Entertainment Japanese news daily

イングランド イギリス| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

イングランド イギリス, /%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89-%e3%82%a4%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b9,

Video: アイルランドVlog♯4/アイルランドで4連休!?ゴールウェイへの旅(前編)

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

イングランド イギリス, 2022-05-18, アイルランドVlog♯4/アイルランドで4連休!?ゴールウェイへの旅(前編), 〔Vlog♯4/アイルランド留学で初の祝日!ゴールウェイへの旅〕
ご視聴ありがとうございます!
アイルランドにきて初の祝日(イースターでした)を迎え、4連休あったので少し遠出をしました。ダブリンから電車で2時間半ほどかけ、ほぼ反対に位置するゴールウェイに行ってきました。(4月の動画です。遅れてすみません。)

もうすぐ2ヶ月が経過するのですが、結構な大事件があったので、後々お話しします。

正直つらい!全然話せない!日本でもっとスピーキングの練習してくれば良かった、、。

Hi! Thank you for watching my vlog!
There was holiday in April, so I went to Galway with my friends!

It’s almost 2 months since I came here, and a serious incident happened for me. I’ll talk about this next time.

To be honest, I’m kind of mentally worn out. I should have practiced speaking English more…

使用楽曲(Music)
〔From THEMATIC〕
・ Music by Exit – Material – https://thmatc.co/?l=6CEE40BA
・Music by Mr. Jello – Sunrays – https://thmatc.co/?l=16DFB57F
・Music by Donald XL Robertson – Meet Me At Ramble Stone Arch – https://thmatc.co/?l=E372C05E
・Music by F1fty Beatz – Be with you – https://thmatc.co/?l=E965D77B

〔From 騒音の無い世界〕
https://noiselessworld.net/
それゆけワンダーランド, きーちのすけ KEYchinosuke

,

イングランド=イギリスではない!その違いとは

わたしたちがイギリスと呼ぶ国の正式国名はthe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland、日本語でグレートブリテン及び北アイルランド連合王国といいます。略称はUK、United KingdomもしくはGreat Britainです。

イギリス(UK)は連合国家もしくは連合王国です。4つの国から構成され、それぞれの国が首都や国旗、独自の文化を持っています。よく混同されるイングランドもイギリス(UK)を構成する国の1つです。

では、なぜ日本はイギリスと呼んでいるのでしょうか?その答えは1600年代までさかのぼります。当時、通訳や主な通商の相手だったポルトガル人のポルトガル語「inglez(イングレス)」やオランダ語「Engelsch」からエゲレスという言葉になり、それが後々変化したといわれています。

イギリスは4つの国が集まってできた連合国家!それぞれの特徴は

イギリス(UK)を構成するのはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国です。1707年にスコットランドとイングランド王国が合併し、グレートブリテン連合王国が成立しました。この時点でウェールズもイングランドに含まれています。

1801年にグレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立し、アイルランドが連合に参加します。1922年に北アイルランドを残してアイルランドが独立したことで、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国へ改称しました。

イギリス(UK)の国旗は、イングランド、スコットランド、北アイルランドの有力諸侯の旗の要素をあわせたものでユニオンジャックと呼ばれています。その時点で、ウェールズはイングランドに併合されているため、含まれていません。

サッカーやラグビーの国際試合では、4か国がそれぞれ別の国としてエントリーしています。そのため、イングランドもイギリスの国旗ではなく、独自の聖ジョージ旗をもとにしたユニフォームを着用しています。

イングランド

首都をロンドン、国旗は白地に赤い十字架の聖ジョージ旗としています。また、ロンドンはイギリス(UK)の首都でもあります。

スコットランド

スコットランドの首都はエディンバラです。青地に白の斜め十字帯が特徴の聖アンドリュー旗を国旗としています。 また、ゴルフ発祥の地としてセント・アンドリューズが有名です。ゴルフの聖地ともされています。イングランドとの争いが長く、1707年の合同法でイングランド王国と併合しました。バグパイプや民族衣装キルト(スカート)で有名なのもこの国です。

ウェールズ

イングランドに服従していたため、ユニオン・ジャックにウェールズの旗は含まれていませんが、独自の国旗を持っています。白と緑の背景に赤いドラゴンが描かれています。首都はカーディフであり、美しい田園風景が広がっています。ヨーロッパのどの国よりも城が多い地域であり、600以上あるとされています。

とくに有名なのは世界遺産にも登録されたコンウェイ城です。また、ウェールズ人はケルト人にルーツがあるとされています。ウェールズ語はケルト語の派生であり、今もウェールズの人々はこの言語を大切にしています。

北アイルランド

アイルランドの白地に赤い斜め十字帯である聖パトリック旗を国旗とし、首都はベルファストです。船舶の修理をおこなう世界最大のドライドッグがあり、タイタニック号が建造された場所です。

アイルランド島の北の一部であり、アイルランドの統一や独立に関し争いが絶えなかった国でもあります。1997年にはIRA(アイルランド共和軍)が、北アイルランドの独立を目的として武装活動をおこないました。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

イギリスとは!?

「イギリス」とは、国名という意味では実は存在しない名称で、日本人が呼ぶ「イギリス」は「イングランド」、「ウェールズ」、「スコットランド」、「北アイルランド」の4つの国から成る、正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」という「United(連合) Kingdom(王国)」のことを言うそうです。

正式名称の中にある「グレートブリテン」は、グレートブリテン島と言う島の事を指すようです。南方に首都であるロンドンマンチェスターなどがある「イングランド」、西には王太子が代々プリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズ大公)の称号を持つ「ウェールズ」、北が、エディンバラがある「スコットランド」があります。

口語で用いられることが多いイギリスと言う日本での呼び名は「イングランド」のポルトガル語読み「Inglez(イングレス)」が語源で、戦国時代にポルトガル人が来航した事に起源を持つと言われています。江戸時代にはオランダ語が語源の「エゲレス」という呼称も広く使用されており、「イギリス」と言う名称は日本人には国名として古くから認識されているのではないでしょうか。

オリンピックや国際大会などでは「国」として参加することが決められているため、日本でのテレビ中継の解説などでは日本人に馴染み深い「イギリス」や「英国」と言う名称で呼ばれているようです。

イングランドとは!?

イングランドとは、上記で説明しました通り、連合王国の4つのうちのひとつで、グレートブリテン島の南半分の地域を指し、ロンドンやマンチェスター、ケンブリッジなどが含まれていて、政治や経済の中心地になっているところです。

サッカーやラグビーのワールドカップなどではひとつの国ではなく、地域でもチームを構成することが認められているので4つの連合王国の「イングランド」、「ウェールズ」、「スコットランド」それぞれで参加しているそうです。

日本では「英語」という意味に捉えられることが多い「イングリッシュ」という言葉は、実際は「English(イングランド人)」の事を指すため、英国人全般に対する呼び方は注意が必要とのことです。イングランド人は「English(イングリッシュ)」、スコットランド人は「Scottish(スコティッシュ)」などと個別に呼ぶ名称もあり、全般を指すとするなら「British(ブリティッシュ)」を使う方が無難と言われています。

ちなみに、日本で放送されるオリンピックの開会式の中継などでは、イギリスが入場する際はナレーションや解説で正式名称で呼ばれています。

イギリスとイングランドの違いまとめ

  • イギリスとは日本だけの呼び名で、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」のことを指す。
  • イングランドとは、4つの連合王国のうちのひとつで、グレートブリテン島の南半分の地域を指す。
  • 国として参加することがルールづけられているオリンピックや国際大会では、「イギリス」として参加している
  • 地域での参加が認められている、ワールドカップでは「イングランド」などそれぞれの地域で参加しているそうです。

観てもらいたい動画!!

詳細については、次の URL をご覧ください。……

実は4つの国でできている!?イギリスのラグビーチームが4つあるわけ|みんなでつくる!暮らしのマネーメディア みんなのマネ活

4つの地域と主な都市

イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランド(この3つの地域を合わせたものがグレートブリテン)、北アイルランドの4つの国から成り立っています。
それぞれの国・地域において、特有の土地、文化、民族の特徴があります。

↑ PAGE TOP

イングランド England

イングランドの名はフランス語で「Angleterre」(Angle(アングル人)+terre(土地))と呼ばれ、「アングル人の土地」という意味になります。かつてグレートブリテン島にはケルト人が住んでいましたが、5世紀にドイツ北部のゲルマン系のアングロ・サクソン人が侵入して土地を統治するようなったことに由来します。

イングランドはグレートブリテン島の約65%の大陸を占め、西にはウェールズ、北にはスコットランドと隣り合っています。人口は約5562万人で、イギリスの85%近くもの人々がイングランドで暮らしています。

イギリスの政治・経済の中心の首都ロンドンの他、マンチェスターやバーミンガムなどの主要都市があり、鉄鉱石や石炭に恵まれて工業が盛んです。

ロンドン

イングランド南東部テムズ川下流両岸に広がる河港都市ロンドンはイギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)の首都であり、世界的な貿易・金融の中心として芸術、商業、教育、ファッション、金融、観光、交通など広範囲にわたる分野において発展。ニューヨークと並ぶ世界をリードする金融センターでもあります。

観光地は、バッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院、ロンドン塔、大英博物館、映画『ハリーポッター』に登場したスポットキングス・クロス駅などがあります。

バーミンガム

首都ロンドンに次ぐ第2の大都市。ロンドンから北西へ約 177kmの場所にある、トレント川、セバーン川、エーボン川の谷に取り巻かれたバーミンガム丘陵上に位置。ミッドランズ炭田地帯で近隣には鉄鉱山もあり、自動車、金属、機械などの工業が発達しています。蒸気機関を発明したジェームズ・ワットもこの土地で活躍しました。

リヴァプール

イングランド北西部マージー川エスチュアリー(三角江)の湾口に位置する、ロンドンに次ぐイギリス第2の貿易港。18世紀以降西インド諸島などとの奴隷貿易で急速に発展し、現在でも肉類・穀物・木材などの輸入、機械類・繊維製品などの輸出が盛んです。世界的ロックバンドであるビートルズの出身地としても有名で、世界中からファンが集まります。

ブリストル

イングランド南西部、ブリストル海峡に注ぐエーボン川下流にある河港都市。商業、交通、貿易の中心地として17世紀にアイルランド、アメリカ大陸との奴隷、砂糖、タバコなどの貿易で発展。伝統的な造船業はじめ、皮革・食品工業が盛んです。

マンチェスター

ロンドンから北西へ約 270kmに行ったアーウェル川、メドロック川、アーク川などの合流点に位置する商工業都市。17世紀頃から綿織物の生産が盛んとなり、産業革命後は綿工業の中心地として「綿の首都」と呼ばれて発展。現在では機械・化学・金属工業などが盛んです。

大規模な科学産業博物館、交通博物館、図書館の他、マンチェスター市立美術館など多くの美術館があり、多くの観光客が集まります。

↑ PAGE TOP

詳細については、次の URL をご覧ください。……

国名[編集]

正式名称は英語で、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(ユナイテッド・キングダム・オヴ・グレイト・ブリテン・アンド・ノーザン・アイルランド)。

日本語では、「グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国」とする場合(法文など)と「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」とする場合(条約文など)がある。

英語での略称は「United Kingdom」、「UK」。日本語における一般的な通称は「イギリス」もしくは「英国」(と略称される)であるが、稀に「United Kingdom」の直訳である「連合王国(れんごうおうこく)」が用いられることもある。現在の公用文では「英国」が使用されており、「イギリス」は口語で用いられることが多い[注釈 1]。「連合王国」は2003年まで法文において用いられていた[8]

「イギリス」は、イングランドに関連するポルトガル語の形容詞「inglez, inglês(イングレス、イングレシュ)」が語源で、戦国時代にポルトガル人が来航した事に起源を持つ。原義にかかわらず連合王国全体を指して使われており、連合王国の構成体たる「イングランド」とは区別される。江戸時代には、オランダ語の形容詞「engelsch, engels(エンゲルス)」を語源とする「エゲレス」という呼称も広く使用された[9]幕末から明治大正期には「英吉利(えいぎりす)」や「大不列顛(大不列顚、だいふれつてん、大ブリテン)」と漢字で表記されることもあったが、前者が「英国」という略称の語源である。ただし「英国」は、狭義に連合王国全体でなくイングランド英格蘭)のみを指す場合もある[注釈 2]

1707年合同法においては、イングランド王国およびスコットランド王国を一王国に統合すると宣言する。同法において、新国家名称は「グレートブリテン王国」または「グレートブリテン連合王国」および「連合王国」とすると述べている[10][11]。しかしながら、「連合王国」という用語は18世紀における非公式の使用にのみ見られ、「長文式」でない単なる「グレートブリテン」であった1707年から1800年まで、同国はごくまれに正式名称である「グレートブリテン連合王国」と言及された[12][13][14][15][16]1800年合同法では、1801年にグレートブリテン王国とアイルランド王国が統合し、グレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立した。現在の正式国名である「グレートブリテン及び北(部)アイルランド連合王国」は、北アイルランドのみが連合王国の一部としてとどまった1922年のアイルランド自由国独立およびアイルランド分裂英語版後に採用された[17]

イギリスは主権国家として国であるが、イングランド、スコットランドウェールズ、それほどの段階ではないが北アイルランドも、主権国家ではないが「国」(country)と呼ばれる[18][19]。スコットランド、ウェールズ、北アイルランドは、権限の委譲による自治権を有する[20][21]。イギリス首相のウェブサイトでは、連合王国の説明として「1国内の国々」という言葉が用いられていた[2]イギリスの12のNUTS1地域英語版統計のような複数の統計的概要において、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドを「region」と言及している[22][23]。北アイルランドは「province」とも言及される[18][24]。北アイルランドに関しては、記述名の使用が「多くの場合、個人の政治的選好を明らかにする選択で議論の的になり得る」[25]

英語では「Britain」という言葉は、連合王国の同義語として頻繁に用いられる。一方、「Great Britain」という言葉は、連合王国全体の緩い同義語として用いられる場合もあるが[26][27]、本来はイングランド、スコットランドおよびウェールズを指すものであり、北アイルランドを含む(すなわち、イギリス全体を指す)場合には用いるべきでないとされる[28][29][30]

“GB”及び”GBR”は、イギリスの標準国名コード (ISO 3166-2及びISO 3166-1 alpha-3を参照) であり、その結果として国際機関がイギリスに言及する際に用いられることがある。さらに、イギリスのオリンピックチームは「Great Britain」もしくは「Team GB」の名称を用いる[31][32]

形容詞の「British」は、イギリスに関する事項への言及によく用いられる。「British」に明白な法的含意はないが、イギリスの市民権及び国籍に関する事項英語版への言及に法律上用いられる[33]。イギリスの国民は、自らの国民性を表現するのに多数の異なる用語を用い、自らをイギリス人であるか、イングランド人スコットランド人ウェールズ人北アイルランド人アイルランド人[34] であるか、またはその両方であると見なし得る[35]

2006年、英国旅券に新デザインが導入された。新パスポートの1ページ目には、英語ウェールズ語スコットランド・ゲール語で正式国名が記載されている[36]。ウェールズ語での正式国名は「Teyrnas Unedig Prydain Fawr a Gogledd Iwerddon」であり、政府のウェブサイト上での略名は「Teyrnas Unedig」であるが[37]、通常は語形変化した形「Y Deyrnas Unedig」から「DU」と略される。スコットランド・ゲール語での正式国名は「Rìoghachd Aonaichte Bhreatainn is Èireann a Tuath」であり、略名は「Rìoghachd Aonaichte」である。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Spotlight


Population and household estimates, England and Wales: Census 2021

What’s in the bulletin?

  • On Census Day, 21 March 2021, the size of the usual resident population in England and Wales was 59,597,300 (56,489,800 in England and 3,107,500 in Wales); this was the largest population ever recorded through a census in England and Wales.
  • The population of England and Wales grew by more than 3.5 million (6.3%) since the last census in 2011, when it was 56,075,912.
  • The population grew in each of the nine regions of England and also grew in Wales; the region with the highest population growth was the East of England, which increased by 8.3% from 2011 (a gain of approximately 488,000 residents).

More publications


How the population changed where you live: Census 2021

Using the first results from Census 2021, we look at which local authority areas have seen the biggest population increases and decreases, which areas had the largest growth in different age groups, and how your chosen area compares with others.

Back to top

Time series related to Population estimates

  • 67,081,000

    2020

    Release date:
    25 June 2021
    Next release:
    December 2022
  • 65,186,000

    2020

    Release date:
    25 June 2021
    Next release:
    December 2022
  • 56,550,000

    2020

    Release date:
    25 June 2021
    Next release:
    December 2022
  • 3,170,000

    2020

    Release date:
    25 June 2021
    Next release:
    December 2022
  • 5,466,000

    2020

    Release date:
    25 June 2021
    Next release:
    December 2022
  • 1,896,000

    2020

    Release date:
    25 June 2021
    Next release:
    December 2022

View all time series related to Population estimates
Back to top

詳細については、次の URL をご覧ください。……

イギリスとイングランドの違い

日本人が「イギリス(※1)」「英国」と呼ぶ国の正式名称は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)(※2)を指す。つまりイギリスとは、複数の国が集まってできた国家である。

1 「イギリス」は日本独自の呼称なので注意。

2 UK United Kingdom Great Britainと略す場合もある。

イギリスはグレートブリテン(島)と北アイルランドの二つに大別できるが、細かくは4つの国(上記)の集まりである。つまり、イングランドはイギリスを構成する国の1つをいう。

イギリスを構成する国の変遷
  • 927年 イングランド王国の建国
  • 1536年 ウェールズを合併
  • 1707年 スコットランドを合併(→グレートブリテン連合王国の成立)
  • 1801年 アイルランドを合併(→グレートブリテン及びアイルランド連合王国の成立)
  • 1922年 南アイルランド(現アイルランド)の分離(→グレートブリテン及び北アイルランド連合王国に改称)

なお、イギリス国旗(ユニオンジャック)は、これらの国々(※3)の旗のデザインを組み合わせたものである。

3 スコットランドやアイルランドと比べ、ウェールズは早い段階でイングランドに合併された。そのため、ユニオンジャックにウェールズの旗のデザインは取り入れられなかった。

ウェールズの国旗

スポーツの国際大会について

スポーツの国際大会には、(1)イギリス(連合国家)として出場している場合(2)各国単位で出場している場合がある。

例えばオリンピックの出場は、各国のオリンピック委員会単位と決められている。イギリス国内には1つのオリンピック委員会しかないため、イギリスとして出場しているのである。

一方、サッカーワールドカップには、各国4チームが出場している。原則として、サッカーワールドカップの出場は、1国家1チームと決められている。しかしイギリスはサッカー発祥国であるため、この原則から外れている。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ヨーロッパの雄 イギリスの歴史とは

イギリスには、紀元前3,000年という遥か昔から文明が存在していたと言われています。それを示すのが、未だ謎に包まれた建造物である「ストーンヘンジ」です。人工的な建造物であることは間違いないものの、なんのために作られたのかははっきりしていません。

それから時代が下った1世紀から5世紀ごろまでのイギリスは、ローマの侵略を受け、その支配下に置かれました。ローマはグレートブリテン島南部を占領し、その場所を「ブリタニア」と呼びました。ブリタニアに住むブリトン人たちは、5世紀に入ってローマの力が弱まり、イギリスから撤退した後も、アングロサクソン人の侵攻を受けるなど、長く侵略の時代を過ごすことになります。

このころ、海を渡ってフランスに逃げたブリトン人は、フランスのブリタニア地方に逃れました。この地域を「小ブリタニア」と言います。そこで、もともとのブリタニアを小ブリタニアと区別するために「大ブリタニア」と呼ぶようになりました。この呼び名は、現在も「グレートブリテン」という呼称として残っています。

16世紀半ば、イングランド王ヘンリー8世は、ウェールズ公国を事実上併合するとともに、アイルランド王の称号も名乗るようなりました。そして17世紀初頭に、イングランドとアイルランドの女王だったエリザベス1世が亡くなると、スコットランド王ジェームズ6世が後を継ぎ、イングランド王ジェームズ1世として即位します。ジェームズ1世はイングランド王・アイルランド王・スコットランド王を兼任するようになったのです。

それでもスコットランドとアイルランドはイングランドとは別の独立した国でした。しかし、18世紀にイングランドとスコットランドが合併してグレートブリテン王国を作り、さらに、1801年1月1日、グレートブリテン王国がアイルランド王国を併合したことで、「グレートブリテンおよびアイルランド連合王国」の誕生となったのです。

アイルランド王国は1937年にイギリスから離脱しましたが、北アイルランドは連合王国に残留することを選びました。そのため、呼称も「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」となりました。これが、現在一般的に「イギリス」と呼ばれている国の正式名称です。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード イングランド イギリス イングランド イギリス

留学, アイルランド, 英語

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button