Entertainment Japanese news daily

manny pacquiao| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

manny pacquiao, /manny-pacquiao,

Video: Manny Pacquiao vs. Ricky Hatton Full Fight Replay

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

manny pacquiao, 2022-07-23, Manny Pacquiao vs. Ricky Hatton Full Fight Replay, Subscribe to our YouTube channel 👉 http://bit.ly/DAZNBoxingYouTube

Download the DAZN app now 👉 http://bit.ly/DAZNYoutube

Follow DAZN Boxing On Social Media 👇
Twitter: https://www.twitter.com/DAZNBoxing
Instagram: https://www.instagram.com/DAZNBoxing
Facebook: https://www.facebook.com/DAZN

The DAZN Boxing Show ► https://bit.ly/3EQ70HN
DAZN Rewind ► https://bit.ly/32iAaRT

#DAZN #DAZNBoxing #Boxing #rickyhatton #mannypacquiao, DAZN Boxing

,

来歴[編集]

  • 1978年12月17日にフィリピン・ミンダナオ島中部のブキドノン州キバウェ英語版で母親と2度目の結婚相手との間に6人兄弟の4男として産まれる。一日一食の日もあるほど貧しい野菜農家であった。パッキャオが初等学校6年の時、父親が別の女性と不倫しているのを母親が見つけ両親が離婚[3]。母親が工場のパートタイムや野菜の路上販売で一家の家計を支えるようになる。パッキャオはミンダナオ島南部の南コタバト州ジェネラル・サントスの初等学校を卒業するが、貧困のため中等学校を中退し(後に2007年2月に高校卒業認定試験に合格している)[4]、家計を助けるため路上でフィリピンのパン「パン・デ・サル」や花や煙草を売っていた。建設作業員として働いていたこともある[5]
  • 2001年6月23日にIBF世界スーパーバンタム級王者のレーロホノロ・レドワバに挑戦者予定だった選手2人が相次いで怪我で欠場となった際、トレーナーのフレディ・ローチにパッキャオが代役として急遽抜擢され、KO勝ちで王座を奪取したことが、後に一試合で2,000万ドル(20億円)以上を稼ぐ名ボクサーへの大きな一歩となった。
  • 2010年に当選してから2期連続でフィリピン議会の下院議員を務め、2016年からは上院議員を1期務めていた。2022年にはフィリピン大統領選挙に出馬したが落選した。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

試合までの経緯[編集]

2009年に対戦交渉を行って以来、パウンド・フォー・パウンドの世界最強決定戦として期待されながらも実現に至らなかったフロイド・メイウェザー・ジュニアvsマニー・パッキャオの経緯。実現の障害になっていたのは「ドーピング検査の方法」「ファイトマネー等の収益分配方法」「パッキャオのプロモーターであるトップランク社CEOボブ・アラムとメイウェザーの長年の確執」「試合を中継するアメリカのテレビ局HBOショウタイムの放映権問題」の4つが最大の要因となっていた。

2009年12月4日、パッキャオvsメイウェザーについて微調整が必要でまだ契約書にサインはされていないが原則合意に達したと報道がある。メイウェザーと交渉していたボブ・アラムが『試合日は2010年3月13日で、ファイトマネーはそれぞれ最大で5000万ドル。ルイジアナ・スーパードームカウボーイズ・スタジアムMGMグランド・ガーデン・アリーナ、ウィン・カジノの近くに建設予定の3万席のスタジアムなど複数の会場が候補に上がっている』等の具体的な詳細をマニラでパッキャオに説明し、パッキャオが地元テレビ局のGMATVで「3月13日で問題ない」と話したことが報じられる[6]

2009年12月25日、パッキャオのドーピング薬物使用を疑うメイウェザーがオリンピック水準のドーピング検査機関、全米アンチドーピング機関(USADA)による抜き打ちドーピング薬物検査を要望するが、パッキャオは試合日に近い採血は体調を悪くする可能性があるとして試合前30日以内の採血を拒否。トレーナーのフレディ・ローチは試合前7日以内の採血は受け入れられないとコメントした。この点が唯一の障害となり交渉が決裂、アラムが「It’s over」と3月に向けての交渉は終了宣言をした[7]。メイウェザーの言い分『ネバダ州管轄の試合直前と試合後の尿検査だけではヒト成長ホルモンのような検出できないドーピング薬物があるので抜き打ちの血液検査が必要である』[7]。パッキャオの言い分『USADAは(アメリカの検査機関なので)メイウェザー寄りの検査機関である。血液検査は受け入れるが試合直前の採血は体調に悪影響を及ぼすことが有りえるので試合前30日以内の採血は拒否する、ただし尿の抜き打ち検査はいつでも受け入れる』[7][8]。2005年3月にエリック・モラレスと初対戦した際、パッキャオは試合の1ヶ月前にネバダ州アスレチック・コミッションが実施する血液検査を含む健康診断を受けたが、試合2日前に「1ヶ月前の検査結果のデータを全て紛失してしまったため」という理由で、パッキャオ側に何も落ち度が無いにも関わらず再び健康診断を受けることとなった。しかしパッキャオは採血の30分後に目眩と体調不良に陥り、医者からは水分を摂ることを薦められたものの、計量前日であるため水分補給も出来ず、試合ではいつものパワーを発揮できずに敗れたとパッキャオは自身の見解をインタビューで述べた事があるが[9]、このことがきっかけでパッキャオは血液検査と検査団体に不信感を持つようになった。

2010年1月7日、両陣営はこの問題を解決するため元裁判官の調停で話し合うことになり、血液検査の期間をメイウェザーは14日前、パッキャオは24日前とお互い歩み寄りを見せるがこれ以上は妥協することできず再び交渉が決裂した[10]。ボブ・アラムは再び「試合は無くなった」と交渉終了宣言を出した[11]
メイウェザーがパッキャオはドーピング薬物を使用していると繰り返し発言したため、パッキャオは名誉毀損で損害賠償を求めメイウェザー、メイウェザーの父親、メイウェザーの叔父、オスカー・デ・ラ・ホーヤらを訴えた[12]

パッキャオがジョシュア・クロッティに勝利後、パッキャオvsメイウェザーの交渉が再開される。アラムが2010年11月13日にMGMグランド・ガーデン・アリーナとカウボーイズ・スタジアムを仮予約。アラムは交渉をスムーズに進めるために、障壁となっているメイウェザーへの訴訟をパッキャオが取り下げる事、パッキャオへの血液検査要求をメイウェザーが断念する事を希望した[13]

2010年6月30日、パッキャオが試合当日までの血液検査に同意したこと及びメイウェザーが試合を行う条件として要請していた4000万ドル以上のファイトマネーを確保できたことで全ての問題が解決し、両陣営のマネージメントも試合を行うことに同意したため、あとはメイウェザー本人が契約書にサインをすれば契約が完了することをアラムが発表した。「11月13日に向け準備をしているが試合が実現するかについてはメイウェザーがこの試合を本当にやりたいかどうかに懸かっている。我々としてはいつまでも待つつもりはない、7月中旬までにどうするのか決めて欲しい。」としてメイウェザーに試合契約書にサインをするまでの猶予期間として7月15日までの2週間を与えた[14][15]

2010年7月15日、アラムはパッキャオ陣営がメイウェザーが試合の契約書にサインをするまでの期日を金曜日深夜まで延長したことを発表。同時にトップランク社のウェブサイトに金曜日深夜12時まで時を刻む『”マネー”タイム:メイウェザーの決断』と題したカウントダウン時計を設置した[16]

2010年7月17日、アラムがメイウェザー陣営から何も返答がなかったこと及び11月13日にメイウェザーとの対戦が完全に無くなったことを発表。

2010年7月19日、メイウェザー陣営のトップであるレナード・エレーベがパッキャオvsメイウェザーの交渉が行われていたこと自体を否定、アラムはマスコミに嘘を付いているとした[17][18]。アラムはこれに対して、交渉があったからこの件に関しての報道規制を敷いていたんだと反論、同様に交渉があったことを否定していたゴールデンボーイプロモーションズのリチャード・シェファーとオスカー・デ・ラ・ホーヤを、デ・ラ・ホーヤが以前「試合の契約は本当に締結間近だよ」と発言していたことを引用して非難した。デ・ラ・ホーヤはこのアラムの指摘に対して、パッキャオvsメイウェザーについて何度も同じ質問をされて飽き飽きして嫌気が差していたので、その時にそう発言してしまったのだと思うと話した上で、あらためて「交渉は終わっていた、交渉は無かった」とコメントした[19]

2010年7月26日、これまでコメントを求められても沈黙を守っていたHBOスポーツ社長(当時)ロス・グリーンバーグが「この試合が2010年に行われないのは嘆かわしいことです。私は5月2日から両陣営の代表者と慎重にこの試合をまとめようと交渉を重ねていました。上手くいけば、いつの日かこの試合は実現するでしょう。」と交渉があったことを認める声明を発表した[20]。この一連の騒動の後、メイウェザーはインタビューで60日前に試合をしたばかりなので現在は休息中であり何も急ぐ必要はないし今のところボクシングについて考えられないと話した[21]

2011年7月8日、騒動から約一年後、パッキャオ陣営の最高顧問マイケル・コンツが実際にはパッキャオは14日前までの血液検査に同意したのであって試合当日までの血液検査には同意していなかったことを認めた[22]

2012年1月11日、メイウェザーがツイッターで「マニー・パッキャオ、5月5日に試合をやろう。世界中が見たがっている試合をやろう」とツイートする。しかし、ボブ・アラムが2011年11月12日のマルケス第3戦でカットしたパッキャオの傷が回復していない、MGMグランド・ガーデン・アリーナより大きな会場の建設を待ちたいなどと発言[23]

2012年1月19日、メイウェザーがパッキャオに直接電話をかけて「パッキャオにファイトマネー4000万ドルを用意するが、PPVボーナスは100%全てメイウェザーのものとなり、パッキャオにはゼロ」という条件を提示するが、パッキャオはPPVボーナス無しに不快感を示し、公平な50%-50%の分配でなければ対戦したくないとメイウェザーの提案を拒否。対案としてパッキャオは「試合の勝者が収益の55%獲得、敗者は45%獲得」を提案するが、これをメイウェザーが拒否したことで交渉は決裂した
[24]

2013年2月、メイウェザーがアメリカのテレビ局ショウタイムと6試合の独占契約を締結。メイウェザーが、パッキャオと関係の深いテレビ局のHBOとライバル関係にあるショウタイムと契約を締結したことに加えて、両者のプロモーターであるトップランク社とゴールデンボーイプロモーションズが”冷戦”と呼ばれる深刻な対立関係に陥ったことで、より一層対戦実現が困難となった[25]

2013年11月、パッキャオが期間限定無しの抜き打ちドーピング薬物検査に初めて同意した。これはパッキャオvsブランドン・リオスにおいて検査団体のVADAにより実施されたもので、フィリピンのキャンプ中に2回、マカオ入りしてから試合4日前に1回の合計3回抜き打ちドーピング薬物検査が実施されたことが確認されている[26]。これによりパッキャオvsメイウェザー実現に向けて大きな障害となっていた抜き打ちドーピング薬物検査の実施についてはクリアされたことになった。

2013年12月、メイウェザーが、過去に報酬未払いなどをめぐり裁判沙汰になってから犬猿の仲であるボブ・アラムとパッキャオ戦ついて「パッキャオ戦が実現する唯一の道は、パッキャオがボブ・アラムの元を離れることだ。俺はもう2度とアラムと一緒にビジネスをするつもりはない」と断言する[25][27]

2014年5月、パッキャオがトップランク社と2年間の契約延長にサインをする。前述のようにメイウェザーがトップランク社のボブ・アラムと犬猿の仲であることや、両者が所属するテレビ局の関係から、パッキャオが契約延長したことで対戦の実現は非常に困難となった。アメリカYahooスポーツの記者は記事の中で「パッキャオが契約延長のサインをしたことは『パッキャオvsメイウェザーの死亡診断書』にサインをしたようなものだ」と対戦実現の絶望感を表現した[28]

2014年9月13日、メイウェザーvsマイダナ第2戦の試合後、リング上のインタビューでパッキャオ戦のことを質問されメイウェザーは「これから陣営と話し合って将来のことを考える。もしもパッキャオ戦の話が出て来るなら、実現させようじゃないか」と答えるが、試合後の記者会見場では「(パッキャオのことを聞く記者に向けて)あなた達は何度でも同じ質問をすることが出来るけども、何度も同じ返答を聞くはめになる。私のビジネスモデルのボスは私自身だ。仮にパッキャオ戦があるとしてもショウタイムが独占放送して、メイウェザー・プロモーションズのプロモート下で行われる必要がある」と再び態度を硬化させた[29][30][31]

2014年10月、メイウェザーの父親のメイウェザー・シニアがインタビューにて、メイウェザーから特別な言葉があったわけではないとしながらもパッキャオ戦について「その試合は行われることになる。私を信じろ。確実に行われる」と語った[32]。しかし、その2日後メイウェザー自身が「オヤジは全く間違っている。俺はオヤジにメイウェザーチームに残って欲しいけど、俺と情報を交換しないで事情を知らずに勝手に話し続けるなら、俺は新しいトレーナーを雇ってオヤジをチームから追い出すだろう」と否定した[33]

2014年11月23日、パッキャオがクリス・アルギエリに勝利後、リング上のインタビューでメイウェザー戦について「ぜひやりたい。来年、彼と戦う準備は出来ている」と述べる[34]

2014年12月12日、ショウタイムのボクシング中継中のインタビューで、メイウェザーが「もちろん、2015年5月2日にパッキャオと戦いたい。数年前パッキャオが血液検査を拒否するなどの問題があったけど、俺は公平な場が欲しいだけだ」「今、パッキャオはマルケスとブラッドリーに負けてとても厳しい状況にある。パッキャオはペイ・パー・ビューの売り上げがとても低くなっているから必死なんだろう。ずっと昔から俺はこの試合がしたかったんだ」「俺は待っているんだ。ショウタイムのボクシング中継番組『チャンピオンシップ・ボクシング』がNo.1だからこの試合はショウタイムのペイ・パー・ビューで実現する必要がある」「フロイド・メイウェザーは絶対にどんな相手からも逃げることはない。ボブ・アラムは試合実現を妨害している。ここ数年間、俺たちは水面下で試合を実現させようとしてきた。ファン達は一方の言い分にしか耳を傾けないので騙されてるんだ。話し合う時が来た、試合がしたい、実現させよう。5月2日にフロイド・メイウェザーvsマニー・パッキャオをやろう」「マニー・パッキャオとボブ・アラムは逃げ続けてきた。あいつ達がファンや批評家を騙しているのにはうんざりしている。以前、試合を実現させようとしたが、あいつ達が抜き打ちの血液検査と尿検査を嫌がったから試合が実現しなかったんだ。4000万ドルでオファーした時もあいつは試合をしたがらなかった。それからあいつは2度負けた、それなのに今でもあいつはその時と同じ金額で試合をしたいと言って来ている。それでは試合は実現しないぜ。ファンのために試合を実現させよう。5月2日にメイウェザーvsパッキャオだ」と[35][36]、今まで試合が実現しなかったのは血液検査を拒否し、ファイトマネーで譲歩しなかったパッキャオ側に原因があると批判した。その数日後、パッキャオは「メイウェザーは好きな額を受け取ればいい。今年1月にはチャリティーマッチをやろうと言ったくらいで、お金は問題ではない」と反論し、「これはファンのためであり、ボクシングのためでもある」と話し、メイウェザーとの対戦に意欲を見せた[37][38][39]

2014年12月25日、トレーナーのフレディ・ローチが、両陣営の交渉が順調で契約完了寸前だった2010年頃のことを振り返った。当時、パッキャオは試合前に血液を抜かれることで力が落ちると信じていた。血液検査の問題があったので、最初の交渉がうまくいかなかったことは私たちの落ち度である。その後も手を尽くしたが、パッキャオとの試合についてメイウェザーが頑なに沈黙してしまった、と述べた[40]

2015年1月1日、パッキャオ本人が自身の公式インスタグラムにて「メイウェザーはよく自分のライフスタイルや色々自慢するけど、俺には関係ない。俺は彼が試合の契約書にサインをするのを待っているんだ」と挑発すると、数日後にメイウェザーはツイッターにプライベートジェットとスーパーカー数台を収めた画像を投稿し「俺の世界へようこそ」と挑発に応じた[41][42]。この他にもパッキャオはツイッターで「メイウェザーよ、ボクシングペテン師になるなよ。ファンが見たがっている試合をやろう。彼らは十分に長い間待った」や「俺はフロイド・メイウェザーに簡単に勝つことができると信じている」などの挑発的な投稿をメイウェザー本人のアカウントへ向けて行った[43][44]

2015年1月13日、ボブ・アラムが「パッキャオがメイウェザー戦の条件に合意しメイウェザー側の代表者も合意したが、メイウェザー本人の合意は得られていない」とコメント[45]。しかし、ショウタイム副社長スティーブン・エスピノサは「メイウェザーはパッキャオと戦いたがっているが、ショウタイムとHBOの間でディレイ放送に関する契約で問題があるため最終合意に達していない」とコメントした[46]

2015年1月23日、ボブ・アラムが「全て完了した。我々は全ての契約にサインをして、全ての条件に合意した。メイウェザー側も合意したと聞いている。テレビ局同士も合意した。しかしメイウェザーだけは契約にサインをしないんだ」「メイウェザーはサウスポーと戦いたく無いのだろう。パッキャオは彼にとって最悪な対戦相手だ。負けるのが怖いんだろう」とメイウェザーのサイン待ちである事を明かし、サインをしないメイウェザーを責めた[47][48]。しかし翌日、エスピノサが「アラムは多くの不正確な発言をしている、メイウェザーがサインをしようにも契約書が存在しないんだ。アラムもそれをわかっている。メイウェザーはCBS会長レスリー・ムーンベスとマネージャーのアル・ヘイモンそして私に試合を実現したいと伝えている。順調に進んでいるよ、でもまだ契約書は無いんだ。それにHBOとショウタイムにはまだ未解決の問題があるからね」と契約書自体がまだ作成されていない事を明かした[49][50]

2015年1月24日、パッキャオのアドバイザーのマイケル・コンツが、メイウェザー戦が決裂した場合はパッキャオが5月30日にアミール・カーンとイギリスかアブダビで対戦する事が計画中であるとコメントした[51]

2015年1月27日、フロリダ州マイアミで行われたプロバスケットボールNBAの試合をパッキャオとメイウェザーが観戦。ハーフタイムで短い時間ながら会話をかわし、互いの携帯電話番号を交換した。2人はこれまでに個人的に会ったことがなく、2001年のメイウェザーのアンダーカードにパッキャオが出場したことがあるというのが唯一の接点だった。両者がどんな会話をしたのかは明らかにされていない[52][53][54]。試合終了後、メイウェザーがパッキャオに電話をかけ、パッキャオの宿泊するホテルに出向いて、対戦についての話し合いを行った[55][56]

2015年1月30日、アメリカのゴシップサイトTMZがパッキャオvsメイウェザー戦の合意を報じたのを皮切りに、アメリカメディアはこぞって一両日中にパッキャオvsメイウェザーの交渉は成立するだろうと伝え、ボブ・アラムも最大のネックになっているテレビ放映権の問題で、ショウタイムとHBOが合意した、数日中に試合の契約が締結するだろうと明言した[57][58]。しかし翌日、メイウェザー本人が自身の公式インスタグラムにて、ヤシの木の間につるしたハンモックに寝転んでくつろぐ写真と共に「ゆっくりとリラックスして、良い天気とヤシの木とピニャ・コラーダを楽しんでいるよ。試合についての嘘が垂れ流しされ続けているけど、俺はプライベートジェットで世界中を旅行し続けるだけさ」と投稿しパッキャオ戦合意報道を否定した。エスピノサも「試合が決定したと報道されているが全く困惑しているよ。契約が締結間近でないことは関係者ならみんな知っている。トップランクの弁護士でさえ解決する必要がある重大な問題があると言っているのに、なぜアラムが数日以内に試合が決定すると言ってるのか理解しがたい」とコメントした[59]

2015年2月2日、ボブ・アラムが「10分で解決するべき問題があっても時間がかかりすぎている。こちらが一つの事案を送ると、向こうは他の問題も加えて送り返して来る。5月2日まで時間が無いのに急いでるように感じないんだ。酷いもんだよ」「ある問題が浮上してるんだが、もしメイウェザー側が真剣にこの試合を実現させる気があるのなら大した問題ではないはずなんだ。彼らは遊んでるのかもな。堂々巡りでもうわからくなった。メイウェザーは試合をしたく無いじゃないかな」と真剣さが感じられないメイウェザー側に苛立ちを見せた[60]

2015年2月5日、ボブ・アラムが「4つの問題があったが、その内2つは解決した。今は残り2つに取り組んでいるが、土壇場になってなにか起こらない限り解決するだろう」と発言するも、エスピノサは「選手間にもテレビ局間にも重大な問題が残ったままだ。見通しは明るいが合意したと言うには少し早い」と発言した[61]。トップランク社長でボブ・アラムの義理の息子でもあるトッド・デュボーフが、アラムが公の場でありもしない話をする事は交渉の妨げになる、しかし怒って言い聞かせてもアラムが聞かないのでお手上げ状態だとコメントしたことが報じられると、これ以降アラムが公の場でこの件に関して発言する事が減る[62]

2015年2月15日、マディソン・スクエア・ガーデンで行われた第64回NBAオールスターゲーム2015を観戦したメイウェザーが試合中に行われたインタビューの中で、英日曜紙サンデー・テレグラフのパッキャオが契約にサインしたと報じたことや、長らく待たれている対戦の契約が事実上結ばれたという世界的な報道に対し、「それは事実ではない。俺はまだサインしていないし、彼もまだだ」「ただの憶測や噂だ。とはいえ、対戦できることを期待している」と語り、パッキャオとの対戦を希望していると語ったものの、両選手がともに試合の契約にサインはしていないと明かした[63][64]。パッキャオもフィリピンの取材で契約書がまだ作成されていない事を認めた[65]

2015年2月17日、MGMグランドのインターナショナル・チェアマンで最高経営責任者のジム・マーレンが、パッキャオvsメイウェザー戦を見据えて「我々はビッグ、ビック・ファイトの成立を願っている。もし実現すれば、最高のカードになるだろう」とメディアにコメントし、5月2日の興行開催を前提にMGM・ガーデン・アリーナを予約していることを明かした[66]。またトレーナーのフレディ・ローチが、「もうほとんど時間はない。8週間が必要だ。窓はどんどん小さくなっている」と5月2日の対戦実現に向けて期限が迫っていることと、近いうちに実現が決まらなければ、両選手が万全の状態で試合に臨むのは難しいとコメントした[67]

対戦決定後の概要から試合まで[編集]

2015年2月20日、メイウェザーが自身が投資しているソーシャルメディアのShotsに、メイウェザーがサインした契約書の写真を掲載し、2015年5月2日にMGMグランド・ガーデン・アリーナでメイウェザーvsパッキャオの対決が実現することを正式発表した[68][69]

この試合はWBAWBCWBO世界ウェルター級王座統一戦として行われ、HBOとショウタイムの合同ペイ・パー・ビュー生中継、試合で使用するボクシンググローブはメイウェザーがグラント製、パッキャオはレイジェス製を着用し、再戦条項は無し。ペイ・パー・ビュー中継されるのはメインのメイウェザー対パッキャオを含めて3試合で、残りをトップランクとメイウェザー・プロモーションズが1試合ずつ提供。テレビ中継の実況はHBOのジム・ランプリー、解説はHBOのロイ・ジョーンズ・ジュニアとショウタイムのアル・バーンスタイン、選手のインタビューはHBOのマックス・ケラーマンとショウタイムのジム・グレイ。選手紹介は世界二大リングアナウンサーであるマイケル・バッファージミー・レノン・ジュニアが競演し、HBO側のバッファーがパッキャオを、ショウタイム側のレノンがメイウェザーをコールする。興行タイトルは『メイウェザーvsパッキャオ』と格上・王者扱いのメイウェザーの名前が先に冠され、格上・王者が後となる試合の入場順とリングアナウンスでもメイウェザーが後。薬物検査はメイウェザーが希望するUSADAが行う。ファイトマネーの収益分配はメイウェザー60:パッキャオ40になるなど、メイウェザーがAサイド(主役)として君臨し、パッキャオがBサイド(相手役)になることを承諾して全面的に譲歩した形となった[70]

実現に際して、47戦全勝を誇るメイウェザーは「マニーと直接会って話し合う決断をしたことが契約に結びついて嬉しい。俺はTBE(史上最高)だ。この試合は俺がスキルを見せ付けて勝つことになる。マニーはこれまで他の連中が47度に渡って出来なかったことをやろうとするだろうが、それは成功しない。彼は48番目の犠牲者になる」となどとコメントした[71]。一方パッキャオのトレーナーのローチは「フロイドはせいぜい今のうちにAサイドの立場を楽しんで欲しいね。5月2日になったら、マニーが奴を失墜させることになるからね」とコメントした[72]

2015年3月11日、ロサンゼルス・ダウンタウンにあるL.A.ライブ・ノキアシアターでパッキャオvsメイウェザーの発表記者会見が行われた。ステージに上がったのは両選手のほか、フレディ・ローチ(パッキャオのトレーナー)、レオナード・エレルベ(メイウェザー・プロモーションCEO)、ボブ・アラム(トップランク社CEO)、スティーブン・エスピノサ(ショウタイム・スポーツ副社長兼CEO)、ケン・ハーシュマン(HBOスポーツ社長)、リチャード・シュトゥルム(MGMリゾート・インターナショナル社長)。試合まで日数が少ないことからツアーという形式を取らず、記者会見はこの日だけの開催となった[73]。会見では試合実現まで長引いた理由がメイウェザーとアラムの確執と言われている事に対してアラムが言及し「そんな事実はない。フロイド、私が恋しかっただろ?」と言って場内の笑いを誘った後、アラムとメイウェザーが握手をかわし、メイウェザーも「俺は自分がボスになりたかっただけで、トップランクに対してもボブに対しても何も無いよ」とコメントした[74]

2015年3月17日、パッキャオvsメイウェザーの勝者にWBCが特製“エメラルド・ベルト”を贈呈する事を発表。またWBAも勝者に特製トロフィー「マン・オブ・トライアンフ」を贈呈することを発表した[75][76]

2015年3月19日、マイケル・コンツが、ドーピング検査を失格した場合の500万ドルの罰金をメイウェザー陣営が受け入れることを拒否した事を明かした。これに対してメイウェザー・プロモーションズCEOレオナード・エレルベは、ドーピング検査失格のペナルティは重要な交渉条件にしておく必要があったにも関わらずコンツはそれをしなかったと激しく批判した。コンツは、パッキャオvsメイウェザーの試合が実現することを最優先として考え、ドーピング検査失格のペナルティなど繊細な交渉は、交渉が危うくなると考え掲示しなかったとコメントした[77]

2015年4月21日、ネバダ州アスレチック・コミッションは、パッキャオvsメイウェザーのレフェリーがケニー・ベイレス、ジャッジがバート・クレメンツ、デーブ・モレッティ、グレン・フェルドマンが務める事を発表した[78]。立会人はWBAはヒルベルト・メンドーサ・ジュニア副会長、WBCはマウリシオ・スレイマン会長、WBOはフランシスコ・バルカルセル会長が務めることになった。

2015年4月29日、MGMグランドのKAシアターでパッキャオvsメイウェザーの最終記者会見が行われた。ステージに上がったのは両選手のほか、フレディ・ローチ(パッキャオのトレーナー)、レオナード・エレルベ(メイウェザー・プロモーションCEO)、ボブ・アラム(トップランク社CEO)、スティーブン・エスピノサ(ショウタイム・スポーツ副社長兼CEO)、ケン・ハーシュマン(HBOスポーツ社長)、リチャード・シュトゥルム(MGMリゾート・インターナショナル社長)、フランシスコ・バルカルセル(WBO会長)、マウリシオ・スライマン(WBC会長)。両者が直接顔を合わせるのは3月11日の記者会見以来のことであった[79]

2015年5月1日、試合会場となるMGMグランド・ガーデン・アリーナで前日計量が行われ、メイウェザーが146ポンド、パッキャオが145ポンドを計測し両者とも一発で計量をパスした。メイウェザーは「ボクシングというスポーツに20年以上を捧げてきた。準備はできている」と語り、パッキャオも「両方のファンが望んだから実現した対戦。我々には大きな責任がある」とコメントした[80]。尚、公開計量はボクシングでは異例の有料で実施され、収益は全てチャリティへ寄付された。

2015年5月2日、MGMグランド・ガーデン・アリーナで行われたWBA・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦に於いて、メイウェザーが3-0(2者が116-112、118-110)の判定勝ちを収め世紀の一戦を制した[81]

2015年5月12日、メイウェザーvsパッキャオ戦のペイ・パー・ビュー購買件数(対象地域は全米、カナダ、プエルトリコ)が主催者から発表され、460万件に達し、これまでトップだったフロイド・メイウェザー・ジュニアvsオスカー・デ・ラ・ホーヤ戦のの240万件を大幅に上回る結果となった[82]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

Manny Pacquiao | Listen And  Stream Free Music, Albums, New Releases, Photos, Videos

概要[編集]

攻撃力の高さから「Dinamita(ディナミータ)」(スペイン語ダイナマイトを意味する)の異名を持つ。ボクシング一家に育ち、弟のラファエル・マルケスは元2階級制覇王者である。2007年に弟ラファエルと共に史上初の兄弟同時2階級制覇を成し遂げた。

来歴[編集]

治安の悪いイスタパラパ地区で育ち、8歳で元プロボクサーの父親からボクシングを習い始め、12歳の時から名匠イグナシオ・ベリスタインに師事するようになる。アマチュアボクシング戦績は35勝1敗。

1991年にプロデビュー予定だったが、デビュー直前のある日、オレンジを取ろうと木に登った際に落下して背骨に重傷を負った。その後、奇跡的に回復したがプロデビューは2年遅れることとなる。

1993年5月29日、19歳でプロデビュー。プロデビュー戦では初回に3度のダウンを奪うが、2回開始時に反則負け。この時の対戦相手がコミッション・ドクターのお抱え選手であったため、露骨な贔屓判定によって黒星を付けられた。

その後は順調に勝ちを重ね1997年2月23日、NABO北米フェザー級王座を獲得した。マルケスは22ヶ月連続でWBO世界フェザー級王者ナジーム・ハメドの指名挑戦者として君臨していたが、WBOはハメドがマルケス以外の相手と戦うことを許可し続けたため、挑戦することができず、「無冠の帝王」と呼ばれた。

同王座を7度防衛した後、1999年9月11日、WBA世界フェザー級王者フレディ・ノーウッドと対戦。実質2度のダウンを奪ったにも関わらず、レフェリーはダウンをとらず、結果は判定負けで王座獲得ならず。

その後は、2002年3月9日、ロビー・ピーデンを10回TKOで破り、NABF北米王座とUSBA全米王座を獲得するなど、KO勝ちを続けて、フェザー級最強の呼び声も高い実績を作った。

2003年2月1日、IBF世界フェザー級王座決定戦でマヌエル・メディナと対戦。7回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。遂に無冠の帝王を返上した。この試合で、メディナから最初のダウンを奪ったカウンター3連打は評価が高い(カウンターとは普通、一発につき一発を返すのに対し、この時マルケスは相手の体の勢いが残っているうちに3発打ち込んだ)。

2003年11月1日にはWBA世界フェザー級王者デリック・ゲイナーを7回ドクターストップ判定(実質戦意喪失のTKO勝ち)で破りWBA王座とIBF王座の統一に成功した。2004年4月にWBAよりスーパー王座に認定された[1]

2004年5月8日、マニー・パッキャオと対戦し、初回に3度のダウンを奪われるが、その後に反撃して、判定三者三様の引き分けドローでWBA王座の初防衛とIBF王座の2度目の防衛に成功した[2]

WBA・IBF世界フェザー級王座を3度防衛した後、(後述する不運な理由により)指名戦が成立しなかったためIBF世界フェザー級王座を剥奪されてしまい、自動的にWBA世界フェザー級スーパー王座も剥奪された。その後2006年3月4日、WBA世界フェザー級王座を賭けて敵地インドネシアクリス・ジョンと対戦し0-3判定で敗れて王座獲得に失敗した。

2006年8月5日にネバダ州ステートラインのモントブルーリゾートカジノ&スパで行われたWBO世界フェザー級暫定王座決定戦でターサク・ジャンデーンに7回1分13秒TKO勝ちを収め、王座獲得に成功した[3][4]。2006年12月に正規王者スコット・ハリソンが防衛戦をキャンセルして返上、正規王者に昇格した。

2007年3月17日、WBC世界スーパーフェザー級王者マルコ・アントニオ・バレラと対戦し、3-0の判定勝ちで王座獲得に成功した。同時期に史上初の兄弟同時2階級制覇を達成した。

2007年11月3日、シドニーオリンピック銀メダリストのリカルド・ファレスと対戦し12回判定勝ちを収め、初防衛に成功した。

2008年3月15日、ラスベガスで行われた2度目の防衛戦でマニー・パッキャオと再戦。3回にダウンを奪われるがその後に反撃、初対戦時以上の激闘を繰り広げ、1-2の判定負け。王座から陥落。パッキャオを支持した二人のジャッジのうちの一人の採点は113-114とわずか1ポイント差だった。

判定に不満を抱くマルケスは試合直後から即座にパッキャオとのラバーマッチを要求し続けたが、パッキャオは再戦を拒否してライト級に転級。これを受けてマルケスもパッキャオを追いかけてライト級へと転級した。

2008年9月13日、ラスベガスでリングマガジン世界ライト級王者ホエール・カサマヨールと対戦し、11回KO勝ちで王座獲得に成功した。なお、カサマヨールはこれが生涯初のKO負け。

2009年2月28日、ヒューストンのトヨタセンターでファン・ディアスと対戦。この試合は元々はリングマガジン世界ライト級王者マルケスとIBO世界ライト級王者ディアスとの王座統一戦になる予定だった(興行のキャッチコピーも「Champion vs Champion」だった)。しかし、IBF・WBO世界ライト級王者のネート・キャンベルが2月14日のアリ・フネカ戦の前日計量で王座を剥奪されてWBA世界ライト級スーパー王座、IBFとWBOの世界同級王座が空位となったことから、マルケスvsディアス戦はWBA世界ライト級スーパー王座決定戦並びにWBO世界ライト級王座決定戦となることが決定した。

試合は序盤から壮絶な激闘となり、ダウンもKO負けも一度も無いディアスに対して9ラウンドに2度のダウンを奪って逆転KO勝ちを収め、WBAスーパー王座とWBO王座の獲得に成功し、3階級制覇を達成した[5]。この試合は2009年のリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出された。

2009年5月2日、ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われた記者会見で、7月18日に現役復帰するフロイド・メイウェザー・ジュニアとの144ポンド契約のノンタイトル12回戦が発表された。その後、メイウェザーがトレーニング中に負傷したことにより、試合は2009年9月19日に同じ場所での開催へと延期されて行われた。計量時にメイウェザーが契約体重を2ポンドオーバーしたものの、144ポンドという契約が両者間のプライベート契約だったため、メイウェザーが1ポンドにつき30万ドル(計60万ドル)の違約金を払うだけで失格にはならず、ウェルター級契約ノンタイトルマッチとして試合は成立した。試合ではスーパーライト級以上の階級への挑戦はこの試合が初であるマルケスの動きが鈍く、さらに階級が上のメイウェザーに予想以上のスピード差を見せつけられ、2ラウンドに左フック一発でダウンを喫するなど、12回0-3の大差判定負けを喫した。

2010年7月31日、ファン・ディアスと再戦し、12回3-0の判定勝ちでWBAスーパー王座とWBO王座の初防衛に成功した[6]

2010年11月27日、WBO世界ライト級暫定王者マイケル・カティディスと対戦し、ダウンを奪われるものの、9回TKO勝ちでWBAスーパー王座とWBO王座の2度目の防衛に成功した[7]

2011年7月16日、メキシコカンクンにて、元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者のリカル・ラモスコロンビア)とノンタイトルマッチを行い、初回TKO勝ち[8]

2011年11月12日、ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで、WBO世界ウエルター級王者マニー・パッキャオと144ポンド契約のキャッチウェイトで通算3度目の対戦。マルケスが巧みなカウンターを駆使してパッキャオを追い詰め、5回と9回には激しく打ち合うなど接戦の末に全12ラウンドが終了。試合終了直後、勝利を確信して右手を突き上げたマルケスに対して、パッキャオはガックリとうなだれるなど対照的な表情であったが、結果は0-2の僅差判定負け。

2012年1月4日、WBAからWBA世界ライト級スーパー王座を剥奪され、その2日後の1月6日にWBO世界ライト級王座も返上。

2012年4月14日、メキシコシティアレナ・シウダ・デ・メヒコで、教授の異名をとるセルゲイ・フェドチェンコ(ウクライナ)とWBO世界スーパーライト級暫定王座決定戦で対戦し、3-0(119-109、118-110、118-110)の判定勝ちを収めメキシコ人としてホルヘ・アルセエリック・モラレスに続いての4階級制覇を達成した[9]。なお、この興行での対戦相手との交渉では、プロモーターがオーソドックススタイルの有力選手との対戦をマルケスにオファーするも、パッキャオとの再戦に闘志を燃やすマルケスは「パッキャオと同じサウスポーの選手が相手でなければ駄目だ」と、頑なにパッキャオ戦を見据えた試合にこだわったため、交渉が難航した。

2012年6月、ティモシー・ブラッドリーがWBO世界ウェルター級王座の獲得に伴いWBO世界スーパーライト級王座を返上した為、空位となった正規王座に認定され、スーパー王座にも認定された。

2012年12月8日、MGMグランド・ガーデン・アリーナで、前WBO世界ウェルター級王者マニー・パッキャオとウェルター級契約で通算4度目の対戦。WBOはこの試合の勝者に「Champion of the Decade(過去10年間で最高の世界王者)」と認定するチャンピオンベルトを授与することを発表した[10]。試合は3回に右のロングフックでダウンを奪い、5回に逆にパッキャオにダウンを奪われるが、6回終了間際、パッキャオが左ストレートを打つべく踏み込んだところを強烈な右カウンターで迎え撃ち、ダウンを奪い6回2分59秒KO勝ちを収めた。この試合は2012年のリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出された。しかし試合後、マルケスの肉体が年齢不相応にビルドアップされていたことから、ドーピング疑惑が持ち上がった。マルケスの陣営には、かつてステロイドの売人だったアンヘル・ギジェルモ・エレディアがいたことも疑惑を深める一因となった[11]

2013年8月、WBOから王座を1度も防衛せずに、同年10月12日にWBO世界ウェルター級王者ティモシー・ブラッドリーに挑戦するマルケスに対し王座を返上するよう要請があったのだが、マルケスはブラッドリー戦が終わるまで待ってくれないかとWBOに尋ね、王座を返上する意思の無いことも伝えた[12]

2013年10月12日、ラスベガストーマス&マック・センターで、WBO世界ウェルター級王者ティモシー・ブラッドリーと対戦。当初は同年9月14日に予定されていたが、同日にフロイド・メイウェザー・ジュニアサウル・アルバレスの対戦が決定した為、延期となった[13]。試合は1-2(112-116、113-115、115-113)の判定負けで、ホルヘ・アルセ以来の5階級制覇達成とはならなかった[14]。王座獲得に失敗したマルケスは、王座を剥奪され、WBO世界スーパーライト級2位に降格となった為、WBO世界スーパーライト級暫定王者マイク・アルバラードが正規王者になった[15][16]

2014年5月17日、カリフォルニア州イングルウッドザ・フォーラムで元WBO世界スーパーライト級王者マイク・アルバラードと143ポンド契約12回戦を行い、12回3-0(117-109×2、119-108)の判定勝ちを収め再起に成功した[17]

2017年8月4日、右肩の負傷から回復出来ない事を理由に現役引退を表明した[18][19][20][21][22][23]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2005年11月、中国綿陽市で行われた世界ボクシング選手権にライト級(60kg)で出場し、金メダルを獲得した[1]

2008年8月、北京オリンピックにライト級(60kg)で出場し、準決勝で敗退し、銅メダルを獲得した[2]

プロ時代[編集]

2014年5月10日、ロサンゼルスガーレン・センターでアミール・イマムと対戦し、8回0-3(2者が74-78、73-79)の判定負けを喫した[3]

2016年8月12日、ニューヨーク州ヴェローナターニング・ストーン・リゾート・アンド・カジノ内ターニング・ストーン・イベント・センターでジャーマル・ジェームスと対戦し、10回3-0(99-91、98-92、96-94)の判定勝ちを収めた[4]

2017年8月26日、T-モバイル・アリーナフロイド・メイウェザー・ジュニアvsコナー・マクレガーの前座でトーマス・ドゥローメと対戦し、10回3-0(94–91、2者が93–92)の判定勝ちを収めた[5]。尚当初ドゥローメはショーン・ポーターと対戦する予定だったが、同年8月17日にポーターが身内に不幸があった為欠場し代役としてウガスが起用されることとなった[6]

2019年3月9日、カリフォルニア州カーソンディグニティ・ヘルス・スポーツ・パーク・テニスコートでWBC世界ウェルター級王者ショーン・ポーターと対戦し、12回1-2(113-115、112-116、117-111)の判定負けを喫した[7]。この試合でポーターは125万ドル(約1億3千万円)、ウガスは30万ドル(約3200万円)のファイトマネーを稼いだ[8]

2019年7月20日、MGMグランド・ガーデン・アリーナで元WBC世界ライト級王者オマール・フィゲロアとWBC世界ウェルター級挑戦者決定戦を行い、12回3-0(3者共に119-107)の判定勝ちを収めエロール・スペンス・ジュニアへの指名挑戦権を獲得した[9]。この試合でフィゲロアとウガスそれぞれ30万ドル(約3200万円)のファイトマネーを稼いだ[10]

2019年12月3日、WBAからWBA世界ウェルター級王者アレクサンデル・ベスプーチンとの指令試合を発令された[11]

2020年9月6日、ロサンゼルスマイクロソフト・シアターでWBA世界ウェルター級レギュラー王座決定戦をWBA世界ウェルター級6位のアベル・ラモスと行い、12回2-1(111-117、2者が115-113)の判定勝ちを収め王座を獲得した[12]

2021年1月29日、WBAは、2019年7月以来約1年6カ月間試合をしていなかったスーパー王者マニー・パッキャオを休養王者に認定し、レギュラー王者のウガスをスーパー王者に昇格させた[13]

2021年8月11日、マニー・パッキャオと対戦予定だったエロール・スペンス・ジュニアが網膜裂孔と診断されたため試合を欠場することになり、代役として同じ興行の前座でWBA世界ウェルター級9位のファビアン・マイダナとの試合を予定していたウガスがパッキャオと対戦することが発表された[14]

2021年8月21日、ラスベガスT-モバイル・アリーナでWBA世界ウェルター級休養王者マニー・パッキャオと対戦し、12回3-0(115-113、2者が116-112)の判定勝ちを収め初防衛に成功した[15]。ウガスはこの試合の約3週間前に左腕の上腕二頭筋を断裂する怪我を負っており、怪我をしたまま試合を行い試合後に手術を受けた[16]

2021年9月16日、WBAはウェルター級で団体内王座統一戦を行うように通達し、レギュラー王者ジャーマル・ジェームスラジャブ・ブタエフで指名試合を行い、スーパー王者ウガスとエイマンタス・スタニオニスが対戦した後に、それぞれの勝者で団体内王座統一戦を行うように指令を出した[17]。しかし、その後WBAは方針を変更し、12月19日にウガスから要望が出されていたWBC・IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンス・ジュニアと対戦する許可を与えた[18]

2022年4月16日、AT&TスタジアムでWBCIBF世界ウェルター級王者エロール・スペンス・ジュニアと3団体王座統一戦を行い、10回にドクターストップによるTKO負けを喫し王座から陥落した[19]。ウガスは試合中に右眼窩骨折の重傷を負った[20]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

定義[編集]

福音派(: Evangelical, Evangelicalism)の語源は、古代ギリシア語: εὐαγγέλιον(euangelion、エウアンゲリオン)、すなわち福音である。形容詞の場合「福音的」「福音主義的」となり、名詞の場合「福音派」「福音主義(者)」と訳される[4]

教会史と神学からは、16世紀宗教改革にルーツを持つ。カトリック主義(教会主義的・典礼主義的)に対する、福音主義的、福音主義者という呼称である[5]

  • 福音派の代表的神学者J・I・パッカーは、「福音派とは使徒的キリスト教を継承し、証しする者」と定義する[6][7]
  • 日本福音同盟初代理事長の泉田昭は、「福音主義とか福音派というとき、信仰的自由主義に対して福音主義、エキュメニカルなグループに対して福音派という意味で使っている。つまり、聖書は誤りない神のことばであると信じ、基本的教理を保持し、伝道と教会形成に励んでいる者たちのことである」としている[8]
  • 宇田進は、福音派とは「福音主義同盟1846年)の9項からなる信仰の立場と、1974年ローザンヌ世界伝道会議が出したローザンヌ誓約の中に表明されている聖書的信仰と宣教観とライフ・スタイルを信奉する、聖霊派から改革派までのキリスト者の群れを指す名称」としている[9]
  • 米国長老派教会正統長老教会の設立者)の牧師神学者ジョン・グレッサム・メイチェンの定義によれば、「自由主義神学(リベラリズム)自体がキリスト教ではない」ので、部分的霊感説を採る新正統主義神学などについても「穏やかな自由主義」とは表現せず、「かろうじてキリスト教である部分霊感と、非キリスト教の自由主義(神学)が区別される」と論ずる。ただし、部分霊感も聖書の権威を部分的にしか認めないことから、メイチェンは部分霊感も正統的なキリスト教から離れた立場と見なしている。そのため、十全霊感を信じない立場の教会を広い意味でリベラル派と総称することがある[12]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

You’re now in slide show mode.

Hitting < pauses the slideshow and goes back.
Hitting > pauses the slideshow and goes forward.
SPACEBAR resumes the slideshow.
Press ESC to exit.

Use Facebook, Twitter or your email to sign in.

Don’t have a Myspace account yet? No worries, joining is easy.

Close

Getting in is easy. Use one of your social networks or start fresh with an email address.

Already have a Myspace account? Sign in.

We loaded your account with your Facebook details. Help us with just a few more questions.

You can always edit this or any other info in settings after joining.

We loaded your account with your Twitter details. Help us with just a few more questions.

You can always edit this or any other info in settings after joining.

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード manny pacquiao manny pacquiao

dazn, boxing, highlights, full fight, ko, knockout, top 10, The DAZN Boxing Show, Pelea, Boxeo, Pugile, dazn boxing

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button