仕事 (Business)

英国の失業率は8月の雇用の急増の中で低下します

英国の失業率は、パンデミックからの景気回復に追いつくために企業が雇用を続けたため、前四半期に0.3%下落しました。 国家統計局によると、失業率は現在、経済学者の予測に沿って4.6パーセントになっています。 この秋は、8月の採用記録に支えられ、先月は241,000人の従業員が給与に追加されました。 Covid-19が攻撃される前の、2020年2月よりも多い、合計で2,910万人の企業の給与が発生しています。 しかし、ロンドン、スコットランド、南東部はまだパンデミック前の雇用水準に戻っていません。 採用が急速に進む可能性が高いことを示す兆候として、記録が始まって以来初めて、現在100万人を超える空席があります。 しかし、今月の一時解雇制度の終了は労働市場を逆転させる可能性があるという警告があった。 大蔵大臣のリシ・スナック氏は、次のように述べています。昨年の開始以降のどの時点よりも8月に通知された潜在的な冗長性。 「私たちはパンデミックから回復し続けているので、私たちの焦点は機会の創出と人々の仕事の支援にあり続けています。」 KPMGのチーフエコノミストであるYaelSelfin氏は、一時解雇の計画が終了するにつれて、今後数か月以内に仕事に復帰しようとする人が増えると述べた。 「スキル不足と海外労働者の利用可能性の低下により、欠員の補充に時間がかかるため、市場は不安定な状態が続くだろう」と彼女は述べた。 経営者協会のチーフエコノミスト、キティ・アッシャー氏は、国内の労働力に投資することで、このような不足によって残されたギャップを埋めることができることを示すよう政府に圧力がかかっていると述べた。 「経済は現在、一時解雇の終わりに向けて準備が整っており、失業率は明確な下降傾向を示しており、記録が始まって以来、経済の空室率は最高レベルになっています」と彼女は述べた。 「政府は今、見習い税を通じて提供される訓練の範囲を拡大することを含め、再訓練する生涯の機会を展開し、拡大することを緊急に必要としています。」

  • マーケティング (Marketing)
  • 仕事 (Business)
  • 健康 (Health)
  • 食物 (Food)
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Back to top button