Entertainment Japanese news daily

takefusa kubo| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

takefusa kubo, /takefusa-kubo,

Video: Takefusa Kubo scored a goal for Japan which nutmegged 4 players

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

takefusa kubo, 2021-06-26, Takefusa Kubo scored a goal for Japan which nutmegged 4 players, Video from Archit Aneja, ARCHIT Aneja

,

Club career[edit]

Early career[edit]

At the age of seven, Takefusa Kubo started playing football for FC Persimmon, a local club based in his home city Kawasaki. In August 2009, he was awarded MVP at FC Barcelona Soccer Camp[4] in which he participated at the age of eight. In April 2010, he was selected as a member of FC Barcelona School team and participated in Sodexo European Rusas Cup held in Belgium. He was awarded MVP even though his team finished third. After returning home, he began to play for the Kawasaki Frontale junior youth team.

Barcelona[edit]

In August 2011, Takefusa Kubo had been invited to join FC Barcelona’s youth Academy, La Masia, after passing the trial. He began to play for Barca Aleví C (U11). During his first full season (2012–13), he was top goalscorer in the league with 74 goals in 30 games. In his third full season (2014–15), he was promoted to Barca Infantil A (U14). The Spanish club was later found to have violated FIFA’s international transfer policy for under-18 youths, making Kubo ineligible to play for the club. He returned to Japan on March 2015 in search of playing time, signing with FC Tokyo’s junior youth team.

FC Tokyo[edit]

Takefusa Kubo joined FC Tokyo U-18 team in 2016. In September 2016, he was promoted to the senior side at the age of fifteen. On 5 November, he made his formal debut for the reserve team in the J3 League as a halftime sub for match against AC Nagano Parceiro.[2][5] He made his professional debut at the J.League record of 15 years, five months and one day.

On 15 April 2017 Kubo became the youngest player to score in the J.League at 15 years, ten months in a 1–0 win over Cerezo Osaka U-23.[6] On 3 May, he top-flight debuted for the first-team in J.League YBC Levain Cup playing 25 minutes in a 1–0 win against Hokkaido Consadole Sapporo.
In November 2017, FC Tokyo announced an update to Kubo’s contract improving it to pay him as a first-team member.

Yokohama F. Marinos (loan)[edit]

On 16 August 2018, he joined Yokohama F. Marinos on a half-year loan.[7] He immediately scored on his debut with Marinos in an away game against Vissel Kobe.[8]

From the start of the 2019 season, Kubo became a regular starter for FC Tokyo in both the J.League YBC Levain Cup and J.League scoring goals in both competitions.

Real Madrid[edit]

On 14 June 2019, Kubo signed with Spanish club Real Madrid on a five-year deal. Although registered with their U-19 team,[9] he had been expected to mainly play for Real Madrid B during the 2019–20 season.[10] However, he featured regularly with the first team during Real Madrid’s preseason tour of the United States and Germany.[11][12]

Mallorca (loan)[edit]

On 22 August 2019, Kubo joined RCD Mallorca on a season-long loan.[13][14] He has become the third Japanese player in Mallorca’s history after Yoshito Okubo and Akihiro Ienaga. On 1 September, he made his La Liga debut playing 15 minutes in a 2–0 loss to Valencia. He became the youngest Japanese player in the Top 4 European leagues[dubious discuss] history that has played in a match with a record of 18 years, 2 months, and 28 days.[citation needed] He scored his first goal on 10 November 2019 against Villarreal in a 3–1 victory. He later scored his second goal in an entertaining 3–3 draw to Real Betis on 21 February 2020. He then scored his third goal two weeks later in a 2–1 victory over SD Eibar.[15][better source needed]

Villarreal (loan)[edit]

On 10 August 2020, he was loaned to Villarreal CF until the end of the 2020–21 season.[16][17] After being mainly used as a substitute, his loan was cut short on 8 January 2021.[18]

Getafe (loan)[edit]

Immediately after leaving Villarreal, Kubo moved to fellow top tier side Getafe CF on loan for the remainder of the season.[19][20]

Return to Mallorca (loan)[edit]

On 12 August 2021, Kubo rejoined RCD Mallorca on a season-long loan.[21][22]

Real Sociedad[edit]

On 19 July 2022, Kubo joined Real Sociedad on a permanent deal.[23][24] Kubo marked his debut by scoring the only goal in a 1–0 win away to Cádiz in their opening game of the season in La Liga.[25]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

クラブ経歴

プロ入り前

2004年3歳の時、サッカーを始める。2009年8月、パンフレットに「MVPに選出された選手はバルセロナと試合が出来るチャンスが与えられる」との告知を見て参加したFCバルセロナキャンプ(2007年より日本国内で毎年開催[2])でMVPを獲得[3]。2010年4月、FCバルセロナスクール選抜としてベルギーで開催されたソデクソ・ヨーロピアン・ルーサスカップに参加。チームは3位に終わったが、通常は優勝チームから選出される大会MVPに選ばれた。小学校3年生の時に川崎フロンターレの下部組織に入団[4]。2011年8月、FCバルセロナの下部組織カンテララ・マシア)入団テストに合格し、スペインに渡る。10-11歳で構成されるアレビンCに入団した[5]。2013‐14シーズンは地中海カップU-12トーナメントで大会得点王とMVPになり、またリーグ、カタルーニャ杯などのトーナメント制覇に貢献した。2014-15シーズンはインファンティルA(13-14歳で構成)に所属。しかしFCバルセロナがFIFAから18歳未満の外国人選手獲得・登録違反による制裁措置を受け[6]、この影響により久保の公式戦出場停止処分が続いたため、2015年3月に日本へ帰国してFC東京下部組織に入団した[7]。2016年、中学3年ながらFC東京U-18に飛び級で昇格。日本クラブユースサッカー選手権では飛び級で出場し、大会史上初となる中学生ながら得点王(5得点)に輝いた[8]。9月、FC東京のトップチームに2種登録される[9]。同年11月5日に行われたJ3リーグ第28節・AC長野パルセイロ戦に後半開始から出場し、Jリーグ史上最年少記録を塗り替えた[10]。2017年3月12日、J3開幕戦のカターレ富山戦では初の先発フル出場を果たした[11]。4月15日、J3第5節のセレッソ大阪U-23戦では15歳10カ月11日でJリーグ最年少得点を決めた。5月3日、ルヴァンカップ第4節の北海道コンサドーレ札幌戦で後半21分から途中出場し、トップチームデビューを果たした。また、Jリーグの選手としては初の21世紀生まれである。

FC東京

2017年11月1日、FC東京とプロ契約を結んだことが発表された。[12]。FC東京トップチームデビュー戦となった2017ルヴァンカップ第4節・札幌戦では84分に直接フリーキックの機会があり、久保が倒されて得たFKだったこともありボール地点に集まった髙萩洋次郎阿部拓馬東慶悟の3人から「蹴っていいよ」と言われたため、デビュー戦の久保がキッカーを務めたがボールはわずかに枠の外に外れた。[13]。11月5日、J3第30節のガンバ大阪U-23戦でプロ入り初得点を決めた[14]。11月26日、J1第33節のサンフレッチェ広島戦で途中出場からJ1リーグデビューを果たした。16歳5か月22日でのJ1出場は森本貴幸宮吉拓実に続いて歴代3位の年少記録となった[15]

2018年2月24日、J1開幕戦の浦和レッズ戦では途中出場し[16]、3月7日にはルヴァンカップ第1節の横浜F・マリノス戦でプロ入り初先発[17]。3月14日、ルヴァン杯第2節のアルビレックス新潟戦にてトップチーム初得点を含む大会最年少ゴールを決めた[18]。3月25日、J3第4節のカターレ富山戦でも同季J3リーグ戦初得点を決めるなどJ3での結果は出ていたが[19]、J1リーグ戦では監督の長谷川健太からさらに上のレベルで守備時の運動量を求められベンチ入りの機会が徐々に減少した。

2018 FIFAワールドカップに日本代表のトレーニングパートナーとなるU-19日本代表に選出され帯同[20]。ロシアでのA代表メンバーとの練習やロシア現地で日本のグループリーグでの戦いを観戦[21][22] 後は、自身の主戦場がJ3リーグとなっている現状に危機感を募らせ[23]、FC東京首脳に「新しいチャレンジがしたい」と環境を変えることを直訴[24][25]。FC東京は当初J2への育成型期限付き移籍を提案したが、久保がJ1でのプレーにこだわり[23]、健太監督も慰留したが久保の移籍の意思が固く[26]横浜F・マリノスへの期限付き移籍を容認することとなった。健太監督は当時の久保に足りなかった部分を「オフ・ザ・ボール時の動きの量と質が足りていなかったが、この半年で落とし込めてシーズン後半の彼に期待していたので慰留したが変化を望む意志が固かった。新天地で力を発揮してもらいたい[27]」「才能ある選手なので、日本全体でサポートしていくことが大事[28]」と久保を送り出した。

横浜F・マリノス(ローン)

2018年8月16日、横浜F・マリノスへの期限付き移籍が発表された[29]。8月22日、天皇杯4回戦のベガルタ仙台戦で移籍後初先発し、初アシストを記録した[30]。続く8月25日、第24節のヴィッセル神戸戦では56分に松原健から折り返しのパスを受けると、ワントラップから左足のハーフボレーでJ1リーグ初得点となるゴールをマークし、勝利に貢献した[31]。この得点は森本貴幸に続くJ1歴代2位の最年少得点となった。久保はのちにF・マリノスでの4ヶ月間で得たものを「チームで求められるコンセプトを実践できないと試合に使われないのは当たり前であって、そのうえで自分の特徴を出して攻撃での貢献が必要だということを10代の早い時点で知ることができたのが大きな収穫だった」と語り、それまで「なぜ試合で使ってくれないのか」という外向きだった意識が「自分に足りないものは何か」とメンタル面で変化できたことを挙げている[32]

復帰

2019年、FC東京に復帰[33][34]。前年の期限付き移籍を経たことで、チーム始動キャンプから健太監督も驚く運動量と守備意識の向上を見せ[32]、2月23日、開幕戦の川崎フロンターレ戦では、クラブ史上3番目の若さとなる17歳9か月19日でスタメンに抜擢された。試合は引き分けに終わったものの、久保の放った直接フリーキックがポストに直撃するなど、存在感を発揮した[35]。3月10日、第3節のサガン鳥栖戦では初のフル出場を果たし、FWジャエルに決定的なパスを通す初アシストで勝利に貢献[36]。5月12日、第11節のジュビロ磐田戦では後半39分に左足ボレーシュートを決め、FC東京の選手としてリーグ戦初得点を決めた[37]。6月1日、第14節の大分トリニータ戦では2ゴールを挙げ自身プロ初の複数得点を決め勝利に貢献した。スペインへ完全移籍発表後の2019年6月29日に行われたFC東京の試合後に壮行セレモニーが行われた。当日の対戦相手が期限付き移籍先だった横浜F・マリノスだったため、両サポーターに感謝の言葉を述べた[38][39]

レアル・マドリード

2019年6月14日、スペインレアル・マドリードへの移籍が発表された[40][41]。移籍発表時点では、FC東京はJ1リーグ首位であり、久保もレギュラーとしてチームに貢献していた中[42]での移籍だった。しかし、移籍発表翌日にFC東京の代表取締役社長である大金直樹のコメントで「18歳を迎える時にはもう一度(海外でプレーする)可能性を確かめるべく、クラブとの契約期間はその日までとなっておりました」と久保が18歳の誕生日を迎えた同年6月4日に契約が終了していた事を明かした。契約終了後にFC東京も契約延長のオファーを出し、久保も「FC東京の今シーズンのチーム状況、自身の成長の実感から、そのまま残留して優勝に貢献したい」という気持ちもあったものの、最終的にはレアル・マドリードへの移籍を決意した[43]

上記の経緯からレアル・マドリードには移籍金が発生しない自由移籍で加入したものと見られていたが、2021年9月21日になってスペインの「エル・コンフィデンシアル」がレアル・マドリードからFC東京に対して200万ユーロの移籍金が支払われたと報じている[44]

レアル・マドリード加入が発表された当初は、1年目はBチーム相当であるレアル・マドリード・カスティージャでプレーし[41][45]、2年目にトップチームへの昇格あるいは別のトップレベルのクラブへの放出を約束したと報道されていた[46]。7月9日、プレシーズンツアーの帯同メンバーに選出され[47]、試合にも出場してトップチームで実践デビューを果たした[48]。同月に行われたアウディカップにも出場し、31日に行われたフェネルバフチェ戦では、後半73分からの出場で短い出場時間だったものの、ルカ・モドリッチとの連携で相手DFを翻弄するなど、随所で好プレーを見せ、スペイン紙『マルカ』は評価ランキングで1位に選出している[49]。また、カスティージャでのテストマッチでは7番を背負ってプレーした[50]

マジョルカ(ローン)

2019年8月22日、プリメーラ・ディビシオンに7シーズンぶりに昇格[51]したマヨルカへの期限付き移籍が決定した[52][53][54]。背番号は26番。日本人がマヨルカでプレーするのは大久保嘉人家長昭博に次いで史上3人目となった[55]。前述のプレシーズンマッチでの限られた出場時間の中で十分に通用するだけの素質を見せつけた事で、当初予定されたカスティージャよりレベルの高い1部の他クラブで経験を積むことになった[52]

9月2日、リーグ戦第3節のバレンシア戦で途中出場し、リーグ戦デビューを果たした。11月10日、第13節のビジャレアル戦で後半8分にミドルシュートでスペインでの初得点を決めた。このゴールが欧州4大リーグのアジア出身選手最年少得点(18歳5ヶ月6日)となった[56]。シーズン序盤はベンチスタートが多かったものの、2020年に入ってからは主力の1人となっていった[57]。最終的に、チームはセグンダ・ディビシオンへの降格が決定したものの、リーグ戦35試合4ゴール4アシストと下位で苦しむチームの中で結果を残した[58]。このシーズン、欧州サッカー連盟によるラ・リーガの『ブレイクした11人』に選出されるなど、その活躍ぶりは国内外から注目を浴びた[59]

ビジャレアル(ローン)

2020年8月10日、昨シーズンを5位で終えたビジャレアルへの期限付き移籍が発表された[60]。背番号は16番。開幕からリーグ戦6試合ベンチスタートとなり、10月22日、ヨーロッパリーグ、グループステージのスィヴァススポル戦で移籍後初の先発出場を果たし、移籍後初ゴールを決めただけでなく、2つのアシストも決めて勝利に貢献した[61]。その後はヨーロッパリーグではグループステージ全試合に先発出場するも、リーグ戦では先発出場は2試合のみだった。冬の移籍市場開幕前には4試合連続で出場がなく、2021年1月2日のレバンテ戦ではシーズン初のベンチ外となった[62]。最終的に出場した公式戦19試合で90分間フル出場したのはヨーロッパリーグでの2試合(スィヴァススポル戦、マッカビ・テルアビブ戦)のみにとどまり[63]、リーグ戦で先発出場したのは2試合(カディス戦、レアル・ベティス戦)のみにとどまった[64]

ヘタフェ(ローン)

2021年1月8日、ビジャレアルとの契約を破棄し、17位で残留を争っていたヘタフェ[65]へシーズン終了まで期限付き移籍すると発表された[66]。背番号は5番。1月11日、第18節エルチェ戦に64分から途中出場を果たし、新天地デビューを飾った。 ヘタフェでの練習に一度も参加していないかったが、2得点に絡む活躍で敵地での逆転勝利に貢献した[67]。その後は4試合連続でスタメン起用されるも結果を残せず、その後の6試合では途中出場となり、内アトレティコ戦では出場機会が訪れなかった[68]。5月16日、第37節のレバンテ戦では決勝点をきめてチームの残留に貢献した[69]。ヘタフェでは1ゴール1アシストで、スタメン8試合に対し、途中出場10試合、出番なしが4試合であった[64]

マジョルカ(再ローン)

2021年8月11日、1シーズンでプリメーラ・ディビシオンに再昇格したRCDマジョルカに1シーズンローンで再加入が決定した[70][71][72]

レアル・ソシエダ

2022年7月19日、レアル・ソシエダへの完全移籍が発表された[73]。契約は2027年6月までの5年間だが、レアル・マドリードは買い戻すことが可能な50%の保有権を保持しており、今後の活躍次第ではレアル・マドリード復帰の可能性も残された形となった。8月14日、開幕戦のカディスCF戦では先発出場を果たし、移籍後初ゴールを決めた。[74]9月18日、第6節のRCDエスパニョール戦では、乾貴士以来日本人二人目となるラ・リーガ通算100試合を達成した。[75]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

経歴

  • 川崎フロンターレ (2010-2011)
  • バルセロナ (2011-2015)
  • FC 東京 (2015-2018)
  • 横浜F・マリノス (2018-2019)
  • FC 東京 (2018-2019)
  • カスティージャ (2019- )
  • マジョルカ (2019-2020)
  • ビジャレアル (2020-2021)
  • ヘタフェ (2021)
  • マジョルカ (2021-2022)
  • レアル・マドリード (2022- )

プロフィール

名前

建英 久保

出生地

神奈川(日本)

生年月日

04/06/2001

ポジション

FW

体重

67 kg.

身長

1,73 m.

獲得タイトル

1 ヨーロッパリーグ

  • 川崎フロンターレ (2010-2011)
  • バルセロナ (2011-2015)
  • FC 東京 (2015-2018)
  • 横浜F・マリノス (2018-2019)
  • FC 東京 (2018-2019)
  • カスティージャ (2019- )
  • マジョルカ (2019-2020)
  • ビジャレアル (2020-2021)
  • ヘタフェ (2021)
  • マジョルカ (2021-2022)
  • レアル・マドリード (2022- )

獲得タイトル

ヨーロッパリーグ

1

ギャラリー

検索

Cerrar

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Takefusakuboに関するプレスリリース・ニュースリリースのPr Times

「TakefusaKubo」に関するプレスリリース一覧

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード takefusa kubo takefusa kubo

Takefusa Kubo scored a goal for Japan which nutmegged 4 players 🥲

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button