Entertainment Japanese news daily

イギリス| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

イギリス, /%e3%82%a4%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b9,

Video: グレートリセット「公式支援者」が新国王チャールズ3世です。ダボス会議で表明してます。エリザベス女王の国葬とダイアナ妃事件の超ヤバい裏話【 日経平均 都市伝説 国葬 グレートリセット 天皇 分断 】 from YouTube · Duration: 30 minutes 48 seconds

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

イギリス, 3 weeks ago, グレートリセット「公式支援者」が新国王チャールズ3世です。ダボス会議で表明してます。エリザベス女王の国葬とダイアナ妃事件の超ヤバい裏話【 日経平均 都市伝説 国葬 グレートリセット 天皇 分断 】 from YouTube · Duration: 30 minutes 48 seconds , , 神王TV

,

混乱は「予測可能」、政策は「間違い」

記者団は「トラス首相が手を引かざるを得なかったトリクルダウン(富裕層や大企業が豊かになれば富が国民全体に波及するという考え)計画」についてバイデン氏に質問した。

これにバイデン氏は、「まあ、予測可能なことだ。間違いだと思ったのは私だけではないだろう」と答えた。

さらに、「超富裕層に減税を行うという考え方は、その時は、まあとにかく、その政策には賛成できないと私は思った。ただ、それについての判断は私ではなくイギリスがすることなので」と述べた。

トラス政権の政策の中核をなす経済理論「トリクルダウン」に、バイデン氏は以前から批判的だった。

ただ、アメリカの大統領が、最も近しい同盟国の1つであるイギリスの指導者をこれほど批判するのは異例といえる。

動画説明,

イギリスの新財務相、減税策の間違い認める 今後は「難しい判断」必要と

<関連記事>

「笑い者になっている」

バイデン氏はこれまで、大西洋をまたぐ外交としてはアイルランドやフランス、ドイツとの関係に集中しがちで、英米関係支援のために十分取り組んでいないと批判されてきた。

しかし、イギリスにおける統治方法や政治家による判断に困惑しているのは、バイデン氏だけではない。

画像提供, Getty Images

画像説明,

ギリシャのキリアコス・ミツォタキス首相もイギリスの経済的大変動について冗談交じりに語った

ギリシャのキリアコス・ミツォタキス首相は、国際通貨基金(IMF)がイギリスの減税政策が物価上昇を助長すると警告したことを念頭に、「IMFとの付き合い方で経験が必要なら、我々が助けよう!」と英紙サンデー・タイムズに語った。ギリシャは財政不安によってIMFの支援を受けていた。

イギリスのある外交官は、「我々は笑い者だ。みんなが『あなたの国で何が起きているの?』と聞いてくる」と、BBCのジェームズ・ランデール外交担当編集委員に語った。

「私が本質的な話をしようとすると、彼らは『事態が落ち着いて計画ができるまで待とう』としか言わない」

英最大野党・労働党のデイヴィッド・ラミー影の外相は、最近の混乱により「イギリス経済が国際的なジョークの落ちになっている」と述べた。

「バイデン大統領は、トリクルダウン経済学の危険性をはらんだ愚かさを認識している」と、ラミー氏は続けた。「彼のコメントは、保守党のせいで我々の評判が落ちていることを裏付けるものだ」。

BBCはイギリスの外務・英連邦・開発省(FCDO)にコメントを求めたが、FCDOは回答を差し控えるとした。

画像提供, Getty Images

画像説明,

トラス首相はイギリス経済を成長させるという「使命」をやり遂げると強調している

詳細については、次の URL をご覧ください。……

国名[編集]

正式名称は英語で、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(ユナイテッド・キングダム・オヴ・グレイト・ブリテン・アンド・ノーザン・アイルランド)。

日本語では、「グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国」とする場合(法文など)と「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」とする場合(条約文など)がある。

英語での略称は「United Kingdom」、「UK」。日本語における一般的な通称は「イギリス」もしくは「英国」(と略称される)であるが、稀に「United Kingdom」の直訳である「連合王国(れんごうおうこく)」が用いられることもある。現在の公用文では「英国」が使用されており、「イギリス」は口語で用いられることが多い[注釈 1]。「連合王国」は2003年まで法文において用いられていた[8]

「イギリス」は、イングランドに関連するポルトガル語の形容詞「inglez, inglês(イングレス、イングレシュ)」が語源で、戦国時代にポルトガル人が来航した事に起源を持つ。原義にかかわらず連合王国全体を指して使われており、連合王国の構成体たる「イングランド」とは区別される。江戸時代には、オランダ語の形容詞「engelsch, engels(エンゲルス)」を語源とする「エゲレス」という呼称も広く使用された[9]幕末から明治大正期には「英吉利(えいぎりす)」や「大不列顛(大不列顚、だいふれつてん、大ブリテン)」と漢字で表記されることもあったが、前者が「英国」という略称の語源である。ただし「英国」は、狭義に連合王国全体でなくイングランド英格蘭)のみを指す場合もある[注釈 2]

1707年合同法においては、イングランド王国およびスコットランド王国を一王国に統合すると宣言する。同法において、新国家名称は「グレートブリテン王国」または「グレートブリテン連合王国」および「連合王国」とすると述べている[10][11]。しかしながら、「連合王国」という用語は18世紀における非公式の使用にのみ見られ、「長文式」でない単なる「グレートブリテン」であった1707年から1800年まで、同国はごくまれに正式名称である「グレートブリテン連合王国」と言及された[12][13][14][15][16]1800年合同法では、1801年にグレートブリテン王国とアイルランド王国が統合し、グレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立した。現在の正式国名である「グレートブリテン及び北(部)アイルランド連合王国」は、北アイルランドのみが連合王国の一部としてとどまった1922年のアイルランド自由国独立およびアイルランド分裂英語版後に採用された[17]

イギリスは主権国家として国であるが、イングランド、スコットランドウェールズ、それほどの段階ではないが北アイルランドも、主権国家ではないが「国」(country)と呼ばれる[18][19]。スコットランド、ウェールズ、北アイルランドは、権限の委譲による自治権を有する[20][21]。イギリス首相のウェブサイトでは、連合王国の説明として「1国内の国々」という言葉が用いられていた[2]イギリスの12のNUTS1地域英語版統計のような複数の統計的概要において、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドを「region」と言及している[22][23]。北アイルランドは「province」とも言及される[18][24]。北アイルランドに関しては、記述名の使用が「多くの場合、個人の政治的選好を明らかにする選択で議論の的になり得る」[25]

英語では「Britain」という言葉は、連合王国の同義語として頻繁に用いられる。一方、「Great Britain」という言葉は、連合王国全体の緩い同義語として用いられる場合もあるが[26][27]、本来はイングランド、スコットランドおよびウェールズを指すものであり、北アイルランドを含む(すなわち、イギリス全体を指す)場合には用いるべきでないとされる[28][29][30]

“GB”及び”GBR”は、イギリスの標準国名コード (ISO 3166-2及びISO 3166-1 alpha-3を参照) であり、その結果として国際機関がイギリスに言及する際に用いられることがある。さらに、イギリスのオリンピックチームは「Great Britain」もしくは「Team GB」の名称を用いる[31][32]

形容詞の「British」は、イギリスに関する事項への言及によく用いられる。「British」に明白な法的含意はないが、イギリスの市民権及び国籍に関する事項英語版への言及に法律上用いられる[33]。イギリスの国民は、自らの国民性を表現するのに多数の異なる用語を用い、自らをイギリス人であるか、イングランド人スコットランド人ウェールズ人北アイルランド人アイルランド人[34] であるか、またはその両方であると見なし得る[35]

2006年、英国旅券に新デザインが導入された。新パスポートの1ページ目には、英語ウェールズ語スコットランド・ゲール語で正式国名が記載されている[36]。ウェールズ語での正式国名は「Teyrnas Unedig Prydain Fawr a Gogledd Iwerddon」であり、政府のウェブサイト上での略名は「Teyrnas Unedig」であるが[37]、通常は語形変化した形「Y Deyrnas Unedig」から「DU」と略される。スコットランド・ゲール語での正式国名は「Rìoghachd Aonaichte Bhreatainn is Èireann a Tuath」であり、略名は「Rìoghachd Aonaichte」である。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

駐日英国大使館 - Gov.uk

略歴[編集]

生誕[編集]

1948年11月14日に、エディンバラ公フィリップと同公爵夫人エリザベス王女(いずれも当時)の(3男1女のうち)第一子・長男としてバッキンガム宮殿にて誕生。12月15日には宮殿内で洗礼を受けた。「国王の女系/母系子孫は王子・王女の称号を与えられない」というのがイギリス王室の原則であったが、チャールズの場合は次期女王の長男であり将来国王になることが確実であったため、ジョージ6世国王は自身の初孫でもあったチャールズを王子とする勅令を出した。

また、誕生時の姓は「ウィンザー (Windsor)」だったが、1960年に母のエリザベス2世女王は、父のエディンバラ公爵フィリップ王配との間に誕生した子の姓を「マウントバッテン=ウィンザー[3]」とする枢密院令を出した。

王位継承者[編集]

幼少期のチャールズ(右端)と両親、妹のアン王女との家族写真(1957年)

1952年2月6日に祖父のジョージ6世国王が崩御し、母のエリザベス王女がイギリス女王に即位すると、長男チャールズは推定相続人として王位継承順位が1位となる。

それに付随して、「コーンウォール公爵」ならびに「ロスシー公爵」の称号を得た。さらに1958年には、母女王からガーター勲章が授与され、「チェスター伯爵」と「ウェールズ公」の称号を得た。事実上の立太子にあたる。

教育[編集]

幼少時から将来のイギリス国王となるべく、父フィリップの意向で厳しい教育を受けた。特に「息子にも自身の母校に通わせたい」という父の勧めでバークシャーのグラマースクールやスコットランドゴードンストウン校で、中産階級の児童らと就学したことが多かったが、当然の事ながら階級社会のイギリスにおいてチャールズと同一階層の生徒が一人もいなかったため、いじめやからかいの対象になってしまった。この経験が原因で、自分が父親となったときは2人の息子、ウィリアム王子とヘンリー王子を上流階級が多数を占めるイートン・カレッジに通学させたとも言われている。

青年時代[編集]

1966年には、アストンマーティンの工場を訪問した母女王より同社の「DB6 ヴォランテ」を誕生日プレゼントに贈られた。その後も同社のモデルを愛用し、後に同社にワラントを下賜している。

1967年10月に、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学した。在学2年目には、ウェールズ語歴史を学習するためにウェールズ大学に入学している。1968年には21歳でウェールズ公としての叙任式を行った。1970年にはイギリス議会上院の貴族院に議席を得ている。

軍歴[編集]

ケンブリッジ大学への入学後に、イギリス王室の習慣に則りイギリス海軍イギリス空軍に入隊した。1971年3月以降に、イギリス海軍のデ・ハビランド・カナダ DHC-1BAC ジェット・プロヴォストでの飛行訓練を経て、小型ターボプロップ機のホーカー・シドレー・アンドーヴァーや、王室専用機で中型ジェット輸送機のBAe 146の操縦も行っている。

またダートマスのイギリス海軍学校での訓練を経て、イギリス海軍駆逐艦の「ノーフォーク英語版」や「ミナーヴァ英語版」、「ジュピター英語版」への乗務を行った。1976年2月には掃海艇ブロニントン英語版の艇長となった[4]

慈善事業と環境問題[編集]

この頃より国内の貧困問題解決にも取り組んでおり、1976年には、イギリスの貧困層の若年者に対する学業の機会や職業訓練を与えることを目的に活動する「ザ・プリンス・トラスト」を立ち上げた。チャールズ王太子自らが、特にイギリス連邦諸国からの移民の貧困問題解決に取り組む活動に対して、様々な形での支援を行っている。

また環境問題にも強い関心を抱いており、自身の私的な不動産であるコーンウォール公領では、有機食品を生産している。また、自らが所有するハイグローブの別荘で栽培された農産物を使用している。さらに、自ら所有する家庭菜園でも有機農法を実践している[5]など、自ら様々な形でそれを実践している。

ルイス・マウントバッテンの死[編集]

1979年8月に、自身の大叔父でもあり幼少時より慕っていた海軍元帥でもあるルイス・マウントバッテン(チャールズ3世の父方祖母アリス・オブ・バッテンバーグの弟)が、休暇に訪れていたアイルランド北西部のドネゴール湾で、ヨットで出航直後にIRA暫定派の仕掛けた爆弾により爆破され死亡した。これにチャールズは大きなショックを受けたと言われている。

マウントバッテンの突然の死に気を落としたものの、1980年7月にサセックスペットワース英語版近くのカントリー・ハウスバーベキューをしていた際にマウントバッテン卿の死を悲しんでいる王太子を、スペンサー伯爵令嬢ダイアナ・フランセスが「貴方の寂しさは理解できるし、貴方には誰かが必要だ」と慰めたことに心打たれ[6]、その後に交際することになる。

ダイアナとの結婚[編集]

1981年2月6日にチャールズがウィンザー城でダイアナに求婚した。チャールズは「スキー旅行に出てる間、どんなに貴女に会いたかったことか」と述べたうえで「私と結婚してほしい」と簡潔に求婚したが、ダイアナは「冗談だと思って笑っていた」という。チャールズは真剣な求婚であることを強調し、「貴女はいつの日か王妃となるのだ」と述べたという。ダイアナはこのプロポーズを受け入れた[7]

チャールズの決定により王太子の結婚式は1981年7月29日セント・ポール大聖堂で挙行されることになった。祝典は実質的に結婚式前夜の7月23日夜から始まっていた。ハイド・パークでは1万2000発の花火が打ち上げられ、国中がお祭り騒ぎになった。イギリスがこれほど全国民あげての祝賀ムードに包まれたのは1953年のエリザベス2世戴冠式以来のことであったという[8]

セント・ポール大聖堂には世界中の王族や元首などが集合していた。日本皇室からは皇太子明仁親王美智子皇太子妃(いずれも当時)が、アメリカ合衆国からはファーストレディ(大統領夫人)のナンシー・レーガンが参列した。この結婚式の模様はテレビ中継され、全世界70か国の7億5000万人もの人々が視聴し見守っていた。日本ではNHKが午後5時35分から午後6時40分まで放送[9]

新婚旅行は王室専用ヨット「ブリタニア号」での地中海エーゲ海クルージングだった[10]。マスコミに追跡されないよう王立海軍の協力を得て極秘裏に行われた。マスコミはギリシャに飛んで王太子夫妻を探し回ったが、ついに発見できなかった[11]

結婚生活[編集]

その後チャールズは、妃のダイアナとともに日本インド、アメリカ合衆国やスペインなど世界各国を訪問したほか、多くの王室の公式行事のみならず、民間の行事にも共に参加している。また1982年には第1子(長男)のウィリアムが、また1984年には第2子(次男)のヘンリーと2人の王子が誕生するなど一見、2人の関係は良好に続いていくかに見えた。

しかし、ダイアナは窮屈な王室のしきたりに馴染めず、またチャールズの音楽の趣味や狩猟などの保守的な趣味に対して否定的であり、夫婦相互の溝は広がりつつあった。なお後のダイアナの発言によれば「1984年に次男ヘンリーが生まれた時点で、気持ちの上での2人の関係は終わっていた」という[12]

実際に、チャールズは1985年から1986年にかけてコーンウォール公領のハイグローヴ邸で居住することが増えた。1987年にはケンジントン宮殿はチャールズ不在状態が常態化してダイアナが事実上の女主人になっていたという[13]。同年の王太子夫妻のポルトガル訪問にも夫妻は別々に寝所をとっている[12]

チャールズは婚約以来カミラ・パーカー・ボウルズとの関係を断っていたが、この頃から交際を再開するようになった[14][15]。さらにダイアナも複数の男性との不倫を繰り返した。この様な中でダイアナは、1992年10月の大韓民国訪問の際、チャールズと一緒にいる時は不機嫌そうな顔で、一緒にいない時はにこやかな顔でマスコミの撮影に応じたのだった[16]

その後チャールズとダイアナの合意により、1992年12月9日に「王太子と同妃が別居生活に入ること」が正式に発表された[17][18]。ダイアナが暮らすケンジントン宮殿からはチャールズの私物や痕跡が取り払われ、一方チャールズが暮らすハイグローヴ邸からはダイアナの私物や痕跡が取り払われていった。その後1993年12月3日に、ダイアナは「王室における公務からの引退」を宣言した[19]

離婚と死別[編集]

1996年2月28日にチャールズとの会見を終えたダイアナは、「離婚の合意に達したこと」を発表した。その中で彼女は「今後も実の母親として王子2人の養育に関する全てに携わり続け、またプリンセス・オブ・ウェールズの称号を維持し、ケンジントン宮殿にも留まり、セント・ジェームス宮殿にある執務室も運営し続ける」旨を主張した。その後もダイアナとの離婚交渉は4カ月にわたって続いたが、8月28日の離婚確定判決をもって正式にチャールズとダイアナの結婚生活は幕を閉じた[20]

その後ダイアナはハスナット・カーンドディ・アルファイドとの二股交際を行ったほか、チャールズのテレビ出演や伝記出版の反撃に、チャールズとの関係や王室への批判のためにマスコミに出演した。なおその後1997年8月31日パリで交際相手のアルファイドとともに交通事故死したが、この際にチャールズはダイアナの姉妹とともにパリへ移動している。ダイアナがパパラッチによる過剰な報道から逃避するがために法定速度を超過した自動車に同乗していて事故死したことや、その後も自身や2人の王子に対する過剰報道が続いたこともあり、チャールズは報道機関に2人の王子に対する報道の自粛を要請。イギリスの各報道機関との間で協定が結ばれた[要出典]

香港返還と中国への対応[編集]

このような状況下でもチャールズは公務を続け、1997年6月30日香港の返還・譲渡式典や、駐香港イギリス軍の撤収式典にクリストファー・パッテン総督らとともに参加し、翌日、かつてダイアナと同乗したヨット「ブリタニア号」で中国領となった香港を離れている。

なおチャールズはリベラルな発言・行動で知られており、特に中国共産党一党独裁国家である中華人民共和国には冷ややかな態度をとっている。香港返還式典の際には、チャールズが日記で中国共産党の上層部を「恐ろしく古びたろう人形のようだ」と表現していた[21][要出典]ことが話題となった。1999年に中国の江沢民国家主席がイギリスを公式訪問した際、チャールズ王太子は、中国政府側が駐英中国大使館で開催した答礼夕食会を意図的に欠席したとされている。

また同国が軍事侵略したチベットには長年強い関心を寄せており、チベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ14世とも交流がある[22]2008年1月には、世界の要人でいち早く、北京オリンピックの式典・競技に一切出席しない意向を民間団体に表明したことが明らかになった[23]。同年3月に中国が実効支配しているチベット自治区において争乱が生じた際には、3月20日に5月頃ダライ・ラマ14世と会談することが公表された。

カミラとの再婚[編集]

元妃の死後は、カミラと公然と交際するようになり、事実婚の関係にあったが、2005年4月8日ウィンザー城礼拝堂で正式に結婚することが発表された。

しかし、教皇ヨハネ・パウロ2世の葬儀が4月8日に執り行われることになったため、4月9日に延期された。2人目の妻カミラは亡き前妻ダイアナに配慮して、「コーンウォール公爵夫人」と称することが発表された。すなわち、プリンセス・オブ・ウェールズ(ウェールズ公妃/王太子妃)を名乗ることは無い[24]

イングランド国教会にはその首長たる国王が離婚経験者と結婚する事を認めない規定があり[25]、実際、エドワード8世は離婚歴のあるウォリス・シンプソンと結婚するために退位している。

多くのイギリス国民の間では「スキップ・チャールズ」とも言われ、ダイアナの死の直後は「エリザベス2世没後の王位は息子のチャールズではなく、孫のウィリアム王子が継承すべきだ」とする世論が多数を占めた。10年後の2007年の時点ではチャールズとカミラに対する印象は好転し[26]、2022年3月に行われた世論調査では43%がチャールズを好意的に見ているものの、ウィリアム王子に王位を譲るべきと考える人はなおも42%を占めた[27]

2010年代から即位まで[編集]

バッキンガム宮殿のバルコニーに立つチャールズ(2012年6月)

2011年4月20日には、王太子の在任期間が59年73日となり、これまで最長であった大伯父のエドワード7世の記録を抜いて歴代1位となった。一方、チャールズがプリンス・オブ・ウェールズに叙されたのは9歳8ヶ月の時だったため、その後も生後すぐに叙されたエドワード7世の方がプリンス・オブ・ウェールズとしての期間が最も長かった(59年45日)。だが、この記録も2017年9月9日にチャールズによって更新された。

国内外で活発に公務を行っており、2013年2014年2015年と3年連続でサウジアラビアを訪問した。また、2015年5月にはカミラとともに初めてアイルランドを公式訪問した。

なお将来イングランド国教会の首長に就く立場ではあるが、他の宗教に対しても寛容な姿勢で知られており、イギリス国内におけるイスラム教の研究に様々な貢献を行っている。

2020年3月25日、2019新型コロナウイルスの検査で陽性となったが、軽症と伝えられた[28][29]

母女王の崩御、即位[編集]

エリザベス2世の没後6日目、ウェストミンスター・ホールに向かう葬列の中のチャールズ

イギリス国王に即位する前の世論調査では、チャールズに好感を抱くイギリス国民の割合は42パーセント[30]であり、2018年に、BMGリサーチによって行われた世論調査によれば、46パーセントのイギリス人が、「チャールズが即位後可及的速やかに退位して、長男のウィリアム王子に譲位すべき」と考えている事が判明した[31]。2021年に行われた世論調査によれば、イギリス国民の60パーセントが彼に好感を抱いていると報じられた[32]

2022年9月8日、母エリザベス2世女王の崩御に伴い、同日に国王『チャールズ3世 (Charles III)』として即位した[33]。73歳の彼が国王に即位した事により、1830年に64歳で即位したウィリアム4世の国王最高齢即位の記録が塗り替えられた[34]。また、王太子としての在位期間は70年234日に及び、世界史上歴代1位、かつ最長記録更新となった。

チャールズの戴冠式の計画は、「ゴールデン・オーブ(金の宝玉)作戦」というコードネームのもとで練られていた。有力貴族やその他の高官によって構成された委員会の議長は、軍務伯の地位を世襲している第18代ノーフォーク公爵エドワード・フィッツアラン=ハワードで、憲政上、チャールズや女王の秘書官から独立した存在である[35]。チャールズの戴冠式は2023年5月6日にロンドンのウェストミンスター寺院での開催が予定されているが[36]1953年6月2日に行われたエリザベス2世の戴冠式英語版に比べて、規模が縮小された簡素な物になると報道されている[37]

9月9日18時(英国夏時間)、チャールズは即位後国民に向けた初めてのテレビ演説を行い、彼の母親の死を悼むとともに長男のウィリアム王子プリンス・オブ・ウェールズに叙する事を表明した[38]

2日後の9月10日には、セント・ジェームズ宮殿リズ・トラス首相、枢密院メンバー、イギリス連邦諸国の代表、首相経験者6人(ジョン・メージャートニー・ブレアゴードン・ブラウンデーヴィッド・キャメロンテリーザ・メイボリス・ジョンソン)などから構成される「王位継承評議会英語版」が開催され、正式に即位が布告された[39][40][41]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

歴史[編集]

詳細は「ウェールズの歴史」を参照

カーディフ城

古代[編集]

ウェールズのブリトン系住民はローマ帝国の支配を受けたが、アングロ・サクソン民族に征服されたわけではなかった。イギリスのアーサー王伝説はアングロ・サクソンに抵抗したブリトン人の王の物語とされる。

中世[編集]

中世には小部族国家が群立し、やがてグウィネズ王国英語版グウィネッズ)、ポーイス王国英語版ポウィス)、デヒューバース王国英語版などの地方王権が形成された。13世紀中葉にグウィネッズ王ルウェリン・アプ・グリフィズがウェールズのほとんどの領域を支配下に収めるなど、幾度か一時的な政治的統一がなされるが、イングランドのような恒常的な統一王権が確立されることはなく、実態としてはリズラン法典に従うマナー家臣団による統治であった。

伝統的にウェールズは侵略者に対して頑強な抵抗を示し続けている。1066年に征服王ギヨームイングランドを征服したが(ノルマン・コンクエスト)、ノルマン朝によるウェールズへの侵略・植民政策は、ウェールズ南東部を除いて恒久的な成功とはならなかった。以降もイングランドから度重なる侵略を受け続けたが、その都度撥ね返して独立を守ってきた。

ウェールズ公国[編集]

1258年にウェールズの事実上の統治者グウィネッズ王ルウェリン・アプ・グリフィズがウェールズ大公(プリンス・オブ・ウェールズ)を名乗り、ウェールズ公国(Principality of Wales)が成立した。しかし、イングランドからの圧力に加えてウェールズ内部での権力闘争の激化、オックスフォード条項以降のコモンロー支配によってウェールズは弱体化していき、徐々にイングランドに臣従せざるを得なくなった。1282年、ルウェリン・アプ・グリフィズがイングランド王エドワード1世に敗れてからは、ウェールズはイングランドに占領されその支配下に置かれることとなった(Conquest of Wales by Edward I)。ウェールズはイングランドの一地方となり、エドワード1世は長男エドワード(エドワード2世)にプリンス・オブ・ウェールズの称号を与え、ウェールズの君主としてウェールズを統治させた(これより以後、イングランド王太子は代々プリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズ大公)の称号を引き継いでいく)。

このような過程を経てウェールズはイングランドに征服されその統治を受けることになったが、このことが逆にウェールズ人の民族意識を強めた。ウェールズ人は頑なにイングランドとの同化を拒み続け、この地に植民した異民族のほとんどはことごとくウェールズ人化していったという。イングランドの中にあってもウェールズの長弓(ロングボウ)隊は、強力な戦力として名を馳せイングランド王の軍勢にとって欠かせない戦力となった。

テューダー家[編集]

薔薇戦争1455年1485年)の際には、ウェールズはその政争争奪の舞台になり、1485年ボズワースの戦いで勝利したリッチモンド伯がヘンリー7世として即位し、ウェールズ人のウェールズ大公の血統から出てイングランド王家に収まった(テューダー朝)。後世のテューダー家に至っては、1536年合同法英語版によるウェールズ統合により、単一国家「イングランド王国」或いは「イングランドおよびウェールズ」とし、この王朝の家臣団ではウェールズ人が重要な地位を占めた。こうした経緯から、ウェールズ人は同王朝のヘンリー8世からエリザベス1世までの国王が推進したイングランド国教会創設などに協力的な姿勢を見せることになったのである。

三王国戦争以降[編集]

詳細は「三王国戦争」を参照

クロムウェルによる独裁(イングランド共和国)の後は、政治的に力を落としたものの、ウェールズ人としてのアイデンティティは失われることはなく21世紀になった現在でも非常に強いと言われている。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概要[編集]

スコットランド(スコットランド王国)は、ヨーロッパ中世初期に独立した主権国家として誕生し、1707年まで存続した。1603年にスコットランドのジェームズ6世イングランドアイルランドの王となり、3つの王国同君連合を形成した。スコットランドはその後、1707年5月1日にイングランド王国と政治連合を結び、新しいグレートブリテン王国を設立した[5][6]。この統合により、スコットランド議会とイングランド議会の後を継ぐグレートブリテン議会も設立された。1801年、グレートブリテン王国はアイルランド王国と政治連合を結び、グレートブリテン及びアイルランド連合王国を設立した(1922年、アイルランド自由国は連合王国から脱退し、1927年にグレートブリテン及び北アイルランド連合王国と正式に名称を変更した)[7]

スコットランド内では、イギリスの君主制が統一前のスコットランド王国に特有の様々なスタイル、称号、その他の王室のシンボルを使用し続けてきた。スコットランドの法制度イングランド、ウェールズ、北アイルランドの法制度とは独立しており、スコットランドは公法と私法の両方において別個の管轄権を有している[8]。法律、教育、宗教、その他の機関が英国の他の地域とは異なる形で存在し続けていることは、1707年のイングランドとの統合以来、スコットランドの文化と国民性の継続に貢献してきた[9]

1999年には、129名の議員で構成される一院制の議会という形でスコットランド議会が再設置され、国内政策の多くの分野で権限を持っている[10]スコットランド政府のトップはスコットランド首相であり、スコットランド副首相の支援を受けている[11]。スコットランドは英国議会に59人の国会議員を擁している。スコットランドはまた、英国・アイルランド評議会のメンバーでもあり[12]、スコットランド議会の5人の議員を英国・アイルランド議会に派遣している[13]

スコットランドは32の行政区画または地方自治体に分割されており、カウンシルエリアとして知られている[14]グラスゴー市は人口ベースで最大のカウンシルエリアであり、ハイランド州は面積ベースで最大のカウンシルエリアである。教育、社会サービス、道路、交通などの事項をカバーする限定的な自治権は、スコットランド政府から各カウンシルエリアに委譲されている[14]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

名称[編集]

イングランドの名は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一支族で、ブリテン島南部にサクソン人と共に来航し定住した「アングル人の土地」を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。

日本においては「イングランド」または「イングランドおよびウェールズ」を指して、しばしば「イギリス」または「英国」という呼び方が用いられることがあり、このうち「英国」と言う場合は連合王国全体ではなく狭義に「イングランド」を指す意味で使用される場合がある(そもそも、日本の慣用である「イギリス」自体がイングランドのポルトガル語読みに由来する)。

また、日本語に限らず、様々な言語で文脈によってはイングランドを連合王国全体を指して用いることがあるが、これはイングランド以外の実情を考慮していないものであり、ポリティカル・コレクトネスに則していないといえる。従って、イングランド外(特にスコットランド)の出身者に対して「English(イングランド人)」という呼称を用いる事は間違いであり、民族感情的な反感を生む場合もあるので注意を要する。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

イギリス

(1)イギリスの概要と歴史

イギリス(正式名称「グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国」)はロンドンやマンチェスターといった世界有数の商工業都市のほか、広大な自然が広がる国立公園も有しています。イングランド、スコットランド、ウェールズを含むグレート・ブリテンと、北アイルランドからなるイギリスの歴史は、イングランドが13世紀にウェールズを統合したことに始まり、18世紀にスコットランドを統合して大ブリテン王国を形成し、アイルランドの統合や独立を経て1921年、現在の形になりました。また、立憲君主を国家元首とする議会制民主主義の国で、英国王室の現女王・エリザベス2世は、英国国教会を統括するとともに、国家元首です。

(2)基本情報

国・地域名: グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
英 語 名 United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
主要都市: ロンドン(London)
言  語: 英語公用語は英語。他にゲール語、ウェールズ語、スコットランド語など。
宗  教: 英国国教会が半数以上。他カトリック教、イスラム教、
ヒンドゥー教、ユダヤ教など。
気 候 帯 春は雷を伴った嵐が多く、夏はサマータイムを実施しており、夜は21時頃まで明るい。9月は紅葉シーズンとなり、冬至の頃は16時頃には日が落ち、朝は8時頃まで日が昇らない。
時  差: 日本との時差は-9時間。サマータイム期間(2021/3/28~2021/10/31)は
-8時間。[2021年情報]
通  貨: 英ポンド
査  証: 不要 6か月未満の滞在は原則査証不要。

パスポート残存有効期間:帰国時まで有効なもの。

(3)教育プログラムの特徴やポイント

英語発祥の地、イギリスは英語を学ぶ場所として世界で最も人気のある国です。英語学習市場の約50%ものシェアを誇り、毎年推定70万人の留学生が英語を学ぶためにイギリスを訪れています。キャリア、教育、趣味など、全ての年齢・目的・能力に対応する豊富なコースを開講しており、イギリスの文化、歴史に実際に触れて得た発見は将来への貴重な財産になります。
イギリスの教育プログラムは、学生が知識や技術を習得し、自由な発想を持って最大限の能力を発揮できるようにサポートをするのが特徴です。イギリスの教育機関は、政府や教育団体が定めた厳しい基準を満たしているため、将来の留学先としてもお勧めできます。

【イギリス海外教育旅行のポイント】
  • 1. 豊かな歴史と文化
  • 2. 世界中から集まる留学生
  • 3. 安全性
  • 4. 国内、欧州内への抜群のアクセス
  • 5. 世界トップレベルの大学

(4)主な教育プログラムのご紹介

※記載のプログラムは新型コロナウイルス感染症拡大以前に実施されたプログラムです。
各国・地域の規制により中止されているプログラムが含まれています。

教育的意義のある史跡等見学
◆国立美術館やギャラリーは無料で入場、美術館のほとんどが学生割引で入場可能

イギリスは、国全体がまるで大きな博物館のようです。新石器時代の巨大環状列石「ストーンヘンジ」をはじめ、イギリス全土に31もの世界遺産があります。古代ローマ時代の浴場施設が残るバース、中世の面影を残す古都ヨーク、古城やアーサー王伝説ゆかりの遺跡が点在するウェールズ各地など、散策しているだけでタイムスリップしたかのような感覚に陥るでしょう。また、ロンドンの大英博物館は、世界最古で最大規模の博物館であり、歴史の教科書でもおなじみのロゼッタ・ストーンなどの世界の至宝の数々を、間近でじっくりと観察することができます。しかも何百とある博物館や美術館の多くは、無料か学生割引料金で入場できます。

■体験スポット

・大英博物館 ・ウエストミンスター寺院
・ロンドン塔 ・ナショナルギャラリー
・バッキンガム宮殿 ・国会議事堂
・タワーブリッジ

短期サマーコース
◆SOAS University of London

SOASは、ロンドン大学に所属し、アジア、アフリカおよび中近東の研究を専門に行う場として、英国唯一で世界最大の教育・研究機関です。正規課程の学生40%以上が各国からの留学生という国際色豊かな大学でもあります。インターナショナルサマープログラムは、ロンドン中心部にあるSOASのメインキャンパスで実施され、キャンパスライフを体験しながら、ロンドンという大都市を堪能することができます。英語力の向上とアカデミックな科目の入門を目的とした、3週間と6週間のサマーコースを受講することで、英語圏の大学での勉強の入門編として最適な機会を得ることができます。また、オンラインコースは、週12時間の授業で構成され、ライブ授業は現地時間の午前中に行われます

■英語サポート付きテーマ別サマーコース

  • アート・オブ・ザ・ワールド・イン・ロンドン
  • 環境、開発、変化する世界観
  • グローバルビジネス戦略
  • グローバルビジネススタディーズ
  • グローバル開発学
  • 国際関係論
  • メディア入門
  • ロンドンの世界文学

中高生英国英語留学プログラム

中高生英国英語語学プログラム(ブリティッシュ・カウンシル認定限定)では、Accreditation
UK認定校54校から提案されたコースのうち、安全性、価格の適切さ、ユニークさ、地域の4項目を基準に厳選された、9校のコースを推進しました。各コースは、JAOSに加盟する9つの留学エージェント各社により、2017年7~8月に1~4週間の日程で提供されました。単なる語学学習だけでなく、ボーディング・スクールの寮での宿泊、名門大学での学生生活体験、ゲームを取り入れた授業など、ユニークな内容も特長です。

◆伝統あるケンブリッジ大学キャンパスで学ぶ
  • 伝統あるケンブリッジ大学のキャンパスライフを体験できます。
  • 日本人が比較的少ない環境で、存分にイギリスの生活を満喫することができます。
  • 日本人スタッフが同行するので、初めての留学でも安心して参加いただけます。
◆名門ロンドン大学で学生生活体験を模擬体験
  • 40年以上の歴史を持つロンドンの老舗語学学校「Frances King School of
    English」が主催するサマーキャンプ。名門ロンドン大学を構成するHeythrop College内で開催され、イギリスの大学生活を疑似体験できます。
  • コースは週20時間の英語レッスンと午後のワークショップ、周辺観光、週1回の日帰り遠足で構成されています。授業はスピーキング能力の向上に重点が置かれており、遠足ではバッキンガム宮殿やウィンザー城などにも訪れます。日本人スタッフによるケアもあり安心です。
  • Heythrop Collegeは70の個室を備える小さなカレッジで、サポートは24時間体制。教師及びサポートスタッフと生徒の比率は、キャンパス内で最小1対6(アクティビティの際は1対12)で、きめ細かいケアが提供されます。
◆学生の街オックスフォードで学びながらホームステイ体験
  • ロンドンから約1時間の大学の街オックスフォードにある1979年設立の小規模でアットホームな語学学校が運営します。
  • ヨーロッパからの学生が多く、授業やアクティビティを通じて様々な国の学生と交流ができます。
  • 毎週日曜日出発、期間も1週間から4週間までを選ぶことができます。

(5)海外教育旅行実施に向けて
(新型コロナウィルス感染症対策など)

2022年1月7日(金)より、英国に入国するワクチン接種済みの旅行者および18歳未満に対する検査および国境措置が変更になりました。これらの人々は、渡航前に検査を受ける必要がなくなり、到着後に自己隔離を行う必要はありませんが、到着後の検査は行わなければなりません。1月9日以降、ワクチン接種済みの渡航者および5歳以上の有資格者は、到着後2日以内にPCR検査またはラテラルフロー検査(簡易迅速検査)のいずれかを選択することができます。ラテラルフローテストを受け陽性となった場合、自己隔離を行い、無料のPCRテストを受ける必要があります。ワクチン未接種の渡航者に対するルールに変更はありません。(2022年2月現在)

Schools COVID-19 operational guidance(英語)
/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1057106/220224_Schools_guidance.pdf

(6)衛生状態

◆水道水:イギリスの水道水は、石灰分が多いものの先進国の水質基準は満たしており、通常はそのまま飲んでも問題ありません。ただし、配水管が古い場合や、貯水タンクに問題がある可能性がある場合は、市販のミネラルウォーターの利用や浄水器の使用をお勧めします。

◆食物:過去、生卵によるサルモネラ感染症や生焼けの肉によるトキソプラズマ症の発生が報告されたことがあります。食品は十分に加熱してから食すようご注意ください。

◆予防接種:イギリス入国に際して義務付けられている予防接種はありません。

◆医療事情:医療機関は大別して、公立病院と私立病院があります。NHS(国民保健サービス)が運営する公立病院で受診するためには、まずGP(General
Practitioner)と称される家庭医への登録が必要であり、GPにて無料による診断を終えた後、必要に応じて専門の公立病院を紹介されることになります。旅行者などの短期滞在者であってもGPに登録することは可能ですが、公立病院を利用する場合は有料となります。また、私立病院での受診には高額の医療費を要しますが、比較的早く専門医に受診してもらえるという利点があります。万一に備え、緊急移送サービスを含む十分な補償内容の海外旅行保険に加入しておくことをお勧めします。

(7)治安

イギリスの治安は比較的良好というイメージがありますが、2019年に警察に報告のあったイングランド及びウェールズにおける犯罪の総数は約580万件であり、これは日本の2019年の刑法犯総数の7.7倍になります。犯罪の種類別に見ても、イングランド及びウェールズにおける凶悪犯・粗暴犯の件数は日本の約29倍、性犯罪は約10倍、窃盗は約3.5倍、強盗は約55倍になり、犯罪件数は人口比でみると日本よりも格段に高いことが分かります。
・過去5年間のロンドンにおける犯罪発生件数は、おおむね右肩上がりの傾向となっており、イギリス政府の治安対策の強化が報じられてはいるものの、犯罪の増加に歯止めが掛かる兆候はみられません。
・窃盗は夏場と冬場に増加しています。これは観光客が多く訪れる夏と冬に、観光地等におけるスリや置き引き、ひったくりなどの犯罪が多くなることが考えられます。
・強盗は、路上など屋外で待ち伏せする手口が多く、冬場は屋外での待ち伏せには適さないため若干減少がみられるものの、全体としては増加が続いています。

(8)食事

イギリスの名物・お勧め料理は、スコーン、ショートブレッド、紅茶、フィッシュアンドチップス、スモークサーモン、ローストビーフ、ヨークシャープディング、ハギス(スコットランドの伝統的内臓料理)などです。国際色豊かなイギリスには、かねてより世界各国のさまざまな料理が集まってきました。今や多くの都市で「Sushi」や「
Bento
Box」と書かれた看板を掲げる日本食レストランや、アジア食材の店を見つけることができます。

(9)英国政府観光庁

留学専門機関、旅行会社、ランドオペレーター会社が窓口となります。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

関連コンテンツ

  1. 英与党・保守党の中でトラス首相に不満 財務相解任と経済政策の一部撤回で混乱

    2022年10月15日

  2. クワーテング英財務相が解任 減税策で経済混乱、史上2番目に短い在任38日

    2022年10月14日

  3. IMF、 世界経済の「最悪はこれから」 英減税政策を再び批判

    2022年10月12日

  4. 英財務相、減税政策で「Uターン」 45%の所得税率の撤廃案を撤回

    2022年10月3日

  5. トラス英首相の発言をファクトチェック BBC番組で減税政策を擁護

    2022年10月3日

  6. トラス英首相、BBCの地方ラジオ各局に出演 減税策に厳しい質問相次ぐ

    2022年9月30日

  7. ビデオ, トラス英首相、BBCの地方ラジオ各局に出演 経済政策に厳しい質問相次ぐ, 所要時間 2,12

    2022年9月30日

  8. IMFがイギリスの減税政策に警告 「不平等を加速させる」

    2022年9月28日

  9. 英ポンドが対ドル最安値を更新 減税政策への懸念加速

    2022年9月26日

  10. 英ポンドが大幅下落、トラス新政権の減税政策に懸念

    2022年9月24日

  11. トラス氏、イギリスの新首相に就任 女王が任命

    2022年9月6日

  12. ビデオ, 【全訳】 イギリスのトラス新首相、官邸前で就任演説 「嵐を乗り切ることができる」, 所要時間 4,06

    2022年9月7日

  13. ビデオ, トラス氏、イギリスの新首相に決まった瞬間から 与野党議員の反応は, 所要時間 4,01

    2022年9月6日

  14. 【解説】 リズ・トラス氏はどういう首相になるのか

    2022年9月6日

  15. トラス英保守党党首、エネルギー危機対策を約束 6日に新首相就任へ

    2022年9月6日

  16. トラス英外相、イギリスの新首相に 保守党の党首選で勝利

    2022年9月5日

  17. ビデオ, 【英保守党党首選】 イギリス新首相、5日午後に決定へ 待ち受ける課題は, 所要時間 3,41

    2022年9月5日

  18. 「命に危険が」 イギリスで光熱費上限を80%引き上げ

    2022年8月29日

  19. 英インフレ率、過去40年で最高を記録 家計を圧迫

    2022年8月18日

  20. ジョンソン首相、経済混乱の中での夏休みに批判 退任まで2週間

    2022年8月16日

  21. 現金の利用、イギリスで復活の動き 生活費の高騰で

    2022年8月9日

  22. 【英保守党党首選】 決選投票を前にスーナク氏とトラス氏が討論 税金めぐり激論

    2022年7月26日

  23. 【英保守党党首選】 スーナク前財務相とトラス外相が決選投票へ 勝者が次の英首相に

    2022年7月21日

  24. 【英保守党党首選】 4回目投票で候補者3人に スーナク氏が引き続きリード

    2022年7月20日

よく見られています

  1. ビデオ, 北京市民は何を望んでいる? 中国共産党大会が開幕, 所要時間 2,22

    2022年10月17日

  2. ビデオ, イギリスの新財務相、減税策の間違い認める 今後は「難しい判断」必要と, 所要時間 4,58

    2022年10月16日

  3. ビデオ, キーウ近郊でイラン製「神風ドローン」攻撃、1人負傷, 所要時間 0,53

    2022年10月6日

  4. ビデオ, TikTok、シリア難民への寄付から最大7割徴収=BBC調査, 所要時間 4,21

    2022年10月14日

  5. ビデオ, プーチン氏は何を考えているのか ロシアの新聞編集長や政治家に聞く, 所要時間 2,47

    2022年10月13日

  6. ビデオ, 米議会襲撃の新映像、ペロシ議長らが州兵の派遣を懸命に要請, 所要時間 3,40

    2022年10月14日

  7. ビデオ, 豪シドニーなどで洪水、約5万人が避難, 所要時間 0,53

    2022年7月5日

  8. ビデオ, トラス氏、イギリスの新首相に決まった瞬間から 与野党議員の反応は, 所要時間 4,01

    2022年9月6日

  9. ビデオ, ウクライナ首都キーウで頭上にごう音、そして爆発 BBC記者の生中継中, 所要時間 0,48

    2022年10月10日

  10. ビデオ, クリミアとロシアを結ぶ唯一の橋、爆発の瞬間, 所要時間 0,59

    2022年10月9日

詳細については、次の URL をご覧ください。……

バイデン米大統領、トラス英首相の当初の経済政策は「間違い」 異例の批判

2022年10月17日

  • イギリスの新財務相、減税策の間違い認める 今後は「難しい判断」必要と

    2022年10月16日

  • 詳細については、次の URL をご覧ください。……

    業務内容

    ビザ

    英国ビザ申請に関する情報はUK visas and immigrationウェブサイトをご覧ください。このサイトでは、ビザが必要かどうか、各ビザカテゴリーの必要条件、料金、ビザ申請方法のガイダンスや、ビザ申請センターに関するリンクをご案内しております。ビザ申請手続きに関するご質問や審査中の申請に関するお問い合わせはContact UK Visas and Immigration about your applicationまでご連絡ください。大使館、総領事館、並びにビザ申請センターの職員はビザに関するお問い合わせにはお答えできませんので予めご了承ください。

    人々

    お問い合わせ

    詳細については、次の URL をご覧ください。……

    .

    結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

    Related Articles

    Leave a Reply

    Your email address will not be published.

    Back to top button