Entertainment Japanese news daily

tokyo broadcasting system| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

tokyo broadcasting system, /tokyo-broadcasting-system,

Video: 【炎の体育会TV 那須川天心 重大発表 キックボクシング引退へ ボクシングデビュー 新メンバー発表 2021年4月10日】那須川天心が60秒間ピンポン玉をかわしまくる 那須川龍心 ※映像音声ありません from YouTube · Duration: 37 minutes 59 seconds

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

tokyo broadcasting system, Apr 10, 2021, 【炎の体育会TV 那須川天心 重大発表 キックボクシング引退へ ボクシングデビュー 新メンバー発表 2021年4月10日】那須川天心が60秒間ピンポン玉をかわしまくる 那須川龍心 ※映像音声ありません from YouTube · Duration: 37 minutes 59 seconds , , ハリウッド.T

,

お問い合わせの前に

このページは、TBSのテレビをご覧になった視聴者の方のためのページです。お問い合わせの前に下記の「よくある質問と答え」に同じ内容の質問がないかどうかをお確かめください。下記以外で、放送した番組内容に関してのお問い合わせのある方は、下記の連絡先からお問い合わせください。お仕事関係のお問い合わせに関してはTBS代表03-3746-1111(※)まで、お電話でお問い合わせください。

※適切な対応を図るため、通話を録音するとともに発信者番号が記録されます。発信者番号を非通知に設定されている場合は、その設定を解除して(186 03-3746-1111に)おかけください。

頂いたご意見・ご感想は全て担当者が目を通し、番組制作の参考および業務向上のために使わせていただきます。なお、ご質問・ご意見に関してお返事を差し上げられない場合がありますので、ご了承ください。

ページトップへ

Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

1955年4月1日、日本国内の民間放送テレビ局として日本テレビに次ぐ2番目に開局し、同時に東京で唯一のテレビ・ラジオ兼営局となった(2001年に分社化)。当時のラジオ東京はニュースネットワーク(JNN)を形成するにあたって新聞色の払拭を進めたことで、多くの地方局をJNNへ取り込むことに成功し、強力な報道体制を確立した。

一方、現「株式会社TBSテレビ」は元々東京放送の娯楽番組制作を手掛ける制作プロダクション「株式会社TBSエンタテインメント」として設立されたことから、2009年3月まで放送免許は親会社の東京放送が保有していた為、日本民間放送連盟(民放連)に加盟していなかった。

同年4月1日付で東京放送(同日に「株式会社東京放送ホールディングス」に商号変更)が事業分割され、テレビ放送免許の承継を含むテレビ放送事業と、赤坂サカス赤坂BLITZといった各種施設の運営や催事などの文化事業を承継して、「TBS」の略称を継承した。制作プロダクションから一般放送事業者(現・民間特定地上基幹放送事業者)に転じ、民放連にも加盟した。その他、TBSラジオから同社送信所埼玉県戸田市)の保守管理業務を受託していた。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

アナウンスセンター 管理職[編集]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

  • 2000年3月21日、東京放送(当時。現:TBSホールディングス)の番組制作部門が分社化され、ドラマ、バラエティ、音楽番組などを制作する株式会社TBSエンタテインメント、スポーツ番組を制作する株式会社TBSスポーツを設立。さらに2001年(平成13年)には情報番組を担当する株式会社TBSライブを設立、番組は分社化した各社が「制作」、東京放送が「製作著作」という形になった。
  • 2004年10月1日、東京放送は上記の制作分社3社に合併、さらに東京放送本体にあった編成・報道・テレビ営業等を統合して放送(送信)と総務・経理を除くテレビの現業部門全般を行う東京放送のテレビ事業会社「株式会社TBSテレビ」(法人格上は旧TBSエンタテインメント)を設立しテレビ番組制作を業務委託、TBSテレビが「制作」、東京放送が「製作著作」という形となった。
  • 2009年4月1日、東京放送は「東京放送ホールディングス」(TBSHD)に商号変更し放送持株会社体制に移行、同時に放送免許の承継を含むテレビ放送事業の現業全てをTBSテレビに事業分割したため、TBSテレビが一般放送事業者→民間特定地上基幹放送事業者となり、TBSテレビが「製作著作」という形になった。但し、同日にTBSテレビの略称が「TBS」に変更されたため、エンドロールは「製作著作:TBS」の表示は変わらず、逆に「制作:TBSテレビ」の表示が消える形になっている(一部番組ではまだ表示がある)。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

1984年1月、東京放送(TBS。現・TBSホールディングス)の山西由之社長(当時)が「放送センター建設」の意思を表明した[2]。ほかの在京キー局と比べ、TBSは社有地が比較的に広大なため(戦前期は近衛歩兵第3連隊の司令部)、別館ビルとゴルフスタジオ[注 1]を取り壊すことで移転せずに新社屋を建設することが可能だった。1985年、放送センター特別委員会が報告書を提出した。その内容は、TBSの赤坂に社有地と払下げを求める国有地を合わせた66,729㎡の土地に、延べ床面積66,759㎡の放送センターを建設する。放送センターにラジオスタジオ八つ、テレビスタジオ五つを設置、TBSの全機能を集約する[3]

1990年5月14日、TBSが新社屋建設計画を正式に公表した。建設計画も修正され、ラジオスタジオが八つ、テレビスタジオが六つ(うち報道スタジオとパノラマスタジオ一つずつ)になった。スタジオは主に低層部と中層部に設置する[3]。工事の総工費は1,200億円、うち500億円は社債で賄う[4]

1991年5月21日、TBSが起工式を行い、放送センターの工事を開始した。その後、1994年4月25日に竣工式を行い、2年11か月を費した放送センターの工事を完成した。竣工式の翌日から局舎の移転作業がはじまり、主に土日を利用して作業した[5]。1994年10月3日早朝、TBSのテレビとラジオの送出が新放送センターに切り替えられた。新放送センターから最初に放送したテレビ番組は、5時25分からの5分間特別番組「ニューTBS 輝き!のスタート」[6]、ラジオ番組は5時からの「起き抜け一番!榎さんのニュース&ミュージック」。

放送センターの竣工後、アメリカCBS、ドイツZDF、ロシアRTR、韓国YTNの東京支局もTBS放送センターに設置した[7]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[ソースを編集]

1951年に「株式会社ラジオ東京」として設立、設立当初は一般放送事業者(現:民間特定地上基幹放送事業者)として中波放送事業を、1955年にアナログテレビジョン放送を開始。在京民間放送唯一のラテ兼営局となり、コールサインの「JOKR」からラジオは「KRラジオ」、テレビは「KRテレビ」と称する。

1960年10月10日には東京証券取引所に株式を上場。同年11月29日に商号を「株式会社東京放送」(とうきょうほうそう、英: Tokyo Broadcasting System, Inc.)、略称を「TBS」に変更した。

2000年3月21日、東京放送は経営の効率化を目的に、ラジオ放送制作部門とテレビ番組制作部門を子会社に分割、2001年10月1日、ラジオ放送制作子会社の「株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ(現:TBSラジオ)」に中波放送免許を承継し、中波放送事業を完全分割した。この動きは将来の持株会社制への移行を想定したものといわれている。

2009年4月1日、「株式会社東京放送ホールディングス」(とうきょうほうそうホールディングス、英: Tokyo Broadcasting System Holdings, Inc.、通称表記:TBSホールディングス)に商号変更、放送免許の承継を含むテレビジョン放送事業及び文化事業の現業一切を連結子会社である株式会社TBSテレビに分割して純粋持株会社化し、総務大臣から認定された日本で2番目[注 2] の認定放送持株会社となった。

2020年4月1日、TBSグループの新CI導入によるロゴ変更に伴い、東京放送ホールディングスも新CIが導入されロゴも一新した。同時に、従前から使用されていたシンボルマーク「ジ〜ン」も使用終了となった[注 3]

2020年10月1日、「株式会社東京放送ホールディングス」の略称および通称として用いてきた「株式会社TBSホールディングス」に商号変更。これにより、60年にわたり掲げ続けてきた「東京放送」の名が、東京放送健康保険組合、東京放送診療所、TBSテレビの英文社名「Tokyo Broadcasting System Television, Inc.」を残し消滅した[注 4]

テレビ放送事業[ソースを編集]

テレビ放送事業は2004年10月1日付で、先に制作会社として設立されていた「株式会社TBSテレビ」(「株式会社TBSエンタテインメント」から商号変更)に、放送(送信)と経理以外のテレビ放送事業の現業全般を業務委託した。これにより、東京放送自身では番組制作を一切行わないこととなり、実質的にテレビ放送事業を分社化していた。業務委託化に伴い、東京放送所属のアナウンサーがTBSテレビへ出向となり、翌年から入社のアナウンサーはTBSテレビへの採用となった。

2009年4月の放送持株会社移行の際、放送免許の承継を含めテレビ放送事業の全てをTBSテレビに分割した。同時に、東京放送からTBSテレビに出向していたアナウンサーは同日を以て、全員がTBSテレビへ自動的に転籍した。

ラジオ放送事業[ソースを編集]

ラジオ放送事業は2001年10月1日付で、先に制作会社として設立されていた「株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ」に、放送免許承継を含め全事業を分割した。

2009年4月の放送持株会社移行の際、デジタルラジオ事業の運営をTBSラジオ&コミュニケーションズから当社へ移管した[4]

2016年4月1日付で、「株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ」から、対外呼称・呼出名称に揃える形で商号を「株式会社TBSラジオ」に変更した[5]

ラジオ送信所の保守管理は、分社後も東京放送が引き続き受託していたが、2009年4月の放送持株会社移行後はTBSテレビに移管して引き続き委託していた。現在は、自社で保守管理を行っている。

アナウンス業務も同様に、東京放送→TBSテレビ所属のアナウンサーが行っているため、自社ではアナウンサーの雇用を行っていない。

本来の略称は「TBS R&C」→「TBS R」であるが、本来TBSテレビ(ともすれば当社も)が使っている略称とまとめられる形で「TBS」と略される(radikoにおける放送局記号も「TBS」である)ため、本来の略称は全く定着していない[注 5]。また、競合局のニッポン放送(LF)や文化放送(QR)と同じ法則で、コールサインを略した「KR」も使われていることがある[注 6]

文化事業[ソースを編集]

赤坂サカスのイベント、赤坂BLITZ赤坂ACTシアターの運営や、各種催事の開催等の文化事業は2009年4月の持株会社制移行の際に全事業をTBSテレビに分割した(赤坂サカス各施設の所有・不動産管理は当社が引き続き行う)。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Tokyo Broadcasting System International, Inc. とは

当社は日本のTBS(現㈱東京放送ホールディングス)の100%出資米国法人として1989年4月に設立。TBSグループの海外活動の拠点として幅広い業務を行っています。報道分野ではニューヨーク支局、ワシントンDC支局、ロサンゼルス支局の総力を結集して、北米を中心としたニュース取材活動を行っております。スポーツではマスターズ・ゴルフトーナメントのほか、オリンピック、WBC、MLB、世界陸上選手権、PGA全米プロゴルフ選手権などにおいて中継等各種コーディネーション及び制作サポートサービスを提供、そのほか各種番組の制作および事業系イベントの海外ベースとして総合的なサポート業務を行っています。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

11月3日(木・祝)文化の日に 「地球を笑顔にするWEEK TBSラジオ Day in アーバンドック ららぽーと豊洲」を開催!

PICKUP

詳細については、次の URL をご覧ください。……

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button