Entertainment Japanese news daily

ややこしい 敬語| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

ややこしい 敬語, /%e3%82%84%e3%82%84%e3%81%93%e3%81%97%e3%81%84-%e6%95%ac%e8%aa%9e,

Video: 敬語はともかく覚えて積極的に使っていく事が大事です。文法を覚えたり分類したりすることに労力を使う必要はありません。覚える敬語は多くはありません。いくつかの言い方を覚えたら応用するのみです。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

ややこしい 敬語, 2022-03-28, 敬語はともかく覚えて積極的に使っていく事が大事です。文法を覚えたり分類したりすることに労力を使う必要はありません。覚える敬語は多くはありません。いくつかの言い方を覚えたら応用するのみです。, 日常よく使う言葉をピックアップしました。
これらを覚えて積極的に使っていきましょう。
いつの間にか自然に口をついて出てくると思います。
『お〜になる』『お〜する』
『よろしいですか』『けっこうです』
『召し上がりますか』『いただきます』
『ございます』『いらっしゃる』
『なさる』『いたす』
『お釣り差し上げました?』
『いらっしゃる』『まいる』
『やる』は俗語なので〜
『お(ご)〜できる』は自分サイドに使う
理屈ではなくともかく覚える事が大切です。
#三上彩子 #敬語 #敬語のこれだけは覚えてしまおう, 三上彩子

,

「ややこしい」の敬語表現について

普段のなにげない会話の中で「ややこしい」という言葉を聞いたことがあるでしょう。でもこの「ややこしい」という言葉の敬語表現を知っていますか。今までしっかりと考えたこともないし、知らないという方も多いでしょう。そもそも由来もよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では「ややこしい」の由来や敬語表現、その例題など、さまざまなパターンを紹介していきます。

「ややこしい」という言葉の意味・由来

まず始めに、「ややこしい」という言葉について簡単に説明していきます。「ややこしい」は、こみいっていて・わかりにくい・複雑で・めんどう、といった意味があります。主に西日本方面で使われているそうです。

「ややこしい」という言葉の由来は、「ややこ」と「しい」に分けるとわかりやすいです。「ややこ」とは、あかご・あかんぼう、「しい」は形容詞となります。(子どものように)扱いにくい、を形容詞にしたものです。 嬰児(ややこ)が語源の京言葉ではないか、というものが有力だと言われています。

ですので、もともとは東日本方面の方はあまり使わない言葉なのではないでしょうか。しかし最近では、関西出身のお笑い芸人さんが番組内の会話で何気なく使っていたり、子ども向けの教育番組でも使われていて、なにげなく聞いてはいるので違和感はないでしょう。現在は全国的に使う言葉となっています。

関西弁や京都弁ではなんと言うの?

関西弁ではなんと言うの?

関西弁では「ややこしい」「ややこい」と言うことが多いです。または、「やあこしい」「やあこい」とも言うそうです。例題としては、「なんやややこしい話になっとんちゃうか。」「ややこしいなるさかい後にしてえや。」といったものです。普段テレビで何気なく聞いていて、聞き馴染みのあるあまり違和感のない言葉遣いではないでしょうか。

京都弁ではなんと言うの?

京都弁では普通に「ややこしい」と言われています。京言葉が由来なのではないか、と言われているので、やはり言い方はそのままです。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ややこしいの意味

もう少し詳しく見ていきましょう。

ややこしいを辞書で調べると

という意味が出てきます。

ややこしいという言葉そのものの敬語表現はありません。
そのため、別の言い方で丁寧な言い回しに変えることになります。

ややこしいを別の言葉に言い換えると、

といった言葉が当てはまります。

相手とのやり取りの内容によって、これらの言葉を上手に使い分けることになりますね。

ややこしくてすみませんをビジネスシーンで使うなら

ややこしいという言葉について説明しましたが、すみませんという言葉を敬語にすると、

「申し訳ありません」
「申し訳ございません」

という表現になりますね。

より深い謝罪を示すなら、

「大変申し訳ありません」
「誠に申し訳ございません」

のように、「大変」や「誠に」をつけると良いです。

ということで、「ややこしくてすみません」を丁寧な言い回しにすると、冒頭でお伝えしたように

「複雑で申し訳ありません」
「込み入ってしまい申し訳ございません」
「煩雑になってしまい申し訳ありません」
「お手を煩わせてしまい申し訳ございません」
「お手数をお掛けしてしまい申し訳ありません」

などの表現が考えられます。

どの言い回しを使うかは、やり取りの内容に変わってくるので、その都度考えていく必要がありますね。

ややこしくなってしまったこと自体を謝るのであれば、

「複雑で申し訳ありません」
「込み入ってしまい申し訳ございません」
「煩雑になってしまい申し訳ありません」

がいいかもしれません。

ややこしさから相手方に迷惑をかけてしまった場合は、

「お手を煩わせてしまい(誠に)申し訳ございません」
「お手数をお掛けしてしまい(大変)申し訳ありません」

として謝罪の気持ちを押し出した方がいいかもしれませんね。

迷惑の度合いが大きければ、「大変」や「誠に」を入れると謝罪の気持ちも伝わりやすくなると思います。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「ややこしい」の類義語や言い換え・同義語-Weblio類語辞典

ベストアンサー

「文語」というわけではありませんが、「ややこしい」を他の語句に言い換えると、、、、
「複雑」「煩雑」「面倒」「厄介」「煩わしい」「入り組む」「込み入る」、、、等が考えられます。

「複雑で 申し訳ございません」
「込み入っておりまして 申し訳ございません」
、、、などとなります。

※ 蛇足ですが、「すいません」は( ̄× ̄)b゙NG!! 「すみません」とすべきです。

8人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な回答をありがとうございました。

お礼日時:2011/5/23 17:26

詳細については、次の URL をご覧ください。……

温泉街のホテルで働いていた時の話しです。 会社の女性と交際する事になりました。 自分の部署の主任と課長も承認してくれました。 しかしひと月くらい経過して課長の方から「部長の考えで社内恋愛はダメだ」と言われて系列のホテルに異動になりました。女の方はそのまま現状維持です。 「部長のイメージが悪くなるから、異動してから自然消滅というかたちに持っていくようにな」と周りに言われました。 本当に自然消滅で別れました。 本当に部長の指示だったのか、それとも課長が部長の事を貶めるつもりだったのかわかりません。 自分は公休を合わせたりもしなかったし、会社内では「おはよう」と「お疲れさま」以外の事は一言も話ししていなかったのです。 自分は調理スタッフで彼女はウエイトレスでした。

職場の悩み

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「分かりにくい [ 説明・内容・言い方] でしたら申し訳ございません」
「分かりにくい [ 説明・内容・言い方] になっておりましたら申し訳ありません」
のような表現が良いと思います。

「分かりにくいようだ」というのは相手の状況ですから、それに対して謝るのは辻褄が合わない。
「分かりにくい状況を作ってしまったこと」に対して謝る、という構文にする必要があるかと思います。
「分かりにくいようでしたら、おっしゃってくだされば、もういちどご説明させていただきます」などという使い方なら良いでしょうが。

とても分かりやすかったです!ありがとうございました!

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「ややこしいことを言ってすみません」の意味とは?

「ややこしいこと」とは、「複雑なこと、込み入ったこと」という意味があります。

「言ってすみません」は、伝えたことについてお詫びを述べています。

つまり「ややこしいことを言ってすみません」は、「複雑なことを伝えてしまい申し訳ない」という気持ちを言い表した言葉です。

「ややこしいことを言ってすみません」の使い方と注意点

相手に対して何かを説明する場面などで、事情が複雑であった、あるいは、説明の手順が込み入っていたという時に、「ややこしいことを言ってすみません」の言葉を使うことが出来ます。

注意点としては、「ややこしいこと」「すみません」がカジュアルな表現であることです。

ビジネスシーンで目上の上司に対して「ややこしいことを言ってすみません」と述べると、 失礼にあたる可能性があります。

では、ビジネスシーンに相応しい表現として、どのように敬語や言葉選びを工夫すれば良いでしょうか。

「ややこしいことを言ってすみません」の言い換えや言い回し

ビジネスシーンで、「ややこしいことを言ってすみません」を使いこなすための工夫を、いくつか例を見ながら考えてみましょう。

「込み入ってしまい申し訳ありません」
説明や事情が複雑になり、相手に伝える際に分かりづらい状況になってしまうことは、よくあります。

そんな時は「申し訳ない」と伝えることで、相手も理解する努力をしてくれます。

こういったコミュニケーションが何よりも大切です。

「煩雑になり申し訳ございません」
「煩雑」「はんざつ」と読み、「わずらわしい状況、とても込み入っている様子」という意味があります。

事情が複雑になれば、情報の整理が必要になります。

複雑な状況を整理しながら説明をするのは、とても難しいことです。

説明の前に、メモや資料をまとめて、手順よく説明できるよう、工夫できると良いでしょう。

「申し訳ございません」の表現は、「すみません」に比べ、かしこまった言い方になります。

ですから、ビジネスシーンで活用することができる言い回しと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ややこしいことを言ってすみません」は、複雑な事情や状況を相手に伝える際に、うまく伝えられているか不安になった時に使われている言葉です。

このままの表現では、目上の相手に失礼にあたるので、敬語表現を工夫したほうが良いでしょう。

もし、込み入った状況を上手く伝えられなかったとしても、このような一言を言えるかどうか、これがコミュニケーションにおけるポイントになります。

「うまく伝えられなくて申し訳ない」という気持ちを伝えると、相手は「よし、何とか理解してみよう」と前向きに努力してくれるものです。

スムーズなやり取りが出来るように、言葉の選択や敬語表現にも気を配りたいものです。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「ややこしいことを言ってすみません」とは?

こみいっていること、複雑でやっかいなことがややこしいという言葉の意味で、そういったことを相手に話して申し訳ないとお詫びするという言葉がややこしいことを言ってすみませんとなります。

口頭ではわかりにくい数学の質問や説明、話を聞いてくれる人が知らない人間しか登場せず、同じ名字の人が何人か登場してしまう話などはややこしい話と取られてしまうので、ややこしいことを言ってすみませんと会話の最後にお詫びしておくほうが良いでしょう。

「非常にややこしいことを言ってすみません」と強調した言い方も可能です。

また、依頼を撤回したときのお詫びというケースでも使うことがあります。

会話でも文章でも使える言葉と言えます。

「ややこしいことを言ってすみません」を使った例文

・『自分の家族の関係の話ではあったものの、ややこしいことを言ってすみません』
・『紙を使って説明すべきでした、ややこしいことを言ってすみません』
・『さっきの依頼はなしということで、ややこしいことを言ってすみません』
と言った使い方があります。

ややこしいと感じるのは人それぞれで、あまりに簡単な話題でややこしいことを言ってすみませんというのもかえって失礼ですが、明確な基準まではなく登場人物や事柄の多さなどで意識すると良いでしょう。

「ややこしいことを言ってすみません」の言いかえ表現

複雑な話をしてすみません、込み入った話ですみません、厄介な話をしてすみませんなどが言いかえとして使うことができ、これらはいずれも敬語ではありません。

「ややこしいことを言ってすみません」の類似表現

面倒、厄介、複雑な話と詫びるという言葉が入っていれば類似表現と言えますが、「面倒な話で申し訳ない」「長々とした話で申し訳ない」なども類似した表現になると言えます。

「深刻な話ですみません」というような、話の内容に対してお詫びするという意味では類似していると考えることもできます。

「つまらない話ですが」は謙遜が入っており類似しているとは言い難いです。

「ややこしいことを言ってすみません」の敬語表現

複雑な話になってしまい申し訳ありません、煩雑になってしまい申し訳ありませんなどが敬語表現として使え、ややこしいという言葉は敬語表現では直接使えず、さらにすみませんは申し訳ありませんという言葉にするのがベターです。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「ややこしくてすいません」とはどういう意味?

そもそも、この言葉は一体どういう意味なのでしょうか。

「ややこしい」には事柄が簡単ではない、心を悩ませる、という意味があります。

つまり「ややこしくてすいません」は複雑になってしまいすいません、という謝罪の意味があります。

また似たような言葉として「複雑」「煩雑」などもあります。

これらは表現が違うだけで同じ意味の言葉として使用することができます。

「ややこしくてすいません」は使い方として正しい?

実はこの「ややこしくてすいません」、取引相手の方や上司に送るには不適切です。

そもそも、「ややこしい」に敬語の表現はありません。

また、ビジネスの場において「すいません」は適切とは言えません。

これらの理由から「ややこしくてすいません」はビジネスメールとしては不適切と言えます。

謝って使ってしまった場合、少しくだけた表現として捉えられてしまうため、注意が必要です。

ですが、日本語として間違っているというわけではありませんので、友達とのメールやビジネス以外の場では問題なく使用することができます。

それでは、ビジネスメールではどういった言葉が適切なのでしょうか。

ビジネスメールでの正しい使い方は?

内容が複雑になってしまったことを謝罪する場合、ビジネスメールにおいては「複雑で申し訳ありません」「煩雑になってしまい申し訳ありません」などが適切です。

例えば「煩雑」には込み入っていて煩わしいこと、という意味があります。

なのでこれらの言葉を使えば、メールが分かりにくくなっていてすいません、という気持ちを相手に伝えることができるのです。

他にも、送ったメールに対し相手から分からない部分について質問が来た場合、「お手数をおかけしてしまい申し訳ありません」で対応することができます。

後ろに質問への答えを記載することで、「この部分が分かりにくくてすみません」という謝罪の気持ちを表すことができます。

まとめ

「ややこしくてすいません」はビジネスメールとしては不適切である、ということについてご理解いただけたでしょうか。

またメールが分かりにくかったことへの謝罪の気持ちは「複雑で申し訳ありません」「煩雑になってしまい申し訳ありません」の他にも表現する方法はたくさんあります。

そのため今どのような場面で相手がどう感じているか、によって適切に使い分ける必要性もあります。

こちらの意図が正しく相手に伝わらないという場面は、日常生活やビジネスおいて少なくありません。

これらの言葉をセットで覚え、正しく使用することが大切です。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

日本語ってややこしい!

英語、フランス語、スペイン語など、世界の言語と比べても驚くほど語彙数が多いのが日本語です。似たような意味の言葉もたくさんあり、文章を書くときに「あれっ? どっちが正しいんだっけ?」と迷うケースも少なくありません。迷うどころか、勘違いして(正しいと思い込んで)、誤った日本語を使っている人もいます。

そこで今回は、勘違いしやすく、間違えやすい日本語を紹介。誤った言葉を使わないためには、きちんと「正誤」を知っておく必要があります。ぜひ、この記事をきっかけに「日本語の正誤」に敏感になってください。

うっかり誤用していませんか? 紛らわしい日本語9選

◆「以来」「以降」の違いは? 

「以来」は、過去から現在にかけての事柄を表すときに使います。「卒業して以来、顔を合わせるのは初めてだ」という具合です。未来の事柄を表すときには使えません。一方、「以降」は、過去と未来、どちらの事柄にも使えます。

ちなみに、「以降」と似た言葉に「以後」があります。「以降」と「以後」に大きな違いはありません。どちらも「ある時点から先」という意味です。あえてニュアンスの違いを挙げるなら、「以後」が「ある時点を強調している」のに対し、「以降」は「ある時点から先を強調している」という差があります。「以後、注意してください」と書く場合は、「今この瞬間から」という点を強調していることになります。

◆「翌(週)」と「来(週)」の違いは?

【原文1】

今週は営業成績がよくなかったが、翌週はなんとか盛り返そう。

この文章に違和感を覚える人は多いでしょう。文章の視点が「今」にあるにも関わらず、「翌(週)」が使われているからです。「翌」が使えるのは、過去か未来の一地点に視点を置いたときだけです。「今」「今日」「今週」「今月」など、「今」に視点を置いた文章を書くときには「翌」を使うことはできません。

【原文1を改善】

今週は営業成績がよくなかったが、来週はなんとか盛り返そう。

このように「翌週」を「来週」に変更すると、違和感が消えます。

ほかにも、いくつか例文を見ていきましょう。

× 今週の視察は中止となりました。翌週の火曜日に延期したく存じます。

 今週の視察は中止となりました。来週の火曜日に延期したく存じます。

「今(週)」に視点を置いているので、「翌(週)」と書くのはおかしいです。

× 中央自動車道は翌朝5時から集中工事規制に入ります。

 中央自動車道は明朝5時から集中工事規制に入ります。

この文章も「今」に視点を置いているので、「翌(朝)」と書くのはおかしいです。正しくは「明朝」です。

× 初月こそ好調でしたが、来月は一気に落ち込みました。

○ 初月こそ好調でしたが、翌月は一気に落ち込みました。

この文章は「過去の一地点」に視点を置いています。したがって、「翌(月)」を使うのが正解です。「来月」を用いると、違和感が生じます。

文章の視点がどこ(いつ)に置かれているかを見極めながら、「翌」と「来」を正しく使い分けましょう。

◆「制作」と「製作」の違いは? 

「制作」と「製作」の違いは、作られるものによって変化します。「制作」はおもに芸術性を伴う作品——たとえば、絵画や彫刻、陶芸、工芸品、映画、個展や展覧会に出品する作品など——に使われます。「クリエイティブなモノを作るとき」と考えるといいかもしれません。

一方の「製作」はおもに物品——たとえば、精密機器、工業製品、雑貨、日用品など——に使われます。クリエイティブな要素の少ない「実用的なモノを作るとき」に使われます。

もっとも、世の中には「芸術」と「実用」の境界線がわかりにくいモノもたくさんあります。対象となるモノの性質をよく見極めながら、あるいは、業界内での慣習(使われ方の傾向)を見定めながら、使い分けるようにしましょう。

◆「退職」と「離職」の違いは?

勤めていた会社を辞めることを広く「退職」といいます。厳密には、会社から契約解除を通達された場合は「解雇」、それ以外の辞め方を「退職」と分けて使うことが少なくありません。

一方の「離職」は、ハローワークなどの公的機関で手続きするときに使われる呼び名です。広く「退職や失業によって職務を離れること」を指します。

したがって、公的機関での手続きを除くシチュエーションでは「退職」を使う、と心得ておきましょう。会社を辞めるときに、お世話になった仕事関係者に送るメールやハガキは「離職のご挨拶」ではなく、「退職のご挨拶」が正解です。

◆「おざなり」と「なおざり」の違いは?

「おざなり」と「なおざり」を混同して使っている人は少なくありません。似たシチュエーションで使われる言葉ですが、厳密には意味が異なります。

「おざなり」は、「大雑把なさま」「中途半端なさま」を意味します。たとえば「小林さんの対応は、いつもおざなりだ」と書いた場合、<対応はするものの、その対応が大雑把であったり、中途半端であったりする>という意味です。

一方、「なおざり」は、「そのままの状態で放っておく」「避けて通る」「必要な対応を怠る」というニュアンスの意味です。「小林さんのなおざりな態度に失望した」と書けば、<小林さんは対応すらしないで、状況を放置した>という意味です。

たとえば、この記事の筆者(山口拓朗)の原稿が大雑把だったり、中途半端だったりした場合、「山口さんの仕事はおざなりだ」と書き、筆者が原稿すら書かずに放置していた場合、「山口さんの原稿はなおざりだ」と書くのが適切です。

◆「みっともない」と「みっともありません」って何が違うの?

次の①と②は、どちらが正しい表現でしょうか?

① それは、みっともありませんでした。

② それは、みっともないことでした。

正しい表現は②です。「みっともない」は「みっとも+ない」ではなく、「みっともない」でひとつの形容詞です(「せつない」「つまらない」などと同じです)。したがって、「みっとも」だけを取り出して使うことはできません。「みっとも」だけを都合よく取り出して「みっとも+ありません」とした①は誤用です。

同様の理由で「みっともいいものではない」や「みっともよくない」「みっとも悪い」も誤用です。ただし、近年、これらの表現を使う人が増えてきているようです。つまり、勘違いしている人が増えてきているということ。とはいえ、これらは正しい言葉ではありません。「みっともない」以外の表現は避けるようにしましょう。

なお、「みっともないことでした」をより丁寧に書くときは「みっともないことでございました」と書きます。「みっともございませんでした」と書かないよう注意しましょう。

◆「とんでもございません」と「とんでもないです」って何が違うの?

次の①と②は、どちらが正しい表現でしょうか?

① とんでもございません。

② とんでもないです。

正しい表現は②です。先ほどの「みっともない」と同じで、「とんでも+ない」ではなく、「とんでもない」でひとつの形容詞だからです。したがって、「とんでも」に「ございません」をつけた「とんでもございません」は誤用です。同様に「とんでもありません」も誤用と考えるのが筋です。

ところが、2007年(平成19年)に文部科学省直下の文化審議会が発表した「敬語の指針」には以下のような記述があります。

「とんでもございません」(「とんでもありません」)は、相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消すときの表現であり、現在では、こうした状況で使うことは問題がないと考えられる。

また、「とんでもないです」を丁寧に書くと「とんでもないことでございます」となりますが、この表現について、前述の「敬語の指針」には以下のような記述があります。

「とんでもないことでございます」 と言ったのでは、「あなたの褒めたことはとんでもないことだ」という意味にも受け 取られるおそれがあるので、注意する必要がある。

この見解を踏まえると、①の「とんでもございません」と②の「とんでもないです」はどちらも使って構わない、という結論に達します。時代の移り変わりによる言葉の変化といえるでしょう。①を基本にしながら、より丁寧な言い方をするときには②を使うのがスマートかもしれません。(※)

※ ただし、①の「とんでもございません」を誤用だと解釈している人も少なくないことは知っておくべきです。そのうえで、使うか使わないかを判断をしましょう。

◆「〜しづらい」と「〜しずらい」ってどっちが正解?

次の①と②は、どちらが正しい表記でしょうか?

正しいのは、②の「理解しづらい」です。漢字で考えると一目瞭然。「理解しづらい」=「理解する+辛い(つらい)」です。辛いには「~するのが難しい」という意味があり、読むのが難しいから、「読みづらい」なのです。「分かりずらい」「書きずらい」「動きずらい」「しずらい」等々、無意識に「~ずらい」を使っている方は十分に注意しましょう。

もっとも、「現代仮名遣い」では、「ず」と「づ」を同音扱いにして、文章では「ず」で統一しよう、という動きがあります。ただし、少なくとも現時点では「~ずらい」と書かれると、違和感を抱く人が多くいます(語源を無視した書き方につき)。無意識に「~ずらい」を使っていた方は、これを機に「~づらい」を使いましょう。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード ややこしい 敬語 ややこしい 敬語

三上彩子, 三上彩子の話し方の教科書, 敬語, 敬語は最低限のものを覚えてしまおう, 『ございます』と『いらっしゃる』, 『なさる』と『いたす』

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button