Entertainment Japanese news daily

推敲 と は| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

推敲 と は, /%e6%8e%a8%e6%95%b2-%e3%81%a8-%e3%81%af, ,

推敲の意味とは

まずは、推敲の意味から解説します。推敲とは、文章、俳句、詩など、言葉(テキスト)の内容を何度も練り直し、より質の高いものに仕上げることです。念入りに練り直しを行うことにより、相手により分かりやすい言葉で伝えられるというメリットがあります。

推敲は、特にビジネスシーンにおいて広く使われています。たとえば、クライアントに送るビジネスメールです。ビジネスメールでは、端的に結論を伝えながら、的確に相手に伝えたい情報をテキストで送る必要があります。そのために、言葉の言い回しを変えたり、誤字脱字が無いかを確認したりしますが、それらが推敲の概要です。

また、推敲をすることで契約書や報告書の内容で伝えるべき部分を、より相手に伝えられるようになります。言葉やテキストの内容の質をより高めたい場合は、推敲を行うことを心がけてみましょう。

推敲の由来

ここまで、推敲の概要を解説してきました。ここからは、推敲の由来を解説します。推敲は故事成語であり、中国の昔話が元になったとされています。具体的には「唐詩紀事」と呼ばれる故事を集めた書物の中で、「賈島」という人物が「推す」という言葉を「敲く」という言葉に変更しようかと悩んでいた、という一節があります。これが由来となり、結果的にこれらを合わせた「推敲」という言葉が生まれました。

推敲の目的

ここまで、推敲の概要や由来を解説してきましたが、推敲の目的はどのようなものでしょうか。推敲の目的は、文章や言葉を相手により分かりやすく端的に伝えることです。推敲されていない文章は、支離滅裂になってしまったり、誤字脱字が多くなってしまったりすることがあります。これでは、通常の文章であるにもかかわらず、読みにくい冗長な文章になってしまい、本当に相手に伝えたいことを伝えられません。推敲は、そのような事態を防ぐために行われます。

たとえば商談後に、クライアントに商談のお礼のビジネスメールを送るとします。この場合でも、推敲された質の高い文章を送ることにより、商談後の印象が大きく変わる可能性もあるのです。

推敲は多くの場面で行われますが、そのすべてのケースで推敲が無駄になることはなく、良い結果をもたらす可能性が高くなります。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

すい‐こう〔‐カウ〕【推×敲】

の解説

[名](スル)《唐の詩人賈島 (かとう) が、「僧は推す月下の門」という自作の詩句について、「推す」を「敲 (たた) く」とすべきかどうか思い迷ったすえ、韓愈 (かんゆ) に問うて、「敲」の字に改めたという故事から》詩文の字句や文章を十分に吟味して練りなおすこと。「―を重ねる」「何度も―する」

詳細については、次の URL をご覧ください。……

故事成語を知る辞典「推敲」の解説

推敲

詩や文章を作る際、字句や表現を何度も練り直すこと。

[使用例] 二三首作りはしましたが、どうも未だ推が足りません[末広鉄腸*雪中梅|1886]

[使用例] 大学ノートに走り書きしたのを推敲しながら原稿用紙に浄書して三百枚、これにボール紙で表紙をつけ[加賀乙彦*湿原|1986]

[由来] 「唐詩紀事―四〇」に載っている話から。唐王朝も中期にさしかかった九世紀の初めごろ、科挙(官吏採用試験)を受けるために都にやってきた、とうという詩人がいました。彼はロバに乗っているときに詩を作ろうとして、「僧は推す、月下の門」というを思いつきましたが、「推す」のままがよいか「たたく」と直したほうがよいか、決まりません。推す動作をしたり敲く動作をしたりしてみましたが、結論には至らず。悩むあまり、都の長官、かんの馬に衝突してしまいました。賈島がその理由を詳しく述べたところ、韓愈はしばらく考えて「敲く」がよいと答え、二人は並んで進みながら詩を論じ合ったのでした。

[解説] ❶賈島は、非常に苦労をして一つの詩を作り上げることで知られた詩人。ある句ができあがるまでに三年もかかり、できあがったときには涙を流した、という話もあります。❷韓愈は、文学史上に大きな足跡を残す、当時の文壇の大御所。彼が「敲く」がよいと言ったのは、その音響効果を意識してのことでしょう。動作についてばかり考えていた賈島からすれば、目を開かれる思いがしたに違いありません。❸だとすれば、この故事成語には、よい文章を書くためには発想の転換も必要だ、という教訓も含まれている、といえましょう。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「推敲」の意味や読み⽅とは?

文章を書く際に求められるのが「推敲」です。ビジネスシーンでも使われるこの言葉、どういう意味なのでしょうか? 今回は「推敲」という言葉を取り上げます。意味や「推敲」の類語などに加えて、由来となった中国の故事も解説。また、例文も紹介しますので「推敲」の使い方を知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

読み⽅と意味

(c)Shutterstock.com

「推敲」は「すいこう」と読み、「文章を十分に吟味して練り直すこと」を意味します。詩や文章がより良くなるように、読みづらい箇所を修正したり、他に良い表現がないかを考えたりしながら文章を完成させていく作業が「推敲」です。

主には出版業界や作家の間で使われる表現ですが、ビジネスシーンでも用いられることがあります。例えば、契約書や企画書といった書類や、クライアントへのメールの文面など、書面のチェックが求められる際には「推敲」という言葉がぴったりです。

由来

「推敲」は、以下の中国の故事に由来します。

唐の時代に賈島(かとう)という詩人がいました。彼が「僧は推す月下の門」という句を作る際、「推す(おす)」を「敲く(たたく)」にすべきか迷っていました。そうして夢中になって考えるうちに、都の長官で一流の文学者・韓愈(かんゆ)の行列に突っ込んでしまいます。

突き当たった理由を問われた賈島は、相手が唐詩四大家の一人であることを知り、教えを請いました。「推と敲のどちらが良いでしょう?」、その問いに韓愈は「敲にしたほうが良い」と助言。

このことから、詩文や文章を考え、練り直すことを「推敲」というようになったとされています。

「推敲」と「校正」の違い

「推敲」と混同されやすい言葉として「校正」が挙げられます。「校正」とは「文章・文字を比べ合わせ、誤りを正すこと」という意味です。どちらも「文章を直す」という意味では同じですが、「校正」の場合は“文章そのもの”を変えるのではなく、“表記の間違いや誤字脱字を修正する”というニュアンスが込められています。

一方「推敲」は文章を直すことに使う言葉ですが、主に“言葉回しや表現をより良くする”といった意味で使われるのが一般的です。そのため「推敲」を行うのは作家や小説家本人、「校正」を行うのは編集者、という違いが生じます。

また「校正」は、主に印刷物に使われる言葉です。出版にあたり、印刷前に刷ったものを、元の原稿の内容と照合し、誤植や不備を正します。そのため「推敲」のようにビジネスシーンで用いられることはあまりありません。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

推敲とは

まず推敲の読み方や意味、由来とされる故事を見ていきます。

推敲の読み方

推敲は「すいこう」と読みます。「敲」は常用外の漢字ですが、読み方を覚えておきましょう。

推敲の意味

意味は「詩や俳句、文章などの言葉を吟味して、何度も練り直すこと」という意味です。詩や俳句、小説などの世界で使われるイメージがあるかもしれませんが、推敲はビジネスシーンにも関連する言葉です。

例えばプレゼン資料を準備する際に、「よりクライアントの心をつかむ言い回しは何だろう」などと考えることがあると思いますが、この作業こそ推敲です。ほかにも契約書や報告書、ビジネスメールを作成する際などに使われる言葉なので、意味を理解しておくと役立つでしょう。

推敲の由来

推敲は、中国の古い話が元になってできたとされる故事成語です。「唐詩紀事(とうしきじ)」という、中国の故事などを集めた書物に、由来となった漢文が収められています。

唐の時代、詩人の賈島(かとう)は「僧は推(お)す月下の門」という句を思いつきましたが、「推す」を改めて「敲(たた)く」とするか悩んでいました。

そして悩むあまり、賈島はうっかり長安の長官である韓愈(かんゆ)の一行にぶつかってしまいます。賈島はそこで理由を話したところ、韓愈は親切にも「敲くとするのがよい」とアドバイスをしました。そして2人は並んで進みながら詩を論じ合った、というものです。

推敲という言葉はこうして生まれたとされています。

  • 推敲の由来とされる故事は有名です

推敲の使い方と例文

推敲はビジネスシーンにおいて、どのように使われるのでしょうか。そこには決まった言い回しなどもありますので、例文を通して確認してみましょう。

推敲する

推敲は名詞ですが、字句や文章を何度も練り直すことは「推敲する」と言います。

・例文
「次のイベントのキャッチコピーは推敲する必要がありそうだ」

推敲を重ねる

推敲は、「重ねる」という言葉とセットで使われることも多くあります。

・例文
「プレゼン資料は推敲を重ねたので、多くの賛同を得られるはずだ」

推敲の余地

推敲する必要があることを、「推敲の余地がある」などと表現することもできます。

・例文
「締め切りは明日ですが、資料にはまだ推敲の余地がある」

  • 推敲は「推敲を重ねる」などと表現します

詳細については、次の URL をご覧ください。……

文章を作る上で大切な「推敲」とはどういう意味?

はじめに、「推敲」の意味について正しく理解しておこう。由来となった故事成語や、近い意味を持つ「校正」「添削」との違いも併せて紹介する。

推敲とは文章をよりよい表現へ作り直すこと

推敲の意味は、文章を自分で何度も練り直し、より良い表現にしていくこと。推敲自体にも”繰り返し行う”というニュアンスが含まれているが、「推敲を重ねる」という表現も誤りではなく、むしろ「念入りに時間をかけて何度も推敲した」と、さらに強調した意味合いになる。

英語で表現する場合は「polish」や「refine」「improve」を使う。共通して磨く、改善するという意味を持った単語で、どれを使っても構わない。

推敲は中国の古典を基にした故事成語

推敲の「推」とは、「物体を物理的に叩いて前に前進させる」という意味を持ち、「敲」は「叩く、打つ」の意味を持つ。似た意味を持つ漢字を組み合わせた熟語で、中国の古典「唐詩紀事(とうしきじ)」に記された逸話に由来する故事成語だ。

唐の時代、中国のある詩人が、ふと思いついた詩の一文に「推」を使うか「敲」を使うかで悩み、考えに没頭するあまり役人の列に突っ込んでしまった。捕らえられた詩人が役人に顛末を話したところ、漢語の大家でもあった役人が「敲の方がいいだろう」と助言をした。

この話の内容を基にして、「文章をよりよいものにするために考えること」を「推敲」と呼ぶようになった。

推敲の類語は?似ている表現、校正、添削との違いは何?

推敲と良く似た言葉に、「校正」「添削」がある。どちらも「文章を直す」という意味では同じだが、校正は文章そのものを変えるのではなく、元となる原稿と照らし合わせて表記の間違いや誤字脱字を修正すること。添削は他人の文章を修正することを指し、自分の文章に対しては使わない表現だ。

実際に推敲する上で気をつけるポイント

では、実際に文章を推敲する際、どんなことに気を付ければいいのか、そのポイントをいくつか紹介しよう。文章を書く時の基本となる部分なので、ぜひ押さえておきたい。

文章の適切な長さを考える

まず意識したいのが、文章の長さ。無駄な表現はできるだけ削り、シンプルで短い文章にすることが推敲の第一歩だ。文章は、書き出しから句点(。)までが一文。わかりにくい文章は、文章の途中で読点(、)が多く入り、一文が長い傾向にある。

例文)今回行ったキャンペーンは、多くのお客様には満足度が高かったという声を頂きましたが、当日になって人員が足りなくなってしまったことや、最初に予定していた納品数が初日になかなか届かず、後日の納品になってしまい、そのせいでお客様にご迷惑をおかけするかたちとなってしまったことが反省点です。

一文の長さをだいたい50~70文字以下の短い文章で区切るように意識すると、自然に不要な表現は省かれ、ぐっと読みやすくなる。

例文)今回のキャンペーンは、多くのお客様に高評価を頂きました。しかし、当日の人員不足や、予定納品数の欠品が原因で、お客様にご迷惑をおかけするかたちになってしまったことは反省点の一つです。

短く表現できるものを言い換えたり、なくても意味が通じるものは思い切って削除するのが文章を短くするコツだ。また、以下の点を意識して書いた文章を読み直してみよう。

【推敲する際のポイント】

・伝えたい内容は一文につき一つ。二つ以上になりそうなら一度区切って二つの文にする。
・主語と述語の数を合わせる。できればそれぞれ一つずつが望ましい。
・主語と述語、修飾語と被修飾語が離れすぎていると意味がわかりづらい。離れているようなら順番を変えてなるべく近くに配置する。
・同じ表現や漢字を短い間に何度も使っていないかを確認する。特に意図がない限り、繰り返しは冗長な印象を与えてしまう。

読み手に伝わりやすい文章になっているかチェックする方法

自分が書いた文章は、なかなか客観的に見ることができず、気づきにくい部分もたくさんある。最後に、自分の文章をチェックする際におすすめの方法を紹介したい。

声に出して読む

読み手は、文章を読むときに頭の中で無意識に音読していることが多く、文章のリズムが単調だったり違和感があったりすると”読みづらさ”を感じてしまう。自分で声に出して読んでみることで、文章全体のリズムがつかみやすくなる。句読点の位置も意識しながら、文章のつながりや長さをチェックしてみよう。

少し時間を置いて読む

完成した文章は、ある程度の時間を置いてから再度読み返すと冷静な目で見ることができる。書いている時にはわからなかった表現の間違いや誤字脱字に気づきやすくなるはずだ。できれば1日~2日以上間を空け、細かい表現や内容を忘れた頃に読み返すと良い。

AI、アプリを利用する

推敲する際、「文賢」や「文章チェッカー」のような校正ツールやアプリを用いるのも一つの選択肢。無料で利用できるものも多く、サービスごとにメリット、デメリットがあるので複数組み合わせて使うとより効果的だ。

文/oki

詳細については、次の URL をご覧ください。……

意味

推敲とは、詩文の字句や表現を練り直すこと。

推敲の語源・由来

推敲は、以下の故事に由来する。
唐代の詩人賈島が「僧は推す月下の門」という句を作っていたが、「推す(おす)」を「敲く(たたく)」にすべきか迷っているうちに、韓愈の行列に突き当たってしまった。
突き当たった理由を尋ねられた賈島は、相手が唐詩四大家の一人である韓愈と知り、逆に「推と敲のどちらが良いでしょう?」と質問したところ、韓愈は「敲にしたほうが良い」と助言した。
このことから、詩文を考え練り直すことを「推敲」というようになった。

推敲の類語・言い換え

月下推敲/彫琢/彫章琢句/洗練/鏤刻/斧鑿/獺祭/獺祭魚/彫心鏤骨/意匠惨憺/筆労/改稿/リライト/添削/改竄/筆削/雌黄/添竄/斧鉞/朱筆/入朱/加筆/助筆/刪補/刪潤/刪定/刪正/改刪/改削/刪改/刪削/刪略/刪除/削除/修定/修正/訂正/修訂/改訂/再訂/重訂/新訂/補訂/更訂/考訂/勘校/校勘/校閲/校正/再校/参校/対校/校合/校書

推敲するの類語・言い換え

磨く/練る/頭をひねる/竄する/筆を入れる/筆の尻取る/朱を入れる/朱筆を入れる/朱筆を加える/筆を加える/赤字を入れる/訂する/校する/正す

関連リンク

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「推敲」と「校正」の意味の違いについて

以下に、「推敲」と「校正」の意味についてまとめました。

  • 「推敲」

    「推敲」とは、上述している通り、文章をじっくり読み直して、おかしな所や悪い所がないかをチェックし、悪い所があれば修正していく作業のことです。

    語源の「”推す” or ”敲(たた)く”」にもあるように、最適となる表現がなんなのか・・・

    また描写や、ストーリ全体の内容までを吟味して、修正していくことを「推敲」といいます。

  • 「校正」

    校正とは、文章の「誤字・脱字」や「誤植」を見つけ、修正していく事が主な目的となります。

    なので、語句や文じたいの内容を変更するのではなく、単に(誤字などの)間違いを正していく作業になります。

    ※「誤植」とは、元々(手書き)の原稿と、印刷した原稿に違いがあり、印刷のさいに文字や記号に誤りが出てしまうことを指します。

以上が、「推敲」「校正」の意味となります。

ちなみに、作業段階としては、「文章作成」→「推敲」→「校正」といった段階で進めていくのが一般的です。

では、以下にそれぞれの例を示してみます。

  • 【推敲・校正前の文章】

    あるサラリーマンの佐藤は、今日ももくもくと働いていたが、突然部長に呼ばれた。部長はいきなり佐藤に怒鳴りつけた!

    おまえは、なぜ成績が上がらんのだ!

    その怒鳴り声を聞いて佐藤は愕然とした!

  • 【推敲後の文章】

    サラリーマンの佐藤は、ある日突然部長に呼びだされた。
    部長はいきなり佐藤を怒鳴りつけた。

    「おまえは、なぜ成績が上がらんのだ」

    あまりに突然のことで佐藤は愕然とした。

    「推敲のポイント」
    1:「サラリーマンの佐藤」と、個人が特定されているので、最初の「ある」は不要
    2:会話文は、「」内に設定する
    3:怒鳴り声の内容が記載されているので、「その怒鳴り声」は不要

  • 【校正後の文章】

    あるサラリーマンの佐藤は、今日も黙々と働いていたが、突然部長に呼びだされた。部長はいきなり佐藤怒鳴りつけた!

    おまえは、なぜ成績が上がらんのだ!

    その怒鳴り声を聞いて佐藤は愕然とした!

以上です。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード 推敲 と は 推敲 と は

推敲 意味 分かりやすく, 推敲 校正 違い, 推敲 由来, 推敲 意味 ビジネス, 推敲 短文, 推敲 使い方, 推敲 故事成語 意味, 推敲 類語

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button