Entertainment Japanese news daily

通訳| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

通訳, /%e9%80%9a%e8%a8%b3,

Video: 【初体験!随行通訳レポート!】ベテラン翻訳者がアメリカでアテンド通訳に初挑戦!結果はいかに? from YouTube · Duration: 15 minutes 52 seconds

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

通訳, 3 months ago, 【初体験!随行通訳レポート!】ベテラン翻訳者がアメリカでアテンド通訳に初挑戦!結果はいかに? from YouTube · Duration: 15 minutes 52 seconds , , ランサムはなTV

,

通訳手法の種類と利用シーン

まずは「同時通訳」「逐次通訳」「ウィスパリング」について、特徴と利用シーンを説明します。

同時通訳

「聞く」と「訳す」をほぼ同時に行う通訳手法です。
集中力が必要なことから、必要な業務時間にあわせ複数人数で担当し、およそ15分程度で交代しながら訳出します。通訳者は防音設備のあるブースの中に入り、イヤフォンを通して発言者の声を聞き、マイク機材を通して通訳します。聞き手はレシーバーなどで通訳音声を聞きます。適切な機材を使用することで、安定した通訳音声を届けることができます。

同時通訳の利用シーン

国際会議などの大規模な会議や、スピーディーに会議を進行させたい場合に使われます。最近はオンライン会議に適した同時通訳システムの種類が増え、レシーバーの代わりに自身のPCやスマートフォンを使って通訳音声を聞く形式が増えています。

逐次通訳

話者の発言の区切りごとに訳していく通訳手法です。
丁寧な通訳が可能なことから、同時通訳よりも正確に伝えることができるのが特徴です。また少人数の通訳者で対応でき、コストを抑えることができます。
話者の発言→通訳→話者の発言→通訳と、話者と通訳者が交互に話し、発言の2倍の時間がかかるため、テンポ良く進めたい会議には向きません。例えば1時間の会議時間だと、半分の時間は通訳に割かれるため、発言者の持ち時間は30分となります。

逐次通訳の利用シーン

一般的な商談、社内会議、研修、ワークショップ、海外専門家との意見交換会、インタビュー対応、工場見学等幅広く活用されます。精度の高い通訳方式のため、企業間の契約交渉など、内容を正確に訳す必要がある会議などでも用いられます。

ウィスパリング通訳

通訳を必要とする1-2名のそばで、ささやくように通訳を行う手法です。
簡易機材を使用して複数名の方へ向けて通訳することが可能です。同時通訳の範疇となり、長時間の業務は複数人で担当する場合があります。

ウィスパリング通訳の利用シーン

小人数の会議や、通訳を必要とする人が少ない場合によく用いられます。例えば、日本人9名と英語話者1名で会議をする場合、9 割が日本人の発言内容を理解出来るので、日本語→英語の通訳はウィスパリングの方が、効率良く進められます。英語話者の発言、つまり英語→日本語の通訳のみを、逐次通訳で対応することも可能です。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概説[編集]

通訳とは一般に、異なった音声言語を話す人たちの間に入って、一方の言葉を他方の言葉へ(例えば、英語から日本語へ、中国語からフランス語へ、アラビア語からオランダ語へそれに加えて逆向きにオランダ語からアラビア語へ 等々)変換して音声で伝えることである。さらに、手話の話者と音声言語の話者の間に入って双方の言葉を変換することも通訳と呼ぶことがある。

異言語間の仲介を果たすという意味で翻訳と同列に語られる場合があるが、翻訳の対象は書記言語であり、技能的には全くの別物である。通常、翻訳者は translator と呼ばれるのに対し、通訳者は interpreter と呼ばれる。

ひとことで通訳と言っても、逐次通訳、同時通訳、ウィスパリング通訳などの違いがある。

通訳者は、通訳を行う場所や場面によって、求められているスキルにそれなりの違いがあり、一般的に言えば、それぞれ専門性を持って活動している。代表的なそれとしては、会議通訳(者)、商談通訳、エスコート通訳などがある。

通訳の形式[編集]

通訳は、その方式や形態によって逐次通訳、同時通訳、ウィスパリング通訳など数種類に区分される。以下にその一般的な区分を示す。

逐次通訳 (consecutive interpreting)[編集]

話者の話を数十秒~数分ごとに区切って、順次通訳していく方式であり、一般に通訳技術の基礎とされる。話者が話している途中、通訳者は通常記憶を保持するためにノートを取り、話が完了してから通訳を始める。そのため、後述の同時通訳と比べてほぼ2倍の時間がかかってしまうが、訳の正確性が高まるため需要は多い。

同時通訳 (simultaneous interpreting)[編集]

同時通訳は、話者の話を聞くとほぼ同時に訳出を行う形態であり、通訳の中でもいわゆる花形的な形式である。異言語を即座に訳す能力が必要とされるほか、相手の発言内容をある程度予測する必要もある。通例通訳者は、ブースと呼ばれる会場の一角に設置された小部屋に入り、その中で作業を行う事になる。通訳者の音声はブース内のマイクを通して聴衆のイヤフォンに届けられる。同時通訳作業は非常に重い負荷を通訳者に要求するため、2人ないしは3人が同時にブースに入り15分程度の間隔で交代する。頭を非常に使うため、休憩時はチョコレートのような糖分の高いものを即座に口に入れるという。時にはブース内の控えの通訳者が、単語の提供など訳出の協力もする。多言語間通訳が行われる国際会議で特に多用されるが、多言語地域であるヨーロッパでは通訳の需要のほとんどが同時通訳である。原則的に国際会議の場では、訳出し後の言語(アウトプット言語)は通訳者の母語であることが求められているが、日本人通訳者のみ例外的に他言語へのアウトプットも行い、それが認められている。日本語×他言語のハイレベルな通訳者が世界的に不足しているためである。

ウィスパリング通訳 (whispered interpreting)[編集]

方式的には同時通訳と同一であるが、通訳者はブース内ではなく、通訳を必要とする人間の近くに位置して聞き手にささやく程度の声で通訳をしていく。自らの声やその他の音が障害となるため、正確な通訳を長時間行う事は非常に難しいとされる。高価な通訳設備の用意が必要ないため、企業内の会議などで使用される事が多い。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

生きる環境が私に英語を覚えさせてくれた

父が商社マンだった関係で8歳の時にオーストラリアへと移住することになりました。当時、海外転勤はとても珍しいことで、親戚一同が羽田空港まで見送りに来て日の丸の旗を振りながら送り出してくれたのを鮮明に覚えています。

日本の中心でもある東京から、いきなり反対に位置する国オーストラリアへ。現地の学校に通っていましたので、もちろん言語は英語。事前に英語の特別レッスンを受けたわけでもなかったので、周囲で話している言葉がひと言も理解できませんでした。正直「困ったなぁ」なんてどこか他人事のように思っていたのですが、子どもの適応能力は素晴らしいですね。

まわりの環境にも恵まれておりまして、当時の担任の先生が授業の他に、ご自宅でも英語を教えてくださり、英語漬けの毎日を過ごしました。そのお陰で半年あまりで、生活できるレベルまで上達していました。これはあくまでもリスニングとスピーキングの話です。子どもは吸収力が高いので話している英語を”音”として耳で捉えるのです。ですから会話はできても、筆記になるとスペルがわからない。聞いて話せるのに書けないのです。ここでもまた苦労しましたね。

今や天職と思える「通訳」の仕事はたまたま先輩の紹介で出会った

14歳で帰国した時には、もう日本語がたどたどしくなっていましたので、聖心インターナショナルスクールに進学して日本語の勉強をしました。国際基督教大学卒業後には広告代理店へ就職し、輸入化粧品のプロモーションをサポートする仕事に就きました。その際も英語が出来るということで、たまに通訳や翻訳の仕事もしていました。しかし、2年半くらい勤めた頃、無性に旅に出たくなり、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドと回りました。そうこうするうちに貯金を使い果たしてしまい、何かないかと仕事を探していたときに、先輩が通訳の仕事を紹介してくれたのです。

ラスベガスで活躍していた有名マジシャンの通訳だったのですが、マジシャンとは特殊な仕事ですから、普通の通訳とは違い、手順やトリックを正確に分かり易く伝えることの難しさを学びました。その後、結婚し、一旦は家で翻訳の仕事を始めたのですが、スポーツイベントを観戦したことをきっかけに、イベント会社に就職。国際部で海外との交渉、社長の通訳や翻訳を担当。出産を機に、会社を辞めてフリーの通訳・翻訳の道を歩み始めたのです。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

専用機も、アプリも、ソフトも

AI通訳機「ポケトーク」


W

 9,900円


S・S Plus

 32,780円~

製品の詳細

AI通訳アプリ「ポケトーク」

Android / iPhone / iPad


製品の詳細

言葉の壁をなくす、ポケトーク

ポケトークシリーズは、互いに相手の言葉を話せない人同士の会話を可能にする通訳ツールです。
音声認識機能により、効果的な外国語の学習にも利用できます。

対面 なら AI通訳機   リモート会議 なら AI翻訳・字幕ソフト

ポケトークW

ポケトークS

ポケトークS Plus

 

ポケトーク字幕

9,900円

32,780円

通訳機「ポケトーク」の詳細

34,980円

 

7日間無料で使える

無料ダウンロード

「ポケトーク字幕」の詳細

ベーシック機能がそろった
エントリーモデル
高機能でコンパクトな
ハイエンドモデル
高機能で大画面な
ハイエンドモデル
  翻訳結果を字幕のように表示する
ソフトウェア
通訳機能 通訳機能 通訳機能   通訳機能
カメラ翻訳 カメラ翻訳  
AI会話レッスン AI会話レッスン  
発音練習機能 発音練習機能 発音練習機能  

エントリーパック
のみの特典

ガイドDVD
海外変換プラグ
ACアダプター

     

対応OS

  • Windows 11
  • Windows 10(64ビット版)
  • Windows 8.1(64ビット版)
  • macOS Monterey (v12.0)
  • Big Sur (v11.0)
  • Catalina(v10.15)
  • Mojave(v10.14)

さらに詳細な比較表はこちら

 

お持ちのスマホで使える
AI通訳アプリ「ポケトーク」

詳細はこちら

詳細については、次の URL をご覧ください。……

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

異なる言語を話す人々の橋渡しをする。外国語から日本語、日本語から外国語、もしくは外国語からほかの外国語にすばやく翻訳して、両者の円滑なコミュニケーションを手助けする。企業視察や商談、講演会、国際会議、テレビのニュース番組などが主な活躍の場。語学力はもちろんのこと、日本語のボキャブラリーや表現力、相手国の歴史や文化的背景、政治・経済・芸能・スポーツなどの幅広い知識や見識が求められる。聞きながら翻訳して話す同時通訳や、メモしながら聞いてまとまったところで訳す逐次通訳など場合によって通訳の方法はさまざまだが、いずれの場合も話し手の伝えたいことを的確に捉え、一番よい表現で聞き手に伝えることが重要だ。日本で活躍している通訳者の大多数は、通訳者養成学校を経てプロの通訳になっている。また、海外での留学経験を生かし、日本に帰国後、通訳エージェントに登録して実績を積んでいく人も。ライセンスは必要ないが、通訳能力を証明することのできる通訳技能試験などの資格を取っておくと有利だろう。

<< 編集部の職業解説 >>

国際化が進み、英語をはじめとする外国語を頻繁に聞く現代、各分野で通訳のニーズは飛躍的に高まっている。海外と日本を結ぶ会議、商談、放送などにおいて通訳の仕事は欠かせないものになっている。通訳に必要な能力はもちろん語学力だが、発言内容を理解するためには国際的な社会常識や通訳する事柄についての専門的な知識も必要となる。また翻訳と異なり、通訳とはリアルタイムで外国語を日本語に直さなければならない仕事なので、機敏性、機転、推察力、文章構成力といった能力も持たなければならない。日本語と外国語では文章構成がまったく違っている場合が多く、文章全体を聞かなければ正確に訳すことができないが、記者会見やインタビューの同時通訳は、そのような時間の余裕が無いこともある。そのため、相手が話している途中で、口調やそれまでの話の流れなどから推理して、同時通訳していくような技能が求められる。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button