Entertainment Japanese news daily

gu japan| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

gu japan, /gu-japan,

Video: GQ JAPAN

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

gu japan, 2021-09-17, GQ JAPAN, GQ JAPAN, GQ JAPAN

,

SPORTS CLASSIC

2022年秋冬、ジーユーのテーマは、
懐かしくも新しい「スポーツクラシック」。
今の時代に新鮮に映るレトロなムード、
スポーティな雰囲気のコーデをまとって、
大切な仲間との「キラキラとした瞬間」を、
迎えに行ってみませんか。

TREND KEYWORD

2022年秋冬、ジーユーがおすすめする
トレンドキーワード

#SPORTS
CLASSIC

#SPORTS CLASSIC
コレクションを見る

クラシックな雰囲気だけじゃない、プレッピーな品の良さをプラスした「スポーツクラシック」なスタイルが今、新鮮。

#PLAYFUL
WINTER

#PLAYFUL WINTER
コレクションを見る

きれいなカラーを味方につけた、明るくて楽しい冬スタイルが、今のムードにマッチ。

#GENDER
MIX

#GENDER MIX
コレクションを見る

「ジェンダーMIX」なスタイリングで、自分らしさをとことんエンジョイしよう。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

来歴[編集]

g.u.事業の発足[編集]

ジーユー (g.u.) は、元はファーストリテイリング(FR社)とダイエー業務提携により、FR社の主力ブランドであるユニクロのノウハウを生かしつつ、さらに低価格なカジュアル衣料品を販売する新ブランドとして、2006年に立ち上げられたものである[広報 2]

ブランド名は「ファッションを、もっと自由に。」というコンセプトに由来するもので、ユニクロの7割程度の価格帯を設定しつつファッション性を重視した店舗構成を目指した[広報 3]。2006年10月13日にダイエー南行徳店(千葉県市川市、現SOCOLA南行徳)に1号店をオープンさせ、1年間で50店舗の出店を強行するも、当初はユニクロのようなSPA業態ではなくOEM商品が中心だったこともあって「寄せ集め感」が払拭できず、2007年8月期の売上高は計画の3分の1にとどまり、戦略の練り直しを迫られていた[3]

3社の事業統合[編集]

一方、FR社は新たなファッション事業として小売に進出し、名古屋を拠点にロードサイド店舗による靴小売りチェーン「FOOTPARK」を展開していた株式会社ワンゾーン(本社:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目10番25号、旧社名:靴のマルトミ)[広報 4]大阪市を拠点に「vjw;」「CANDISH」「COO ICI」などのブランド名で婦人靴小売業を手がけていた株式会社ビューカンパニー(本社:大阪市淀川区宮原4丁目3番39号)[広報 5]の2社をM&Aにより傘下に収めた。しかし両社とも苦戦が続いていたため、この2社と株式会社ジーユー(初代)の3社を合併し事業を統合、2008年に「株式会社GOVリテイリング」が誕生。合併にあたってはワンゾーンを存続会社とし、ビューカンパニーは解散した[広報 6]

経営統合と前後して、ジーユー事業についてはファッション性の追求よりも、ベーシック商品の低価格化を徹底する方向に方針転換。価格帯は全商品の8割をユニクロの半値以下に設定しSPA化を進めた上で、目玉商品として1本990円のジーンズを発売し[広報 7]、これがヒットして業績を牽引する形となり、2009年8月期決算では黒字化を達成した[3]

g.u.専業化[編集]

経営統合後も、それぞれのブランド名を残したまま運営が続けられていたが(Webサイトもブランド別となっており、GOVリテイリングのカンパニーサイトは存在しなかった)、ブランド数が最大で10以上にも達したため、効率が悪く販売不振に陥っていた。特に靴小売事業については十分な業績が上がらなかったため抜本的なテコ入れを図るべく、ユニクロの名を冠したカジュアルシューズブランドの「UNIQLO SHOES」(ユニクロシューズ)を立ち上げ、さらに旧・ビューカンパニーの「CANDISH」をファッションシューズブランドに位置づけ、靴事業を両ブランドに集約する方針を示した。

さらに2010年4月1日には、会社分割によって靴小売事業をユニクロに譲渡。GOVリテイリングはカジュアルファッションの「g.u.」専業となり、同社の店舗は承継対象外店舗も含め全て閉店もしくは「g.u.」店舗に転換した。

ユニクロに承継された靴小売事業は、専門店の店舗ブランドは「CANDISH」に統一、商品ブランドも「UNIQLO SHOES」「CANDISH」の2ブランド体制に再編され、「FOOTPARK」など残りのブランドは廃止された[広報 8]。しかし目標となる売り上げを達成できず、業績の回復が見込めないことから、ファーストリテイリングの2011年8月期第1四半期の決算発表において「CANDISH」全90店舗の閉店を発表し[4]、「UNIQLO SHOES」もラインナップ数を絞り込んでおり、靴小売事業については規模を大幅に縮小している。

その一方で「g.u.」事業については「低価格のトレンド商品を短いサイクルで販売する」というファストファッションのスタイルが市場に定着し、ブランド全体にトレンド要素を加えたアイテムを拡大したこともあって好調を維持。現在はしまむらと並んで「低価格ファストファッションブランド」としての評価を高めつつある[5]

出店形態も郊外型(ロードサイド戦略)から都市型(レールサイド戦略)にシフトしつつあり、2010年には初の旗艦店大阪心斎橋にオープン、以後、2011年池袋2012年銀座にそれぞれ旗艦店をオープンさせている。これと前後して、2011年9月1日に、社名を現在の「株式会社ジーユー」(2代目)に再変更している。

g.u.からGUへ[編集]

2013年3月5日に「国内向けのファミリー向けブランドから、世界向けのファッションブランドを目指していく」との考えからロゴマークを一新。表記は「g.u.」から「GU」へと変更になり、ロゴマークは青地に黄色の文字のデザインとなった。これは「UNIQLO」の姉妹ブランドとして相並ぶことを意識したもので、佐藤可士和によってデザインされた[6]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Gu | Lineショッピングなら1.0%ポイント還元

あなたへのおすすめ

毎日更新 総合ランキング

詳細については、次の URL をご覧ください。……

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button