Entertainment Japanese news daily

ヴィクトル| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

ヴィクトル, /%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%ab,

Video: 【公式】「トッケビonRADIO」 諏訪部順一×松本沙羅<第1回> from YouTube · Duration: 41 minutes 9 seconds

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

ヴィクトル, Mar 2, 2018, 【公式】「トッケビonRADIO」 諏訪部順一×松本沙羅<第1回> from YouTube · Duration: 41 minutes 9 seconds , , コンテンツセブン

,

ヴィクトル

カジノギルドプリムスクラブ

1杯で心を酔わす「お姉さん」

プリムスクラブ内にあるバーのバーテンダー。性格も口調も姉御肌で、腹に一物抱えるメンバーが集まるプリムスクラブのオアシス的存在。カミュの理解者でもある。

  • 職業バーテンダー
  • 年齢26歳
  • 身長177cm
  • 誕生日輝の月 5日(8/5)

詳細については、次の URL をご覧ください。……

データ

名前 Victor NIKIFOROV(Виктор Никифоров)
年齢 27歳
身長 180cm
誕生日 12月25日
血液型 非公開
cv 諏訪部順一

人物像

世界選手権5連覇の偉業を成し遂げた、ロシアフィギュアスケート選手。
種目は男子シングル、ロシアのチムピオーンスポーツクラブ所属、コーチはヤコフ・フェルツマン
27歳という大ベテランだが、グランプリファイナルも連覇中。
パイオニアとして世界から注目を浴びる「生ける伝説」、リビングレジェンドである。
人々を驚かせることをモットーとし、毎シーズン歴史を塗り替え続けるヒストリーメーカー。
銀髪碧眼の美丈夫でもあり、ロックスター的なカリスマを持つ上にファンサービスを欠かさず、老若男女問わず絶大な人気を誇る。
勝生勇利のジュニア時代からの憧れの存在で、背中を追い続けている。
思わぬ切っ掛けから勇利に興味を持ち始め……。

指導対象の長所を見抜く確かな眼と、それを伸ばす高い指導力も持ち合わせている。一方、天才的な感性を持つが故に、それをそのまま相手にダイレクトに伝授しようとするため、受け手はそのニュアンスの読解に苦しむことになる(結果的に成長を促すことにもなるが)。

茶色のスタンダードプードルマッカチン」を飼っており、日本に連れてくるほどの愛犬家でもある。また九州大会やグランプリシリーズでは、マッカチン型(?)の大きなティッシュカバーを持参している(後に公式グッズとして販売された)。
デフォルメ化するとおでこのハイライトが強調されており、勇利が好奇心に負けて生え際に触れたときは本気で凹んでいた。また、笑うと口がハートにデフォルメされることも多い。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーリ!!! On Iceに登場するヴィクトルについて|Tiktok

「現役続行と引退はハーフ ハーフ…」そんな気持ちで実家に引きこもっていた勇利のところに突然やってきたのは世界選手権5連覇のヴィクトル・ニキフォロフで…
日本の崖っぷちスケーター勝生勇利と、ロシアの下克上スケーターユーリ・プリセツキー。2人のユーリと、王者ヴィクトル・ニキフォロフで挑む前代未聞のグランプリシリーズが今、幕をあける!

詳細については、次の URL をご覧ください。……

生涯[編集]

出生から青年期まで[編集]

私生活[編集]

共和派ナポレオン軍の軍人ジョゼフ・レオポール・シジスベール・ユーゴー[4] とソフィー=フランソワーズ・トレビュシェ[5] の三男として、父の任地だったフランス東部のブザンソンで生まれた。ユーゴー家はロレーヌの農民の出だが、父親はフランス革命以来の軍人。母親はナントの資産家の娘である[6]。アベル・ジョゼフ[7] とウジェーヌ[8] という2人の兄がいる。

生まれたときは小柄で、背丈が包丁ほどしかなく、ひ弱な赤ん坊だったといわれる。生後6週間目に一家はマルセイユへ転居した。以降、コルシカ島バスティアエルバ島ポルトフェッラーイオパリナポリマドリード、と主に母親らとともにヨーロッパのあちこちを転々とする。というのも、生粋のボナパルト主義の父ジョゼフ・レオポールと根っからの王党派の母ソフィーの間で政治思想の違いによる確執が生じ、それが夫婦の間に不和をもたらしていたのである。この確執はのちに『レ・ミゼラブル』の、マリユスの父ポンメルシー大佐とマリユスの祖父ジルノルマンの確執の原型となる。いずれにせよ、生まれたときの状態や長きにわたる父親不在の生活のおかげで、マザーコンプレックスが非常に強かった。

1812年、母と次兄ウジェーヌと一緒に再びパリに帰る[注 1]1814年、次兄ウジェーヌとともにサン・ジェルマン・デ・プレ教会[9] の近くの寄宿学校に入る。その間にナポレオンによる帝政が完全に終わりを告げ、父ジョゼフ・レオポールはスペイン貴族の地位を剥奪され、フランス軍の一大隊長に没落してしまう。彼は寄宿学校に4年とどまるものの、最後の2年はリセ・ルイ=ル=グラン[10] にも通った。父親は彼を軍人にするつもりだったが、本人は詩作に夢中で[6]1816年7月10日には詩帳にこんな言葉を残している。

――シャトーブリアンになるのでなければ、何にもなりたくない。

17歳でアカデミー・フランセーズの詩のコンクールで一位を取り、自ら詩の雑誌も発行した[6]。母ソフィーはヴィクトルの才能を認め、文学での成功を期待していたが、幼馴染であり恋人であったアデール・フシェ[11] との結婚には猛反対していた。彼は18歳のときから始めた文通を翌年に再開する。しかし、その年(=1821年6月27日に母ソフィーが他界する。ユーゴー一家に二度と娘を逢わせないと誓っていたアデールの両親も、彼の情熱に折れてしまい、結婚を了承した。同年10月12日、アデールとサン・シュルピス教会[12] で結婚し、ル・シェルシュ・ミディ通り[13] に居を構えるに至る。1822年には、『オードと雑詠集』によって国王から年金をもらえることになり、ロマン派の旗手として目覚ましい活躍を始める[6]

1823年7月16日、長男レオポール[14] が誕生する。すべてが順風満帆に見えたが、同年10月9日にひ弱だったレオポールが亡くなってしまう。翌年の1824年8月28日に生まれた長女にはレオポルディーヌ[15] と命名する。

1825年4月29日、23歳という若さでレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ、勲爵士)を受ける。同年5月29日にはランスで行われたシャルル10世聖別式にも参加した。こうして少しずつ名誉が与えられてゆく中で、少年時代は疎遠であった父ジョゼフ・レオポールとの仲も親密になっていった。愛する父のために、それまで疎んじてきたナポレオンを讃える詩を書いたところ、これをきっかけにナポレオンを次第に理解し、尊敬するようになる。さらに、聖別式でウィリアム・シェイクスピアのフランス語訳詩を耳にしたことで、シェイクスピアを尊敬するようになる。

1826年11月2日には次男シャルル[16] が生まれ、創作熱も加速していくが、1828年1月28日、パリで父ジョゼフ・レオポールが他界する。しかし、悲しみにくれる一方で朗報もあり、同年10月31日、父の才能を受け継いだ三男フランソワ=ヴィクトル[17] が誕生する。

1830年4月、ジャン・グジョン通り[18] へ転居する。そこで七月革命の混乱が押し寄せる。たとえルイ18世から年金を貰っていた身分であっても、七月革命に参加していたのは『エルナニ』でともに文学革命に参加した仲間であったため、己に危害が加えられる心配はなかった。

そんな混乱のなか、同年7月28日、次女アデール[19] が誕生する。

創作[編集]

1819年2月、トゥルーズのアカデミー・デ・ジュー・フロロー[20] のコンクールに詩が2編入賞する。5月には、詩1編がアカデミー賞[21] に輝く。12月には『コンセルヴァトゥール・リテレール』[22] 誌を創刊、1821年3月まで月2回のペースで発行していた。1820年3月9日、『ベリー公爵の死についてのオード』でルイ18世から下賜金を受け、ビッグ・ジャルガルを『コンセルヴァトゥール・リテレール』誌に掲載する(1826年に刊行)。

1822年8月4日に出版した『オードと雑詠集』[23] が当時のフランス国王ルイ18世の目に留まり、国王から年1000フラン年金をもらえるようになる。この年金のおかげで、彼はアデールとの結婚を許可される。1823年2月8日に、17世紀末のデンマーク宮廷の陰謀をテーマにした純愛小説『ハン・ディスランド』[24] を匿名で発表し、新雑誌も創刊した。

1829年1月に『東方詩集』、2月7日に『死刑囚最後の日』を刊行する一方、コメディ・フランセーズ[25] で上演予定だった『マリオン・ドロルム』が8月13日に上演禁止令を受けてしまう(以降、彼の手がけた戯曲が上演中止に追い込まれるケースがたびたび起こる)。理由は、この作品に登場するルイ13世の境遇が悪すぎて、シャルル10世の非難を買ったからであった。

それから約2週間後の1829年8月29日から9月24日に戯曲『エルナニフランス語版』(Hernani)を執筆した。10月5日にコメディ・フランセーズ座で上演する運びとなった。古典派の常識を逸脱したこの戯曲はたちまち問題となり、『エルナニ』公演の初日、開幕前からロマン派と古典派のこぜりあいが始まり、幕が上がるとこぜりあいは一気に暴動に転じた。いわゆる『エルナニ合戦』である。これ以降、ユーゴーはロマン派と古典派の戦いに巻き込まれることとなる。しかし、この『エルナニ』はロマン派を世界文学の主流に据えるきっかけをつくり、公演は大成功を収める。

中年期[編集]

私生活[編集]

『エルナニ』で大成功をおさめ、ロマン派の詩人・作家として名声と富に恵まれたユーゴーは、1832年10月8日、ジョン・クージョン通りの家を引き払い、ロワイヤル広場(現在のヴォージュ広場)にある赤いレンガ造りの豪華な邸宅に引っ越す。この頃になると、妻アデールがサント・ブーヴと恋に落ちてしまい、彼は寂しさに胸を詰まらせていた。8月の終わりにはサント・ブーヴとの交際を絶った。翌年にはサント・ブーヴが彼の作品『たそがれの歌』を酷評したことで決裂が決定的となってしまう。

31歳になる直前のマルディグラ、つまり1833年2月19日の夜、彼は『リュクレス・ボルジャ』(ルクレツィア・ボルジア)に出演していた女優ジュリエット・ドルエ[26]愛人になる。この日付は『レ・ミゼラブル』の中で、マリユスとコゼットが結婚する日付でもある(『レ・ミゼラブル』ではマルディグラが2月16日だったとなっているが実際のマルディグラは2月19日)。別荘を行き来したり連れ立って旅行に出かけたりするなど、二人の仲は徐々に深くなってゆく。

執筆に情熱を燃やし、ジュリエットとの恋愛に溺れる一方で、私生活では悲しい出来事が続いていた。1836年2月18日12月29日にはアカデミー・フランセーズに2度も落選し、翌1837年3月5日には、妻アデールを愛したがために発狂してしまった次兄ウジェーヌが入院先のシャラントン精神病院[27]自殺してしまう。

同年7月3日にレジオンドヌール勲章(オフィシエ[28]、将校)を授与される。その間、戯曲や詩を創作しながら、ブルターニュベルギーシャンパーニュプロヴァンス、と各地を転々と旅する。

1837年、ルイ・フィリップの長男オルレアン公フェルディナン・フィリップの結婚式に呼ばれる。オルレアン公妃エレーヌが大のユーゴー・ファンであることがきっかけとなり、以後ルイ・フィリップ父子とも親交が深くなる。

もうすぐ38歳になる1840年1月、文芸家協会長となり、少しは光明が見えてきたかと思われた矢先、同年2月20日、アカデミー・フランセーズ3度目の落選となる。しかし、翌年1841年1月7日にようやくアカデミー・フランセーズの会員に当選する。彼は亡くなるまで、第10代座席次14番を受け持つことになる。

1843年2月15日、41歳の誕生日を間近に控えたユーゴーは、長女レオポルディーヌとシャルル・ヴァクリー[29] の結婚を見届ける。しかし同年9月4日、レオポルディーヌは夫とともにヴィルキエ[30] を渡るセーヌ川にて19歳で溺死した。その頃、愛人ジュリエットと旅をしていた彼は、事故から5日後の9月9日に悲報を知り、9月12日にパリへ戻った。

レオポルディーヌの死はユーゴーの心に大きな穴を開けた。父に似て絶倫であった彼は、かねてよりアデールやジュリエット以外の複数の女性と恋愛関係にあったが、1845年7月5日、サン・ロック通りのアパルトマンで、画家のオーギュスト・ビヤールの妻レオニー・ビヤール[31] と姦通している現場を警察に押さえられてしまう。彼は貴族院議員の不可侵権を利用して釈放されたが、レオニーは当時の法律によりサン・ビヤール監獄に収容された。このスキャンダルにより、彼は他の議員の絶好の攻撃の的となったが、彼を可愛がっていたルイ・フィリップはビヤールにヴェルサイユ宮殿の壁画を描く仕事を与え、ヴィクトルに有罪の判決が下らないよう説得した。結局、レオニーは修道院で数ヶ月の謹慎処分ののち、再び世間に出た。同年8月14日にビヤール夫妻の別居を認める判決が出たとき、彼はレオニーを経済的に支援しなければならなかった。以後、2人の恋愛関係は長く続くことになり、ジュリエットを苦しめることになる。

創作[編集]

公では喜ばしい出来事が続いていたユーゴーは、恋の情熱や死別の悲しみを詩に託している。ジュリエットとの交際が始まって1年が過ぎた1834年、彼女との恋をうたった『ロマン主義詩編の最高傑作』との評判名高い『オランピオの悲しみ』を生み出す。また、愛する長女レオポルディーヌが没してからちょうど1年後、長い間娘の喪に服した彼は、娘が逝った街ヴェルキエで傑作詩編『ヴェルキエにて』の第1篇を書き終える。

しかし、1843年から1852年までの約10年間、作品を1冊も出版していない。これにはレオポルディーヌの死はもちろん、戯曲『城主』の失敗とそれにともなうロマン派文学の凋落、議員活動の忙しさもあったと思われるが、もうひとつ大きな理由があった。それが、のちにフランス文学史上屈指の名作といわれるようになる『レ・ミゼラブル(邦題:あゝ無情)』(当時の題名は『レ・ミゼール』[32])の執筆である。執筆は1845年11月17日から始まった。この作品を書くきっかけになった大きな理由には諸説あり、当時新聞に載っていた小説が彼の心を強く惹きつけたとも、少年時代に見てしまったギロチンの光景が彼を人道主義者にし、この作品を書かせたとも言われている。

政治活動[編集]

1845年4月13日、オルレアン公爵夫人エレーヌの後ろ盾があったおかげで、ルイ・フィリップから子爵の位を授けられた。貴族になったことで政治活動にも身を置くようになった彼は、翌年の1846年3月19日の貴族院にてポーランドに関する政治演説を行う。

だが、1848年2月の二月革命で、ルイ・フィリップはイギリス亡命する。ユーゴーはあくまで、幼いパリ伯(オルレアン公フェルディナン・フィリップの遺児でルイ・フィリップの嫡孫)を即位させ、母エレーヌを摂政にすべきだと考えていたが、それを望まぬ者もいた。結局、フランスは第二共和政へ移行することとなる。ユーゴーは同年5月の立憲議会の補欠選挙に立候補して、保守派の支持を受けて当選した[33]。政治家としてのユーゴーは1830年代より続けていた死刑廃止運動や、教育改革、社会福祉などを主張した。1848年には共和派となり、1848年12月10日の大統領選挙ではルイ・ナポレオンを支持し、強力な論陣を張って彼を支援した。しかしナポレオンは次第に独裁化し、連続再選禁止条項の改正を国民議会に提出するなどして、このころにはユーゴーはナポレオンの強力な反対者となっていた。ナポレオンは1851年12月2日にクーデターを起こして独裁体制を樹立し、反対派への弾圧を開始した。ユーゴーも弾圧対象となり、12月11日ベルギーへと亡命を余儀なくされる[34]。以後19年に及ぶ亡命生活の始まりであった。

亡命期[編集]

ベルギーの首都ブリュッセルに落ち着いたユーゴーは、さっそくナポレオンへの批判を開始した。1852年8月にはブリュッセルでナポレオン3世を弾劾した「小ナポレオン」を出版した。これは1843年の戯曲『城主』の失敗以来10年ぶりの新作であり、以降ユーゴーは再び精力的に執筆を再開する。「小ナポレオン」は熱狂を引き起こしたが、フランスからベルギーへの圧力を恐れたユーゴーは出版の前日に英仏海峡に浮かぶイギリスチャネル諸島ジャージー島へと移住し[35]1855年までここに住むこととなった。ここでは1853年に、やはりナポレオン弾劾の書である「懲罰詩集」を発表している。1855年には隣の島であるガーンジー島に移住し、1870年にフランスに帰還するまでの間15年間ここで過ごした。ガーンジー在住中には、1856年に「静観詩集」、1859年には「諸世紀の伝説」の第1部、そして1862年には中断していた『レ・ミゼラブル』が完成してベルギーより出版され、大反響を巻き起こした。「レ・ミゼラブル」の成功は、彼に莫大な収入をもたらした[36]

最短の電報[編集]

『レ・ミゼラブル』が出版された直後、海外旅行に出かけたユーゴーはその売れ行きが心配で、出版社に一文字?と書いただけの電報を送ると、その後出版社から!とだけ書かれた返信が届いた。「上々の売れ行きです!」というわけである。事実数日で完売・売切れの状態であったという。これは世界で最も短い手紙として『ギネス世界記録』に掲載されている[37][要検証ノート][38]

帰国[編集]

1870年に勃発した普仏戦争はフランスの大敗北に終わり、セダンの戦いプロイセン王国の捕虜となったナポレオン3世は失脚した。これによってユーゴーは帰国を決意し、19年ぶりに祖国の土を踏むこととなった。フランスでは英雄として迎えられ、1871年2月にはセーヌ県より立候補して当選し、議会の置かれたボルドーへと向かったが、ユーゴーの属した左派は少数派に過ぎず、3月8日にはアルジェリアから立候補して当選していたジュゼッペ・ガリバルディの当選無効に抗議して議員を辞職した[2]。1872年1月には再び議会に立候補するものの落選した[39] が、1876年1月には元老院議員に立候補して当選した[40]。その後も1877年には「諸世紀の伝説」の第2部を発表するなど活発な活動を続けた[41]。なお、日本の自由党総理・板垣退助が、1882年から1883年にかけてのフランス、イギリス・オランダ視察の際、ヴィクトル・ユーゴー、ジョルジュ・クレマンソーらと交流したとする記録がある[42]

1885年5月22日パリにて死去。83歳没。国葬でもって葬られ[43] 文豪としてパンテオンへと埋葬された。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

生涯[編集]

出生から青年期まで[編集]

私生活[編集]

共和派ナポレオン軍の軍人ジョゼフ・レオポール・シジスベール・ユーゴー[4] とソフィー=フランソワーズ・トレビュシェ[5] の三男として、父の任地だったフランス東部のブザンソンで生まれた。ユーゴー家はロレーヌの農民の出だが、父親はフランス革命以来の軍人。母親はナントの資産家の娘である[6]。アベル・ジョゼフ[7] とウジェーヌ[8] という2人の兄がいる。

生まれたときは小柄で、背丈が包丁ほどしかなく、ひ弱な赤ん坊だったといわれる。生後6週間目に一家はマルセイユへ転居した。以降、コルシカ島バスティアエルバ島ポルトフェッラーイオパリナポリマドリード、と主に母親らとともにヨーロッパのあちこちを転々とする。というのも、生粋のボナパルト主義の父ジョゼフ・レオポールと根っからの王党派の母ソフィーの間で政治思想の違いによる確執が生じ、それが夫婦の間に不和をもたらしていたのである。この確執はのちに『レ・ミゼラブル』の、マリユスの父ポンメルシー大佐とマリユスの祖父ジルノルマンの確執の原型となる。いずれにせよ、生まれたときの状態や長きにわたる父親不在の生活のおかげで、マザーコンプレックスが非常に強かった。

1812年、母と次兄ウジェーヌと一緒に再びパリに帰る[注 1]1814年、次兄ウジェーヌとともにサン・ジェルマン・デ・プレ教会[9] の近くの寄宿学校に入る。その間にナポレオンによる帝政が完全に終わりを告げ、父ジョゼフ・レオポールはスペイン貴族の地位を剥奪され、フランス軍の一大隊長に没落してしまう。彼は寄宿学校に4年とどまるものの、最後の2年はリセ・ルイ=ル=グラン[10] にも通った。父親は彼を軍人にするつもりだったが、本人は詩作に夢中で[6]1816年7月10日には詩帳にこんな言葉を残している。

――シャトーブリアンになるのでなければ、何にもなりたくない。

17歳でアカデミー・フランセーズの詩のコンクールで一位を取り、自ら詩の雑誌も発行した[6]。母ソフィーはヴィクトルの才能を認め、文学での成功を期待していたが、幼馴染であり恋人であったアデール・フシェ[11] との結婚には猛反対していた。彼は18歳のときから始めた文通を翌年に再開する。しかし、その年(=1821年6月27日に母ソフィーが他界する。ユーゴー一家に二度と娘を逢わせないと誓っていたアデールの両親も、彼の情熱に折れてしまい、結婚を了承した。同年10月12日、アデールとサン・シュルピス教会[12] で結婚し、ル・シェルシュ・ミディ通り[13] に居を構えるに至る。1822年には、『オードと雑詠集』によって国王から年金をもらえることになり、ロマン派の旗手として目覚ましい活躍を始める[6]

1823年7月16日、長男レオポール[14] が誕生する。すべてが順風満帆に見えたが、同年10月9日にひ弱だったレオポールが亡くなってしまう。翌年の1824年8月28日に生まれた長女にはレオポルディーヌ[15] と命名する。

1825年4月29日、23歳という若さでレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ、勲爵士)を受ける。同年5月29日にはランスで行われたシャルル10世聖別式にも参加した。こうして少しずつ名誉が与えられてゆく中で、少年時代は疎遠であった父ジョゼフ・レオポールとの仲も親密になっていった。愛する父のために、それまで疎んじてきたナポレオンを讃える詩を書いたところ、これをきっかけにナポレオンを次第に理解し、尊敬するようになる。さらに、聖別式でウィリアム・シェイクスピアのフランス語訳詩を耳にしたことで、シェイクスピアを尊敬するようになる。

1826年11月2日には次男シャルル[16] が生まれ、創作熱も加速していくが、1828年1月28日、パリで父ジョゼフ・レオポールが他界する。しかし、悲しみにくれる一方で朗報もあり、同年10月31日、父の才能を受け継いだ三男フランソワ=ヴィクトル[17] が誕生する。

1830年4月、ジャン・グジョン通り[18] へ転居する。そこで七月革命の混乱が押し寄せる。たとえルイ18世から年金を貰っていた身分であっても、七月革命に参加していたのは『エルナニ』でともに文学革命に参加した仲間であったため、己に危害が加えられる心配はなかった。

そんな混乱のなか、同年7月28日、次女アデール[19] が誕生する。

創作[編集]

1819年2月、トゥルーズのアカデミー・デ・ジュー・フロロー[20] のコンクールに詩が2編入賞する。5月には、詩1編がアカデミー賞[21] に輝く。12月には『コンセルヴァトゥール・リテレール』[22] 誌を創刊、1821年3月まで月2回のペースで発行していた。1820年3月9日、『ベリー公爵の死についてのオード』でルイ18世から下賜金を受け、ビッグ・ジャルガルを『コンセルヴァトゥール・リテレール』誌に掲載する(1826年に刊行)。

1822年8月4日に出版した『オードと雑詠集』[23] が当時のフランス国王ルイ18世の目に留まり、国王から年1000フラン年金をもらえるようになる。この年金のおかげで、彼はアデールとの結婚を許可される。1823年2月8日に、17世紀末のデンマーク宮廷の陰謀をテーマにした純愛小説『ハン・ディスランド』[24] を匿名で発表し、新雑誌も創刊した。

1829年1月に『東方詩集』、2月7日に『死刑囚最後の日』を刊行する一方、コメディ・フランセーズ[25] で上演予定だった『マリオン・ドロルム』が8月13日に上演禁止令を受けてしまう(以降、彼の手がけた戯曲が上演中止に追い込まれるケースがたびたび起こる)。理由は、この作品に登場するルイ13世の境遇が悪すぎて、シャルル10世の非難を買ったからであった。

それから約2週間後の1829年8月29日から9月24日に戯曲『エルナニフランス語版』(Hernani)を執筆した。10月5日にコメディ・フランセーズ座で上演する運びとなった。古典派の常識を逸脱したこの戯曲はたちまち問題となり、『エルナニ』公演の初日、開幕前からロマン派と古典派のこぜりあいが始まり、幕が上がるとこぜりあいは一気に暴動に転じた。いわゆる『エルナニ合戦』である。これ以降、ユーゴーはロマン派と古典派の戦いに巻き込まれることとなる。しかし、この『エルナニ』はロマン派を世界文学の主流に据えるきっかけをつくり、公演は大成功を収める。

中年期[編集]

私生活[編集]

『エルナニ』で大成功をおさめ、ロマン派の詩人・作家として名声と富に恵まれたユーゴーは、1832年10月8日、ジョン・クージョン通りの家を引き払い、ロワイヤル広場(現在のヴォージュ広場)にある赤いレンガ造りの豪華な邸宅に引っ越す。この頃になると、妻アデールがサント・ブーヴと恋に落ちてしまい、彼は寂しさに胸を詰まらせていた。8月の終わりにはサント・ブーヴとの交際を絶った。翌年にはサント・ブーヴが彼の作品『たそがれの歌』を酷評したことで決裂が決定的となってしまう。

31歳になる直前のマルディグラ、つまり1833年2月19日の夜、彼は『リュクレス・ボルジャ』(ルクレツィア・ボルジア)に出演していた女優ジュリエット・ドルエ[26]愛人になる。この日付は『レ・ミゼラブル』の中で、マリユスとコゼットが結婚する日付でもある(『レ・ミゼラブル』ではマルディグラが2月16日だったとなっているが実際のマルディグラは2月19日)。別荘を行き来したり連れ立って旅行に出かけたりするなど、二人の仲は徐々に深くなってゆく。

執筆に情熱を燃やし、ジュリエットとの恋愛に溺れる一方で、私生活では悲しい出来事が続いていた。1836年2月18日12月29日にはアカデミー・フランセーズに2度も落選し、翌1837年3月5日には、妻アデールを愛したがために発狂してしまった次兄ウジェーヌが入院先のシャラントン精神病院[27]自殺してしまう。

同年7月3日にレジオンドヌール勲章(オフィシエ[28]、将校)を授与される。その間、戯曲や詩を創作しながら、ブルターニュベルギーシャンパーニュプロヴァンス、と各地を転々と旅する。

1837年、ルイ・フィリップの長男オルレアン公フェルディナン・フィリップの結婚式に呼ばれる。オルレアン公妃エレーヌが大のユーゴー・ファンであることがきっかけとなり、以後ルイ・フィリップ父子とも親交が深くなる。

もうすぐ38歳になる1840年1月、文芸家協会長となり、少しは光明が見えてきたかと思われた矢先、同年2月20日、アカデミー・フランセーズ3度目の落選となる。しかし、翌年1841年1月7日にようやくアカデミー・フランセーズの会員に当選する。彼は亡くなるまで、第10代座席次14番を受け持つことになる。

1843年2月15日、41歳の誕生日を間近に控えたユーゴーは、長女レオポルディーヌとシャルル・ヴァクリー[29] の結婚を見届ける。しかし同年9月4日、レオポルディーヌは夫とともにヴィルキエ[30] を渡るセーヌ川にて19歳で溺死した。その頃、愛人ジュリエットと旅をしていた彼は、事故から5日後の9月9日に悲報を知り、9月12日にパリへ戻った。

レオポルディーヌの死はユーゴーの心に大きな穴を開けた。父に似て絶倫であった彼は、かねてよりアデールやジュリエット以外の複数の女性と恋愛関係にあったが、1845年7月5日、サン・ロック通りのアパルトマンで、画家のオーギュスト・ビヤールの妻レオニー・ビヤール[31] と姦通している現場を警察に押さえられてしまう。彼は貴族院議員の不可侵権を利用して釈放されたが、レオニーは当時の法律によりサン・ビヤール監獄に収容された。このスキャンダルにより、彼は他の議員の絶好の攻撃の的となったが、彼を可愛がっていたルイ・フィリップはビヤールにヴェルサイユ宮殿の壁画を描く仕事を与え、ヴィクトルに有罪の判決が下らないよう説得した。結局、レオニーは修道院で数ヶ月の謹慎処分ののち、再び世間に出た。同年8月14日にビヤール夫妻の別居を認める判決が出たとき、彼はレオニーを経済的に支援しなければならなかった。以後、2人の恋愛関係は長く続くことになり、ジュリエットを苦しめることになる。

創作[編集]

公では喜ばしい出来事が続いていたユーゴーは、恋の情熱や死別の悲しみを詩に託している。ジュリエットとの交際が始まって1年が過ぎた1834年、彼女との恋をうたった『ロマン主義詩編の最高傑作』との評判名高い『オランピオの悲しみ』を生み出す。また、愛する長女レオポルディーヌが没してからちょうど1年後、長い間娘の喪に服した彼は、娘が逝った街ヴェルキエで傑作詩編『ヴェルキエにて』の第1篇を書き終える。

しかし、1843年から1852年までの約10年間、作品を1冊も出版していない。これにはレオポルディーヌの死はもちろん、戯曲『城主』の失敗とそれにともなうロマン派文学の凋落、議員活動の忙しさもあったと思われるが、もうひとつ大きな理由があった。それが、のちにフランス文学史上屈指の名作といわれるようになる『レ・ミゼラブル(邦題:あゝ無情)』(当時の題名は『レ・ミゼール』[32])の執筆である。執筆は1845年11月17日から始まった。この作品を書くきっかけになった大きな理由には諸説あり、当時新聞に載っていた小説が彼の心を強く惹きつけたとも、少年時代に見てしまったギロチンの光景が彼を人道主義者にし、この作品を書かせたとも言われている。

政治活動[編集]

1845年4月13日、オルレアン公爵夫人エレーヌの後ろ盾があったおかげで、ルイ・フィリップから子爵の位を授けられた。貴族になったことで政治活動にも身を置くようになった彼は、翌年の1846年3月19日の貴族院にてポーランドに関する政治演説を行う。

だが、1848年2月の二月革命で、ルイ・フィリップはイギリス亡命する。ユーゴーはあくまで、幼いパリ伯(オルレアン公フェルディナン・フィリップの遺児でルイ・フィリップの嫡孫)を即位させ、母エレーヌを摂政にすべきだと考えていたが、それを望まぬ者もいた。結局、フランスは第二共和政へ移行することとなる。ユーゴーは同年5月の立憲議会の補欠選挙に立候補して、保守派の支持を受けて当選した[33]。政治家としてのユーゴーは1830年代より続けていた死刑廃止運動や、教育改革、社会福祉などを主張した。1848年には共和派となり、1848年12月10日の大統領選挙ではルイ・ナポレオンを支持し、強力な論陣を張って彼を支援した。しかしナポレオンは次第に独裁化し、連続再選禁止条項の改正を国民議会に提出するなどして、このころにはユーゴーはナポレオンの強力な反対者となっていた。ナポレオンは1851年12月2日にクーデターを起こして独裁体制を樹立し、反対派への弾圧を開始した。ユーゴーも弾圧対象となり、12月11日ベルギーへと亡命を余儀なくされる[34]。以後19年に及ぶ亡命生活の始まりであった。

亡命期[編集]

ベルギーの首都ブリュッセルに落ち着いたユーゴーは、さっそくナポレオンへの批判を開始した。1852年8月にはブリュッセルでナポレオン3世を弾劾した「小ナポレオン」を出版した。これは1843年の戯曲『城主』の失敗以来10年ぶりの新作であり、以降ユーゴーは再び精力的に執筆を再開する。「小ナポレオン」は熱狂を引き起こしたが、フランスからベルギーへの圧力を恐れたユーゴーは出版の前日に英仏海峡に浮かぶイギリスチャネル諸島ジャージー島へと移住し[35]1855年までここに住むこととなった。ここでは1853年に、やはりナポレオン弾劾の書である「懲罰詩集」を発表している。1855年には隣の島であるガーンジー島に移住し、1870年にフランスに帰還するまでの間15年間ここで過ごした。ガーンジー在住中には、1856年に「静観詩集」、1859年には「諸世紀の伝説」の第1部、そして1862年には中断していた『レ・ミゼラブル』が完成してベルギーより出版され、大反響を巻き起こした。「レ・ミゼラブル」の成功は、彼に莫大な収入をもたらした[36]

最短の電報[編集]

『レ・ミゼラブル』が出版された直後、海外旅行に出かけたユーゴーはその売れ行きが心配で、出版社に一文字?と書いただけの電報を送ると、その後出版社から!とだけ書かれた返信が届いた。「上々の売れ行きです!」というわけである。事実数日で完売・売切れの状態であったという。これは世界で最も短い手紙として『ギネス世界記録』に掲載されている[37][要検証ノート][38]

帰国[編集]

1870年に勃発した普仏戦争はフランスの大敗北に終わり、セダンの戦いプロイセン王国の捕虜となったナポレオン3世は失脚した。これによってユーゴーは帰国を決意し、19年ぶりに祖国の土を踏むこととなった。フランスでは英雄として迎えられ、1871年2月にはセーヌ県より立候補して当選し、議会の置かれたボルドーへと向かったが、ユーゴーの属した左派は少数派に過ぎず、3月8日にはアルジェリアから立候補して当選していたジュゼッペ・ガリバルディの当選無効に抗議して議員を辞職した[2]。1872年1月には再び議会に立候補するものの落選した[39] が、1876年1月には元老院議員に立候補して当選した[40]。その後も1877年には「諸世紀の伝説」の第2部を発表するなど活発な活動を続けた[41]。なお、日本の自由党総理・板垣退助が、1882年から1883年にかけてのフランス、イギリス・オランダ視察の際、ヴィクトル・ユーゴー、ジョルジュ・クレマンソーらと交流したとする記録がある[42]

1885年5月22日パリにて死去。83歳没。国葬でもって葬られ[43] 文豪としてパンテオンへと埋葬された。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

人名[編集]

政治家・軍人・外交官[編集]

ヴィクトル
  • ヴィクトル・アバクーモフソ連共産党の活動家であり政治家。国家保安相。
  • ヴィクトル・イワノフ – 20世紀初頭に活躍したロシアの政治家。
  • ヴィクトル・ヴェクセリベルク – ロシアの大実業家。ロシアで3位の石油ガス会社であるテューメン・オイルの会長。
  • ヴィクトル・エリン – ロシアの政治家。ソビエト連邦崩壊後初の内相。
  • ヴィクトル・カルプーヒン – ソ連の軍人。第3代アルファ部隊指揮官。ソ連邦英雄。
  • ヴィクトル・クリコフ – ソ連の軍人。ソ連邦元帥でありソ連邦英雄
  • ヴィクトル・グリシン – 20世紀に活躍したソ連の政治家。ソ連共産党政治局員、モスクワ党第一書記。
  • ヴィクトル・ズプコフ – ロシアの官僚、政治家、実業家。ロシア連邦首相、第一副首相、ガスプロム会長。
  • ヴィクトル・ヒョードロフ – ロシアの軍人。ロシア海軍太平洋艦隊司令官。
  • ヴィクトル・フリステンコ – ロシアの政治家。首相代行、産業エネルギー相。
  • ヴィクトル・ベレンコ – 元ソ連防空空軍の軍人。
  • ヴィクトル・ホルツ – 20世紀初頭のドイツの政治家。日独科学技術交流・文化交流の先駆者。
  • ヴィクトル・チェブリコフ – ソ連の政治家。第6代ソ連国家保安委員会議長。
  • ヴィクトル・チェルノフ – 20世紀初頭から中期にかけて活躍した、ロシアの革命家および帝政ロシア政治家。
  • ヴィクトル・チェルノムイルジン – ロシアの政治家。エリツィン時代の首相。
  • ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ – ウクライナの政治家であり、ウクライナ首相
  • ヴィクトル・ユシチェンコ – ウクライナの政治家であり、ウクライナ大統領
  • オルバーン・ヴィクトル – ハンガリーの政治家、首相。
ビクトル
  • ビクトル・パス・エステンソロボリビアの政治家。
  • ビクトル・ハビエル・アルメンゴル・カバジェロ – パナマの弁護士、在神戸パナマ総領事。
ミドルネーム
  • ジャン・ヴィクトル・マリー・モローフランス革命戦争ナポレオン戦争期の軍人。ナポレオンのライバルとして知られている。
  • ルートヴィヒ・ヴィクトル・フォン・エスターライヒ – 19世紀末のオーストリア帝国の皇族。

学者・宗教家・技術者[編集]

ウィクトル
  • ウィクトル1世 (ローマ教皇) – 2世紀のローマ教皇。カトリック教会聖人
  • ウィクトル2世 (ローマ教皇)
  • ウィクトル3世 (ローマ教皇) – 11世紀のローマ教皇。
ヴィクトル
  • ヴィクトル・アンバルツミャン – アルメニアの天文学者。
  • ヴィクトル・ヴィノグラードフ – ロシアの言語学者・文芸学者。
  • ヴィクトル・カプランカプラン水車の発明で知られる、20世紀初頭のオーストリアの技術者。
  • ヴィクトル・グリニャール – 20世紀初頭に活躍したグリニャール試薬の発明で知られる、フランスの化学者。ノーベル賞受賞者。
  • ヴィクトル・ジルムンスキー – ロシアの言語学・文芸学者。
  • ヴィクトル・マイヤー – 19世紀に活躍したドイツ化学者
ビクトル
  • ビクトル・ピュイズーフランス数学者天文学者
ヴィクトール
  • ヴィクトール・フランクル – オーストリアの精神科医、心理学者
ミドルネーム
  • アンリ・ヴィクトル・ルニョー – 19世紀に活躍したフランスの物理学者
  • クィントゥス・ファビウス・ピクトル古代ローマ歴史家
  • ナポレオン・ヴィクトル・ボナパルト – 通称ナポレオン5世。19世紀のフランス帝位請求者。

文化・芸能[編集]

ヴィクトル
  • ヴィクトル・ウルマン – 20世紀のチェコ作曲家
  • ヴィクトル・エワルド – ロシアの作曲家。金管楽器の合奏曲により有名。
  • ヴィクトル・シクロフスキー -ソビエトの言語学者、文芸評論家、作家。
  • ヴィクトル・デ・サバタ – 20世紀初頭に活躍したイタリア指揮者及び作曲家。
  • ヴィクトル・ドゥブロフスキー – ソビエトの指揮者。
  • ヴィクトル・ネスラー – 19世紀のドイツの作曲家。
  • ヴィクトル・ハルトマン – 19世紀に活躍したロシアの建築家画家
  • ヴィクトル・ユーゴー – 19世紀のフランスロマン主義詩人小説家及び政治家
ビクトル
  • ビクトル・エリセスペイン出身の映画監督脚本家
  • ビクトル・ハラチリフォルクローレのシンガー・ソングライター、演劇人、舞台演出家。
ヴィクトール
  • ヴィクトール・オルタ – 20世紀初頭に活躍したベルギーの建築家。

プロスポーツ[編集]

ヴィクトル
  • ヴィクトル・オノプコウクライナのサッカー選手。
  • ヴィクトル・サネイエフ – ソ連の陸上競技三段跳の選手。
  • ヴィクトル・スタルヒンロシアの野球選手。
  • ヴィクトル・ピツルカルーマニアのサッカー選手、元ルーマニア代表監督。
ビクトル
  • ビクトル・ディアス (バスケットボール)ベネズエラ出身のバスケットボール選手。
  • ビクトル・ディアス (野球)ドミニカ共和国の野球選手。
  • ビクトル・バルデス – スペインのサッカー選手
  • ビクトル・フェルナンデススペインのサッカー監督。
  • ビクトル・ペッチパラグアイ出身のテニスプレーヤー。
  • ビクトル・マヌエル・フェルナンデス・グティエレス – スペイン出身のサッカー選手。
  • ビクトル・マルテドミニカ共和国の野球選手。
  • ビクトル・イバニェス – スペインのサッカー選手。
  • ビクトル古賀 – 日本とロシアの血を引くサンボの元世界王者。
ヴィクトール
  • ヴィクトール・ペトレンコ – ウクライナ出身のフィギュアスケート選手。

架空のキャラクター[編集]

  • ヴィクトール – スクウェアコンピュータRPGロマンシング サ・ガ2』に登場する架空のキャラクター。
  • ビクトル・フォン・ゲルデンハイムカプコン対戦型格闘ゲームヴァンパイア』シリーズに登場するキャラクター。
  • ビクトール – コナミのコンピュータRPG『幻想水滸伝』シリーズに登場する架空のキャラクター。
  • ヴィクトル・レズノフ – Treyarch開発のFPSコール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー』及び『コール オブ デューティ ブラックオプス』シリーズに登場する架空のキャラクター。
  • ビクトール・クラムJ・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場する架空のキャラクター。
  • ビクトルくん – プジョーのマスコットキャラクター。
  • ヴィクトル・ニキフォロフ- MAPPAアニメユーリ!!! on ICE』に登場する架空のキャラクター。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

この商品を見た後に買っているのは?

ページ: 1 / 1 最初に戻るページ: 1 / 1

登録情報

  • Is Discontinued By Manufacturer

    :

    いいえ
  • 製品サイズ

    :

    19 x 17 x 21.5 cm; 470 g
  • 発売日

    :

    2017/12/23
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日

    :

    2017/7/13
  • メーカー

    :

    壽屋(KOTOBUKIYA)
  • ASIN

    :

    B073WQMYSR
  • 商品モデル番号

    :

    PP711
  • Amazon 売れ筋ランキング: – 206,602位ホビー (ホビーの売れ筋ランキングを見る)
    • – 25,819位フィギュア・コレクタードール (ホビー)

  • カスタマーレビュー:

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード ヴィクトル ヴィクトル

ヴィクトル テイルズ, ヴィクトル死亡, ヴィクトルニキフォロフ 死亡, ヴィクトル アンデラ, ヴィクトル 声優, ヴィクトル FE, ヴィクトル モデル, ヴィクトルニキフォロフ 声優

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button