Entertainment Japanese news daily

fumio kishida| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

fumio kishida, /fumio-kishida,

Video: Unification Church connection batters Fumio Kishida | Latest World News | WION

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

fumio kishida, 2022-10-09, Unification Church connection batters Fumio Kishida | Latest World News | WION, The Japanese Prime Minister Fumio Kishida’s government approval ratings have fallen due to the party’s link with Unification Church and this comes after the government has failed to manage the inflation. Kishida’s cabinet witnessed a fall in the support from 40% to 35%, which is the lowest.

#japan #fumiokishida #worldnews

About Channel:

WION The World is One News, examines global issues with in-depth analysis. We provide much more than the news of the day. Our aim to empower people to explore their world. With our Global headquarters in New Delhi, we bring you news on the hour, by the hour. We deliver information that is not biased. We are journalists who are neutral to the core and non-partisan when it comes to the politics of the world. People are tired of biased reportage and we stand for a globalised united world. So for us the World is truly One.

Please keep discussions on this channel clean and respectful and refrain from using racist or sexist slurs as well as personal insults.

Subscribe to our channel at https://goo.gl/JfY3NI
Check out our website: http://www.wionews.com
Connect with us on our social media handles:
Facebook: https://www.facebook.com/WIONews
Twitter: https://twitter.com/WIONews

Follow us on Google News for latest updates

Zee News:- https://bit.ly/2Ac5G60
Zee Bussiness:- https://bit.ly/36vI2xa
DNA India:- https://bit.ly/2ZDuLRY
WION: https://bit.ly/3gnDb5J
Zee News Apps : https://bit.ly/ZeeNewsApps, WION

,

Profile

Date of birth
July 29, 1957
Birthplace
Tokyo
Political party
Liberal Democratic Party of Japan (LDP)
Affiliation
Member of the House of Representatives
Constituency
Hiroshima 1st District
Numbers of elected
10

Past career

  • 1982
    Graduated from the School of Law, Waseda University
  • Nov. 2021
    The 101st Prime Minister
    Oct. 2021
    The 100th Prime Minister
    Aug. 2017
    Liberal Democratic Party Political Chairman
    Jul. 2017
    Minister of Defense (3rd Abe Cabinet (2nd Reshuffled))
    Aug. 2016
    Minister for Foreign Affairs (3rd Abe Cabinet (2nd Reshuffled))
    Oct. 2015
    Minister for Foreign Affairs (3rd Abe Cabinet (Reshuffled))
    Dec. 2014
    Minister for Foreign Affairs (3rd Abe Cabinet)
    Sep. 2014
    Minister for Foreign Affairs (2nd Abe Cabinet (Reshuffled))
    Dec. 2012
    Minister for Foreign Affairs (2nd Abe Cabinet)
    2011
    Chairman of the LDP’s Diet Affairs Committee
    2008
    Minister for Consumer Affairs (Fukuda Cabinet)
    Minister for Space Policy (Fukuda Cabinet)
    2007
    Minister of State for Special Missions (1st Abe Cabinet)
    (Okinawa and Northern Territories Affairs, Quality-of-Life Policy, “Challenge Again” Initiative, Science and Technology Policy, and Regulatory Reform)
    Minister of State for Special Missions (Fukuda Cabinet)
    (Okinawa and Northern Territories Affairs, Science and Technology Policy, Quality-of-Life Policy and Regulatory Reform)
    2005
    Chairman of the Committee on Health, Labour and Welfare of the House of Representatives
    2001
    Parliamentary Senior Vice-Minister for Education, Culture, Sports, Science and Technology (Koizumi Cabinet)
    2000
    Parliamentary Vice-Minister for Construction (Mori Cabinet)
    1999
    Parliamentary Vice-Minister for Construction (2nd Obuchi Cabinet)
    1993
    Elected to the House of Representatives for the first time (40th General Election) (Elected eight times as of present)
    1987
    Secretary to a member of the House of Representatives
    1982
    Joined Long-Term Credit Bank of Japan, Ltd.

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Early life and education

Kishida was born to a political family in Shibuya, Tokyo, on 29 July 1957.[4][5][6] His father Fumitake Kishida was a government official in the Ministry of Economy, Trade and Industry and director of The Small and Medium Enterprise Agency. Since the Kishida family was from Hiroshima, the family returned there every summer. Many members of the Kishida family had died in the atomic bombing and Fumio grew up hearing stories from the atomic bomb survivors.[7] Both his father Fumitake and grandfather Masaki Kishida were former politicians who were members of the House of Representatives.[6] Former Minister of Economy, Trade and Industry Yoichi Miyazawa is his cousin[8][9] and former prime minister Kiichi Miyazawa is a distant relative of his.[6]

He went to P.S. 013 Clement C. Moore elementary school in the Elmhurst neighborhood of Queens, New York, because his father was posted to a job in the U.S. at the time.[1] He also attended Kōjimachi Elementary School and Kōjimachi Junior High School. Kishida graduated from Kaisei Academy, where he also played on the baseball team.[10]

Following several rejections from the University of Tokyo, Kishida studied law at Waseda University and graduated in 1982.[5][10] At Waseda, he was friends with future politician Takeshi Iwaya.[11][12]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

来歴

生い立ち

広島県出身の通商産業省(現:経済産業省)の官僚であった父・岸田文武の元に東京都渋谷区で生まれる[1][8]。親の教育方針もあり、文雄は東京で育てられた[9]。岸田家は広島の一族であるため、一家は毎年夏に広島に文雄を連れて帰省し、文雄は広島原爆の被爆者たちから当時の話を聞いた[10]。岸田一族も多くが被爆し、死に至った者たちもいた[10]

1963年

父の仕事の関係でアメリカ合衆国ニューヨーク市に居住し、小学校1年生から3年生まで3年間、現地の公立小学校に通う[11]

秋から「PS 20」に通う。

1964年

春からクイーンズ区の近隣住区エルムハーストに位置する「PS 13 Clement C Moore School」に通った[10]

1966年

6月にパブリックスクール3年次を修了[注釈 1]して日本に帰国。

7月に永田町小学校(現:麹町小学校)の3年次に転入。麹町中学校を経て、

1973年

開成高等学校に入学[12]。野球部に入部し、高校生活を野球に捧げ、その傍らでロック/フォークの流行に影響を受けギターに打ち込む[12]

大学から銀行員時代

1976年に同高校を卒業、東京大学合格を目指し2年間の浪人を経験。

1978年に早稲田大学法学部に入学。政治家を数多く輩出している同大学に学んだものの、政治家を志したわけではなかった。当時は夏目漱石のような文豪に憧れ、庄司薫の小説も愛読し一人旅を好んだ。

1979年、父・文武が通産省を退官し、衆議院議員に当選。この際の熾烈な選挙戦を手伝ったが、多くの種類の人間に接し1票を入れてもらうため、いかなる努力をするべきなのか考える貴重な経験となり政治への道に影響した[13]

1982年、同大学同学部(民法不法行為):浦川道太郎ゼミ[14])卒業[2]、同年日本長期信用銀行に入行[2][15][16]

長銀入行後、最初の配属は本店勤務で外国為替業務を2年半経験し、こののち海運業界担当の営業マンとして高松市に2年半赴任した[12]。高松での地方営業では利息すら払えなくなった会社から経営再建の支援継続を相談されたり、倒産や夜逃げを目の当たりにして世間の厳しさや経済というものの激しい実態を知った[12]。1987年3月、政治家になる決意を固め、長銀を退行した[17]

政界

1999年、建設政務次官就任時の岸田

2013年4月15日、総理大臣官邸にて。左から外務大臣岸田文雄、内閣官房副長官加藤勝信内閣官房副長官世耕弘成

2013年10月3日、内閣総理大臣安倍晋三らとともに

1987年、長銀を退行して父・衆議院議員岸田文武の秘書となる[2]。岸田の父は口数が少なく、岸田は父の背中から多くを学んだ[12]

1988年11月、マツダの社長秘書を務めていた和田裕子と結婚した[17]

1993年、第40回衆議院議員総選挙旧広島1区から自由民主党公認で出馬し、初当選[2][18]。父親と同じ宏池会に所属する。

1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制の導入に伴い広島1区から出馬し、以後広島1区で連続8選[2]

1997年には若手議員の登竜門とされる党青年局長に就任した[2]

2000年、派閥領袖の加藤紘一が起こした「加藤の乱」に血判状をしたためて参加し、石原伸晃塩崎恭久根本匠と行動を共にした[12]。乱の鎮圧後は堀内光雄宮澤喜一池田行彦らから声をかけられ堀内派に属した[10][19]

2001年、第1次小泉内閣文部科学副大臣に任命される。

2007年、第1次安倍改造内閣内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策規制改革国民生活再チャレンジ科学技術政策)に任命され、初入閣した[2]。続く福田康夫内閣でも内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、規制改革、国民生活、科学技術政策)に任命され、引き続き入閣。

2008年、新設された消費者行政推進担当宇宙開発担当大臣を兼任[2]福田康夫内閣 (改造)の発足に伴い大臣を退任し、党の消費者問題調査会長・道路調査会副会長兼事務局長、団体総局長に就任[2]

2009年の第45回衆議院議員総選挙では、広島1区で民主党菅川洋を破り、6選(広島県の小選挙区で議席を獲得した自民党の候補者は岸田のみ。また、広島1区では初めて次点以下の候補者が比例復活した)。

2011年9月、自民党総裁谷垣禎一の下、党国会対策委員長に就任し、野党自民党の国会対策を担い与党民主党との交渉を担った(2012年9月退任[2])。

2012年

10月、政界引退を表明した古賀誠から宏池会を継承し、第9代宏池会会長に就任した。

12月の第46回衆議院議員総選挙では、広島1区で7選。

外務大臣

2013年11月20日、駐日アメリカ合衆国大使キャロライン・ケネディとともに

2014年9月1日、インド首相ナレンドラ・モディとともに

選挙後に発足した第2次安倍内閣では外務大臣として入閣し[注釈 2]第2次安倍改造内閣で留任、さらに2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で8選した後に第3次安倍内閣でも再任、自民党総裁選後の2015年10月に発足した第3次安倍第1次改造内閣でも外相を留任する。

2015年

7月5日に決定した軍艦島ユネスコ文化遺産登録では、韓国の妨害に対して「forced to work(働かされた)」という表現を用いて遺産の説明を行うことで対処した。この表現について岸田は「強制連行」を意味しないことを明言し、徴用工訴訟問題と関連付けしないことも合意させた[20]

12月28日ソウル市内で尹炳世韓国外交部長官と外相会談をし、日本国政府韓国政府が設立する元慰安婦を支援するための財団に10億円拠出し慰安婦問題を最終的かつ不可逆的に解決することで合意する日韓合意がなされた[21][22]

左から順に、安倍・オバマ・岸田。原爆ドームを望む。

2016年

4月、地元広島で開催されたG7外相サミットの議長を務め[23]、他のG7外相と共に広島平和記念公園を訪問。広島平和記念資料館を訪れた後、原爆死没者慰霊碑に献花を行う[24]

5月、バラク・オバマの広島訪問が実現した際にオバマに対して原爆ドーム原爆の子の像、折り鶴などについて通訳を介さずに英語で説明を行う[25]

第24回参議院選挙後、8月に発足した第3次安倍第2次改造内閣でも留任。

12月、安倍晋三の真珠湾訪問に同行する[26]

2017年

1月6日、外務大臣在職期間が大平正芳を超え、戦後の外務大臣としては歴代2位[27]、専任の外務大臣としては歴代最長となる[28]

外相の起用

政策面では、内政の知識と経験が豊富であるが、外務大臣に起用されるまで外交に携わった経験はなく、幼少期のニューヨーク在住を除けば留学・在外勤務の経験もないため、本来なら外相は門外漢であった。しかし、外相起用に際しては普天間基地移設問題などを念頭に、岸田が沖縄担当相を歴任し、知事の仲井真弘多との親交も深いことが理由とされる一方、中国要人との太いパイプを持つ古賀誠を後見人に持ち、対話を重視するスタイルの岸田の起用が中国など関係諸国へのメッセージであるとの報道もある[29]

安倍晋三とは1993年の当選同期であり、派閥は異なるが関係は良い。安倍が幹事長代理を務めていた時代に、党改革で議論を交わした仲とされ[30]第一次第二次いずれの安倍内閣にも入閣しており、信頼も厚い。特に、第2次内閣発足以降、「タカ派」と評される安倍が、連続5期、4年半余りにわたって岸田を外務大臣に起用し続けた理由については、岸田の実務能力を買ったともされるが[31]、『夕刊フジ』は「ハト派」で「親米派」でもあるが「親中派」でもある宏池会出身という点を鑑みて、菅義偉石破茂河野太郎らの人事も含め、中国をはじめとする周辺諸国への友好姿勢をアピールする狙いがあると報じた[32]

防衛大臣

2017年7月28日、自衛隊南スーダン派遣での日報の隠蔽疑惑に関する問題の責任を取って稲田朋美が辞任したのに伴い、内閣改造までの一週間に渡って防衛大臣を兼務した[33]。外務大臣と防衛大臣の兼務は憲政史上初であった[2]

政調会長

大阪市内で演説する岸田(2017年10月19日)

2017年8月の内閣改造では以前から希望していた党三役ポストである自由民主党政務調査会長に就任し、安倍晋三首相を支持して党内を乱さないことで2020年以降の『ポスト安倍晋三』に向けて存在感を示す方針を取った[34][35]

2018年9月の自民党総裁選挙に向けては、岸田派内では若手を中心に岸田の出馬を求める主戦論が優勢である一方、ベテランなど一部に今回は首相支持に回り3年後に首相からの「禅譲」を狙うべきだとする慎重論があり[36]、最終的に7月24日に岸田が自身の立候補見送りと安倍への支持を表明したが、党内からは「乗り遅れだ」との冷ややかな見方が広がった[37]

2018年10月、自民党総裁の直属機関(総数24)のうち、『道州制推進本部』『日本経済再生本部』『外交戦略会議』『農林水産業・地域の活力創造本部』『歴史を学び未来を考える本部』の5つを廃止した。政務調査会の権限を強めることを狙った[38][39]

2020年の自民党総裁選には、9月1日に岸田派の臨時総会で出馬を表明した[40][41][42]。結果は内閣官房長官菅義偉に敗れ、2位に終わり、「今日の戦いが終わった今、新たなスタートだと思っている。総理・総裁を目指して次の歩みを進めていきたい」と述べた[43]

2020年9月11日、初の著書となる『岸田ビジョン 分断から協調へ』を出版した。当初は15日に出版する予定であったが、14日の総裁選投開票日に間に合わせるために前倒しされた[44]

総裁選後の2020年9月15日に政調会長を退任した。

政調会長退任後

2022年3月24日、ポーランド首相マテウシュ・モラヴィエツキとともに

2021年3月27日、自由民主党広島県連会長に就任。同会長を務めるのは3回目[45]

同年5月12日、自民党本部で二階俊博幹事長と会談。党本部が2019年の参院選広島県選挙区をめぐり、現職の溝手顕正を追い落とすため、河井案里陣営に送金して買収の原資になったとの指摘がある1億5,000万円について、使途解明を急ぎ、国民に説明するよう申し入れた(詳細は河井夫妻選挙違反事件を参照)[46][47]

同年8月26日、自民党の総裁選挙管理委員会は、総裁選の日程を「9月17日告示、29日投開票」と決定した[48]。この時点で、現職の菅義偉が立候補を予定しており、二階、麻生、細田派会長の細田博之公明党代表の山口那津男らは菅の再選支持を明らかにしていた[49][50][51]。しかし同日、岸田は国会内で記者会見を開き、総裁選出馬を正式に表明した。全候補者のなかで最も早い立候補表明であった。立候補する理由について「自民党が国民の声を聞き、幅広い選択肢を示すことができると示し、日本の民主主義を守るため」と語った[52]。その後、菅は出馬しない意向を示し、岸田と河野太郎、高市早苗野田聖子の四者の選挙戦となった[53]

自由民主党総裁・内閣総理大臣

2022年4月21日、ジャシンダ・アーダーン首相とともに

2022年4月28日、オラフ・ショルツ連邦首相とともに

2022年5月5日、ボリス・ジョンソン首相とともに

2022年5月23日、ジョー・バイデン大統領とともに

左からオーストラリア連邦のアンソニー・アルバニージ首相、アメリカのジョー・バイデン大統領、岸田、インドのナレンドラ・モディ首相(2022年5月24日に東京で開催された2回目の対面による日米豪印戦略対話にて)

2022年9月22日、大統領尹錫悦とともに

2021年

9月29日、自民党総裁選の投票が行われた。1回目の投票でトップの256票を獲得したが、有効投票数[注釈 3]の過半数に届かなかったため河野太郎との決選投票が行われることになった。決選投票[注釈 4]では257票を獲得して河野太郎(170票)を破り、第27代総裁に選出された[54]

10月1日、新体制の党執行役員人事を決定し、副総裁に麻生太郎、幹事長に甘利明、政務調査会長に高市早苗、総務会長に福田達夫、選挙対策委員長に遠藤利明がそれぞれ就任[55]

10月4日、衆議院および参議院本会議で行われた内閣総理大臣指名選挙にて指名し天皇による任命を経て第100代内閣総理大臣に就任。第1次岸田内閣が発足した。

岸田は64人目の総理大臣で[9][56]、広島出身の総理としては[56][57][58]加藤友三郎池田勇人宮澤喜一に次ぐ4人目で[9][56]、広島県は山口県(8人)、東京都(5人)に次いで3番目に多い総理大臣輩出県となった[9][56][59]太平洋戦争後に限れば、群馬県4人に次ぐ3人で[60]、2位[9][56][58]大正以降は、昭和平成令和と全ての年号で総理大臣を生んでいる[61]。同じく1957年生まれの野田佳彦より誕生日が遅いため、存命中の内閣総理大臣経験者の中では最年少者となった(就任時の年齢は64歳で、39番目に若い)。

10月6日、アメリカ合衆国大統領ジョー・バイデンと総理就任後初となる電話会談を行った。

10月14日、第205回国会会期末を迎え衆議院を解散[62]、31日の第49回衆議院議員総選挙では、圧勝で10選。自民党は重鎮の落選が相次ぎ、公示前の276議席から261議席に減らしたものの、「絶対安定多数」を単独で確保した。この時点で、公明党と合わせて与党は293議席となった[63]

11月2日、イギリスグラスゴーで開催されたCOP26に出席し、バイデン大統領とも短時間ながら初の対面による懇談を行った[64]

11月4日、外相だった茂木敏充の自民党幹事長就任に伴い、新外相就任まで岸田自身が外務大臣を兼務した[65]

11月10日、第206回国会が招集され、午前中に第1次岸田内閣は総辞職。午後の内閣総理大臣指名選挙の結果、天皇による任命を経て第101代内閣総理大臣に就任し、第2次岸田内閣が発足。

11月24日、国内で外国首脳と初めての会談となる日越首脳会談を行った。

12月9日、岸田が任命した内閣官房参与(観光立国その他特命担当)の石原伸晃が自身が代表を務める党東京都第8選挙区支部が60万円の「雇用調整助成金」を受け取ったことで混乱を招いたなどとして辞職[66]

12月11日、衆議院議員宿舎を退去して、内閣総理大臣公邸に入居した。首相が公邸に入居するのは、野田佳彦以来、9年ぶりのことであった。当面は岸田と長男の翔太郎(当初は岸田事務所の公設秘書だったが、2022年10月4日には政務担当の内閣総理大臣秘書官に起用[67])が暮らす。危機管理の強化を理由にしている[68]

2022年

1月17日、第208回国会常会)が召集され[69]、岸田は施政方針演説を行った。

7月8日、第26回参議院議員通常選挙の選挙運動中に安倍晋三が銃撃され死亡する事件が発生した(安倍晋三銃撃事件[70]。これを受けて、岸田は「本日午後5時3分、安倍晋三元総理がお亡くなりになられました。どうか一命を取り留めていただきたいと祈っておりましたが、祈りも虚しく、こうした報に接することになってしまったこと、誠に残念であり、言葉もありません。心よりご冥福をお祈りしたいと思います。民主主義の根幹たる、選挙が行われている中、安倍(元)総理の命を奪った、卑劣な蛮行が行われた。断じて許せるものではなく、最も強い言葉で改めて非難を申し上げます」と官邸で述べた[71]

7月14日に官邸記者会見で、閣議決定により安倍晋三の国葬を実施すると表明した[72][73]

8月10日に第2次岸田改造内閣を発足させた[74]

8月21日、新型コロナウイルスへの罹患が報じられた。

8月22日、オンライン形式で報道各社のインタビューに対し「療養を行いながらリモートで仕事を続ける。閣議にもオンラインで出席する。国政に遅滞が生じないよう全力を尽くす」と強調した上で、内閣総理大臣公邸でテレワークにて公務を行うとした[75]

8月31日に療養期間を終えた後、官邸に入り、対面での職務に復帰した[76]

9月27日、安倍の国葬を実施し、岸田は葬儀委員長として追悼の辞を述べた[77]

10月9日、三重県鈴鹿サーキットで開催のF1日本グランプリ決勝レース前セレモニーに登壇[78]し、日本の現職首相で初めて日本のレースイベントに出席[78]。元F1ドライバーの山本左近衆議院議員の働きかけにより実現した[78]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Fumio Kishida

Statements

1 reference

Acting Minister of Defense

1 reference

第27代自民党総裁に岸田文雄衆議院議員が決定 (Japanese)

4 references

第100代の首相に自民 岸田文雄氏 衆参本会議の指名選挙で選出 (Japanese)

内閣総理大臣の指名-令和3年10月4日 (Japanese)

List of Ministers, State Ministers and Parliamentary Vice-Ministers – Cabinet Office Home Page (English)

List of Ministers (The Cabinet) | Prime Minister of Japan and His Cabinet (English)

1 reference

List of Ministers (The Cabinet) | Prime Minister of Japan and His Cabinet (English)

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード fumio kishida fumio kishida

fumio kishida, kishida fumio, fumio kishida japan, who is fumio kishida, kishida, fumio kishida wins, fumio kishida taro kono, japan pm fumio kishida, japan politics fumio kishida, prime minister fumio kishida, fumio kishida japan’s next pm, pm fumio kishida, fumio kishida china, fumio kishida wins race, fumio kishida moderate, fumio kishida taiwan, fumio kishida english, fumio kishida wife, fumio kishida views, fumio kishida interview, fumio kishida (politician)

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button