Entertainment Japanese news daily

daniil medvedev| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

daniil medvedev, /daniil-medvedev,

Video: Daniil Medvedev Faces Denis Shapovalov For The Title | Vienna 2022 Final Highlights

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

daniil medvedev, 2022-10-30, Daniil Medvedev Faces Denis Shapovalov For The Title | Vienna 2022 Final Highlights, SUBSCRIBE to our channel for the best ATP tennis videos and tennis highlights: https://www.youtube.com/tennistv?sub_confirmation=1

Watch official ATP tennis streams from every tournament: http://tnn.is/YouTube

Tennis TV is the OFFICIAL live streaming service of the ATP Tour.

Tennis TV features live streaming and video on demand of ATP tennis matches in full on PC, Mac, mobile & tablet apps on iOS & Android. Download the app to stream on your device: http://tnn.is/YouTube

Plus Tennis TV is also available to stream tennis on your TV on Apple TV, Roku, Amazon Fire TV, Samsung Smart TV, LG Smart TV, Android TV, PlayStation 4, Xbox One and Chromecast.

To enquire about licensing ATP Tour footage contact IMG Replay: http://imgreplay.com/client/atp_media

#tennis #tennistv #sports, Tennis TV

,

Early and personal life[edit]

Medvedev was born in Moscow to Sergey Medvedev and Olga Medvedeva. Daniil’s father, a computer engineer, developed his own business of building materials sales, from the mid-1980s to the early 2010s.[9] Medvedev has two older sisters named Julia and Elena, 12 and 8 years his senior, respectively. When he was 6 years old, his mother noticed an advertisement for group tennis lessons at the pool where he was taking swimming lessons. His father encouraged him to enroll. Medvedev’s first tennis teacher was Ekaterina Kryuchkova, a former coach of professional tennis player Vera Zvonareva among others.[10] Daniil’s other childhood activities besides sport included harpsichord and guitar lessons.[11][12][13]

Medvedev studied physics and math at a specialized school before graduating early and enrolling in economics and commerce at the Moscow State Institute of International Relations. He later dropped out to focus on tennis.[13] He then switched to the Russian State University of Physical Education, Sport, Youth, and Tourism, where he received his diploma as coach.[14] With his family he moved to Antibes, France where he trained at the tennis academy.[15] His parents have been living in France since then, as retirees.[12] As a result of living mostly overseas after turning 18, Medvedev can speak French and English fluently, besides his native Russian.[11]

Medvedev married his girlfriend Daria Chernyshkova, a Moscow State University graduate and former juniors tennis player, in Moscow on 12 September 2018.[16][17] On October 14, 2022, he announced with his wife, Daria, the birth of their daughter.[18]
In September 2019, he credited his marriage for the improvement of his tennis results: “Before I made a proposal, I had been on the 65th place in the ranking, and then in ten months I’ve won two major tournaments and entered the top 10. We have significantly rebuilt our life, we work for each other. I earn [money], and Dasha helps me to earn more”.[19] Daria also works as his assistant, e.g., she helps to procure travel visas which is not easy with a Russian passport.[20] When he won the US Open on 12 September 2021, his first Grand Slam singles title, Medvedev joked, referring to the final being on the same day as his wedding anniversary, “If I lose, I have no time to find a present. So I have to win this match.”[21]

Medvedev has been listed as an “unsuitable” subject to compulsory military service in the Russian Armed Forces because of his minor health issues due to the preterm birth at 8 months.[12] Like many other Russian tennis players, Medvedev considered switching to the flag of Kazakhstan in the beginning of his professional career for a lack of support from the Russian Tennis Federation.[22][23] Sports psychologist Francisca Dauzet has been a part of his French-speaking entourage since 2018.[24] He is a supporter of FC Bayern Munich.[25]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Yearly summary[edit]

Early hard court season[edit]

ATP Cup[edit]

Australian Open[edit]

Medvedev lost in the final to Nadal in five sets.

Mexican Open[edit]

Medvedev lost in the semifinals to Nadal.

Indian Wells Masters[edit]

Medvedev lost in the third round to Gaël Monfils.

Miami Open[edit]

Medvedev lost in the quarterfinal to the defending champion Hubert Hurkacz.

Clay Court Season[edit]

Monte-Carlo Masters[edit]

Medvedev withdrew after choosing to have a hernia surgery which would keep him out of action for one to two months.

Geneva Open[edit]

French Open[edit]

Grass Court Season[edit]

Libéma Open[edit]

Wimbledon[edit]

Halle Open[edit]

North American hard court season[edit]

Los Cabos Open[edit]

Daniil Medvedev defeated the defending champion Cameron Norrie in the final, 7–5, 6–0 to win the men’s singles title at the 2022 Los Cabos Open.[5] It was his career’s fourteenth ATP title.

Canadian Open[edit]

Medvedev was the defending champion, but lost in the second round to Nick Kyrgios.[6]

Cincinnati Masters[edit]

At the Cincinnati Masters, Medvedev was defeated by Stefanos Tsitsipas in the semifinals.

US Open[edit]

Medvedev was yet again defeated by Kyrgios at the US Open in the fourth round, resulting in Medvedev losing his number one ranking.

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ダニール・メドベージェフ - Wikipedia

Performance timelines[edit]

Key
W  F  SF QF #R RR Q# P# DNQ A Z# PO G S B NMS P NH

(W) winner; (F) finalist; (SF) semifinalist; (QF) quarterfinalist; (#R) rounds 4, 3, 2, 1; (RR) round-robin stage; (Q#) qualification round; (P#) preliminary round; (DNQ) did not qualify; (A) absent; (Z#) Davis/Fed Cup Zonal Group (with number indication) or (PO) play-off; (G) gold, (S) silver or (B) bronze Olympic/Paralympic medal; (NMS) not a Masters tournament; (P) postponed; (NH) not held; (SR) strike rate (events won / competed); (W–L) win–loss record.

To avoid confusion and double counting, these charts are updated at the conclusion of a tournament or when the player’s participation has ended.

Singles[edit]

Current through the 2022 Vienna Open.

Doubles[edit]

Significant finals[edit]

Grand Slam finals[edit]

Singles: 4 (1 title, 3 runner-ups)[edit]

Result Year Tournament Surface Opponent Score
Loss 2019 US Open Hard Rafael Nadal 5–7, 3–6, 7–5, 6–4, 4–6
Loss 2021 Australian Open Hard Novak Djokovic 5–7, 2–6, 2–6
Win 2021 US Open Hard Novak Djokovic 6–4, 6–4, 6–4
Loss 2022 Australian Open Hard Rafael Nadal 6–2, 7–6(7–5), 4–6, 4–6, 5–7

Year-end championships[edit]

Singles: 2 (1 title, 1 runner-up)[edit]

ATP Masters 1000 finals[edit]

Singles: 6 (4 titles, 2 runner-ups)[edit]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

References[edit]

External links[edit]

  • Gilles Cervara ATP coach profile

詳細については、次の URL をご覧ください。……

選手経歴[編集]

ジュニア時代[編集]

メドベージェフはモスクワで生まれて、6歳の頃にテニスを始める。母親がテニススクールとスイミングスクールの広告を見かけてエンジニアの父親に相談して始めたのがきっかけである。スポーツ以外にはチェンバロギターなどの楽器の演奏も習っていた。

物理学数学が得意で、モスクワ国際関係大学に進学して経済学商業学を学んでいたが、テニスに専念するために大学を中退。その後両親と一緒にフランスに移り、現地のテニスアカデミーでトレーニングをするようになる。フランスに移り住んだことで母国語のロシア語英語フランス語が流暢に話せることになった。

2015-2016年 プロ転向[編集]

2015年ニース・オープンでのダニール・メドベージェフ

2015年にプロに転向。2016年のニース・オープンでツアーシングルス本戦初出場。サバンナ・チャレンジャー英語版の2回戦でドナルド・ヤングと対戦した際、審判も黒人であるがために「友人」のヤングに有利な判定をしたと暴言を吐き、この差別的な言動により失格となった[1]

2017年 NextGenファイナルズ3位[編集]

2017年クイーンズ・クラブ選手権でのダニール・メドベージェフ

1月のチェンナイ・オープンでATPツアー初の決勝に進出した。決勝でロベルト・バウティスタ・アグートに 3-6, 4-6 で敗れ準優勝となった。

4大大会では全豪オープンで初出場。ウィンブルドン選手権では1回戦で第5シードのスタン・ワウリンカを 6–4, 3–6, 6–4, 6–1 で破る殊勲を挙げた[2]。しかし2回戦では主審に不満を露わにし、試合後には審判台に向かって小銭を投げつけた[3]

2017年7月24日付のランキングで48位となりトップ50入り。11月の21歳以下限定のネクストジェネレーション・ATPファイナルにも出場し、ラウンドロビンを突破するも準決勝で鄭現に敗れた。

2018年 ツアー初優勝[編集]

2018年ウィンブルドンでのダニール・メドベージェフ

年始のシドニー国際でツアー2回目の決勝進出。決勝で地元オーストラリアのアレックス・デミノーに1-6, 6-4, 7-5で勝利し、ATPツアー初優勝を果たした[4]。8月のウィンストン・セーラム・オープンでツアー2勝目を挙げる。10月の楽天ジャパン・オープンでは予選から勝ち上がり、決勝で第3シードの錦織圭を 6–2, 6–4 で破り、500シリーズ初優勝。

2019年 マスターズ初優勝 全米準優勝 ATPファイナルズ初出場 トップ10入り[編集]

全豪オープンで4回戦進出。2月のソフィア・オープンで優勝しツアー4勝目を挙げる。バルセロナ・オープンでも決勝に進むも、ドミニク・ティームに敗れた。モンテカルロ・マスターズではノバク・ジョコビッチを破りベスト4入りしている。

ウィンブルドン選手権は3回戦で敗退したが、7月15日付のランキングで10位となりトップ10入りを果たした。シティ・オープンロジャーズ・カップで2週連続決勝進出したが、それぞれニック・キリオスラファエル・ナダルに敗れた。

ウエスタン・アンド・サザン・オープンでも準決勝でジョコビッチを下して3週連続となる決勝進出を決め、決勝ではダビド・ゴファンに7-6(3), 6-4で勝利して、見事マスターズ初優勝を果たした[5]。大会終了後の世界ランキングで5位を記録。

そしてこの夏絶好調の勢いで臨んだ全米オープンでは、準々決勝で2016年の同大会王者スタン・ワウリンカを7-6(6), 6-3, 3-6, 6-1で破り、グランドスラムで初めてベスト4に駒を進めた。また、これにより自己最高位を更新する世界4位に浮上することが決まった。さらに準決勝ではグリゴール・ディミトロフを7-6(5), 6-4, 6-3で下し、ロシア勢では2000年のマラト・サフィン以来となる同大会の決勝進出。ロジャーズ・カップからの3大会連続決勝は、イワン・レンドル(1982年)、アンドレ・アガシ(1995年)、ラファエル・ナダル(2013年)に次いで3人目である[6]。そして決勝、ラファエル・ナダル戦。最初の2セットを5-7, 3-6で落としたものの、そこから7-5, 6-4で挽回し、2セットオールに戻す。迎えたファイナルセット、メドベージェフは第5ゲームを40-0から失ってしまうと、第7ゲームも30-0からブレークを喫する。直後に1つブレークを返したものの、最後追いつくことは叶わず4-6で敗退。全米の決勝戦での最長を更新する4時間50分の死闘の末、準優勝に終わった[7]

サンクトペテルブルク・オープンで今季3勝目を挙げた。上海マスターズでもファビオ・フォニーニステファノス・シチパスを下して6大会連続決勝進出を果たすと、決勝でアレクサンダー・ズベレフを6-4, 6-1で破りツアー7勝目[8]。しかし、続くパリ・マスターズは初戦敗退に終わり、連続決勝進出記録は途絶えてしまった[9]

初出場のATPファイナルズは全敗でラウンドロビン敗退だったが、年間最多勝の活躍で飛躍の年を終えた[10]

2020年 マスターズ3勝目 ATPファイナルズ初優勝[編集]

2020年全豪オープンでのダニール・メドベージェフ

ATPカップではロシア代表のエースとして出場。グループステージでイタリアファビオ・フォニーニアメリカジョン・イズナーノルウェーキャスパー・ルードらを破り、ベスト8入り。準々決勝のアルゼンチン戦でディエゴ・シュワルツマンを下すなど単複ともに奮闘を見せ、チームはベスト4入りした[11]。準決勝ではセルビアノバク・ジョコビッチに敗れた。

全豪オープンでは第4シードとして出場して2年連続の4回戦進出。4回戦では第15シードのスタン・ワウリンカに2-6, 6-2, 6-4, 6-7(2), 2-6のフルセットで敗れた。オープン13では準々決勝でジル・シモンに敗れた。その後は新型コロナウイルス感染症の世界的流行によりツアーが中断された。

ツアー再開後のウエスタン・アンド・サザン・オープンでは準々決勝でロベルト・バウティスタ・アグートに敗れた。全米オープンには第3シードとして出場して無失セットでベスト4入りする昨年度準優勝者の威厳を見せる。準決勝では第2シードのドミニク・ティエムに2-6, 6-7(7), 6-7(5)のストレートで敗れた。

ドイツ国際オープンではウゴ・アンベールに初戦敗退。第4シードで迎えた全仏オープンでは4年連続で1回戦敗退。その後のサンクトペテルブルク・オープンでは2回戦でライリー・オペルカに敗退。エルステ・バンク・オープンでは準々決勝でケビン・アンダーソンに敗退。しかしパリ・マスターズでは決勝でアレクサンダー・ズベレフに5-7, 6-4, 6-1で逆転勝利。同大会初優勝を果たすとともに、マスターズ10003勝目を挙げた[12]

ATPファイナルズは3戦全勝でラウンドロビンを突破し、準決勝ではラファエル・ナダルを破る。決勝ではドミニク・ティエムに第1セットを4-6で先取されるも、第2セットをタイブレークの末取り、最終セットも勢いに乗った状態で勝ち取り最終戦初優勝を果たした[13]。年間最終ランキングは4位。

2021年 全米初優勝 全豪準優勝 ATP杯初優勝 デビス杯初優勝 世界2位[編集]

ATPカップではロシア代表のエースとして出場。グループステージではアルゼンチン戦ではディエゴ・シュワルツマンを、日本戦では錦織圭を倒して、準決勝のドイツ戦ではアレクサンダー・ズベレフを破り、決勝のイタリア戦ではマッテオ・ベレッティーニに勝利し、ロシアの優勝に大きく貢献した[14]

全豪オープンでも勢いは続き、準々決勝で同胞アンドレイ・ルブレフを、準決勝でステファノス・チチパスをストレートで下し、連勝記録を20まで伸ばすとともに決勝進出を果たした。しかし、決勝では第1シード兼前年度覇者ノバク・ジョコビッチを前に5-7, 2-6, 2-6で敗れ、準優勝だった[15]

その後3月15日付の世界ランキング2位となることが確定。BIG4以外では2005年7月18日付のランキング以来の15年7ヶ月ぶりの2位となった[16]。また、前夜のオープン13で優勝し、記録に花を添えた。

マイアミ・マスターズでは初のベスト8まで進出したがロベルト・バウティスタ・アグートに破れた。その後は苦手なクレーシーズンに突入し、マドリード・マスターズローマ・マスターズでは早期敗退。ローマでは、試合中に「クレーコートではもうプレーしたくない!」と叫び、スーパーバイザーに「頼むから失格にしてくれ。」と懇願する奇行をとった[17]。そのまま全仏オープンを迎える。期待値が低い中で第2シードとして出場し、自身初の準々決勝まで進出した。「例年より速い」と言われるコート[18] で「ハードコートのようにプレーできる」ことが好成績に繋がった[19]。準々決勝ではステファノス・チチパスに3-6, 6-7(3), 5-7のストレートで敗退したが、1回戦を突破したことのなかった全仏オープンでベスト8入りを果たした。

ウィンブルドン選手権前哨戦であるマヨルカ選手権英語版を優勝。芝のサーフェスで初優勝を遂げると同時にツアー11勝目を達成した。ウィンブルドン選手権では3回戦で2017年ウィンブルドン選手権で準優勝したマリン・チリッチを6-7(3), 3-6, 6-3, 6-3, 6-2のフルセットで破り、自身初の4回戦に駒を進めた。4回戦では日を跨いでの死闘の結果、ホベルト・ホルカシュに6-2, 6-7(2), 6-3, 3-6, 3-6で敗退し、ベスト8入りを逃した。

2021年に開催された東京2020オリンピックロシアオリンピック委員会として出場。オリンピック初出場し、ベスト8まで進出。準々決勝ではパブロ・カレーニョ・ブスタに敗退。ダブルスでは初戦敗退。

ナショナル・バンク・オープンではホベルト・ホルカシュジョン・イズナーらを破ったのち、決勝でライリー・オペルカをストレートで快勝し、マスターズ10004勝目を挙げた。ウエスタン・アンド・サザン・オープンではマッケンジー・マクドナルドグリゴール・ディミトロフパブロ・カレーニョ・ブスタらを破り、ベスト4入り。準決勝ではアンドレイ・ルブレフに敗れた。

2021年全米オープンでは第2シードとして出場して決勝まで失セット1で危なげなく決勝に進出。第1シードのノバク・ジョコビッチと対戦。6-4, 6-4, 6-4のストレートで勝利を収め、悲願のグランドスラム初制覇を果たした。

チーム・ヨーロッパ(欧州選抜)として迎えたレーバーカップではシングルスでデニス・シャポバロフに勝利してチームの優勝に貢献した。BNPパリバ・オープンでは4回戦でグリゴール・ディミトロフに敗れた。パリ・マスターズではセバスチャン・コルダユーゴ・ガストンアレクサンダー・ズベレフらを下して決勝進出。全米オープン決勝の相手ノバク・ジョコビッチにリベンジされて準優勝。

昨年初優勝を果たしたATPファイナルズには「レッド・グループ」に割り振られ、フベルト・フルカチュアレクサンダー・ズベレフヤニック・シナーを下してグループ1位で準決勝進出。キャスパー・ルードを破り、2連覇をかけて決勝に進出。決勝ではズベレフと再び対戦し、4-6, 4-6で敗れて、2連覇は果たせなかった。

デビスカップ・ファイナルズ2021ロシアテニス連盟として出場。決勝でクロアチアマリン・チリッチを破り、優勝に貢献。年間最終ランキングは2位。

2022年 全豪準優勝 世界1位[編集]

全豪オープンでは2回戦でニック・キリオスを下して、準々決勝でフェリックス・オジェ=アリアシム、準決勝でステファノス・チチパスを破り、昨年と同じく決勝進出。決勝ではラファエル・ナダルに6-2, 7-6(5), 4-6, 4-6, 5-7のフルセットの末に敗れて準優勝。

2月のメキシコ・オープンに参戦中、同時に行われていたドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権に出場していたノバク・ジョコビッチが敗退した時点で、翌週発表のランキングにおいてメドベージェフのポイントがジョコビッチを逆転することが確定し、ATP史上27人目の世界ランク1位につくことになった[20]。ATPにおいてBIG4以外の選手がトップに立つのは2004年以来で、ロシア人選手が世界ランキング1位になるのはエフゲニー・カフェルニコフマラト・サフィンに続いて史上3人目のことであった。メキシコ・オープンは準決勝でまたナダルに敗れて、ベスト4入り。その後3週間でジョコビッチに抜き返されてしまい、ベスト4以上で1位復帰のマイアミ・オープンではベスト8に終わった。その敗退後、数か月間悩まされてきたヘルニアの手術を受けることを発表[21]。5月中旬に復帰し、復帰2大会目の全仏オープンは4回戦進出。4回戦ではマリン・チリッチに2-6, 3-6, 2-6のストレートで敗れた。

グラスシーズンではリベマ・オープンハレ・オープンで2週連続決勝進出(ともに準優勝)して1位に返り咲く充実ぶりを見せるも、ウクライナ侵攻の影響でAELTCがロシア人・ベラルーシ人選手の参加を拒否したため、ウィンブルドン選手権は出場できなかった。しかし、この排除行動を差別として容認しないATPがポイント不付与にしたことで、大会結果に関係なく2位と差が開くメドベージェフに優位な皮肉となった[22]。なお、大会期間中は元サッカードイツ代表バスティアン・シュヴァインシュタイガーゴルフを楽しんでいた[23]

ナショナル・バンク・オープンで今季初タイトルを狙うも、ニック・キリオスに7-6(1), 4-6, 2-6で敗れて、初戦敗退。ウエスタン・アンド・サザン・オープンではベスト4入りをするも、準決勝でステファノス・チチパスに7-6(6), 3-6, 6-3で敗れた。ディフェンディングチャンピオンかつ第1シードとして迎えた全米オープンでは4回戦で第23シードのキリオスに6-7(11), 6-3, 3-6, 2-6で敗れ、準々決勝進出を逃した。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

選手経歴[編集]

ジュニア時代[編集]

メドベージェフはモスクワで生まれて、6歳の頃にテニスを始める。母親がテニススクールとスイミングスクールの広告を見かけてエンジニアの父親に相談して始めたのがきっかけである。スポーツ以外にはチェンバロギターなどの楽器の演奏も習っていた。

物理学数学が得意で、モスクワ国際関係大学に進学して経済学商業学を学んでいたが、テニスに専念するために大学を中退。その後両親と一緒にフランスに移り、現地のテニスアカデミーでトレーニングをするようになる。フランスに移り住んだことで母国語のロシア語英語フランス語が流暢に話せることになった。

2015-2016年 プロ転向[編集]

2015年ニース・オープンでのダニール・メドベージェフ

2015年にプロに転向。2016年のニース・オープンでツアーシングルス本戦初出場。サバンナ・チャレンジャー英語版の2回戦でドナルド・ヤングと対戦した際、審判も黒人であるがために「友人」のヤングに有利な判定をしたと暴言を吐き、この差別的な言動により失格となった[1]

2017年 NextGenファイナルズ3位[編集]

2017年クイーンズ・クラブ選手権でのダニール・メドベージェフ

1月のチェンナイ・オープンでATPツアー初の決勝に進出した。決勝でロベルト・バウティスタ・アグートに 3-6, 4-6 で敗れ準優勝となった。

4大大会では全豪オープンで初出場。ウィンブルドン選手権では1回戦で第5シードのスタン・ワウリンカを 6–4, 3–6, 6–4, 6–1 で破る殊勲を挙げた[2]。しかし2回戦では主審に不満を露わにし、試合後には審判台に向かって小銭を投げつけた[3]

2017年7月24日付のランキングで48位となりトップ50入り。11月の21歳以下限定のネクストジェネレーション・ATPファイナルにも出場し、ラウンドロビンを突破するも準決勝で鄭現に敗れた。

2018年 ツアー初優勝[編集]

2018年ウィンブルドンでのダニール・メドベージェフ

年始のシドニー国際でツアー2回目の決勝進出。決勝で地元オーストラリアのアレックス・デミノーに1-6, 6-4, 7-5で勝利し、ATPツアー初優勝を果たした[4]。8月のウィンストン・セーラム・オープンでツアー2勝目を挙げる。10月の楽天ジャパン・オープンでは予選から勝ち上がり、決勝で第3シードの錦織圭を 6–2, 6–4 で破り、500シリーズ初優勝。

2019年 マスターズ初優勝 全米準優勝 ATPファイナルズ初出場 トップ10入り[編集]

全豪オープンで4回戦進出。2月のソフィア・オープンで優勝しツアー4勝目を挙げる。バルセロナ・オープンでも決勝に進むも、ドミニク・ティームに敗れた。モンテカルロ・マスターズではノバク・ジョコビッチを破りベスト4入りしている。

ウィンブルドン選手権は3回戦で敗退したが、7月15日付のランキングで10位となりトップ10入りを果たした。シティ・オープンロジャーズ・カップで2週連続決勝進出したが、それぞれニック・キリオスラファエル・ナダルに敗れた。

ウエスタン・アンド・サザン・オープンでも準決勝でジョコビッチを下して3週連続となる決勝進出を決め、決勝ではダビド・ゴファンに7-6(3), 6-4で勝利して、見事マスターズ初優勝を果たした[5]。大会終了後の世界ランキングで5位を記録。

そしてこの夏絶好調の勢いで臨んだ全米オープンでは、準々決勝で2016年の同大会王者スタン・ワウリンカを7-6(6), 6-3, 3-6, 6-1で破り、グランドスラムで初めてベスト4に駒を進めた。また、これにより自己最高位を更新する世界4位に浮上することが決まった。さらに準決勝ではグリゴール・ディミトロフを7-6(5), 6-4, 6-3で下し、ロシア勢では2000年のマラト・サフィン以来となる同大会の決勝進出。ロジャーズ・カップからの3大会連続決勝は、イワン・レンドル(1982年)、アンドレ・アガシ(1995年)、ラファエル・ナダル(2013年)に次いで3人目である[6]。そして決勝、ラファエル・ナダル戦。最初の2セットを5-7, 3-6で落としたものの、そこから7-5, 6-4で挽回し、2セットオールに戻す。迎えたファイナルセット、メドベージェフは第5ゲームを40-0から失ってしまうと、第7ゲームも30-0からブレークを喫する。直後に1つブレークを返したものの、最後追いつくことは叶わず4-6で敗退。全米の決勝戦での最長を更新する4時間50分の死闘の末、準優勝に終わった[7]

サンクトペテルブルク・オープンで今季3勝目を挙げた。上海マスターズでもファビオ・フォニーニステファノス・シチパスを下して6大会連続決勝進出を果たすと、決勝でアレクサンダー・ズベレフを6-4, 6-1で破りツアー7勝目[8]。しかし、続くパリ・マスターズは初戦敗退に終わり、連続決勝進出記録は途絶えてしまった[9]

初出場のATPファイナルズは全敗でラウンドロビン敗退だったが、年間最多勝の活躍で飛躍の年を終えた[10]

2020年 マスターズ3勝目 ATPファイナルズ初優勝[編集]

2020年全豪オープンでのダニール・メドベージェフ

ATPカップではロシア代表のエースとして出場。グループステージでイタリアファビオ・フォニーニアメリカジョン・イズナーノルウェーキャスパー・ルードらを破り、ベスト8入り。準々決勝のアルゼンチン戦でディエゴ・シュワルツマンを下すなど単複ともに奮闘を見せ、チームはベスト4入りした[11]。準決勝ではセルビアノバク・ジョコビッチに敗れた。

全豪オープンでは第4シードとして出場して2年連続の4回戦進出。4回戦では第15シードのスタン・ワウリンカに2-6, 6-2, 6-4, 6-7(2), 2-6のフルセットで敗れた。オープン13では準々決勝でジル・シモンに敗れた。その後は新型コロナウイルス感染症の世界的流行によりツアーが中断された。

ツアー再開後のウエスタン・アンド・サザン・オープンでは準々決勝でロベルト・バウティスタ・アグートに敗れた。全米オープンには第3シードとして出場して無失セットでベスト4入りする昨年度準優勝者の威厳を見せる。準決勝では第2シードのドミニク・ティエムに2-6, 6-7(7), 6-7(5)のストレートで敗れた。

ドイツ国際オープンではウゴ・アンベールに初戦敗退。第4シードで迎えた全仏オープンでは4年連続で1回戦敗退。その後のサンクトペテルブルク・オープンでは2回戦でライリー・オペルカに敗退。エルステ・バンク・オープンでは準々決勝でケビン・アンダーソンに敗退。しかしパリ・マスターズでは決勝でアレクサンダー・ズベレフに5-7, 6-4, 6-1で逆転勝利。同大会初優勝を果たすとともに、マスターズ10003勝目を挙げた[12]

ATPファイナルズは3戦全勝でラウンドロビンを突破し、準決勝ではラファエル・ナダルを破る。決勝ではドミニク・ティエムに第1セットを4-6で先取されるも、第2セットをタイブレークの末取り、最終セットも勢いに乗った状態で勝ち取り最終戦初優勝を果たした[13]。年間最終ランキングは4位。

2021年 全米初優勝 全豪準優勝 ATP杯初優勝 デビス杯初優勝 世界2位[編集]

ATPカップではロシア代表のエースとして出場。グループステージではアルゼンチン戦ではディエゴ・シュワルツマンを、日本戦では錦織圭を倒して、準決勝のドイツ戦ではアレクサンダー・ズベレフを破り、決勝のイタリア戦ではマッテオ・ベレッティーニに勝利し、ロシアの優勝に大きく貢献した[14]

全豪オープンでも勢いは続き、準々決勝で同胞アンドレイ・ルブレフを、準決勝でステファノス・チチパスをストレートで下し、連勝記録を20まで伸ばすとともに決勝進出を果たした。しかし、決勝では第1シード兼前年度覇者ノバク・ジョコビッチを前に5-7, 2-6, 2-6で敗れ、準優勝だった[15]

その後3月15日付の世界ランキング2位となることが確定。BIG4以外では2005年7月18日付のランキング以来の15年7ヶ月ぶりの2位となった[16]。また、前夜のオープン13で優勝し、記録に花を添えた。

マイアミ・マスターズでは初のベスト8まで進出したがロベルト・バウティスタ・アグートに破れた。その後は苦手なクレーシーズンに突入し、マドリード・マスターズローマ・マスターズでは早期敗退。ローマでは、試合中に「クレーコートではもうプレーしたくない!」と叫び、スーパーバイザーに「頼むから失格にしてくれ。」と懇願する奇行をとった[17]。そのまま全仏オープンを迎える。期待値が低い中で第2シードとして出場し、自身初の準々決勝まで進出した。「例年より速い」と言われるコート[18] で「ハードコートのようにプレーできる」ことが好成績に繋がった[19]。準々決勝ではステファノス・チチパスに3-6, 6-7(3), 5-7のストレートで敗退したが、1回戦を突破したことのなかった全仏オープンでベスト8入りを果たした。

ウィンブルドン選手権前哨戦であるマヨルカ選手権英語版を優勝。芝のサーフェスで初優勝を遂げると同時にツアー11勝目を達成した。ウィンブルドン選手権では3回戦で2017年ウィンブルドン選手権で準優勝したマリン・チリッチを6-7(3), 3-6, 6-3, 6-3, 6-2のフルセットで破り、自身初の4回戦に駒を進めた。4回戦では日を跨いでの死闘の結果、ホベルト・ホルカシュに6-2, 6-7(2), 6-3, 3-6, 3-6で敗退し、ベスト8入りを逃した。

2021年に開催された東京2020オリンピックロシアオリンピック委員会として出場。オリンピック初出場し、ベスト8まで進出。準々決勝ではパブロ・カレーニョ・ブスタに敗退。ダブルスでは初戦敗退。

ナショナル・バンク・オープンではホベルト・ホルカシュジョン・イズナーらを破ったのち、決勝でライリー・オペルカをストレートで快勝し、マスターズ10004勝目を挙げた。ウエスタン・アンド・サザン・オープンではマッケンジー・マクドナルドグリゴール・ディミトロフパブロ・カレーニョ・ブスタらを破り、ベスト4入り。準決勝ではアンドレイ・ルブレフに敗れた。

2021年全米オープンでは第2シードとして出場して決勝まで失セット1で危なげなく決勝に進出。第1シードのノバク・ジョコビッチと対戦。6-4, 6-4, 6-4のストレートで勝利を収め、悲願のグランドスラム初制覇を果たした。

チーム・ヨーロッパ(欧州選抜)として迎えたレーバーカップではシングルスでデニス・シャポバロフに勝利してチームの優勝に貢献した。BNPパリバ・オープンでは4回戦でグリゴール・ディミトロフに敗れた。パリ・マスターズではセバスチャン・コルダユーゴ・ガストンアレクサンダー・ズベレフらを下して決勝進出。全米オープン決勝の相手ノバク・ジョコビッチにリベンジされて準優勝。

昨年初優勝を果たしたATPファイナルズには「レッド・グループ」に割り振られ、フベルト・フルカチュアレクサンダー・ズベレフヤニック・シナーを下してグループ1位で準決勝進出。キャスパー・ルードを破り、2連覇をかけて決勝に進出。決勝ではズベレフと再び対戦し、4-6, 4-6で敗れて、2連覇は果たせなかった。

デビスカップ・ファイナルズ2021ロシアテニス連盟として出場。決勝でクロアチアマリン・チリッチを破り、優勝に貢献。年間最終ランキングは2位。

2022年 全豪準優勝 世界1位[編集]

全豪オープンでは2回戦でニック・キリオスを下して、準々決勝でフェリックス・オジェ=アリアシム、準決勝でステファノス・チチパスを破り、昨年と同じく決勝進出。決勝ではラファエル・ナダルに6-2, 7-6(5), 4-6, 4-6, 5-7のフルセットの末に敗れて準優勝。

2月のメキシコ・オープンに参戦中、同時に行われていたドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権に出場していたノバク・ジョコビッチが敗退した時点で、翌週発表のランキングにおいてメドベージェフのポイントがジョコビッチを逆転することが確定し、ATP史上27人目の世界ランク1位につくことになった[20]。ATPにおいてBIG4以外の選手がトップに立つのは2004年以来で、ロシア人選手が世界ランキング1位になるのはエフゲニー・カフェルニコフマラト・サフィンに続いて史上3人目のことであった。メキシコ・オープンは準決勝でまたナダルに敗れて、ベスト4入り。その後3週間でジョコビッチに抜き返されてしまい、ベスト4以上で1位復帰のマイアミ・オープンではベスト8に終わった。その敗退後、数か月間悩まされてきたヘルニアの手術を受けることを発表[21]。5月中旬に復帰し、復帰2大会目の全仏オープンは4回戦進出。4回戦ではマリン・チリッチに2-6, 3-6, 2-6のストレートで敗れた。

グラスシーズンではリベマ・オープンハレ・オープンで2週連続決勝進出(ともに準優勝)して1位に返り咲く充実ぶりを見せるも、ウクライナ侵攻の影響でAELTCがロシア人・ベラルーシ人選手の参加を拒否したため、ウィンブルドン選手権は出場できなかった。しかし、この排除行動を差別として容認しないATPがポイント不付与にしたことで、大会結果に関係なく2位と差が開くメドベージェフに優位な皮肉となった[22]。なお、大会期間中は元サッカードイツ代表バスティアン・シュヴァインシュタイガーゴルフを楽しんでいた[23]

ナショナル・バンク・オープンで今季初タイトルを狙うも、ニック・キリオスに7-6(1), 4-6, 2-6で敗れて、初戦敗退。ウエスタン・アンド・サザン・オープンではベスト4入りをするも、準決勝でステファノス・チチパスに7-6(6), 3-6, 6-3で敗れた。ディフェンディングチャンピオンかつ第1シードとして迎えた全米オープンでは4回戦で第23シードのキリオスに6-7(11), 6-3, 3-6, 2-6で敗れ、準々決勝進出を逃した。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード daniil medvedev daniil medvedev

Tennis, Sport, Sports, ATP, ATP Tour, Hot Shots, Highlights, Tennis TV, sports highlights, tennis highlights, highlight reel, tennis videos, best tennis videos, atp tennis videos, tennis live, tennis streams, tennis streaming, atp streams, daniil medvedev, medvedev tennis, medvedev, medvedev highlights, best of medvedev, denis shapovalov, shapovalov, erste open vienna, erste open 2022 www.atptour.com › players › daniil-medvedev › overview, en.wikipedia.org › wiki › Daniil_Medvedev, twitter.com › daniilmedwed, www.instagram.com › medwed33, www.youtube.com › watch, www.youtube.com › watch, www.youtube.com › watch, jp.reuters.com › article, www.sofascore.com › team › tennis › medvedev-daniil, www.itftennis.com › players › daniil-medvedev › rus, Medvedev, Tsitsipas, Facebook daniil medvedev, ATP, Medvedev wife, Daniil medvedev instagram, ATP ranking, Medvedev Wimbledon

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button