Entertainment Japanese news daily

英語 と は| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

英語 と は, /%e8%8b%b1%e8%aa%9e-%e3%81%a8-%e3%81%af,

Video: 加藤純一vs.もこう ポケモンHGSS対決

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

英語 と は, 2022-09-04, 加藤純一vs.もこう ポケモンHGSS対決, もこう@もこうの実況
※ルール説明
1:制限時間4時間(19:20スタート)
2:1時間に1回対戦し、勝った方は相手のポケモンを奪うことができる。
3:4時間後のラストバトルに勝った方が勝利を手にする
4:お互いの画面・コメントは確認することができない(スパイ有)
5:正々堂々やる。
▼うんこちゃん/加藤純一Twitter
https://twitter.com/unkochan1234567, jun channel

,

「英語」という呼称[編集]

「英語」の「英」はイギリスの漢字表記「英吉利」に由来する。その一方、英語そのもので英語を意味するEnglishはイングランド(England)の形容詞形であり、「イングランド語」を意味する。

同じような成立の略語に「仏語」、「独語」、「西語」などがあるが、現代日本では「フランス語」、「ドイツ語」、「スペイン語」といった呼称が普及している。一方で英語は古くに「英吉利語」[2]という呼称もあったがすでに廃れており「英語」という呼称のみが普及している。英語は大英帝国の旧植民地では、それぞれ独立後も公用語もしくはそれに準ずる形で広く使われている。アメリカ合衆国はその中でも人口・経済および、軍事力で大国となり、米国で話される英語米語とも呼ばれる[3]

文字[編集]

英語は通常ラテン文字によって記述され、以下の26文字を用いる。

ヨーロッパの他の多くの言語と異なり、外来語(およびその転写)を除いてダイアクリティカルマークはほとんど用いない。

手書き時はアルファベットが連なる筆記体が以前は主流だったが、現在は署名(サイン)など独自性を追求される場合を除いて、読みやすさなどの観点からブロック体が主流である。

英語においては多くの文字が複数の発音を持っている。また綴りと実際の発音の食い違いも大きく、発音されない黙字が存在したり、また一つの発音が幾通りもの綴りで表記される場合もある[4]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

イギリス英語ほどの著しい地域差はないが、アメリカ英語にも方言は存在する。おおまかには、北部南部に分けられ、東海岸西海岸によっても違いがある。黒人英語のように、人種・民族・階層ごとの言葉の違い(社会方言)もある。テレビメディアで話されている標準的な英語General American)に最も近い英語は「中西部」とされる(アメリカ合衆国中西部#言語的特性も参照)。言語学において、ある国や地域における言語が遠隔の地に移植されると、その当時使われていた語彙、発音、語法がそのまま温存される傾向にあり、アメリカ英語も同様である。

綴りと発音[編集]

アメリカ英語はエリザベス1世時代に使われていた英語が基盤となっており、アメリカ英語の方が古い形を保っている部分もある。

  • ask」、「dance」、「fast」の「a」の発音は、イギリス英語では[ɑː]、アメリカ英語では[æ]。「top」や「stop」の「o」の発音は、イギリス英語では[ɒ]、アメリカ英語では[ɑ]と、細かなところで微妙な違いがある。
  • schedule」の発音は、イギリス英語だと「シェジュール」が近いが、アメリカ英語だと「スケジュール」が近い。「missile」の発音は、イギリス英語では「ミサイル」、アメリカ英語だと「ミッソー」に近い。

このように、細かなところで微妙な違いが見られる。

19世紀、ノア・ウェブスターらによって綴り字が簡略化され、その後もイギリス英語とは一部の綴り字に違いが生じている[2]

  • colour」→「color」、「catalogue」→「catalog」、「centre」→「center
  • organise」のスペルは、アメリカ英語だと「organize」になる。

ラテン語の名残であるæeに簡略化してもいる。

イギリス連邦に加盟している一部の国でも、アメリカ英語の影響が見られるようになりつつある。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

英語とは何か | インターナショナル新書

概要[編集]

教科「英語」の目的は、英語を通じて、言語や文化に対する理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、情報や相手の意向などを理解したり自分の考えなどを表現したりする実践的コミュニケーション能力を養うことにある。本来は中等教育の課程(中学校の課程、高等学校の課程、中等教育学校の課程など)における教科「外国語」のうちの一つという位置付けだが、日本のほぼ全ての学校では教科「外国語」として英語を採用しているため、「外国語」といえば英語を指すことが圧倒的に多い。2011年以降、小学校での下記「外国語活動」の導入により、学習指導要領上は英語が必修となった。

なお、教科「英語」は「国語」および「数学」と共に「主要3教科」と呼ばれ、とくに重視されている。

普通教科としての「英語」[編集]

2009年4月から2011年3月までの移行期間を経て、2011年4月から小学校第5・6学年に必須領域として「外国語活動」が取り入れられた。

小学校「外国語活動」[編集]

初等教育(小学校など)においては、教科ではなく「外国語活動」として位置づけられている。これは、初等教育段階で成績をつけることが不適切と考えられたことも一因となっている。

  • あいさつ
  • 感情表現・ジェスチャー
  • じゃんけん
  • 1~100までの数字
  • 色、形
  • アルファベット
  • 教科
  • 曜日
  • 日にち
  • 道案内
  • 時刻
  • 職業、将来の夢
  • 285語程度の単語

など。「外国語活動」であるため、英語だけではなく、日本語・中国語・朝鮮語・スペイン語・フランス語など、その他の言語と比較しながら活動していく。

  • 教材は文部科学省作成の全国共通教材「Let’s Try 1・2(小学生3・4年使用)、We can!1・2(小学生5・6年使用)」(2012年(平成24年度)から2017年(平成29年度)まで「Hi,friends!1・2」使用)(2009年(平成21年)度から2011年(平成23年)度は「英語ノート1・2」を使用)
2009年11月11日事業仕分けの「英語教育改革総合プラン」[1]で「英語ノート」は必要なら配布もデジタル化してダウンロードし、各校で印刷すれば十分とされ2012年度以降廃止とされた[2]2010年9月7日文部科学省は、学校現場からは印刷物として国からの支給の要望が多く、また著作権などの問題や現場での印刷コストも数倍かかることなどが判り、「英語ノート」の廃止から転換し仕分け以前の2011年度からの無償配布方針継続を決めた[3]

中学校「外国語」[編集]

前期中等教育(中学校など)においては、教科「外国語」の一分野として位置付けられている。

高等学校普通教科「外国語」[編集]

後期中等教育(高等学校など)においては、「普通教育に関する各教科」としての「外国語」と「専門教育に関する各教科」としての「英語」に分かれる。

科目[編集]

  • 「コミュニケーション英語(基礎, I , II, III, うち I が必修)」- 聞く、話す、読む、書くを総合的に学習
  • 「英語表現(I, II)」- 話す・書くを中心とした表現活動を学習
  • 「英語会話」 – 聞く・話すを中心とした会話活動を学習。旧教育課程のオーラルコミュニケーションを主に継承

原則として授業を英語で行う。

文法事項[編集]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

文法的特徴[編集]

他の印欧諸語、特に欧州の諸言語と比較して、現代英語には以下のような文法的特徴がある。

  1. 名詞にがない。a と an、these と those といったごく一部の限定詞だけが、によってのみ変化する。
  2. 動詞の変化が単純化・簡易化している。しかし不規則動詞の数は比較的多い。規則動詞の変化形は過去形過去分詞-ed現在分詞動名詞-ing、三人称単数現在形の -(e)s のみである。不規則動詞では現在形、過去形、過去分詞で語幹変化が見られる。
  3. 西欧の言語の大半と同じく、名詞の格変化がほぼ消失しており、代名詞に残るのみである。但し、該当の他言語とは大きく異なり、加えて動詞の人称活用もほとんどないため、格関係を示すものとして、前置詞以外には、語順が非常に大きな役割を持っている。
  4. 複雑な時間表現がある。下記の時制の章を参照。
  5. 否定文、疑問文で無内容の助動詞 do を用いる。これは英語以外の印欧語にはあまり見られない特徴である。
  6. 主語の働きが強く、形式主語文や無生物主語文などが発達している。
  7. 二人称では単複・親疎の区別をせず you のみを使う。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

英語の特徴[編集]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

英語に関するよくある質問

Q)英語とは何ですか?

A)英語は西ゲルマン語群に属するインド・ヨーロッパ語族の言語です。現代英語は世界の共通語とされ、コンピューターコーディング、国際ビジネス、高等教育など幅広い分野で標準言語として使われています。

Q)英語を話せる人は何人いますか?

2020年現在、世界の英語話者数は12億7,000万人。これは、中国語(11億2000万人)、ヒンディー語(6億3700万人)を抜いて、最も話されている言語となります。また、50カ国以上が英語を公用語としています。

Q)英語はどこから来たのですか?

A)紀元5世紀にイギリスに定住したゲルマン人(アングル人、サクソン人、ジュート人)の方言や語彙から生まれた英語は、ラテン語、フランス語、オランダ語、アフリカーンス語など、さまざまな文化や言語の影響を受けながら、常に変化し続けています。

Q)英語はアメリカ合衆国の公用語ですか?

A)アメリカ合衆国では、英語は公用語ではありません。この国には連邦レベルの公用語はありません。しかし、多くの州では、英語を公用語とする法律が制定されています。

世界中で使用される英語

赤字は英語が公用語の国

英語の概要

英語は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語であり、フリジア語、ドイツ語、オランダ語(ベルギーではフラマン語と呼ばれる)と近縁の言語です。

英語はイギリスで生まれ、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランド、カリブ海と太平洋に浮かぶ島国の支配的な言語です。

また、インド、フィリピン、シンガポール、南アフリカを含むサハラ砂漠以南のアフリカの多くの国々でも公用語となっています。

その他、世界のほとんどの国では、英語が外国語の第一選択語となっており、そのことが世界共通語としての地位を確立しています。

現在、世界人口の約3分の1、約20億人が英語を使っていると推定されます。

英語の使用状況を示した地図

詳細については、次の URL をご覧ください。……

英語と日本語の言語が大きく違う理由

英語と日本語に限らず、どんな言葉であっても母国語以外の言葉を完璧に理解するというのは、簡単なことではありません。なぜなら、言語はその国の文化の影響を大きく受けるものだからです。

例えば、日本には「出る杭は打たれる」という言葉があるように、日本人は過度な自己主張はせず、周囲との協調を大切にする傾向があります。すべてのことを言葉に出さなくても、互いに相手の気持ちや意図を察したり、本音と建て前が存在したりというのも日本ならではの文化です。
【参考記事】英語と日本語の構造的な違いが英和翻訳の難しい理由です。

一方、英語圏の人たちはというと、感情を豊かに表現し、自分の気持ちをはっきりと言葉にして表す傾向
が強いといえます。自分らしくいることに誇りを持ち、「貴方は貴方、私は私」と明確に線引きをする特徴があるのです。こうした価値観および文化の違いは、言語にも大きく影響をします。どんなに一生懸命英語を勉強しても、この違いを理解していなければ使える英語を身につけることは難しいといえるでしょう。

英語と日本語の文法の違い

例文

  • 私は英語の勉強が好きだ。
  • I like studying English.

上記の例を見てもわかるように、日本語の場合、最後まで聞かなければ英語の勉強が好きなのか・嫌いなのかどうかがわかりません。一方、英語ではまず「私は好きだ」という主張を真っ先にしていて、重要な部分が文章の早い段階で明確にしています。この文法の違いは、英語を学習する多くの人がつまずいてしまう部分です。この文法をしっかり理解することが英語上達への近道だと言えそうです。

また、日本語は語順が変わっても意味合いを理解できますが、英語の場合、厳密に語順が決められています。その順番が変わると意味そのものも変わってしまう場合もあるので、こういった点も大きな違いのひとつでしょう。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

世界はひとつ。でも、英語の世界はひとつじゃない

2019年の統計では、世界の人口はおよそ77億1,500万人(出典:UNFPA state of world population 2019)。そのうち英語を話しているのは、ネイティブスピーカーだけでなく第二言語として使用している場合も含め、約15億人にのぼるといわれています。

英語は、世界中の人々にとって共通のコミュニケーションツールとして有効活用されていますが、同じ英語でも国や地域が違えば、発音や日常的に使っている単語などが異なることももちろんあります。たとえば、人口約1億2,000万人の日本でさえも、全国各地にさまざまな方言が存在しているので、そのイメージで考えてみると、世界中にはどれくらいの「ご当地」英語があるのだろう、と興味深いですね。

変わらないもの、変わりゆくもの。言葉は常に変化している

日本人に馴染みの深い英語といえばアメリカ英語。学校教育で教えられている英語の多くがアメリカ英語です。アメリカ式の影響を強く受けているのは日本以外にもカナダやジャマイカ、そして韓国など東アジア、東南アジアではフィリピン。またもうひとつの大きな潮流はイギリス英語です。ヨーロッパや東南アジア、オセアニア地域の多くは英語をイギリス式で学びます。歴史的に見てみると、かつてイギリスの統治下に置かれた国や地域は文化的にも影響を受けているため、圧倒的にイギリス英語が多いのです。さらにそこから派生したそれぞれの国の英語が存在していて、とても一言では語れない奥の深い世界です。

たとえば、当社にはアイルランド出身者やカナダ人スタッフも在籍していますが、彼らの母国語であるアイルランド英語、カナダ英語は、それぞれイギリスやアメリカの影響を大きく受けているものの、やはりその国でしか使用されない表現や独特のルールが存在していると言います。もともとは同じ1つの言語であっても、その国の歴史や時代背景、トレンドなどを取り入れながら言葉はさまざまに変化しています。その中でもちろん変わらないものもありますが、常に新しい形へとブラッシュアップも行われていて、流行語や廃れていく言葉など、それぞれの国や地域で独自の進化を遂げていきます。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

『英語とは何か』

南條竹則

作品紹介

ネイティヴも知らない英語の「なぜ?」が明らかに!

 他の言語に較べて英語の単語数が多いのはなぜなのか?
 フランス語やラテン語を知ることが英語学習の早道ってホント?
 作家、翻訳家として活躍する著者が、ネイティヴも目からウロコを落とす英語の歴史をお教えします。さらに、ラテン語や中国語をはじめとした世界各国の諸語と日本語の特徴を対比しながら、日本人に適した「正しい英語との付き合い方」を提案。
 世界中の言語にルーツをもつ英語の「生い立ち」を知れば、語学がさらに面白くなる!

<ネイティヴ・スピーカー&英語のプロたちが推薦!>
「英語という厄介なやつを実に多角的に取り上げた本」

 (ブロードキャスター ピーター・バラカン氏)

「英語へのより深い興味をかき立ててくれる一冊」
 (映画字幕翻訳家 戸田奈津子氏)

「これほど豊かな学識に裏づけられた英語論を私は読んだことがない」
 (東京大学教授 斎藤兆史氏)

担当編集者より

定価 本体740円+税
発売日 2018年06月07日
ジャンル 教育・心理
書名(カナ) エイゴトハナニカ
新書判 224ページ
ISBN 978-4-7976-8026-3
Cコード C0282

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード 英語 と は 英語 と は

加藤純一, うんこちゃん, ニコニコ, 実況, ゲーム

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button