Entertainment Japanese news daily

パナウェーブ| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

パナウェーブ, /%e3%83%91%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%96,

Video: 【ゆっくり解説】白装束集団~パナウェーブ研究所(千乃正法会)~

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

パナウェーブ, 2019-04-30, 【ゆっくり解説】白装束集団~パナウェーブ研究所(千乃正法会)~, ゆっくり霊夢とゆっくり魔理沙によるパナウェーブ研究所解説動画です。
Twitter始めました:https://twitter.com/mitsui_outlet

【関連動画】
パナウェーブ取材 https://www.youtube.com/watch?v=_vlmPsG_P4Y
【BGM】
1:30~ https://www.youtube.com/watch?v=ERFvIlHrqPs
4:40~ https://www.youtube.com/watch?v=vD1ZfP3Ez4I
宣伝用 https://www.youtube.com/watch?v=gy3NCr4rX-Y, 社畜系youtuber

,

上位組織の概要[編集]

パナウェーブ研究所の上位組織である千乃正法会は、東京都渋谷区に本部を置いている。千乃正法会は千乃裕子と高橋佳子(GLA指導者)が対立した事によるGLA総合本部からの分派という指摘もあるが[1]、GLAは千乃が在籍した事実はないと述べている。

パナウェーブ研究所の概要[編集]

パナウェーブ研究所はその一部門として設立され、「スカラー電磁波は人体にとって有害である」と主張していた。また、スカラー電磁波から身を守るために有効という白装束(長袖のコート型白衣・白マスク・白頭巾・白長靴)を身にまとっている。また、移動用の車両には、スカラー電磁波を防ぐ効果があるという渦巻き模様の図柄を貼り付けていた。

1977年頃に任意団体として設立され、「千乃正法」の名で活動したことがあり、1997年9月岡山県英田郡作東町(現・美作市)で町道をふさいだとして、責任者1人が往来妨害容疑で逮捕された[2]。その奇妙な様子から、2003年4月から5月にかけて活動がワイドショーなどで大きく取り扱われ、一時的に有名になった。また、研究所の名称に「パナ」を冠するため、パナソニック(当時の法人名・松下電器産業と松下電工[3])との関連性を問われたことがあったが、同社およびその関連会社とは完全に無関係である。

思想的には反共主義であり、「共産主義者が『スカラー電磁波』で日本を襲う」とも主張している。一例として、電柱上の電線が巻かれた部分(敷設の際にあまらせてあるもの)を示し、そこでスカラー電磁波を発生させるという攻撃がなされているとし、教祖はその被害を受けているなどと述べている。

1999年には、「電磁界等を考えるシンポジウム京都会議」に参加し、スカラー電磁波問題について持論を展開したこともある。彼らは、人工的に作られたスカラー電磁波が自然環境を汚染することで、自然環境が破壊され動植物の生存の危機となり人類の滅亡に至ると主張する。また大量の人工スカラー電磁波の放出により地球の公転自転にも影響があり、地球崩壊をもたらすという。

2002年9月から横浜市西区帷子川などで生息が確認されていたアゴヒゲアザラシタマちゃんにエサを与え続けていることを明らかにした[4]

2003年4月26日頃から、岐阜県郡上郡八幡町(現・郡上市)から大和町(同)にかけての林道[5]を、同年5月2日頃には岐阜県大野郡清見村(現・高山市)の国道472号を占拠。同年5月15日天変地異が起こると主張、会員に対して山梨県北巨摩郡大泉村(現・北杜市)にあるドーム型施設に避難するよう呼びかけを行った[2]

2003年5月9日森山真弓法務大臣が記者会見で、公安調査庁が調査中であることを明かした[6]。5月14日、虚偽の自動車登録をしていた疑いが強まったとして、警視庁公安部が全国の施設を家宅捜索した[7]。同研究所代表(千乃裕子とは別人)、自動車整備工場の検査員ら3名が起訴され、2004年5月25日福井地方裁判所でそれぞれ懲役1年6カ月、執行猶予つきの有罪判決がなされた[8]

2003年8月7日福井市五太子町(12世帯22人の高齢者が暮らす小さな集落[9])の施設内で、福岡教育大学助教授で、反共産主義の論文執筆を行うなど、集団の中枢メンバーであった千草聡が変死した[9][10][11]。警察の調べで死因は、背中の打撲による外傷性ショック熱中症によるものと判明[12]、12月5日、メンバー5人が傷害致死容疑で逮捕された[9]

2004年秋頃からカラスに餌付けを始めたため、周辺の農作物に被害が発生、自治会や福井市からの中止の申し入れに対して、野生動物の愛護を主張した。福井市は、2006年5月2日から1ヶ月間の駆除を許可し、地元猟友会員が駆除を行った[13]

また、2003年に有名になる以前にも、日本共産党に対して何らかの文書を送りつけるなどの活動も行っていたとされる[14]

2006年10月26日、千乃裕子代表は72歳にして死亡した[15]

2011年10月福井新聞の取材によれば、研究所は以前とは打って変わって普通の民家のような佇まいになっており、中の者によると「パナウェーブ研究所はもう無い」という返事が返ってきており、自然消滅したようである[16]

2021年5月8日、定期的にパナウェーブ研究所の本拠地を訪れていたフリーライターの鹿取茂雄が文春オンラインに寄稿した[17][18]。「白装束集団の今」というタイトルで前後編に分けて書かれた記事の後編「かつての本拠地を訪ねてみると…白装束集団『パナウェーブ研究所』が18年間で激変してしまったワケ」によると、2004年には本拠地を訪ねたときはサーチライトで照らされ、懐中電灯を持った人々、そして『ストーカー車追跡中』と書かれた四駆の車に追いかけられた。本拠地は2005年にかけて白い布で覆われ、立ち木にも巻かれ、渦巻き模様のマークが貼られていった。しかし、2006年に代表の千野が死去すると白い布は減っていき、2007年の時点では立ち木に巻かれた布は取り払われ、渦巻き模様も消えていた[19]。2009年には白い布は撤去され、パナウェーブ研究所の看板も降ろされ、千乃正法会の書籍のみを扱う出版社の社名が掲げられていた。白装束集団などとして報道されてから18年が経過した2021年の時点で取材を申し込んだが、「うちは一切関係ありませんので」「過去のことを言ってもしょうがないので。今はみんな通ってきています。ここで平穏に過ごしたいだけなんです」と関係者は答えたという[20][21]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

騒動の3ヶ月後に起きた傷害事件

 私が追いかけていた2003年5月の10日間、コンビニ等でパナウェーブ研究所の人たちとバッタリ鉢合わせることも何度かあった。やはり電磁波を気にしているのかと思いきや、彼らは普通に携帯電話で通話したりしていた。キャラバン隊の中には、教祖・千乃裕子氏の主張を信じている人もいれば、おかしいとは思いながらも仕方なく従って活動している、我々と変わらない感覚の人たちもいる――そのように感じた。

 千乃裕子氏にもぜひ会って話を聞きたかったが、彼女が車から降りることは一切なく、接触することはできなかった。

 5月10日には、日本中のメディアを騒がせた大移動が終わり、白装束集団は本拠地に落ち着いた。しかしその後、施設内では傷害事件が起きている。騒動の3ヶ月後、2003年8月に1人の信者が熱中症と外傷性ショックにより死亡し、後に別の信者5名が傷害容疑で逮捕された。

福井県にあるパナウェーブ研究所の本拠地(2003年撮影) ©鹿取茂雄

 また、2004年にはカラスに餌付けして、近所とトラブルにもなった。その度に一応報道はされていたが、扱いは小さなものだった。さらに時間が経てば、話題に上ることさえなくなっていた。

メディアの“熱狂”は正しかったのか?

 施設内で傷害事件が発生している以上、教団が抱える粗暴性は否定しない。しかし、キャラバン隊が活動していた当時、彼らは他人に危害を加えてはおらず、犯した罪といえば道路交通法違反だけだった。

記者会見に向かうパナウェーブ研究所のメンバー(2003年撮影) ©鹿取茂雄

 だが、多くのメディアは現場の声ではなく、警察庁長官の「初期のオウムに似ている」という発言ばかりを報じ、「おかしな恰好で、おかしな主張をする」彼らに執拗にカメラを向けた。そして、ついには我慢できずにキレた信者の様子を繰り返し放送した。林道を占拠したり、フロントガラスに渦巻き模様を貼り付けるというのは、確かに違法行為なのだが、一方でメディアの報じ方にも問題があったように思う。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

「電磁波攻撃を受けている」“謎の白装束集団”騒動から18年…パナウェーブ研究所はその後どうなった? | 未解決事件を追う | 文春オンライン

騒動の前年にすれ違っていた“謎の集団”

 白装束集団が日本中のメディアを賑わしたのは2003年のこと。実はその前年の2002年秋、私は一足早く彼らと遭遇していた。

 岐阜県在住の私はその日、岐阜県から福井県へ続く国道417号を走っていた。既に日は沈み、辺りは真っ暗だった。徳山ダムの建設予定地を過ぎ、人家から遠く離れた山奥を進んでいると……いきなり、目の前に謎の白装束集団が現れたのだ。

 車のライトで照らされた先に見えたのは、真っ白な恰好をした人たちに、見たこともないマークが全面に貼られた車の列。それは思わず目を疑うような光景だった。この集団は明らかに尋常ではない。ハンドルを握りながら、一瞬で全身が恐怖に満たされた。

パナウェーブ研究所の本拠地(2003年撮影) ©鹿取茂雄

本拠地は福井県の山間部にある(2003年撮影) ©鹿取茂雄

1週間後に現地を再訪すると……

 とはいえ急ブレーキをかけて引き返すわけにもいかない。変な動きをして目立つよりは、このまま走って、自然にすれ違う方が良いだろう。異様な集団を前に好奇心よりも恐怖が勝った私は、彼らの横をノンストップで通過した。

 だが数日後、ようやく冷静さを取り戻してからは、あの時写真を撮っておけばよかったと後悔した。彼らは一体、何者だったのだろうか……。気になって仕方がなくなった私は1週間後、再び現地を訪ねたが、既に彼らの姿は跡形もなく消えていた。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード パナウェーブ パナウェーブ

パナウェーブ研究所, 白装束, 千乃正法会, GLA, 江頭2:50, エガちゃん

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button