カテゴリー

全仏オープン 2021: セリーナ ウィリアムズが 4 回戦に突入

Serena Williams after hitting a backhand
セリーナ・ウィリアムズは、これで64回グランドスラムの4回戦に到達した

セリーナ ウィリアムズは、ダニエル コリンズに対して 3 回戦で優勢な勝利を収めた後、フレンチ オープンのドローの前半で最高のシードのままです。

アメリカの第7シードは、同胞のコリンズを6-4 6-4で破り、次にカザフスタンの第21シードのエレナ・リバキナと対戦する.

39 歳のウィリアムズは、アリナ・サバレンカの後、女子ドローに残った上位 10 シードの 4 つのうちの 1 つです。

)ベラルーシの第3シードは、アナスタシア・パヴリュチェンコワに6-4 2-6 6-0で破られた.

ウィリアムズはマーガレット コートの 24 グランの記録に匹敵するよう入札しています d スラムは勝利を収めたが、2016 年以来、ローラン ギャロスでの第 4 ラウンドを通過していない.

“本当に感じたよかった」とウィリアムズは語った。 「物事は思い通りにはいきませんでした。私はそれを稼いで、それを好転させなければなりませんでした。

“それは次の試合に向けて本当にポジティブだった」

なぜ女子のドローに残っているトップ 10 の選手はこれほど少ないのですか?

2001 年以来、ローラン ギャロスでの女子 3 回戦に到達したトップ 10 シードがこれほど少ないわけではありません。

アシュリー・バーティと、アメリカと全豪オープンの現チャンピオンである大坂なおみがそれぞれ怪我とメンタルヘルスの理由で棄権したことに加えて、世界3位 シモーナハレプは子牛の問題で大会前に撤退した.

法廷で、サバレンカはカロリナをフィーチャーした犠牲者リストに加わったプリスコバ、ビアンカ・アンドレスク、ベリンダ・ベンチッチは、第11シードのペトラ・クビトバの負傷に加えて、ドローアップを大幅に広げた. )

Victoria Azarenka
第15シードのアザレンカは、マディソン・キーズを6-2 6-2で下し、16位まで到達した

t の下半分でシードなしの準々決勝進出が保証されます。 彼はタマラ・ジダンセクと引き分け – カテリーナ・シニアコワを0-6 7-6 (7-5) 6-2で下した – ルーマニアのソラナ・チルステアとのラスト16戦で対戦する.

それは、ウィリアムズがグランドスラムの歴史に名を刻もうとする努力の助けになるはずですが、アメリカ人はまた、おそらくドローの最も難しいクォーターに収容されています.

もし彼女がリバキナを超えて交渉するなら、39歳の彼女は準々決勝で2度グランドスラムの勝者であるビクトリア・アザレンカまたはパヴリュチェンコワと対戦することになる.

「私たちが見たように、まだ多くの試合、素晴らしい選手がいます」とウィリアムズはオープンドラについて語った。 w.

“このゲームはとても奥が深いです。最初のラウンドでプレーするかどうかは関係ありません。すべての試合で本当に戦わなければならず、簡単なことは何もありません。 .”

ウィリアムズは 2 番目から回復します。スタッターを勝利に設定

2人のアメリカ人を分けるものはほとんどありませんでしたオープニングゲームで、しかし特徴的に強力なサーブは最終的にウィリアムズをコントロールした.

3 回の全仏オープン c ハンピオンは第 1 セットで 5 つのエースを務めた – 2 つのダブル フォールトによってやや打ち消された – そして印象的なクロス コート ボレーにより、彼女は 4-3 アップするための休憩を取った。

ウィリアムズは第1セットを取るためにそこから持ちこたえ、27歳のコリンズのレベルが第2セットの開始時に低下したため、助けの手を与えられ、彼女に早期のブレークを与えた.

しかし、ウィリアムズのサーブにダブル フォールトが忍び込み、その結果、彼女は世界番号 50 に 2 ゲームを与えました。 4月に子宮内膜症の手術を受けて以来、初めての大会に出場した選手

4-1 から、ますます熱くなったウィリアムズが次の 5 ゲームで勝利し、グランドスラムで 64 回目のラウンド 4 位を獲得しました。彼女の経歴

ウィリアムズの 4 回戦の相手 リバキナ 金曜日、エレナ・ベスニーナに対して快適な 6-1 6-4 の勝利を収めました。

アメリカ人のサーブは自身が第3ラウンドで12本のエースを打ち、1度もブレークポイントに直面しなかった21歳の相手に試された.

欲求不満のサバレンカが衝撃の敗北に陥る

Aryna Sabalenka.
アリナ・サバレンカはグランドスラムの4回戦を通過したことがなく、敗北時に明らかに欲求不満だった

パヴリュチェンコワ(29歳)は、グランドスラムの準々決勝を突破したことは一度もなかったが、ロシアの第31シードは、サバレンカに対する第1セットを3-0で制した。

過去 18 か月間にドーハ、オストラバ、リンツ、アブダビ、マドリッドで 5 つのタイトルを獲得したが、まだメジャー – パヴリュチェンコヴァを2度ブレークして2セット目を奪った

しかし、サバレンカはパヴリュチェンコバが彼女の太ももを治療するための怪我で、決定セットで 1 試合も勝てず、合計 39 回のアンフォースト エラーを打った.

防御チャンピオンのイガ・スビアテック、エリナ・スビトリーナ、アメリカのソフィア・ケニンは、ドローの上半分に残った上位10シードで、3人はすべて土曜日に第3ラウンドの試合を行う.

    Banner Image Reading Around the BBC - Blue

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button