Entertainment Japanese news daily

エリザベス テイラー| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

エリザベス テイラー, /%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%99%e3%82%b9-%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%bc,

Video: 『TENET テネット』クリストファー・ノーラン監督インタビュー【特別映像】

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

エリザベス テイラー, 2021-01-11, 『TENET テネット』クリストファー・ノーラン監督インタビュー【特別映像】, クリストファー・ノーラン監督 インタビュー
MC:ジェフ・キーリー

✨ チャンネル登録はこちら: http://bit.ly/JPSubWCN
💥CHECK OUT OUR MERCH💥: http://bit.ly/WCNSHOP

2020年12月21日にLIVE配信されたノーラン監督へのインタビュー 日本語字幕付き
世界中のファンからの熱い質問にノーラン監督が答えます!

「ダークナイト」 「インセプション」「インターステラー」
クリストファー・ノーランが仕掛けるタイムサスペンス超大作

#TENET テネット
ブルーレイ&DVD発売中/デジタル配信中
https://wwws.warnerbros.co.jp/tenetmovie/home_entertainment.html

🌟#日本FilmIsNow🌟
最新洋画予告編、ムービークリップ、ムービーシーン、レビューやインタービューなど常に掲載!, FilmIsNow Movie Trailers International

,

幼少期[編集]

テイラーは1932年2月27日に二人兄妹の妹として、ロンドン北西部のハムステッド・ガーデン・サバーブにあるウィルウッド通り8番の両親の家で生まれ、エリザベス・ロズモンド・テイラー (Elizabeth Rosemond Taylor) と名付けられた[4][5][6]。父親はフランシス・レン・テイラー (en:Francis Lenn Taylor)(1897年 – 1968年)、母親はサラ・サザーン (en:Sara Sothern) (1895年 – 1994年)で、両親ともにカンザス州アーカンザスシティ出身のアメリカ人だった。テイラーの兄ハワード・テイラーは1929年生まれである[7]。父フランシスは画商で、母サラは舞台女優をしていたが、ニューヨークでフランシスと結婚した1926年に芸能活動から引退している。

テイラー家の親しい友人だったヴィクター・カザレット (en:Victor Cazalet) は、一家に大きな影響を与えた人物で、エリザベスの名付け親となった。ウィンストン・チャーチルの親友でもあったカザレットは裕福な国会議員で、有力な縁故を持つ独身男性だった。カザレットは美術と観劇を深く愛した人物で、テイラー一家にイングランドに永住することを強く勧めた。また、クリスチャン・サイエンスの信者で在家の説教師を務めており、テイラー家とのつながりには宗教的な側面もあった。エリザベスがひどい小児性伝染感染症に罹患し、数週間寝込んだときにエリザベスは「お母さん、ヴィクターを呼んでくれないかしら。一緒にここにいてくれるように頼んで」と懇願している[8](p14)

伝記作家のアレクサンダー・ウォーカー (en:Alexander Walker) は、エリザベスが27歳のときにユダヤ教に改宗しその生涯を通じてイスラエルを支持していたのは、幼少期の体験が原因ではないかとしている。ウォーカーは、カザレットがユダヤ人の祖国建設の積極的な推進者だったことと、エリザベスの母サラがさまざまな慈善活動に参加しており、その活動のなかにシオニズム資金団体への支援があったことを指摘している。サラはエリザベスがカザレットから受けた影響について次のように振り返っている。

ヴィクター(カザレット)は、ベッドに座ってエリザベスを抱きかかえながら神様のことを語って聞かせていました。エリザベスの瞳は彼の顔を食い入るように見つめ、彼の話すあらゆる言葉に聞き入り、信じ、そして理解していったのです[8](p14)

テイラーは出生国イギリスと両親の出身国アメリカとの二重国籍を持っていた。1965年10月にパリのアメリカ大使館でアメリカ国籍放棄の手続きを行ったが、証明書の「合衆国へのあらゆる義務と忠誠を放棄する」という一文には抹消線が引かれていた。このためアメリカ合衆国国務省は、書類が改ざんされているためテイラーの国籍放棄を認めないという見解を公式に公表している。テイラーは翌年の1966年に、改めて正式なアメリカ国籍放棄の証明書にサインした[9]。しかしながら1977年にテイラーは、当時の夫だった政治家ジョン・ウォーナーの上院議員選挙運動の際にアメリカ国籍取得を申請している[10][11]

第二次世界大戦が勃発する直前に、両親は戦火を避けてイギリスからアメリカへと戻ることを決めた。母サラと二人の子供が一足先にニューヨークへ到着したのは1939年4月のことで[12]、ロンドンで仕事の後始末に追われていた父フランシスがアメリカへ帰国したのは11月になってからだった[13]。一家はカリフォルニア州ロサンゼルスに落ち着き、父フランシスはイギリスから持ち込んだ多くの絵画を展示するアート・ギャラリーを建てた。そしてすぐにこのギャラリーは現代ヨーロッパ絵画を好む多くの著名なハリウッド関係者たちの間で評判になり、伝記作家ウォーカーはギャラリーが「テイラーを金銭と名声に満ちた(ハリウッドの)世界へと誘う、多くの扉を開いていくことになった」としている[8](p27)

詳細については、次の URL をご覧ください。……

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連作品(映画)

  • 配信中

    出演

    熱いトタン屋根の猫

    3.3

    2022年10月21日公開予定

  • 配信中

    出演

    ジャイアンツ

    3.7

    2021年公開

  • 出演

    トゥルーへの手紙

    3.0

    2005年公開

  • 配信中

    出演

    フリント・ストーン モダン石器時代

    2.9

    1994年公開

  • 出演

    トスカニーニ

    3.5

    1989年公開

  • 配信中

    出演

    クリスタル殺人事件

    3.1

    1981年公開

エリザベス・テイラーの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

エリザベス・テイラーの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

エリザベス・テイラーの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

  • 熱いトタン屋根の猫

    2022年10月21日公開予定

    • 「テアトル・クラシックスACT.2 名優ポール・ニューマン特集 碧い瞳の反逆児」予告編

エリザベス・テイラーの関連動画・予告編をもっと見る

詳細については、次の URL をご覧ください。……

エリザベス・テイラーの出演・出演映画作品|Movie Walker Press

出演・関連作品 計41

  • クレアモントホテル

    2010年12月4日(土)公開,108分


    4.0

  • エンジェル

    2007年12月8日(土)公開,119分


    3.5

  • トゥルーへの手紙

    2005年10月1日(土)公開,78分


  • フリント・ストーン モダン石器時代

    1994年7月30日(土)公開,91分


  • トスカニーニ

    1989年2月18日(土)公開,0分


  • クリスタル殺人事件

    1981年7月4日(土)公開,105分


  • エンテベの勝利

    1976年12月25日(土)公開,0分


  • 青い鳥(1976)

    1976年7月2日(金)公開,99分


  • 別離(1974)

    1975年3月21日(金)公開,0分


  • ザッツ・エンタテインメント

    1975年3月21日(金)公開,135分


詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード エリザベス テイラー エリザベス テイラー

TENET, テネット, クリストファー・ノーラン監督インタビュー, テネット インタビュー, 映画 テネット, 予告編, 映画, 公式予告編, ジョン・デヴィッド・ワシントン, ロバート・パティンソン, エリザベス・デビッキ, ディンプル・カパディア, アーロン・テイラー=ジョンソン, クレマンス・ポエジー, マイケル・ケイン, ケネス・ブラナー, ヒメーシュ・パテル, ホイテ・ヴァン・ホイテマ, クリストファー・ノーラン, ノーラン, アクション映画, SF映画, スリラー, クライム, FilmIsNow Movie Trailers International, #日本FilmIsNow

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button