Entertainment Japanese news daily

ウエスト サイド 物語| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

ウエスト サイド 物語, /%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89-%e7%89%a9%e8%aa%9e,

Video: ウエストサイド物語

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

ウエスト サイド 物語, 2014-02-24, ウエストサイド物語, 2014.2.22 世界船旅コンサート, ヴィンテージソングを歌う【名曲シャンソン&ポップス】

,

ストーリー[編集]

ところはニューヨークウェストサイド・マンハッタンポーランド系アメリカ人少年で構成されている非行グループ・ジェット団は、最近になって力をつけてきたプエルトリコ系アメリカ人の非行グループ・シャーク団と、地元の唯一の広場である、ビルの屋上運動場の占有権を巡って敵対関係にあった。一触即発の状況が続く中、我慢の限界を迎えたジェット団リーダーのリフは、シャーク団と決着を付けるため決闘を申し込むことに決め、元リーダーで親友のトニーを連れて中立地帯のダンスホールで開かれるダンスパーティーに出席する。そこでトニーは、初めてのダンスパーティーに期待で胸を弾ませていたマリアと出会い、2人は恋に落ちる。しかし、マリアはシャーク団リーダーのベルナルドの妹だったため、トニーはベルナルドの怒りを買ってしまう。

リフとベルナルドは決闘の詳細を決めるために、ドクの営むドラッグストアに向かう。一方、トニーは自宅に連れ戻されていたマリアと会い、彼女が働く洋服店で再会する約束を交わす。トニーはすぐさまドクの店に向かい、決闘の方法を巡って対立するリフとベルナルドに対して、一対一の素手による決闘を提案し、2人に承諾させる。しかし、双方とも決闘用にナイフを用意し、万が一の時にはグループ全員で戦うことを仲間と示し合わせる。

翌日、洋服店で再会したトニーとマリアは将来結婚することを誓い合う。その後、マリアは決闘を止めさせるようトニーに頼み、彼は決闘が行われている高架下に向かう。しかし、既に決闘は始まっており、トニーは必死に止めようとするがベルナルドは聞き入れず、ナイフを取り出して襲いかかる。それに対抗してリフもナイフを手に戦うが、トニーをかばってベルナルドに刺されてしまう。激怒したトニーもベルナルドを刺し殺してしまい、それをきっかけにグループ全員が戦い始める。やがて騒ぎを聞きつけた警察が到着したため、少年たちは散り散りになっていく。シャーク団のチノはベルナルドの復讐をするため、銃を手にトニーの行方を追う。建前上は復讐であったが、チノはマリアのことを愛しており、将来結婚する予定だったことからトニーを妬んでいたのである。

チノから兄が殺されたことを聞かされたマリアはショックを受けるが、謝りに来たトニーに「別れることは耐えられない」と応じ、トニーは「2人で街を出よう」と告げる。トニーはシャーク団から逃れるためドクの店に向かい、マリアも後を追おうとするが、ベルナルドの恋人アニタに彼と別れるように迫られる。マリアはアニタを説得してドクの店に行こうとするが、そこに警察が事情聴取に来たため、アニタに「到着が遅れることをトニーに伝えて欲しい」と伝言を頼む。アニタはドクの店に向かうが、そこにはジェット団が集まっており、トニーとの面会を断られたうえ、彼らに襲われる。トニーの逃走資金を持って来たドクに助けられるが、彼らの行動に激怒したアニタは「マリアは、トニーとの関係を知って激怒したチノに殺された」と嘘を言い放ち、店を出て行く。

ドクからマリアが死んだことを聞かされたトニーは絶望し、「早く殺しに来い」と叫びながらチノを探し出す。トニーは街を歩き回り、運動場でマリアと再会して駆け寄るが、チノによって射殺される。この時チノは、トニーを殺すか殺さないかを迷っていたが、マリアに駆け寄る姿を見て、射殺してしまったのだった。マリアはジェット団とシャーク団の双方に愛する人を2人も失った怒りをぶつけ、双方がこれまで起こしてきた愚かさや間違いを指摘し争うことの無意味さを語る。警察が駆け付ける中、ジェット団とシャーク団の少年たちがトニーの遺体を担ぎ運動場を出て行き、マリアも一人で運動場を後にする。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

生涯[編集]

カリフォルニア州サンフランシスコにて、ロシアから移民してきた両親の間に生まれる。妹は『007 ダイヤモンドは永遠に』に出演した女優のラナ・ウッド

1943年から映画に出演しはじめ、シャーリー・テンプルの次の世代の人気子役として、1947年の『三十四丁目の奇蹟』で人気スターとなる。1955年の『理由なき反抗』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。

その後もジョン・フォード西部劇捜索者』やロバート・ワイズミュージカル映画ウエスト・サイド物語』、エリア・カザン監督でウォーレン・ベイティと共演した『草原の輝き』などでスターの座を確たるものにした。

1981年11月29日、映画『ブレインストーム』の撮影中にロサンゼルス沖でワグナーやクリストファー・ウォーケンとヨットに乗っていたところ行方不明になり、翌日にサンタカタリナ島の入り江で水死体となって発見された。43歳没。事故死とされた一方、殺されたという意見もあり、真相は謎とされている。

新たな情報が寄せられたとして2011年11月にロサンゼルス郡警察の殺人担当部署が再捜査を開始した[1]。2012年5月に作成された検視報告書では、遺体には複数の打撲や傷跡の痕跡があったことを認定し、死因を「事故死」から「水死および不確定要因によるもの」と変更[2]。しかし警察は殺人事件として扱うには証拠不十分であると結論づけたと報じられた[3]。2018年2月1日、ロサンゼルス郡の警察当局者がナタリー・ウッドの死に関し、新たな目撃者の証言が得られ、「不審死」とみて捜査し、元夫の俳優ロバート・ワグナーを重要参考人とみて事情聴取を求めていることが明らかになったが、ロバート・ワグナーは聴取を拒否している[4]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ウエスト・サイド・ストーリー : 作品情報 - 映画.Com

来歴[編集]

ベイマーは印刷業者の父、ジョージ・リチャード・ベイマーと母ユーニス(旧姓ゴス)の間にアイオワ州アヴォカで生まれた[3]。ベイマーと両親は1940年代後半にカリフォルニア州ハリウッドに引越しした。ベイマーはノース・ハリウッド・ハイ・スクールに通いながら、自身での映画製作を趣味としていた。

俳優[編集]

ベイマーは、TVシリーズ『Sandy Dreams[4]』に出演して俳優としてのキャリアを始めた。

映画会社フィルムウェイズ英語版と契約して、1953年のヴィットリオ・デ・シーカ監督の『終着駅』で映画に初出演した[5]。主役であるジェニファー・ジョーンズの甥としてモンゴメリー・クリフトとの共演によって注目された[6]。そして、1953年の『So Big』、1957年の『Johnny Tremain』に出演して、1959年の『アンネの日記』のペーター役で俳優として成功した。1961年の映画『ウエスト・サイド物語』のトニー役でブレイクして、ゴールデン・グローブ賞の新人スター男優賞英語版を、ボビー・ダーリンウォーレン・ベイティと共に受賞した。また、1962年の映画『史上最大の作戦』では、映画にとって重要な役を演じた[6]

2012年のインタヴューで、ラス・タンブリンは、ベイマーが『ウエスト・サイド物語』のトニー役に満足していなかったと語っている。原因の1つは、ベイマーがアイオワ州の農場の出身でストリート感覚を持っていなかったことと、もう1つはナタリー・ウッドの態度で、ベイマーを蔑んでいたということであった。『理由なき反抗』で、ナタリー・ウッドと共にスクリーン・テストを受けていたベイマーは、『ウエスト・サイド物語』で共演した後もウッドにいい態度は表わさなかった。しかし後日、サンセット・ストリップのナイトクラブで出会ったときに、ウッドの親しげな態度で、わだかまりは解消された[7]

映画『青年』にエキストラとして出演していたシャロン・テートと1961年に知り合い、ベイマーはテートと友人同士となった。テートに女優としての資質を感じたベイマーは自身のエージェントを紹介し、テートはフィルムウェイズ英語版と契約を交わした[8]

ベイマーは1964年、俳優のキャリアを中断してハリウッドを離れ、夏の間にミシシッピでボランティアをして過ごした。ミシシッピではSNCCが主体となって6月から8月まで、後にフリーダム・サマーと呼ばれるアフリカ系アメリカ人の投票権登録のためのプロジェクトが行われていて、1964年6月21日に3人の運動家が失踪する事件が起きていた。1964年7月16日のフリーダム・デーでベイマーはバーニー・フランク英語版に助力してミシシッピ自由民主党英語版の人達を救出した[9]カントンで逮捕されたボランティアから没収となったレンタル・トラックに乗っていた人々であった。

ベイマーのエージェントは、若い俳優が国の状況の悪化に対して行動することを憂慮していた[10]。そしてベイマーのキャリアはミシシッピで終わりになると思われた。ワシントン大学の記事は「忘れてならないのは、ベイマーはその時は大スターであって、そこから離れるのは重大事だったということである。最近の事件に例えると、ブラッド・ピットがファーガソンに抗議に行ったようなものである」と言い表している[11]

現在のような情報の速度がなかった時代だったので、ベイマーは、表舞台から姿を消して行方不明になったと、日本では憶測されていた時期もあった[12]

1957年に南北戦争のシンジケートを描いた、TVシリーズ『The Gray Ghost』に出演して、1958年に西部の航空機を扱ったTVシリーズ『空の王者スカイ・キング』に出演した[13]。また、『Paper Dolls』でミミ・ロジャーズが演じたブレアの夫役、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』に全3話出演したほか、多くのTVドラマにゲスト出演していた。

1990年に人気TVシリーズとなった、『ツイン・ピークス』でベン・ホーンを演じた。この役で一般的には俳優としてカムバックしたと見なされている。また、1996年にTV映画『A Face To Die For』にマシュー・シェリダン博士役で出演した[13]

ベイマーは、2017年の『ツイン・ピークス』の第3シーズンに、ベン・ホーン役として全6話に出演した[14]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

来歴・人物[編集]

オハイオ州ギリシャ系の両親の間に生まれ、カリフォルニア州ロングビーチで育つ。

ダンサーとしてミュージカル映画などで小さな役をつかみ、ロンドンで『ウエスト・サイド物語』の舞台版に出演。同作品の映画版プエルトリコ系の不良グループのリーダーを演じ、その演技とダンスで鮮烈な印象を与え、アカデミー助演男優賞及びゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞した。1960年代はヨーロッパ映画界にも進出し、クラウディア・カルディナーレカトリーヌ・ドヌーヴジャック・ペランらと共演。1960年代終わり以降は映画からテレビや舞台に活躍の場を転じた。日本での来日公演も数回あり、親日家でもある。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

来歴[編集]

1954年

プエルトリコのウマカオ生まれ。5歳で母親とともにニューヨークに移る[1]。13歳の時にブロードウェイの舞台に初出演し、ハリウッドのスカウトに注目される。

ウエスト・サイド物語』でアカデミー助演女優賞及びゴールデングローブ賞 助演女優賞を受賞した。彼女はアカデミー賞トニー賞グラミー賞エミー賞を受賞した女優としてギネスブックにも載っている。70年代以降は、テレビ出演が主になっている。1971年から1977年にはPBSの子供番組ジ・エレクトリック・カンパニーに出演し、いろいろな役を演じた。特に Millie the Helper 役が有名で、「ヘイユーガイズ!」の叫び声は番組のオープニングに使われている。

2013年、「数々の難しい役に挑戦し、深みのあるクオリティの高い演技力で演じてきた」と称えられ、全米映画俳優組合賞生涯功労賞が贈られた。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

解説

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を下敷きにした大ヒットブロードウェイ・ミュージカルを、巨匠ロバート・ワイズとミュージカル版を手掛けた演出家のジェローム・ロビンスが共同で映画化。ニューヨーク・マンハッタンのスラム街を舞台にイタリア系のジェット団とプエルトリコ系のシャーク団の抗争と悲劇を描く。主演はナタリー・ウッド。61年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む10部門で受賞した。日本では1961年に初公開された後も幾度かリバイバル公開されており、2002年12月にはニュープリント・デジタルリマスターバージョンでリバイバル公開されている。

1961年製作/152分/G/アメリカ
原題:West Side Story
配給:シネカノン
日本初公開:1961年12月23日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

詳細については、次の URL をご覧ください。……

あらすじ[編集]

第1幕[編集]

ニューヨークのウエスト・サイド。午後5時。ポーランド系アメリカ人の少年非行グループ「ジェッツ」(ジェット団)と、新参のプエルトリコ系アメリカ人の少年非行グループ「シャークス」(シャーク団)は、なわばりを巡って対立している。今日も2グループの間で争いが起きるが警官の呼子笛の音に止められる(“Prologue”「プロローグ」)。クラプキ巡査シュランク警部補が現れて少年たちに説教をして帰っていく。

ジェッツのリーダー・リフはシャークスとの関係をはっきりさせるために決闘しようと言い出し、ジェッツのメンバーが賛成する。ついては決闘についての取り決めをシャークスとする必要があり、リフは自分の副官にトニーを選ぶ。メンバーは初めトニーはもう抜けたと反対するが、リフは(海兵隊のように)「一度ジェッツになったら死ぬまでジェッツだ」と歌う。メンバーもついには了解し、夜に中立地帯である体育館で行われるダンスパーティでシャークスのリーダー・ベルナルドに決闘の申し込みをすることにし、全員で「ジェッツが一番だ」と歌い踊る(“Jet Song”「ジェット・ソング」)。

午後5時半。ドックの経営するドラッグストアで働くトニーに、リフがパーティに来るよう頼んでいる。追い払おうとするトニーはなぜジェッツに興味を失ったのか聞かれ、ここ一月何かが来るのを予感して毎晩目が覚めること、その何かを楽しみにしていることを語る。せがむリフに遂に折れ、トニーはパーティに行くことにする。後悔するだろうと言うトニーにリフがそれはわからない、ダンスでその何かがまっているかもしれないと言って去っていくと、トニーはその言葉を受けて、素晴らしい「何か」が確かに今晩来るかもしれない、と歌う(“Something’s Coming”「何かが起こりそう」)。

6時。ブライダルショップ。アニタマリアコムニオン用の白いドレスをパーティ・ドレスに作り替えている。マリアが胸元をもう少し広げるように頼むが、アニタはベルナルドとの約束を持ち出して聞かない。セリフからマリアがチノと結婚するために合衆国に来てまだ一月であることがわかる。完成したドレスをマリアが着たところにベルナルドとチノが現れる。マリアが「今夜が私のアメリカの若い女性としての人生の始まり」と言って回り出すのをきっかけに場面転換。

夜10時。体育館のダンスパーティーでジェッツとシャークスが踊っている。グラッド・ハンドとクラプキが現れ、2つのグループを一緒に踊らせようとするが失敗し、マンボのリズムに乗ったダンス合戦になる。その渦の中に現れたトニーはマリアと出会い、2人は瞬く間に恋に陥る。唇を交わそうとしたところにベルナルドが妹に近付くなと現れ、チノにマリアを連れて帰るよう命じる。帰っていくマリアにチノが「さあ、マリア」と声をかけたのを聞き、トニーは彼女の名を知る。トニーに迫ろうとするベルナルドにリフが割り込み、一時休戦とドラッグストアでの話し合いを約束する(“The Dance at the Gym”「体育館でのダンス」)。トニーは一人夢見心地で、マリアの名を幾度も口にして称える(“Maria”「マリア」)。

11時。トニーは裏路地でマリアを探しまわり、建物上階の窓に彼女を見つける。2人は彼女の家の非常階段で互いの気持ちを確かめあう(“Tonight”「トゥナイト」)。別れ際に翌日の夕方にマリアの働くブライダルショップで会う約束を交わす。

トニーと入れ替わりにシャークスの面々が帰ってくる。マリアをコントロールしようとするベルナルドに、ここは女性も自由に楽しめる国アメリカだとアニタは言う。話題はトニーに及び、移民2世でもアメリカ生まれであるゆえに「アメリカ人」の彼と「外人」扱いの自分たちの境遇の違い、アメリカに来た時の期待、プエルトリコへ帰って錦を飾る希望を彼らは語る。アニタに促され、ベルナルドは少年たちを率いてドックの店へ向かう。そんなに故郷がいいんなら帰ればというアニタをきっかけに、美しい故郷を懐かしむロザリアと、故郷を嫌悪しアメリカを称える他の少女たちが歌いあう(“America”「アメリカ」)。

12時。ドラッグストアでシャークスを待つジェッツ。興奮したメンバーにリフは「落ち着け、クールに振る舞え」と歌う(“Cool”「クール」)。シャークスが現れ、決闘の条件の話し合いが始まる。翌日、高速の高架下まで決まり、武器で揉めている最中、入ってきたトニーの提案で一対一の素手を決定し、ジェッツからはディーゼルが選ばれる。シュランクが現れ、ギャング団たちは去る。シュランクは決闘について聞き出そうとするがドックとトニーは口を割らない。シュランクが去った後、トニーはドックに自分が恋に落ちたことを話す。

翌日午後5時半、ブライダルショップ。マリアがアニタを先に帰そうとしているとトニーが現れる。アニタが去った後、マリアはトニーに素手であろうと争うのはよくないと決闘の場へ行ってやめさせるよう約束させる。それから2人は結婚式の真似事をしてお互いの愛を再確認する(“One Hand, One Heart”「ひとつの心」)。

6時。ジェッツとシャークスのメンバーは今夜の決闘を、アニタは決闘後のベルナルドとのデートを、そしてトニーとマリアは夜の再会を心待ちにする思いをそれぞれ歌う(“Tonight (Quintet)” 「トゥナイト(クインテット)」)。

9時。高速道路の高架下で決闘が始まる。遅れて現れたトニーは決闘をやめさせようとするがうまくいかず、ベルナルドのトニーへの嘲笑に逆上したリフが手を上げ、ベルナルドとリフはナイフを持ち出して争い出す。リフはベルナルドを追い詰めるが、押さえつけるディーゼルの手を振り払い止めに入ろうとしたトニーに気を取られた一瞬の隙に、ベルナルドがリフを刺し、トニーもリフのナイフでベルナルドを刺す。乱闘となるが、警察の笛の音、続くサイレン音に少年たちは殺された2人とトニーを残して散る(“The Rumble” 「決闘」)。マリアの名を呼び立ち尽くしているトニーを戻ってきたエニバディズが我に返らさせ、2人も逃げていく。

第2幕[編集]

9時15分。部屋でコンスェーロ、ロザリアが決闘後のデートに向けて身支度をしていると、同じく着飾ったマリアが現れ、決闘はない、今夜は私の結婚式と告げる。私はなんてかわいいんでしょうと弾けるよろこびを歌う彼女をコンスェーロたちは怪しむ(“I Feel Pretty”「素敵な気持ち」)。

そこに決闘から逃げてきたチノが現れ、決闘の経緯を語り始める。ベルナルドについて話そうとするチノを遮ってマリアがトニーの安否を尋ねるとチノは凍りつき、そして「やつが君の兄さんを殺した」と伝える。マリアは嘘だと叫びながら自室にこもり、チノは家具の後に隠されたベルナルドの銃を懐にしまい部屋を去る。マリアが自室の処女マリア像に祈りを捧げているとトニーが現れる。マリアは人殺しと罵り叩くが、トニーが言い訳の中で警察に行くと口にすると、それをとめる。トニーがどこか遠くへ連れて行くよ、どこかに僕たちの居場所があるはずさと歌うと、皆が仲良く暮らす夢の世界が現れて2人を包む。オフステージの女声が皆が仲良く暮らせる世界がどこかにある、そこへ行こうと歌う(“Somewhere” 「どこかへ」)。しかし美しい世界が崩れ始め、ベルナルドとリフが現れ、恋人たちは引き裂かれる。2人は現実世界に引き戻され、不安を追い払うように「私の手をとって、もうすぐそこ」と歌の最後の節を繰り返す(“Procession and Nightmare” 「行列と悪夢」)。

10時。決闘の場から散った後再会できたA-ラブベイビー・ジョン。市警のクラプキ巡査と出くわしてしまい、決闘についての訊問をかわそうとしてしょっ引かれそうになるが上手くごまかして追い払う。他のジェッツの仲間たちと合流し、自分たちを人間扱いしない警察やたらい回しにする役所の物真似に絡めて、自分たちが不良になったのは家庭環境や社会のせいと歌う(“Gee, Officer Krupke” 「クラプキ巡査どの」)。エニバディズが現れ、チノがトニーの命を狙っていることを知らせる。ジェッツたちは手分けしてトニーを探し出すことを決めて散る。

11時半。マリアの寝室のベッドでは恋人たちが寝ている。アニタが現れ、トニーはドックの店で会うことを約束して窓から逃げる。トニーがいたことに気付いたアニタは、自分の恋人でありマリアの兄であるベルナルドを殺したトニーのような男など忘れろとマリアに言うが(“A Boy Like That” 「あんな男」)、結局はマリアのトニーに対する愛情の強さに2人の関係を認め、チノがトニーを探していることを教える(“I Have Love” 「私は愛している」)。シュランクがマリアの事情聴取に訪れ、アニタはマリアの頼みを受け入れ彼女が遅れることを伝えるために渋々ながらドラッグストアへ向かう。

11時40分。ドックの店ではジェッツが集まり、ドックとトニーは地下にいる。そこへアニタが訪れ、ドック、さらにはトニーに会わせるように頼むが、アニタを信じない少年たちは彼女をからかい、辱めはじめる。すんでのところでドックが現れ、驚いて少年たちを叱りつけるが、怒りに燃えるアニタは「マリアはチノに殺されたとあんたらの友人に伝えな」と嘘を言って去る(“Taunting Scene” 「あざけりの場面」)。11時50分。アニタの嘘を本当だと思い込んだドックは、地下室に匿っているトニーにその話を伝える。自暴自棄になったトニーは店の外へ出てチノを呼び、僕も殺せと叫びまわる。

12時。チノを呼び回るトニーをエニバディズが止めようとするがトニーは聞かない。と、陰からトニーはマリアの姿を見つけ、駆寄ろうとするが、その瞬間チノの銃弾に斃れる。倒れたトニーを抱くマリアのもとへジェッツ、シャークスの双方が駆けつける。トニーが自分の信が足りなかった、ここでは2人は一緒にさせてもらえないといい、マリアはどこかへ行こうと答える。2人は “Somewhere” の一節を歌うが、トニーはマリアの腕の中で息を引き取る。マリアはしばし歌い続けようとするものの現実を悟り、トニーの体を地面に置く。アクションがチノに近付こうとするがマリアはこれを制し、チノから拳銃を取り上げ、ジェッツやシャークスの面々に銃口を向け「みんなが彼を殺したのよ。兄さんもリフも」と叫び、今や憎しみを抱いた自分も人を殺せるのだ、一発を自分に残してと言うが引き金を引くことはできずその場に泣き崩れる。シュランクが現れトニーの遺体に近付こうとすると、マリアは遺体に飛びついて触らせず、トニーに接吻をする[注 2]。ベイビー・ジョンが地面に落ちたショールを拾ってマリアの頭にかけ、ジェッツとシャークスのメンバーが共にトニーの遺体を運び、葬列のように皆がそれに続く。遂にマリアも立ち上がり、頭を高く上げて列の最後に続いて退場し、大人たちだけが舞台になすすべなく取り残される。

その後
トニーの死後、ドックの店を継ぐためにアクション、アイス、チノ、ぺぺがアルバイトとして働く。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ウエスト・サイド・ストーリー ブルーレイ+DVDセット

商品情報

  • 発売日:2022年5月18日(水)
  • 商品内容:ブルーレイ 1枚、DVD 1枚
  • 価格:4,950円(税込)
  • 品番:VWBS7364
  • 記録方式/画面サイズ:【ブルーレイ】2層/MPEG-4 AVC/16×9 (2.39:1)【DVD】片面2層/MPEG-2/16×9 シネスコ (2.39:1)
  • 音声:【ブルーレイ】1.英語 DTS-HDマスター・オーディオ(ロスレス) 7.1ch 2.日本語 DTS-HDハイ・レゾリューション・オーディオ 7.1ch【DVD】1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch 2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
  • 字幕:1.日本語字幕 2.英語字幕 3.日本語吹替用字幕
  • ボーナス・コンテンツ(ブルーレイのみ収録):■メイキング・オブ『ウエスト・サイド・ストーリー』:オープニング/プロローグ/シャークスとジェッツ/ダンス・アット・ザ・ジム/ロマンス/アメリカ/ジー、オフィサー・クラプキ/クール/決闘の日/アイ・フィール・プリティ/サムウェア/フィナーレ/トリビュート ■ソング・セレクション♪ プロローグ/♪ ラ・ボリンケーニャ/♪ ジェット・ソング/♪ サムシングズ・カミング/♪ ダンス・アット・ザ・ジム/♪ マリア/♪ トゥナイト/♪ アメリカ/♪ ジー、オフィサー・クラプキ/♪ ワン・ハンド、ワン・ハート/♪ クール/♪ トゥナイト(クインテット)/♪ ランブル/♪ アイ・フィール・プリティ/♪ サムウェア/♪ ア・ボーイ・ライク・ザット/アイ・ハブ・ア・ラヴ
  • 製作年度:2021年
  • 収録時間:約157分
  • コピーライト:© 2022 20th Century Studios.

ウエスト・サイド・ストーリー 4K UHD

詳細については、次の URL をご覧ください。……

解説

スティーブン・スピルバーグ監督が、1961年にも映画化された名作ブロードウェイミュージカル「ウエスト・サイド物語」を再び映画化。1950年代のニューヨーク。マンハッタンのウエスト・サイドには、夢や成功を求めて世界中から多くの移民が集まっていた。社会の分断の中で差別や貧困に直面した若者たちは同胞の仲間と集団をつくり、各グループは対立しあう。特にポーランド系移民の「ジェッツ」とプエルトリコ系移民の「シャークス」は激しく敵対していた。そんな中、ジェッツの元リーダーであるトニーは、シャークスのリーダーの妹マリアと運命的な恋に落ちる。ふたりの禁断の愛は、多くの人々の運命を変えていく。「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートがトニー、オーディションで約3万人の中から選ばれた新星レイチェル・ゼグラーがマリアを演じ、61年版でアニタ役を演じたリタ・モレノも出演。「リンカーン」のトニー・クシュナーが脚本、現代アメリカのダンス界を牽引するジャスティン・ペックが振付を担当。2022年・第94回アカデミー賞では作品、監督賞ほか計7部門にノミネートされ、アニータ役を演じたアリアナ・デボースが助演女優賞を受賞した。

2021年製作/157分/G/アメリカ
原題:West Side Story
配給:ディズニー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

特集

詳細については、次の URL をご覧ください。……

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button