Entertainment Japanese news daily

アラブ 首長 国 連邦 英語| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

アラブ 首長 国 連邦 英語, /%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%96-%e9%a6%96%e9%95%b7-%e5%9b%bd-%e9%80%a3%e9%82%a6-%e8%8b%b1%e8%aa%9e,

Video: New 世界の国旗 008 アラブ首長国連邦

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

アラブ 首長 国 連邦 英語, 2013-09-08, New 世界の国旗 008 アラブ首長国連邦, New 世界の国旗 008 アラブ首長国連邦

首都: アブダビ
国番号: 971
通貨: UAEディルハム
人口: 789.1万 (2011年) 世界銀行
国歌: アラブ首長国連邦の国歌
大統領: ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン

アーティスト:Orange Factory
タイトル  :So Thankful, qtaroo2001

,

人口の9割は外国人

石油と天然ガスの保有国として世界第7位(UAE Government, 2019)であるアラブ首長国連邦(UAE/United Arab Emirates)は、アラビア半島のペルシャ湾岸に位置する、7つの首長国から成る連邦国家です。

首長国の一つであるアブダビやドバイは観光地としても世界的に有名になってきており、2010年に建設された世界一の高層ビル「ブルジュ・ハリファ」(ドバイ)は世界中で大きな話題になりました。

地図データ ©2019 Google、INEGI

UAEでは、約70年間のイギリスによる支配から独立して1971年に建国されましたが、国語に制定されているアラビア語(標準語)が教育の場や公的機関で使用され、最も多くの人々が日常会話でアラビア語のガルフ方言(アラビア半島のペルシャ湾岸地域で話されてきた話し言葉で「湾岸方言」とも呼ばれる)を使用しています。

UAEの中学3年生のうち、約7割はアラビア語における高度な読み書き能力を習得していることが報告されており(UAE Vision 2021, 2018)、UAEではアラビア語を使用できる人が大多数であると言えます。

出典:Eberhard et al.(2019)

※IBSグラフ作成

※Ethnologueデータによると、調査年度がそれぞれ異なるため、使用人口の割合の合計は100%にならない。

しかしながら、UAEの国内人口およそ900万人のうちUAE国民はわずか1割。残りの約9割は外国出身者が占める、という世界的に極めて珍しい人口構成の国です。

出身国として最も多いインドをはじめ、パキスタンやバングラデッシュなどのアジア諸国、ヨーロッパ諸国、アフリカ諸国など、UAE居住者の出身国は200カ国以上にも及びます(UAE Government, 2019)。

ベンガル語やヒンディー語、マラヤーム語、中国語(北京語)、ネパール語、ロシア語、シンハラ語、タガログ語、ウルドゥー語などで放送されるテレビ・ラジオ番組もあり(UAE Government, 2019)、1976年に政府が設立した報道機関「首長国連邦通信社」が計13カ国語(アラビア語、英語、ウルドゥー語、トルコ語、ロシア語、ポルトガル語、イタリア語、ヒンディー語、フランス語、ペルシャ語、スペイン語、ドイツ語、中国語)でニュースを出版・配信している(Emirates News Agency, 2019)ことからも、UAEには多様な言語を話す人々が住んでいることがわかります。

ペルシャ湾岸に位置する国々は、歴史的にもともと人口が少なく、多くの人々を雇用できるような近代的で大規模な産業もなかったため、特に水的資源に恵まれず農業や牧畜業も営むことができない地域は定住者数が限られていました。

国土の大半を砂漠が占めるUAEも人口が少ない地域であり、1908年ごろの同地域人口は遊牧民を含めても現在の約1割以下でした(福田, 1996)。

そのような状況の中で1950年〜1960年代に油田が発見されて石油開発が急激に進められたため、国内の人口だけでは労働人材が不足します。以前から外国の商人や貿易商などはドバイを中心に定住していましたが、これを機に、多くの外国人出稼ぎ労働者がUAEへ移住し石油関連産業における労働人口のほとんどを占めるようになりました(鷹木, 1989; François, 2015)。

UAE政府は、このように多数の外国人労働者を受け入れる一方で、UAE国民を「National(ナショナル)」、外国人を「Non National(ノン・ナショナル)」と呼んで明確に区別してきました。

建国時のUAE国籍法では、1925年以前から首長国のいずれかに居住するアラブ人やその子どもたちのみが「UAE国民」であると定められ、周辺諸国から移住してきたアラブ人は数年間(国籍によって3年以上または7年以上)の居住継続後に国籍の申請が認められました。

非アラブ人の場合は条件が厳しく、30年以上の居住継続かつアラビア語が堪能であることが求められました(堀拔, 2009)。

つまり、UAE国民として認められるには「アラブ人」または「アラビア語話者」である必要があり、UAEではアラブ人という民族性と同等にアラビア語使用が重視されてきたと言えます。

このような背景と価値観により、保護領としてイギリスの支配を受けていたにもかかわらず、また、非アラビア語圏出身の外国人が多数であるにもかかわらず、アラビア語の話者人口が維持されてきたのではないでしょうか。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

国名[編集]

正式名称はアラビア語で、الإمارات العربية المتحدة (ラテン文字転写 : al-Imārāt al-‘Arabīyatu al-Muttaḥidatu; アル=イマーラート・ル=アラビーヤトゥ・ル=ムッタヒダ)。略称は إمارات (イマーラート)で、これはアラビア語で「首長国」を意味する、「إمارة(イマーラ)」という単語の複数形である。

公式の英語表記は、United Arab Emirates。略称は、UAE。国民・形容詞ともEmirati。

日本語の表記は、アラブ首長国連邦。日本語名称をアラブ首長国連合としている場合が見受けられるが、日本国外務省ではアラブ首長国連邦としている。行政機関では略称としてア首連を使用することが多いが、近年では英字で略したUAEの使用も見られる。また、サッカーなどスポーツ競技内ではUAEを使用することが多い。

日本では口語や俗称として単に「アラブ」と呼ばれていたが、アラブ世界との混同があるため上述のUAEという事が多い。

歴史[編集]

マガン[編集]

現在のアラブ首長国連邦の領域で最古の人類居住遺跡は紀元前5500年頃のものである。やがて紀元前2500年頃にはアブダビ周辺に国家が成立した。メソポタミアの資料でマガンと呼ばれるこの国は、メソポタミア文明インダス文明との海上交易の中継地点として栄えたが、紀元前2100年頃に衰退した。

アケメネス朝ペルシア[編集]

紀元前6世紀頃には現在のイランに興ったアケメネス朝ペルシアの支配を受け、その後もペルシア文明の影響を受けていた。

イスラム帝国[編集]

7世紀イスラム帝国の支配を受けイスラム教が広がる。その後、オスマン帝国の支配を受ける。

ポルトガル[編集]

16世紀ヴァスコ・ダ・ガマインド洋航路を発見し、ポルトガルが来航。オスマン帝国との戦いに勝利し、その後150年間、ペルシア湾沿いの海岸地区を支配する。

オスマン帝国[編集]

その他の地域はオスマン帝国の直接統治を経験する。現在のアラブ首長国連邦の基礎となる首長国は17世紀から18世紀頃にアラビア半島南部から移住してきたアラブの部族によってそれぞれ形成され、北部のラアス・アル=ハイマやシャルジャを支配するカワーシム家と、アブダビやドバイを支配するバニヤース族とに2分された。

トルーシャル首長国[編集]

18世紀から19世紀にかけてはペルシア湾を航行するヨーロッパ人達に対立する海上勢力「アラブ海賊」と呼ばれるようになり、その本拠地「海賊海岸英語版」(英語: Pirate Coast、現ラアス・アル=ハイマ)として恐れられた。彼らは同じく海上勢力として競合関係にあったオマーン王国ならびにその同盟者であるイギリス東インド会社と激しく対立し、1809年にはイギリス艦船HMSミネルヴァ英語版を拿捕して(Persian Gulf campaign)、海賊団の旗艦とするに至る。イギリスはインドへの航路を守るために1819年に海賊退治に乗り出し、ボンベイ艦隊により海賊艦隊を破り、拿捕されていたミネルヴァを奪回の上に焼却。

1820年、イギリスは、ペルシア湾に面するこの地域の海上勢力(この時以来トルーシャル首長国となった)と休戦協定を結び、トルーシャル・オマーン (Trucial Oman:休戦オマーン) と呼ばれるようになる (トルーシャル・コースト (Trucial Coast:休戦海岸とも) 。

1835年までイギリスは航海防衛を続け、1835年、イギリスと首長国は「永続的な航海上の休戦」に関する条約を結んだ。その結果、イギリスによる支配権がこの地域に確立されることとなった。この休戦条約によりトルーシャル・コースト諸国とオマーン帝国(アラビア語: الإمبراطورية العمانية‎)との休戦も成立し、陸上の領土拡張の道を断たれたオマーン帝国は東アフリカへの勢力拡大を行い、ザンジバルを中心に一大海上帝国を築くこととなる。一方トルーシャル・コースト諸国においては、沿岸の中継交易と真珠採集を中心とした細々とした経済が維持されていくこととなった。その後、1892年までに全ての首長国がイギリスの保護下に置かれた。

1950年代中盤になると、この地域でも石油探査が始まり、ドバイとアブダビにて石油が発見された。ドバイはすぐさまその資金をもとにクリークの浚渫を行い、交易国家としての基盤固めを開始した。一方アブダビにおいては、当時のシャフブート・ビン・スルターン・アール・ナヒヤーン首長が経済開発に消極的だったため、資金が死蔵されていたが、この状況に不満を持った弟のザーイド・ビン=スルターン・アール=ナヒヤーンが宮廷クーデターを起こし政権を握ると、一気に急速な開発路線をとるようになり、ペルシャ湾岸諸国中の有力国家へと成長した。

1968年にイギリスがスエズ以東撤退宣言を行うと、独立しての存続が困難な小規模の首長国を中心に、連邦国家結成の機運が高まった。連邦結成の中心人物はアブダビのザーイドであり、当初は北西のカタールやバーレーンも合わせた9首長国からなるアラブ首長国連邦 (Federation of Arab Emirates:FAE) の結成を目指していたが、カタールやバーレーンは単独独立を選び、一方アブダビとドバイは合意の締結に成功した。

アラブ首長国連邦[編集]

この節は更新が必要とされています。
この節には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。2021年12月

アブダビとドバイの合意により、残る首長国も連邦結成へと動いた。
1971年アブダビドバイシャールジャアジュマーンウンム・アル=カイワインフジャイラの各首長国が集合して、連邦を建国。
1972年、イランとの領土問題で他首長国と関係がこじれていたラアス・アル=ハイマが加入して、現在の7首長国による連邦の体制を確立した。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Uae - ウィクショナリー日本語版

歴史[編集]

起源[編集]

ペルシャ湾に面し、漁業真珠輸出産業の主とする小さな漁村だったこの地に、アブダビの首長ナヒヤーン家と同じバニー=ヤース部族のマクトゥーム家が、1830年代にアブダビから移住。これに伴ってドバイ首長国が建国され、現代に至るドバイの歴史が始まった。1853年に他の首長国と同時にイギリス保護国となる[2][3][4]

近代[編集]

統治を担ったイギリスはこの地を、東インド会社が経営する英領インドなど植民地と結ぶ貴重な中継地とした。20世紀になると、歴代首長の推進の下で自由貿易の政策を採ったことで、周辺地域の商人達の拠点となりゆく流れのなかで、中継貿易港としての色合いを濃くしてゆく[2][4]

一方で、もう一つの経済の柱であった真珠採取は20世紀初頭、日本御木本幸吉が養殖真珠の開発に成功したことから産業として成立しなくなり、ドバイの経済に打撃を与えた。これに当時の世界恐慌が重なって社会不安が高まり、1938年には首長派がクリーク南岸のバール・ドバイ地区に、反首長派が北岸のディラ地区に陣取って一触即発の危機を迎えた。この事態を収束させるために首長は地元有力者による議会の開設に同意し、議会は行政改革を行ったものの、やがて首長と対立して議会は解散させられた[5]

勃興[編集]

第二次世界大戦が終結した20世紀半ば、この地を近代的な都市にすることを夢見た当時の首長ラーシド・ビン・サイード・アール・マクトゥーム英語版の推進により、1959年クウェートからの借金をもとにして社会資本の近代化が図られてゆく。ラーシドはこの借入金でドバイ・クリーク浚渫工事を実施し、中継貿易港としての基礎固めに成功して、以後の大発展の基礎を築いた[6]

1958年のアブダビにおける油田の発見に続く、1966年のドバイ沖の海底油田の発見はこの動きに大きな力を与えた[2][4][7]

  • 起源と勃興
  • アル・ファヒディ砦。1799年に建設された、ドバイ最古の建造物。現在はドバイ博物館の一部

  • 1960年代

独立[編集]

1971年イギリス軍スエズ以東からの撤退に伴って、同年の12月2日、他の6の首長国とともにアラブ首長国連邦をこの地に結成。その副大統領首相となったラーシド首長を指導者に据え、原油依存経済からの脱却の取り組みと産業の多角化を進めてゆく。

その流れのうえで1981年1985年)に開設に至った「ジュベル・アリ・フリーゾーン」 (JAFZ)という名の経済特区と大型港湾、およびナショナル・フラッグ・キャリアとしてのエミレーツ航空の就航開始は、国外資本や外国企業の進出とあわせて「」と「」の集積地としての発展を急速に促していった[2][7][8][9][10][11]

繁栄[編集]

21世紀に入る頃には、従来からの近代化の波を経て、中東における貿易・商業の最大の中心地と呼ばれるまでのメトロポリスに変貌していた。

1970年代からわずか約20年のうちに起こった変化は、都市外観のそれのみならず、経済の石油依存率は半分以下に減じ、GDPの伸びは30倍に達するなど、「中世から近代への急変」との表現をもって語られる激変そのものである[2][7][9][12]

1995年1月には、日本がドバイに総領事館を設置している[13]

2003年以降の発展は特に凄まじく、2004年の後半から続く原油高がその発展を更に後押しした。2005年度の経済成長率は16%と高い成長率を見せており、2007年の実質GDPは1980億ディルハム(約6兆円)にまで達している。人口も240万人を超えたドバイは摩天楼の連なる幻惑的な都市国家として中東でも随一の繁栄を誇っている。

現代[編集]

2008年後半に起きたアメリカサブプライムローン問題に端を発した世界経済の低迷(リーマン・ショック)により、これまで急激な勢いで伸び続けてきたドバイにも影響があった。

外国企業からの投資引き上げや地元企業の資金繰り悪化と、それに伴う多数の建築工事や計画の中断が報じられた。またその結果起きた外国人労働者の失業や経済低迷報道を受けた観光客の減少などの影響をうけたものの、2010年度の海外からの観光客も前年比9.2%増の8,294,132人を記録するなど中国をはじめ新興国からの観光客の増加を見ている[7][10][14][15][16][17][18]

  • 現代
  • Downtown ドバイ(2012年)

「ドバイ・ショック」[編集]

さらに2009年11月には、ドバイ政府が欧米系の金融機関に対して、政府系不動産開発会社のナキール社とその持株会社ドバイ・ワールド社の債務約590億ドルについて支払い猶予を求めると発表したため、ドバイ・ワールド社並びにドバイ政府自体の債務不履行と併せ、欧米系銀行の債権焦げ付きが懸念され、ユーロが売られるなど「ドバイ・ショック」と呼ばれる事態となった[19]ドバイ金融市場の株価も大幅に下落しており、2010年1月時点で、時価総額は380.9億ドル(約3.5兆円)にまで落ち込んだ[20]東京証券取引所ロンドン証券取引所の1%程度の時価総額規模である[21]。その様な状況下にあるものの、「中東の金融センター」としての地位はゆるぎなく、2020年に中東初の万国博覧会ドバイ国際博覧会)を開催することが決まった。

アメリカのシンクタンク2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界28位の都市と評価されており、中東の都市では首位であった[22]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

アブダビ首長国はアラブ首長国連邦を構成する首長国。ペルシア湾に突き出たT字型の半島部を中心とした地形で、アラブ首長国連邦の中でも最大の面積人口、収入を持つ。特に面積6.7万km2は連邦全体の8.3万km2の大半(約80%)に及び、広大な国土に埋蔵された豊富な石油資源によって連邦の政治、経済を支える事実上のリーダー国である。アラブ首長国連邦のGDPの15%を産し、アブダビ証券取引所アラブ首長国連邦中央銀行アブダビ投資庁、大手通信会社のエティサラート、国営石油会社のADNOC、アブダビ海上操業会社(ADMA-OPCO)などもここにある。アラブ首長国連邦の大統領1971年の連邦結成以来、アブダビ首長のザーイドハリーファの父子が一貫して務めている。

  • アラブ首長国連邦
  • 連邦内のアブダビ首長国(黄色:)と各首長国

  • 連邦の衛星写真

詳細については、次の URL をご覧ください。……

幼少期および教育[編集]

ムハンマド・ビン・ザーイドは、本名をムハンマド・ビン・ザーイド・ビン・スルターン・ビン・ザーイド・ビン・ハリーファ・ビン・シャフブート・ビン・ディヤーブ・ビン・イーサ・ビン・ナヒヤーン・ビン・ファラー・ビン・ヤスといい、1961年3月11日に休戦オマーンザイード・ビン・スルターン・アール・ナヒヤーン3男に生まれる[1]。父は初代アラブ首長国連邦 (UAE) 大統領兼アブダビ首長であり、母は第3夫人ファーティマ・ビント・ムバーラク・アル・ケトビー (en)、同母弟にハムダーン (en)、ハッザーア (en)、タフヌーン (d)、マンスール (en)、アブドゥッラー (en)[2]、異母兄弟はハリーファ(第2代UAE大統領)、サイフ (en)、ハーミド (en)、イーサ (en)、ファラー、ディヤーブ、オマル、ハーリドがある。この他にナーセルとアフマド (en) という弟2人を亡くした。加えて姉妹が数人ある[3]

故郷であるアル・アインおよびアブダビの学校で教育を受け、その後、サンドハースト王立陸軍士官学校で学び、1979年に卒業する[4]。サンドハースト在学中に基礎機甲課程、基礎飛行課程、エアボーン課程、戦略爆撃機やガゼル中隊を含む対地支援・攻撃ヘリコプターのトレーニングを修了した[4]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

目次

セルビア・クロアチア語[編集]

頭字略[編集]

UAE 男性 (複数 キリル文字, УАЕ)

  1. Ujedinjeni Arapski Emiratiアラブ首長国連邦)の略。

エスペラント[編集]

頭字略[編集]

UAE

  1. Unuiĝintaj Arabaj Emirlandojアラブ首長国連邦)の略。

英語[編集]

頭字略[編集]

UAE

  1. United Arab Emiratesアラブ首長国連邦)の略。
  2. Uterine Artery Embolization子宮動脈塞栓術)の略。
  3. (コンピュータ)Unrecoverable Application Error(修復不可能なアプリケーションエラー:マイクロソフト・ウィンドウズの標準的エラーメッセージのひとつ)の略。
  4. (コンピュータ)Ubiquitous Amiga Emulator(Amigaパーソナルコンピュータをエミュレーションするエミュレータの一種)の略。

翻訳[編集]

アラブ首長国連邦

  • フランス語: EAU
  • アルメニア語: ԱՄԷ (AMĒ)
  • ロシア語: ОАЭ

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード アラブ 首長 国 連邦 英語 アラブ 首長 国 連邦 英語

アラブ首長国連邦, 世界の国旗, 国旗 ejje.weblio.jp › 英和辞典・和英辞典 › 和英辞典, ejje.weblio.jp › 英和辞典・和英辞典 › 英和辞典, eow.alc.co.jp › search › q=アラブ首長国連邦, bilingualscience.com › 英語教育研究コラム, ja.wikipedia.org › wiki › アラブ首長国連邦, context.reverso.net › 翻訳 › 日本語-英語 › アラブ首長国連邦, dictionary.goo.ne.jp › 英和・和英辞書, www.mofa.go.jp › mofaj › area › uae, ja.wiktionary.org › wiki › UAE, www.library.metro.tokyo.lg.jp › guide › event › uploads › uae, アラブ首長国連邦 英語 uae, アラブ首長国連邦 首都, アラブ首長国連邦 英語 略, アラブ首長国連邦 英語 カタカナ, アラブ首長国連邦 ドバイ, アラブ首長国連邦 文化, アラブ首長国連邦 人口, アラブ 首長国連邦 英語 略称

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button