Entertainment Japanese news daily

動詞 英語| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

動詞 英語, /%e5%8b%95%e8%a9%9e-%e8%8b%b1%e8%aa%9e,

Video: be動詞って動詞じゃなくね?アメリカではbe動詞って言わないの!?

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

動詞 英語, 2021-05-27, be動詞って動詞じゃなくね?アメリカではbe動詞って言わないの!?, ★3人で作った本が出版されました!
購入はこちらから↓↓↓本屋さんでも買えます!

〜本の詳細〜
書名:その英語、本当にあってる? ネイティブならこう答えます
価格:1,300円(税別)
発売日:2021年3月18日
販売:全国の書店、Amazon、楽天などのネット書店にて販売

▷勉強になるかもしれない再生リスト

▷TikTok
https://vt.tiktok.com/RVKp4w/

▷Instagram
https://instagram.com/kevinsenroom

▷Twitter

↓↓↓音楽もやってます↓↓↓

▷オリジナル曲LISTEN/DL

▷TikTok
https://vt.tiktok.com/ZSfYDHvU/

▷チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCuuhD5ojjd9jhBrKUTMs76g

▷instagram
http://instagram.com/kakeyamakevishiro

▷Twitter

おすすめ動画
▷日本生まれ育ちなのになぜ英語ペラペラ?

▷このチャンネルができる前の活動で大赤字だった話

▷3人で共通テストを受けたら衝撃的な結果だったwww

▷ケビンが知らない日本語を無理やり説明する動画

▷山奥で本場のハンバーガーを作る

▷May I~ Can I~の違い

▷ホールニューワールドの日英歌詞比較

▷英語が上手い男性アーティスト

▷English伝言ゲーム

▷プロフィール概要

ケビン、かけ、やまの大学時代の同級生3人組。
2019年12月から動画投稿をスタート。
主に英語系、音楽系、日常系などの動画を投稿しています!
笑うついでに、たま〜にタメになる時があるぐらいの感覚で観てもらえたら幸いです!

▷メンバー

・ケビン:アメリカのジョージア州生まれ&育ち。高校1年生の時に日本に来て以来10年日本住み。音楽ではラップ担当。

・かけ:IQ140。Youtube,TikTokの企画/ディレクション担当。TikTokのネタを考えている人。音楽では作曲とボーカル担当。

・やま:日英仏のトリリンガル。音楽では作詞、ボーカル担当。

#英語
#中学英語
#be動詞
#アメリカ
#KER
#一般動詞, Kevin’s English Room / 掛山ケビ志郎

,

プラスアルファの要素で動詞にレバレッジをかける

私が厳選した「20の動詞」は、以下のとおりです。

皆さんが中学生時代に習ったものばかりでしょう。単語のイメージもだいたいわかると思いますし、過去・現在などの時制や主語、単数・複数での変化などもなんとなく覚えているのではないでしょうか。

「人間の行動」とは、主に以下の5つに分類されます。これら20の単語は、その人間の行動原理に根ざした動詞でもあります。

①人が動く(getgocome

②人が何かを動かす、変化させる(puthavetakegiveturnmakebring

③人が何かを見たり、聞いたり、感じたりする(feelthinkhear

④人が何かをやろうとする(keepstaytry

⑤人が他の人と何かをする(talktellspeakmeet

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Inflected forms[edit]

Conjugation of have
Person Singular Plural
First I have We have
Second You have You have
Third It has They have

Principal parts[edit]

A regular English verb has only one principal part, from which all the forms of the verb can be derived. This is the base form or dictionary form. For example, from the base form exist, all the inflected forms of the verb (exist, exists, existed, existing) can be predictably derived. The base form is also called the bare infinitive; that is, the infinitive without the to.

Most irregular verbs have three principal parts, since the simple past and past participle are unpredictable. For example, the verb write has the principal parts write (base form), wrote (past), and written (past participle); the remaining inflected forms (writes, writing) are derived regularly from the base form. Note that some irregular verbs have identical past tense and past participle forms (as the regular verbs do), as with send–sent–sent.

The infinitive, simple past and past participle are sometimes referred to as First (V1), Second (V2) and Third (V3) form of a verb, respectively. This naming convention has all but disappeared from American and British usage, but still can be found in textbooks and teaching materials used in other countries.[1][2][3][4]

Some speakers have only two forms, collapsing the distinction between V2 and V3, though this is considered non-standard. For most verbs the forms are V1 and V2 (have they went yet?, with ‘gone’ never being used, or a corporate-ran company rather than corporate-run), but for a few verbs they are V1 and V3 (I seen it, he done it, with ‘saw’ and ‘did’ not being used).

The verbs do, say and have additionally have irregular third person singular present tense forms (see below). The copular verb be is highly irregular, with the forms be, am, is, are, was, were, been and being. On the other hand, modal verbs (such as can and must) are defective verbs, being used only in a limited number of forms. For details on the forms of verbs of these types, see § Copular, auxiliary and defective verbs below.

Base form[edit]

The base form or plain form of an English verb is not marked by any inflectional ending.

Certain derivational suffixes are frequently used to form verbs, such as -en (sharpen), -ate (formulate), -fy (electrify), and -ise/ize (realise/realize), but verbs with those suffixes are nonetheless considered to be base-form verbs. Also, many base-form verbs contain prefixes, such un- (unmask), out- (outlast), over- (overtake), and under- (undervalue).[5] Some verbs are formed from nouns and adjectives by conversion, as with the verbs snare, nose, dry, and calm.

The base form is used in the following ways:

  • It serves as the bare infinitive, and is used in the to-infinitive (e.g. to write); for uses see § Non-finite forms below.
  • It serves as the simple present tense, except in the third person singular: I/you/we/they write regularly (and except for the copula).
  • It is used as an imperative: Write these words.
  • It is used as a subjunctive: I suggested that he write a novel.

For the verb be, which uses different forms for the simple present, and modal verbs, which are not used in the infinitive, imperative or subjunctive, see § Copular, auxiliary and defective verbs below.

Third person singular present[edit]

Almost all verbs have a third person singular present indicative form with the suffix -[e]s. In terms of spelling, it is formed in most cases by adding -s to the verb’s base form: runruns. However if the base form ends in one of the sibilant sounds (/s/, /z/, /ʃ/, /ʒ/, //, //) and its spelling does not end in a silent e, then -es is added: buzzbuzzes; catchcatches. Verbs ending in a consonant plus o also typically add -es: vetovetoes. Verbs ending in a consonant plus y add -es after changing the y to an i: crycries.

In terms of pronunciation, the ending is pronounced as after sibilants (as in lurches), as after voiceless consonants other than sibilants (as in makes), and as otherwise (as in adds). These are the same rules that apply to the pronunciation of the regular noun plural suffix -[e]s and the possessive -‘s. The spelling rules given above are also very similar to those for the plural of nouns.

The third person singular present of have is irregular: has /hæz/ (with the weak form /həz/ when used as an auxiliary, also contractable to -‘s). The verbs do and say also have irregular forms, does /dʌz/ and says /sɛz/, which however look like regular forms in writing.

For the verb be, modal verbs and other auxiliaries, see § Copular, auxiliary and defective verbs below.

The form described in this section is used with third person singular subjects as the simple present tense (in the indicative mood): He writes novels all the time. (This tense has other uses besides referring to present time; for example, in I’ll be glad if he writes, it refers to future time.)

Past tense[edit]

The past tense, or preterite, may be formed regularly or irregularly.

With regular verbs, the past tense is formed (in terms of spelling) by adding -ed to the base form (playplayed). Normal rules for adding suffixes beginning with a vowel apply: If the base form ends in e then only d is added (likeliked); if the base form ends in a consonant followed by y then the y is changed to i before adding the ending (trytried; an exception is the verb sky (a ball), which can form skied or skyed). Three words ending in -ay (lay, pay and say) change y to i and add -d (laid, paid, said).

Various rules apply for doubling final consonants. If the base form ends in a single vowel followed by a single consonant (except h, silent t,[citation needed] w, x or y), then unless the final syllable is completely unstressed the consonant is doubled before adding the -ed (shipshipped, but fathomfathomed). In general this is considered something to keep the vowel before the final consonant short (i.e. if the word were spelled shiped it would have a long i.) However, there are 2 words, control and patrol, which follow this rule even though the vowel before the final consonant is long. For most base forms ending in c, the doubled form used is ck, used regardless of stress (panicpanicked; exceptions include zinczincked or zinced, arc → usually arced, specspecced or spec’ed, sync → sometimes synched). In British English, the doubling of l occurs regardless of stress (traveltravelled; but paralleled is an exception), and when two separately pronounced vowels precede the l (dialdialled, fuelfuelled). If the final syllable has some partial stress, especially for compound words, the consonant is usually doubled: backflipbackflipped, hobnobhobnobbed, kidnapkidnapped etc. In some cases both alternatives are acceptable, e.g. dialogdialogued or dialogged†, hiccuphiccupped or hiccuped, programprogramed† or programmed. Note however catalogcataloged†, pyramidpyramided, formatformatted (but combatcombat(t)ed). Other variations not entirely consistent with these rules include busbused† or bussed, biasbiased or biassed† and focusfocused or focussed. (The forms marked † are not used in British English, and the doubled consonant is not used for many words of non-Anglo-Saxon origin.)

The pronunciation of the past tense ending follows similar rules to those for the third person present tense ending described above: if the base form ends in /t/ or /d/ then a new syllable /ɪd/ or /əd/ is added (as in drifted, exceeded); if the base form ends in an unvoiced consonant sound other than /t/ then the ending is pronounced /t/ (as in capped, passed); otherwise the ending is pronounced /d/ (as in buzzed, tangoed). Consequently, in the 17th and 18th centuries, the latter two pronunciations were routinely spelled -‘d, but -ed was later restored.

For the past tense of irregular verbs, see English irregular verbs. Some of these can be classed as Germanic strong verbs, such as sing (past sang), while others are weak verbs with irregularly pronounced or irregularly spelt past forms, such as say (past tense said /sɛd/).

The verb be has two past tense forms: was (first and third person singular) and were (plural and second person).

The past tense (preterite) form is used in what is called the simple past, in sentences such as We lit the fire and He liked to dance. One of the uses of this tense is to refer not to a past situation, but to a hypothetical (present or future) situation in a dependent clause: If I knew that, I wouldn’t have to ask. This is sometimes called the “past subjunctive”, particularly in the case of were, which can replace was in such sentences; see English subjunctive.

Past participle[edit]

The past participle of regular verbs is identical to the preterite (past tense) form, described in the previous section.

For irregular verbs, see English irregular verbs. Some of these have different past tense and past participle forms (like sing–sang–sung); others have the same form for both (like make–made–made). In some cases the past tense is regular but the past participle is not, as with show–showed–shown.

For uses of the past participle, see § Non-finite forms below.

Present participle[edit]

The present participle form, which is also used for the gerund, is formed by adding the suffix -ing to the base form: gogoing. A final silent e is dropped (believebelieving); final ie changes to y (lielying), and consonant doubling applies as for the past tense (see above): runrunning, panicpanicking.

Some exceptions include forms such as singeing, dyeing, ageing, rueing, cacheing and whingeing, where the e may be retained to avoid confusion with otherwise identical words (e.g. singing), to clarify pronunciation (for example to show that a word has a soft g or ch), or for aesthetic reasons.

In standard English the ending is pronounced /ɪŋ/, although in many regional dialects the final consonant sound is pronounced /n/, sometimes represented in eye dialect by spellings such as huntin’ (see g-dropping).

For uses of the present participle and gerund, see § Non-finite forms below.

Copular, auxiliary and defective verbs[edit]

The copular verb be has multiple irregular forms in the present tense: am for first person singular (which together with the subject pronoun is often contracted to I’m), is for third person singular (often contracted to ‘s), and are for plural and second person (often contracted to ‘re chiefly after the pronouns you, we, they). It also has two past tense forms: was for first and third person singular, and were for plural and second person (also used as a past subjunctive with all persons; see English subjunctive). The past participle is been, and the present participle and gerund is the regular being. The base form be is used regularly as an infinitive, imperative and (present) subjunctive. For archaic forms, see the next section.

English has a number of modal verbs which generally do not inflect (most of them are surviving preterite-present verbs), and so have only a single form, used as a finite verb with subjects of all persons and numbers. These verbs are can and could, may and might, shall and should, will and would, as well as must, ought (to), need and dare (when used with a bare infinitive), and in some analyses used (to) and had better. (The modals could, might, should and would are historically the past tense forms of can, may, shall and will respectively, though they are not always used as such.) These verbs do not have infinitive, imperative or participle forms, although in some cases there exists a synonymous phrase that can be used to produce such forms, such as be able to in the case of can and could. The negation of can is spelled as a single word, cannot. There are contracted forms ‘ll and ‘d for will and would (in some cases possibly from shall and should).

Other verbs used as auxiliaries include have, chiefly in perfect constructions (the forms has, have and had can contract to ‘s, ‘ve and ‘d), and do (does, did) in emphatic, inverted and negated constructions (see do-support).

For more detail of the above, including contractions of negated forms (isn’t, won’t, etc.), see English auxiliaries and contractions.

Another example of a defective verb is beware, which is used only in those forms in which be remains unchanged, namely the infinitive, subjunctive and imperative.

Archaic forms[edit]

Archaic conjugation of have
Person Singular Plural
First I have We have
Second Thou hast Ye have
Third It hath They have

Formerly, particularly in the Old English period, the English language had a far greater degree of verb inflection than it does now (some other Germanic languages retain a greater variety of inflected forms than English does). Some of the forms used in Early Modern English have now fallen out of use, but are still encountered in old writers and texts (e.g. Shakespeare, the King James Bible) and in archaisms.

One such form was the third person singular form with the suffix -eth [əθ], pronounced as a full syllable. This was used in some dialects rather than the modern -s, e.g. he maketh (“he makes”), he runneth (“he runs”), he goeth (“he goes”). In some verbs, a shortened form -th appears: he hath (“he has”), he doth (“he does”; pronounced as if written duth), he saith or he sayeth (“he says”). The forms hath and doth are found in some proverbs (“Hell hath no fury like a woman scorned“, “The lady doth protest too much“).

Another set of forms are associated with the archaic second person singular pronoun thou, which often have the ending -est, pronounced as a full syllable, e.g. thou makest (“you make”), thou leadest (“you lead”). In some verbs, a shortened form -st appears: thou hast (“you have”), thou dost (“you do”; rhymes with must). In the case of the verb be, such forms included art (present tense), wast (past), wert (past subjunctive) and beest (present subjunctive; pronounced as two syllables). In all other verbs, the past tense is formed by the base past tense form of the word (e.g. had, did, listened) plus-‘st, not pronounced as a full syllable, e.g. thou had’st (“you had”), thou did’st (“you did”), thou listened’st (“you listened”). Modal verbs except must also have -t or -st added to their form, e.g. thou canst (“you can”), thou wilt (“you will”), thou wouldst (“you would”), thou mightst (“you might”), except may, which is thou mayest (“you may”).

For example, several such forms (as well as other archaic forms such as yea for “yes”, thy for “your”, and mine enemies for “my enemies”) appear in Psalm 23 from the King James Bible:

The LORD is my shepherd; I shall not want.
He maketh me to lie down in green pastures: he leadeth me beside the still waters.
He restoreth my soul: he leadeth me in the paths of righteousness for his name’s sake.
Yea, though I walk through the valley of the shadow of death, I will fear no evil: for thou art with me; thy rod and thy staff they comfort me.
Thou preparest a table before me in the presence of mine enemies: thou anointest my head with oil; my cup runneth over.
Surely goodness and mercy shall follow me all the days of my life: and I will dwell in the house of the LORD for ever.

For more information see Old English verbs, English subjunctive, and Indo-European copula (for the history of the verb be).

詳細については、次の URL をご覧ください。……

中学校英語/動詞の変化形 1年 - Wikibooks

1. 英語の動詞|【超基本】動詞の「位置」と「数」と「形」

まずは英語の「動詞」の【超基本】を説明する。

1.1. 英語の「動詞」は「主語」の次に置く!

英語では、下記の例文のような平叙文(物事を客観的に述べる形の文)の場合、主語「I(私)」の次に動詞「play(する)」を置く。(日本語とは順番が異なることに注意!)

1.2. ひとつの「主語」にひとつの「動詞」

英語では、ひとつの「主語」には、ひとつの「動詞」しか使えない。例えば下記の例文のように、「I」というひとつの「主語」に、「am」と「like」の2つの動詞を使うことはできない。

1.3. 英語の「動詞」は「主語」と「時制」によって「形」が変わる!

英語では、下記の例文のように、「主語」と「時制(現在・過去など)」によって、動詞の形を変える必要がある。

形の変え方は、下記「2」で詳しく説明する。

2. 英語の動詞|【超基本】「be動詞」と「一般動詞」と「形の変化」

英語の「動詞」はいろいろな種類に分類できる。一つ目の分類は「be動詞」と「一般動詞」である。英語の「動詞」は下図のように「be動詞」と「一般動詞」とに分けられる。

それぞれ詳しく解説する。

2.1.「be動詞」の「形の変化」と「使い方」

2.1.1.「be動詞」とは?

「be動詞」は「イコール」を表す。上の例文のように「He is Ken.」であれば、「He = Ken」(彼はケンです。)という意味である。

なお、主語とイコールの関係にある語(上記の例では「Ken」)は「補語」という。「補語」の詳細は「英語【目的語と補語】※話すための英文法|基本から徹底解説!」を参考にしてほしい。

2.1.2.「be動詞」の「形の変化」

「be動詞」は、「主語」と「時制(現在や過去など)」により、下記の例のように「形」が変わる。

「be動詞」の「形の変化」をまとめると下図になる。ちなみに「be」は、下表に掲載している色々な「be動詞」の「原形」である。

上図の通り、「複数形」の場合は、「人称」がなんであれ全て「are(現在形)- were(過去形)」である。気をつけなければならないのは、主語が「単数」の場合である。

なお、「人称」についての詳細は「英語の一人称とは!※人称代名詞の主格・所有格・目的格を解説」を参考にしてほしい。

2.1.3.「be動詞」の「使い方」

主語が「一人称」「二人称」「三人称」で「単数形」と「複数形」の場合の「be動詞」の使い方を例文を用いて説明する。

● 主語が「一人称単数」(I)の場合の「be動詞」の使い方の例(平叙文/普通の文):


現在形 I am (I’m) a doctor.(私は医者です。)
 過去形: I was a medical student when I was young.(私は若いとき医学生だった。)
 過去分詞形 I have (I’ve) been studying medicine.(私は医薬を勉強してきた。)
 原形 I will (I’ll) be a medical teacher.(私は医学の先生になる。)


上記の例文のうち、「過去分詞形」の例文以外は、「be動詞」のあとに「名詞」がきている。「名詞」の詳細は「英語【名詞】※話すための英文法|超基本から徹底解説!」を参考にしてほしい。

「過去分詞形」の「been」は、上記の例文では「現在完了進行形」(have + been + 動詞の-ing形)の中で使用されている。「現在完了進行形」の場合は、主語に関係なく「been」が使われる。「現在完了進行形」の詳細は「英語【現在完了形】※話すための英文法|基本〜発展を徹底解説」を参考にしてほしい。

「原形」の「be」は、上記の例文では「意思(未来)」を表す助動詞「will」とともに使われている。助動詞の後には、主語に関係なく動詞の「原形」がくる。「助動詞」の詳細は「英語【助動詞】※話すための英文法|基本から発展を徹底解説!」を参考にしてほしい。

● 主語が「二人称単数」(You)の場合の「be動詞」の使い方の例(否定文):

現在形: You are not (You’re not / You aren’t) busy.(あなたは忙しくない。)
 過去形: You were not (weren’t) busy yesterday.(あなたは昨日忙しくなかった。)


「be動詞」を使った文を「否定文」にするときは、「be動詞」のあとに「not」を置く。

上記の例文2つとも、「be動詞」のあと(「not」のあと)に「形容詞」がきている。「形容詞」の詳細は「英語【形容詞】基礎から徹底解説!※中学で習う全形容詞一覧付」を参考にしてほしい。

ちなみに、過去分詞形「been」と原形「be」を使用するときは、主語の人称や単数・複数は関係ないので例文は省略する。(上記「一人称単数」の例文を参照。)

● 主語が「三人称単数」(He, it, Kenなど)の場合の「be動詞」の使い方の例(疑問文):

現在形: Is she in Japan?(彼女は日本にいる?)
 過去形: Was she in Japan last year?(彼女は昨年日本にいた?)


「be動詞」を使った文を「疑問文」にするときは、「be動詞」を文頭にもってくる。

「be動詞」のあとには、「名詞」や「形容詞」だけではなく、上記の例文のように「前置詞+名詞」(「at home」など)や「副詞」(「here」など)もくることもある。

● 主語が「複数」(We, They, Ken and Kateなど)の場合の「be動詞」の使い方の例:


現在形: We are not (We’re not / We aren’t) tired.(私たちは疲れていない。)
 過去形: Were Ken and Kate at home?(ケンとケイトは家にいるか?)


主語が「複数」の場合は「人称」がなんであれ、「be動詞」は「are(現在形)– were(過去形)」である。

2.2.「一般動詞」の「形の変化」と「使い方」

2.2.1.「一般動詞」とは?


「一般動詞」とは、上記で説明した「be動詞」以外の全ての動詞のことを指す。最も重要な一般動詞には「have」「get」「take」などがある。


2.2.2.「一般動詞」の「形の変化」

「一般動詞」も「be動詞」と同様に、「主語」と「時制(現在や過去など)」により「形」が変わる。

「主語」によって「一般動詞」の「形」が変わるのは、主語が「三人称単数」(He, She, Itなど)のときだけである。下図の例文のように、動詞が「現在形」のときに、動詞に「-s」が付く。この「s」のことを「三・単・現のs」という。

上記の例文の動詞「play」のように、単に語尾に「s」をつける動詞は多いが、そうではない動詞も少なくない。それらの動詞は下図のように、①「es」をつける動詞、②「y」を「i」に変えて「es」をつける動詞、③ 特別な形になる動詞 の3種類に分けられる。

「o, s, x, ch, sh」で終わる動詞には「es」を付け、「a, i, u, e, o以外 + y」で終わる動詞には、「y」を「i」に変えて「es」を付けるというルールがある。(ルールを覚えるよりも、ひとつひとつ覚えていくことをお勧めする。)

また、「一般動詞」も「be動詞」同様、「時制(現在や過去など)」により「形」が変わる。

上記の例のように、「一般動詞」を「過去形」(および「過去分詞形」)にするには、通常「原形」に「ed」を付ける。

しかしながら、この「ed」を付けるというルールが当てはまらない一般動詞も多い。それらの動詞は、①「d」を付ける動詞、②「y」を「i」に変えて「ed」を付ける動詞、③ 最後の一文字を重ねて「ed」を付ける動詞、④ 特別な形にする動詞 の4種類に分けられる。

なお、特別な形にする動詞を、形が不規則に変化するので「不規則動詞」をいう。

2.2.3.「一般動詞」の「使い方」

一般動詞の「現在形」「過去形」「過去分詞形」の「平叙文(普通の文)」「否定文」「疑問文」などについて、例文を用いて説明する。

●「一般動詞」の「現在形」の使い方:


平叙文: She likes cats. (彼女は猫が好きだ。)
 否定文: She doesn’t (does not) like cats. (彼女は猫が好きではない。)
 疑問文: Does she like cats? (彼女は猫が好きか?)


一般動詞の「現在形」を使った文を「否定文」にするには、動詞の前に「don’t(do not)」を入れる。主語が三人称単数の場合は「doesn’t(does not)」を入れ、動詞の「s」をとる(動詞を原形にする)。

「疑問文」にするときは、文頭に「Do」を置く。主語が三人称単数の場合は「does」を置き、動詞の「s」をとる(動詞を原形にする)。

●「一般動詞」の「過去形」の使い方の例:


平叙文: He played soccer yesterday. (彼は昨日サッカーをした。)
 否定文: He didn’t (did not) play soccer yesterday. (彼は昨日サッカーをしなかった。)
 疑問文: Did He play soccer yesterday. (彼は昨日サッカーをしたか?)


一般動詞の「過去形」を使った文では、主語が三人称単数でも、過去形の場合は「三単現のs」を意識する必要はない。(「三単現のs」の「現」は「現在形」の「現」だから。)

一般動詞の「過去形」を使った文を「否定文」にするには、動詞の前に「didn’t(did not)」を入れ、その後の動詞を原形にする。

疑問文にするときは、文頭に「Did」を置き、動詞を原形にする。

●「一般動詞」の「過去分詞形」の使い方の例:

受動態: This building was built in 1900. (この建物は1900年に建てられた。)
 現在完了形: He has lived in Japan for 10 years. (彼は日本に住んで10年になる。)


「受動態(受け身)」の文は「〜される」という意味だが、その形は「be動詞 + 過去分詞形」である。上の例文は「受動態の過去形」である。「受動態」の詳細は「英語の受け身(受動態)※話すための英文法|基本から徹底解説!」を参考にしてほしい。

「現在完了形」の文は、基本的に「過去のある時点から今までの状況」を意味するが、その形は「have/has + 過去分詞形」である。「現在完了形」の詳細は「英語【現在完了形】※話すための英文法|基本〜発展を徹底解説」を参考にしてほしい。

●「一般動詞」の「原形」の使い方の例:

命令形: Close the window. (窓を閉めて。)
 助動詞 + 動詞の原形: I can’t play the piano. (私はピアノを弾けない。)
 to不定詞: I visited Tokyo to see my brother. (私は兄弟に会うために東京を訪れた。)


「命令形」は、「〜しなさい」のように、人に指示するときに使われるが、その作り方は動詞の「原形」を一番最初に持ってくるだけである。主語はつけない。

「助動詞」とは「詞をけることば()」であり、常に動詞と一緒に使われるが、そのときの動詞の形は常に「原形」である。「助動詞」の詳細は「英語【助動詞】※話すための英文法|基本から発展を徹底解説!」を参考にしてほしい。

「to不定詞」とは「to + 動詞の原形」の形をとり、基本的には「〜のために」という意味を表す。「to不定詞」の詳細は「英語【不定詞】※話すための英文法|基本から発展を徹底解説!」を参考にしてほしい。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

1.「動詞」ってそもそも何?

そもそも、「動詞」とは何でしょう?

「動詞」とは、動作を表す単語のことです。

例えば、「walk(歩く)」や「go(行く)」、「eat(食べる)」、「have(持つ)」などが、動詞です。

しかし、英語の動詞は、大きく分けて2種類あります。

その2つは「be動詞」「一般動詞」です。

1-1.「be動詞」

「be動詞」は、その名の通り「be」ですが、その他に「is/am(was)」、「are(were)」、「been」などで「ある・いる」という意味になります。

この「be」だけが主語や時制(現在・過去・未来)によって単語が変化するため特別に分類されています。

1-2.「一般動詞」

be動詞以外の動詞は全て「一般動詞」です。

be動詞と一般動詞の分け方を難しく考える必要はありません。

上述した「walk」や「go」などの動作の単語が一般動詞となります。

2.「動詞」の使い方

動詞は主語や時制(現在・過去・未来)によって変化します。

ここでは、「一般動詞」と「be動詞」の変化のルールを解説します。

2-1.「一般動詞」の時制による変化

一般動詞は時制や主語によって形が変わる場合とそうでない場合があります。

現在形、過去形、未来形の順番で確認しましょう。

2-1-1.一般動詞の変化:現在形の場合

時制が現在の場合、一般動詞は基本的には動詞の原形を使います。

【例文】

  • 英語:I play soccer with my friends.
  • 日本語:私は友達とサッカーをします。

例文のように、動詞の「play」は変化せず原形のまま使います。

現在形では動詞の原形を使うが基本ですが、主語が三人称単数の場合は例外です。

三人称単数とは、『英語の人称代名詞が5分で分かる一覧表』のあるように、「He」、「She」、「It」を指します。

主語が三人称単数の場合は、動詞の後ろに「s」をつけます。

【例文】

  • 英語:Hw plays soccer with his friends.
  • 日本語:私は友達とサッカーをします。

現在形の時制で主語が三人称単数の文につける「s」なので、略して「三単現のs」と言います。

また、その三単現の基本は「動詞+s」ですが、語尾によっては多少形が変わるものもあります。

三単現のつくり方の基本ルールは以下の3つです。

  • 語尾が「ss」、「x」、「sh」、「ch」、「o」の場合 →「es」をつける ※例:go → goes, teach → teaches
  • 語尾が「子音字+y」の場合 → 語尾の「y」を「i」に変えて「es」をつける ※例:study → studies, fly → flies -「子音字」とは、母音(a,i,u,e,o)以外の文字のことです
  • 上記の2つ以外のほとんどの動詞 → 「s」をつける ※例:play → plays, eat → eats

尚、「持つ」という意味の「have」は特殊で、このルール外の単語です。「have」の三単現の形は「has」なので、別途覚えましょう。

否定の場合は、「主語 + do not + 動詞の原形」、または三人称単数の場合は、「主語 + does not + 動詞原形」となります。

2-1-2.一般動詞の変化:過去形の場合

私たちがよく習うのが、一般動詞の時制が過去であれば、動詞の原形の後ろに「ed」をつけるということです。

この場合、主語の種類は関係ありません。

単数でも、複数でも、三単現でも「ed」をつけます。

【例文】

  • I called her yesterday./昨日、私は彼女に電話をしました。
  • She called me yesterday./昨日、彼女が私に電話をしました。

※主語が「I」でも、三人称単数の「She」でも、電話をしたという「called」に違いがありません。

一般動詞の過去形も三単現の「s」のように、語尾によって「ed」以外のものがつく場合があります。そのルールを確認しましょう。

  • 語尾が「e」の場合 → 動詞の原形 +「d」 ※例:use → used, like → liked, change → changed
  • 語尾が「子音字+y」の場合 → 語尾の「y」を「i」に変えて「ed」をつける ※例:study → studied, try → tried
  • 語尾が「母音字(1文字)+子音字(1文字)」の場合 → 語尾の子音字を重ねて「ed」 ※例:stop → stopped, plan → planned
  • 語尾が「c」の場合 → 動詞の原形 +「ked」 ※例:panic → panicked

一方で、「不規則動詞」(不規則変化動詞)といって、上記の一般的なルールに全くあてはまらない変化をする動詞があります。

下記がその例です。

  • become(現在形)→ became(過去形)
  • go → went
  • give → gave
  • run → ran
  • have → had
  • get → got
  • make → made
  • eat → ate
  • take → took
  • buy → bought

日常英会話では基礎となる動詞は、実はこの不規則動詞がものすごく多く、これが日本人がすぐに英語が口から出てこない理由の一つでもあります。

不規則動詞は、辞書や参考書などの後ろに一覧表としてまとめられているのが多いですが、日常英会話で使う最低限の不規則動詞を、『英語習得と英会話上達に必要!おすすめ285英単語集一覧』でも一覧表でまとめているので参考にしてみて下さい。

否定の場合は、「主語 + did not + 動詞の原形」、または三人称単数の場合は、「主語 + did not + 動詞原形」となります。

2-1-3.一般動詞の変化:未来形の場合

未来形の文では、基本的に助動詞の「will」と動詞をセットで使います。

助動詞の後ろに置く動詞は、原形のままです。

主語が「I・You」、三人称単数の「He・She・It」でも同じ動詞の原形です。

下記がその例です。

  • I will play
  • She will go
  • It will take

また、これは、『英語の15個の助動詞が今すぐ分かる一覧と活用法』にある他の助動詞の時でも同様です。「助動詞+動詞の原形」となります。

否定の場合は、「主語 + will not + 動詞の原形」、または三人称単数の場合は、「主語 + will not + 動詞原形」となります。

2-1-4.一般動詞の変化:現在完了形・過去完了形の場合

中学英語の英文法14選!TOEICや英会話にすぐに役立つ』の記事でも解説していますが、それぞれの時制の定義は下記となります。

  • 「現在完了形」:過去から今現在も続いている動き(have・has+過去分詞) ※主語が三人称単数の場合が「has」となります。
  • 「過去完了形」:ある過去からの継続の動きですでに終了している(had+過去分詞) ※主語が三人称単数の場合でも「had」のままです。

ことばだけでは難しいかもしれませんので、下記の図で「現在完了形」と「過去完了形」の違いを解説していますのでご参考下さい。

この場合は、「過去分詞」という動詞を使います。

現在形、過去形、過去分詞でみてみましょう。

下記がその例です。

現在形 過去形 過去分詞
go went gone
take took taken
run ran run
see saw seen
do did done
watch watched watched

不規則動詞の場合は、基本的に過去分詞も違う単語になる場合が多いですが、その他の一般動詞(原型+ed)は過去形と同じとなります。

否定の場合は、「主語 + have not(had not) + 動詞の原形」、または三人称単数の場合は、「主語 + has not(had not) + 動詞原形」となります。

ここで注意したいのが、「~に行ったことがある」や「~をしたことがある」という「経験」を表す時です。

それ自体をしたのは過去のある一点ですが、その経験は今でも自分のものになっているというイメージで「現在完了形」を使います。

例えば下記がその例です。

  • I have been to Hawaii.(ハワイに行ったことがあります) ※「gone」ではなく「been(be動詞の過去分詞)」を使います。
  • I have watched the movie.(その映画を見たことがある) ※しかし、会話では過去形でも問題ありません。

また、この動詞の過去分詞は、英語の文法でもよく使われる「受動態(受け身)」の時も必須となります。『英語の「受動態(受け身)」を簡単にマスターする5つの基本』の記事も参考にしてみて下さい。

2-2.「be動詞」の時制による変化

「be動詞」も時制や主語によって変化します。

「be動詞」の変化を現在形、過去形、未来形の順で確認しましょう。

2-2-1.be動詞の変化:現在形の場合

現在形のbe動詞では「am」「is」「are」の3種類の変化があります。

「I(私)」は「am」、三人称単数やその他の単数形は「is」で、それ以外(you・we・they・その他の複数形)は全て「are」を使います。

否定の場合は、「主語 + am not」、「主語 + is not」、「主語 + are not」となります。

2-2-2.be動詞の変化:過去形の場合

過去形のbe動詞の変化は「was」と「were」の2つだけです。

  • 「were」:「you(あなた)・we(私たち)・they(彼ら)」と複数形
  • 「was」:「I(私)」や三人称単数やその他の単数形

否定の場合は、「主語 + was not」、「主語 + were not」となります。

2-2-3.be動詞の変化:未来形の場合

be動詞の未来形は簡単です。

一般動詞と同様に、主語に関係なく「will+be(原形)」となります。他の副詞でも同様です。

2-2-4.be動詞の変化:現在完了形・過去完了形の場合

一般動詞では、過去分詞は動詞により違う単語ですが、be動詞の場合は全て「been」となります。

先ほど解説した「~へ行ったことがある」など経験の時にも使うのが「been」です。

否定の場合は、「主語 + have not been(had not been)」、「主語 + has not been(had not been)」となります。

be動詞の時制での変化を下記の表にまとめて一覧にしました。

現在形 過去形 過去分詞
am was been
is was been
are were been

詳細については、次の URL をご覧ください。……

動詞とは

動詞とは、物事の動作を表すものです。

「speak(話す)」や「run(走る)」という動きを表すものから、「is(~である)」というように「状態」を表すものもあります。

動詞の種類

動詞は大きく分けて「be動詞」と「一般動詞」に分けられます。

が、この記事ではほかにも以下の動詞をお伝えしていきます。

  • 動作動詞
  • 状態動詞
  • 自動詞
  • 他動詞

中学高校のおさらいになる部分もありますが、改めて学んでいきましょう。

それでは一つずつお伝えします。

be動詞

「be動詞」は、「~である・~にいる」という意味の動作です。

「be」以外も、主語や時制によって「is」「am」「are」「was」「were」「been」などの形があります。

一般動詞

「be動詞」以外の動詞を一般動詞と言います。

単純に上記でお伝えしたbe動詞以外の動詞、つまり「talk(話す)」や「stop(止まる)」などが一般動詞に当たります。

またさらに、一般動詞は「動作動詞」と「状態動詞」に分けることが出来ます。

動作動詞

動作動詞とは、その名の通り「動作」を表わす動詞のことを指します。

動作動詞の定義としては、「run(走る)や泳ぐ(swim)などのように、その動作を瞬間的に変えられるもの」というものや、「自分の意志で行える動作」「すぐに中断や再開が可能な動作」というものがあります。

動作動詞はたくさんあるのですが、以下が一例になります。

  • go(走る)
  • walk(歩く)
  • come(来る)
  • grab(つかむ)
  • put(置く)
  • wait(待つ)
  • speak(話す)
  • leave(去る)
  • tell(言う)
  • ask(尋ねる)
  • say(言う)
  • talk(話す)
  • carry(運ぶ)
  • look(見る)
  • play(遊ぶ)

詳細については、次の URL をご覧ください。……

英語の動詞とは?

みなさんは、「英語の動詞とは?」と聞かれてすぐに答えることが出来ますか?

動詞とは、動作や状態を表す品詞で、英語の文中においてとても重要な役割を果たします。

この記事では、一般動詞とbe動詞の違いなど、英語の動詞について詳しく解説していきます。記事の最後では、名詞とはなにか、形容詞とはなにかについてもご紹介するので、基本をもう一度復習しておきたい方は是非ご覧ください。

英語の動詞とは①一般動詞とbe動詞の違い

動詞には、一般動詞とbe動詞の2種類があります。

まずは、一般動詞とbe動詞について、それぞれの違いを理解しておきましょう。

be動詞とは

be動詞とは、原形が「be」で主語の人称や数、時制によって変化する動詞です。活用を表で確認しておきましょう。

主語 be動詞 be動詞の過去形 be動詞の過去分詞
1人称単数「I」 am was been
2人称単数・複数「You」 are were been
3人称単数「He/She/It」 is was been
1人称複数「We」 are were been
3人称複数「They」 are were been

また、be動詞は一般的に3つの役割があると言われています。例文で確認しましょう。

be動詞の役割①SV文型を作り「存在する」の意味を表す

God is.
神は存在する。

be動詞の役割②SV文型を作り「〜にある、〜にいる」の意味を表す

The books are on the table.
その本は机の上にある。

be動詞の役割③SVC文型を作り「〜である」の意味を表す

The sun is red.
太陽は赤色である。

一般動詞とは

一般動詞とは、be動詞以外の動詞で、時制によって変化する動詞です。変化の仕方は6種類あります。基本的な一般動詞の変化を確認しましょう。

原形 過去形 過去分詞 変化の形
play played played A-B-B(過去形と過去分詞が同じ/規則的活用)
keep kept kept A-B-B(過去形と過去分詞が同じ/不規則活用)
come came come A-B-A(原形と過去分詞が同じ)
beat beat beaten A-A-B(原形と過去形が同じ)
go went gone A-B-C(全部の形が異なる)
put put put A-A-A(全部の形が同じ)

一般動詞には、目的語を取らない自動詞と、目的語を取る他動詞があります。

自動詞

I walk.
私は歩きます。

We laughed.
私たちは笑った。

他動詞

I draw a dog.
私は犬を描きました。

She drunk some water.
彼女は水を飲みました。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

動詞について

まず「動詞とは何か?」をかんたんに見てみましょう。

動詞とは?

動詞は10種類ある英語の品詞の中の1つです。

動詞は動作や状態を表す品詞

動詞は簡単にまとめると次のように言えます。

動詞とは?
動作や状態を表す品詞

サッシ

動詞と言えば、例えばこういうものがありますよね。

動詞の例

  • walk(歩く)
  • eat(食べる)
  • run(走る)

動詞は絶対に省略できない

「動詞」の意味自体は、日本語と変わりはありません。ただ、日本語と英語で、「動詞」の扱いに決定的な違いがあります。

それは動詞は絶対に省略できないということです!

英語の動詞
省略できない!

例えば、日本語だと「あ、そのボールこっち!」と言うことが出来ます。

サッシ

「英語で動詞は省略できない」とは、どういう意味でしょうか?

オオカミ

この「pass(投げる・渡す)」は絶対に省略できず、「動詞」が必要なんです。

サッシ

動詞を英語でなんて言う?

動詞を英語では「verb」と呼びます。

動詞の表記
日本語 動詞
英語 verb
発音記号 və́ːrb
辞書上での記号 「動」や「v.」
自動詞は「自」
他動詞は「他」

動詞の種類

続いて、動詞の種類を紹介しますね。

大きくわけてこちらの2種類の動詞が存在します。

動詞には2種類がある

1つずつ詳しく紹介しますね。

be動詞

「be動詞」は「ある・いる・~です」という意味で、以下のたった6単語しかない超レアな動詞です。

be動詞

  • be
  • am
  • are
  • is
  • was
  • were

be動詞についてはこちらにくわしくまとめています。

一般動詞

be動詞以外の「run(走る)」や「drink(飲む)」などのいわゆる普通の動詞は「一般動詞」と呼ばれます。

be動詞以外の動詞
一般動詞

サッシ

一般動詞をさらに分類することもでき、いくつかの分け方があるので、それも紹介しますね。

「動作動詞」と「状態動詞」

「一般動詞」には「動作動詞」と「状態動詞」という分け方もあります。

動作動詞
「jump(飛ぶ)」や「make(作る)」など、人の動きを表す動詞
状態動詞
「like(好き)」「become(~になる)」など、動作じゃなくて様子を表す動詞

英文法においては、「状態動詞は進行形(=『今まさに~している』という形)にできない」ということが大きな特徴なんですよ。

詳しくは動作動詞と状態動詞についてをご覧ください。

「自動詞」と「他動詞」

また「一般動詞」には「自動詞(用法)」と「他動詞(用法)」という分け方もあります。

例えば「drop(落ちる・落とす)」という動詞なら、2つの意味合い・用法があるんです。

「drop」の2つの意味

  • 落ちる = 自動詞(自分がする動作)
  • 落とす = 他動詞(他のものにする動作)

自動詞・他動詞に関しては、「英語の自動詞と他動詞って? その見分け方はどうやるの?」の記事で詳しくまとめているので読んでみてくださいね。

句動詞について

英語では2語以上からなる動詞「句動詞」がよく使われます。

句動詞とは、「動詞+前置詞」で成り立つフレーズのような動詞です。

たとえば、「起きる」なら「get up」、「乗る」なら「get on」のような表現が有名ですよね。

「乗る」は「get on」

複数の語から作られますが、1つの動詞としてとらえましょう。

詳しくは句動詞についてをご覧ください。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

be 動詞[編集]

現在形
単数 複数
一人称 am are
二人称 are are
三人称 is are
過去形
単数 複数
一人称 was were
二人称 were were
三人称 was were
原形 ing形 意味
be being (be動詞)~である。~にいる。

一般動詞[編集]

原形 現在形三人称単数 過去形 ing形 意味
do does did doing 〜する。補助動詞
have has had having 持つ。
eat eats ate eating 食べる。
like likes liked liking 〜を好きである
know knows knew knowing 〜を知っている
study studies studied studying 〜を勉強する
read reads read /rɛd/ reading 〜を読む
write writes wrote writing 〜を書く
become becomes became becoming 〜になる
bring brings brought bringing 持って行く
catch catches caught catching キャッチする
come comes came coming 来る
listen listens listened listening (じっと)聞く。耳を傾ける。
hear hears heard hearing 聞く
go goes went going 行く
take takes took taking つれていく
talk talks talked talking (人と)話す。
speak speaks spoke speaking (言語などを)話す。
draw draws drew drawing (絵を)描く。
think thinks thought thinking 思う
practice practices practiced practicing 練習する
play plays played playing プレイする、演奏する
live lives lived living 住む
walk walks walked walking 歩く
swim swims swam swimming 泳ぐ
run runs ran running 走る
want wants wanted wanting 〜を欲する
wash washes washed washing 〜を洗う
use uses used using 〜を使う
visit visits visited visiting 訪問する 訪れる
sit sits sat sitting 座る
stand stands stood standing 立つ
look looks looked looking 探す。(注意深く)見る。
watch watches watched watching (テレビ番組などを)見る。
help helps helped helping 助ける、助けて
get gets got getting 手に入れる、入手する
make makes made making 〜を作る
pray prays prayed praying 祈る
love loves loved loving 愛してる
open opens opened opening 開く
enjoy enjoys enjoyed enjoying 楽しむ
call calls called calling 呼ぶ
cut cuts cut cutting 切る、刈る
cook cooks cooked cooking 作る、料理する
drink drinks drank drinking 飲む
join joins joined joining 接合する、加入する
see sees saw seeing 見る
ask asks asked asking 聞く

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード 動詞 英語 動詞 英語

English, Kevin’s English room, Kevin, 英語, ケビン, tiktok, アメリカ, アメリカ人, おもしろ, 英文法, ケビンズイングリッシュ, 授業, 勉強, ためになる, 日本語, 教育, 学習, 発音, 翻訳, kevin’s english room, イントネーション, 流行, ステイホーム, 検証, リスニング, 歌手, ボーカル, 音楽, アーティスト, 評価, 学校, バイリンガル, バイリンガール, 爆笑, ジョージア, 留学, 英語フレーズ, 日本語訳, 英和, 井上ジョー, TOEIC, TOEFL, グローバル, オススメ, ネイティブ, 英語ネイティブ, 海外生活, 国際恋愛, 国際結婚, 英会話, 語学留学, 海外留学, 大学, 東大, 早稲田, 慶應, 上智, 一橋, 京大, バラエティ, stayhome, TikTok, インスタ, 語学, 掛山ケビ志郎, かけ, やま, Twitter, 入試, 受験, Instagram, 掛山ケビン, IQ, 高IQ, マルチリンガル, トリリンガル, HIPPO, 多言語, be動詞, 中学英語 英語 動詞一覧, 英語 動詞一覧 中学, 動詞 英語 例, 動詞 英語 一覧 小学生, 重要動詞 英語, 英語 動詞 これだけ, 一般動詞 英語, 動詞 英語 活用

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button