仕事 (Business)

日本のワクチン大臣河野は世論調査で次の首相として支持した

東京-日本のワクチン担当大臣、河野太郎は、与党自民党(LDP)の党首として菅義偉首相を引き継ぐべきである週末の意見調査で支持された候補者として浮上しました。 9月29日に設定された自民党総裁選挙の勝者は、首相であることがほぼ確実である。 選挙では、自民党議員とその草の根議員だけが投票するが、一般大衆の間での候補者の人気は、今年後半に党を総選挙に導くだろう。 朝日が土曜日と日曜日に毎日行った調査では、調査対象者の33%が河野氏が次の自民党指導者として最も適していると述べ、石破茂前国防相が16%、岸田文雄前外相が14%となった。 意外な発表で、菅氏は今月初めに首相を辞任し、コロナウイルスの症例が急増したために支持が崩壊した1年間の任期を終えると述べた。 朝日新聞の調査によると、調査対象者の58%が、次期自民党党首が菅義偉首相と安倍晋三首相の政策を引き継ぐべきではないと考えている。 日経新聞の同様の世論調査では、石破茂の17%、岸田氏の14%を上回り、調査対象者の27%が与党首相に最適な河野氏を選んだ。 河野氏と岸田氏はトップパーティの候補者を宣言したが、石場氏は彼の意図を公表していない。 ロイター

  • マーケティング (Marketing)
  • 仕事 (Business)
  • 健康 (Health)
  • 食物 (Food)
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Back to top button