Entertainment Japanese news daily

牛追い 祭り| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

牛追い 祭り, /%e7%89%9b%e8%bf%bd%e3%81%84-%e7%a5%ad%e3%82%8a,

Video: 闘牛~屋慶名闘牛場

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

牛追い 祭り, 2013-11-22, 闘牛~屋慶名闘牛場, , kumiken34

,

歴史[編集]

聖フェルミン[編集]

フェルミン英語版(272年 – 303年)はパンプローナから選出された古代ローマ元老院議員の息子で、3世紀に聖サトゥルニヌス英語版[注釈 1]とその弟子の聖オネストゥス英語版によってキリスト教徒に改宗したとされている。伝承によれば、現在は「聖セルニンの小井戸」[注釈 2]として知られている場所で、フェルミンは聖サトゥルニヌスによって洗礼を受けた[7]。フェルミンはトゥールーズ(現フランス)で聖職者に叙任され、パンプローナに戻ると初の司教となった[8]ナバーラ地方のキリスト教化に貢献したとされているが、後に行われた伝道目的の航海の途中、アミアン(現フランス)で斬首されてカトリック教会殉教者となった[7][9]

サン・フェルミン祭の参加者が首に赤いスカーフを巻くのは、斬首刑となったフェルミンの受難を思い出すためとされる[10]。フェルミンは303年9月25日に死去したと信じられており、遺骨は1196年にパンプローナに帰ってきた。12世紀にはパンプローナの守護聖人として崇拝されたという記録が残っており、聖フランシスコ・ザビエルが聖フェルミン同様にパンプローナの守護聖人となる以前から敬われてきた[11]。聖フェルミンと聖ザビエルはナバーラの守護聖人でもある[7]。なお、実際にはバスク地方にキリスト教がもたらされたのは伝承よりも遅いとされており、隅々まで広まったのは10世紀近くだったとされている[8][12]

起源[編集]

サン・フェルミン祭は中世に行われていたふたつの行事に起源をもっている[13]。長年にわたって、パンプローナでは夏の初めに商業見本市が開催されており、牛などを連れた家畜商人が訪れては、やがて祭礼の伝統の一部となる闘牛が行われた[13]。具体的には14世紀に闘牛が行われたという記録が残っている。

商業見本市のほかに、10月10日には町の守護聖人を称える宗教儀式が行われていた[13][11][注釈 3]。1591年には商業見本市と宗教儀式を同時に行うため、また気候の良い時期に変更したほうがよいという声が大きかったため、宗教儀式は7月7日に変更された[13][11]。ふたつの行事が合体したこの年がサン・フェルミン祭の始まりであると考えられている。中世のサン・フェルミン祭では、開会宣言、音楽イベント、スポーツ大会、劇場でのイベント、闘牛、ダンス、花火などが行われた[13]。13世紀のパンプローナは3体の巨大人形を所有し、17世紀までには6体の巨大人形が大聖堂に属していたことが知られている[14]エンシエロは17世紀に現れ、18世紀には外国人が祭礼に参加したことや、祭礼中の過度の飲酒や自堕落なふるまいへの懸念が記録されている[13]。巨大人形のパレード[注釈 4]は19世紀半ばの終わりまでに行われるようになった[13]。1844年にはパンプローナ市初の闘牛場が建設された。

現代[編集]

現代の祭礼は世界的な名声を博し、毎年多くの外国人観光客を受け入れている。これにはジャーナリストでもあったアメリカ人作家アーネスト・ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』(1926年)[注釈 5]の舞台となったことが深く関連している[15]。ヘミングウェイは1923年にパンプローナを初めて訪れると、サン・フェルミン祭のエンシエロに魅了され[11]、滞在中にはラ・ペルラ・ホテル[15]やイルニャ・カフェなどに足を運んでいる。彼は牛追いや闘牛に入れ込んだが、地元住民に交じって走ることはしなかった。ヘミングウェイは1959年までに何度もパンプローナを訪れており[15]、闘牛場の脇には死後の1968年に建てられた石像があるほか[4][11][16]、石像周辺はヘミングウェイ遊歩道と名付けられている。ヘミングウェイはパンプローナやスペインの他都市での闘牛観戦経験を基にし、1932年には闘牛の解説書である『午後の死』(Death in the Afternoon)を著している。現在の形式は1981年に始まったものであり、パンプローナ市長、市議会議員、巨大人形の製作責任者、若者集団、警察、赤十字、商工会議所、起業家団体、慈善事業団体などで構成される委員会によって運営されている[11]

詳細については、次の URL をご覧ください。……






その起源は、12世紀初頭に遡る伝統的な牛追い祭り(サン・フェルミン祭)。バレンシアの火祭り、セビリアの春祭りとともにスペイン三大祭とされています。
中でもエンシエロ(牛追い)は超有名で、別名「牛追い祭り」と呼ばれるほど。
普段は人口20万人のパンプローナに毎年100万人以上の人が訪れ、牛追いだけでなく闘牛や花火、ダンス、音楽パレードを楽しみます。
そんな熱狂のサン・フェルミン祭をご紹介!


パンプローナが最も熱くなる9日間!牛追い祭りは早朝から深夜まで、
楽しいイベント盛りだくさん!

起源は、聖フェルミンを祭るための伝統的祭典ヘミングウェイの名作『陽はまた昇る』の
舞台になり、世界的なお祭りに!

牛追い祭りは当初、パンプローナの守護聖人である聖フェルミンを称える宗教儀式でしたが、文豪ヘミングウェイが小説の舞台にしたことにより世界的に知られる祭礼となりました。
牛追いや闘牛はもちろんのこと、早朝のパレードから深夜まで続くダンスや音楽、大道芸など楽しめるイベントは尽きることがありません!
開会宣言は7月6日正午。人で埋め尽くされた市庁舎広場で行われます。
市長の発する「パンプローナ市民たちよ!ビバ・サン・フェルミン!」の声に、参加者たちが「ビバ!」と応えると同時にロケット花火が打ち上がり、華々しく開幕します。そこかしこからシャンパンや生卵が投げられるので、参加するなら汚れても良い服装で!

パンプローナ行き航空券を見る

※バルセロナまたはマドリードから陸路もしくは空路

牛追い祭りを超楽しむ!①ド迫力のエンシエロ(牛追い)を
生で見よう!

牛追い祭りの目玉は、なんといっても牛追い!そもそもは、その日闘牛で戦う牛を闘牛場まで移動させることが始まりとなっていたのですが、いつのころから牛の前を走るランナーが増えていき、現在では1,000人以上が参加する行事となりました。
期間中毎朝8時から行われ、闘牛場までの約800mを荒ぶる牛とともに駆け抜けます。
牛追い自体に競技性はなく、己の勇敢さや度胸が試すことが参加の動機となるとのこと。全速力で走る牛の前を走ることができた人は勇者となり、名誉を得ることでしょう。
参加にも厳しい制限はなく、18歳以上であれば国籍、性別不問。白い服で、首に赤いバンダナを巻き、腰には赤い紐が参加者の服装。しかしながら毎年けが人が出て、時には死者もでる非常に危険な行事なので、見学の方が無難!

パンプローナ行き航空券を見る

※バルセロナまたはマドリードから陸路もしくは空路

  • 牛追い祭りを超楽しむ!②
    連日花型闘牛士が登場する「闘牛」にも注目!

    牛追いで闘牛場に到着した牛たちで、その日の夕方6時半から闘牛が行われます。手に汗握る情熱的なステージにきっと夢中になるはず!パンプローナ闘牛場は世界で4番目に広く、期間中は毎日開催されますが、チケットの入手が困難なので事前の確認が必要。

    パンプローナ行き航空券を見る

    ※バルセロナまたはマドリードから陸路もしくは空路

  • 牛追い祭りを超楽しむ!③
    大きさ4m級!巨大人形たちのパレード!

    4日目〜7日目に行われる、巨大人形のパレードも圧巻!巨大人形はいくつかに分類され、その中でも一番大きい人形の全長はなんと4m!音楽隊とともに町を練り歩き、牛追い祭りの終わりには燃やされてしまうと言う、なんとも豪快な最期を迎えます。

    パンプローナ行き航空券を見る

    ※バルセロナまたはマドリードから陸路もしくは空路

混雑必至の牛追い祭り、ホテルを予約するならどこ?

  • パンプローナ

    言わずもがなの、お祭りの現地。しかしながら期間中にホテルを予約することはとても困難なので、早い時期に予約ができるか確認が必要。

    → パンプローナのホテルを探す

  • プエンテ・ラ・レイナ

    「王妃の橋」と言う町の名前の由来となった橋のある小さな町。パンプローナからバスで約40分と、比較的近い場所にあります。

    → ブエンテ・ラ・レイナのホテルを探す

  • ログローニョ

    スペイン有数のワインの生産地で知られる町。9月の収穫祭にはこの地にたくさんの観光客が訪れます。パンプローナから特急バスで約60分。

    → ログローニョのホテルを探す

PICK UP !パンプローナまではどうやって行く?

パンプローナへの直行便はないので、マドリードやバルセロナなどを経由して陸路、または空路で現地に向かいます。
所要時間は、マドリードから電車で約3時間、バスで約5〜7時間、飛行機なら約1時間。バルセロナからは、電車で約3時間、バスで約6時間半、飛行機なら約1時間10分ほどです。バスの方が時間はかかりますが、価格は安いので(大体€30〜€36くらい)旅程にあった交通手段で現地に向かうと良いでしょう。

パンプローナ行き航空券を探す




素通りなんてできない!スペインで最も活気ある都市バルセロナも一緒に楽しもう!!

バルセロナの基本情報ガウディ建築をはじめとする、アートあふれる活気に満ちたスペイン第2の都市

バルセロナは、首都マドリードに次ぐ第2の都市で、カタルーニャ
地方の州都。雨も少なく、気候は一年通して穏やかです。ベストシーズンは4月〜10月。
スペイン全土に共通で特長的なのは生活時間で、昼食が14時〜、夕食が21時〜が一般的です。昼下がりから食事とともにワインを楽しんでいる人々をよく見かけます。
ヨーロッパ建築が街中にあふれているので、散策するだけでも充分見応えがあります。また、市内のどこへ行くにも地下鉄やバスなど公共の交通機関がしっかりしているため、便利です。

バルセロナ行き航空券を見る

バルセロナに来たらはずせない!絶対行きたいおすすめスポット

  • サグラダ・ファミリア聖堂

    バルセロナを象徴する建築家、ガウディの最高傑作。大きな外観の細かい装飾にも圧倒されますが、中に入ると外観からは想像もつかないほど美しく幻想的でなステンドグラスの光に包まれます。どこに目をやっても美しく、言葉になりません。
    事前予約が無い場合、入場するのだけでとても時間がかかってしまうので、ネットで入場予約をしてから訪問を。

    → 近くのホテルを探す

  • グエル公園

    こちらもガウディの傑作。もともとは富裕層向けの庭園住宅として建設されたが、買い手がつかなかったために市の公園として寄付されました。
    「ギリシア劇場」と名付けられた110m続く波立つベンチからはバルセロナが一望できて、見晴らしが抜群。このベンチは埋め込まれているタイルが美しいだけでなく、長時間座っていられるように配慮されて作られているのだとか。

    → 近くのホテルを探す

とにかく食事がなんでも美味しい!本場のスペイン料理を食べつくそう

  • パエリア

    スペインと言えばやっぱりこれ!エビやイカ、ムール貝を使用した魚介のパエリアが有名ですが、鶏肉を使ったものやイカスミまで種類が豊富。ぜひ色々な種類のパエリアに挑戦してみよう♪

  • ハモン・セラーノ(生ハム)

    スペインを代表する生ハム。イタリアのプロシュート、中国の金華火腿と並ぶ世界3大ハムのひとつ。鮮やかなピンク色とで柔らかい食感と塩気が美味しい。手頃な値段でたくさん食べられるのも現地ならでは。

  • ワイン・ビール・サングリア

    アルコール類が安いのに美味しい!1リットル入るワイングラスで運ばれるサングリア、ソフトドリンクより安いワイン。もちろんビールも美味しい。飲み過ぎ注意ですけども、ぜひ食事と一緒に楽しみたいですね。

  • カラコレス(エスカルゴ)

    カラコレスはスペイン語で「エスカルゴ」の意味。フランス料理でもおなじみですが、スペインでは赤ワインやトマトベースのピリ辛スープで煮込むのが有名。バルセロナにある「ロス・カラコレス」と言う老舗レストランのカラコレスは絶品。

PICK UP !バルセロナレストラン・バル事情

レストランやバルに行ったとき、だいたいのお店で、英語のメニューとスペイン語のメニューが用意されます。一見英語のメニューのほうが料理の予想を立てやすく思えるのですが、日本でスペイン料理を食べるときに、現地の料理名(アヒージョやパエリアなど)を呼んで注文をしているため、意外とスペイン語のメニューを見たほうが食べたいものを選べることがあります。レストランやバルに入るときはぜひ参考にしてみてください。
レストランに限らず、スペインの人と接するときに一番大事なのは、挨拶!お店に入ったら「オラ(こんにちは)」。サーブを受けたら「グラシアス(ありがとう)」。お店を出るときは「アディオス(さよなら)」。店員さんも笑顔で気持ちのよい接客をしてくれます。

パンプローナ行き航空券を探す




※2015年5月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

詳細については、次の URL をご覧ください。……

サン・フェルミンの牛追い祭り


Pamplona-Iruña, ナバーラ 

(ナバーラ特権州)


パンプローナ(ナバラ州) サン・フェルミン祭の巨大人形のパレードで見られる大頭のサルディコスまたはカバリート


パンプローナ(ナバラ州) サン・フェルミン祭のフィナーレ


©

sanfermin.pamplona.es



パンプローナ(ナバラ州) サン・フェルミン祭で踊られる伝統的ダンス


©

sanfermin.pamplona.es



パンプローナ(ナバラ州) サン・フェルミン祭のフィナーレ


©

sanfermin.pamplona.es



たくさんの人々がパンプローナ(ナバラ州) サン・フェルミン祭のフィナーレの歌「ポブレ・デ・ミ(かわいそうな私)」を歌う


©

sanfermin.pamplona.es



たくさんの人々がパンプローナ(ナバラ州) サン・フェルミン祭の開会宣言「チュニパソ」に集まる


©

Ethan Weil



パンプローナ(ナバラ州) サン・フェルミン祭の巨大人形のパレードの中でも象徴的存在となっている大頭のキリキス


©

San Fermín



パンプローナ(ナバラ州) サン・フェルミン祭のフィナーレ


パンプローナ(ナバラ州) サン・フェルミン祭の伝統的ダンス

イベントカレンダー

ご興味のありそうなその他イベント


詳細については、次の URL をご覧ください。……

スペイン最大のお祭り「牛追い祭り」に行ってみた

サンフェルミン祭とは?

「サンフェルミン祭」でピンとこない方も「牛追い祭り」と言えばピンとくるのではないでしょうか。
毎年7月6日から14日にかけて、北スペインにある街「パンプローナ」で行われる祭りのハイライトのひとつが牛追いです。

お祭りは7月6日正午よりスタートします。
パンプローナ市庁舎前広場は、1万人以上の人たちが白い装束と赤いスカーフを巻いています!
そして、翌日の7月7日(七夕の日ですね!)8時ちょうどに、このお祭りのハイライト、牛追い(Encierro)が開催されます。

エンシエロ

実際は、人が牛を追うのではなく、牛に追われて走るということを知っていましたか?
スペイン語では牛追いのことを”エンシエロ”と言い、”囲う”という意味だそうです。
サン・フェルミンはパンプローナの守護聖人で、祭りの期間中は、毎夜、闘牛が行われます。
祭りで催される闘牛用の牛を、街のはずれから闘牛場へ移動させます。それがエンシエロなのです。

エンシエロは7日から毎朝8時に行われます。この日ばかりは、朝7時までには街に到着しないと通行止めになり見学ができません。
ツアーで指定されたバルコニーで今か今かとその時を待ちました。お向かいのバルコニーも両隣も上下もバルコニーから身を乗り出して写真を撮る人がいっぱいです。

バルコニーというバルコニーが人で溢れています。徐々に牛に追われる人たちが牛追いルートの位置に着き始めると、一気に気分が盛り上がってきます。道はお決まりのユニフォームに身を包んだ人たちであふれています。
白いシャツ、白いズボン、赤い腰巻、首に赤いバンダナがユニフォームです。
手には丸めた新聞紙を持っています。毎年800人程、牛に追われる人たちが参加するそうです。
観光客は、ガイドから渡された赤いバンダナを首に巻き、観客側として祭りに参加します。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button