食物 (Food)

求人は初めて100万人を突破

外食産業をはじめとする業界からの需要により、求人件数は初めて100万人に達しました。 ONSの最新の数字によると、6月から8月の間に1,034,000の空室が記録され、宿泊施設および外食産業では求人数が75.4%増加しました。 ONSの経済統計担当副国家統計局であるジョナサン・アトウ氏は、ホスピタリティ部門は「求人を埋めるのが難しいと報告している雇用主の割合が最も高い」と述べた。 ONSはまた、賃金の伸びが継続的に増加し、ボーナスを含む総収入が昨年の同時期と比較して7月までの3か月間で8.3%増加したと報告しました。 英国の給与労働者の数は7月から8月の間に241,000人増加し、コロナウイルスが発生する前のレベルを1,000人上回ったとのことです。 また、アナリストの予測に沿って、失業率は再び4.6%に低下したとも述べています。 Athow氏は、次のように述べています。 「しかし、この回復は均一ではありません。ロンドンなどの打撃を受けた地域や、ホスピタリティ、アート、レジャーなどのセクターでは、労働者の数はパンデミック前のレベルでかなり減少しています。 「全体的な雇用率は、特にパンデミックの最初に大きな打撃を受けた若年労働者などのグループの間で回復し続けていますが、失業率は低下しています。」 ONSはまた、失業率と非活動率の低下とともに、16歳から24歳までの人々の就業率の「大幅な増加」を報告しました。 小売業、ホスピタリティ、レジャーの役​​割がパンデミックの影響を受けたため、若者は失業率が特に大幅に増加しました。 リシ・スナック首相は次のように述べています。「今日の統計によると、失業率は7か月連続で低下し、パンデミック前のレベルを超えており、昨年の初め以来のどの時点よりも8月。 「私たちはパンデミックから回復し続けているので、私たちの焦点は機会の創出と人々の仕事の支援にあり続けています。」

  • マーケティング (Marketing)
  • 仕事 (Business)
  • 健康 (Health)
  • 食物 (Food)
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Back to top button