Entertainment Japanese news daily

kasumi arimura| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

kasumi arimura, /kasumi-arimura,

Video: 堀 未央奈

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

kasumi arimura, 2021-11-16, 堀 未央奈, 堀 未央奈, ジャパンタイムズ

,

Early life[edit]

Arimura was born on February 13, 1993 in Hyōgo Prefecture, Japan.[1] She has an older sister, Airi Arimura, who also became an actress and a model.[3]

Career[edit]

In December 2009, while attending Hyogo Prefectural Itami Nishi High School, Arimura auditioned for FLaMme and passed. In May 2010, she made her first series appearance in Hagane no Onna. Arimura gained popularity by appearing in the Morning drama Amachan in 2013.[4] Arimura then appeared as the lead actress in the critically acclaimed film Flying Colors where she was cast as a troubled teen who attends a cram school at the behest of her mother in order to gain entry to University. The film was a massive box office success and was the 8th highest-grossing film in Japan in 2015.[5] Arimura was nominated for both the Outstanding Performance By An Actress In A Leading Role and Newcomer of the Year Awards in the 39th Japan Academy Film Prize for her role in the film. She was awarded the Newcomer of the Year Award.

Arimura was selected as the lead actress for the Asadora Hiyokko in the year 2017. For her role in the drama, she was voted as the Best Actress in The 94th Television Drama Academy Awards (2017), an award given quarterly by a popular Japanese magazine, The Television, and are based on the combined results of votes from the magazine readers, juries, and TV journalists in Japan.[6] She has since appeared in many critically acclaimed television dramas and films such as Chūgakusei Nikki, I Am a Hero, Cafe Funiculi Funicula and Sekigahara. In the film Sekigahara, Arimura played the role of a ninja named Hatsume who was recruited by the legendary samurai Ishida Mitsunari. The film was nominated for the Picture of the Year award at the 41st Japan Academy Film Prize.

Arimura has also taken on acting roles in works which are regarded as controversial in nature. In the drama Chūgakusei Nikki, Arimura took on the challenging role of a young teacher who ended up falling in love with her 15 year-old student. Despite its controversial nature, the drama was named the Best Drama in the 99th Japan Television Drama Academy Awards.[7]

The year 2021 proved to be a very successful year for Arimura. She appeared in the film We Made A Beautiful Bouquet, which was the 8th highest grossing film of 2021 in Japan.[8] Arimura was awarded the Best Actress award in the 45th Japan Academy Film Prize for her role in the film.[9] Arimura also starred in the blockbuster films Rurouni Kenshin: The Final and Rurouni Kenshin: The Beginning, the final 2 films of the epic Rurouni Kenshin film franchise which consist of films which are adapted from the Rurouni Kenshin manga series. Both films were massive box-office successes in 2021 in Japan, grossing more than 6.5 billion yen cumulatively. Arimura portrayed Yukishiro Tomoe, the deceased-wife of the titular character Himura Kenshin. Rurouni Kenshin: The Final was the 6th highest grossing film whilst Rurouni Kenshin: The Beginning was the 13th highest grossing film for the year 2021 in Japan.[10]

On the drama side, Arimura starred as a young lady struggling with employment, who happens to chance upon a group of also struggling stand-up comedians in the 2021 slice of life drama Life’s Punchline (Konto Ga Hajimaru). For her role in the drama, she was voted as the Best Supporting Actress in The 108th Television Drama Academy Awards, making her one of the few female actresses who has won both the Best Actress (Hiyokko) and Best Supporting Actress Awards (Life’s Punchline) in The Television Drama Academy Awards.[11]

Arimura appeared in the drama Zenkamono (a.k.a Prior Convictions) wherein she acted as a voluntary probation officer who was tasked with the supervision of 3 separate paroled convicts. A movie version of Zenkamono starring Arimura was also released in 2022. Also In 2022, Arimura appeared alongside Ninomiya Kazunari in the TV Special Adventure of Comandante Cappellini (Sensuikan Cappellini-go no Bouken) and starred in the drama Ishiko and Haneo. Arimura is scheduled to star in the film Phases of the Moon in December 2022 as well as the Netflix-produced film titled Call Me Chihiro and the 62nd NHK taiga drama What Will You Do, Ieyasu? in 2023.

詳細については、次の URL をご覧ください。……

来歴

2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校[3]在学中にFLaMmeのオーディションを受け、合格。

2010年1月、サンケイスポーツの新春企画「新春ガールズ」が芸能界の初仕事となり[4]、4月に親元を離れ、上京[4][5]
同年5月、『ハガネの女』(テレビ朝日)でドラマ初出演を果たし、同年12月、FLaMme mobileで携帯ブログをスタートした。

2011年1月、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」でCM初出演を果たし、同年11月に『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』で映画初主演を果たした。

2013年4月、出生地である伊丹市より「伊丹市大使」に任命される[2]。同年7月より、アメーバブログをスタート。また、連続テレビ小説あまちゃん』(NHK)で、小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて話題を呼び、知名度を高めた。ニホンモニターによる「2013タレントCM起用社数ランキング」で圏外からトップ10入り、VIPタイムズ社(『日本タレント名鑑』発行元)による業界人1,000人を対象としたアンケートで選ばれた「2014年にブレイクを期待するタレント」で女性部門1位となるなど、注目を集めた[6][7]

2014年7月公開のスタジオジブリ作品『思い出のマーニー』でオーディションを経てダブルヒロインの1人・マーニー役に抜擢され、同作に声優として出演を果たす[8]。同年10月、舞台劇ジャンヌ・ダルク』で初舞台を踏む。同年映画 『ストロボ・エッジ』の役作りのため、デビュー以来一度も短くしたことのなかった髪を20cmカットした。

2015年5月、主演映画『映画 ビリギャル』にて金髪ギャルを演じ、話題となる。同年6月、『永遠のぼくら sea side blue』(日本テレビ)で、地上波ドラマ初主演[9]。同年10月、『海に降る』(WOWOW)で、連続ドラマ初主演[10]

2016年主演映画『映画 ビリギャル』での演技により第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞[11]、さらに『ストロボ・エッジ』『映画 ビリギャル』での演技により第58回ブルーリボン賞主演女優賞[12]を受賞する。同年1月、フジテレビ月9ドラマいつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で同枠および民放連続ドラマ初主演[13]

2016年11月12日、第67回NHK紅白歌合戦の紅組司会者に起用されることがNHKより発表され(対戦相手の白組は相葉雅紀メンバー〉)[14]、同年12月31日放送の同紅白で紅組司会者を務めた。自身にとっては初の司会業となる。

2017年前期連続テレビ小説ひよっこ』(NHK)ヒロインに選ばれた[15]。脚本の岡田惠和の強い要望もあり、オーディションを行わずに主演が決まった[16][17]

2017年11月13日、第68回NHK紅白歌合戦の紅組司会者に再び起用されることがNHKより発表され(対戦相手の白組は二宮和也メンバー〉)、同年12月31日放送の同紅白で2度目の紅組司会者を務めた[18]。自身にとっては2年連続での司会業となる。

2021年3月3日、第12回 Asian Pop-Up Cinemaで作品『有村架純の撮休(#1)』と『劇場版 そして、生きる』が評価され、BRIGHT STAR AWARDを日本人初の受賞[19]

2021年11月、主演映画『花束みたいな恋をした』の大ヒットや土曜ドラマ『コントが始まる』における活躍が評価され、日経トレンディ「2021年 今年の顔」に選出された[20]。また、主演を務めた映画『花束みたいな恋をした』における演技が評価され、第45回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞を受賞した[21]

2023年、『どうする家康』の築山殿(瀬名)役でNHK大河ドラマ初出演[22][23]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

有村架純 - Wikipedia

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード kasumi arimura kasumi arimura

Kasumi Arimura, Hikari Mitsushima, Nanao Arai, Mikako Tabe, Marie Iitoyo, Yuna Taira, Minami Hamabe, Sayaka Isoyama, Meisa Kuroki, Yui Aragaki, Aya Ueto, Yuriko Yoshitaka, Erika Toda, Maki Horikita, Erika Sawajiri, Kyoko Fukada, Nozomi Sasaki, Keiko Kitagawa, Yukie Nakama, Suzu Hirose, Mariya Nishiuchi, Satomi Ishihara, Haruna Kawaguchi, Ayame Gouriki, Ayami Nakajo, Kanna Hashimoto, Tina Tamashiro, Emi Takei, Merei Kiritani, 堀, 未央奈

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button