Entertainment Japanese news daily

せむし 男| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

せむし 男, /%e3%81%9b%e3%82%80%e3%81%97-%e7%94%b7,

Video: 70歳の本気の虫取り、孫も苦笑

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

せむし 男, 2022-08-14, 70歳の本気の虫取り、孫も苦笑, 孫にいいところをみせたい70歳。

#夏休み #昆虫採取 #祖父, ににぱんにーにゃ〜陽気な2才児〜

,

せむし男の意味とは

ディズニー映画として有名な「ノートルダムの鐘」に、別名があることをご存知でしょうか。実は日本でのみ「ノートルダムの鐘」というタイトルが使われています。海外では「The Hunchbake Of NotreDame(ノートルダムのせむし男)」というタイトルが使用されているのです。

タイトルにある「せむし男」という文言は、日本では差別用語に該当するため、タイトルを変更したと言われています。映画の元は、ヴィクトル・ユーゴという作家の「ノートルダム・ド・パリ」という小説です。

今回POUCHSは、このせむし男という言葉の意味や特徴について解説していきます。

原作は映画の「ノートルダムの鐘」と同じように、醜い容姿を持った男性が主人公として描かれた作品となっていますが、ストーリーや結末は、少々異なっています。

映画「ノートルダムの鐘」では、醜い容姿を持った主人公「カジモド」と、美しい踊り子のヒロイン「エスメラルダ」との触れ合いが描かれているのです。美しい心があれば容姿など関係なく、人と交流することもでき、外の世界から拒絶されることもないといったハッピーエンドとなっています。

しかし小説では、ヒロインの「エスメラルダ」を助けた「カジモド」ですが、その容姿を受け入れてもらうことができません。火炙りにされる「エスメラルダ」を見下ろすといった、バットエンドとなっています。小説の内容からもわかるとおり、「せむし男」というのは、非常に醜い容姿であることが理解できるでしょう。

また、POUCHSは恋愛やライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っています。こちらの記事も、ぜひ一緒にご覧ください。

せむし男の意味

「せむし男」とは、「背中に虫がいるような容姿」を略称した言葉だといわれています。病気が原因で、四肢や背骨などが曲がってしまい、見慣れない外見をしていることから、人々に忌み嫌われる「虫」という言葉を用い「虫のように気持ちが悪い」といった意味を込めたともいわれています。

また、医学の発展が著しくなかった時代、病気といった認識もなく、原因追及や詳細が不明確で、実際に背中に虫がいると考えられていたようです。

せむし男の特徴

骨格の変形や、皮膚の形成不全により、背中が大きく曲がっていたり、四肢が激しいO脚だったと言われています。骨の形に合わせ、皮膚が盛り上がり、体のあちこちに大きなイボのような形となって表れたともいわれているのです。

一般的な人間の形からは遠く、原作となった小説を書いたヴィクトル・ユーゴも、「伝えることができない」といった記載を残しています。

また、骨格に異常をきたしていることから、動き方にも特徴があったことは想像に難くないでしょう。激しいO脚でバランスを保ち歩く姿や、盛り上がった背中を持って過ごす姿も、一般的な人間とは違い、多くの人々から好奇の目や奇異の目で見られていたと考えられます。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

作品データ

原題
Hunchback of Notre Dame
製作年
1939年
製作国
アメリカ
配給
RKOラジオ支社
上映時間
0分
製作会社
RKOラジオ映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ノートルダムのせむし男(1939):映画作品情報・あらすじ・評価|Movie Walker Press 映画

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button