Entertainment Japanese news daily

kpmg コンサルティング| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

kpmg コンサルティング, /kpmg-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0,

Video: Tokyo Financial Street 158

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

kpmg コンサルティング, 2020-07-17, Tokyo Financial Street 158, 7/17
KPMGコンサルティングの東海林正賢さんにご出演頂きます。
世界4大会計事務所のひとつとして知られるKMPGで資産運用
フィンテックに関する専門家の東海林さんに同社のコロナ禍
での影響や取り組みについてお伺いします。
また、毎年秋に東証で開催されているイベント「JAZZ EMP」
についてもお聞きします。

今日のBGM提供ミュージシャン:
原 朋直 https://tomonaohara.com/
佐瀬悠輔 https://www.yusukesase.com/
浅利史花 https://ameblo.jp/ggg-jazz/

兜LIVE! – 日本橋兜町・茅場町のコミュニティサイト
http://kabuto-live.com/, stockvoice

,

概要[編集]

KPMGは1870年にイギリスで設立されたWilliam Barclay Peat&Co.をはじめに、現在では146の国と地域に進出し、約23万人の従業員を擁し、総売上高は321億米ドル(約4兆4000億円)の会計経営コンサルティングを主力とする多国籍企業である[2]

プライスウォーターハウスクーパースアーンスト・アンド・ヤングデロイト トウシュ トーマツと並び、世界4大会計事務所 (Big 4)の一角を占める。イギリスで設立された非公開会社で法律上の本部はロンドンだが[3]、実際の本部はオランダアムステルフェーンにある。各国にあるKPMGの会員各社(メンバーファーム)はそれぞれ独立した法人であり、スイス及びイギリスに拠点を置くKPMGインターナショナルに加盟している。KPMGには、監査、税務およびアドバイザリーサービス(M&Aなど、企業による大型取引の判断や過程をサポートする)の3つのサービスがある。2010年のリーグテーブルではBig4系の財務アドバイザリーファーム中で最大の取引金額を誇り、業界での知名度・評価も高い。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

採用ご担当者様

毎月300万人以上訪れるOpenWorkで、採用情報の掲載やスカウト送信を無料で行えます。

社員クチコミを活用したミスマッチの少ない採用活動を成功報酬のみでご利用いただけます。

23卒の新卒採用はすべて無料でご利用いただけます

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Kpmgコンサルティングの新卒採用・就活・インターンシップ…

KPMGコンサルティングの基本情報

まずはKPMGコンサルティングの基本的な知識を整理した。ぜひ参考にしてほしい。

沿革

KPMGジャパンは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称であり、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野にわたる8つのプロフェッショナルファームによって構成されている。

日本におけるメンバーファームは下記の通りだ。

  • 有限責任 あずさ監査法人
  • KPMG税理士法人
  • KPMGコンサルティング株式会社
  • 株式会社KPMG FAS
  • KPMGあずさサステナビリティ株式会社
  • KPMGヘルスケアジャパン株式会社
  • KPMG BRM 株式会社
  • KPMG社会保険労務士法人

(※KPMG公式サイトより引用)

KPMGコンサルティングはKPMGジャパンのメンバーファームの1社である。

なお、2014年7月にKPMGマネジメントコンサルティング株式会社とKPMGビジネスアドバイザリーを統合して誕生しており、コンサルティング単体ではまだ若い会社だ。

事業内容

  • 事業変革
  • テクノロジートランスフォーメーション
  • リスク、コンプライアンス

を主な事業領域としている。

中でも強化しているのは、RPAとセキュリティ・リスク分野だ。デジタル化の波を受けて需要が高まっている領域を押さえ、提供しているのがKPMGの特徴である。

最近では、国内の大学では初めて、早稲田大学でRPAを導入したことが話題になっていたが、これもKPMGの案件である。

また、あずさ監査法人との協力体制も整っているなど、他のファームと協力しながら案件を進めることも多い。

少数精鋭の組織だからこそ、臨機応変に他のファームと連携できるところにおもしろさを感じる人も多いだろう。

採用情報

新卒採用では、毎年コンサルタント職として11〜15名程度が採用されている。

中途採用と異なる点は、原則として、入社後18ヶ月間は育成期間となっていることだ。

中途採用は基本的に即戦力として現場に入ることになるが、新卒の場合は研修や実務経験で基礎力を身につけた後、適性や志望に応じて各専門チームへと配属される。

また、配属先は

  • 戦略(Strategy)
  • オペレーション(Operation)
  • IT(Information Technology)
  • リスク&コンプライアンス(Risk & Compliance)

などがあるが、どこに配属されるかは入社後に決定する。

KPMGコンサルティングなどコンサル業界に転職したいなら、転職エージェントを利用した転職がおすすめ。特に、アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化しているため、理想なコンサル会社の求人を紹介してもらえるだろう。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

シニアマネジャー×新卒3年目の対談。KPMGコンサルティングの魅力を明らかに

──本日はコンサルタントとして現場で活躍するお二人にお話を伺います。まずは現在どのような業務を担当しているか教えてください。

千田:私は業種特化の部門で、製造業のクライアントをメインに担当しています。これまでのキャリアで培ってきたデジタル分野のバックグラウンドを活かし、工場のデジタル化やデジタル技術を使った新規事業創出に向けた支援をテーマとしています。

平賀:私はソリューション特化の部門に所属しています。ビジネストランスフォーメーションの側面から、クライアント企業の業界内でのマーケットシェア拡大などの課題に取り組んでいます。現在は同業他社との協力、あるいは異業種との協業などを視野に入れた調査分析を行っています。千田さんのチームと一緒に案件を進めることもありますよ。

──総合系ファームは、縦軸に業種別のチームを、横軸にソリューション別のチームを配置する「マトリックス型」のサービス提供が一般的です。お二人は縦軸・横軸それぞれを担当しているわけですね。

平賀 仁菜(ひらが にな):コンサルタント

イギリスのUniversity of Sussexを卒業後、2016年9月にKPMGコンサルティングに入社。2018年4月にビジネスアナリストから現職に昇進。

事業会社からコンサルティングファームに転職。本質的な提案に「しっくりきた」

──今回のインタビューでは(1)コンサルタントとして働く魅力 (2)KPMGコンサルティングでキャリアを歩む魅力に迫っていきたいと思います。1点目について、千田さんからお聞きします。

外資系の製造業や外資系ベンダーを経てKPMGコンサルティングに入社した千田さん。なぜ事業会社からコンサルティングファームへの転職を志望したのでしょうか?

千田 尚子(ちだ なおこ):シニアマネジャー

外資系製造業、外資系ベンダー2社を経てKPMGコンサルティングに入社。製造業へのアドバイザリー業務を主に行っている。I&D(インクルージョン&ダイバーシティ)の業務も担当。

千田私にとっては自然な流れでした。事業会社で製品やソリューションを軸とした課題解決をする中で得た学びに、コンサルティングファームの立場からアプローチしたくなったのです。ツール導入の事例一つにしても、事業会社は自社のツールを販売する目的で提案をしますが、コンサルティングファームでは「業務の改善を行いたい」というお客様の課題があり、その解決方法の一つとしてツール導入を提案します。お客様にとって一番良い課題解決の方法が、自社ツールではないこともあるかもしれません。そう考えた時、ツールありきの提案よりも、対話をしながらお客様の目的を一緒に目指し、課題解決の方向を示していきたいという理由でコンサルティング業界を志望しました。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

企業紹介

グローバルに蓄積した知見とネットワーク力

KPMGコンサルティングは、世界145ヶ国に236,000名のプロフェッショナルを擁し、監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するKPMGのメンバーファームです。
市場、顧客、雇用など、事業に関わるあらゆる側面でグローバル化が進んでいる今日、クライアントが直面する課題は、組織内の部門や地域を超えたものになります。
弊社は、こうした変化へ対応するため、サービスラインやインダストリーの連携に加え、KPMGがグローバルに蓄積した知見とネットワーク力を下支えとするシームレスなサービスを目指しています。


グローバルに活躍するチャンス

世界145ヶ国にメンバーファームを持つことがKPMGの特長であり、国内外から最新の知見やデータを学ぶことができるのは大きな強みです。クライアント企業には、世界各国に子会社等を持つグローバル企業が多く、KPMGのグローバルネットワークを活用しながら、海外赴任や出張により国境・国籍を超えたチームを組み、コンサルティングサービスを提供する機会がますます増加しています。海外プロジェクトへのアサインメントや中長期的海外赴任などのOpen Recruitment制度、海外研修プログラム等、グローバルに働きたい人に絶好の環境がKPMGコンサルティングにあります。

社員紹介

荻原 健斗 / 2017

MC Consultant

早稲田大学政治経済学部を卒業後、KPMGコンサルティングに入社しました。現在は、クライアントのデジタルトランスフォーメーションを支援する”Digital Labor and Transformation (DLX)”というサービスラインのユニットに所属しております。
休日は専らゴルフの練習に励んでおりますが、なかなか上達せず・・。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

現在、クライアントの全社的な業務改革を支援するプロジェクトに従事しております。昨今のコンサル業界では、AIやDeep Learningを始めとするデジタルソリューションの導入支援が進んでおりますが、私たちはまず既存の業務を見直し、歴年の慣習から残存する不必要な業務の廃止や、重複業務が発生している部署間におけるフロー整備等を実施した上で、デジタルトランスフォーメーションを検討します。全部署へのインタビューを通しての全主要業務の理解や棚卸しには骨が折れますが、業務フローが着実に改善されていく様を垣間見る時に、達成感ややりがいを強く抱きます。

この会社を選んだ理由は何ですか?

学生時代所属していた学生団体のメインスポンサーがKPMGであり、ソーシャルビジネスのプロジェクトについて、何度も時間を割いてアドバイスを頂くことがありました。いち学生に対しても、KPMGのバリューである“誠実さ”を貫く姿勢や、実体験に基づく幅広い業界知見などに惹かれたのが入社のきっかけです。
またKPMGコンサルティングはデジタルコンサルティング領域に特に注力しており、自身の目指す方向性と合致していたことも、入社を決めたポイントです。

今後どうしていきたいですか

クライアントのデジタルトランスフォーメーションへのシフトに対峙できるコンサルタントを目指します。表層的な事象に埋もれる真のクライアントイシューを探り出し、先進技術を活用して解決する事で、従前にはなかった新たな価値を創出するお手伝いをさせて頂きたいです。
また、ただの提案で終わるのではなく、クライアントと“Shoulder-to-shoulder (肩を並べて)”並走し、共に現場で汗を流すコンサルタント像も思い描いています。

社内の雰囲気を教えてください

他ファームと比べて、人数がそれほど多くなく、組織間を超えたイベントも定期的に開催される為、縦横の繋がりが強固という特徴があります。パートナー(役員)との距離も近く、年2回開催されるゴルフコンペでは、10名以上のパートナーの方にも参加頂くなど、新卒・若手が業務外で交流出来る機会も数多くあります。また、多様なキャリアを経てKCに入社した中途の方も多く、親身になって若手のキャリア相談に乗っているケースもよく目にします。

KPMGコンサルティングの魅力は?

日本のKPMGコンサルティングは設立して間もないですが、KPMGはグローバルでは確固たるブランド力があります。つまり、“ベンチャー気質”が故のチャレンジ出来る環境が整備されており、“グローバルで蓄積されたナレッジ・アセット”をフル活用することが出来るという、両輪の強みを兼ね揃えております。
大人数を採用しないこともあってか、“新卒・若手の育成”を何よりも重要戦略と位置付けているKPMGコンサルティングだからこそ、成長出来るチャンスは無限に広がっています。 そのチャンスを掴み取り、ものにするかしないかは自分次第。
KPMGコンサルティングにご興味のある方、エントリーを心よりお待ちしております。

現在している仕事を具体的に教えてください

プロジェクトの内容は人事系クラウドシステムの導入支援で、その中での私の役割は大きく分けて次の二つ、システムへ投入するデータの作成と現場のチェンジマネジメントの遂行です。毎日クライアントのマネージャークラスの方々と会議を行い業務の進捗状況の報告や今後の方針を決めているため、忙しくも刺激的な毎日を送る事ができています。近日中にシステム導入が完了し、一般社員への解放が行われるので、それに向けてラストスパート頑張ります!

この会社を選んだ理由は何ですか?

この会社を選んだ理由は人の良さにあります。就職活動ではコンサル会社の面接をいくつか受けましたが、多くの会社では社員の雰囲気がサバサバしていて親しみづらいと感じました。KPMGコンサルティングは、社員のみなさんが親身になって学生の不安や疑問に答えてくださり、非常に親しみやすく、この会社で働けれられれば楽しいだろうなと思い入社を決めました。

今後どうしていきたいですか

今後はAIやフィンテックを利用したコンサルティング業務を行い、その道の専門家になりたいです。近年注目を浴びている分野ですが、知識や経験を有するコンサルタントはまだまだ少ないと感じます。そのため、私のような若手でも比較的マーケットバリューを高めやすいのではないかと考えています。まだ私は2年目で基礎的なコンサル能力の向上も必要ですが、一歩ずつしっかりと成長していきたいです。

社内の雰囲気を教えてください

社内の雰囲気は明るくも厳しく、仕事と趣味にメリハリをつけて両立している人達の集まりだと感じます。クラブ活動や社内イベントが充実しており、私はフットサル活動やHappy Hourイベント(Englishスピーカーが集まるカジュアルな飲み会)に定期的に参加しています。部署や職位を超えた若手同士の交流も盛んで、若手独特の仕事の悩みや情報共有をしやすいため助かっています。これからも様々な活動を通してこの会社を盛り上げていきたいです!

KPMGコンサルティングの魅力は?

KPMGコンサルティングの魅力は若手でもアピールすれば大きな仕事を任せてもらえると言う事です。実際に私は一年目にして海外出張をし、海外の人と仕事をする経験を積む事ができました。私の同期でもすでに会社制度で海外留学をしたり、プロジェクトのチームリーダーを任されている人がいます。このように若手でも自分次第でいろいろな経験ができることがこの会社の魅力です。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード kpmg コンサルティング kpmg コンサルティング

ストックボイス, stockvoice, 株価, 日経平均, TOKYO, 証券, 市場, マーケット, コロナ, コロナショック

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button