マーケティング (Marketing)

地震保険市場はファーマーズ保険グループ、オールステート、ステートファームで世界的に急成長しています

ニュージャージー州エジソン-(SBWIRE)-2021年9月6日-Advance Market Analyticsは、「地震保険市場の洞察、2026年まで」に関する新しい研究出版物を232ページで公開し、見栄えのする形式で自明の表とグラフを充実させました。 。 調査では、市場に関連する利害関係者をターゲットにすることによって生成された、新たに進化するトレンド、ドライバー、制約、機会を見つけることができます。 地震保険市場の成長は、主に世界中で研究開発費が増加したことによるものです。調査でプロファイルされた主要なプレーヤーの一部は次のとおりです。ファーマーズ保険グループ(米国)、オールステート(米国)、ステートファーム(米国)、リバティミューチュアル(米国)、全国(米国)、USAA(米国) 、Safeco(米国)、Mapfre(スペイン)、GeoVera(米国)、Munich Re(ドイツ)、この調査の無料の独占PDFサンプルコピーを入手@https://www.advancemarketanalytics.com/sample-report/93585-global-earthquake-insurance-market地震保険のレポートの範囲:地震保険は、地震による被害が発生した場合に保険契約者に支払う財産保険です。 控除額が高いので、家全体が破壊された場合は地震保険になりますが、家が壊れただけの場合は役に立ちません。 保険料は、木材、場所、地震の可能性など、住宅で使用されている材料によって異なる場合があります。 かなりの地震が発生した後、保険会社は数週間保険の販売を停止します。 さまざまな国のさまざまな政府規制により、地震保険の需要が高まっています。 市場のタイトルの付いたセグメントとサブセクションを以下に示します。タイプ別(生命保険、損害保険)、エンドユーザー(個人、商業)、補償範囲(住宅補償、動産補償、追加の生活費)、流通チャネル(オンライン、保険ブローカー)市場動向:財産保険は現在、経済的影響の機会を被保険者に補償するために作られています。一人当たりの所得市場の推進力の増加:自然災害の蔓延の増加動産の補償範囲などの利点は、市場の成長の課題を煽っています。地震保険についての認識の欠如含まれる保険地域に関連する高リスク:北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、オセアニア、南米、中東、アフリカ国レベルの内訳:米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、チリ、南アフリカ、ナイジェリア、チュニジア、モロッコ、ドイツ、英国(UK)、オランダ、スペイン、イタリア、ベルギー、オーストリア、トルコ、ロシア、フランス、ポーランド、イスラエル、アラブ首長国連邦、カタール、サウジアラビア、中国、日本、台湾、韓国、シンガポール、インド、オーストラリア、ニュージーランドなど。世界の地震保険市場レポートについて質問がある場合は、専門家に質問してください@ https://www.advancemarketanalytics.com/enquiry-before-buy/93585-global-earthquake-insurance-market 世界の地震保険市場の目次でカバーされる戦略的ポイント:第1章:はじめに、市場の原動力製品調査研究の目的地震保険市場の範囲第2章:独占要約–地震保険市場の基本情報。第3章:市場のダイナミクスの表示-地震保険の推進要因、傾向、課題、機会第4章:地震保険市場要因分析、ポーターズファイブフォース、サプライ/バリューチェーン、PESTEL分析、市場エントロピー、特許/商標分析の提示。第5章:タイプ別、エンドユーザー別、地域/国別の表示2015-2020第6章:競争力のある風景、ピアグループ分析、BCGマトリックスおよび会社概要で構成される地震保険市場の主要メーカーの評価第7章:セグメント別、国別、メーカー/企業別の市場を評価し、これらのさまざまな地域の主要国別の収益シェアと売上高を評価する(2021-2026)第8章と第9章:付録、方法論、およびデータソースの表示最後に、地震保険市場は個人や企業にとって貴重なガイダンスの源です。 @ https://www.advancemarketanalytics.com/reports/93585-global-earthquake-insurance-market

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button