Entertainment Japanese news daily

スライド シェア| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

スライド シェア, /%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89-%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a2,

Video: 撮影用ライト&スタンドライト併用

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

スライド シェア, 2015-12-14, 撮影用ライト&スタンドライト併用, hakuba
撮影用照明とライトスタンド併用を購入しました。
自撮りするため, TOKIOART MOVIE

,

目次

  1. SlideShareとは
  2. SlideShareの使い方:アカウントを作成する・ログイン、ログアウトする・解約する
  3. SlideShareの使い方:他のユーザーのスライドを閲覧する
  4. SlideShareの使い方:自分のスライドを公開する
  5. SlideShareの使い方:動画をスライドに挿入する

SlideShareとは

「SlideShare」とは、スライドショー形式で資料を公開できる無料サービスであり、世界最大規模のビジネス向けSNS「LinkedIn」が運営しています。

個人や企業だけでなく、米国ホワイトハウスのような政府機関も利用しており、1千800万以上ののスライドが公開されています。
スライドの閲覧・公開は無料であり、気軽な資料公開が可能なのが特徴です。

参考:
Which Issues Are You Interested

SlideShareの使い方:アカウントを作成する・ログイン、ログアウトする・解約する

SlideShareで資料を公開するには、LinkedInまたはSlideShareのアカウントが必要となります。他のユーザーの資料をダウンロードする際にもアカウントでのログインが求められるので、最初にアカウントを作成しておきましょう。

1.SlideShare上部の「Login」をクリックする

2.ログインまたはアカウントを作成する

SlideShareでは、LinkedInまたはSlideShareアカウントでのログインが可能です。
LinkedInアカウントを持っている方は「Login wuth LinkedIn」をクリックして、LinkedInでのログインを行ってください。

3.アカウントを新規作成する

新しくLinkedInアカウントを作成する場合は画面下に表示されている「Signup for a SlideShare account」をクリックします。
下記のように画面が切り替わるので画面中央の「Join LinkedIn」をクリックしてください。

4.ユーザー情報を入力する

アカウントの新規作成画面が立ち上げると、下記のようにユーザーの情報入力フォームが表示されます。
名前やメールアドレスを入力し、「Join now」をクリックしてください。

住んでいる地域や勤めている企業の情報入力を求められます。
すべての情報を入力しおわると、メールアドレス宛に認証用の番号が送信されます。
認証用の番号を画面に入力すれば、アカウントの作成は完了です。

5.ログアウトする

SlideShare からログアウトする場合は、画面右上のプロフィール画像をクリックしてください。

表示されたメニューの中から「Logout」をクリックしてください。

6.アカウントを解約する

SlideShare アカウントの解約をする場合は、登録した時と同じように LinkedIn のサイトへアクセスしてください。

画面上部に表示されている「プロフィール」をクリックし、表示されたメニューの中から「設定 & プライバシー」をクリックしてください。

設定画面が表示されます。「アカウント」タブをクリックしてください。

LinkedInアカウントの解約」をクリックしてください。

アカウント解約」をクリックしてください。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

スライドシェアとは? 使い方や登録方法を解説

 

スライドシェアとは、ユーザーがプレゼン資料を一般公開できるWeb上のコミュニティサイトです。

法人・個人に限らず誰でもアップすることができ、世界中のプレゼン資料をいつでも閲覧することができます。スライドシェアはアメリカ発祥のサービスで、世界最大級のSNS「LinkedIn」が運営しています。

ビジネスからアートにいたるまでさまざまなものが公開されているので、Microsoft PowerPoint(以下、パワポ)での資料作りに悩んだら、スライドシェアをのぞいてみることをおすすめします。

ちなみに、公開されているスライドを見るだけであれば、登録不要です。

スライドシェアの登録とログイン方法

スライドシェアに公開されているスライドを閲覧するだけなら登録は必要ありません。

一方、「自分で作ったスライドやパワポ資料を公開したい」という場合にはLinkedInまたはSlideShareのアカウント登録をしましょう。

また、公開されているスライドはダウンロードすることも可能です。ただし、かつてはスライドシェアのアカウントを持っていれば無料でダウンロードができましたが、2022年3月時点で「SCRIBD(/home)」というサブスクサービスの有料会員にならないとダウンロードができなくなっています。(2カ月の無料期間あり)

なお、スライドシェアのアカウント登録方法は次の通りです。

まず、ホーム画面(/)の右上にある「Signup」をクリックします。

もしGoogleやフェイスブックのアカウントを持っているのであれば、それを利用してのログインも可能です。また、メールアドレスで登録する方法もあります。

メールアドレスでアカウントの新規登録をする場合は、以下のように「ユーザー名」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、最後に「Sign Up」をクリックすれば登録完了です。

スライドシェアのアカウント解約方法

スライドシェアのアカウント解約手順は次の通りです。

まず、ログイン後に画面右上の「アカウントのアイコン」をクリックし、その中にある「Account Setting」を開きます。

次に、「Account」をクリックします。

その後、画面下の方にある「Delete Account」を選択します。

最後に、登録時に設定したパスワードと簡単なアンケートに答えて、「Delete Account」のボタンを押せば解約が完了します。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

SlideShare

2006年にサービスが開始されて以来、1800万以上のコンテンツがアップロードされている世界最大級のスライド共有サービスです。公式サイトによると、毎月8000万人がこのサイトを閲覧しているようです。

以前はビジネスマン向けのSNSサービスを開発している「LinkedIn」が運営していたのですが、2020年9月に書籍や音楽などのサブスクリプションサービスを運営する「Scribd」が買収しました。

サイトの構成は非常に単純で、SlideShareが設定したカテゴリーを選ぶと、そのカテゴリーに投稿されたスライド一覧ページにアクセスすることができます。また、それぞれのスライドには閲覧数が表示されているため、そのスライドが世界中でどの程度見られているかを確認することができます。

カテゴリーページ (今回はデザインを選択)では、さらにドキュメントタイプと言語を指定することができるのですが、日本語のスライドがほとんど存在しないので、あまり利用価値はないです。(デザインカテゴリでは、日本語のスライドは0でした、、)

そのため使い方としては「明確に指定できる英語のキーワードがあり、その関連スライドを探す」あるいは「アクセス数の多いスライドから、デザインやストーリー作成のコツを学ぶ」というパターンがおすすめです。

Speaker Deck

機能的には、上記で解説したSlideShareとほぼ同じサービスです。文字検索もしくはカテゴリー検索でスライド一覧画面を表示させ、気になるスライドを探すという流れや、スライドの閲覧数が表示されるという部分は全く変わりません。

SlideShareと異なるのは、日本語のスライドがかなりの割合で表示されることです。特に設定などを行わなくても、カテゴリーによっては8割以上日本語の資料が表示されます。これはSlideShareでは見られなかった大きなメリットであり、多くの企業にとってはそのまま参考にできるスライドが見つかる可能性が高いと言えるでしょう。

もう一点、Slideshareと異なる点があるとすれば、それは有料プランの設定です。無料でも十分便利なのですが、月額8ドルもしくは年額80ドルを支払えば、以下の機能が追加で解放されるようです。

・スライドの非公開もしくはパスワード設定
・無制限のアップロード
・アップロード日時の指定
・ダウンロード制限
・Proバッジの獲得
・広告の非表示

相当なヘビーユーザーでない限り、Proプランへの課金は不要かと思いますが、従来の「シェアサービス」目的でフル活用したい方はProプランを検討してみても良いかもしれません。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Slideshareで公開されているスライドの閲覧方法と基本的な使い方

SlideShareのアカウントを登録する

SlideShare ではスライドなどの閲覧をするだけであればアカウントの登録は不要ですが、自分のスライドをアップロードする場合にはアカウントの登録が必要となります。 SlideShare は LinkedIn が提供しているサービスで、現時点ではアカウントが共通となっているようです。( LinkedIn とはビジネスユーザー向けの SNS サービスです)。そのため LinkedIn のアカウントを作成します。アカウントを登録するには公式ページである次の URL へアクセスして下さい。

/

メールアドレスおよびログイン用パスワードを入力してください。また利用規約やプライバシーポリシーへのリンクが掲載されています。よく読んで頂き同意できる場合には「同意して登録」をクリックしてください。

次に利用者の「姓」と「名」を入力します。入力が終わりましたら「続行」をクリックしてください。

アカウントの登録はこれで完了です。これ以降は LinkedIn の方で使用されるプロフィールの設定なので設定されてもされなくても構いません。今回はここまでにしました。

LinkedInアカウントの解約について

SlideShare のサービスを使用されなくなり LinkedIn のアカウントが不要になった場合の解約方法もご紹介しておきます。アカウントを作成したときと同じ下記の URL へアクセスしたあと、画面右上の「サインイン」をクリックしてください。

/

サインインの画面が表示されるので、メールアドレスおよびログイン用パスワードを入力してサインインしてください。

LinkedIn の画面が表示されます。画面右上の「プロフィール」をクリックし、表示されたメニューの中から「設定&プライバシー」をクリックしてください。

表示された画面で、画面左側の「アカウント設定」をクリックしてください。

「アカウント設定」の画面が表示されたら、一番下にある「アカウントを解約」をクリックしてください。

アカウントの解約の画面が表示されます。ここでアカウントの解約が行えます。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード スライド シェア スライド シェア

www.slideshare.net › hidenorigoto › slideshare-japanese, ferret-plus.com › 記事をさがす › ビジネス › ビジネススキル, mainichi.doda.jp › しごと術, note.com › パワポ研, www.adminweb.jp › Webサービス, prtimes.jp › 商品サービス, prtimes.jp › ネットサービス・アプリ › ネットサービス, play.google.com › store › apps › details › id=net.slideshare.mobile, atmarkit.itmedia.co.jp › 自分戦略研究所 › スキル創造研究室, www.documentplus.jp › 2022/05/13 › 参考になる-国内-海外のスライド共…, スライドシェア サイト, スライドシェア 医療, スライドシェア 料金, スライドシェア おすすめ, スライドシェア ダウンロード, スライドシェア 無料, スライドシェア 日本語, スライド シェア スマホ

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button