Entertainment Japanese news daily

kutoo| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

kutoo, /kutoo,

Video: Japan’s #KuToo Movement Aims To Stop Employers From Requiring Women To Wear Heels | TIME

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

kutoo, 2019-03-12, Japan’s #KuToo Movement Aims To Stop Employers From Requiring Women To Wear Heels | TIME, A tweet from 32-year-old model and actress Yumi Ishikawa has kickstarted the #KuToo movement.
Subscribe to TIME ►► http://po.st/SubscribeTIME

Get closer to the world of entertainment and celebrity news as TIME gives you access and insight on the people who make what you watch, read and share.
https://www.youtube.com/playlist?list=PL2EFFA5DB900C633F

Money helps you learn how to spend and invest your money. Find advice and guidance you can count on from how to negotiate, how to save and everything in between.
https://www.youtube.com/playlist?list=PLYOGLpQQfhNKdqS_Wccs94rMHiajrRr4W

Find out more about the latest developments in science and technology as TIME’s access brings you to the ideas and people changing our world.
https://www.youtube.com/playlist?list=PLYOGLpQQfhNIzsgcwqhT6ctKOfHfyuaL3

Let TIME show you everything you need to know about drones, autonomous cars, smart devices and the latest inventions which are shaping industries and our way of living
https://www.youtube.com/playlist?list=PL2862F811BE8F5623

Stay up to date on breaking news from around the world through TIME’s trusted reporting, insight and access
https://www.youtube.com/playlist?list=PLYOGLpQQfhNJeIsW3A2d5Bs22Wc3PHma6

CONNECT WITH TIME
Web: http://time.com/
Twitter: https://twitter.com/TIME
Facebook: https://www.facebook.com/time
Google+: https://plus.google.com/+TIME/videos
Instagram: https://www.instagram.com/time/?hl=en
Magazine: http://time.com/magazine/
Newsletter: time.com/newsletter

ABOUT TIME
TIME brings unparalleled insight, access and authority to the news. A 24/7 news publication with nearly a century of experience, TIME’s coverage shapes how we understand our world. Subscribe for daily news, interviews, science, technology, politics, health, entertainment, and business updates, as well as exclusive videos from TIME’s Person of the Year, TIME 100 and more created by TIME’s acclaimed writers, producers and editors.

Japan’s #KuToo Movement Aims To Stop Employers From Requiring Women To Wear Heels | TIME
https://www.youtube.com/user/TimeMagazine, TIME

,

概要[編集]

発端[編集]

2019年1月24日、石川優実Twitterにおいて、職場でハイヒールの着用を女性に義務づけることは許容されるべきではない、と述べた[5]。この発言のリツイート回数が数千回に及び、また、ほかの女性たちから足や背中の痛みを訴えるコメントが寄せられる様子を見た石川は、Change.org Japanのスタッフである遠藤まめたからの呼びかけに応じ、#KuTooの運動を始めた[5]

石川は、特定の種類の靴を着用することを女性に義務づけている企業について、これを禁止するよう厚生労働省に求めるための署名をChange.orgで募った[5]。その中で、石川は問題点を2つ指摘した[6]。1つ目は「同じ職場・仕事内容なのに性別によって許される服装が違うということ」であり、2つ目は「効率の悪い・あるいは健康に害があるにも関わらずそれよりもマナーを優先させること」である。

2019年6月3日、石川は、職場で女性にハイヒール等の着用を強制することを禁止するよう求める要望書を、18,856人の署名とともに厚生労働省に提出した[7]

反響[編集]

2019年11月、2019ユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選出された[8]。また、『週刊朝日』編集部の選出による2019年の流行語30選に入賞した[9]

SNS上でも、足にできたあざまめの写真が投稿されたり、不快感や苦痛が述べられたりするなど話題になった[5]

アンケート調査[編集]

『Business Insider Japan』による職場での服装規定に関するアンケート調査では、職場や就職活動でハイヒールの着用を強制された、もしくは、そのような状況を見たことがある、と回答した割合は6割を超えた[10]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

知恵蔵「KuToo運動」の解説

KuToo運動

女性に対して、職場で着用する靴にハイヒールパンプス(甲が浅くヒールがある靴)を強制することを禁止するよう求める運動。1人の女性のツイートをきっかけに議論が広がり、「靴」、「苦痛」の語とインターネットを介して高揚した性被害を告発する「#MeToo運動」をもじった「#KuToo」のハッシュタグが使われる。2019年6月には、インターネット上で集まった2万近い署名と要望書を厚生労働省に提出した。
運動の発端となったのは俳優の石川優実で、グラビアモデルや舞台、映画出演などの経歴を持ち、自ら体験した芸能界のセクハラ事情を告発して#MeToo運動に積極的にかかわってきた。かつてアルバイトをしたときに、パンプスを履いて仕事をするのが苦痛であった経験やパンプスを強要する風習をなくしたいとの思いをツイッターにつづった。これが共感を呼び、自身の切実な健康被害を訴える意見や、女性にのみ強いられる差別的なハラスメントだとの意見なども次々と寄せられた。こうした声を集めて、インターネットのキャンペーンサイトでオンライン署名が開始され、労働団体でも政治団体でもなく一個人からスタートした運動が大きな反響を巻き起こした。
ヒールの高い靴を着用することは、アキレス腱に大きな負担をかけ、足の痛みや皮膚の損傷を招いたり、外反母趾(ぼし)、足や背骨の関節の圧縮、腰痛を引き起こしたりするとされる。また、転倒やそれに伴う負傷などのリスクもある。それにもかかわらず、女性社員のハイヒールやパンプスが、相当数の企業で就業規則、服装規定に定められていたり、明文化されないまでも「職務上の常識」や「社会通念」であるなどとして着用の強制が公然とまかり通っている。英国でも、仕事場でハイヒールを履くことを拒否した女性が解雇されるという事件が発生した。同国では、10万人以上の請願があれば下院議会で審議するという決まりがある。これを大きく上回るオンライン請願が集まり、請願委員会は性別に基づく服装規定は性差別であり違法との意見書を提出した。米国やカナダでも、性別に基づいたドレスコードは人権の観点から認められないとする州法が成立したり、ガイドラインが発表されたりしている。
厚労省の根本匠大臣は、衆議院厚労委員会で同省に出された要望書の受け止めについての質問に、着用の義務付けは「社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲」などと述べ、「強制されるものではない」とする高階恵美子副大臣とは相違を見せた。同省雇用機会均等課は、答弁翌日のマスコミ取材に対し強制を容認するものではないが、強制禁止の法制化は現状では考えていないとした。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

Copyright © DIGITALIO, Inc. All rights reserved.

詳細については、次の URL をご覧ください。……

#Kutoo(クートゥー):靴から考える本気のフェミニズム

きっかけは1つの「ツイート」

#KuTooをひと言で表すと、「職場で女性にヒールが義務付けられたり、マナーとされたりすることを差別とし、異を唱える運動」です。

決して、ヒールを否定する運動ではありません。あくまでも、「職場で強制される」ことに抗議しています。

日本では、サービス業界を中心に女性従業員に対してヒールを義務付けている企業は、数多くあります。

そもそも私が#KuToo運動を始めたのも、葬儀場のアルバイトでの出来事がきっかけでした。

その職場の服装規定には、女性の靴について「黒のパンプス。ヒールは5cmから7cmを目安に」と書かれていました。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

■世界が伝えた#KuToo

アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)のリッチ・素子・東京支局長は、昨年12月10日付の東京電で「ハイヒールの専制と闘う反逆者」の見出しで石川優実さんの活動をインタビューを添えて報じました。女性社員にメガネの着用を禁じたり、ストッキングの着用を求めたりする会社があることや、男性もスーツ着用などのドレスコードを強いられることもある、と日本の状況を紹介しています。記事の邦訳版を以下にお届けします。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)東京支局長のリッチ・素子さん=NYT提供

日本人のモデル・女優で、非正規労働者でもある石川優実さんが、雇用主が女性にハイヒール着用を命じることを終わらせるよう、ソーシャルメディアで呼びかけを始めたとき、彼女のツイートは約3万回シェアされた。「なんで足怪我しながら仕事しなきゃいけないんだろう、男の人はぺたんこぐつなのに」。そんな職場のルールにある、露骨な性差別を強調したツイートをしたのは、(2019年)1月のことだ。

ソーシャルメディアで共感が広がり、彼女は1万8000の署名を集め、雇用主が女性にヒール着用を強制することを禁止する法律の制定を求めて、要望書を厚生労働省に提出した。32歳の石川さんは、日本の#KuToo運動(「靴」と「苦痛」の語呂合わせ)の顔になった。

働く女性が日本の雇用主に求められることがある服装のルールは、ハイヒールの着用だけではない。接客をする女性に眼鏡の使用を禁じる会社もあれば、ストッキングの着用や化粧を求める会社もある。男性もまた、スーツの着用といったドレスコードの対象になりうる。

石川さんの要望書に対し、厚生労働省はこの問題の認識を高める必要があるとしたが、その方法については言及していない。一方でハッシュタグ「#KuToo」が急速に拡散すると、携帯電話大手のソフトバンクとNTTドコモはドレスコードを緩め、ハイヒールのない靴の着用を女性に認めるようになった。ただ、ドコモは#KuToo運動とは無関係の変更だ、としている。

石川さんは、ハイヒールを彼女のトレードマークになるような問題にするつもりはなかったというが、その話題で一番注目されたことに驚いてはいない。「なぜそこまで大事なことか、理解するのはとても簡単です」と彼女は言った。

私たちは運動を始めた石川さんについてもっと知ろうとコンタクトを取った。彼女が東京でのインタビューの際に履いてきたのは、お察しの通り、スニーカーだった。やりとりは以下の通り。

――子どものころ、学校の制服のような、厳格な性別によるドレスコードに抵抗しましたか。

小学校では、スカートをはくことが本当に好きではありませんでした。男の子と同じような服を着て、同じような話し方をすることができればと思っていました。私はとても乱暴な話し方をしたので、よく両親にしかられました。女の子らしくないことだと思われていたのです。男の子になりたかったのではありません。ただ、「どうして男の子と同じような話し方ができないのだろう」とずっと思っていました。

中学校では校則に言いたいことがたくさんありました。冬にスカーフを巻くことは禁止で、生徒はたった1種類のコートかジャケットを着ないといけませんでした。冬に女子がタイツをはくことも禁止でしたし、三つ編みもダメでした。でもその時は先生たちのことがとても怖く、対決しようとは思いませんでした。高校入試の時に、中学校の評価を見て、従わない生徒だと思われたくありませんでした。

――同級生が同じように感じているかどうか、話をしましたか。一緒に声を上げたいと思ったことはありませんか。

中学校から高校まで、私たちは自分の意見を言うべきではないという感覚をずっと持っていました。私は、女性に対する暗黙の圧力のようなものを感じていました。女性は男性ほど声を上げる存在ではなく、むしろ男性を尊重することを期待されています。さまざまなメディアやテレビ番組を通じて、そうしたメッセージが伝えられました。

――あなたはモデルとして働いています。日本のモデル業の文化はどうですか。

ビデオや雑誌の水着モデルとして初めて働いた時、女性モデルは十分に尊重されていないという印象を受けました。編集者やディレクターは私たちの意見にまったく耳を傾けませんでした。身体的な暴力はありませんでしたが、エージェントや編集者は、モデルたちが泣くまで、やりたがらないことを強制したでしょう。私が合意しなかった画像も結局出版されました。彼らは私の希望以上に体が露出する水着を着させ、その写真を掲載しました。

当時は、モデルとしてはやむを得ないことなのだと思っていました。周りにいた大人たちは「これをやらないと売れない」と言っていました。ほかの女性モデルたちも「それを受け入れないといけない」と言ったでしょう。しかし、2017年の(セクハラの被害を訴える)#MeToo運動の後、これは犯罪になりうることで、こうした要求に憤ることは極めて当然なのだ、ということに気付きました。

――あなたはハイヒール着用義務の禁止を唱えることだけが闘う理由ではない、と言っています。日本の女性にとって重要だと考える問題は、ほかにどんなものがありますか。

女性が性的なことに進歩的だったり強引だったりすると批判されます。私はそうした姿勢を変えたいと思います。例えば、ヌードのポーズをとると批判され、やり込めようとする人もいます(この年、石川さんはフェミニストのエッセー・写真集でヌードを披露した)。

時に女性が性的な話題について話すことはタブーであり、性犯罪につながる恐れもあります。誰とでも寝る人だと思われるでしょう。女性は誰とセックスをしたいか決めることができないといけません。ヌードモデルだから、セクハラや性暴力は我慢しないといけないとよく言われます。セクシーな服装をしているから、痴漢やセクハラの被害を受けるのは当然だ、と言っているようなものです。それは間違っています。(構成・太田航)

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「パンプスで足がもうだめ」 いいね6.7万件

 発端は今年1月、俳優の石川優実さん(32)のツイートでした。

〈いつか女性が仕事でヒールやパンプスを履かなきゃいけないという風習をなくしたい〉〈パンプスで足がもうダメ〉〈なんで足怪我(けが)しながら仕事しなきゃいけないんだろう〉

 「いいね」の数は約6万7千件に上り、約3万回リツイートされました。

 芸能活動をしながら、葬儀場でアルバイトをしている石川さん。アルバイト先では、業務をする際の身だしなみについて書かれた紙が配られ、ヒールの高さが5cm~7cmほどの黒のパンプスを履くよう求められたと言います。立ち仕事で動き回ることが多く、ヒールの高い靴だと動きにくく、足が痛んだり、足音に気を使ったり。「ハイヒールと男性が履くような革靴では足への負担が全然違う。マナーと言われるけど、平等じゃないと思いました」。

 共感した人たちの間でツイートが広がると、性被害やセクハラを告発する「#MeToo」運動と「靴(くつ)」、「苦痛(くつう)」を掛け合わせた「#KuToo」というハッシュタグが登場。同様の理不尽さを感じる人たちの声があふれました。

 その声に押されるように2月、インターネット上で署名活動を開始。今月3日に厚労省に約1万8800人分の署名を届け、ハイヒールの強制を禁止するよう通達を出してほしいと訴えました。

健康問題ではなく性差別 動いた英議会

 石川さんは2017年末、「#MeToo」運動に合わせ、性暴力の被害を訴えた経験があります。芸能活動をする中で、男女平等を何とかしなければと感じたといい、そこからジェンダーや性差別のことを勉強したといいます。

 ただ、ハイヒールのことをつぶやいた当初は、これが性差別の問題だという意識はなかったそう。「痛いし、革靴はいいよなという単純な愚痴でした。普段から違和感を感じたことはつぶやくようにしていて、その一環で」。けれど、海外の事例を調べたとき、ハイヒールの強制が明確に性差別と表現されていることを知り、問題意識がつながったそうです。

 実は4年前、イギリスで同じような動きがあり、注目を集めました。

 BBCなどによると、2015年12月、ロンドンの大手企業の受付係として派遣された女性が、フラットシューズで出社すると、高さが5~10cmのハイヒールを履くよう指示され、買ってくるようにとまで言われました。1日中ヒールの高い靴では働けないし、男性にはそんな指示がないとしてそれを拒むと、日給なしで帰宅を命じられました。

 この内容をフェイスブックに投稿すると、同じような経験をした女性たちがいることが判明。女性はハイヒールを強制されないよう法改正を求めるオンライン請願を始め、15万人以上が署名しました。

 イギリスの下院議会はこれを受け、現状を調査。そもそもイギリスでは性差別は違法とされているものの、ハイヒールの強制など差別的な服装規定が残る職場があるとして、法の見直しなどが必要という報告書をまとめ、2017年1月に発表しました。

 また、カナダの一部の州では…

この記事は有料記事です。残り805文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

パンプスを履くことが求められる社会

日本では、服装に関する就業規則として、女性従業員へのパンプスの着用を義務付けている企業が数多く存在します。特に、航空会社、ホテル・ブライダル系、ショップ店員、金融機関などの接客が多い職業では、パンプスの着用が必須となっていることがほとんどです。

中には以下のように詳細なルールを決めている企業もあります。

  • ヒールの高さは5cm以上

  • 色は黒に限る など

どうしてこのような規定が定められているのか?
 

その理由について共同通信社がアンケートを実施したところ、企業からは「顧客に信頼感を与えるため」「制服との調和を保つ目的で」「統一美」といった回答が寄せられたそうです。

女性へのパンプス着用が求められるのは、日本だけではありません。イギリスでは、受付として働く女性が、勤務中のハイヒール着用を拒否したことで解雇を命じられ、裁判にまで発展した事例もあります。
 

このように、パンプスの着用規定を設けている企業は多く、職場で女性がパンプスを着用することは、さも常識であるかのように考えられてきました。

そんな社会の“当たり前”の風潮に、一人の日本人女性が異を唱えたことがきっかけで始まったのが「KuToo(クツー)運動」です。
 

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード kutoo kutoo

japan, kutoo, kutoo movement, metoo, metoo movement, time, world, time magazine, magazine, time (magazine), time.com, news today, world news, interview, science, technology, health, politics, entertainment, business, news, breaking news, live, lifestyle, video, Women to Wear Heels, actress Yumi Ishikawa, world news today, world news live, world news tonight, live news today, live news, breaking news today, breaking news live, today breaking news, Stop Employers, Wear Heels, Wear Heels women

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button