Entertainment Japanese news daily

コミュニケーション ゲーム| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

コミュニケーション ゲーム, /%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0,

Video: ゲームを一緒に遊ぶだけでバイトになる!?とんでもないサービスが生まれた・・・ / コジマプロダクションの次のゲームは?【ゲームニュース・話題まとめ】

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

コミュニケーション ゲーム, 2020-10-24, ゲームを一緒に遊ぶだけでバイトになる!?とんでもないサービスが生まれた・・・ / コジマプロダクションの次のゲームは?【ゲームニュース・話題まとめ】, ここ1週間くらいのゲームニュースで気になったものをまとめました。
ゲームを一緒に遊ぶバイト・・・そんな時代がやってきました。

★★★★★★★こちらも登録お願いします★★★★★★★
ゲーム実況チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCBpzH4AHE6WNZUdUAlSQp-g
twitter:https://twitter.com/keiji_ch
Instagram:https://www.instagram.com/keiji_ch/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

動画の中には以下のサイトより使用している素材がある場合がございます
素材提供 PIXTA
素材提供:daidaicolor / https://daidaicolor.com

ED曲 魔王魂/シャイニングスター, けいじチャンネル

,

コミュニケーションゲームのメリットとは 

コミュニケーションゲームとは、「話す・聞く・読む・書く」を使って相互に情報のやり取りをおこない、情報を正確に伝える訓練をしたりチームごとのコミュニケーションを図ったりするゲームです。

勝ち負けがあるゲーム性の高いものから情報交換を主体としたものまで幅広く、会社の研修やチームビルディングの場で主に採用されています。

ここでは、まずコミュニケーションゲームのメリットを解説します。

チームビルディングに効果的

コミュニケーションゲームは、チームビルディングに効果的です。

チームビルディングとは、部署・支店・チームに所属するメンバーの能力や特性を正確に把握し、業務に役立てられるようコミュニケーションの基礎を図る方策のことです。

コミュニケーションゲーム以外のワークや研修プログラムが採用されることもありますが、「チーム全員で同じ目標を見据えること」「それぞれの役割を把握し、適材適所で己の能力を発揮していくこと」をゴールにしているのは共通しています。

人間関係の構築

コミュニケーションゲームをすることで社員同士のコミュニケーションが活性化され、人間関係の構築に役立ちます。

チームとして、相互理解が深まるのです。

緊張をほぐしながら取り組めばコミュニケーションのハードルが下がりますので、お互いの顔や名前を早く覚えたい初期研修や新入社員研修にも向いています。

あわせて読みたい

組織で相互理解を深めるには?離職を防いで生産性を向上させる方法
相互理解とは、互いの考え・価値観・発言の意図・目標などを理解し合うことを意味します。ビジネスシーンに於いての相互理解は仕事を進めやすくすることにつながるでし…

コミュニケーションスキルの向上と情報共有の促進

お互いの得意分野・キャラクター・強みや弱み・価値観を知ることで、個人に対する情報共有がしやすくなります。

コミュニケーションの仕方を学ぶ機会にもなりますから、ゲーム終了後もコミュニケーションが活性化され、仕事に関する上方共有もスムーズになるでしょう。

チームビルディングに特化したゲームに関してはこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい

チームビルディングゲームおすすめ15選|短時間・室内など条件別に紹介
チームビルディングゲームは、社員同士で交流が図れながら組織力やチームとしての一体感を醸成できるプログラムとして注目されています。 楽しみながらおこなえる一方で…

企業リスクの低下

普段からよくコミュニケーションを取り合うチームにしておくことで、迅速かつ生活な情報共有がおこなわれ、企業リスクも低下できます。

コンプライアンスなどの規則浸透に役立つほか、トラブル発生時のいち早い報告・連絡・相談など、多方面で役立るのです。

また、チームワークが向上するため自分の業務範囲外のことでも自然と助け合い、会社全体にとってプラスの影響が生まれます。

離職率改善

コミュニケーションゲームによって社員同士の会話が弾み、円滑な人間関係が築きやすくなります。出勤する楽しさや仕事への前向きさも同時に育まれますので、人間関係が原因での離職を防ぎやすくなるでしょう。

社員同士の垣根をなくしたい企業にもおすすめです。

あわせて読みたい

離職率とは?計算方法や日本の平均値・離職の原因・改善策・新卒対策
経営において、従業員のモチベーションやエンゲージメントの把握に有効な「離職率」は、気になる指標の1つになっています。 そこでこの記事では、 離職率とはどうやって…

詳細については、次の URL をご覧ください。……

コミュニケーションに「ゲーム」を活用するメリット

楽しみながら「体験」できる

ゲームで行う研修は、いわば体験型学習といえるもので、体験を通じて仕事に必要な思考を身につけることができます。研修そのものを楽しみながら受講することによって、高い学習効果が望めるメリットも。

座学での研修だけでは身につきづらいことも、合間にゲームを挟むことによって効果を高めることが期待できます。

コストがかからない

専用のキットが必要なゲームもありますが、その多くは会社にある備品で実施できるものが多く、開催にあたって大きなコストがかかりません。

ゲームであればその多くは社内の一室である会議室などで簡単に実施することができます。

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

500社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

短時間で簡単、コミュニケーション促進ゲーム例4選

1. ヘリウムリング

所用時間:10〜20分

必要なもの:フラフープ/ストップウォッチ

フラフープをチームメンバーで囲って、全員の人差し指に乗せて、離れないように、フラフープを地面まで下げていく、というとてもシンプルなゲームです。

参照:「ヘリウムリング」の動画事例

〜ルール〜

  • 1チーム6〜10名で設定します(人数が少ないと難易度が下がります)
  • 1チームにつき、1つのフラフープを用意します
  • フラフープを中心としてメンバーでフラフープを囲みます
  • 利き手の人差し指の第一関節にフラフープを乗せます(※メンバー間でそれぞれ身長が異なるため、適度な高さで保ちましょう)
  • フラフープを地面につけることができたらゴールです
  •  誰の指もフラフープから離れてはいけません
  • 指が離れたり、第一関節以外の部分でフラフープを触れてしまった場合は最初の高さまで戻します
  • 1回の制限時間は5分間程度にするとよいでしょう

2. ピンポン球リレー

所用時間:30分〜1時間

必要なもの:ピンポン球/大きめのスプーン/カラーコーンなど目印になるもの

スプーンを乗せたピンポン玉をバトンがわりにしながらチーム内でまわし、ゴールまでの時間を競うゲームです。

参照:「ピンポン球リレー」の動画事例

〜ルール〜

  • 3〜4人の少人数チームを作ります・スプーンに乗せたピンポン玉をバトンとしリレー形式でまわします
  • 移動を組み込むと難易度が上がります
  • 玉を落とした場合は「その場で数秒停止する」などのルールを組み込んでもよいでしょう

3. 似顔絵当てゲーム

所用時間:1時間程度

必要なもの:紙/筆記用具/ストップウォッチ

似顔絵を描いた人以外のメンバーが誰の似顔絵なのかを答え、最も正解数が多かったチームが優勝です。

〜ルール〜

  • 数人でチームを作ります
  • チーム全員で各々のお題で似顔絵を描きます
  • 似顔絵を描いた人以外のメンバーでその似顔絵が誰の似顔絵なのか答えます
  • 似顔絵製作の制限時間を設けましょう(5〜10分程度)
  • お題の範囲が広すぎると難易度があがります
  • お題を「社内の人」や「旬の有名人」などで設定するのもよいでしょう

4. 共通点探しゲーム

所要時間:30分程度

必要なもの:なし

ペアを組んでお互いの共通点を時間内になるべく多く探すゲームです。共通点があると親近感がわくため、実際の営業や商談などでも活用できます。

参照:「共通点探しゲーム」の動画事例

〜ルール〜

  • 二人一組でチームを組みます
  • 5分間でなるべく多くお互いの共通点を探します
  • 「生きている」などの当たり前すぎるものはNGです

詳細については、次の URL をご覧ください。……

コミュニケーション研修におすすめのゲーム20選 | 謎解きコンシェルジュ

コミュニケーション研修の「アイスブレイク」に使えるゲーム

始めに紹介するゲームは「アイスブレイク」に使えるゲームです。準備が簡単で短時間(所要時間30分以内)で実施できるゲームをご紹介します。

「アイスブレイク」を研修の最初に行うことで、次のような効果が期待できます。

  • 緊張を和らげる
  • 軽く体を動かすことでリラックス・リフレッシュできる
  • 場が盛り上がる

1. 嘘つき自己紹介

噓つき自己紹介とは、3つのキーワードの中に1つだけ嘘を混ぜて話すゲームです。ほかの人は、話しぶりからどれが嘘かを当てます。果たして嘘を見破られることなく、流暢に話すことができるでしょうか?

【基本情報】

  • 実施形態:集合研修/オンライン集合研修
  • 準備するもの:A4の紙(1人1枚)、太めのペン(集合研修の場合)/パソコン、「Zoom」(オンライン集合研修の場合)
  • プレイ人数:4~30人(1チーム4~5人)
  • プレイ時間:30分

【ルール/ゲームの進め方】

  1. 参加者は、4~5人のチームに分かれます(チームは事前に決めておくか、その場で抽選で決めます)
  2. A4の紙を1人につき1枚ずつ配布します
  3. A4の紙を1/4に折って広げ、十字についた折り線の上からペンでなぞり、「4つの枠」を作ります
  4. 5分間で左上の枠に自分の名前を書き、残り3つの枠に自己紹介するキーワードを書きます。3つの内、1つだけ嘘を書きます
  5. チーム内で話す順番を決め、1人につき3分以内で紙に書いた内容を説明します(すべて本当のように話し、どれが嘘かはバレないようにします)
  6. 全員が話し終わっても時間が残っていれば、お互いに質問をします
  7. 最初に話をした人が再度紙を見せて、聞き手の人はどれが嘘かを当てます
  8. その後、どれが嘘か答えを発表し、「実は…」と1分以内で語ります
  9. 次の人も同じように紙を見せ、嘘がどれかを聞き手に当ててもらい、答え合わせをします
  10. 早めに終わったチームは、書いてある紙をみんなで広げ、互いに関心のある部分を質問します

【ワンポイントアドバイス】

  • 「うそほんと自己紹介」とも呼ばれます
  • 通常の自己紹介では自分が話すことに意識が向きがちですが、嘘つき自己紹介は相手の嘘を当てようとする過程で自然と相手の話に興味を持ち、集中して聞く姿勢になります
  • 初対面でも知り合い同士でも互いに新たな一面が発見でき、盛り上がります

2. 人狼ゲーム

人狼ゲームとは、村人に紛れ込んだ人狼を会話の中で推理し、処刑することで村の平和を守るゲームです。人狼役は巧みに嘘をつき、見破られないように村人のふりをしながら、夜になると村人を襲います。会話の駆け引きで、うまく生き残ることができるでしょうか?

【基本情報】

  • 実施形態:集合研修/オンライン集合研修
  • 準備するもの:役割を決めるカード(集合研修の場合)/パソコン、「Zoom」(オンライン集合研修の場合)
  • プレイ人数:3~100人(推奨人数は5~18人程度)
  • プレイ時間:10分(ワンナイト人狼)〜30分

【ルール/ゲームの進め方】

“人狼ゲームを行なう場合、ゲームマスター(GM)と呼ばれる、ゲームを進行する人が必要です。例えば6人が集った場合、ゲームを進行するゲームマスター1名、村人サイドは村人3名と占い師1名の計4名、人狼サイドは人狼1名、という配役になります”

参考:人狼ってどんなゲーム? | 人狼道

【ワンポイントアドバイス】

  • 会話がメインです。嘘をつくのが苦手な人や平気な人、論理的に説明できる人、騙されやすい人など、性格が表れるため、盛り上がります
  • 「ワンナイト人狼」という、10分程度で簡単にできるバージョンもあります

詳細については、次の URL をご覧ください。……

コミュニケーションゲームとは

コミュニケーションゲームとは、参加者たちでコミュニケーションをとりながら行うゲームのことだ。チーム対抗戦や参加者全員でミッションを達成させる種目など、様々なゲームが存在する。楽しめるゲームも多いため、気分転換としても役立つだろう。

コミュニケーションゲームのメリット

コミュニケーションゲームのメリットは以下の通りだ。

コミュニケーションが生まれやすい

参加者同士で会話をしながらプレーするゲームが多いため、自然とコミュニケーションが生まれる。社員間の関係性が深まり、業務のときにメンバー間で声を掛け合う文化ができる。よって、孤立する社員を減らすのに役立つ。

メンバー間の価値観や考え方を知れる

話し合いながらゲームを進めるため、相手の価値観や考え方を知れる。そのため、相手が何を考えているか分かる。相手の気持ちが分かれば、相手の立場に立って仕事を進められるため、意思疎通が上手くいく。結果、チームの団結力アップにつながる。

体験しながら学ぶことで知識が定着しやすい

コミュニケーションゲームは、体験しながら学ぶ。繰り返し行うと感覚をつかめる。その結果、自然と知識が定着していく。体を動かしながら知識を身につけたい方にも、コミュニケーションゲームは最適だ。

達成感を味わえる

コミュニケーションゲームは、メンバー間で達成感を味わえる。その体験はゲームが終わってからも、参加者同士の思い出話として話のネタになる。当時の経験をメンバーと話すことが、モチベーションアップになる社員もいる。よってコミュニケーションゲームは、社員のモチベーションや職場の士気を高めるのに役立つ。

コミュニケーションゲームを紹介

コミュニケーションゲームは、いくつかのタイプに分かれる。今回は「作業系ゲーム」と「短時間で行えるゲーム」の2種類に分けて、チームで行えるゲームを紹介していく。

⓵作業系ゲーム

作業系ゲームの特徴は、参加者が作業しながらプレーすることだ。細かい作業の場合もあれば、簡単な作業で終わる場合もある。ここでは5種類のゲームを紹介していく。

マシュマロチャレンジ

マシュマロチャレンジとはパスタでタワーを作っていき、制限時間内にどこまでつなげられるか競うゲームだ。1チーム4人で行うゲームで、世界記録は「99cm」となっている。以下のものを用意すれば行える。

乾燥パスタ20本(ストレートタイプ)
90cmのマスキングテープ1個
ビニールひも1個
マシュマロ1個
はさみ1個

ちなみに積み上げる前には、メンバーたちで話し合う時間が設けられている。そのため、コミュニケーションの機会が生まれやすい。なおマシュマロチャレンジでは、以下の行為が禁止となっている。

足場の固定

タワーを安定させるために、足場を固定してはいけない。用意してある材料のみで、立たせることになっている。

マシュマロの加工

マシュマロを切るなど、加工してはいけない。丸々1個を、タワーの先端に刺して使う形になっている。

レゴブロック

レゴブロックで、お題に沿った作品を作っていくゲームもある。たとえば「社員が楽しそうに働いている状況を表す」というテーマであれば、その状況が伝わる作品をレゴブロックで作らせる。参加者たちの感性が試されるため、クリエイティブな面を磨くのに最適だ。

作品が完成したら、メンバー間で感想をシェアし合う。作品に対する自身の想いを伝えたり、様々な人の考え方を聞いたりする時間を作ることで、コミュニケーションの機会が生まれる。参加者たちにとって学びの場となるだろう。

条件プレゼン

条件プレゼンとは、指定されたお題やテーマの中でプレゼンするゲームだ。たとえば「物語・クリスマス・会社」というテーマであれば、3つの内容を盛り込んだプレゼンをする。

各チームがプレゼンを行い、審査員が一番面白いと思ったチームの勝利だ。なお、条件プレゼンのコツは以下の通りだ。

ストーリーの内容

ストーリーの内容が平凡だと面白さに欠けるため、独創的なストーリーにした方がいい。ただし奇想天外な内容だと、聞き手がついていけなくなる。よって、ユニークでありながら、聞き手が想像しやすいストーリーを作ることが大事だ。

プレゼンの構成

ストーリーの内容が良くても、プレゼンの構成を間違えると面白さが半減する。よって、どのような構成にすれば面白くなるか考えることも大事だ。

伝え方

ストーリーの内容やプレゼンの構成が良くても、伝え方が悪いと面白さは減る。抑揚の付け方や間の作り方、分かりやすい言葉で伝えるなど意識できる箇所は多い。誰が話すかも、勝負のカギになるだろう。

NASAゲーム

NASAゲームとは、NASAが作った問題の答えを話し合って予想するゲームだ。チームメンバーで話し合いながら1つの答えを決めるため「コンセンサスゲーム」とも呼ばれている。このゲームは、以下の流れで進めていく。

ステップ⓵:1人で答えを考える

出題されたお題に対して、各個人で答えを考えていく。制限時間は15分となっており、誰にも相談してはいけない。

ステップ⓶:話し合って答えを決める

次にメンバーたちで話し合いながら答えを決めていく。このときに、多数決で答えを決めるのは禁止となっている。全てのメンバーが納得した状態で答えを決める。制限時間は20分と決まっているため、スピーディーに話し合いを進めなければならない。

ステップ⓷:解答発表

全チームの解答が出そろったら、答えが発表される。正解したチーム(正解者がいない場合は正解に近いチーム)の勝利だ。

脱出ゲーム

問題を解きながら脱出を目指す、脱出ゲームもある。用意された問題を解いて制限時間内にゴールを目指すゲームだ。こちらもメンバーたちで話し合いながら答えを導いていく。様々な場所で行われ、一時期話題となったゲームだ。屋外や社内、オンラインなどで行えるため、会社の事情に合わせて使い分けるといいだろう。

⓶短時間で行えるゲーム

短時間で行えるゲームとして、以下のものがある。

ヘリウムリング

ヘリウムリングとは6~10人の指で支えているフラフープを、誰一人離さずに地面に下ろすゲームだ。フラフープを持ち上げた状態から、5分以内に下ろすことができれば成功だ。参加者たちが同じタイミングで下ろす必要があるため、阿吽の呼吸が必要になる。

ちなみに参加者が増えるほどゲームの難易度は上がっていくため、慣れないうちは少ない人数でプレーするといいだろう。

共通点探しゲーム

ペアを組んで、お互いが質問をしながら共通点を探すゲームもある。,制限時間内に多くの共通点を出せたペアの勝利だ。共通点探しゲームでは、以下のポイントを抑えると共通点が出やすくなる。

共通点が生まれやすい質問をする

質問をするときは、共通点が生まれやすい質問をするといい。兄弟の人数や血液型など、共通点の確率が高い質問を行うことが大事だ。

相手が答えやすい質問をする

相手が答えるまでに時間がかかると質問数が減る。そのため、共通点を見つけられる数も減ってしまう。それを防ぐには、相手が瞬時に答えられる質問をすることが大事だ。制限時間内に多くの質問ができるため、より多くの共通点を見つけやすくなる。

伝言ゲーム

お題を伝えていく「伝言ゲーム」も、コミュニケーションゲームの代表例だ。チームメンバーたちは横一列に並ぶ。その後、先頭の方から順番に隣の方へお題を伝えていく。アンカーの方が、正解すれば勝利となる。なお、伝言ゲームのコツは以下の通りだ。

伝える側のコツ

ゆっくり伝えることを意識すべきだ。早口だと誤った内容の言葉が伝わる。急がず慌てず伝えることが大事だ。

聞き手側のコツ

自分の思い込みを取っ払って聞くことが大事だ。「多分〇〇だろう」という思い込みは、その後の伝達ミスにつながる。したがって、相手が言っている言葉を理解しようとする気持ちが大事だ。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

社内研修で使えるコミュニケーションゲームとは?

ゲームといってもテレビゲームやスマホゲームではなく、研修に参加する者同士が、コミュニケーションを自然と図れるように促すためのものです。
コミュニケーションゲームには、ビジネススキルをアップできる要素も含まれています。
例えば、研修で学んだ知識を実践できるゲーム、ディスカッションやグループワークを活用するゲームなどがあります。
コミュニケーションゲームにも様々なものがあるので、研修内容に合わせて選んでみてください。

UMUの記事『【徹底解説】ゲーミフィケーションを学習設計に取り入れる』では、学習をより効果的にするために「ゲーミフィケーション」をいかに取り入れるか、設計するか、という点について、お役に立てる内容をご案内しているので、ぜひご覧ください。

コミュニケーションゲームの魅力とは?取り入れるべき3つのメリット

社内研修にコミュニケーションゲームを取り入れることで得られるメリットは、主に下記3つです。

  • 団結力アップ!短期間で仲を深められる
  • 仕事なのに楽しい!ゲーム感覚でスキルが身につく
  • 簡単に導入できる!会社側の負担が少ない

企業や社員にとって具体的にどのようなメリットがあるのか、それぞれ詳しく解説していきます。

団結力アップ!短期間で仲を深められる

ゲームをクリアするためには、チーム内での協力し合わなければいけません。
知らない人とでも積極的にコミュニケーションを取らなければいけないため、短期間で仲を深めることができるのです。
また、コミュニケーションを取れる相手は、同僚や同期など、対等な関係の人とは限らず、ゲームを通じて先輩や上司、役職がついている人にも遠慮せずに自分の意見を言いやすくなります。
若手社員も中堅社員も垣根なく取り組めるので、会社全体の団結力アップにもつながります。

仕事なのに楽しい!ゲーム感覚でスキルが身につく

「ゲーム」という言葉にワクワク感を覚える人は多いのではないでしょうか?
コミュニケーションゲームは、遊びながら研修の効果を高めることができます。
そのため、頑張ってスキルを身につけている感覚はなく、むしろ楽しく身につけられるので負担を感じづらくなります。
また、コミュニケーションゲームを取り入れることは、学びや気づきの機会を設けられるということです。
講師が一方的に情報を伝える座学研修では難しい、「自らが主体的に考えて行動する」が可能になります。

簡単に導入できる!会社側の負担が少ない

ゲームの内容にもなりますが、コミュニケーションゲームはあらかじめルールが決まっているので、簡単に導入することができるため、前準備にかかる労力や時間も抑えやすく、研修担当者にとっても負担が少ないといえるでしょう。
またコミュニケーションゲームの多くは、会社にある備品だけで実施できるためコストも抑えられます。
しかし、人材が少ない会社にとっては、導入するのが難しい場合もあるので、その際は外部のサービスを利用することも検討しましょう。

コミュニケーションはたくさんの人が働く企業にとって、円滑に業務を進めるために重要なスキルUMUの記事『コミュニケーション研修の目的とは?研修に取り入れたいゲーム3選』では、社内での交流をより深めるために行われるコミュニケーション研修はどんな目的で行うのか、またどのような内容にすればいいのかを詳しく解説。またコミュニケーション研修で定番の人気ゲームまで紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

コミュニケーション研修にゲームを取り入れる効果

コミュニケーション研修は、社員のコミュニケーション力を磨いたり、チームワークの強化、チームビルディングを行なったりすることを目的に実施されます。

コミュニケーション研修にゲームを取り入れると、なぜコミュニケーション力の強化やチームビルディングが進むのでしょうか。2つの視点で、ゲーム型研修の効果を紹介します。

自然なコミュニケーションが誘発される

ゲーム型研修を進めるなかでは、お互いにコミュニケーションを取る場面がたびたび発生します。座学研修のロールプレイングのように、「では、お互いに向かい合って……」といった強制的なものではなく、ゲームを進める過程で自然にコミュニケーションが発生する仕掛けになっているので、より自然なコミュニケーションが誘発されるのがポイントです。

自然なコミュニケーションを通じて、メンバーそれぞれの性格や特性をお互いに深く理解することで、日々の仕事のなかでもより適切な関わり方が可能になります。また、自分のコミュニケーションを振り返るうえでも、非常に有効です。

知識ではなく体感する

ゲーム型研修の多くは、体感型です。体感型であることは、ゲームを用いたコミュニケーション研修が目的達成につながる大きな理由です。体を動かしたり頭を使ったりしながら実際に体験することで、コミュニケーションやチームワークの方法論が、知識ではなく体感として浸透しやすくなります。

前述したような振り返りでも、ゲーム中の自然なコミュニケーションだからこそ、“普段の癖”がよく現れます。そのため、参加者にコミュニケーションや思考の癖を見直してもらううえで、納得感をもって進めることができます。

コミュニケーション研修に取り入れられる!おすすめのゲーム15選

コミュニケーション研修で取り入れられるゲームを15個ピックアップしました。概要と期待できる効果を簡単に紹介します。

人狼

「人狼」は、「村人」と村人に化けた「人狼」のチームに分かれて、推理や説得を通して勝利を目指すゲームです。村人チームは、全員が村人のふりをしているメンバーのなかから、誰が人狼なのかを探し出します。人狼チームは、自分の正体がばれないように巧みに嘘をつきます。

人狼ゲームを用いたコミュニケーショントレーニングは、対人関係を円滑にするスキルや自己主張スキルの促進効果が期待できるという研究結果も出ています。

基本ルール以外にさまざまなバリエーションがあり、1ゲーム10分程度で完結する「ワンナイト人狼」というルールもあるので、研修の目的やタイムスケジュールに応じて柔軟に取り入れることができるでしょう。

NASAゲーム

「NASAゲーム」は、チームメンバーとの合意形成を行なうゲームとして非常に有名なゲームです。ゲームは「月に不時着してしまった宇宙飛行士」という設定で、320km離れた母船へと戻るために、手元のアイテムに対して優先順位を決めていきます。

個人で優先順位をつけた後にチームで話し合い、なるべく妥協なく、合意のうえでチームとしての優先順位をつけていきます。NASAによる模範解答に最も近い解答を出したチームが優勝です。

チームでの話し合いにおいて、明確にそれぞれのコミュニケーションの癖が出るため、運営側からフィードバックしたり、後から振り返りを行なったりすると有効です。

意見が対立したときに、単なる多数決や諦めで結果を決めるのではなく、しっかりと話し合って合意を形成する力が身につきます。

ペーパータワー

「ペーパータワー」は、その名のとおり「紙のタワー」を作り上げるゲームです。クラフト紙等を用いて、チームごとに制限時間内にできるだけ高いタワーを作り上げます。

「どうやって紙を積み上げるか」「切ったり折ったりするべきか」といった作戦を練ったり、うまくいかないときに互いを気遣ってチームの雰囲気やモチベーションを保ったりすることで、チームでコミュニケーションを取りながら課題を乗り越えていくことの難しさと楽しさを体験できます。

NASAゲームと同じようにコミュニケーションの癖を振り返り、内省するうえでも非常に有効です。

条件プレゼン

「条件プレゼン」では、いくつかのグループに分かれて、事前に与えられたキーワードやテーマをもとにプレゼンを実施します。一番おもしろい、優れたプレゼンを行なったグループが勝ちです。

「想像力・発想力をフルに使ってさまざまなアイデアを出し合い、チーム内でコミュニケーションを取りながら最終的に1つの案に絞り込む」という企画のプロセスを体験できます。

ビズストーム

「ビズストーム」は、メンバー一人ひとりが企業の経営者となって業績を競い合うゲームです。経営を疑似体験することにより、経営戦略やマーケティング戦略の重要性を短時間で体感できます。

従来のリアル版に加えてオンライン版もリリースされており、感染症拡大防止のためにオンラインで実施したり、全国に参加者がいたりする場合におすすめです。

公式サイト:/

バースデイライン

「バースデイライン」は、10分前後で完結する手軽なコミュニケーションゲームです。

参加者はいくつかのグループに分かれて、グループ内で誕生日の日付順に前から並び替わります。ただし、ゲーム中に参加者は一切言葉を発してはいけません。筆談も禁止で、言葉を使わずにいかにうまくコミュニケーションを取れるかが試されます。

非言語コミュニケーションの難しさと大切さが学べるゲームで、研修の最初等にアイスブレイクやチームビルディングを目的として実施することもできます。

マナーストーリー

「マナーストーリー」は、ストーリーに沿ったクイズ形式で楽しくビジネスマナーを習得できるゲームです。ビジネスマナーを問うクイズに答えることでストーリーが進み、一定以上不正解になるとゲームオーバーになります。

受け身になりがちなマナー研修にゲーム要素を加えることで、参加者の集中力を維持する効果が見込めます。専用キットを用いて行ないますが、キットは購入だけでなくレンタルも可能です。

公式サイト:/%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9-%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0-%e6%9c%89%e5%90%8d%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9/

マネジメントゲームMG

「マネジメントゲームMG」は、40年前、まだベンチャー企業だったソニーが開発したボードゲームです。効果的な研修ゲームとして、今も国内外で高い人気を集めています。

ゲームでは、決算書の読み書き等の実務的なノウハウも含めて経営を疑似体験でき、経営に必要な意識や視点をしっかり学んでもらいたいときにおすすめです。近年、オンライン版も登場しました。

公式サイト:/

The 商社

「The 商社」は、3〜6人ほどでチームを組み、チームを1つの会社(商社)と見立てて、他チームとの交渉を繰り返しながら自社を拡大させていくゲームです。

他チームとの利害を調整するという交渉のプロセスを経て、「Win-Win」の関係を成り立たせることの重要性に気付くことができます。ゲームをうまく進めるにはチーム内の意見をまとめることも重要なので、合意形成のプロセスやリーダーシップの発揮を学ぶこともできます。

公式サイト:/%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9-%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0-%e6%9c%89%e5%90%8d%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9/

The Team

「The Team」では、ゲーム内で上司役・部下役を交互に体験することで、2つの視点からコミュニケーションにおける課題を発見できるカードゲームです。

なぜ「報・連・相」が大切なのか、なぜ部下にビジョンを伝える必要があるのか等、実際のビジネスで「部下」と「上司」、それぞれに求められることの意味を実感できるため、新入社員研修はもちろんのこと、マネージャー層向け研修でも活用できるゲームです。

公式サイト:/%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9-%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0-%e6%9c%89%e5%90%8d%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9/

働き方改革ゲーム

「働き方改革ゲーム」は、現在日本が国をあげて取り組んでいる働き方改革を、自分ごととしてとらえられるビジネスゲームです。参加者はいくつかの部門に分かれて、働き方改革に関連する数回の意思決定を経て、自社を強くすることを目指します。

ゲームを通じて、自分自身がどのような組織を作りたいか、何を大事にして働いているのかを考えることもできます。働き方改革を推進する立場にあるマネージャー層だけでなく、若手社員にもおすすめです。

公式サイト:/%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9-%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0-%e6%9c%89%e5%90%8d%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9/

The Shop

「The Shop」は、「お客様に支持されるお店」を作ることを目標として店舗の経営を行なうシミュレーションゲームです。1〜6人でチームを組み、経営のビジョンを設定し、経営の打ち手を選んで店舗の収益を増やしていきます。

ビジネスを俯瞰的に見るスキルや、経営方針を実践するための適切なコミュニケーションスキルが養われるため、店長候補や新任店長、マネージャー、スーパーバイザー向けの研修で活用できるゲームです。

公式サイト:/%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9-%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0-%e6%9c%89%e5%90%8d%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9/

The Manager

「The Manager」は、企業経営シミュレーションゲームです。ゲーム内では、財務諸表を軸として資金調達や人材への投資を行ない、企業の成長を目指します。

利益を上げるサイクルを効率的に回す方法や、チームの財務体質を正確に把握する方法等、高度な内容を学べるゲームです。また、リーダーとしての主体性や責任感、マネジメント能力等も身につけられます。

公式サイト:/%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9-%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0-%e6%9c%89%e5%90%8d%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9/

ジェスチャーゲーム

回答者が与えられたお題をジェスチャーで伝え、ほかのメンバーがそのジェスチャーを見て正解を導き出すという、TV番組等でもお馴染みのゲームです。数名で1つのチームを組み、チーム対抗で制限時間内にいくつ正解できるかを競います。

きわめてシンプルなゲームですが、積極的に伝えようとする力、限られた情報から答えを導き出す発想力等が鍛えられます。

レゴ®シリアスプレイ®

「レゴ®シリアスプレイ®」は、レゴ・ブロックで作品を作ることで、メンバーそれぞれの本音を引き出し、共有するゲームです。各々が「自分自身の核心」や「業務」等をテーマに作品を作り、それを使って物語を紡ぎ、ほかのメンバーに自分の内観を伝えます。

ビジネスにおいては論理が最優先されがちですが、感性で物事をとらえ直し、それをまた論理で考えてみると、問題解決につながることがあります。

お互いを深く知ることによるチームビルディングの効果だけでなく、組織のビジョン作りや新たな戦略の立案にも役立つゲームです。

公式サイト:/

詳細については、次の URL をご覧ください。……

チームビルディングの概要とメリット

チームビルディングとは

チームビルディングとは、チームメンバー全員が気持ちを一つにして、それぞれの個性や能力を最大限発揮して共通の目標に向かっていける強い組織を作る手法のことです。

チームビルディングによってチームメンバーのコミュニケーションが活発になることで、業務効率が上がるなどのメリットがあります。

チームビルディングにゲームを行うメリット

チームビルディングにゲームを行うメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 楽しみながらメンバー間の交流を深めることができる
  • 比較的低コストで実施できる
  • 多くが場所を問わずに実施できる
  • チームで連携して何かを達成する経験が得られる

比較的手軽に低コストで実施でき、メンバー間のコミュニケーションをとりやすいことが、チームビルディングにゲームを取り入れる利点だと言えます。

短時間でできるゲーム6選

条件プレゼンゲーム

  • 人数:1チーム4~6名
  • 時間:30分程度~
  • 効果:ディスカッション力の向上など

各チームにいくつかのキーワードを渡し、それら全てを盛り込んだプレゼンをするというゲームです。

ポイントはキーワードの先入観にとらわれない斬新なプレゼンがいかにできるかです。

想像力を働かせて最も思いもよらないプレゼンを行なったチームが勝利します。

時間がかからず用意するものも特にない一方で、頭をフルに使って取り組めるゲームだと言えるでしょう。

似顔絵当てゲーム

  • 人数:1チーム5~6名
  • 時間:30分程度~
  • 効果:アイスブレイクなど

チームメンバーが書いた似顔絵を見て、誰の似顔絵かを当てるゲームです。

チームの一人を解答者にし、後のメンバーを似顔絵を描く担当とします。

絵を描くプレイヤーはそれぞれがお互いの絵を見ることはできません。

お題となる人物は、なるべくチームメンバーか、チームメンバーに関りの深い人とすると、盛り上がりやすいでしょう。

お題を用意するのが難しい場合は、有名人などをお題にしてもOKです。

嘘つき当てゲーム

  • 人数:1チーム4~6名
  • 時間:30程度~
  • 効果:対人コミュニケーション力の向上など

チームに分かれて、他チームの誰が嘘をついているのかを当て合うゲームです。

各チームは1名ずつ嘘をつく人を決めます。

そして選ばれたチームに対し、決められたお題に関する質問を各チームがしていき、嘘つきを見破るのです。

発言の内容はもちろん、発現中の仕草や表情を確認しながら取り組むことで洞察力を養うことが期待できます。

相手の表情や雰囲気に注意することは、コミュニケーションをとるうえでも大切なことだと言えます。

質問ゲーム

  • 人数:2名でペアを作る
  • 時間:30分程度
  • 効果:親近感の醸成や対話力の向上など

相手に質問をして答えてもらうことで、どれだけ相手のことを知ることができるかを競う、とてもシンプルなゲームです。

1分程度の短い制限時間を設けることで、相手のことを短時間で知るためにどういう質問をするか工夫する力が養えます。

こういった質問力や対話力は、社内外を問わず人と関わる際に重要となるスキルです。

陰褒めゲーム

  • 人数:1チーム4~8名
  • 時間:30分程度~
  • 効果:信頼関係の強化など

チームメンバーの一人を、その人がいないと仮定してチームメンバーでなるべく沢山褒めるゲームです。

チームメンバー全員で内側を向いて円を作って座り、一人だけは外側を向いて座ります。

内側を向いた人は外側を向いた人の長所や魅力について2~3分間語りましょう。

必ず、メンバー全員が褒められる機会を作ることが大切です。

グッドオアニュース(グッドアンドニュー)

  • 人数:1チーム4~最大10名
  • 時間:30分程度~
  • 効果:相互理解の促進や心理的安全性の醸成など

話し手が24時間以内にあったできごとについて1分間で語り、利き手は話が終わった後に必ず拍手をするというゲームです。

話す内容は24時間以内の良かったことや発見したことが中心ですが、思いつかない場合は24時間以内に限定せず、最近の出来事を話すようにしましょう。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

コミュニケーションゲームとは?

コミュニケーションゲームとは、メンバー間のコミュニケーション促進を図るゲームです。コミュニケーションゲームを行うことで、メンバー同士の相互理解が深まり、活発なコミュニケーションが期待できます。コミュニケーションゲームのなかには、チーム対抗戦やチームで協力しないとクリアできないものなど、チームワークを試されるものも多く、一体感や信頼関係のある組織づくりにも役立ちます。 

職場におけるコミュニケーションの重要性とは?

企業が円滑にビジネスを進めていくうえで、社員同士の良好なコミュニケーションは欠かせない要素です。ビジネスシーンでは、組織内の上司・部下・同僚など、立場や価値観の異なるさまざまな人との関わり合いがあります。

チームメンバーや他部署との連携がうまくとれず、情報共有が不十分と、顧客からの問い合わせさまざまな問題が発生するリスクがあります。こうした事態を避けるためにも、社内コミュニケーションを活性化させることが重要です。社内コミュニケーションがうまくいっていると、社内連携や情報共有が活発になり、業務効率化や生産性向上に繋がります。人間関係が良好になることで、社員のモチベーションやエンゲージメント向上にも一役買ってくれるでしょう。

コミュニケーションゲームを社内研修に取り入れるメリット

コミュニケーションゲームを社内研修に取り入れることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に解説していきます。

1.自然なコミュニケーションが発生しやすい

コミュニケーションゲームの多くは、複数人で協力してゴールをめざす設計になっています。与えられた課題をクリアするためには、チーム内で戦略を立てたり、それぞれの適正に合わせて役割分担したりしながら、ゲームを進めていくことが必要です。カジュアルなやりとりのなかで、自然なコミュニケーションが生まれます

2.楽しみながら同じ体験を共有できる

最近では、参加者が自ら主人公となり、謎解きやメンバー同士の心理戦を楽しむ体験型ゲームの人気が高まっています。従来の企業研修といえば、参加者が席に座り講義を聴く座学での勉強が中心でした。体験型学習であるゲームであれば、みんなで楽しみながら座学では得られない気づきを体得しやすいでしょう

3.お互いの理解が深まる

ゲーム中の活発なコミュニケーションを通じて、お互いの性格や特性をより深く理解できるようになります。ゲームはリラックスして臨めるため、その人の「素」が現れやすいものです。「まじめそうなのに意外と冗談好き」「細かい気遣いができる人だな」など、普段の仕事だけではわからない、相手の新たな一面を知ることができるでしょう

詳細については、次の URL をご覧ください。……

コミュニケーション研修のメリットとは

コミュニケーション研修を行うことには、様々なメリットがあります。

関係性の構築

コミュニケーション研修を行い社員同士の交流が活発化することで、社員間の関係性が良好になります。社員の間で良い関係性が築けていると、仕事に行くのが楽しくなりますし、「仲間のために頑張る」という一つのモチベーションにもなります。

効率的な情報共有

研修を通してコミュニケーションの大切さやコミュニケーションのコツをつかめると、情報の伝達がスムーズに行き渡るようになります。そのため、業務上の情報共有も効率よく行うことができ、業務効率改善につながります。

規律の遵守

常日頃から社員同士でよくコミュニケーションをとるようにしていると、社内のルールや決まりを普段から意識することができます。「これくらいいいか」と言って細やかな報告・連絡・相談を怠ってしまうと、社内ルールの認識のズレがどんどん開いていき、気がついたら大きな弊害となってしまうことも。普段から綿密なコミュニケーションができるよう、研修でコミュニケーションスキルを磨いていきましょう。

相互理解

コミュニケーション研修ではお互いの会話を通してそれぞれのメンバーの性格や傾向を知ることができます。相手のことをよく理解して得意・不得意などを把握しておくと、日々の業務で誰にどの仕事を頼めば良いか、どのような仕事を楽しんでやってくれそうかなどが明確にわかるようになります。それは結果として、業務全体の効率化にもつながります。

離職率の改善

カオナビの「社内コミュニケーションと働き方」に関する調査によると、「顔と名前を覚えられている」と認識している人たちは、そうでない人たちに比べ、離職意向の高い人の割合が約3割も低いことが分かりました。このように、コミュニケーションと離職率は密接な関わりを持っています。研修を通じて社員のコミュニケーションの機会を設けることは、離職率の低下にも影響を与えているのです。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード コミュニケーション ゲーム コミュニケーション ゲーム

けいじチャンネル, ゲーム, 話題, ニュース, PS5, PS4, Game room, マッチング, コジマプロダクション, 新作

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button