Entertainment Japanese news daily

upcycling| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

upcycling, /upcycling,

Video: Tolle Kinderschürze selbstgemacht – OWIMO Design Upcycling

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

upcycling, 2013-07-03, Tolle Kinderschürze selbstgemacht – OWIMO Design Upcycling, Machen Sie eine Kinderschürze aus einem Küchenhandtuch – wir zeigen Ihnen hier wie es geht. Super Idee auch als Geschenk.
Bitte nicht vergessen zu kommentieren/abonnieren/bewerten!
Für weitere tolle Upcycling Ideen, gehen Sie bitte zu www.owimodesign.com.

Wir werden von keinem Dritten gesponsert., OWIMODesign

,

Weblio英和対訳辞書での「upcycling」の意味

upcycling

アップサイクル


Upcycling

アップサイクリング

アップサイクリング(Upcycling)は創造的再利用とも呼ばれ副産物廃棄物役に立たないまたは不要な製品を、より良い品質環境価値新しい材料または製品アップグレードして役立てるプロセスである

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

出典元索引用語索引ランキング

詳細については、次の URL をご覧ください。……

アップサイクルと、リユース・リサイクルの違いとは?

アップサイクルとは、従来から行なわれてきたリユースやリサイクルとは少し異なり、要らなくなったものに新しいアイデアや発想によって元の製品には無かった用途を可能にしたり、異なる分野の製品に転換するなどして、元の製品よりも価値の高いモノを創り出すことを目指す取り組みのことです。

リユース(繰り返し使う)や従来のリサイクル(原料に戻す、または一度原料化して同製品・類似製品に戻す)には、資源の無駄を減らすという良い面がある一方で、材質や製品によっては元の製品より低品質あるいは低価値になってしまうという一面もありました。そのことを「ダウンサイクル(downcycling)」と呼びますが、この言葉の対比として、アップサイクル(upcycling)という言葉が生まれました(※)「リサイクルによって製品をアップグレードする」を表しています。

※アップサイクルとダウンサイクルの用語が最初に使われたのは、ドイツの廃建材や家具のリユースのサイトSalvoが発行した1994年10月11日の記事

アップサイクル製品の事例

欧州には20年にわたり人気のあるアップサイクル製品を販売するブランドがあるほか、日本国内にもアップサイクル製品を販売するブランドやショップが増えています。その一部をご紹介します。

フライターグ FREITAG(スイス)

シール  SEAL(日本)

ウィーウッド WEEOOD(イタリア)

/
大型家具やフローリング材の木の端材を、文字盤やベルト部分に使用した腕時計のブランド。ウッド独特の風合いを活かした洗練されたデザインが人気。

オッフェン Öffen(日本)

ウップス OUPS(日本)

クレイ CLAE(アメリカ)

<span href="//clae.jp

創業20周年のスニーカーブランドは、サボテンを材料にしたカクタスレザーを靴のアッパーに使用した、高い耐久性のあるスニーカーを販売。靴ひもにはプラスチックごみを利用している。

アップサイクルなアイデアを実際のモノづくりに活かすには、高い技術力が求められるだろうと思います。世界中の多くの企業が努力を惜しまず、不要となったものからこれまでにない新しい製品を産んでいることに感動します。一方で、製品として一定量を継続して製造・販売するには市場ニーズが増えないとなりません。私たち消費者がアップサイクルな商品の情報にアンテナを張り、実際に購入することで企業の努力に応えることになりますし、後続の製品が増えていくでしょう。それは資源の無駄を減らすこと、資源循環(サーキュラーエコノミー)に貢献することに繋がると感じます。

アップサイクルは衣類や雑貨の分野だけとは限りません。古民家の内装をリノベーションしてカフェやレストランに変えることもアップサイクルの一つでしょう。皆様もアップサイクルの事例を探してみてはいかがでしょうか。

最後に本コラムの内容を1枚にまとめたニュースレターを添付しますので、ご参照ください。
ニュースレター_2021.5

令和3年5月26日
株式会社リーテム
サスティナビリティ・ソリューション部
杉山 里恵
(図)加藤 翠

詳細については、次の URL をご覧ください。……

アップサイクル[Upcycling]の事例は? 意味やアイデア例も紹介

脚注[編集]

  1. ^ a b 【近ごろ都に流行るもの】パンの耳やコーヒー豆無駄なく再生 廃棄食材からうまいビールを産経新聞』朝刊2022年5月30日(東京面)2022年6月5日閲覧
  2. ^ a b c 化粧品が絵の具に 第二の“彩る”人生/元メーカー研究員「廃棄もったいない」特殊な溶液を開発、製品化朝日新聞』夕刊2022年6月23日7面(2022年6月28日閲覧)
  3. ^ Recycling”. Environmental Protection Agency. 2015年5月14日閲覧。
  4. ^ Thornton Kay, Salvo in Germany – Reiner Pilz, p14 SalvoNEWS No99 11 October 1994

関連項目[編集]

  • 循環型社会
  • リサイクル / 3R
  • 再使用 / リファビッシュ / リビルド
  • ローテク
  • リペアカフェ
  • 都市鉱山
  • リペアエコノミー

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Description[edit]

Upcycling is the opposite of downcycling, which is the other part of the recycling process. Downcycling involves converting materials and products into new materials, sometimes of lesser quality. Most recycling involves converting or extracting useful materials from a product and creating a different product or material.[1]

This upcycled cutting board was made from boxcar floorboards that were taken from a railroad salvage yard.

Footbridge supported on a former wind turbine blade in Szprotawa

The terms upcycling and downcycling were first used in print in an article in SalvoNEWS by Thornton Kay quoting Reiner Pilz and published in 1994.[2]

We talked about the impending EU Demolition Waste Streams directive. “Recycling,” he said, “I call it downcycling. They smash bricks, they smash everything. What we need is upcycling, where old products are given more value, not less.” He despairs of the German situation and recalls the supply of a large quantity of reclaimed woodblock from an English supplier for a contract in Nuremberg, while just down the road a load of similar block was scrapped. In the road outside his premises was the result of the Germans’ demolition “waste” recycling. It was a pinky looking aggregate with pieces of handmade brick, old tiles, and discernible parts of useful old items mixed with crushed concrete. Is this the future for Europe?

Upsizing was the title of the German edition of a book about upcycling first published in English in 1998 by Gunter Pauli and given the revised title of Upcycling in 1999. The German edition was adapted to the German language and culture by Johannes F. Hartkemeyer, then Director of the Volkshochschule in Osnabrück. The concept was later incorporated by William McDonough and Michael Braungart in their 2002 book Cradle to Cradle: Remaking the Way We Make Things. They state that the goal of upcycling is to prevent wasting potentially useful materials by making use of existing ones. This reduces the consumption of new raw materials when creating new products. Reducing the use of new raw materials can result in a reduction of energy usage, air pollution, water pollution and even greenhouse gas emissions.

This is a significant step towards regenerative design culture where the end products are cleaner, healthier, and usually have a better value than the material inputs. For example, during the recycling process of plastics other than those used to create bottles, many different types of plastics are mixed, resulting in a hybrid. This hybrid is used in the manufacturing of plastic lumber applications. However, unlike the engineered polymer ABS which hold properties of several plastics well, recycled plastics suffer phase-separation that causes structural weakness in the final product.

In 2009, Belinda Smith from Reuters wrote that upcycling had increased in the rich countries but observed that upcycling was a necessity in poorer ones:

Supporters of the environmentally friendly practice of upcycling say people in developing countries have effectively been upcycling for years, using old packaging and clothing in new ways, although more out of need than for the environment. But upcycling is now taking off in other countries, reflecting an increased interest in eco-friendly products, particularly ones that are priced at an affordable level and proving profitable for the manufacturers. “If upcycling is going to become mainstream, then the corporate world needs to see that it can be profitable,” said Albe Zakes, spokesman of U.S. company TerraCycle which specializes in finding new uses for discarded packaging. A growing number of companies are focusing on upcycling although the trend is still in its infancy with industry-wide figures yet to be produced.[3]

Upcycling has shown significant growth across the United States and the World. For example, the number of products on Etsy, Pinterest or Upcycle Studio tagged with the word “upcycled” increased from about 7,900 in January 2010 to nearly 30,000 a year later .[4] As of April 2013, that number stood at 263,685 [5]

Material downcycling occurs when it is either not possible or uneconomic to restore materials to their original quality, for example, when wrought aluminium alloys are melted to produce lower-grade casting alloys.[6] Material upcycling, in the thermodynamic sense, is only possible if even more energy is added to upgrade the material quality.[6] Two guiding questions to ask when assessing recovering for waste materials or products are: How much energy is required to restore the recovered material back to the desired material or product?, and, How does this quantity compare with obtaining the desired material or product from virgin or primary sources? In some cases, little energy is required to reuse a discarded product, for example, secondhand clothing. In other cases, the energy required to recover the materials is more than the energy required to process virgin material.[6]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

upcyclingの使い方と意味

  • upcycling

    【名】

      アップサイクリング◆使用済みの物や再生品を使って、元の製品より付加価値の高い物に作り替えること。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

7.7B views

.tiktok-19oeoo6-DivDesc{padding-top:24px;}@media screen and (max-width: 767px){.tiktok-19oeoo6-DivDesc{padding-top:16px;}}

.tiktok-l2256b-PTitle{color:rgba(22, 24, 35, .5);font-family:ProximaNova,Arial,Tahoma,PingFangSC,sans-serif;font-weight:600;font-size:16px;line-height:22px;word-break:break-word;}@media screen and (max-width: 767px){.tiktok-l2256b-PTitle{font-size:14px;line-height:20px;}}.tiktok-1grriyf-PBody{color:rgba(22, 24, 35, .5);font-family:ProximaNova,Arial,Tahoma,PingFangSC,sans-serif;font-weight:500;font-size:16px;line-height:22px;margin-top:8px;word-break:break-word;}@media screen and (max-width: 767px){.tiktok-1grriyf-PBody{font-size:14px;line-height:20px;}}

Give old things new life and show us how you upcycle!

.tiktok-1rxc7na-DivShareActions{position:absolute;top:11px;cursor:pointer;right:52px;}

.tiktok-3anilq-StyledShareIcon>path{stroke:rgba(22, 24, 35, 1);}

.tiktok-jzplnh-DivMoreActions{position:absolute;top:11px;cursor:pointer;right:12px;}.tiktok-1qb12g8-DivThreeColumnContainer{width:100%;}

.tiktok-yvmafn-DivVideoFeedV2{display:grid;grid-gap:24px 16px;grid-template-columns:repeat(auto-fill, minmax(184px, 1fr));}

.tiktok-x6y88p-DivItemContainerV2{border-radius:4px;}

.tiktok-x6f6za-DivContainer-StyledDivContainerV2{position:relative;width:100%;border-radius:4px;overflow:hidden;}

.tiktok-yz6ijl-DivWrapper{position:absolute;top:0;left:0;right:0;bottom:0;}

.tiktok-1yvkaiq-CanvasPlaceholder{display:block;visibility:hidden;height:100%;}@media screen and (max-width: 479px){.tiktok-1yvkaiq-CanvasPlaceholder{width:100%;height:auto;}}.tiktok-1wa52dp-DivPlayerContainer{position:absolute;left:0;top:0;width:100%;height:100%;}

.tiktok-1jxhpnd-DivContainer{width:100%;height:100%;overflow:hidden;position:relative;background-color:rgba(22, 24, 35, .06);-webkit-background-size:cover;background-size:cover;background-repeat:no-repeat;-webkit-background-position:center;background-position:center;display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-align-items:center;-webkit-box-align:center;-ms-flex-align:center;align-items:center;-webkit-box-pack:center;-ms-flex-pack:center;-webkit-justify-content:center;justify-content:center;}

.tiktok-1itcwxg-ImgPoster{width:100%;height:100%;object-fit:cover;}

.tiktok-ie5x9-DivCardAvatar{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-align-items:center;-webkit-box-align:center;-ms-flex-align:center;align-items:center;overflow:hidden;margin-top:2px;position:absolute;bottom:0;box-sizing:border-box;width:100%;height:60px;background:linear-gradient(180deg, rgba(18, 18, 18, 0) 0%, rgba(0, 0, 0, .5) 100%);margin-top:0;padding:24px 12px 12px;}

.tiktok-bvd0yj-StyledAvatar{-webkit-flex:none;-ms-flex:none;flex:none;}.tiktok-1jyuavr-SpanAvatarContainer-StyledAvatar{display:inline-block;box-sizing:border-box;margin:0;padding:0;font-feature-settings:”tnum”;position:relative;overflow:hidden;color:#fff;white-space:nowrap;text-align:center;vertical-align:middle;line-height:32px;border-radius:50%;background-color:rgba(136, 136, 136, 0.5);-webkit-flex:none;-ms-flex:none;flex:none;}.tiktok-nafpq5-StyledLink{overflow:hidden;}.tiktok-p2k2qd-PUserTitle{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-align-items:center;-webkit-box-align:center;-ms-flex-align:center;align-items:center;font-size:16px;line-height:22px;color:rgba(255, 255, 255, 1);white-space:nowrap;overflow:hidden;margin-left:4px;}.tiktok-p2k2qd-PUserTitle:hover{-webkit-text-decoration:underline;text-decoration:underline;}

.tiktok-gyywni-H4UserName{font-family:ProximaNova,Arial,Tahoma,PingFangSC,sans-serif;font-weight:600;-webkit-flex:1;-ms-flex:1;flex:1;overflow:hidden;text-overflow:ellipsis;color:rgba(255,255,255,1.0);}

evegreenberg

.tiktok-1okfv2l-DivTagCardDesc-StyledDivTagCardDescV2{font-family:ProximaNova,Arial,Tahoma,PingFangSC,sans-serif;font-weight:400;padding:2px 4px 8px;cursor:hover;height:28px;overflow:hidden;box-sizing:content-box;padding-bottom:0;}

.tiktok-qmnyxf-SvgContainer{display:block;margin:6px auto;}.tiktok-dt84ji-Circle{stroke-width:0;r:36px;cy:99px;fill:#fe2c55;cx:128px;-webkit-animation:animation-1gjz153 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;animation:animation-1gjz153 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;fill:#000;}@-webkit-keyframes animation-1gjz153{25%{cx:100px;r:24px;}50%{cx:60px;r:36px;}75%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}100%{cx:140px;r:36px;}}@keyframes animation-1gjz153{25%{cx:100px;r:24px;}50%{cx:60px;r:36px;}75%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}100%{cx:140px;r:36px;}}.tiktok-nuz7yg-Circle{stroke-width:0;r:36px;cy:99px;fill:#3af2ff;cx:60px;-webkit-animation:animation-1u0u36m 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;animation:animation-1u0u36m 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;fill:#000;}@-webkit-keyframes animation-1u0u36m{25%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}50%{cx:140px;r:36px;}75%{cx:100px;r:21.599999999999998px;}100%{cx:60px;r:36px;}}@keyframes animation-1u0u36m{25%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}50%{cx:140px;r:36px;}75%{cx:100px;r:21.599999999999998px;}100%{cx:60px;r:36px;}}.tiktok-1ibclz-Circle{stroke-width:0;r:36px;cy:99px;fill:#0f0f0f;cx:60px;-webkit-animation:animation-1u0u36m 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;animation:animation-1u0u36m 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;}@-webkit-keyframes animation-1u0u36m{25%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}50%{cx:140px;r:36px;}75%{cx:100px;r:21.599999999999998px;}100%{cx:60px;r:36px;}}@keyframes animation-1u0u36m{25%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}50%{cx:140px;r:36px;}75%{cx:100px;r:21.599999999999998px;}100%{cx:60px;r:36px;}}.tiktok-1ie96h1-Circle{stroke-width:0;r:36px;cy:99px;fill:#3af2ff;cx:60px;-webkit-animation:animation-1u0u36m 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;animation:animation-1u0u36m 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;}@-webkit-keyframes animation-1u0u36m{25%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}50%{cx:140px;r:36px;}75%{cx:100px;r:21.599999999999998px;}100%{cx:60px;r:36px;}}@keyframes animation-1u0u36m{25%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}50%{cx:140px;r:36px;}75%{cx:100px;r:21.599999999999998px;}100%{cx:60px;r:36px;}}.tiktok-162i5jd-Circle{stroke-width:0;r:36px;cy:99px;fill:#fe2c55;cx:128px;-webkit-animation:animation-1gjz153 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;animation:animation-1gjz153 1s cubic-bezier(.05, 0, 1, 1) infinite;}@-webkit-keyframes animation-1gjz153{25%{cx:100px;r:24px;}50%{cx:60px;r:36px;}75%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}100%{cx:140px;r:36px;}}@keyframes animation-1gjz153{25%{cx:100px;r:24px;}50%{cx:60px;r:36px;}75%{cx:100px;r:43.199999999999996px;}100%{cx:140px;r:36px;}}

詳細については、次の URL をご覧ください。……

アップサイクルとは

アップサイクルとは、廃棄物や不用品に新しい価値を付加してさらに価値の高いものを生み出す仕組みのことを意味します。この時点で、「なるほど、リサイクルのことね」と思った方は多いかもしれません。ですがアップサイクルとリサイクルは別ものです。

リサイクルは不用品を一度資源に変え、それを原材料として新たな製品を作ることを言います。

アルミ缶のリサイクルではアルミ缶を一旦アルミニウムに戻し、別の製品を作りますよね。この場合、「さらに価値の高いもの」を生み出していないため、アップサイクルとは言えません。

もうひとつ、比較される似た言葉に「リユース」があります。

リユースは繰り返し利用するという意味。牛乳瓶を洗浄して再利用する、不用品を販売し別の誰かに使ってもらうことなどがリユースの例です。製品自体の価値は変わらないため、これもアップサイクルとは異なります。

アップサイクルの例については、この記事の後半で紹介しますが、例えば古くなったシャツをアレンジしてファッショナブルなシャツに変えたり、空き瓶を花瓶などのインテリアとして使用したりすることが、身近なアップサイクルの事例として挙げられます。

アップサイクルが注目される理由

今なぜアップサイクルが注目されているのか、その理由はアップサイクルが環境問題改善を目指すSDGsの一貫としての取り組みだからです。

SDGsとは「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)のこと。2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にも記載されている、2030年まで世界中で継続的に注力する取り組みです。

アップサイクルがなぜ環境問題改善に関係しているのか、それはCO2(二酸化炭素)の排出量を抑えることができるから。リサイクルも同様にCO2を抑える効果がありますが、不要になった部分はゴミとして焼却する必要があるため、アップサイクルほどの効果は狙えません。

これまでの取り組みとして知られる「3R(リサイクル、リユース、リデュース)」でも不用品を減らすことはもちろん可能です。

ですが、3Rが「再資源化」を目的としているのに比較して、アップサイクルは製品をもっと良いものに新しく作り替える点が大きな特徴。結果的に、1つのものを長持ちさせやすい点もアップサイクルのメリットですね。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード upcycling upcycling

OWIMO, OWIMO Design, OWIMO Upcycling, OWIMO Design Upcycling, Design, Upcycling, Design Upcycling, Kinder, Kinderschuerze, Schuerze, Kueche, Kuechenhandtuch, Handtuch, Upcycling Idee, Tolles Upcycling, DIY, selbstgemacht, Upcycling Anleitung, Upcycling Tutorial, kreatives Upcycling, Cleveres Upcycling, Gehaekelte Blumen, Basteln, Bastelidee, selber machen, super Idee, Dekoration, kleben, naehen, praktisch, band, jeans, Jeanstasche, Hose, alte Jeans, Kind, Junge, Maedchen, aus alt mach neu

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button