Entertainment Japanese news daily

始め まして 英語 メール| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

始め まして 英語 メール, /%e5%a7%8b%e3%82%81-%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%a6-%e8%8b%b1%e8%aa%9e-%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab,

Video: 英語で”君のメールアドレスは何ですか?”の発音の仕方

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

始め まして 英語 メール, 2019-10-28, 英語で”君のメールアドレスは何ですか?”の発音の仕方, これがネイティブスピーカーの発音です:
https://speechling.com

リンク
https://speechling.com/how-to/eigo-de-undefinedno-hatsuon-no-shikata-1409

男性コーチ
What’s your email address?

女性コーチ
What’s your email address?

男性の音声翻訳
君のメールアドレスは何ですか?

女性の声の翻訳
あなたのメールアドレスは何ですか?, Speechling – Speak Languages Better

,

英語メールの書き出し:よくある4つのパターン

よくある4つのパターン

本記事では、見ず知らずの外国人転職エージェントが、初めて私に連絡してきた時のメールを紹介します。

会ったことのない人に、初めてのメールを送る時、外国人転職エージェント達は、どのような英語を書いているのでしょうか?

そのパターンは、ざっくり、以下の4つに分類できました。

  1. はじめまして系 (Nice to meet you.)
  2. 挨拶系 (Greetings)
  3. 要件スタート系 (I am contacting you ~)
  4. 自己紹介系(My name is ~/I am ~)

はじめまして系 > 例文+ポイント解説

例文 – Nice to meet you.

件名:Networking and information about available positions in the market

Dear Dr. Yamda,

Hello.
Hope you are doing well.
It is a pleasure meeting you here.
I’m Jane, a PhD graduate of Medical sciences from Tohoku University, now working as a consultant for a global recruiting company called 会社名 specialized in Pharma/Medical device industry.
以下略

ポイント解説 – Nice to meet you.

「はじめまして」の英訳は「Nice to meet you.」ですが、この表現は、転職エージェントからの直近20通のメールの中で、1回しか使われていませんでした。

(この例だと「It is a pleasure meeting you here.」という形)

英語メール冒頭での「はじめまして(Nice to meet you.)」は、使って悪いことはないのでしょうけど、出現頻度の観点からは、使わないのが自然です。

補足1

この例だと「Hope you are doing well. 」は「I hope you are doing well.」と、きっちり主語の「I」も書いてあげると、より丁寧な表現になります。

補足2

「Hello」は、あっても悪くないけど、私なら使いません。その理由は「メールは短い方が相手に親切だから。」私は「書くべき明確な理由がないものは書かない」を基本方針としています。

挨拶系 > 例文+ポイント解説

例文 – Greeting

件名:こんにちは

Greeting for the day!! I hope this email finds you well.

Please allow me to introduce myself, I work for 会社名 as a Sourcing Specialist for JAPAN Region.

以下略

件名:会社名

Dear Taro Yamada,

Greetings

会社名 (Nasdaq:XXXX) is a leading global company providing the full range of ~

以下略

ポイント解説 – Greeting

Greeting は「挨拶」という意味の言葉です。

これの出現頻度は、直近20件のメールの中で、2通でした。

これも「使うべきではない」とは言いませんが、出現頻度の観点からは、あえて使うべき強い理由はなさそうです。

要件スタート系 > 例文+ポイント解説

例文 – I’m contacting you

件名:Job opportunity

Dear Mr. Taro Yamada,

I am contacting you with regards to a job opportunity. Would you be interested in this? If so, we could meet for coffee to discuss your interest. I have included the description of the position here:

以下略

件名:Are you ready for your next career step?

Dear Taro Yamada,

This is John from the Healthcare and Life Science team at 会社名 in Japan.

I am contacting you to discuss some career opportunities that would be suitable for you based on your experience as ~

以下略

件名:JA>EN Clinical Technical Collaboration

Dear Taro,

I’m reaching out in regards to some sourcing work I’m doing for our Life Sciences Department in the JA>EN language pair.

以下略

ポイント解説 – I’m contacting you

「I’m contacting you ~」や「I’m reaching out ~」など、「I’m 動詞ing系」は、20通の中で、5通でした。

私の感覚だと、この書き出しは、とても自然に感じます。

既知の相手にメールを書くときの、I’m writing to 動詞 ~. もそうですし、

I’m 動詞ing ~.という書き方は、英語メールの冒頭でよく見る表現です。

直前に「This is 〇〇」や「My name is 〇〇」を挿入するパターンもあります。

私はよく下記のようなメールを書いています。

I’m writing to inform you that S+V.
私は(このメールを)書いています。あなたにS+Vであることをお伝えするために。

自己紹介系 > 例文+ポイント解説

例文 – My name is

件名:XXX Team Lead – Tokyo

Hi Taro,

My name is John Smith and I am a Talent Scout for 会社名, the nation’s leading eDiscovery & cybersecurity staffing agency. You have clearly been very successful in the industry and I would love to hear more about your experience.

I’m not sure if now is the right time for you to consider a career move, but we have 以下略

件名:ポジション名 Opportunity at 会社名

Dear Taro,

I hope you are doing well tonight, my name is Jane Smith and I work at 会社名. As the Global Director of Talent Acquisition I have noticed your profile, it made me decide to reach out to you since you have quite an impressive background ~

以下略

件名:なし

Dear Yamada-san,

Hope you are well.
My name is Jane and I believe you have spoken to my colleague in the past before.

Currently, I am working on a role I think you may be a strong fit for, this would combine your experience in ~

以下略

件名:なし

Dear Yamada San,

Hello, my name is Jane Smith working at 会社名 in the healthcare industry.

Your name was recommended to me by my colleague

I want to contact you about an opportunity for a high-salary and career responsibility as ~

以下略

件名:Lead Business Solution Analyst, APAC

Hi Yamada-san,

I am a professional recruiter based in Singapore. My client is 会社名 (a NYSE-listed cloud-based company).

This is a newly created vacancy to be based out of their Tokyo office which is located in the Marunouchi area. This is an exciting opportunity for someone with your background and experience to consider.

以下略

件名:なし

Hi Taro, How are you?
I am John, Executive recruiter in Healthcare. I read your profile for third time, and I belieive it is fantastic background.
Can I network with you to talk about future career planning, since I have 2 strategic options to discuss.

以下略

ポイント解説 – My name is

直近20通のメールの中で、「My name is ~ 系」は8通(その中から4通ピックアップ)、「I am ~ 系」は2通でした。

出現頻度の観点からは、「My name is ~」が最も高いことがわかります。

補足

「My name is ~」だけでスタートするより、「I hope you are well.」など、一言入れると、より丁寧なメールになります。

ネイティブは「My name is ~」なんか言わないとか、「My name is ~」なんて言うと笑われる、と聞いたことがあるかもしれませんが、そんなこと全然ないのでご安心ください。

「My name is ~」は、メールだけじゃなく、会話でも、普通に使います。

以下の動画は、ベストティーチャーというオンライン英会話で、無料体験レッスンを受けた、アメリカ人ネイティブ講師の自己紹介動画です。

冒頭で My name is ~ と言っています。

ベストティーチャー体験談:ライティング重視のオンライン英会話【自分の言葉で英語を書く・話す】 Best Teacher

とんかつオンライン英会話のベストティーチャーって、実際の評判、口コミはどうなんだろう?無料レッスンがあるみたいだけど、どんな体験ができるの?やきとりSushi Kこの記事はこんな疑問に答えます。 こん …

続きを見る


詳細については、次の URL をご覧ください。……

はじめましてのメールを英語で送る前に知っておきたいポイント

ビジネスメール Do(したほうがいいこと)

はっきりと具体的な件名を書く

件名を見て、メールを開くかどうかを決めている人が非常に多いんです。単純で意味のない件名よりも、【Meeting date changed(ミーティング日の変更について)】や【Question about your presentation(プレゼンについての質問)】など分かりやすく短い件名を書きましょう。

挨拶はプロフェッショナルに短く

☓ Hey you guys / Hey
◎Good afternoon/Hello

アメリカ英語では、ビジネス関係の相手でも口語ではかなりカジュアルな言葉遣いをします。例えば【gonna】です。一方でライティングになると、カジュアルすぎる言葉遣いを嫌う人もいます。【Hello】は誰に対してもカジュアル過ぎる事はありません。

相手の名前を挨拶に入れる時は、勝手に省略しないこと

相手の文化を知り、考慮しながらメールを書く

日本相手のビジネスは、海外のビジネスメールの書き方には必ず乗っています。他にアラブ系の国や中国なども丁寧で文章の前後の意味が重要になります。

相手が日本のように出来るだけ丁寧な方がいいのか、それとも簡潔な内容を好む文化なのかを知って、相手の立場にたったメールを送りましょう。

謝るより感謝する

日本では【申し訳ございませんが】や【恐縮ですが】など一歩控えめな表現が好まれます。英語圏でのビジネスメールにおいては、この行為はプロフェッショナルから逆だと思われるパターンもあります。

丁寧に遠回しに書くとビジネスに自信がないと思われてしまうことも

ビジネスメール Don’t (しないほうがいいこと)

ユーモアや皮肉はいれない

ちょっとした笑いを入れようとユーモアのある返しをしたつもりがもめ事の火種になってしまった、というのはよくある話です。

笑いというものは文化やその状況によって変わるので難易度が高くなります。仮に面と向かっていったとしても英語となると通じるかわかりません。

ちょっとした慣用句のようなつもりで、英語で『料理がうまいなら良いお嫁さんになるね』『~人は~が上手だね』といってしまうと、相手に不快な気持ちにさせてしまう場合があります。

相手を本当によく知っていない限り避けてくださいね。いわゆる地雷になりやすいんです。

ネガティブな言葉、受動的な言葉はさける

☓ If it is OK with you, please …(もしよろしければ、どうぞ・・・)
◎Would it be possible to~(~をしていただけますか?)

重要なことでも大文字で送ると、怒っているように見えたりもします。

『HELLO?』とかくと『もしもし!?そこにいるの?』というような怒鳴っているニュアンスになります。

probablyなど不確定な言葉は使わないようにする

あまりはっきりと言葉を書くのに慣れていないと、つい日本語の方に引っ張られて少し謙虚で遠回しな言い方になります。

それが英語では仕事を分かっていないのでは?自信がないのでは?と思われてしまいます。try、think、sorry、maybeなどは避けたほうがいい言葉です。

出来ない場合は出来ない理由を添えて、変更がある場合は謝るのではなく相手の都合を確認するなど、前向きな文章を作ることを心がけてください。

I think we should check this.(これをチェックしたほうがいいと思うんですが)

◎ Let’s check this.(これをチェックしましょう)

△ I am sorry I will be late.(すみません、遅れます) 

 ◎ I will not be able to make it on time. Could you get the copy of the brochure?(時間に間に合いそうにありません、パンフレットを取っておいてもらってもいいでしょうか?)

文章の響き(tone)に気をつける

こちらもユーモアと同じ話になりますが、言葉のトーンというものが大事になります。自分にとっては正直に簡潔にと思った文章が相手にとっては怒っていて投げやりと思われることもあります。

声だと伝わることでもメールでは違って伝わることもあるので、自分の書いたメールをもう一度読んでみてください。それだけで大きな誤解を避けることが出来ます。

カジュアルになりすぎない

スラングや省略形は使わないようにして下さい。

書き言葉では【I’ll】【I’m】などの省略形も使わないので、ついメールで書いてしまわないようにしましょう。

フォーマルになりすぎない

相手との関係性(知り合ってどれくらいの期間が立っているか、どのような関係性で知り合ったのか)などが重要になります。フォーマルである分には問題ない!というわけではありません。

テンプレートのフレーズは、ビジネス英語ではなく弁護士や政治家が使うようなフォーマルなものが含まれている場合があります。その場合は関係性に不適切になるので伝えたいことが伝わりにくくなる場合まであります。

周りの人を通して繋がる

いつも共通の知り合いがいるわけではないと思いますが、もしいたら必ず使ってください。共通の知り合いがいることで、自己紹介をする時により深いレベルで会話をすることが出来ます。共通の知り合いがいると全くの他人と相手も思わなくります。

まずメールを書く前に共通の知り合いの存在を見つけましょう。LinkedInなどでもし知っている人が相手の会社にいることを知ったら紹介者でなくても共通項として書きましょう。

英語ビジネスメールは件名が命

件名がとにかく重要です。なぜなら69%ものひとが件名でメールをスパムだと判断しているからです。このようなことが起きないように、件名は完璧でないといけません。

メールを開けたくなるような件名で、個人的で親しみやすいものがいいですが、セールスマンのようでは逆に広告みたいになるのでメールを開いてない場合もあります。。

携帯電話でメールを見る場合は25~30文字程度しか見られないのでできるだけ短く、そして一番最初に最も重要な単語を持ってきます。【Hello】【Nice to meet you】などは文字の無駄遣いとまで言われることもあります。

紹介があった場合は【Erika Recommended I Contact You】や【Referred by Erika】
相手をどこかで見つけてそこから送る場合は【I Found You Through LinkeIn】などが使えます。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

英会話の基本!「はじめまして」の英語表現とシーン別の挨拶

メールで控えるべき英語フレーズ

まずは注意事項から。

一般的に日本語の「はじめまして」を
英語で表現するならば
「Nice to meet you」や
「How do you do?」が
思い浮かぶ方が多いかもしれません。

私も「Nice to meet you」や「How do you do?」を
「初めまして」と学校で学びましたが、
これには少々誤解があります。

理由は、英語には「はじめまして」という
フレーズが存在しないから
です。

それでは「Nice to meet you」と「How do you do?」を
使わない理由を1つずつ詳しく見ていきましょう。

Nice to meet you

「Nice to meet you」

これを日本語に訳すと
「あなたに会えて嬉しいです」
という意味を持ちます。

つまり、このフレーズは
実際に初めて会う方が目の前にいる時に使うのです。


英文メール(もしくは電話)で初めて連絡する方に
「Nice to meet you」は使わないフレーズです。

例えば初対面の相手に下記のように使います。

例:

「Hi! I’m XXX(名前). How are you?

(How are youの返事を聞いてから)

Nice to meet you!」

How do you do?

「How do you do?」

この表現は「はじめまして」という
意味では間違いではありませんが、
堅苦しく、古い表現となります。

そのため、こちらも初対面で使うフレーズで、
少なくともメール(もしくは電話)で使うことはありません。

それではまだ会ったことがない方に
英語で「はじめまして」の意味を込めた伝え方のメールは、
どのようなフレーズを使えば良いのでしょうか。

英語メールで「はじめまして」ってどう言う?

メール文章や対面した時(もしくは電話)も
「Hi!」や「Hello!」
「はじめまして」の意味合いを含む
と捉えて使います。

日本語では特にビジネスの場などで
メールをする際は冒頭に
「はじめまして」や「お世話になります」
などの挨拶をしますよね。

英語でのメールは
日本語のように堅苦しく考えなくても問題ありません。

使うフレーズはいたってシンプル。

どちらも、学校で最初に学んだ
シンプルで覚えやすい、
親しみのある「Hi」と「Hello」です。

このどちらかを文頭に置けば、
それで「はじめまして」の意味を持ちます。

ただし「はじめまして」を含めた
文章を書くのであれば、
「Hi」だけではなく、そのあとに
少し工夫した文で繋げると良いでしょう。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

メールで使える!ビジネス英語の書き出し方

書き出し

メールの場合、まずは冒頭に“Dear ○○,”のように宛名を書くことから始まります。
これはビジネス英語でもカジュアル英語でも共通です。

そしてそのあとの書き出しは、日本語でメールを送るときと同じく挨拶の表現は定型でOK。
ただし、日本語で言う「お世話になっております」という挨拶は英語にはないので、以下の表現から適切なものを選びましょう。

「はじめまして」

・It is a pleasure to have the chance to contact you.
※直訳:ご連絡する機会を持てることが光栄です。

ビジネスシーンで初めてメールを送る場合は、この表現を使うととても丁寧な挨拶です。

自己紹介+背景説明

・I am Taro Yamada from ABC Corporation.
※直訳:私はABC Corporationの山田太郎と申します。

・I am in charge of marketing.
※直訳:私はマーケティングを担当しております。

・I am writing to ask you about your new product.
※直訳:あなたの新製品についてお聞きしたく、(メールを)書いております。

冒頭の挨拶で「はじめまして」と書いたあとは、自己紹介として名前・会社名・部署名を書いたあと、メールを送るに至った背景を説明するとビジネス英語らしく分かりやすい文章になります。

3つ目の例文については、“I am writing to”のうしろの文章を変えることで様々な状況に対応できます。

例えば、

・I am writing to inform you our event.
(弊社のイベントについてお知らせしたく、…)

・I am writing to cancel the order.
(注文をキャンセルしたく、…)

・I am writing to inquire about the meeting date.

(打ち合わせの日程についてお問い合わせしたく、…)

というように、ビジネス英語で頻繁に使える表現なのでぜひ覚えておきましょう。

「お元気ですか?」

・I hope this email finds you well.

※直訳:このメールがあなたが上手くやっているとを見つけることを望みます。

直訳だと分かりづらいですが、日本語で言う「ご健勝のことと存じます」にあたる挨拶です。初対面ではなく、面識があるお相手に使いましょう。

「~していただき、ありがとうございます」

・Thank you for replying me.

※直訳:ご返信いただき、ありがとうございます

「ありがとう」という挨拶からメールが始まることは、ビジネス英語では頻繁にあることです。
“Thank you for ~ing”の形で覚えておけばお礼の挨拶から書き出したい場合に、いろいろな場面で使えます。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

結論:英語のビジネスメールに「はじめまして」は要らない

これまで面識もやり取りも無い相手に初めてメールを送る場合、「はじめまして」的なフレーズで始めるのが日本のビジネスシーンでは定番ですよね。

極論を言えば、英語のビジネスメールでは「はじめまして」的な書き出しを入れなくても良いです。

「はじまして」的な書き出しを入れる人はほとんどいない

私はこれまで、海外の様々な国の人たちから無数のビジネスメールを受け取ってきました。

もちろん中には「はじめまして」の人もたくさんいますが、「初めてメールを送らせていただきます」「突然のメール失礼いたします」と書いてくる人はほとんどいません。

初めての人には書き出しで「My name is」と名乗れば十分

初めての人に送るメールの書き出しには、

My name is Taro Yamada, the sales manager of ABC Company.

私の名前は山田太郎、ABC社のセールスマネージャーです。

I am Hanako Yamada from ABC Company.

私はABC社の山田花子です。

このように名乗りを入れれば十分です。

こんな感じで書き出せば、メールを受け取った相手も『私と初めてやりとりする人だな…』とわかりますよね。

いきない本題から入るパターンもあり

海外からのメールでは「My name is~」といった名乗りすら入れず、いきなり本題から入ってくるパターンも多いです。

『メールは長くて丁寧な書き出しが無いと失礼な気がする…』と感じる私たち日本人には少々ハードルが高いですよねw

でも普通です。

なお、あくまで私の経験からですが、

  • 中国・台湾・東南アジアなどアジア圏の人は「My name is~」と名乗りを入れてくる人が多い
  • 欧米は本題から入ってくる人が多い

といった傾向があるように思います。

もちろん欧米でも「My name is」と入れてくる人がいますし、業種・職種による違いもあるかもしれません。

…やや話がそれましたが、英語のビジネスメールでは「初めてメールを送らせていただきます」「突然のメール失礼いたします」といった書き出しは不要。

  1. My name is ~.
  2. I am ~.

といった「名乗り」から書き出せば十分です。


【厳選】オンライン英語添削サービス・サイト5選!ライティングの勉強に本当にオススメなのは?

詳細については、次の URL をご覧ください。……

メール文の基本的な構成

まず、英語メールの基本の解説をします。例文で英語メールの具体的な流れを見てみましょう。

英語メールの基本
【宛先】
Dear Mr. Davis

【本文】
I hope this email find you well.
My name is Hanako Sasaki from ABC Company.
I am writing this email to you today, because Mr.Wilson of your company introduced you to me.
I have heard from Mr. Wilson that you are looking for a forwarding company which can handle both domestic and international shipping.
We do provide forwarding service for both domestic and international including custom clearance support, so I think we can do business together.
I would like to see you in person and tell you more about our service, so please let me know when you have time for a meeting this week.

【結び】
I hope I can hear from you soon.
Best regards,

【署名】
Hanako Sasaki
ABC Company

(日本語訳)
【宛先】
デイヴィス様

【本文】
お元気でお過ごしのことと思います。
私はABC社の佐々木花子と申します。
本日は御社のウィルソン様よりご紹介いただきメール致しております。
ウィルソン様より、デイヴィス様が国内物流と海外物流の両方のサービスを提供する会社を探していらっしゃるとお伺い致しました。
弊社は国内物流と海外物流に加え、通関サポートも提供致しておりますので、御社とお取引させていただければと存じます。
つきましては弊社のサービス内容について、直接お会いして詳しくご説明させていただきたいと存じますので、今週中に一度面会のお時間をいただければ幸いです。

【結び】
お返事お待ち申し上げております。

【署名】
佐々木花子
ABC社

これは自己紹介の英語メールの例文です。まずは書き出しですが、日本語のメール同様、いきなり本題に入るのは避けて挨拶や季節、天候に関する文章から始めると良いでしょう。
次に、自己紹介をします。ビジネスメールの場合は会社名、所属部署などの情報も記載しましょう。
そして、本題に入ります。依頼内容や提案など、わかりやすく簡潔に記載するようにしましょう。
そして、結びにもう一度挨拶の文言や感謝のフレーズを入れると良いでしょう。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

シーン別に使い分ける「はじめまして」

日本語では「はじめまして」と一言でいっても、英語には多くの表現の仕方があります。電話やメールでは会話したことのある相手と初対面する場面での「はじめまして」や、メールなど書面で書く「はじめまして」など、状況に応じて使い分けましょう。

Hi.(はじめまして、こんにちは)

Hi.
はじめまして、こんにちは

[例文]
Hi! I’m Keiko.
はじめまして、ケイコといいます。

英語での挨拶の基本中の基本の「Hi」ですが、こちらはどんな場面でも使える便利な表現の一つです。「はじめまして」以外にも、「おはよう」「こんにちは」など幅広い意味で気軽に使うことができます。よく、例文のように挨拶を切り出した後、相手も名乗ってから、次に紹介する”Nice to meet you”が使われます。

Nice to meet you! (はじめまして、お会いできて嬉しいです)

Nice to meet you!
はじめまして、お会いできて嬉しいです。

[例文]
Aさん: Hi, I’m Hiroko.
はじめまして。ヒロコといいます。
Bさん: I’m Takeshi. Nice to meet you.
タケシといいます。お会いできて嬉しいです。
Aさん: Nice to meet you too.
こちらこそ、お会いできて嬉しいです。

「Nice to meet you」はプライベートな場面はもちろん、ビジネスシーンでも頻繁に使われます。実際に挨拶をする際には、自己紹介をしながら握手をするのが自然な流れです。また、Nice to meet you への返答には、「Nice to meet you, too」もしくは「Likewise」などが使われます。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード 始め まして 英語 メール 始め まして 英語 メール

言語学習、発音, Speechling

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button