洋紡株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年5月12日 審査概要
22 ビトロス SARS-CoV-2抗原 オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス株式会社 抗原検査法
(定量)
令和3年5月12日 審査概要  
23 チェックMR-COV19
ドゥーテストCOV19
ロート製薬株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年5月27日
令和3年10月11日
審査概要
24 ラピッドテスタ SARS-CoV-2 積水メディカル株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年6月9日 審査概要
25 AFIAS COVID-19抗原 テストカートリッジ 有限会社プライムファイン
(令和4年2月20日付けで東京貿易メディシス株式会社から承継)
抗原検査法
(定性)
令和3年6月16日 審査概要
26 クイックナビ-Flu+COVID19 Ag デンカ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年6月16日 審査概要  
27 スタンダードQ COVID-19 Ag 株式会社マルコム 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年8月13日 審査概要
28 エスプライン SARS-CoV-2&Flu A+B 富士レビオ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年8月13日 審査概要  
29 クオンパスCOVID-19 抗原検査キット セルスペクト株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年9月14日 審査概要
30 イムノファイン SARS-CoV-2 株式会社ニチレイバイオサイエンス 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年9月14日 審査概要
31 AIA-パックCL SARS-CoV-2-Ag 東ソー株式会社 抗原検査法
(定量)
令和3年9月14日 審査概要  
32 イムノエースSARS-CoV-2 Ⅱ/キャピリアSARS-CoV-2 Ⅱ 株式会社タウンズ 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年11月8日 審査概要
33 KBM ラインチェック nCoV/Flu コージンバイオ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年11月8日 審査概要  
34 クイック チェイサー SARS-CoV-2/Flu 株式会社 ミズホメディー 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年11月17日 審査概要  
35 クイック チェイサー SARS-CoV-2/Flu A,B 株式会社 ミズホメディー 抗原検査法
(簡易キット)
令和3年11月17日 審査概要  
36 アキュラシード SARS-CoV-2抗原 富士フイルム和光純薬株式会社 抗原検査法
 (定量)
令和3年11月30日 審査概要  
37 アドテスト SARS-CoV-2/Flu アドテック株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年2月8日 審査概要  
38 プライマルスクリーン SARS-CoV-2/Flu アドテック株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年2月8日 審査概要  
39 イムノエース SARS-CoV-2/Flu/
キャピリア SARS-CoV-2/Flu
株式会社タウンズ 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年2月8日 審査概要  
40 GLINE-2019-nCoV Agキット 株式会社医学生物学研究所 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年2月10日 審査概要
41 Exdia EKテスト COVID-19 Ag 栄研化学株式会社 抗原検査法
(定性)
令和4年2月10日 審査概要
42 クリニテストCOVID-19 抗原迅速テスト シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年2月16日 審査概要
43 アドテスト SARS-CoV-2 NEO アドテック株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年2月24日 審査概要
44 COVID-19抗原テスト「ニチレイバイオ」 株式会社ニチレイバイオサイエンス 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年3月4日 審査概要
45 イムノエースSARS-CoV-2 Saliva/キャピリアSARS-CoV-2 Saliva 株式会社タウンズ 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年3月17日 審査概要
46 HEALGEN COVID-19 抗原迅速テスト タカラバイオ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年3月17日 審査概要
47 ルミラ・SARS-CoV-2 & Flu A/B テストストリップ ルミラ・ダイアグノスティクス・ジャパン株式会社 抗原検査法
(定性)
令和4年3月31日 審査概要  
48 クイックチェイサー SARS-CoV-2 株式会社 ミズホメディー 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年4月19日 審査概要
49 カネカ イムノクロマト SARS-CoV-2 Ag 株式会社カネカ 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年5月25日 審査概要
50 アンスペクトコーワ SARS-CoV-2 株式会社医学生物学研究所 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年6月1日 審査概要
51 エスプライン SARS-CoV-2 N 富士レビオ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年6月7日 審査概要
52 ラピッドテスタ RSV&SARS-CoV-2 積水メディカル株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年7月1日 審査概要  
53 ラピッドテスタ FLU&SARS-CoV-2 積水メディカル株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年7月1日 審査概要  
54 ケミルミ SARS-CoV-2Ag シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社 抗原検査法
(定量)
令和4年7月1日 審査概要  
55

KBM ラインチェック nCoV

コージンバイオ株式会社

抗原検査法
(簡易キット)

令和4年7月8日 審査概要
56 クイック チェイサー SARS-CoV-2/RSV

株式会社 ミズホメディー

抗原検査法
(簡易キット)
令和4年8月10日 審査概要  
57 Ⅴトラスト SARS-CoV-2 Ag ニプロ株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年8月18日 審査概要
58 SARS-CoV-2 & Flu A/B ラピッド抗原テスト ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年9月7日 審査概要  
59 GLINE-SARS-CoV-2&FluA+Bキット 株式会社医学生物学研究所 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年9月14日 審査概要  
60 イムノアロー SARS-CoV-2&FluA/B&RSV 東洋紡株式会社 抗原検査法
(簡易キット)
令和4年10月11日 審査概要  

※ 「単独」の欄に「○」を付けた製品は、「抗原検査法(簡易キット)」又は「抗原検査法(定性)」により新型コロナウイルス抗原のみを検出できるキットです。

ページの先頭へ戻る

3.その他

No. 品目名 製造販売業者名 検査項目 承認日 審査概要
ルミパルス Flu-A&B 富士レビオ株式会社 A型インフルエンザウイルス及びB型インフルエンザウイルス 令和2年11月10日 審査概要
ジーンキューブ Flu A/B 東洋紡株式会社 A型インフルエンザウイルス及びB型インフルエンザウイルス 令和2年12月21日 審査概要
ルミパルスプレスト Flu-A&B 富士レビオ株式会社 A型インフルエンザウイルス及びB型インフルエンザウイルス 令和2年12月22日 審査概要
HISCL IFN-λ3 試薬 シスメックス株式会社 IFN-λ3 令和2年12月22日 審査概要
Loopamp B型インフルエンザウイルス検出試薬キット 栄研化学株式会社 B型インフルエンザウイルス 令和3年2月2日 審査概要
Simprova呼吸器ウイルスパネルFluA 栄研化学株式会社 A型インフルエンザウイルス 令和3年2月15日 審査概要
Simprova呼吸器ウイルスパネルFluB 栄研化学株式会社 B型インフルエンザウイルス 令和3年2月15日 審査概要
HISCL インフルエンザ 試薬 シスメックス株式会社 A型インフルエンザウイルス及びB型インフルエンザウイルス 令和3年2月18日 審査概要
HISCL TARC 試薬 塩野義製薬株式会社 TARC(CCL17) 令和3年6月7日 審査概要
10 ケミルミIL6 シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社 IL-6 令和3年7月2日 審査概要
11 スマートジーン Flu A, B 株式会社 ミズホメディー A型インフルエンザウイルス及びB型インフルエンザウイルス 令和3年11月30日 審査概要
12 Exdia EKテスト Influenza A+B 栄研化学株式会社 A型インフルエンザウイルス及びB型インフルエンザウイルス 令和4年3月17日 審査概要
13 ルミパルスプレスト IL-6 富士レビオ株式会社 IL-6 令和4年3月31日 審査概要
14 GeneSoC インフルエンザウイルスA/B検出キット

杏林製薬株式会社

A型インフルエンザウイルス及びB型インフルエンザウイルス

令和4年8月4日

審査概要

ページの先頭へ戻る

詳細については、次の URL をご覧ください。……

▶ 一般用検査薬

一般用抗原検査キット(OTC)として承認されたのは下記の製品です。インターネット等で購入可能です。「第1類医薬品」の表示が目印です。

なお、一部のネットショップで「コロナ 検査キット」等と検索すると、厚生労働省で承認されていない検査キット「研究用」が多数表示されますので、

誤って購入しないようにご注意ください。

下記の「品目名」を入れて検索するなどして、製品写真等を参考に承認された抗原検査キットを選択してください。
 

1.抗原検査キット

No. 品目名
【製造販売業者名】
製品写真
(クリックすると拡大します)
検体種 承認日
SARS-CoV-2ラピッド抗原テスト(一般用)
【ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社】
鼻腔ぬぐい液 令和4年8月24日
クリニテストCOVID-19 抗原迅速テスト(一般用)
【シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社】
鼻腔ぬぐい液 令和4年8月26日
HEALGEN COVID-19 抗原迅速テスト(一般用)
【タカラバイオ株式会社】
鼻腔ぬぐい液 令和4年8月30日
アンスペクトコーワ SARS-CoV-2(一般用)
【株式会社医学生物学研究所】
唾液 令和4年9月5日
エスプライン SARS-CoV-2 N(一般用)
【富士レビオ株式会社】
鼻腔ぬぐい液・唾液 令和4年10月17日
Vトラスト SARS-CoV-2 Ag(一般用)
【ニプロ株式会社】
鼻腔ぬぐい液 令和4年10月18日
Panbio COVID-19 Antigen ラピッド テスト(一般用)
【アボット ダイアグノスティクス メディカル株式会社】
鼻腔ぬぐい液 令和4年10月18日

ページの先頭へ戻る
 

新型コロナの検査キットは「研究用」ではなく国が承認した「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」を選びましょう!

(薬局の方へ)
 一般用抗原検査キット(OTC)は、製造販売業者出荷時からロット番号が管理されて出荷されています。
 既に医療用医薬品として薬局に納品されたものをOTCとしてインターネット等で販売することはできません。

詳細については、次の URL をご覧ください。……


都内の最新感染動向

最終更新 2022年10月18日 17:15 JST

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Ongoing Topics

Total number of vaccine doses administered to date (as of October 17, 2022): 327,441,600

Incremental changes from the day before: +343,527
(3rd dose: +49,118; 4th dose: +288,873)

Breakdown of the total number of vaccine doses*:

Number of vaccine doses Vaccination rate
Total number of vaccine doses: 327,441,600
First dose 104,250,570 81.4%
Second dose 102,894,860 80.4%
Third dose** 82,804,939 65.8%
Fourth dose** 37,491,208
Omicron-targeting
booster
2,499,252 2.0%

* Beginning with the data released for September 1, 2022, the population data used to calculate the percentage of the population that has been vaccinated has been updated to the Basic Resident Registration data as of January 1, 2022. In addition, in calculating the percentage of the population that has been vaccinated, the total number of doses excludes all doses administered within 2021 to people who have died.

** Regarding the third and fourth doses, the figures for the total number of doses administered and the number of doses administered to the elderly include the number of doses administered of the vaccin e that targets the Omicron strain.

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード japan covid japan covid

FCI, News Catch!, Japan, Fuji TV, New York, NY, ニューヨーク, アメリカ, フジテレビ, 日本語, 日本, LA, ロサンゼルス, 久下香織子, kaoriko kuge, テレビ, ニュース, 新型コロナウイルス, covid-19, マスク着用, ワクチン, バイデン大統領, ロシア, ウクライナ侵攻, オミクロン, BA.2, 追加接種, インフレ, 経済制裁, ガソリン価格

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button