ニュース (News)

長崎県の必見体験

長崎県は、日本での貿易が始まって以来、東アジアとの重要なつながりを築いてきました。 歴史を学んでいない時、九州の東海岸にあるこの活気あふれる地域で何をしますか? さて、長崎には、小値賀島、佐世保市、東彼杵町、長崎市を訪れる際に体験する価値のある豊かな文化があります。 小値賀島で何をすべきか小値賀島でオリジナルのはがきを作成してプレスする活版印刷は5世紀前にドイツで発明され開発されましたが、長崎は日本の活版印刷の発祥の地であると言われています。 それはすべて、ヨーロッパの活版印刷をとても愛していた文房具愛好家の本木昌造が長崎に最初の活版印刷のトレーニングスクールを開いたときに始まりました1869。 これは、日本における現代の印刷の始まりを示しました。 小値賀島は長崎県小値賀島にあるクラフトを専門とする独立系企業です。 活版印刷を文化遺産として維持し、事業を営むことを主な使命とする横山桃子氏が運営しています。 同じく小値賀島の活版印刷会社新光社で働く横山の両親は、何世代にもわたって活版印刷事業に携わってきました。 大学でデザインを学び、東京で1年間働いた後、横山は故郷への帰国の呼びかけを感じました。 彼女に本当に興味を持ったことのない活版印刷は、突然とても魅力的でした。 活版印刷は日本で復活を遂げており、活版印刷の名刺に関心を持つアーティスト、クリエイティブ、企業が増えています。 横山もワークショップの開催を開始しました。 好奇心旺盛な旅行者は、自分でポストカードを作成して押して家に持ち帰ります。 このワークショップは簡単ではありませんが、特にやりがいがあります、と横山は言います。 鎌倉の長寿寺と混同しないように、この長寿寺は小値賀島にあります。 この寺院は、枯山水と、僧侶が主催する禅の瞑想セッションで有名です。 訪問者はグループ瞑想セッションに参加したり、寺院の敷地内にある石庭の造園を試してみることができます。 すくいだけを使った造園は難しく、かなりの忍耐と集中力が必要です。 あなたがいつもそれらの美しいロックガーデンにどれだけの仕事が入っているのか疑問に思っているなら、これはあなたが知るチャンスです。 どちらのアクティビティも無料で提供されます。 佐世保市で何をすべきか佐世保駒本吾で自分だけの佐世保コマ(こま)を描く長崎の工芸品である佐世保コマ(または佐世保こま)は、伝統的に装飾が控えめで、下半分の縞模様は5色だけです。 しかし、最近では、現代的なデザインの活気に満ちた佐世保駒を見つけることができます。 これらのこまは、もともと中国南部の商人との貿易を通じて日本に到着したものの、台湾とインドの起源があると言われています。 佐世保駒は、長時間紡ぐと幸運と健康をもたらすと信じられています。 佐世保駒は本棚や机の上の素敵な装飾になり、旅行を思い出させる確実な方法です。 佐世保にいるときは、自分で絵を描くのもいい活動です。 幸いなことに、佐世保駒本浦では定期的にワークショップを開催しており、旅行者はクラフトについてもっと学ぶことができます。 佐世保駒本吾は、佐世保駒を長崎の名工芸品に変えることに専念している職人の家族である山本家によって運営されています。 当店で塗装している佐世保駒は、長崎県産の素材を使用しており、製造工程で廃棄された木くずは、地元の茶畑を霜から守るために使用されています。 この楽しい木のおもちゃの歴史について、誰よりも知っていると言っても過言ではありません。 10人のグループには予約が必要ですのでご注意ください。 ゼロから寿司を作る方法を学ぶ日本食についてもっと知りたい場合は、プロの寿司職人の指導の下で自分の寿司を作ってみることができます。 寿司を作るには、厳格な指導者の下で何年もの訓練が必要です。このワークショップからは充実した食人ではありませんが、私たちのほとんどよりもはるかに親密になります。 このワークショップでは、自宅で寿司を作る方法を学ぶことができます。 また、卵焼き、または日本のオムレツの作り方も学びます。 このほんのり甘いがたんぱく質が豊富なスナックは、全国の定番の日本の屋台の食べ物です。 東彼杵町で何をすべきか日本茶の専門家になる長崎の貿易の歴史は、日本のお茶の歴史に関して特に強いと感じています。 歴史家は、最初の茶の種が奈良時代のいつか中国から持ち込まれたことに同意します(710–794)そして九州の僧侶に届けられました。 平戸市では、現在と同様の栽培が始まっていることが知られています。 ヨーロッパの下取り1610を再開した最初の港の1つである平戸は、輸出拠点としても機能しました。 日本の緑茶が最初にヨーロッパに紹介されたのはその時です。 世界日本茶協会によると、「現在、長崎は日本でのお茶の生産でNo。12にランクされています。 2020生産された578tのお茶。 長崎のお茶の60%以上は東彼杵で作られています。」 日本茶が好きで、その生産と歴史についてもっと知りたいと思っているなら、長崎池木茶が主催するこの体験に参加することを検討してください。 飲み物の背後にある植物についてもっと学ぶことから、味蕾やパレットをテストすること、そしてより幅広い種類のお茶まで、お茶の専門家になるために一歩近づいて家に帰りましょう。 体験には、伝統的な日本の茶道も含まれます。 この体験は、有名な緑茶の認定インストラクターであり、世界日本茶協会の理事である松本康治が主導しています。 過去17年間、彼は熱心で起業家精神にあふれ、日本でお茶、お茶の栽培、お茶の観光を推進してきました。精神。 長崎池木茶の取り組みについて、「東彼杵町の豊かな自然と素晴らしい景観に大きな可能性を感じています」と語っています。 「池木」とは、農業やお茶の時間の休憩を意味する地域の表現で、地域とお茶の深い関係を表しています。 言及する価値のあるもう一つのポイントは、素晴らしいロケーションです。 ほとんどの茶畑はより内陸にありますが、これは海に近く、この地域で最も美しい風景の1つであると考えられています。 長崎池木茶の詳細をご覧ください。 長崎の街歩きを着物で歩き回る長崎は、着物を着て近所を散歩するのに日本の他の場所と同じくらい良いです。 しかし、着物を着ることは素晴らしい写真撮影になりますが、伝統的な衣服はしばしば重くて暑くて歩き回っています。 市内の着物レンタル店長崎ハイカラサンは、これを理解し、創造的な解決策を考えました。着物のような服は、着物があなたを感じさせる方法ですが、楽しみに必要な快適さを提供します。長崎周辺の小旅行。 彼らの着物は着るのに約5分、脱ぐのにさらに5分かかり、街での時間を最大限に活用できます。 必需品長崎海からさん公式サイト長崎池木ティーツアー公式サイトおじかっぱん予約サイト佐世保駒本浦予約サイト寿司と大巻ワークショップ予約サイトスポンサー投稿

  • マーケティング (Marketing)
  • 仕事 (Business)
  • 健康 (Health)
  • 食物 (Food)
  • ニュース (News)
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Back to top button