Entertainment Japanese news daily

英語 通訳| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

英語 通訳, /%e8%8b%b1%e8%aa%9e-%e9%80%9a%e8%a8%b3,

Video: 【本田圭佑】「英語は毎日12時間勉強したい」/メディアの前では「不機嫌」の理由を明かす/カリスマ通訳者が秘伝Tips伝授(リアル投資ドキュメンタリーANGELS特別編)

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

英語 通訳, 2022-06-15, 【本田圭佑】「英語は毎日12時間勉強したい」/メディアの前では「不機嫌」の理由を明かす/カリスマ通訳者が秘伝Tips伝授(リアル投資ドキュメンタリーANGELS特別編), ▼チャンネル登録&高評価お願いします▼
https://www.youtube.com/c/PIVOT%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

▼iOSアプリで全ての映像番組を無料で公開中▼
https://app.adjust.com/grp102e?redirect=https%3A%2F%2Fapps.apple.com%2Fapp%2Fapple-store%2Fid1606310844

【ANGELS 他のおすすめ動画】
本田圭佑が投資家と激突「チームがグローバルの方が有利」
▶︎https://youtu.be/g1V8zw4mZd0

「遊戯王」を現実に 本田圭佑「スゲェ」
▶︎https://youtu.be/Ga-fuIEWAwg

本田圭佑が喝「SPEAK ENGLISH」
▶︎https://youtu.be/fYRmbBltOUA

カリスマ通訳の英語コーチング
▶︎https://youtu.be/h1ih-awT65k

【企画概要】
リアル投資ドキュメンタリー「ANGELS」の特別対談。
毎日“2時間”英語の勉強を欠かさない本田圭佑が
アル・ゴア元アメリカ副大統領やダライ・ラマ14世など
名だたるVIPの通訳を務めた関谷英里子氏から英語コーチングを受ける。
「みんな僕のイメージを間違えている」
メディアの前では決して見せない本田圭佑の「悩み」と「意外な素顔」が明らかにー

出演:本田圭佑/関谷英里子(日本通訳サービス代表/同時通訳者)

ナレーション:津田健次郎(俳優/声優)

#PIVOT #本田圭佑 #ケイスケホンダ #津田健次郎 #スタートアップ #英語 #リスキリング #コーチング #tips #学び直し #投資 #起業, PIVOT 公式チャンネル

,

英語のプレゼンを“読み上げ”できる

通訳の流れはこうだ。

まず、ポケトーク同時通訳が聞き取った音声をテキスト化。そのテキストをポケトークが得意とする翻訳エンジンにかけ、出力する言語に変換する。ここまではポケトーク字幕とほぼ同じだが、ポケトーク同時通訳では、その言語を機械音声が読み上げてくれる。イヤホンをつけながら聞くスタイルは、まさに同時通訳。このようなプロセスで翻訳されるため、原文や日本語を耳だけでなく目で確認することも可能で、ログも出力される。

流れとしては、まず英語の音声を認識。画面下に青い文字でその英文が表示される。その後、日本語などの他言語に翻訳される。アプリでは、その文章を読み上げている

ポケトークをはじめとする翻訳機や、翻訳アプリはすでに存在するが、逐次通訳的なものが多い。これに対し、流しっぱなしの音声を自動的に翻訳し、読み上げてくれる点で、ポケトーク同時通訳のユーザー体験は本物の同時通訳に近い。

発表会では、ポケトークの松田憲幸社長兼CEOが日本語で話しつつ、英語話者の音声が翻訳される様子が披露されたが、読み上げも自然で内容がすっと頭に入ってきた。

発表会でデモを披露した松田氏。翻訳もきちんとされ、英語と日本語で双方向にコミュニケーションが取れていた

アップルのiPhone発表会で「同時通訳」を検証

ここまでスムーズに翻訳されるのであれば、ビジネスシーンでも活用できそうだ。ポケトーク社も、このアプリを翻訳コストがかさむ企業への導入を考えているようだ。とは言え、発表会でのデモということで、英語を話した人が翻訳されやすいよう、意識しながら話していた可能性もある。デモだけでは、“手加減”されていたかどうかが分かりづらい。

穿ちすぎかもしれないが、それを確かめるため、筆者もβ版のアプリを自身のPCにインストールし、ポケトーク同時通訳を使ってみた。

ソースにしたのは、9月に開催されたアップルの発表会だ。ティム・クックCEOのプレゼンは、国際的なイベントに慣れた米国のエグゼクティブらしく、さまざまな人が聞き取りやすいよう、発音がはっきりしている。まくし立てるよう、いっきにしゃべり倒すといったこともない。

一方で、ある程度込み入ったことを話す際には、一文が長くなる傾向もある。この本気のプレゼンを、ポケトーク同時通訳で聞いたらどうなるのかを試してみた。

アップルの発表会を、ポケトーク同時通訳を通して聞いてみた

驚いたのが、翻訳された日本語だけを聞いていても、内容がある程度理解できるレベルになっているということだ。例えば、冒頭で話された以下の一文を抜粋してみよう。

At Apple, we’re fortunate to be surrounded by people who strive to innovate together to create products and experiences that enrich people’s lives, products that are intuitive and easy to use that have a unique integration of hardware and software, and that are incredibly personal

何やら英語のテストに出てきそうなぐらい長く、構文が入り組んでいる。英語のままだと何を言っているかは理解しやすいが、文法の構造がまったく異なる日本語に訳すのは大変そうだ。これを、ポケトーク同時通訳は以下のように翻訳した。

「ハードウェアとソフトウェアの独自の統合を備え、直感的で使いやすい製品と、人々の生活を豊かにする製品と体験を生み出すために、一緒に革新しようと努力している人々に囲まれていることを幸運に思います」

最後の「and that are incredibly personal」がバサッとカットされていたり、頭の「At Apple」が無視されていたり、「直感的で使いやすい製品」以下を前の文で受けてしまっていたりするところは不正確と言えるが、クック氏が何を言いたいのかは日本語を聞いていれば大体理解できる。

分からなかったところを勝手にカットしてしまうのは、どことなくDeepL的。ポケトークは翻訳エンジンにDeepLを採用しているが、同時通訳もこの部分は同じ可能性が高そうだ。

スクリーンショットを取るため、上記の個所をもう一度再生してみたところ、別の訳文が表示された。こちらは、パーソナルのあたりも取りこぼしなく訳しているが、そのぶん全体が日本語として少しおかしくなっている

ちなみに、Appleの公式動画についていた字幕は次のとおりだ。

「Appleでは幸運なことに、人々の生活を豊かにする製品と体験を生み出すために共に革新を目指す人々に囲まれています。製品は直感的で使いやすく、ハードウェアとソフトウェアがユニークに連携し、驚くほどパーソナルです」

さすがにこちらは正確で読みやすい。日本語として自然になるよう、後半部分は原文を少しだけ意訳していることも分かる。

ただ、アップルの発表会は映像に対して事前に字幕をつけたもの。同時通訳だと、ここまで自然な日本語にはならないだろう。筆者も、仕事上、同時通訳を聞くことは多いが、やはり逐次通訳より精度は落ちるし、部分的に文章がカットされてしまっていることもある。その意味で、ポケトーク同時通訳は結構実用的なのではと感じた。

オフィシャルの日本語字幕の方が、さすがに日本語としてこなれている。ただし、これは同時通訳ではない

翻訳はこの後も、終始このような調子だった。英語からあまり遅れないよう、かなり早口になる印象ではあるが、音声もそこそこ自然で聞き取りやすい。バッサリカットや誤訳もあるため、厳密性を求められる場面やシーンには使えないが、全体をザックリと理解したいときには役立ちそうだ。ビジネスシーンでは、最低限コミュニケーションを取るための道具になるかもしれない。今はまだβ版のため、今後、精度が向上する可能性もある。

英語→多言語のみの対応。待たれる双方向とスマホ対応

一方で、いくつか課題もある。

1つが、英語から他言語にしか翻訳できない点だ。相手がしゃべったことは日本語になるが、こちらが話したことは字幕でしか伝えられない。プレゼンを聞いたりするぶんにはいいが、こちらが話したことが字幕にしかならないのは少々もどかしい。双方向で同時通訳ができれば、もっと利用シーンが増えるだろう。

現状では、あくまで英語から日本語などへの同時通訳に限定される。日本語で話すと字幕にしかならず、双方向の音声通訳はできない

もう1つのネックは、デバイスがPCに限定されている点だ。会議室で面と向かって話したり、今回試したようにオンラインのプレゼンを聞いたりするには今のままでもいいが、PCだけだと立ち話のような場面では使いづらい。マイクの性能などを考えても、スマホやタブレットに対応していた方がいいだろう。こちらに関しては、発表会で松田社長が対応を名言しているため、その完成を期待したい。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

あなたが身につけたい「英語力」とは何ですか?

英語の苦手な人がコミュニケーションツールとしての英語を習得する上で、まずやるべきなのは、「英語ができる」状態を再定義することだと私は思います。国際共通語としての英語を習得する際に目指すべき「英語ができる」状態は、「母国語である日本語と同じレベルで英語が使えるようになる」ということではありません。

通訳者として20年以上、世界のさまざまな人が集まる場で仕事をしてきて私が感じているのは、日本人の英語の知識は世界的に見ても非常に高いということです。日本人のほとんどが学校で英語を履修していますし、社会人になってからも何らかの形で英語を学び続ける人はたくさんいます。それなのに英語に苦手意識を持つ日本人が多いのは、なぜなのでしょうか?

英語に限ったことではありませんが、学んだ知識をスキルにするには経験が必要です。知識は実際に使わなければ「使えるもの」にはならないのです。日本人の多くが英語を学んでいるにも関わらず使いこなせないのは、「使う経験」が圧倒的に不足していることが原因です。知識をスキルにできていないのです。

「学んだ英語」を「使える英語」にしましょう。そして使うために、まずは「英語ができる」ということを再定義して、少しハードルを下げてみましょう。

国際共通語は英語ではなくブロークンイングリッシュ

「我々の共通言語は、イングリッシュではなくブロークンイングリッシュだ」

これは、私が通訳をさせていただいている世界経済フォーラムの会議で聞く言葉です。世界経済フォーラムとは、政界、財界、市民団体など、各分野のトップリーダーが年初にスイスのダボスに集まり、その年の課題を話し合う「ダボス会議」を主催することでも知られている国際機関です。

さまざまな人種や国籍、バックグラウンドを持つ人が集まる場での共通言語は英語です。しかし、そこで注目されるのは「いかに美しい英語を話すか」ではありません。重視されるのはあくまで話の中身です。

差し迫った課題について真剣な議論が交わされる場では、話者が文法的に正しい英語を使っているか、ネイティブスピーカーのような美しい発音で流暢に話せるかなどということを気にしている人はいません。彼らの関心事は、今自分たちが直面している課題を解決するために知恵を出し合うことです。相手の英語レベルを気にしている余裕はないのです。

世界の知恵を集める場には、英語が母国語ではない人もたくさん参加しています。そのため、「共通言語」として英語は使うけれど、ネイティブスピーカーのような完璧さを求めるのではなく、母国語ではない言語で深刻な課題を協議する難しさを尊重し合い、理解を深めようという姿勢で、互いの「英語」を聞いています。それを表しているのが冒頭の「我々の共通言語はイングリッシュではなくブロークンイングリッシュだ」という言葉です。

昨今、通訳者として仕事をする中で、英語に期待されていることが変わってきていると感じることがよくあります。20年以上前に私が通訳者として働き始めた頃も、英語は国際的な場の共通言語として使われ、国際的に活躍するには英語が必要であると認識されていました。そして、そこで求められていた「英語力」は、「いかにネイティブスピーカーに近づくか」ということでした。

「国際的に活躍したいのであれば英語は不可欠である。そしてその英語はネイティブのように美しく流暢で完璧なものを目指すべきだ」。当時は、英語を学ぶ人からも、英語ネイティブからも、そんな雰囲気が感じられました。

しかし今は違います。中国をはじめとする非英語圏の国々が台頭していることも影響しているのだと思いますが、英語はあくまでコミュニケーションのツールであり、ネイティブスピーカーのような完璧さを求めるのではなく、互いに理解するための実用的な手段であると考えるほうが合理的だという認識が広がっています。英語を母国語とする人たちが「がんばって英語を学んで私たちに追いつきなさい」と非英語ネイティブを上から目線で見ていられる時代は終わりました。

目指すべきは意思疎通のための英語です。たとえブロークンであっても互いに理解し合う姿勢で成り立つことが前提なのです。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Lineの通訳機能を利用する|Lineみんなの使い方ガイド

通訳って英語で何て言う?

「日本語を英語に(英語を日本語に)変換する」意味の英単語として思いつきやすいのが、「translation」です。
しかし、実は「translation」に「通訳」という意味合いはほとんどありません。

「通訳」と言いたい場合、英語では「interpretation」と表現するのが一般的です。

ちなみに「通訳する人」を表す場合は「interpreter」といいます。

「interpret」は「解釈する」と和訳するイメージが強いため、意外に思う方もいるかも知れませんが、「interpret」の語源はもともと「二者の間を仲介する」という意味のラテン語に由来しています。

人と人の間に入って何かを説明したり、取引したりすることを表す言葉が転じて、「解釈する」「通訳する」といった意味で使われるようになったようです。

通訳と翻訳の違い

「通訳」は英語で「interpretation」、「翻訳」は英語で「translation」と和訳するのが一般的です。

日本語の場合、「通訳」は「会話」を訳す作業を表し、「翻訳」は書籍やWebサイトなどの「文字情報」を訳す作業を意味します。

ただ、英語の「interpret」「translate」が表す内容は、日本語とは若干異なります。
Cambridge Dictionaryで調べてみると、「interpret」は下記のように説明されているので、基本的には日本語でいう「通訳」と近い内容です。

interpret
to change what someone is saying into another language

ただ、やはり「解釈する」とも訳せる英単語なので、「話された言葉を自分なりに解釈して説明する」という意味合いの強い単語のようです。

また、「translate」はCambridge Dictionaryには下記のように記載されています。

translate
Cambridge Dictionaryには「to change words into a different language

基本的には日本語の「翻訳」と同じく、文字情報を訳す作業を表す言葉ですが、文字情報に限らず言葉を訳す作業全般を表す場合もあるようです。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

通訳

  • 通訳がいないと何も分からない

    not understand a thing without an interpreter

  • 通訳がいなくても間に合うほどに英語をよく知っている

  • 通訳がうまい

  • 通訳されていない

    【形】

      uninterpreted

  • 通訳する

    【他動】

    1. interpret
    2. translate(別の言語に~を)

    【自動】

      translate

  • 詳細については、次の URL をご覧ください。……

    専用機も、アプリも、ソフトも

    AI通訳機「ポケトーク」


    W

     9,900円


    S・S Plus

     32,780円~

    製品の詳細

    AI通訳アプリ「ポケトーク」

    Android / iPhone / iPad


    製品の詳細

    言葉の壁をなくす、ポケトーク

    ポケトークシリーズは、互いに相手の言葉を話せない人同士の会話を可能にする通訳ツールです。
    音声認識機能により、効果的な外国語の学習にも利用できます。

    対面 なら AI通訳機   リモート会議 なら AI翻訳・字幕ソフト

    ポケトークW

    ポケトークS

    ポケトークS Plus

     

    ポケトーク字幕

    9,900円

    32,780円

    通訳機「ポケトーク」の詳細

    34,980円

     

    7日間無料で使える

    無料ダウンロード

    「ポケトーク字幕」の詳細

    ベーシック機能がそろった
    エントリーモデル
    高機能でコンパクトな
    ハイエンドモデル
    高機能で大画面な
    ハイエンドモデル
      翻訳結果を字幕のように表示する
    ソフトウェア
    通訳機能 通訳機能 通訳機能   通訳機能
    カメラ翻訳 カメラ翻訳  
    AI会話レッスン AI会話レッスン  
    発音練習機能 発音練習機能 発音練習機能  

    エントリーパック
    のみの特典

    ガイドDVD
    海外変換プラグ
    ACアダプター

         

    対応OS

    • Windows 11
    • Windows 10(64ビット版)
    • Windows 8.1(64ビット版)
    • macOS Monterey (v12.0)
    • Big Sur (v11.0)
    • Catalina(v10.15)
    • Mojave(v10.14)

    さらに詳細な比較表はこちら

     

    お持ちのスマホで使える
    AI通訳アプリ「ポケトーク」

    詳細はこちら

    詳細については、次の URL をご覧ください。……



    多言語コールセンターでの英語通訳業務


    株式会社アソウ・ヒュマニーセンター

    • 福岡県 福岡市 中央区
    • 時給1,230円
    • 派遣社員

    【お仕事内容】即日〜コールセンターでの英語通訳/ 正社員前提のオシゴト×賞与あり! 【資格・免許】必須:英語通訳が可能な方日本語・英語+他言語の通訳が可能な方大歓迎

    • 駅チカ
    • 研修あり
    • 社保完備
    • シフト制
    • 産休・育休
    • 退職金あり
    • 福利厚生充実

    ASO HUMANY CENTER GROUP 人材派遣

    13日前

    詳細については、次の URL をご覧ください。……

    トーク上で自動的に通訳してくれます

    LINEが提供しているLINE公式アカウントに「通訳」があります。友だちにトークするようにメッセージを送るだけで気軽に使えます。言葉の壁を越えて外国語を話す友だちとトークを楽しむこともできて便利です。

    LINEの通訳機能はここが便利です!

    ① 相互の通訳(ex 日⇔英)がすぐにできるので、簡易辞書として使えます。
    ② 1:1トークやグループチャットに追加して、外国語を話す友だちともスムーズに会話できます。
    ③ 多言語(英語、韓国語、中国語)に対応しています!

    1.LINEの上部にある検索窓から通訳したい言語のLINE公式アカウントを探し、「追加」をタップ。

    通訳アカウントのID一覧

    2.翻訳したい言葉を送信すると、自動翻訳をしてすぐに返信が来ます。

    友だちとのトークで通訳が必要になった場合

    友だちとのトークやグループに直接LINE公式アカウントを招待すると、送信されたメッセージを双方の言語を自動翻訳します。

    通訳が必要なくなったら「@bye」と送ると退出してくれます。

    画像の中にある文字を翻訳しよう

    メニューから「写真内の文字を翻訳」をタップすると、文字認識機能が立ち上がります。

    その場で写真を撮って翻訳したり、スマートフォンに保存された画像から文字を抽出して翻訳することができます。

    >>「文字認識」機能の使い方をくわしく見る

    動画で手順を確認する

    詳細については、次の URL をご覧ください。……

    ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード 英語 通訳 英語 通訳

    英語通訳 google, 英語 通訳する, 英語 通訳 翻訳, 英語通訳して, 英語通訳サイト, 英語翻訳, 英語通訳機, 英語 通訳 音声

    .

    結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

    Related Articles

    Leave a Reply

    Your email address will not be published.

    Back to top button