Entertainment Japanese news daily

東京 空襲| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

東京 空襲, /%e6%9d%b1%e4%ba%ac-%e7%a9%ba%e8%a5%b2,

Video: 【本物⁉︎】北朝鮮が核ミサイルを撃ったらこうなる#1 Real⁉ North Korea is this Once you shoot nuclear missiles

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

東京 空襲, 2017-05-15, 【本物⁉︎】北朝鮮が核ミサイルを撃ったらこうなる#1 Real⁉ North Korea is this Once you shoot nuclear missiles, After Effectsでつくりました 核ミサイルシミュレート

[本物!?]ロシア軍が日本侵攻したらこうなる[北海道 函館] This will happen if the Russian army invades Japan

北朝鮮ミサイルシミュレート Making of VFX Breakdown

【PAC3発動】Jアラート 北朝鮮ミサイル 国民保護サイレン
Nuclear missile simulation, which I made in After Effects

北朝鮮のミサイルよりヤバいの降ってきた
https://youtu.be/N2X3LZ7zKSc

ヘリコプター 素材

爆発素材
https://youtu.be/dnWp4aPJP4k, DsK1

,

対日戦略爆撃計画[編集]

焼夷弾爆撃有効度別地域[編集]

アメリカ軍による空襲計画の地図(米軍報告「東京-川崎-横浜都市複合体に対する空襲攻撃の効果」)

1942年にはナパームを使ったM69焼夷弾が開発され、1943年の国家防衛調査委員会 (NDRC) 焼夷弾研究開発部のレポートでは、住宅密集地域に焼夷弾を投下して火災を起こし、住宅と工場も一緒に焼き尽くすのが最適の爆撃方法であるとした上で、空爆目標の日本全国20都市を選定、さらに東京、川崎、横浜など10都市については焼夷弾爆撃の有効度によって地域を以下のように区分した[12][13]

  • 最有効地域1:都市中心部商店街地域、密集地域、住宅工場混在地域で一マイル四方あたりの人口密度9万1000人、都市人口の25%を占める地域。この地域は一平方マイルあたり6トンの焼夷弾で焼き尽くすことが可能。
  • 有効地域2:港湾施設、倉庫、貨車操車場などもある住宅地域、住宅工場混在地域、工場地域で一マイル四方あたり人口密度5万4000人、都市人口の46%以上を占める地域。これは一平方マイルあたり10トンの焼夷弾で焼き尽くすことが可能。
  • 非有効地域:最有効地域1、有効地域2以外の郊外の住宅地域や防火設備の整ったオフィス街を含む工場地帯。
  • 空爆目標の日本全国20都市主要部はM69焼夷弾1700トンで焼き尽くすことが可能。

大規模攻撃報告書[編集]

日本本土に対する空襲作戦は、綿密な地勢調査と歴史事例の研究を踏まえて立案されていった。その過程はアメリカ経済戦争局の1943年2月15日付報告書「日本の都市に対する大規模攻撃の経済的意義」に詳しい。

アメリカ軍は早くから江戸時代に頻発した江戸の大火や1923年の関東大震災の検証を行い、火元・風向き・延焼状況・被災実態などの要素が詳細に分析されていた。その結果、木造住宅が密集する日本の大都市は火災に対して特に脆弱であり、焼夷弾による空襲が最も大規模な破壊を最も効果的に与えることができると結論されていた。

具体的な空襲対象地域の選定に際しては、人口密度・火災危険度・輸送機関と工場の配置などの要素が徹底的に検討され、それを元に爆弾爆撃有効度が計算されて一覧表が作成された[12]。ここで特に重視されたのは人口密度だった。当時の東京各区の人口は浅草区の13万5000人が最大で、これに本所区神田区下谷区荒川区日本橋区荏原区が8万人台で次いでいた。このうち荏原区は他から離れた郊外に位置するためこれを除き、替わりに人口7万人台の深川区の北半分を加えた都心一帯が、焼夷弾攻撃地域第一号に策定された[12]

使用爆弾[編集]

日本にも投下されたM50焼夷弾の原型であるイギリス軍の4ポンド焼夷弾(六角形をした金属製の棒状のもの)、この写真のように小型の焼夷弾を多数収束して投下した

アメリカ陸軍航空隊の伝統的なドクトリンは軍事目標に対しての精密爆撃であり、第二次世界大戦が始まった当時は航空機から投下する焼夷弾を保有していなかった。焼夷弾の開発に迫られたアメリカ軍はアメリカ陸軍航空軍司令官ヘンリー・アーノルド大将自らイギリスに飛んでイギリス軍の焼夷弾と、イギリス軍がロンドン空襲において回収していたドイツ軍の不発弾(900gマグネシウム弾)を譲り受けて焼夷弾の開発を開始した。

日本に投下された主な焼夷弾

  • M47焼夷爆弾(AN-M47A2)。100ポンド(45㎏)のナパーム弾(ゲル化ガソリン)でアメリカ軍最初の焼夷弾。鉄製の弾筒内にゼリー状に加工した油脂約18㎏を封入し、弾頭に火薬を装填した。屋根を突き破って屋内に入り爆発してナパーム剤を円錐状に飛散させた
  • M50焼夷弾(AN-M50A2)。4ポンド(1.8㎏)のマグネシウム焼夷弾で、イギリス軍のM2焼夷弾をアメリカ陸軍が制式化したもので、アルミニウム粉末と酸化鉄を六角形の形をした筒状の金属製容器に充填している。直径5cm、長さ35cm、重量2㎏で小型の焼夷弾であり、34発が収束されていたが、一定の高度でバラバラになって落下した。元々はドイツのコンクリート建造物を破壊する目的で製造されたが、木造の家屋によく適していた[16]
  • M69焼夷弾(AN-M69)。6.2ポンド(2.7㎏)ナパーム弾。1942年に開発されたM56尾部点火式爆弾の改良型。直径8cm、長さ50㎝、でM50焼夷弾と同様に、六角形の金属製容器にゼリー状のナパーム剤とマグネシウムが充填されてあったが、通常38発が収束されてE46-500ポンド収束爆弾(クラスター爆弾)として投下された。一定の高度でバラバラになって落下したが、他の焼夷弾との相違点は水平安定板がなく、代わりに1.2mの「ストリーマー」と呼ばれる綿製のリボンが落下時に尾部から飛び出して、姿勢の安定と落下速度の調整を行った。日本家屋の瓦屋根を貫通させるためには激突時の速度をあまり早くする必要はなく、ストリーマーによる減速で M50焼夷弾の1/4の速度に抑えられた。このストリーマーに火がついて燃えながら落下してくることが多かったので、あたかも“火の雨”が降ってくるように見えたという。六角形の金属製容器が建物の屋根を突き破ると、導火線が作動し5秒以内にTNT火薬が炸裂、その後に混入されたマグネシウム粒子によって、布袋に入ったナパーム剤を点火し、その推力で六角形の金属製容器を30m飛ばして半径27mもの火の輪を作り周囲を焼き尽くした[16]。内部に詰められたゼリー状のナパーム剤から、この焼夷弾は「goop bomb」(ベトベト爆弾)と呼ばれていた。
アメリカ軍はM69焼夷弾の開発にあたって、1943年3月にダグウェイ実験場(ユタ州)での実戦さながらの実験を行っている。その実験というのは演習場に日本式家屋が立ち並ぶ市街地を建設し、そこで焼夷弾の燃焼実験を行うといった大規模なものであったが、日本家屋の建築にあたっては、日系人の多いハワイからわざわざ資材を取り寄せ、日本に18年在住した建築家が設計するといった凝りようであり、こうして建てられた日本家屋群には日本村という名前が付けられた。M69焼夷弾のナパーム剤で炎上した日本式家屋は、日本の消防隊を正確に再現した消防隊の装備では容易に消火できず、日本に最適の焼夷弾と認定された。

3月10日の大規模空爆で使用されたナパーム弾は、ロッキーマウンテン兵器工場で製造された[20]

毒ガス散布計画案[編集]

連合国は、東京市に効果的に毒ガスを散布するための詳細な研究を行っており、散布する季節や気象条件を初めとして散布するガスの検討を行い、マスタードガスホスゲンなどが候補に挙がっていた[21]アメリカ陸軍参謀総長ジョージ・マーシャルは「我々が即座に使え、アメリカ人の生命の損失が間違いなく低減され、物理的に戦争終結を早めるもので、我々がこれまで使用していない唯一の兵器は毒ガスである」とも述べていた。アメリカ陸軍はマスタードガスとホスゲンを詰め込んださまざまなサイズの航空爆弾を86,000発準備する計画も進めていた。また、アメリカ軍は日本の農産物に対する有毒兵器の使用も計画していた。1942年にメリーランド州ベルツビル英語版にあるアメリカ合衆国農務省研究本部でアメリカ陸軍の要請により日本の特定の農産物を枯れ死にさせる生物兵器となる細菌の研究が開始された。しかし、日本の主要な農産物であるサツマイモなどは細菌に対して極めて抵抗力が強いことが判明したので、細菌ではなく化学物質の散布を行うこととなり、実際に日本の耕作地帯にB-29で原油と廃油を散布したが効果はなかった。さらに検討が進められて、2,4-ジクロロフェノキシ酢酸を農作物の灌漑用水に散布する計画も進められた。

人間に対して使用する細菌兵器の開発も進められた。炭疽菌を充填するための爆弾容器100万個が発注され、ダウンフォール作戦までにはその倍以上の数の炭疽菌が充填された爆弾が生産される計画であった。これら生物兵器や化学兵器の使用について、1944年7月にダグラス・マッカーサー大将たちとの作戦会議のためハワイへ向かうフランクリン・ルーズベルト大統領を乗せた重巡洋艦ボルチモア艦内で激しい議論が交わされた。合衆国陸海軍最高司令官(大統領)付参謀長ウィリアム・リーヒは「大統領閣下、生物兵器や化学兵器の使用は今まで私が耳にしてきたキリスト教の倫理にも、一般に認められている戦争のあらゆる法律にも背くことになります。これは敵の非戦闘員への攻撃になるでしょう。その結果は明らかです。我々が使えば、敵も使用するでしょう」とルーズベルトに反対意見を述べたが、ルーズベルトは否定も肯定もせず曖昧な返事に終始したという。結局、生物兵器や化学兵器が使われる前に戦争は終結した。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

生涯[編集]

石井は外交官としてのキャリアをフランスで開始し、親仏的でドイツに対しては不信感を持っていたと指摘されている[1]義和団の乱の際には北京公使館におり、包囲下を切り抜けた。1908年に外務次官となり、1912年にはフランス大使となっている[2][3]

1915年10月には第2次大隈内閣の外務大臣に就任することとなり、フランスから帰国した。石井は当時地味な外交官であり、あまり知られた存在ではなかったが、その外相就任は前外相でもある加藤高明立憲同志会総理の推薦によるものであった[4]。石井は連合国への接近策を主張し、ロンドン宣言への加入や、第四次日露協約の締結を実現している。1916年の同内閣崩壊までその任にあった。1917年には特命全権大使としてアメリカに渡り、中国問題に関する日米間の合意、いわゆる石井・ランシング協定を締結している。1920年にはフランス大使に再任され、同時に国際連盟における日本代表を務めた[2]

1927年(昭和2年)に外務省を退官し、収拾していた外交メモ類を資料として1930年(昭和5年)に『外交余録』を著した[5]。1936年にはアメリカで出版されている[5]。1929年(昭和4年)には枢密顧問官となっている。

日独伊三国同盟の締結に際しては、アドルフ・ヒトラードイツに対する不信感を表明し、枢密院本会議では利害関係の一致から同盟締結に関して賛成するものの「ドイツは最も悪しき同盟国であり、ドイツと絡んだ国はすべて不慮の災難を被っている」と指摘し、運用に関しては十分注意する必要があると述べた[6]

1945年(昭和20年)、5月25日から26日にかけて、東京は東京大空襲に見舞われた。石井夫妻は渋谷青葉町(現在の神宮前5丁目および渋谷1丁目界隈)の自宅付近で行方不明となり、その後の消息は分かっていない。この時に死亡したと推定されている[7]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

総務省|一般戦災死没者の追悼|東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑

概要[編集]

歴史的背景などについては、東京大空襲を参照。

  • 1945年3月10日、一夜にして10万人以上の死者を出した「東京大空襲」(ミーティングハウス2号作戦空襲)。物語は、心臓病で出征できない青年と父を亡くした若き看護婦との悲恋を軸足にして、この戦火の下で必死に生きようとする人々の姿から真実に迫る内容で描かれる、東京大空襲を元にしたフィクションである。
  • 監修の海老名香葉子は東京大空襲で家族(祖母、両親、兄2人、弟)を亡くしているが、海老名自身は静岡県に疎開していたので東京大空襲には直接遭っていない[1]。海老名の兄である中根喜三郎は体験者であり、兄から大空襲の話を何度も聞いたという。美術プロデューサーの木村威夫は、東京大空襲の体験者である。
  • 千葉県富津市の巨大な空き地にオープンセットを建て、ミニチュア・CGも駆使して迫力あふれる大空襲シーンが撮られた。
  • 視聴率は、前編14.4%、後編16.3%。

あらすじ[編集]

第1夜 受難(じゅなん)
2008年春、一人の老人が孤独死。2人の刑事が現場検証に来て、老人が持っていた「昭和20年 3月」と刻印されたガラス細工を見つけ、年配の刑事が63年前の悲劇を語る。1942年4月18日少女・桜木晴子は父と暮らしていたが、本土初空襲で父を失ってしまう。父を助け出そうとした時に止めた青年を、彼女は恨んでいた。2年後の秋、看護婦となっていた晴子の病院に、その青年・大場博人が担ぎ込まれる。博人は謝罪したが晴子は気持ちが晴れずにいた。そんな中、博人は母の死を父に告げられ、晴子と同じく片親となる。また、晴子の先輩の山田和江は朝鮮人の朴順仁と愛し合っていたが周りの反対もあり結婚できずにいた。そして1945年3月10日の深夜0時8分アメリカ軍東京に対し大規模な空襲を開始した……。

第2夜 邂逅(かいこう)
3月10日の大空襲が終わり焼野原となった下町。衛生環境が劣悪になったため伝染病が広がっていた。博人と晴子は言問橋で生き別れとなりお互いの無事を願っていた。晴子は両親を亡くした友子を引き取り救護所で働き、和江を亡くした順仁の面倒を見ていた。一方、博人は助け出され、父の後妻の水橋家の跡取りとなってほしいと頼まれる。2人は再会するが、それぞれの道があるから違う生き方をした方がいいと晴子が言い、別れてしまう。そんな博人は念願の出征をすることになり、晴子は見送りに行くが、運命はそれを許さず5月25日深夜、アメリカ軍は再び大爆撃計画を東京の山の手地区に仕掛け、再会した晴子と博人は……。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

ドーリットル空襲とは[7]1942年(昭和17年)4月18日に、
航空母艦ホーネットから発進したB-25双発爆撃機ミッチェル16機が、太平洋戦争で初めて日本本土攻撃をした一連の空襲[8][9][10] である。
ヨークタウン級航空母艦2隻(エンタープライズ、ホーネット)を基幹とするハルゼー提督指揮下のアメリカ海軍機動部隊が太平洋を横断し、日本列島本州)東方海域に到達して行った[11][12]
ジミー・ドーリットル中佐を指揮官とするB-25爆撃機16機は[12][13]、日本本土各地(東京横須賀横浜名古屋神戸、等)に空襲を実施し、民間人に被害があった[14][15]
軍事的な戦果は潜水母艦から航空母艦へ改造中の大鯨(龍鳳)が直撃弾で損傷[8]、またアメリカ軍機動部隊の掃討により漁船改造の特設監視艇隊に被害が出た程度だったが[16]、日本軍に与えた衝撃は極めて大きかった[9][17][18]

作戦遂行において中華民国国民革命軍の支援を受けており、日本本土爆撃を終えたB-25のうち15機は中国大陸に不時着して放棄された[9][19]。この際、搭乗員8名が日本軍の捕虜となり、その処遇を巡って問題になった[20]。また1機はソビエト連邦支配地域に不時着して、搭乗員は抑留された[9][19]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

東京大空襲の概要

太平洋戦争末期の1944(昭和19)年6月、アメリカ軍の戦略爆撃機B29が北九州の工業地帯を初空襲しました。同年8月にマリアナ諸島を攻略したアメリカ軍は、B29の基地を建設して、日本全土を爆撃範囲としました。B29による東京初空襲は1944年11月で、江戸川区内でも初めて空襲による死者がでました。
当初は主に航空機工場などの軍需施設を目標とした精密爆撃でしたが、1945(昭和20)年3月10日、東京の下町を焦土と化す大規模な都市無差別爆撃がおこなわれ、一夜で10万人ともいわれる命が失われました。江戸川区でも、小松川・平井地区がほぼ焼失し、800人を超える方々が亡くなりました。
空襲はその後も続き、東京では8月15日までにさらに数万人が犠牲になりました。

戦災で焼けた小松川・平井地区

被害状況
  東京都 江戸川区
死者 83,793人 約800人
負傷者 40,918人 約5,800人
被害家屋 268,358戸 約11,000戸
罹災者 1,008,005人 約40,000人

※3月10日のみの被害状況

空襲体験者の証言

「死を覚悟の毎日」

九日夜半より空襲警報のサイレンが激しく鳴り、手早く電気を消し真暗な防空壕に入りました。・・・暫くすると、敵機が低空にて次から次にと焼夷弾をばんばんと音を立て、あられのように落し始めました。防空壕の前が線路でしたので線路の枕木があっという間に火の海となり、こわくなり荒川の陸橋下に逃げることに。・・・隣組の方と会う度に、今日も命がありましたね、明日はあの世かしらと死は当然と思う毎日でしたが、生ある限り逃げようと風に向かってせい一ぱい、やっと荒川土手に着きました。

「今日はいつもの空襲と様子が違う」

サイレンが鳴ると同時に外に出た弟の、「お姉ちゃんたいへんだ、いつもの空襲のときと様子が違う。早く防空壕に」との声で私たちは病み上がりの父、それに耳の遠い母を急がせ防空壕に入りました。壕といっても名ばかりで、小松川あたりでは掘り下げることはできませんので土盛りをしただけのことです。近くに焼夷弾がバラバラと落ちてきました。みんな我を忘れて消し止めました。ふと見上げると、空いっぱいに低くB29が爆音を響かせ飛んでいます。

「『世代を結ぶ平和の像』建立の呼びかけ人としての真の訴え」

中川に沈める人等の措置につき、警察、警防団、町会有氏等協力して船にて川をさらい始めた。いかりにかかって上って来る者、次から次へとその数、尽くるところを知らず、一人一人引揚げて丁重に棺に納め堤防にならべた。然し二日目、三日目と続くと最早棺は無くなり竹の簀子を持って来たが、それも不足して遂には菰包となり、名札をつけて毎日堤防に朝から夕まで、夕方トラックで軍指定の埋葬地に運んで行った。

出展:『江戸川区戦災・空襲体験証言集』東京大空襲江戸川区犠牲者追悼「世代を結ぶ平和の像」をつくる会編

関連リンク

総務省ホームページ「江戸川区における戦災の状況(東京都)」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)※外部サイトへのリンク

詳細については、次の URL をご覧ください。……

◆「ボマーマフィアと東京大空襲」ベストセラー

 第2次世界大戦中、10万人を超す死者を出しながら、海外ではあまり目を向けられない東京大空襲を取り上げたノンフィクションが、米国でベストセラーになった。「ボマーマフィアと東京大空襲」(光文社、桜井祐子訳)。著者で人気作家のマルコム・グラッドウェルさん(58)はなぜ、大空襲を主題にしたのか。何を学ぶべきだと考えているのか。オンラインでインタビューした。(北川成史)

 Malcolm Gladwell ノンフィクション作家・ジャーナリスト。英国生まれで、カナダで育ち、米ニューヨーク在住。ワシントン・ポスト紙の記者を経て『第1感』『天才!』などの国際的ベストセラーを著した。米誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれている。

◆「大半の米国人のように、何も知らなかった」

 執筆へと背中を押したのは、東京都江東区にある「東京大空襲・戦災資料センター」だった。グラッドウェルさんは別の仕事で来日した2019年、空いた時間にセンターを訪れた。

東京都江東区の東京大空襲・戦災資料センター

 「信じられないほど力強く、心を揺さぶられる博物館だった」。生存者の手記や一夜で荒廃した街の写真が淡々と並び、事実を伝える。「飾らない、つつましやかな展示が胸に響いた」

 そして、こう振り返る。「大半の米国人のように、自分も東京大空襲の歴史について、何も知らないのだと思い知った」

 80年近く前の出来事を辿たどる作業は簡単ではなかった。「多くの関係者が死亡し、古い資料や2次情報を集めるのに苦労した」。しかし、それ以上に難しさを感じた点がある。「日本での人権侵害の責任を米国人に説くこと」だった。

 米国では第2次世界大戦を扱った本が限りなくある。だが、東京大空襲は原爆と違って注意を払われず、人々の知識が不足していた。

◆1人の米軍司令官が無差別爆撃を選んだ

 グラッドウェルさんは大空襲に至る経緯を語るのに、2人の対照的な米軍司令官を軸に据えた。精密爆撃による「きれいな戦争」を追求した理想主義者のヘイウッド・ハンセルと、現実的で戦果のためには冷酷な策も辞さないカーティス・ルメイだ(いずれも故人)。

 ハンセルは、第1次世界大戦の大量殺戮さつりくへの反省から、敵の重要拠点に絞って爆撃を加え、戦闘能力を奪う方法で勝利を図ったグループ「ボマー(爆撃機)マフィア」の一員だった。マフィアには結束力の強い秘密組織の意味合いがある。

 1944年時点で、日本空爆はハンセルが指揮した。だが、日中に対空砲火が届かない高度約1万メートルから軍用機工場を狙う「高高度白昼精密爆撃」は、当時の照準器の技術では成果を上げなかった。時速300キロ以上に達する日本上空のジェット気流への認識も欠けていた。

 45年1月、ハンセルは解任され、ルメイが後を継ぐ。同年3月の東京大空襲以降、ルメイが選んだのは、闇に紛れて高度約2000メートルからナパーム弾で都市を無差別に焼き尽くす「超低高度夜間焼夷弾しょういだん爆撃」だった。

終戦後の1945年9月、東京・両国上空から。度重なる空襲で街は廃虚と化した。ドーム型の建物は旧国技館=東京大空襲・戦災資料センター提供

 「2人の突出した人物が登場し、紆余うよ曲折を含んだ複雑で人を引きつける物語」とグラッドウェルさんは言い表す。読み物としても面白く、本は昨年4月、米国で発売されると、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに14週連続で入るヒットとなった。

 「読者からは多くの異なった種類の反応があった」と言う。「米国人の行ったことにぞっとする」と驚く人。「大空襲に至った理由は理解できる」と考える人。「作者は親ルメイだ」「反ルメイだ」と相反する受け止め方もみられた。

 「これこそまさに求めていたものだ」。グラッドウェルさんはかみしめる。「私は議論を提起したかった。読者に自分自身の結論を導き出してほしかった」



詳細については、次の URL をご覧ください。……

1.空襲等の概況

 墨田区の前身である本所区と向島区は、関東大震災の後、工場地帯として発展していた。その特質は、中小工業が大部分をしめ、従業員数10人以下の工場は1364工場(昭和10(1935)年11月調査)が立地し、東京都区部全体の20%が集中していた。これらの工場は戦時体制へと組み込まれるなかで、民需生産から軍需生産、兵器生産に転換していった。このように、軍需工場と化した工場で働くため、多くの一般人や学生の動員・徴用が行われた。戦争末期には、軍の管理下におかれた工場で働く工員の多くは、学徒動員のみならず、学童や女子挺身隊であった。 そして、昭和19(1944)年11月29日、本所区で初空襲を受けた後、現在の墨田区である本所区と向島区は、昭和20(1945)年3月10日「東京大空襲」により、多数の犠牲者を出すとともに、市街地は壊滅的な被害を受けた。この戦争により、墨田区は6万人超の死傷者と30万人近い罹災者を出した。

<写真1:焼け野原と化した墨田区>
(残っている手前の丸い建物は旧国技館)

ページトップへ戻る

2.空襲等の状況

 昭和20(1945)年3月10日の「東京大空襲」は、太平洋戦争空襲史上最大の空襲となった。空襲の状況について「東京都戦災誌」は、次のように記述している。

 「3月9日 22時30分警戒警報発令、10日 0時15分空襲警報発令、それから約2時間半に亘って空襲が行われた。来襲機はB29、150機と数えられ、単機あるいは数機づつに分散して低空から波状絨毯(じゅうたん)爆撃を行ったため、多数の火災が発生して、烈風により合流火災となり東京の約4割を焼き甚大な被害を生じた。」

 また、「都政十年史」では、「隅田川をはさんだ下町一帯は全く火の海と化し、最後まで防火にあたろうとした人々は煙にまかれて逃げ道を失い、白鬚橋から吾妻橋にかけて道路といわず川のふちといわず、焼死者の屍がるいるいと横たわるという惨状を現出した」のである。

 この大空襲では、軍事目標だけではなく、非戦闘員を対象とした無差別焼夷弾爆撃が行われたこと、さらに当日は東京下町には強い北風が吹き、被害を大きくしたともいわれる。この空襲による焼失面積は、本所区の96%、向島区の57%が焼失した。本所区と向島区を合わせた現・墨田区の約70%以上が焼失したことになる。

<写真2:防火演習の様子>

ページトップへ戻る

詳細については、次の URL をご覧ください。……

基本情報

所在 都立横網町公園内
住所 東京都墨田区横網2-3-25(都営地下鉄 両国駅 徒歩2分)
連絡先 東京都復興記念館 03-3622-1208
建立者 東京都
建立年 平成13年3月

※H22.11発行「平成22年度 全国戦災史実調査報告書」より
(調査時期H22.7〜10月/情報提供元は、東京都復興記念館)

施設の写真

説明文

 
第二次世界大戦で、東京は、昭和17年4月18日の初空襲から終戦当日の昭和20年8月15日に至る
まで、アメリカ軍の度重なる空襲により甚大な被害を受け、大方が非戦闘員である多くの都民が犠牲
となりました。

 
こうした東京空襲の史実を風化させることなく、また、今日の平和と繁栄が尊い犠牲の上に築き
上げられていることを次の世代に語り継ぎ、平和が永く続くことを祈念するための碑を建設しました。

 
この碑の建設に当たっては、「東京の大空襲犠牲者を追悼し平和を願う会」の呼びかけにより、
多くの方々から寄附が寄せられました。

 
斜面を覆う花は生命を象徴しています。碑の内部には東京空襲で犠牲になった方々のお名前を記録
した「東京空襲犠牲者名簿」が納められています。


平成13年3月 東京都

ページトップへ戻る

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード 東京 空襲 東京 空襲

Jアラート, 全国瞬時警報システム, 警報システム, J-alert, 終わり, 世界の終わり, 日本の終わり, Nuclear weapon, Bomba nuclear, 핵폭탄, 核弹, Атомные бомбы; термоядерное оружие, ядерная бомба, 김정은, Kim Jong-un, परमाणु हथियार, Nükleer bomba

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button