Entertainment Japanese news daily

b league| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

b league, /b-league,

Video: [ENG]#2 Weekly Meet B.LEAGUE|JAPAN Professional Basketball League

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

b league, 2021-03-04, [ENG]#2 Weekly Meet B.LEAGUE|JAPAN Professional Basketball League, B.LEAGUE OFFICIAL SITE
http://www.bleague.jp/

B.LEAGUE LINE公式アカウント
https://line.me/R/ti/p/%40b.league

B.LEAGUE OFFICIAL Twitter

B.LEAGUE OFFICIAL facebook
https://www.facebook.com/B.LEAGUEOFFICIAL

B.LEAGUE OFFICIAL Instagram
https://instagram.com/b.league_official/

#Bリーグ #bleague, B.LEAGUE

,

PICKUP CONTENTS

PICKUP VIDEO

2022.10.12

BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK|B.LEAGUE 2022-23 SEASON 第2節

2022.10.09

【バスケ】連日20得点越え&脅威のアシスト連発!|滋賀#7 テーブス 海

2022.10.08

【バスケ】ファンに愛されたベストコンビの2人がバチバチのやり合い!|B1第2節GAME1 川崎vs広島

2022.10.05

BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK|B.LEAGUE 2022-23 SEASON 第1節

B.MAGAZINE


日程・結果


順位


西地区

順位 クラブ
1

長崎

5 1
2

愛媛

5 1
3

熊本

4 2
4

佐賀

3 3
5

福岡

3 3
6

奈良

1 5
7

香川

1 5

成績


動画


OFFICIAL GOODS


ニュース


  • 2022.10.18

  • 2022.10.18

  • 2022.10.11

  • 2022.10.07

  • 2022.10.07

クラブニュース

INFORMATION


B.LEAGUE PARTNERS


B.LEAGUE TOP PARTNER

B.LEAGUE PARTNERS

  • B.LEAGUE ICT PARTNER

  • B.LEAGUE PARTNER

  • OFFICIAL TIMEKEEPER

B.LEAGUE SUPPORTING COMPANIES

B.LEAGUE SUPPLIER

  • OFFICIAL BALL SUPPLIER

  • REFEREE WEAR SUPPLIER

  • OFFICIAL COMMUNICATION PARTNER

  • B.LEAGUE SPORTSPROMOTION PARTNER

詳細については、次の URL をご覧ください。……

東地区

詳細については、次の URL をご覧ください。……

B.league(Bリーグ)公式オンラインショップ

概要[編集]

凡例[編集]

発足までの経緯[編集]

日本における男子バスケットボールのトップリーグは、2005年bjリーグ(TKbjリーグ)JBAおよびJBL機構から独立する形で発足して以来、2リーグ(NBL・TKbjリーグ)の並立する状態が続いていた。この状況に懸念を示したFIBAが、「トップリーグの統一」「協会の体制および組織の改革」「ユース世代を含めた代表強化体制」の3つが必要であると指摘したが、トップリーグの統合さえ遅々として実現に至らなかった。

2013年12月17日、国際オリンピック委員会(IOC)委員でもあるパトリック・バウマンFIBA専務理事(当時)がJBAに対し、2つのリーグがある状況を早期に改善するよう通告した。現状のままでは、2020年東京五輪開催国枠を日本代表に付与しない可能性もあるとして、「今回がラストチャンス」と言及した[1]。世界連盟が一国の競技団体に対し、ここまで改革を要求するのは異例の事態であり、東京五輪出場にまで波及する「最後通告」の形となった。これは、FIBA本体も組織改革や大会システムの大幅な変革を進め、バスケットボールのブランド力を高めようとしてきた事の反映であった。

2014年4月、バウマン氏が再来日した際に回答期限を10月末とした上で、改めてリーグ一元化と協会のガバナンス改善を求めた[2]。同年7月、「新リーグ組織委員会」が発足し、JBA・NBL・bjリーグによる話し合いが続けられたが、期限を過ぎても十分な方向性を示すことはできなかった[2]。同年11月26日、FIBAがJBAの会員資格を無期限停止し、日本代表の国際試合への出場が不可能となった[3][4]

これを受けて、2015年1月、FIBAは両リーグの統合を含むJBAの諸問題を改革するため、1993年に開幕したJリーグの創設に大きく貢献したJリーグ初代チェアマンの川淵三郎がチェアマン(代表)を務める作業チーム「JAPAN 2024 TASKFORCE」を発足させた。その後、TASKFORCEの主導のもと両リーグの統合を検討した上で、同年4月1日にジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(JPBL)が設立され、川淵が初代チェアマン(理事長)に就任した。同年8月9日に資格停止処分が解除され、国際試合への出場が可能となった[5]

名称[編集]

リーグの名称はBリーグ(ビーリーグ、: B.LEAGUE)。『Bはシンプルに、バスケのB。「Boys, be ambitious」のbe動詞Bのように、可能性を秘める』として命名された[6]

構造[編集]

2部制を採用する(概要は以下の通り)[7][8]。B3リーグに参加するクラブは、一定の条件を満たせばJPBLへの「準加盟」クラブとして対応する[9][10]

カテゴリ クラブ数
(2016-17シーズン)
クラブの形態 選手 ホームゲーム(主催試合)[11]
B1 18 プロのみ アマチュア登録は2名まで 全体の80%以上を同一の会場で行う
B2 18 プロのみ 5名以上をプロ登録する 全体の60%以上を同一の会場で行う
B3リーグ(参考) 9 プロ・アマチュアの混成

参加条件[編集]

2016-17シーズンにB1・B2およびB3リーグへ参加するクラブは2015年3月31日時点でNBL・TKbjリーグ・NBDLのいずれかに所属するクラブから選ばれた[注 1][7]。2017-18シーズン以降も、条件を変えたうえで新たに参加するクラブを募集する[12]

参入にあたっての基準は以下の通り[7][10][11][12][13]

カテゴリ ホームアリーナ(本拠地)の収容人数[14] 年間売上収入 ユースチームの保有
B1 5000人以上[注 2] 1億円以上[注 3]
B2 3000人以上[注 2] 1億円以上
B3リーグ(参考)
  • 明確な理念を定める[7]
  • チーム名に地域名を加える[7]
    • 企業名をチーム名に使用してもよいが、2015-16シーズン[注 4]から引き続き使用する場合、かつクラブの公式文書およびwebサイトで使用する場合に限る[15]
  • ホームタウン(活動地域)を設定する[7]
  • ホームアリーナおよび練習場を確保する[7]
  • ファンクラブや後援会などの支援団体を保有する[7]
  • 債務超過に陥っていない[7]、かつ3期連続で赤字を計上していない[13]
  • ライセンスの有効期間は1年とする。翌シーズンも参加する場合は前年11月末までに申請する[13]
  • 基準を満たさなかったクラブは、成績に関わらずB3リーグに降格する。ただし債務超過または3期連続の赤字の場合は原則としてBリーグからの除名・退会となる[13]

2018-19シーズンについては、日本社会人バスケットボール連盟の設立に伴い、2017年11月に開催の「日本社会人バスケットボール選手権プレ大会」に出場したクラブを対象としてB3リーグへの参入審査を行う(ただし、和歌山トライアンズについては左記大会の出場有無に関わらず審査対象とする)。2019-20シーズン以後は、日本社会人バスケットボール連盟が推薦したクラブを対象としてB3昇格の審査を行うとしている。

2017-18シーズンより、翌年度シーズンのB1に昇格する場合の案件として、従来の成績面(上位2チームが自動昇格。3位はB1の16位との入れ替え戦)に加え、1試合平均の観客動員が1500人未満である場合はB1昇格権利を喪失(この場合でも次点チームの繰り上げはない)とするルールが定められた。

大会方式[編集]

シーズン開催[編集]

B1とB2の大会方式は以下の通り[16]

レギュラーシーズン(リーグ戦、2017-18シーズンより)
B1とB2はいずれも18クラブを6クラブ×3地区に分ける。
  • 地区は、ホームアリーナの所在地を基準とし、
    • 1. 総務省の都道府県コード順
    • 2. 同一都道府県内の市では、東から順
    • 3. 同一の政令指定都市内の政令区では、北から順
    • 4. 上記まで同一の場合は、クラブ名の五十音順

に、1~6番目を東地区、7~12番目を中地区、13~18番目を西地区とする。

以下の組み合わせで各クラブとも60試合のレギュラーシーズンを戦う。

  • 自地区のクラブ×6試合(計30試合)
  • 他地区の全12クラブ×2試合+6試合(24+6=計30試合)

2016-17シーズンは

  • 自地区の3クラブ×8試合+同2クラブ×6試合(24+12=計36試合)
  • 他地区の全12クラブ×2試合(計24試合)

で行われた。

毎週末の同一カード・同一会場での2連戦を原則とし、これを1節と数える[注 5]。この為、一方のホームのみで対戦するカードが発生する。
順位は勝率の高い順、ただし勝率が並んだ場合は以下の順で決定する。

  1. 直接対決の勝率
  2. 直接対決の得失点差
  3. 直接対決の1試合平均得点
  4. リーグ戦全日程の得失点差
  5. リーグ戦全日程の1試合平均得点
  6. 抽選
Bリーグチャンピオンシップ

詳細は「Bリーグチャンピオンシップ」を参照

B1の優勝クラブは以下の8クラブによるプレーオフで決定する。

  • 各地区の上位2クラブ(計6クラブ)。
  • 各地区の3位以下のうち上位2クラブ(ワイルドカード)[注 6]
    • 「-1」・「-2」・「-3」は1位同士・2位同士での順位。
  QUARTERFINALS(準々決勝) SEMIFINALS(準決勝) FINALS(決勝)
                             
 地区1位-1     1  
 ワイルドカード下位     8  
   1対8の勝者     A  
   4対5の勝者     B  
 地区2位-1     4
   地区2位-2     5  
     A対Bの勝者  
   C対Dの勝者  
   地区1位-3     3  
 地区2位-3     6  
   3対6の勝者     C
   2対7の勝者     D  
 地区1位-2     2
   ワイルドカード上位     7  
  • 準々決勝・準決勝はレギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は別の日(原則第2戦の翌日)にフルタイムの第3戦を行い勝者を決定する。
  • 第3試合で同点の場合、決着が付くまで延長戦を行う。
  • 3位決定戦は行わない。
  • ファイナルは2戦先勝。日本生命保険がタイトルスポンサーとなり、「日本生命B.LEAGUE FINALS」として行われる。
  • 以下は2016-17・2017-18シーズンまでのルールである。
    • 第2試合を終わって1勝1敗の場合、第2試合終了後に5分ハーフの「第3試合(特別ルールあり)」を行っていた。
    • 決勝は中立地での一発勝負とし、そのうえで同点の場合は決着が付くまで延長戦を行う。
B2プレーオフ
B2の優勝クラブは、各地区1位と各地区1位以外で最上位のクラブ(ワイルドカード)によるプレーオフで決定する。

  • 全試合において、レギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は、別の日(原則第2戦の翌日)にフルタイムの第3戦を行い勝者を決定する。
    • 2016-17・2017-18シーズンは、第2試合終了後に5分ハーフの「第3試合(特別ルールあり)」を行っていた(現行のB1チャンピオンシップと同様)。
    • 2016-17シーズンは、決勝および3位決定戦は中立地での一発勝負であった。
  • 第3試合で同点の場合、決着が付くまで延長戦を行う。
  • 上記のプレーオフは、B1ライセンスの有無に関わらず実施される。
B1・B2間におけるクラブの入れ替え
B2の上位3クラブがいずれもB1ライセンスを所持している場合はB1の下位2クラブがB2に降格、B2の上位2クラブがB1に昇格する。B1の16位とB2の3位とが「B1・B2入れ替え戦(中立地での一発勝負)」を行い、この勝者が翌シーズンのB1に参加する。

  • B2上位の順位はB2プレーオフ結果に則る。
  • B1下位の順位は年間勝率の下位4クラブが参加する「B1残留プレーオフ(下記)」で決定する。
  • 1回戦はレギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は第2試合終了後に5分ハーフの「第3試合(特別ルールあり)」を行う。
  • 2回戦は中立地での一発勝負とする。
  • 第2試合および決勝で同点の場合、決着が付くまで延長戦を行う。
  • 下記の取り扱いは、B2の上位3クラブがいずれもB1ライセンスを所持している場合のもの。
  • 1回戦の敗者はB2へ降格する(3位決定戦は行わない)。
  • 2回戦の勝者はその時点でB1への残留が決まる。敗者は入れ替え戦へ進む。
  • B1のクラブのいずれかがB1ライセンス不交付となり、B2以下に降格が決まった場合は、下記のように残留プレーオフが行われる[17]
  • B1ライセンス不交付となったクラブを除いた17クラブの中での下位2クラブによる1回戦のみを行う。通常の残留プレーオフ1回戦と同じく、上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は第2試合終了後に5分ハーフの「第3試合(特別ルールあり)」を行う。
  • 敗者はB2へ降格し、勝者は入れ替え戦へ進む。
  • B2の上位3クラブのいずれかがB1ライセンスを所持していない場合は、下記のように残留プレーオフ・入れ替え戦が行われる。
  • B2の3位がライセンス無しの場合、残留プレーオフ2回戦の結果に関わらず2回戦進出の両クラブが残留(B2の3位決定戦がライセンス有りと無しの対戦の場合、2回戦は実施される。ライセンス無し同士の対戦の場合は2回戦は実施しない)。
  • B2の1位または2位がライセンス無しで3位もライセンス無しの場合、残留プレーオフ2回戦は1回戦敗者同士の対戦となり、勝者残留・敗者降格。入れ替え戦は実施せず。
  • B2の1位または2位がライセンス無しで3位がライセンス有りの場合、残留プレーオフ2回戦は1回戦敗者同士の対戦となり、勝者は入れ替え戦出場・敗者降格。
  • B2の1位と2位両方がライセンス無しで3位がライセンス有りの場合、残留プレーオフ2回戦は1回戦敗者同士の対戦となり、勝者残留・敗者は入れ替え戦出場。
  • B2の1位から3位がいずれもライセンス無しの場合、昇降格は行われない。
  • B1ライセンスを喪失しB1から自動降格するクラブがある場合、残留プレーオフ勝者を16位、敗者を17位として上記に当てはめる。B2の1位と2位両方がライセンスなしの場合、ライセンスありの最上位クラブが自動昇格となる。
B2・B3リーグ間におけるクラブの入れ替え[18]
B3リーグから推薦されたクラブがBリーグ準加盟かつB2ライセンスを所持している場合に限り、同クラブとB2の最下位とによる「B2・B3入れ替え戦(中立地での一発勝負)」を行い、この勝者が翌シーズンのB2に参加する[19][20]

  • B1/B2のクラブのいずれかがB2以上のライセンス不交付となりB3への降格が決まった場合[17]
  • B2ライセンスを保有するクラブで最上位のクラブがB2に自動昇格する。B2ライセンスを保有するクラブで第2位のクラブが総合3位以内に入っている場合はそのクラブが入れ替え戦に出場する。
天皇杯への出場
  • 天皇杯への出場枠については、2017年初の第92回大会については、B1リーグのうち2016-17年シーズン(第1回)の第10節終了時においての各ディビジョン上位4クラブ、合計12クラブ[21] がBリーグ代表として出場する権利が与えられ、それ以外のBリーグ(B3含む)については出場権が付与されなかった。
  • 第93回大会は大会が拡大されるのに伴い、B1全クラブが3次ラウンドより、B2全クラブが2次ラウンドより、B3クラブが1次ラウンドよりの出場となった。
  • しかし第94回大会はB1全クラブは2次ラウンドからの出場となったが、B2・B3のクラブは出場権が付与されなかった。
  • 第95回大会は見直され、B1全クラブとB2前年上位5クラブが2次ラウンドから、B3クラブが1次ラウンドからの出場となった。

表彰規定[編集]

詳細は「Bリーグアワードショー」を参照

放送・配信[編集]

※2022年9月20日現在[22]

試合中継[編集]

チャンネル/配信サービス 放送局/配信元 備考
バスケットLIVE バスケットLIVE 2018-19シーズンから配信開始
2016-17シーズン・2017-18シーズンはスポナビライブで配信[23]
スポーツナビ スポーツナビ
NHK BS1NHK総合 日本放送協会
BS12 トゥエルビ ワールド・ハイビジョン・チャンネル
BSJapanext ジャパネットブロードキャスティング
J SPORTS・J SPORTSオンデマンド J SPORTS 2016-17シーズンから放送開始[24]
Hulu Hulu 2020-21シーズンから配信開始[25]
バスケットLIVE for Amazon Prime Video Amazon Prime Videoチャンネル 2019-20シーズンから配信開始[26]

関連番組[編集]

番組名 放送局/配信元 備考
B.WEEK!!リターンズ特別編 バスケットLIVE
B MY HERO! スポーツナビ 2020-21シーズンから配信開始[27]
熱血バスケ NHK BS1

音楽[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(「PKCZ(R)」の登録商標マーク丸囲みRマーク))が含まれています詳細

公式アンセム[編集]

応援歌」および「アンセム」も参照

シーズン 曲名 アーティスト名 備考
2016- BREAK THE BORDER PKCZ® [28]

公式テーマソング[編集]

シーズン 曲名 アーティスト名 備考
2016-17 Take-A-Shot! feat. PKCZ® ShuuKaRen 開幕戦テーマソング[28]
【パラレル・シンクロニシティ】produced by m-flo チャンピオンシップ2016-17 テーマソング[29]
2017-18 BREAKOUT FlowBack [30]
2018-19 B-THE ONE SPYAIR [31]
2019-20 JAM fo’ freedom (SASUKE Remix) 久保田利伸 + SASUKE + RUN THE FLOOR [32]
2020-21 FIGHT DUB CLUB ALI feat. J-REXXX, RUEED [33]
2021-22 Win / Lose Survive Said The Prophet [34]
2022-23 Insane(B.LEAGUE Version) 岡崎体育 feat. 木村昴 & アイクぬわら [35]

協賛団体[編集]

※2022年10月01日現在[36]

協賛カテゴリー 社名 契約年 備考
トップパートナー ソフトバンク 2016年 [37][38]
パートナー 富士通 2016年 オフィシャルICTパートナー[39][40]
日本郵便 2019年 [41]
カシオ計算機 2016年 オフィシャルタイムキーパー[42]
サポーティング
カンパニー
ソニー・ミュージックエンタテインメント 2016年 エンタテインメントパートナー(2016年 – 2020年)[28]
朝日新聞社 2017年 [43]
日本経済新聞社 2020年 [44]
大塚製薬 2020年 [45]
乃村工藝社 2019年 [46]
EY 2022年 [47]
日本生命保険 2021年 B.LEAGUE FINALS特別協賛[48]
Yahoo! JAPAN 2018年 [49]
サプライヤー モルテン 2016年 オフィシャルボールサプライヤー[50]
チャンピオン 2016年 レフェリーウェアサプライヤー[51]20-21までヘインズブランズ ジャパン名義[52]
オフィシャルコミュニケーションパートナー LINE 2021年 [53]
スポーツ振興パートナー 日本スポーツ振興センタースポーツくじ〔WINNER〕 2022年

歴代協賛団体[編集]

協賛カテゴリー 社名 契約期間 備考
サポーティング
カンパニー
ぴあ 2016年 – 2022年 [54]
ハウスメイトパートナーズ 2019年 – 2022年 [55]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

凡例[編集]

発足までの経緯[編集]

日本における男子バスケットボールのトップリーグは、2005年bjリーグ(TKbjリーグ)JBAおよびJBL機構から独立する形で発足して以来、2リーグ(NBL・TKbjリーグ)の並立する状態が続いていた。この状況に懸念を示したFIBAが、「トップリーグの統一」「協会の体制および組織の改革」「ユース世代を含めた代表強化体制」の3つが必要であると指摘したが、トップリーグの統合さえ遅々として実現に至らなかった。

2013年12月17日、国際オリンピック委員会(IOC)委員でもあるパトリック・バウマンFIBA専務理事(当時)がJBAに対し、2つのリーグがある状況を早期に改善するよう通告した。現状のままでは、2020年東京五輪開催国枠を日本代表に付与しない可能性もあるとして、「今回がラストチャンス」と言及した[1]。世界連盟が一国の競技団体に対し、ここまで改革を要求するのは異例の事態であり、東京五輪出場にまで波及する「最後通告」の形となった。これは、FIBA本体も組織改革や大会システムの大幅な変革を進め、バスケットボールのブランド力を高めようとしてきた事の反映であった。

2014年4月、バウマン氏が再来日した際に回答期限を10月末とした上で、改めてリーグ一元化と協会のガバナンス改善を求めた[2]。同年7月、「新リーグ組織委員会」が発足し、JBA・NBL・bjリーグによる話し合いが続けられたが、期限を過ぎても十分な方向性を示すことはできなかった[2]。同年11月26日、FIBAがJBAの会員資格を無期限停止し、日本代表の国際試合への出場が不可能となった[3][4]

これを受けて、2015年1月、FIBAは両リーグの統合を含むJBAの諸問題を改革するため、1993年に開幕したJリーグの創設に大きく貢献したJリーグ初代チェアマンの川淵三郎がチェアマン(代表)を務める作業チーム「JAPAN 2024 TASKFORCE」を発足させた。その後、TASKFORCEの主導のもと両リーグの統合を検討した上で、同年4月1日にジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(JPBL)が設立され、川淵が初代チェアマン(理事長)に就任した。同年8月9日に資格停止処分が解除され、国際試合への出場が可能となった[5]

名称[編集]

リーグの名称はBリーグ(ビーリーグ、: B.LEAGUE)。『Bはシンプルに、バスケのB。「Boys, be ambitious」のbe動詞Bのように、可能性を秘める』として命名された[6]

構造[編集]

2部制を採用する(概要は以下の通り)[7][8]。B3リーグに参加するクラブは、一定の条件を満たせばJPBLへの「準加盟」クラブとして対応する[9][10]

カテゴリ クラブ数
(2016-17シーズン)
クラブの形態 選手 ホームゲーム(主催試合)[11]
B1 18 プロのみ アマチュア登録は2名まで 全体の80%以上を同一の会場で行う
B2 18 プロのみ 5名以上をプロ登録する 全体の60%以上を同一の会場で行う
B3リーグ(参考) 9 プロ・アマチュアの混成

参加条件[編集]

2016-17シーズンにB1・B2およびB3リーグへ参加するクラブは2015年3月31日時点でNBL・TKbjリーグ・NBDLのいずれかに所属するクラブから選ばれた[注 1][7]。2017-18シーズン以降も、条件を変えたうえで新たに参加するクラブを募集する[12]

参入にあたっての基準は以下の通り[7][10][11][12][13]

カテゴリ ホームアリーナ(本拠地)の収容人数[14] 年間売上収入 ユースチームの保有
B1 5000人以上[注 2] 1億円以上[注 3]
B2 3000人以上[注 2] 1億円以上
B3リーグ(参考)
  • 明確な理念を定める[7]
  • チーム名に地域名を加える[7]
    • 企業名をチーム名に使用してもよいが、2015-16シーズン[注 4]から引き続き使用する場合、かつクラブの公式文書およびwebサイトで使用する場合に限る[15]
  • ホームタウン(活動地域)を設定する[7]
  • ホームアリーナおよび練習場を確保する[7]
  • ファンクラブや後援会などの支援団体を保有する[7]
  • 債務超過に陥っていない[7]、かつ3期連続で赤字を計上していない[13]
  • ライセンスの有効期間は1年とする。翌シーズンも参加する場合は前年11月末までに申請する[13]
  • 基準を満たさなかったクラブは、成績に関わらずB3リーグに降格する。ただし債務超過または3期連続の赤字の場合は原則としてBリーグからの除名・退会となる[13]

2018-19シーズンについては、日本社会人バスケットボール連盟の設立に伴い、2017年11月に開催の「日本社会人バスケットボール選手権プレ大会」に出場したクラブを対象としてB3リーグへの参入審査を行う(ただし、和歌山トライアンズについては左記大会の出場有無に関わらず審査対象とする)。2019-20シーズン以後は、日本社会人バスケットボール連盟が推薦したクラブを対象としてB3昇格の審査を行うとしている。

2017-18シーズンより、翌年度シーズンのB1に昇格する場合の案件として、従来の成績面(上位2チームが自動昇格。3位はB1の16位との入れ替え戦)に加え、1試合平均の観客動員が1500人未満である場合はB1昇格権利を喪失(この場合でも次点チームの繰り上げはない)とするルールが定められた。

大会方式[編集]

シーズン開催[編集]

B1とB2の大会方式は以下の通り[16]

レギュラーシーズン(リーグ戦、2017-18シーズンより)
B1とB2はいずれも18クラブを6クラブ×3地区に分ける。
  • 地区は、ホームアリーナの所在地を基準とし、
    • 1. 総務省の都道府県コード順
    • 2. 同一都道府県内の市では、東から順
    • 3. 同一の政令指定都市内の政令区では、北から順
    • 4. 上記まで同一の場合は、クラブ名の五十音順

に、1~6番目を東地区、7~12番目を中地区、13~18番目を西地区とする。

以下の組み合わせで各クラブとも60試合のレギュラーシーズンを戦う。

  • 自地区のクラブ×6試合(計30試合)
  • 他地区の全12クラブ×2試合+6試合(24+6=計30試合)

2016-17シーズンは

  • 自地区の3クラブ×8試合+同2クラブ×6試合(24+12=計36試合)
  • 他地区の全12クラブ×2試合(計24試合)

で行われた。

毎週末の同一カード・同一会場での2連戦を原則とし、これを1節と数える[注 5]。この為、一方のホームのみで対戦するカードが発生する。
順位は勝率の高い順、ただし勝率が並んだ場合は以下の順で決定する。

  1. 直接対決の勝率
  2. 直接対決の得失点差
  3. 直接対決の1試合平均得点
  4. リーグ戦全日程の得失点差
  5. リーグ戦全日程の1試合平均得点
  6. 抽選
Bリーグチャンピオンシップ

詳細は「Bリーグチャンピオンシップ」を参照

B1の優勝クラブは以下の8クラブによるプレーオフで決定する。

  • 各地区の上位2クラブ(計6クラブ)。
  • 各地区の3位以下のうち上位2クラブ(ワイルドカード)[注 6]
    • 「-1」・「-2」・「-3」は1位同士・2位同士での順位。
  QUARTERFINALS(準々決勝) SEMIFINALS(準決勝) FINALS(決勝)
                             
 地区1位-1     1  
 ワイルドカード下位     8  
   1対8の勝者     A  
   4対5の勝者     B  
 地区2位-1     4
   地区2位-2     5  
     A対Bの勝者  
   C対Dの勝者  
   地区1位-3     3  
 地区2位-3     6  
   3対6の勝者     C
   2対7の勝者     D  
 地区1位-2     2
   ワイルドカード上位     7  
  • 準々決勝・準決勝はレギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は別の日(原則第2戦の翌日)にフルタイムの第3戦を行い勝者を決定する。
  • 第3試合で同点の場合、決着が付くまで延長戦を行う。
  • 3位決定戦は行わない。
  • ファイナルは2戦先勝。日本生命保険がタイトルスポンサーとなり、「日本生命B.LEAGUE FINALS」として行われる。
  • 以下は2016-17・2017-18シーズンまでのルールである。
    • 第2試合を終わって1勝1敗の場合、第2試合終了後に5分ハーフの「第3試合(特別ルールあり)」を行っていた。
    • 決勝は中立地での一発勝負とし、そのうえで同点の場合は決着が付くまで延長戦を行う。
B2プレーオフ
B2の優勝クラブは、各地区1位と各地区1位以外で最上位のクラブ(ワイルドカード)によるプレーオフで決定する。

  • 全試合において、レギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は、別の日(原則第2戦の翌日)にフルタイムの第3戦を行い勝者を決定する。
    • 2016-17・2017-18シーズンは、第2試合終了後に5分ハーフの「第3試合(特別ルールあり)」を行っていた(現行のB1チャンピオンシップと同様)。
    • 2016-17シーズンは、決勝および3位決定戦は中立地での一発勝負であった。
  • 第3試合で同点の場合、決着が付くまで延長戦を行う。
  • 上記のプレーオフは、B1ライセンスの有無に関わらず実施される。
B1・B2間におけるクラブの入れ替え
B2の上位3クラブがいずれもB1ライセンスを所持している場合はB1の下位2クラブがB2に降格、B2の上位2クラブがB1に昇格する。B1の16位とB2の3位とが「B1・B2入れ替え戦(中立地での一発勝負)」を行い、この勝者が翌シーズンのB1に参加する。

  • B2上位の順位はB2プレーオフ結果に則る。
  • B1下位の順位は年間勝率の下位4クラブが参加する「B1残留プレーオフ(下記)」で決定する。
  • 1回戦はレギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は第2試合終了後に5分ハーフの「第3試合(特別ルールあり)」を行う。
  • 2回戦は中立地での一発勝負とする。
  • 第2試合および決勝で同点の場合、決着が付くまで延長戦を行う。
  • 下記の取り扱いは、B2の上位3クラブがいずれもB1ライセンスを所持している場合のもの。
  • 1回戦の敗者はB2へ降格する(3位決定戦は行わない)。
  • 2回戦の勝者はその時点でB1への残留が決まる。敗者は入れ替え戦へ進む。
  • B1のクラブのいずれかがB1ライセンス不交付となり、B2以下に降格が決まった場合は、下記のように残留プレーオフが行われる[17]
  • B1ライセンス不交付となったクラブを除いた17クラブの中での下位2クラブによる1回戦のみを行う。通常の残留プレーオフ1回戦と同じく、上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は第2試合終了後に5分ハーフの「第3試合(特別ルールあり)」を行う。
  • 敗者はB2へ降格し、勝者は入れ替え戦へ進む。
  • B2の上位3クラブのいずれかがB1ライセンスを所持していない場合は、下記のように残留プレーオフ・入れ替え戦が行われる。
  • B2の3位がライセンス無しの場合、残留プレーオフ2回戦の結果に関わらず2回戦進出の両クラブが残留(B2の3位決定戦がライセンス有りと無しの対戦の場合、2回戦は実施される。ライセンス無し同士の対戦の場合は2回戦は実施しない)。
  • B2の1位または2位がライセンス無しで3位もライセンス無しの場合、残留プレーオフ2回戦は1回戦敗者同士の対戦となり、勝者残留・敗者降格。入れ替え戦は実施せず。
  • B2の1位または2位がライセンス無しで3位がライセンス有りの場合、残留プレーオフ2回戦は1回戦敗者同士の対戦となり、勝者は入れ替え戦出場・敗者降格。
  • B2の1位と2位両方がライセンス無しで3位がライセンス有りの場合、残留プレーオフ2回戦は1回戦敗者同士の対戦となり、勝者残留・敗者は入れ替え戦出場。
  • B2の1位から3位がいずれもライセンス無しの場合、昇降格は行われない。
  • B1ライセンスを喪失しB1から自動降格するクラブがある場合、残留プレーオフ勝者を16位、敗者を17位として上記に当てはめる。B2の1位と2位両方がライセンスなしの場合、ライセンスありの最上位クラブが自動昇格となる。
B2・B3リーグ間におけるクラブの入れ替え[18]
B3リーグから推薦されたクラブがBリーグ準加盟かつB2ライセンスを所持している場合に限り、同クラブとB2の最下位とによる「B2・B3入れ替え戦(中立地での一発勝負)」を行い、この勝者が翌シーズンのB2に参加する[19][20]

  • B1/B2のクラブのいずれかがB2以上のライセンス不交付となりB3への降格が決まった場合[17]
  • B2ライセンスを保有するクラブで最上位のクラブがB2に自動昇格する。B2ライセンスを保有するクラブで第2位のクラブが総合3位以内に入っている場合はそのクラブが入れ替え戦に出場する。
天皇杯への出場
  • 天皇杯への出場枠については、2017年初の第92回大会については、B1リーグのうち2016-17年シーズン(第1回)の第10節終了時においての各ディビジョン上位4クラブ、合計12クラブ[21] がBリーグ代表として出場する権利が与えられ、それ以外のBリーグ(B3含む)については出場権が付与されなかった。
  • 第93回大会は大会が拡大されるのに伴い、B1全クラブが3次ラウンドより、B2全クラブが2次ラウンドより、B3クラブが1次ラウンドよりの出場となった。
  • しかし第94回大会はB1全クラブは2次ラウンドからの出場となったが、B2・B3のクラブは出場権が付与されなかった。
  • 第95回大会は見直され、B1全クラブとB2前年上位5クラブが2次ラウンドから、B3クラブが1次ラウンドからの出場となった。

表彰規定[編集]

詳細は「Bリーグアワードショー」を参照

放送・配信[編集]

※2022年9月20日現在[22]

試合中継[編集]

チャンネル/配信サービス 放送局/配信元 備考
バスケットLIVE バスケットLIVE 2018-19シーズンから配信開始
2016-17シーズン・2017-18シーズンはスポナビライブで配信[23]
スポーツナビ スポーツナビ
NHK BS1NHK総合 日本放送協会
BS12 トゥエルビ ワールド・ハイビジョン・チャンネル
BSJapanext ジャパネットブロードキャスティング
J SPORTS・J SPORTSオンデマンド J SPORTS 2016-17シーズンから放送開始[24]
Hulu Hulu 2020-21シーズンから配信開始[25]
バスケットLIVE for Amazon Prime Video Amazon Prime Videoチャンネル 2019-20シーズンから配信開始[26]

関連番組[編集]

番組名 放送局/配信元 備考
B.WEEK!!リターンズ特別編 バスケットLIVE
B MY HERO! スポーツナビ 2020-21シーズンから配信開始[27]
熱血バスケ NHK BS1

音楽[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(「PKCZ(R)」の登録商標マーク丸囲みRマーク))が含まれています詳細

公式アンセム[編集]

応援歌」および「アンセム」も参照

シーズン 曲名 アーティスト名 備考
2016- BREAK THE BORDER PKCZ® [28]

公式テーマソング[編集]

シーズン 曲名 アーティスト名 備考
2016-17 Take-A-Shot! feat. PKCZ® ShuuKaRen 開幕戦テーマソング[28]
【パラレル・シンクロニシティ】produced by m-flo チャンピオンシップ2016-17 テーマソング[29]
2017-18 BREAKOUT FlowBack [30]
2018-19 B-THE ONE SPYAIR [31]
2019-20 JAM fo’ freedom (SASUKE Remix) 久保田利伸 + SASUKE + RUN THE FLOOR [32]
2020-21 FIGHT DUB CLUB ALI feat. J-REXXX, RUEED [33]
2021-22 Win / Lose Survive Said The Prophet [34]
2022-23 Insane(B.LEAGUE Version) 岡崎体育 feat. 木村昴 & アイクぬわら [35]

協賛団体[編集]

※2022年10月01日現在[36]

協賛カテゴリー 社名 契約年 備考
トップパートナー ソフトバンク 2016年 [37][38]
パートナー 富士通 2016年 オフィシャルICTパートナー[39][40]
日本郵便 2019年 [41]
カシオ計算機 2016年 オフィシャルタイムキーパー[42]
サポーティング
カンパニー
ソニー・ミュージックエンタテインメント 2016年 エンタテインメントパートナー(2016年 – 2020年)[28]
朝日新聞社 2017年 [43]
日本経済新聞社 2020年 [44]
大塚製薬 2020年 [45]
乃村工藝社 2019年 [46]
EY 2022年 [47]
日本生命保険 2021年 B.LEAGUE FINALS特別協賛[48]
Yahoo! JAPAN 2018年 [49]
サプライヤー モルテン 2016年 オフィシャルボールサプライヤー[50]
チャンピオン 2016年 レフェリーウェアサプライヤー[51]20-21までヘインズブランズ ジャパン名義[52]
オフィシャルコミュニケーションパートナー LINE 2021年 [53]
スポーツ振興パートナー 日本スポーツ振興センタースポーツくじ〔WINNER〕 2022年

歴代協賛団体[編集]

協賛カテゴリー 社名 契約期間 備考
サポーティング
カンパニー
ぴあ 2016年 – 2022年 [54]
ハウスメイトパートナーズ 2019年 – 2022年 [55]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード b league b league

バスケ, バスケットボール, Bリーグ, 日本, basketball, プロ, bleague Bリーグ 掲示板, Bリーグ 順位, B2 リーグ, Bリーグ wiki, Bリーグ 放送, B3リーグ, bリーグ速報, Bリーグ 日程

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button