Entertainment Japanese news daily

また 英語| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

また 英語, /%e3%81%be%e3%81%9f-%e8%8b%b1%e8%aa%9e,

Video: 英語で【もう一度言ってもらえますか?】#shorts #英語初心者

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

また 英語, 2022-08-08, 英語で【もう一度言ってもらえますか?】#shorts #英語初心者, , Cちゃん オンライン英語屋さん

,

「また・それに・そのうえ」を表現する5つの方法

こちらでは、「また・さらに・そのうえ」を意味する表現を単語ごとにまとめました。解説と共に例文も紹介しているので、文中における単語の位置にも注目してみてください!

Also(また、そしてまた)

Also
また、そしてまた

alsoは「また」を表す定番の英単語で、会話中によく使われます。be動詞の後または一般動詞の前に置いて「~も」という意味や、andなどの接続詞の後に続けて「そしてまた~」という意味を表します。

[例文1]
So he has also been to New York on business.
彼もニューヨークへ出張したことがあるんですね。

[例文2]
I’d also like to join the trade show next week.
私も来週その展示会に参加したいです。

[例文3]
I’ll also head home after I visit my client.
私も今日は取引先に寄ってから帰ります。

[例文4]
We have many talented engineers. Of course, you’re also one of them.
弊社には優秀な技術者がたくさんいます。もちろん、あなたもそのうちの1人です。

[例文5]
I am a salesperson, and also an engineer.
私は営業マンであり、そしてまたエンジニアでもあります。

[例文6]
She can speak English, and also Chinese.
この方は英語を話せて、またさらに中国語も話せます。

[例文7]
She not only comes to work early but also works until late.
彼女は朝早く出社するだけでなく、夜遅くまで残業もしています。

[例文8]
Could you bring these documents to the meeting room? And we’ll also need a projector so could you set it up?
会議室へ資料を持って行ってくれますか?また、プロジェクターも必要なので準備していただけますか?

too(〜も、〜もまた)

too
〜も、〜もまた

alsoと比べてtooは、よりカジュアルな表現です。基本的にtooは文章の最後に置きますが、下記のように使い分ける場合は、主語の直後にtooを置くケースもあります。

・He works at Bizmates too. 彼もビズメイツで働いています。
・He too, works at Bizmates. 彼もまた、ビズメイツで働いています。

また、基本的にtooは否定文として使えません。

[例文1]
I want to go to that expo too.
私も明日その展示会に行きたいです。

[例文2]
I think we should sign that contract too.
私もその契約を結ぶことに賛成です。

[例文3]
She has a Mac too.
彼女もMacを持っています。

[例文4]
I’m sure he’ll be able to handle the job if you explain the overall scope of the job. He’s worked in an ad agency too.
彼も広告会社で働いていた経験がありますし、大まかに説明しておけば、あとは任せられると思いますよ。

[例文5]
We joined the company around the same time and he too became a manager last year.
彼は私と同期で、彼も昨年マネージャーになったんです。

[例文6]
So you passed the exam too?
あなたも試験に合格したんですか?

as well(〜も、そのうえ)

as well
〜も、そのうえ

As wellは文末のみに置くことができ、また、否定文では使用しません。

[例文1]
She has the skills to do the job, and experience in similar roles as well.
彼女はスキルだけでなく経験もあります。

[例文2]
There were injuries among our employees because of the accident, and a few customers were lightly injured as well.
この事故により社員に怪我人が出ただけでなく、お客様も軽いケガをされています。

[例文3]
The new guy delivers really fast, and he’s really motivated as well.
あの新入りさんは仕事が早いだけでなくやる気もありますね。

[例文4]
Sarah is a performer at her job and in personnel development as well.
サラさんは自分の仕事でも社員の育成でも成果をあげます。

[例文5]
We’re making a lot of sales with our software, and hardware sales are high as well.
今年はソフトウェアに加えて、ハードウェアの売行きも好調だ。

[例文6]
I like this dress because I can wear it at formal occasions as well.
このワンピースはフォーマルな場でも使えるので気に入っています。

also、too、as wellを使い分けるポイント

ここまで紹介した表現はどれも意味が同じなので「細かな違いが分からない」という人もいるでしょう。この3つは全く同じ意味なので、「文章のどこで『また』と言いたいと思うか」によって使い分けます。

also:文頭か文中(文中の場合はbe動詞の後または一般動詞の前)
too:文末
as well:文末

日本語は思いついた順に言葉を発しても通じますが、英語は日本語ほど語順が柔軟ではありません。そこで、文章の頭で「あ、『また』って言いたいな」と思ったらAlso, … と言い、文頭で言いそびれたら文末でtoo または as well と言います。違いといえば、それくらいです。

また、同じ表現を短時間に繰り返しすぎると稚拙に聞こえるのでいくつかバリエーションが必要なのです。

and(また、そして)

and
また、そして

単純にandでも「また」を表現でき、文中か文頭で使用します。ただし、文面でAndから始まる文章を書くのはあまり洗練されていない英語、と考えられています。

[例文1]
We’ll need to plan our strategy carefully, and the cost is a concern.
戦略を慎重に練らなければなりませんね。また、コストも心配です。

[例文2]
She earned a promotion and got the president’s award.
彼女は昇進を勝ち取り、また、社長賞も授与されました。

[例文3]
My company provided my family housing in Malaysia and helped me arrange schooling for my children.
会社がマレーシアで社宅を用意してくれて、また、子供の学校を探すのも手伝ってくれました。

besides(また、それに)

besides
また、それに

主に話し言葉として使われ、文章をまるごと付け足したい時に、つなぎの言葉として便利です。

[例文1]
I have a lot to do today, and besides, I promised that I’d come home with my kid, so I can’t join the get together tonight.
今日はやることがたくさんあって…それに、子供との約束もあるので、飲み会には参加できません。

[例文2]
I don’t really like the layout of this condominium. Besides, the price is too high for me.
このマンションは間取りがあまり気に入りません。それに、価格が高すぎます。

[例文3]
There’s so much to learn at my new workplace. Besides, I need to study for my qualification test and I haven’t had much sleep.
入社したばかりで覚えることが多すぎて大変です。それに、資格の勉強も忙しくて寝る暇があまりないです。

[例文4]
This proposal seems to solve the customers’ problems. Besides, I like the logical flow.
この企画書はお客様のニーズに応えられていますね。それにとても論理的な流れでいいと思います。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「さらに」を英語で言うと?【話し言葉】

まずは、話し言葉として頻繁に使われる「さらに」の英語表現を紹介します。

Besides(それに、さらに)

Besides
それに、さらに

直前で述べたことに対し、別の観点から情報を追加する時に使います。

また、BesidesはBesides the fact that…などと前置詞として使うこともでき、「〜のほかにも」という意味になります。似た単語にBesideがありますが、「〜のそばに、〜と比べて」と意味が異なるので気をつけましょう。

[例文1]
A: There’s too much work and not enough people. The project is impossible.
作業量が多すぎるし人がいなさすぎます。このプロジェクトは不可能ですよ。
B: Don’t worry. We’ll figure it out. Besides, we haven’t even set a deadline yet.
心配しすぎです。大丈夫ですよ。それにまだ期限が決まったわけでもないですから。

[例文2]
We really need to hire a few more salespeople if we want to reach the sales target. Besides, we need more people in our back office to process our administrative tasks faster.
売上目標を達成したいなら営業人員をあと数名雇わなければなりません。さらに、事務処理を早めるためにも、バックオフィスも増員しなければなりません。

[例文3]
Besides my sister, I’ve got two brothers.
僕には姉のほかにも弟が2人います。

What’s more(おまけに、さらに)

What’s more
おまけに、さらに

ポジティブ・ネガティブ両方のニュアンスで使用でき、ネガティブな追加情報を述べる時はWhat’s worseを使うこともあります。

[例文1]
He delivers work very quickly. What’s more, he is very likable.
彼は仕事が早くて、さらに周りから好かれる体質です。

[例文2]
The postal services in these countries are not very organized. What’s more, there is a certain level of political instability.
これらの国では郵便サービスがあまり整っていません。さらに、一定の政治的不安定性も抱えています。

[例文3]
I missed my train yesterday, and what’s more, I slipped and fell on ice. It was not the best day.
昨日は電車に乗り遅れ、そのうえ雪で滑って転ぶという散々な1日でした。

Also(また、さらに)

Also
また、さらに

カンマと一緒に文頭に置くことで、「さらに」という意味で使用できます。

[例文1]
We have bought a display for each member. Also, we purchased a few new iPads.
各部員のためにディスプレイを購入しました。さらに、iPadも数台購入しました。

[例文2]
Today, we will be discussing the concept and features of our new product. We’d also like to talk about the schedule.
今日は新商品のコンセプトと機能についてお話しします。さらに、スケジュールについてもお話しできればと思います。

[例文3]
Yesterday, we released several bug fixes. There also have been some changes in the UI of the app.
昨日はバグ修正を数点リリースしました。さらに、アプリのUIにも変更が加わっています。

Plus(そしてさらに、加えて)

Plus
そしてさらに、加えて

BesidesやAlsoと同様、文頭に置き、カンマと一緒に使いましょう。

[例文1]
Switching over to this other service will allow us to analyze our data better. Plus, we’ll be able to reduce costs.
こちらのサービスに切り替えることでより効果的に分析できるようになります。さらにコストも浮きます。

[例文2]
I still have to pay for mortgage for another 20 years. Plus, I have a loan for my car.
住宅ローンの返済があと20年分あります。さらに車のローンの支払いもあるんです。

[例文3]
At my company, we can choose to work at the office or from home. Plus, we get allowances for housing.
私の会社では出社か在宅勤務するか選べて、さらに住宅手当も出るんです。

[例文4]
Membership enrollment has increased by 5% this year. Plus, retention has improved by 5% as well.
今年は入会者数が5%上がっていて、さらに継続者数も5%改善しています。

Too(そのうえ、さらに)

Too
そのうえ、さらに

これまで紹介した表現とは違い、Tooは基本的に文末で使用されます。

[例文1]
The entire staff and all our managers will attend the conference. Our director will join us, too.
会議には全従業員とマネージャー全員が参加します。さらに部長も参加されます。

[例文2]
It’s been a year since you joined our team, and you’ve been very reliable especially in terms of the quality of your deliverables. Your time management skills are impressive, too.
チームに加わっていただいてもう一年になりますが、特に成果物の質に関してすごく頼りになります。さらにタイムマネジメントのスキルも素晴らしいと思います。

[例文3]
Ken is in charge of two big projects, and he even oversees training of his team members, too.
ケンさんは重大なプロジェクトを2つも抱えていて、さらにチームメンバーの研修も担当していて、多忙を極めています。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「〜も」「〜同様に」という意味の “Also”や“Too”の違いや使い分けを解説!“As Well”や“Either”なども紹介!

also

alsoというと、「私も~だ」のように、「too」と同じ扱いで使うものというイメージが強いですかね。しかし、このalsoは接続副詞という使い方もできて、この場合は文と文の間に置くことで、それぞれを繋ぐ方の「また」という意味になります。日本語での訳が副詞でも接続副詞でもどちらであっても同じなのがなんとなく複雑さを増していますが・・・。とりあえず。既に伝えた事柄にプラスして何か言いたいことがあったらalsoが使えると覚えておきましょう。

副詞としてのalsoとは違うことを明確にするため、1つの文章が終わったら文頭に置き、その直後にコンマを入れることがあります。これだと読み手は確実にalsoが接続副詞であるとわかるからです。もしライティングをするなら、このような方法もあるのだと頭に入れておきましょう。

Aさん
Please be here at eight in the morning. Also, don’t forget to bring your lunch.
訳)朝8時にここに集合ですよ。また、お昼ご飯も忘れないで持ってきてくださいね。

Bさん
OK! It must be fun!
訳)わかりました!絶対楽しくなるぞ!

文頭にalsoがあるおかげで、追加して何かまだ言いたいのだなとわかります。会話の時は、文が一旦終わったのかどうかで判別できますね。一番はその時の状況、ニュアンスでしょうけど。

besides

日常英会話で使える「また」といった英語表現なら、besidesがぴったりです。カジュアルなので英語での会話を強化したい方は必須の英単語と言えるでしょう。

既に言った文章よりも重要なことを付け加えるという特徴があるので、英語にしては珍しく、重要なことを後から言う流れになっています。理由を言う時、後からもっと説得力のあることを思い出した際などには使えますね。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「また」を英語で言うと?

「また」を英語で言うと、also, too, besides, moreover…etc など様々な表現があります。詳しくは文章を続けて読んでみましょう!

接続詞「また」を英語で表現する方法を説明します

まず文頭、文中、文末とどの部分に「また」という意味合いを持ってくるかで使われる単語は変わってきます。相手によって、表現を変えることがよく用いられるのは文頭に持ってくる「また」です。

まず文中、文末に使われる「また」を紹介します。

文頭や文中で使える「また」の英語表現

1. also

“also” は文中にくることが好まれる「また」の意味になります。カジュアルな会話の中では、文頭の接続詞としても使われることもあります。最も使われることの多い表現です。

Also, we want to go to a cafe for tea and cake.
また、お茶とケーキを食べにカフェへ行きたいの。

This is Waimea, also known as Kamuela.
ここがワイメアで、またカムエラという名でも知られています。

I not only have to cook tonight, but I also have to babysit.
私は今晩料理を作るだけでなく、また子守りもします。

2. too

”too” にも「また」という意味があります。こちらは基本的に文末に使われる、もしくは並列して並べた単語の後に使われる単語です。

用法としては他にも「〜すぎる」という「過剰な程度」を表す副詞としても使うことができます。こちらの方がよく使われ得る表現です。

Do you like smart men, too?
きみもまた、頭がいい人が好きなの?

Are there battledores with our faces, too?
ぼくたちの顔がついている羽子板もまたあるのかな?

You worry too much.
心配しすぎだよ。

3. and

「そして、また」の意味で「and」が使われます。

Joe is smart and thoughtful.

ジョーは頭が良くて思慮深い。

4. or

「どちらか、いっぽうで」といった意味で接続詞「or」が使われます。

Which does Sherry like better, chocolate or eclaire?

シェリーはチョコレートとエクレア、どっちが好き?

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「また」「~も」を表現する英語

「また」「~も」を表現する英語3個を、例文と合わせて紹介します。

一番最初に習う「~も」の表現“too”

中学英語で習う同調表現として、“too”は非常に広く用いられる単語です。

“too”は、「私もそうだ。」と言いたい時などに、シンプルに文章の最後につけることで「~も」という意味になります。

ただし“too”が使えるのは肯定文の文末のみです。

疑問文になったとき、文末に使います。

これが基本的な“too”の使い方ですが、限定的な使い方として主語のすぐ後ろに置く場合があります。

文中で主語の直後に“,(コンマ)”を挟んで“too”を使う用法です。

フォーマルな場面で使用することが多いため、日常的に耳にすることは少ないでしょう。

なお、文末で使用する場合は「,(コンマ)」を入れても入れなくても文法的には正しい使用法と言えるでしょう。

Alan:I’m feeling very tired today.
Ben:
Me, too. The hot weather is killing me!
Alan:
Yeah, it was really hot yesterday too. I hate the heat.
Ben: I, too, got tired by the recent temperature.

Alan: 今日すごい疲れてるよ。
Ben: 僕も。この暑い気候が体にこたえるよ。
Alan: そうだよね。昨日も暑かったしね。この熱は耐えられない。
Ben: 僕も最近の気温にはすっかり疲れちゃったよ。

中学英語で習う“too”は使い勝手がよいため、ついつい否定文にも使ってしまいそうになるという人も少なくありません。

しかし、一般的には原則肯定文でのみ使える表現となっているため、自然と同調表現を使い分けられるようになるまでは意識的に気を付けてみましょう。

実は“too”と同じ意味の“as well”

“as well as”なら比較級の勉強をしているときに聞いたことがあるかもしれませんね。

これは、“as 形容詞 as”という比較級の形が基になって出来上がった表現なのです。

“A as well as B”は「BだけでなくAも」という意味を持ち、“not only B but also A”と言い換えることも可能です。このとき意味的には、Aが強調されることになります。

“as well”を単体で使う場合、文末につけて“too”と同じような意味で使うことができます。

イギリス英語ではかなり使われている表現でが、アメリカ英語でも意味は通じます。

Chris: I have a hangover. I drunk too much at the party last night.
Denis: Oh, did you go to the party as well? I wasn’t able to recognise you.
Chris: I saw you there, but you seemed to be drunk as well. So I didn’t say hello.
Denis: Yeah, actually I have a hangover, as well. I want to skip class.
Chris: Me as well. But we have an important exam today!
Denis: Oh…

Chris: 二日酔いだよ。昨日のパーティーで飲みすぎた。
Denis: 君もパーティーに行ってたの?気づかなかった。
Chris: 僕は君のことを見たけど、君もとても酔ってるみたいだったよ。だから挨拶しなかったんだ。
Denis: そうなんだ。実は僕も二日酔いだよ。授業を休みたいな。
Chris: 僕も休みたいよ。でも今日は大事なテストがあるし。
Denis: ああ・・・

文頭や文中で使える“also”

“also”は”too”や”as well”と違い、文中で使える表現です。

文中で使う場合はbe動詞や助動詞がある場合には直後に置き、一般動詞の場合はその直前に置いて使います。

では早速さまざまなフレーズの入った会話例で使い方をみてみましょう。
ちなみに”also”は文末に置いても間違いではありませんが一般的には文中で使うだけで、口語では”too”や”as well”の方が自然です。

そのため使用頻度はそれほど高くない傾向にあります。

Eric: I like Italian food the most, but I also like Thai food.
Frank: Yeah, Italian and Thai are really great! Also, some Japanese meals are nice, don’t you think?
Eric: I agree. Some Japanese meals are also nice, but I can’t eat raw fish.

Eric: 僕はイタリア料理が一番好きだけど、タイ料理も好きなんだよね。
Frank: うん、イタリア料理とタイ料理は本当に美味しいね!それから、日本食にもおいしい料理があると思わない?
Eric: そうだね。日本食も美味しい料理があるけど、僕は生魚は食べられないんだ。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

また

also too〈米方〉〔アメリカの一部地域で使われる方言。文頭でのみ用いる。〕
【副】

  1. besides
  2. eke〈古〉〔【同】likewise ; also
  3. furthermore〈フォーマル〉(前述のことに加えて)
  4. moreover

【接続】

    and

  • また3文字略語だ

    another three-letter acronym〔インターネット上ではATLAと略されることがある〕

  • またあいつだ。

    It’s that man again.〔インターネット上ではITMAと略されることがある〕

  • またある時には

  • またいつか立ち寄る

    come by again another time

  • 詳細については、次の URL をご覧ください。……

    also は「副詞」と「接続副詞」として機能する

    「副詞」の also

    まず、also は「副詞」として機能することを押さえておきましょう。

    「副詞」とは文中における単語や表現の働き方の一つで、「名詞」以外の品詞や文、文の一部など幅広く修飾します。

    そんな「副詞」である also は、以下の場所に置いて使うことができます。

    動詞の前

    I also play the guitar.

    「私もギターを弾きますよ」
    ※文脈によっては「ギターも」と解釈することもできます。

    She also comes to work by train.

    「彼女も電車で通勤しています」

    be/助動詞の後

    I am also sad to hear that.

    「それを聞いて私も悲しいです」
    ※文脈によっては「悲しくもある」と解釈することもできます。

    He is also a member of the project team.

    「彼もまたプロジェクトチームの一員です」
    ※文脈によっては「一員でもある」と解釈することもできます。

    I can also teach math.

    「私は数学も教えることができます」
    ※文脈によっては「私も」と解釈することもできます。

    It feels nice inside, but you should also go out in the sun.

    「屋内は気持ちいいけど、日向にも出るべきだよ」

    文末

    I’ll have another cup of coffee also.

    「私ももう一杯コーヒーをいただきます」

    Here we have a music room and we have a playroom also.

    「こちらには音楽室がありまして、また遊戯室も備えています」

    文末の also は口語的で、「~も」と強めて言うニュアンスがありますが、後ほどご紹介する too を使うのが一般的です。

    イディオム : not only A but also B

    also を使った not only A but also B というイディオムがあります。

    これは「AだけでなくBも」という意味で、「A以外にBというものもある」とか、「Aに加えてBすることもある」のように、いろいろな文脈で用いることができます。

    He is not only a musician, but also a movie director.

    「彼は音楽家というだけでなく、映画監督でもある」

    She is not only intelligent, but is also humorous.

    「彼女は知的なだけでなくユーモアもある」

    too/either との違い

    too も「~もまた」という意味を表しますが、これは口語的でカジュアルな響きがあり、基本的に肯定文でのみ使います。

    また、also と違い、文頭や文中ではなく、文末で使うことも特徴です。

    I like him, too.

    「私も彼のことが好きです」

    I want to go with you, too.

    「僕も一緒に行きたいよ」

    そして、too とセットで覚えておきたいのが either

    too が肯定文で使うのに対して、either は否定文で使います。

    I don’t drink, either.

    「僕もお酒は飲みません」

    I asked him to give me a ride, but I found that he didn’t drive, either.

    「彼に車で送って欲しいと頼んだんだけど、彼も運転しないと分かった」

    否定文のときは注意! also は使えない

    否定文のときには also を使えません。否定の文脈では、前述のとおり、either または neither を使います。

    neither は「not+either」が合体してできた単語で、それ自体が否定語の扱いを受けます

    A:I don’t drive.

    「僕は運転しないんだ」

    B:I don’t, either.
    = Me, neither.

    「僕もだよ」

    しかし、例外として、also と too は否定語 not/never などの前に持ってくれば使うことも可能。

    also と too は肯定で使うとご説明しましたが、not や never などの前(主語の後)では使うことができます。

    I also don’t know if that’s true.

    「僕もそれが本当かどうか分かりません」

    I, too, have never read that book.

    「私もその本は読んだことがありません」

    「接続副詞」の also

    では、いよいよ文頭に置く also の使い方についてです。

    副詞の中には、文と文の間に置くことで両者を繋ぐ働きをするものがあり、これを「接続副詞」と呼びます。

    代表的なものに however「しかし」や therefore「したがって」などがありますが、alsoも「接続副詞」として働くことができます。

    このとき、also を文頭に置き、コンマ「,」をつけて2文を繋ぎます。これは本来「副詞」であるはずの also が、単独で接続詞的に働いていることを明確にするためです。

    He is such a wise man. Also, I like his honesty.

    「彼は本当に賢い人だよ。それにね、僕は彼の正直さも気に入ってるんだ」

    Please be here at eight in the morning. Also, don’t forget to bring your lunch.

    「朝8時にここに来ておいてください。また、昼食も忘れずに持ってきてくださいね」

    接続詞の意味を補完することも

    また also は、and などの接続詞にくっつけて「そしてまた~」「そしてだからまた~」などの意味を作ることもできます。

    He owns a company and also a baseball team.

    「彼は会社を経営しており、そしてまた野球チームも所有している」

    This is the oldest building here, and so also is the symbol of this town.

    「これはここでは最古の建物で、だからまたこの町のシンボルでもあるのです」

    詳細については、次の URL をご覧ください。……

    “also”と“too”の違いはなに?

    “also”と“too”の違いを理解して使い分けよう!

    “also”と“too”は、どちらも「~もまた」「同様に」という意味をもつ英単語です。
    例えば「私も本を買いました」と英語で伝えたい場合は、“I also bought a book.” “I bought a book too.”のどちらの言い方もできます。
    このように“also”と“too”は、同じ意味を持つ単語ですが、文中で置く位置が異なります。
    では、次にそれぞれの使い方を詳しく見ていきましょう。

    “also”の使い方・例文

    追加の意味を表す“also”は、原則としてalso”一般動詞」「be動詞+also」の形式で使用ます。
    文末に“also”を置く場合はほとんどありません

    次に紹介する“too”よりも、ややフォーマルな印象があります
    また、“also”はふつう肯定文、疑問文のみ使います
    否定文には、後ほど紹介する “either”を使います。

    “too”の使い方・例文

    “also”は文中で「“also”+一般動詞」「be動詞+“also”」の形式で使うのに対し、“too”は文末に置くのが一般的です。
    “also”に比べて日常会話で使う頻度が高く、カジュアルなシーンで使いやすい表現です。
    また、“too”もふつう肯定文、疑問文でのみ使います。
    否定文には、後ほど紹介する “either”を使います。 

    関連記事:英語初心者必見!英会話の「勉強法」を英語のプロECCが教えます!毎日、簡単にできる!

    詳細については、次の URL をご覧ください。……

    .

    結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

    Related Articles

    Leave a Reply

    Your email address will not be published.

    Back to top button