Entertainment Japanese news daily

ラグビー 英語| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

ラグビー 英語, /%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%93%e3%83%bc-%e8%8b%b1%e8%aa%9e,

Video: ラグビーW杯で世界の一流審判の極意を学びたい

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

ラグビー 英語, 2020-11-18, ラグビーW杯で世界の一流審判の極意を学びたい, 大分市内の高校の英語教師、井餘田智さん。
英語力を生かしてラグビーワールドカップの審判を
サポートして欲しいと依頼を受けました。, yutaka masumi

,

英和・和英検索をもっと便利に

アプリならすべてのサービスを
ご利用いただけます。

データ提供:EDP ※データの転載は禁じられています。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ラグビーとは

ラグビーの発祥はイングランド。

そのため英語でもRugbyですが、正式には
ラグビーフットボール(Rugby football)
と言います。

イギリスラグビー校から生まれた競技と言われています。

試合は2つのチームに分かれて行われ、楕円形のボールを奪い合って相手陣地にボールを運ぶというスポーツで、非常に激しい競技の1つです。

15人制7人制のラグビーがあり、オリンピック競技は7人制、ワールドカップやトップリーグは15人制となっています。

スキルに加え、メンタル面も重要といえるスポーツです。

ラグビー用語

ラグビーで使用される言葉を見ていきましょう。

イングランド発祥ということで、英語がそのままカタカナになって使用されている用語が多いです。

ラグビーは反則(ペナルティ)もとられますし、ルールが非常に複雑なスポーツでありますので、ここでは基本的な単語のみを紹介したいと思います。

英語での解説も比較的簡単な言葉を使用して解説されていますので、読んでみましょう。

トライ Try

ラインアウト Lineout

モール Maul

スクラム Scrum

コンバージョン Conversion 

タックル Tackle

ドロップゴール Drop goal 

ノックオン Knock on

フォワード Forwards

バックス Backs

レフリー Referee

世界で有名なラグビー 英語圏

ラグビーは世界的に、とても人気のスポーツのひとつであり、英語圏の国でも人気があります。

毎年、ヨーロッパではSix Nationsという6ケ国対抗ラグビー大会が開催されます。

参加は、イギリス、スコットランド、アイルランド、ウェールズ、フランス、イタリアです。かの有名なギネスがメインの企業スポンサーです。

ラグビーとビールは切ってもきれない関係と言われています。

ラグビー好きの方で、留学を考えている方向けに国別に特徴をまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

また留学に行きたくても行けないラグビー好きの方は、下記の国のスポーツニュース等をチェックして生の英語に触れていきましょう。

イギリス

ラグビー発祥国で、ラグビーの競技人口は1番多い国です。
スポーツパブではラグビー中継を観ることが当たり前のようです。

2015年にロンドンで開催されたラグビーワールドカップでは、大盛り上がりでした。
南アフリカを下したときの日本戦、盛り上がりはイギリスでもすごかったです。

このような日本代表の活躍もあり、この時期から日本でもラグビー熱が高まったのではないのでしょうか。

テレビや広告などでよく日本代表選手を見ましたね。

旅行先、留学先としては定番な国であると思うので、本場でラグビー観戦も良い経験になると思います。

アイルランド

世界ランキング3位(2019年4月現在)で強豪国です。

アイルランドの英語は、日本人にもあまりなじみのない英語であると思います。

The Joe Rogan Experienceというポッドキャストで、アメリカ人はアイルランド人が何を話しているのか聞き取れないという内容のものが最近ありました。

同じ英語でも、アクセントがかなり違うので、アメリカ人にとっても難しいようです。

ラグビー好きの方は、ぜひアイルランド英語にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

ニュージーランド

世界ランキング2 位(2019年現在)のラグビー大国です。

ニュージーランド代表は、全身黒色のユニフォームを着ているチームで、オールブラックスと言われています。

ニュージーランド代表といえば、試合前のハカも有名ですね。

ハカとはマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き、足を踏み鳴らして自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊だそうです。

ニュージーランドも留学先としては定番の国だと思います。

ニュージーランドの英語は、キーウィイングリッシュ(Kiwi English)とも言われており、独特のイントネーションや語彙があります。

オーストラリア

世界ランキング6位(2019年現在)で、強豪国です。
オーストラリアは留学先として定番ですね。

オーストラリアはイギリスに植民地支配を受けていた影響もあり、イギリス英語の影響を受けています。

今では「オージーイングリッシュ」と言われるように特徴のある英語になりました。

南アフリカ

世界ランキング1位(2019年4月現在)です。

南アフリカはW杯優勝2度の強豪で、2015年W杯イングランド大会では日本が34―32で逆転勝ちし、「史上最大の番狂わせ」と言われました。

しかし、今回の大会ではイングランドを破って見事優勝でした。

南アフリカの英語については、過去のブログで紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

南アフリカに旅行や、留学された方は少ないとは思いますが、ネイティブキャンプではアフリカ出身の講師とも話すことができますので、2015年そして2019年の対南アフリカ戦についてぜひ語っていただきたいです。

盛り上がること間違いなしですね。

アメリカ

世界ランキング17位(2019年現在)です。

アメリカではアメリカンフットボールの方が人気ですが、実はラグビーの競技人口ということでいくと、アメリカは第2位だそうです。

アメリカンフットボールや、野球などが盛んなイメージですが、これらのスポーツの競技人口が伸び悩む一方で、サッカーやラグビーの競技人口が増えているそうです。

アメリカには、メジャーリーグラグビーというプロリーグが存在します。

いかがでしょうか。
ラグビー好きの方はさまざまな英語を学ぶことができますね。

好きな代表チームの選手インタビュー等をYouTube等でチェックすることも、生の英語に触れる良い機会だと思います。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

英語でラグビーを説明!ラグビーをきっかけに世界とつながろう - ネイティブキャンプ英会話ブログ

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button