健康 (Health)

2021年秋の一時的な輸入要件:カリフォルニアの一部からのロメインレタスの一部を大腸菌についてテストする必要があります

カナダ食品検査庁(CFIA)は、カナダ人を健康上のリスクから保護するために、2021年の成長期に向けて、カリフォルニア州サリナスバレーからのロメインレタスの一時的な輸入許可条件を実施しています。 2021年9月14日–オンタリオ州オタワカナダ人を健康上のリスクから保護するために、カナダ食品検査庁(CFIA)は、サリナスバレー(サンタクルス、サンタクララ、サンベニート、モントレー郡)からのロマインレタスの一時的な輸入条件を実施しています。 2021年の成長期に向けてカリフォルニアで。 2021年9月30日から12月31日までの間に、米国からのロメインレタスおよびロメインレタスを含む製品の輸入者は、製品がカリフォルニアのサリナスバレーの郡からのものではないことの証明、または各出荷の証明フォームと分析証明書を提出する必要があります。ロメインレタスが検出可能なレベルの大腸菌O157:H7を含まないことを実証するため。 同様の一時的な輸入条件は、昨年の秋のシーズン中に実施されました。 一時的な要件により、カナダ人向け安全食品法(SFCA)およびカナダ人向け安全食品規制(SFCR)の下ですでに実施されている食品安全対策に追加レベルの管理が追加されます。 2021年1月15日の時点で、SFCR要件は、州間貿易を輸入、輸出、または従事する生鮮果物または野菜(FFV)セクターのほとんどの企業に施行されました。 SFCRの下で、ロメインレタスを輸入する企業を含むFFV企業は、現在、カナダ人向けの安全な食品の免許を取得し、以下を維持する必要があります。 食品へのリスクとそれらへの対処方法を文書化した予防管理計画。 サプライチェーンの一歩前進と一歩後退の食品の動きを追跡するトレーサビリティ文書。 2016年から2019年にかけて、カリフォルニアのロメインレタスは、米国とカナダでの大腸菌の発生と関連がありました。 カナダと米国の当局による食品安全調査により、サリナスバレーの栽培地域が大腸菌の発生の繰り返し発生源であることが特定されました。 その結果、CFIAは米国食品医薬品局(FDA)と緊密に協力して、発生の可能性を特定して対応しています。 追加の保護措置カナダは、ロメインレタスに関連する潜在的な危険を最小限に抑えるために、特定の輸入要件を維持しています。 たとえば、カリフォルニアからの葉物野菜の輸入は、カリフォルニア葉物野菜マーケティング協定(LGMA)の認定メンバーによって供給される製品に限定されています。 LGMA認定メンバーは、カリフォルニア食品農業局による定期的な監査の対象となる食品安全要件を順守する必要があります。 CFIAには、新鮮な野菜に含まれる大腸菌O157:H7の定期的な監視プログラムがあります。 2019年4月1日以降、CFIAは定期的な監視プログラムに加えて、輸入されたロメインレタスとロメインレタスを含む製品の年間1,000サンプルを追加しました。 詳細については、CFIAのガイダンス「米国からのロメインレタスの輸入要件」を参照してください。 CFIAは、健康的な食品供給システムを保護し、カナダ人が食べる食品の安全を確保し、食品および食品の国際貿易を促進する上で重要な役割を果たします。 成長条件のため、カナダは主に秋の月にサリナスバレーからレタスを輸入しています。 2020年1月から12月にかけて、ロメインレタスまたはロメインレタスを含むサラダミックスの約40,000の出荷がカナダに輸入されました。ロメインレタスは、食品安全上のリスクの増大に関連しています。 カナダでは、ロメインレタスに関連する病気の発生が7件記録されており、2010年から2019年にかけてE. coli O157:H7によるロメインレタスまたはロメインレタスを含む製品のリコールが16件あります。CFIAの一時的な輸入要件に基づき、サリナは、国際研究所認定協力(ILAC)相互承認協定(MRA)に署名している認定機関によって認定された研究所でテストする必要があります。 2020年、CFIAは10月7日から12月31日までサリナスバレーからのロメインレタスの一時的な輸入条件を課しました。カナダでは、その地域からのレタスに関連するE.coliの発生はありませんでした。

  • マーケティング (Marketing)
  • 仕事 (Business)
  • 健康 (Health)
  • 食物 (Food)
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Back to top button