Entertainment Japanese news daily

アルゼンチン 人| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

アルゼンチン 人, /%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%b3-%e4%ba%ba,

Video: 10歳の日本人 タルハニ存哉(アリヤ)君がスペイン・エスパニョールの下部組織に入団【タルハニ存哉】

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

アルゼンチン 人, 2013-11-11, 10歳の日本人 タルハニ存哉(アリヤ)君がスペイン・エスパニョールの下部組織に入団【タルハニ存哉】, バルサ久保君、レアル中井君に続き、10歳のタルハニ存哉君がエスパニョールの下部組織に入団
タルハニ存哉 (アリヤ)(ありや),タルハニ存哉, tsuruii terano sauru

,

民族グループ[編集]

アルゼンチンは様々な民族からなる多民族国家であり、アルゼンチン人は自分たちの国を単一民族国家とはとらえず、多民族国家ととらえている。アルゼンチン人は、自分の国を「人種のるつぼ」(cresol de razas)だと言っている。

概要[編集]

アルゼンチンはアメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ブラジルなどの国と共に様々な人たちによる人種のるつぼである[12][13]

19世紀半ば、新しい憲法によって移民受け入れを推奨され、戦争貧困飢餓飢饉、よりよい生活を求めるなどの理由で大きな移民団がアルゼンチンに到着した。多くはヨーロッパ中近東ロシア日本から移民して来た。最終的にアルゼンチンはアメリカ合衆国に次ぐ2番目の移民大国となった。

多くのアルゼンチン人はヨーロッパ人の家系で、彼らは植民地時代の移住者の子孫と全体の約86%にあたる19世紀、20世紀の移民の子孫である[14]

主なグループはイタリア人スペイン人ガリシア人バスク人も含まれる)である。最大で2500万人、つまり60%のアルゼンチン人はイタリアの家系である[15]ドイツ人スラブ人イギリス人フランス人もいる[16]。少ない人数ではあるが、ユダヤ人、先住民、アラブ人、アジア人、ジプシーアフリカ人も人種のるつぼを形成している。

ここ10年の間に渡ってきた移民としては、パラグアイ人ボリビア人ペルー人ベネズエラ人や他のラテンアメリカ諸国、東ヨーロッパ人、アフリカ人、アジア人などがいる[17][18]

クリオーリョ[編集]

ほとんどのアルゼンチン人は多かれ少なかれクリオーリョ、すなわち植民地時代にアルゼンチンに渡ってきたスペイン人の血をひいている。そのスペイン人は地元のアメリカインディアンと結婚し、それより後にイタリアとスペイン出身の移民が多く押し寄せることとなった。

ヨーロッパ[編集]

アルゼンチンはヨーロッパ人の血をひく人たちが多数を占めており、そのヨーロッパ人は1810年以前に植民地時代の時に入ってきた入植者の子孫や主に19世紀中ごろから20世紀中ごろにかけての大移動によってきた人たちが多い。「ヨーロッパ系アルゼンチン人」という名称は正式には使われず、国勢調査のデータにも存在しないが、ある情報ではヨーロッパ人はアルゼンチンの全人口の少なくとも81.9%、最大で96%いるという情報もある[19][20]

現在、ヨーロッパの国別で移民が多いところは、イタリア人、スペイン人(バスク人ガリシア人も含む)、ドイツ人、北欧人(主にデンマーク系アルゼンチン人、フィンランド系アルゼンチン人、スウェーデン系アルゼンチン人)、スラブ人ロシア人ウクライナ人ポーランド人チェコ人ブルガリア人スロベニア人マケドニア人クロアチア人も含む)、フランス人(バスク人も含む)、アイルランド人ポルトガル人オランダ人などである。

アラブ[編集]

アラブ人とわずかでもアラブ人の血をひくアルゼンチン人は約4.2%である[19]。数としては320万人いて、多くは現在のシリアレバノンにあるアラブの文化遺産や言語的遺産をもたらした人たちである。大きな移民の波が押し寄せるまで、ほとんどのアラブ諸国はオスマン帝国の支配下にあったのもあり、多くのアラブ人はアルゼンチンに入国するのにトルコのパスポートで入国していたので、トルコ語を話していたと言われている。

先住民[編集]

先住民の現代文化はマプーチェ族、Kolla族、Wichi族、Toba族によるものが代表される。2004年2005年に行われたEPCIによる暫定的なデータによると、600329人の先住民(全人口の約1.49%)がアルゼンチンに住んでいる。その中で1番多いのはマプーチ族で、アルゼンチン南部に住んでいる。Kolla族とWichi族はアルゼンチン北西部に住んでいて、Tobas族は北西部に住んでいる人が多い。先住民とみなされているメスティーソもいる[16]

その他にはボリビア、パラグアイ、ペルー、エクアドルなどの近隣諸国から来た移民などがいる。

メスティーソ[編集]

正確な人数は不明だが、全人口の中にメスティーソの混合人種がいる。遺伝子研究によれば、アルゼンチン人のフットプリントを調べるとヨーロッパ系が大多数を占めているというわけではないという結果がでている。アルゼンチンの人口に関する最も信頼の高い遺伝子研究機関のひとつによれば、アルゼンチン北東部、北西部、南部、中央部(特にブエノスアイレスの中心部)では、サンプルの人たちによる人口構成は65%がヨーロッパ人で、次いで31%のアメリカインディアン、4%のアフリカ人もいる。しかし、この研究はアルゼンチンの平均的な民族分布をしっかりと示しておらず、多様なアルゼンチン人の遺伝子が存在するということだけを示した結果となっている。また、その研究ではアルゼンチン国内でも大きな違いがみられるという結果がでている。Daniel Corachによる研究ではアルゼンチン国内の平均ではどうなるかと、さまざまな地域で調べてみるとアルゼンチン人による常染色体の78.5%がヨーロッパ系であることが分かった[21]。ある資料ではメスティーソはアルゼンチン全体では2.5%で高い地域でもせいぜい15%という結果がでている。

アフリカ[編集]

2005年に行われた遺伝子研究によれば、ブエノスアイレスの人たちのアフリカ系遺伝子の割合は2.2%であった。しかし、この数字は非常に強いアフリカ系遺伝子を持っている10%の人たちによるものが多い。アルゼンチンに住んでいる黒人、ムラート(黒人とヨーロッパ人の混血)、ザンボ(黒人と先住民の混血)はおそらく約67000人で、この中には53000人の奴隷直系血族と12000人~15000人の1950年代と1960年代に到着したカーボベルデ系ムラート移民とその子孫も含まれている。

19世紀には定期的に戦争があり、黄熱病のような病気が広まり、何千人ものヨーロッパ系移民がアルゼンチンに到着し、多くの黒人女性がその移民と結婚した。すでにアフリカ系の人たちの人口は少なくなっていたのもあり、彼らの存在は忘れ去られるようになった。

1990年代に新たなアフリカ諸国(カーボベルデナイジェリアセネガルアンゴラコートジボワールカメルーンガーナシエラレオネなど)による黒人移民の大移動が始まった。ここ数年、アフリカ系アルゼンチン人を守る団体であるAfrica Viveは100万~200万人のアフリカ人の子孫がアルゼンチンで生活していると計算している。

アジア[編集]

アジア系アルゼンチン人はアルゼンチンで生まれた者、もしくは外国で生まれ、後にアルゼンチン人になった者がいる。20世紀にかけて何度か大移動があったが、多くのアジア系アルゼンチン人はその時に移動した。彼らは主に、ブエノスアイレス周辺に住み、繊維産業、食料雑貨店、ビュッフェ形式のレストランなど大小様々な会社を興した。地道に仕事を続けていたので、アルゼンチンの社会から評価された。

まず、主に20世紀前半~中盤にかけて沖縄県から少数の日本人移民がやって来た。その後1960年代に韓国人がやって来て、1980年代に台湾人がやって来た。1990年代には今までで最大の数のアジア系移民がやって来た。彼らは中国本土からやって来た中国人で、2013年最終的に彼らはパラグアイ人、ボリビア人、ペルー人に次ぐ4番目に大きい外国人のコミュニティーとなった[17]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

国名[編集]

正式名称は、República Argentina(レプブリカ・アルヘンティーナ)。通称、Argentina(アルヘンティーナ)。英語表記は公式にはArgentine Republic(アージェンタイン・リパブリック)、通称Argentina(アージェンティーナ)。

日本語の表記はアルゼンチン共和国。通称アルゼンチン。ほかにアルゼンティンとも表記され、原語音に即したアルヘンティーナと表記されることもある。漢字表記では、亜尓然丁亜爾然丁阿根廷拼音: āgēntíng)など。

独立当時はリオ・デ・ラ・プラタ連合州(Provincias Unidas del Río de la Plata)と呼ばれ、あるいは南アメリカ連合州(Provincias Unidas de Sudamérica)とも名乗っていた。リオ・デ・ラ・プラタスペイン語で「の川」を意味し、1516年フアン・ディアス・デ・ソリスの率いるスペイン人征服者の一行がこの地を踏んだ際、銀の飾りを身につけたインディヘナチャルーア人)に出会い、上流に「銀の山脈(Sierra del Plata)」があると考えたことから名づけたとされる。これにちなみ、銀のラテン語表記「Argentum(アルゲントゥム)」に地名を表す女性縮小辞(-tina)を添えたものである。初出は、1602年に出版されたマルティン・デル・バルコ・センテネラスペイン語版英語版叙事詩アルヘンティーナとラ・プラタ川の征服』とされる。その後、1825年に正式国名とした。

国名をラテン語由来へと置き換えたのは、スペインによる圧政を忘れるためであり、フランスのスペインへの侵略を契機として、フランス語読みの「アルジャンティーヌ(Argentine)」に倣ったものでもあるとされる。しかしながら、現在でも「リオ・デ・ラ・プラタ連合州」や「アルゼンチン連合(Confederación Argentina)」などの歴史的呼称は、アルゼンチン共和国とともに正式国名として憲法に明記されている。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

一般事情

1 面積

278万平方キロメートル(我が国の約7.5倍)

2 人口

約4,538万人(2020年、世銀)

3 首都

ブエノスアイレス(Buenos Aires

4 民族

欧州系(スペイン、イタリア)97%、先住民系3%

5 言語

スペイン語

6 宗教

カトリック等

7 略史

年月 略史
1816年 独立
1946年 ペロン政権の成立
1973年 軍部介入など変遷の後再度ペロン大統領が就任
1976年 クーデターにより軍事政権成立
1982年4月~6月 フォークランド(マルビーナス)諸島紛争
1983年12月 アルフォンシン大統領就任(民政移管)
1989年7月 メネム大統領就任
1995年7月 メネム大統領再度就任
1999年12月 デ・ラ・ルア大統領就任
2002年1月 ドゥアルデ大統領就任
2003年5月 キルチネル大統領就任
2007年12月 クリスティーナ・フェルナンデス大統領就任
2011年12月 クリスティーナ・フェルナンデス大統領再任
2015年12月 マクリ大統領就任
2019年12月 アルベルト・フェルナンデス大統領就任

詳細については、次の URL をご覧ください。……

アルゼンチン人はラテンアメリカの変わり者?それとも嫌われ者?

アルゼンチンは1482年にコロンブスによって発見されて以降、他の多くのラテンアメリカ諸国と同じように、長い間スペインに植民地支配されてきました。

他のラテンアメリカの国々では、白人と先住民の間に生まれたメスティソと呼ばれる混血の人々が国民の大多数を占めるのに対し、アルゼンチンでは現在白人系が国民の80%以上を占めると言われています。

この違いは一体なぜでしょう?

大規模な移民政策から白人化した国・アルゼンチン

実はアルゼンチンでは1800年代に多くの政治家によってアルゼンチンの西欧化、人口の白人化が公式に掲げられ、大規模な移民政策が政府主導で行われました。

その結果、イタリア、スペインを筆頭に、ドイツ、イギリスなど多くのヨーロッパ諸国から多数の移民が流れ込んだことで、現在に至るまで白人系人口が圧倒的な割合を占めているのです。

こうしたヨーロッパ系移民は、2世、3世となった今でも、その先祖の出身地であるヨーロッパ諸国の市民権やパスポートを持っていることが多く、現在でも遠い親戚がそれらの国々に住んでいたりします。

2001年にアルゼンチンが財政破綻した時、多くの国民が仕事やより良い生活を求めてヨーロッパへ渡ったのは、こうした背景があってのことでした。

さて、アルゼンチン人はよく他のラテンアメリカの人々から「ヨーロッパ人気取り」と敬遠されますが、アルゼンチン人にとってヨーロッパは、こうした歴史的ルーツや社会的な要因があり、現実的にとても身近にあるので当たり前と言えば当たり前かもしれません。

ただ、中には「俺はラテンアメリカ人じゃない。イタリア人の末裔だ。」と言い放ってしまうアルゼンチン人もいるので、これは嫌われてもしょうがないか、、、と思うことも時にはあります。

このアイデンティティーのどこか宙ぶらりんな感じは、メスティソが大半を占めるラテンアメリカの国々ではあまり見られない、少し屈折したアルゼンチン人の独特な国民性を作り上げている理由の一つと言えそうです。

独特なスペイン語はイタリア語訛り?

多くのラテンアメリカ諸国ではスペイン語が公用語となっていますが、それぞれの国や地域で話されるスペイン語には大きな違いがあります。

中でもアルゼンチン・スペイン語は、使われる語彙や表現だけでなく、アクセントや発音が他国のそれとはだいぶ異なることで有名です。

関連記事:アルゼンチン滞在に便利!スペイン語の挨拶やフレーズ・75選

こうした「音」の違いは、圧倒的多数のイタリア系移民による”イタリア語訛り”と言われていますが、この「シャ・シュ・ショ」音の目立つ独特なアルゼンチン・スペイン語を「鼻につく」と嫌ったり、笑いものにする人は多くいます。

それでも、実際にアルゼンチンで暮らしてみると、こうした風評とは全く違い、アルゼンチン人が親切で気さくな人たちだときっと分かることでしょう。

確かに、パッと見は完全に白人でいわゆるラテン人とは全く違うように見えるかもしれませんが、「Hola!」と挨拶してみると、直ぐに人懐こい笑顔で話しかけてくれます。

アルゼンチン人はラテンアメリカの”嫌われ者”と言うよりも、実際はラテンアメリカの”変わり者”なのではないかと筆者は思っています。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

詳細については、次の URL をご覧ください。……

アルゼンチン 日本企業との連携で花の首都を彩る

メルコフロール花卉・鉢物生産者協同組合で、花の直売を行う日系農家の人々。ブエノスアイレスの花文化を支える存在だ

アルゼンチンには19世紀末から20世紀初めにヨーロッパ諸国から多くの人が流入し、花を観賞したり贈ったりする習慣が普及した。同時期に移り住んだ日系人たちは、花をめでる文化に反して庭の手入れや花の栽培に長けた職人が少ないことに注目し、花の生産を手掛けて成功した。

その後も日系移民の多くが、首都のブエノスアイレス近郊で花卉(かき)栽培を手掛けている。政府は1964年にブエノスアイレスを”花の首都”と名付け、近郊で毎年10月に花祭りを開催。多くの見物客が集まるこの花祭りの運営も、日系花卉農家が中心的な役割を果たしており、展示パビリオンの設計も日系造園技師が手掛けている。

日系の花卉農家を支援するため、JICAは1977年、ブエノスアイレス市近郊に園芸総合試験場を設置。1995年に国立農牧技術院(INTA)の敷地内に移転した後には、新たにアルゼンチンの花卉産業の育成支援を目的とした技術協力を開始した。2004年にはINTAに移管され、INTA花卉研究所となった。

2005年からは種苗会社の「株式会社サカタのタネ」との共同研究で国内の野生植物を基にした園芸品種開発を開始し、メカルドニアの新品種開発に成功。その際、素材となった野生種が生えていた地域にも利益を分配する仕組みを作り、生物多様性保護の視点からも注目されている。ライムンド・ラビニョーレ国立種子研究所総裁は、「生物多様性条約にのっとり、原産地にも利益を分配する事例として、園芸植物では稀有な例。資源提供国となるわが国にとっては重要な取り組みです」と話す。INTA花卉研究所は今や同国随一の花卉園芸部門の研究拠点として、アルゼンチンの花文化を牽引(けんいん)している。

コロンビア 多くの地元住民が学ぶ日本語学校

光園の設立者の一人、柴田冨士子さんは90歳を超えてなお、子どもたちを教える。折り紙はコロンビアの子どもたちにも人気だ

1929年に日本人の入植が始まったコロンビア。人数が比較的少なく、第二次大戦中は激しい差別を受けるなどしたこともあって、1960年代には日系人子弟でも日本語を話せる人は少なくなっていた。そこで68年、日系1世の柴田稔・冨士子夫妻が、他の日系人の協力も得て日本語学校「光園」を設立。日系人子弟に対する日本語教育を開始した。教師も、教材も、資金もない状態からスタートし、PTAなどの協力を得て着実に発展してきた光園。今ではコロンビア日系人協会附属の日本語学校として、約170人の生徒に日本語を教えている。

とはいえ、現在の生徒の多くは日系人ではない。実は、コロンビアでは近年、漫画やアニメなどのポップカルチャーの影響もあって日本文化への関心が高まり、日本語を学びたいというコロンビア人が増えているのだ。今や、コロンビアの人々に対する日本語・日本文化の発信拠点となった光園で、92歳の高齢ながら現在も教壇に登る柴田冨士子先生は、「創立時には、50年後にこんなに立派な日本語学校になるとは思いませんでしたし、日本語を学びたいという生徒が年々増えていることを本当にうれしく思います。でも、日系3世、4世の若い世代がコロンビアと日本の架け橋として活躍し始めた今だからこそ、地元の方々だけでなく、日系人の皆さんにも日本語をもっと勉強してほしいですね」と語る。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード アルゼンチン 人 アルゼンチン 人

タルハニ存哉, エスパニョール, スペイン, 10歳, 日本人, アリヤ アルゼンチン人 英語, アルゼンチン人 性格, アルゼンチン人 特徴, アルゼンチン人 男性, アルゼンチン人 顔, アルゼンチン人 有名人, アルゼンチン人 白人, アルゼンチン 人種

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button