カテゴリー

私がアプリ フォルダーを捨てて、電話の混乱を受け入れた理由

by Tim Marcin

アプリのフォルダを気にしなくなった正確な瞬間はわかりませんが、パンデミックの最中だったと思います。 アプリの整理に半分のエネルギーを費やすことができませんでした。

まず、告白します: 私は組織化された人間ではありません。 すべてを所定の位置に保つことは常に困難でした。 パートナーと共存するために少しずつ上手になってきましたが、それは自然なことではありません。

というわけで、携帯電話のホーム画面にあるアプリ フォルダーや、あらゆる種類の整理を楽しんだことは一度もありません。 私はかつて、アプリをページごとに色分けしている人を見て、ループに陥ったことがあります。それは、私の心の中でエベレストに登っていたのかもしれません。

ここ Mashable では、アプリを整理するための 提案された方法さえあります 過去には、動詞ベースのフォルダーからアルファベット順、絵文字でラベル付けされたフォルダーまで、あらゆるものを使用していました。

Emoji-based organization previously suggested by Mashable.

Mashable によって以前提案された絵文字ベースの組織。

林檎 2010年にiPhone用のフォルダをデビューさせて以来、iPhoneは私が所有する唯一のスマートフォンであるため、大まかに使用しています。 最初は、フォルダーは非常に便利だと感じました。 私の携帯電話には限られた数のアプリしかありませんでしたが、それは物事をきれいに保ちました. 彼らは私の電話の背景をはっきりと見ることができました。 しかし、時が経つにつれて、あらゆるものにアプリが存在するようになりました。 私の洗濯物は今ではアプリによって運営されています — 私は文字通りアプリなしでは服を洗うことができません。 フォルダーを使用して、数え切れないほどのアプリ (もちろん、ほとんど使用しないアプリ) を整理するのは不可能に思えました。 便利なツールというよりはタスクのように感じられ、アプリを見つけるのは簡単ではなく難しくなりました。

したがって、最終的には、パンデミックと私の自然な状態の何らかの組み合わせが、

の精神に私を導いたクソ。 フォルダなし、順序の類似性なし、いいえ

ここは私の料理アプリの場所、ここは交通機関、ここはメッセージング。 Snapchat がソーシャル メディアなのか、メッセージなのかはわかりません。 携帯電話をきちんと整理整頓できます。 神もマスターもいません。

ここで、私の作品を見て絶望してください。 (ちなみに、これは私の携帯電話にある多くのページの 3 ページに過ぎず、すべてアプリでごちゃごちゃしています。)

My many apps, entirely unorganized.

まったく整理されていない私の多くのアプリ。

画像: スクリーンショット: iphone / ティム・マルシン / マッシャブル

そして、あなたは何を知っていますか? このホーム画面の混乱により、私の生活はより良くなりました。 私の洗濯アプリの下に孔雀? 承知しました。 TikTokとZillow? 何故なの。 パッケージ追跡機能付きのチーズステーキ レストラン? 理にかなっています。

まとまりのない人間としては、私にとってはうまく機能します。 必要なアプリを見つけようとしてさまざまなフォルダーをぶらぶらする代わりに、私の脳はオートパイロットに入り、ページにスワイプして bam、アプリを開きます。

はい、めちゃくちゃですが、my めちゃくちゃ。

バインダーにぼろぼろの紙を詰め込んだ学校のあの子を知っていますか? 定規、開いたペン、学期前のシートに挟まれたしわくちゃの課題。 しかし、どういうわけか、彼らはいつも必要な紙切れを正確に見つけたのでしょうか? それは私でした。

私の携帯電話の画面はその最新版です。 はい、めちゃくちゃですが、

my めちゃくちゃ。 そして、マッスルメモリーを使い果たし、大きく開いたディスプレイは、 よりも私にとってより良く機能します。そして、すべての場所には独自のものがあります.

つまり、最悪の場合、下にスワイプして必要なものを検索するだけです.アプリをフォルダーに入れて時間を無駄にしました。 私の電話ではすべてがカオスですが、私にとってはそれは美しいことです。 私はコントロールを放棄し、その行為の中で、私自身の小さな組織形態を見つけました。

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button