Entertainment Japanese news daily

sayaka kanda| 有名人の最新ニュースを読者にお届けします。

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

私たちは、有名人の最新のゴシップを分析し、日本のポップ カルチャーの最新トレンドを分析することを何よりも愛しています。私たちはエンターテインメントのすべてに夢中になっており、私たちの情熱を世界と共有したいと考えています。当サイトへようこそ!

sayaka kanda, /sayaka-kanda,

Video: Sayaka Kanda, Takako Matsu – 生まれてはじめて (From “Frozen”)

私たちは、人々が好きな有名人について読んで、それについて気分を良くすることができるスペースを作りたかったのです.私たちは、人々が有名人についてポジティブな方法でゴシップできる場所を作りたかった.
私たちは、何年もの間、日本のエンターテインメント ニュースを生き、呼吸してきた情熱的なエンターテインメント ニュース ジャンキーの小さなチームです。

sayaka kanda, 2020-08-06, Sayaka Kanda, Takako Matsu – 生まれてはじめて (From “Frozen”), DisneyMusicJapanVEVOにチャンネル登録してディズニー音楽を楽しもう♪
登録はこちら: https://youtube.com/disneymusicjapanvevo?sub_confirmation=1

【楽曲情報】
神田沙也加、松 たか子
「生まれてはじめて」 (『アナと雪の女王』)

サントラはこちら:
Apple Music https://umj.lnk.to/Frozen_OST_AppleMusicVD
Spotify https://umj.lnk.to/Frozen_OST_SpotifyVD
Amazon Music https://umj.lnk.to/Frozen_OST_AmazonMusicVD
LINE MUSIC https://umj.lnk.to/Frozen_OST_LineMusicVD

https://store.universal-music.co.jp/product/uwcd8261/

他最新の音楽から懐かしの名曲まで楽しめるディズニープレイリストも聴けるよ♪ https://umj.lnk.to/Disney_Hits_Japan 

【作品情報/あらすじ】
明るく勇敢なアナ(声:神田沙也加)が、たくましい山男のクリストフ(声:原慎一郎)と彼の相棒トナカイのスヴェンと一緒に、姉エルサ(声:松たか子)をさがす壮大な冒険の物語。アレンデール王国は、触れたものを凍らせてしまうエルサの力で永遠の冬で閉ざされていた…。エベレストのように過酷な北の山で、雪だるまのオラフ(声:武内駿輔)や不思議な生き物トロールと出会ったアナたちは、エルサを見つけ出し、凍った世界を救うことができるのか?

【ディズニープラス】
https://disneyplus.disney.co.jp/view/#!/

【Music SNS】
ディズニー・ミュージック公式Twitter: https://twitter.com/disneymusicjp

Music video by Sayaka Kanda, Takako Matsu performing 生まれてはじめて (From “Frozen”). © 2020 Walt Disney Records

http://vevo.ly/zD32i1, DisneyMusicJapanVEVO

,

人物[編集]

父は俳優神田正輝、母は歌手松田聖子[7][8]。父方の祖母は女優の旭輝子[9]

ロリータ・ファッションを好んで着用しており、雑誌『KERA』やブログ[10] などでもロリータ姿を披露している[11]。活動休止中の2005年にも雑誌『KERA』に読者モデルとして「Lily」(リリィ)という名前で登場していたこともある[11][12][13]。この名前は「ドリーミーな世界観」を意識して名付けたという[11][13]

視力が0.1以下と悪く、普段はコンタクトレンズを装用していた[14][15]

ふなっしーの大ファンだった。ふなっしーとは『笑神様は突然に…』(日本テレビ)などで何度か共演していた他[16]、DVDのナレーションも務めていた[17]。また、子供のころからアニメやゲームが好きで、幼い頃からの『美少女戦士セーラームーン』のファンだった[18]。2010年代でも深夜アニメを見たりアニメ雑誌をチェックしたりフィギュアを集めたり休日には秋葉原で過ごすなど、アニメ好きであったという[18][19]

声優の三森すずこは中学時代の同級生[20][21]。歌手の中島美嘉は親友だと話す[22]

芸能界入りする前からの大地真央のファンであり、共演など親しくなってからは「ママ」と呼ぶほどに慕っていた[23]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

来歴[編集]

  • 2000年、 CX月9二千年の恋』でデビュー。
  • 2005年、『仮面ライダー響鬼』に童子役ほかでレギュラー出演。
  • 2007年、土曜ミッドナイトドラマティッシュ[注 1]にヒロインに偏執する義兄役で出演し注目される。
  • 2008年、『仮面ライダーキバ』でビショップ / スワローテイルファンガイアを演じ、3年ぶりに仮面ライダーシリーズに出演した。
  • 2017年4月26日、歌手・女優の神田沙也加との結婚を双方のSNSを通じて公表。同年10月2日より活動休止。
  • 2019年6月7日、朗読劇『私の頭の中の消しゴム 11th Letter』に妻の神田沙也加とともに出演し、休止後初の役者活動となる[4][5]
  • 同年12月4日、神田沙也加と離婚していたことを双方のブログで報告。話し合いの末の円満離婚で、離婚後に同居している期間もあったという[6]
  • 2021年に神田が急逝した際には、神田が飼っていた愛犬を引き取る意向を示し[7]、2022年には愛犬の世話をしていることをインスタグラムで明かしており引き取ったことが判明している[8]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

旭輝子 - Wikipedia

略歴[編集]

明治学院大学進学時に上京[3][1]。2010年に行われた「D-BOYSスペシャルユニットオーディション」のファイナリストに選ばれる[4]

同年12月にD2のメンバーとなり、2011年1月『ミュージカル 忍たま乱太郎』の中在家長次役で俳優デビュー。

2013年10月、D2がD-BOYSに加入し、D-BOYSメンバーとなる。仕事の都合もあり留年したものの、2014年9月に大学を卒業。

2021年12月22日、4日前の神田沙也加死去に際し、所属事務所の公式サイトを通じて神田との交際を認め故人を追悼するコメントを発表した[5]

2022年1月5日、事務所の公式サイトにて、心身不調のため活動休止し、出演予定だった舞台『ピアフ』も降板することを発表[6][7]。同年6月30日、本人の申し出により同日付で事務所を退所し、芸能界を引退することが事務所から発表された[8][9]

人物[編集]

  • 愛称は「前ちゃん」。
  • 幼少時にKinKi Kidsをみてアイドルに憧れ、芸能界を志すようになった。
  • 家族構成は祖父母・父・母・妹・犬。
  • 特技はギター、趣味はTVゲーム。
  • L’Arc~en~CielHydeの大ファンであることを公言しており、学生時代はコピーバンドを結成していた。

詳細については、次の URL をご覧ください。……

概説[編集]

日本を代表するアイドル歌手1970年代を代表するアイドルだった山口百恵が引退すると交代するようにデビュー、まもなくヒット曲を連発しただけではなく、髪型や、後には生き方など、さまざまな面で日本の大衆文化に大きな影響を与えるカリスマ的な存在となった。

1970年代を代表するアイドル山口百恵が引退した年の1980年4月に「裸足の季節」でレコードデビュー。伸びのある歌声で注目され、リリースしたレコードが次々とヒットを記録する1980年代を代表するアイドルとして活動した[6]。類い稀な声質と「ぶりっ子」と言われるほどの可愛らしい仕草や容姿とが相まって人気を獲得し、トレードマークの「聖子ちゃんカット」と呼ばれるヘアスタイルを模倣した若い女性たちが当の街中に溢れかえった[6]。後に中森明菜と人気を争うようになり、当時を知るファンの間では音楽番組における順位争いや、「聖子と明菜のどちらが好きか」という議論が語り草となっている(中森明菜は、歌番組でこの類の話題が出るとき、「聖子ちゃんのアルバム持ってますよ」とかわしていた。また、歌番組で『白いパラソル』を自己流の振り付けで歌ったり、アルバムで『瑠璃色の地球』をカバーしており、ライバル歌手としてではなく、切磋琢磨する同士としての認識が強かった)。

芸能界が「百恵引退後のアイドル像」を模索する中で、百恵の「実人生とアイドル像を限りなく一致させる」方針とは正反対の「ドレスを着飾ったアイドルの原点」を演じるという方向性を取り、実際に衣装や容姿に自身の主張を通していた(『聖子ちゃんカット』も自身が行きつけの美容室で相談しながら作り上げたものである)。聖子のアイドル像は、百恵の徹底した「脱アイドル」以前にあった「アイドルの原点」を表現する事にあり、これが若者の支持を集めたのではないかと評されている。百恵が引退した1980年10月の時点で、デビュー半年後の聖子は既に「ポスト山口百恵」の筆頭として認知されるに至っていた[6][7]

出版プロデューサーの但馬オサムは「容姿だけでなく歌の表現力でも1980年代のアイドル歌手としては突出したものを持っていた」と評価しており、歌の下手なアイドルでも通用した「かわい子ちゃん歌手」の時代からの転換を象徴していた[8]。声量に関しても特筆すべきものがあり、初期の楽曲の作詞を手掛けた三浦徳子は初めて聖子の歌声を聴いた時を振り返って「いくらでも声が出るんで驚きました。マイクなんかいらないくらい」とコメントしている。また、三浦が「母音をしゃくりあげるような歌い方」と表現する特徴的な歌唱法は同じく初期の楽曲の作曲を手掛けた小田裕一郎から受けたレッスンの影響によるもので、彼の歌い方にそっくりだという[9]

聖子を発掘してプロデュースしたCBS・ソニーディレクターの若松宗雄は、聖子の魅力について第一に声質を挙げ、透明感と強さ、その中に娯楽性とある種の知性を感じたと語っている。絶頂期は多忙なスケジュールから曲のレッスンを受ける時間はなく、レコーディング当日に楽曲を聴いて即収録に挑んでいた。プロデューサーからもとにかく勘が良いと言われており、2〜3回デモを聞いただけで曲調を覚えて歌えるようになっていたという。若松は聖子の上げた売り上げを惜しみなく有能なスタッフや新技術へと投入し、オリジナルアルバム「Pineapple」は1982年10月1日には世界初のCDとして発売された50タイトルの中に名を連ねている。1983年発売のアルバム「ユートピア」からデジタルレコーディングが行われるようになり、デジタルレコーディングの先駆者となった。マルチトラック・レコーダーには後にCDマスタリングのスタンダードとなるソニーのPCM-3324が導入され、CD時代を見据えた準備を他のアイドルよりも数年早く開始していた。1983年には過去作品も含めて音質にこだわったCD、マスターサウンドLP、メタルマスターCTが発売された。

楽曲の記録としては、1980年の3枚目のシングル「風は秋色」から1988年の26枚目のシングル「旅立ちはフリージア」まで24曲連続でオリコン週間シングルチャート第1位を獲得した[10]。これはピンク・レディーが当時持っていた9曲連続を大幅に塗り替える記録であり、CDバブルを迎えた2000年に破られるまで11年10か月間保持していた。

デビュー初期の曲は、主として三浦徳子の作詞・小田裕一郎の作曲によるものだったが、6枚目のシングル「白いパラソル」以降は作詞に松本隆が起用され(19枚目のシングル『ハートのイアリング』まで)、作曲家の選択も含め松本のプロデュース色が濃くなっていった。編曲は2枚目のシングル「青い珊瑚礁」から大村雅朗が主体となり、アルバム曲を含めた多くの楽曲を担当した[4]。1980年代の作曲家は財津和夫松任谷由実(『呉田軽穂』名義)、細野晴臣などニューミュージック系の作家が多かった。こうしたシンガーソングライターの起用について若松は、かつて自身が担当したキャンディーズ吉田拓郎コラボの成功が念頭にあり[11]、「独創的なシンガーソングライターとアイドルのコラボは予想を超えた新しい世界を生み出す」という判断からだったと述べている[11]

私生活では、デビュー前から憧れの存在であり数年にわたる交際の末に結婚間近とまで言われていた郷ひろみ破局。その後、すぐに映画で共演した神田正輝との交際が公となり、1985年6月に結婚。翌1986年10月に長女・沙也加を出産するなど、話題は尽きなかった。母となり大きな転換期を経た後も変わらずアイドル歌手としてヒットを続けたため、「ママドル」という呼称も生まれた。

1980年代から作詞や作曲を行うことが時折あり、「小さなラブソング」の作詞に始まり、「Canary」、「時間旅行」、「シェルブールは霧雨」などを作曲。この経験が後のセルフプロデュースにつながっていき、1990年代以降は作詞・作曲やアルバムのプロデュースに自ら取り組むシンガーソングライターとしての活動を展開していった。その一環として海外での音楽活動も意欲的に行っており、1990年にSeiko名義で全米デビューを果たした後も日本でのポップス路線と並行してたびたびリリースを続けていた。1996年には、小倉良と共作した「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」が初のミリオンセラーを記録し、自身最大のヒット曲(2022年現在)となった。歌手として円熟味が増した近年では、海外進出時に出会った著名な音楽家との交流を元に全編英語詞のジャズアルバム(『SEIKO JAZZ』、『SEIKO JAZZ 2』)をリリースするなど、新たな一面も見せている。

デビューから40年あまり、過激なプライベート報道や様々なバッシングに遭いながらもなお「アイドル」と呼ばれ続けるその活動に敬意を表して「永遠のアイドル」と称されることもあり、『女性自身』や『婦人公論』その他の雑誌、TVなどのメディアにおいて「生き方に憧れる女性有名人」「輝いている女性有名人」「スターだと思う有名人」「永遠のアイドルだと思う有名人」などの好感度アンケートでは常に上位にランクインした。2007年4月9日、「松田聖子的生き方」とそれに共感する同世代の女性たちに焦点を当てたドキュメンタリー番組、NHKスペシャル『松田聖子 女性の時代の物語』が放送され、放送後も『朝日新聞』の天声人語(4月15日付)にもその話題が取り上げられた。大宅壮一文庫創設以来の人名索引総合ランキングでは「松田聖子」が1位(2020年10月)となっており、2位の小沢一郎らを抑えて「日本の雑誌に最も頻繁に登場した著名人」とされている[12]

詳細については、次の URL をご覧ください。……

生涯[編集]

東京都台東区浅草出身。1938年(昭和13年)、実践女学校(現・実践女子学園中学校)を中退し松竹少女歌劇学校に入る。翌年、松竹少女歌劇団に入団し1947年(昭和22年)に退団。映画やドラマ、舞台にと幅広く活躍した。

旭の死去に際し、浅草公会堂の「スターの広場」前には旭を偲び花束が置かれた[1]

出演[編集]

映画[編集]

  • 唄まつり百万両(1948年)
  • 歌ふエノケン捕物帖(1948年)
  • エノケン・大河内の旅姿人気男(1949年)
  • エノケン・笠置の極楽夫婦(1949年)
  • エノケンのとび助冒険旅行(1949年)
  • 飛びっちょ判官(1952年)
  • びっくり六兵衛(1953年)
  • 恋人のいる街(1953年)
  • 初笑い底抜け旅日記(1955年)
  • 冠婚葬祭入門・新婚心得の巻(1971年)

舞台[編集]

  • パノラマ島奇談(1965年)
  • 江利チエミ特別公演 昔の恋の物語「じゃがたらお春」(1969年、1970年)
  • 朝丘雪路連続七回出演記念(恋ごよみ)おさん茂兵衛 秋に競う雪路まつり(1994年)

ドラマ[編集]

  • とんだ忠臣蔵(1953年)
  • てんてん娘(1956年)
  • 金四郎江戸桜(1957年)
  • あの波の果てまで(1959年)
  • 大菩薩峠(1961年)
  • テレビ指定席 / 流人天国(1961年)
  • ナショナル ゴールデン・アワー / 松本清張シリーズ・黒い断層「氷雨」(1961年)
  • 花の生涯(1963年)
  • 丹下左膳(1963年)
  • 細うで繁盛記(1970年)
  • 特別機動捜査隊 第480話「砕けた赤いダイヤ」(1971年)
  • 遠山の金さん捕物帳 第35話「蒸発した女」(1971年) – おあき
  • アイフル大作戦 第17話「美女の顔 紛失事件」(1973年)
  • 水戸黄門 第4部 第31話「仇討無用-日光-」(1973年) – 小浪
  • バーディ大作戦 第48話「必殺!ママに捧げる犯罪」(1975年) – 秋山久代
  • 契りきぬ(1976年)
  • Gメン’75 第63話「拳銃を撃てない警官」(1976年)− 峯村信雄の母

詳細については、次の URL をご覧ください。……

ユーザーがトピックに関連して検索するキーワード sayaka kanda sayaka kanda

Sayaka, Kanda, Takako, Matsu, 生まれてはじめて, (From, Frozen), Walt, Disney, Records, Soundtrack, #アナと雪の女王 #Frozen #神田沙也加 #松たか子 #生まれてはじめて

.

結論として、日本のエンタメニュースは興味深くエキサイティングな話題です。日本の文化やエンターテインメント業界について学ぶことはたくさんあります。日本のエンタメニュースはとても面白いです。新鮮でわくわくする情報が満載です。ぜひ、この本を読んで、この国とその文化についてもっと学んでください。この記事が有益で役立つことを願っています。読んでくれてありがとう!

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button