カテゴリー

モハメド・ファラーが東京10,000m予選を欠場

Mo Farah
ファラは2017年の世界選手権以来、初めてトラック10,000mでレースをした

2度のディフェンディングチャンピオンであるモー・ファラーの、オリンピック10,000mでイギリスを代表するという希望は、彼が倒れた後、終わったようだヨーロッパ10,000mカップの予選マークに達していない

38歳の彼は8位で、仲間のブリトン・マークに次ぐスコット、オリンピックのトライアルを兼ねたレースで。

ファラの時代 27バーミンガムでの 50.54 秒は、必要な時間に 22 秒以上不足していました。

ファラはその後、左足首に怪我を負っていたと語った.

” 結果にがっかりしました 」と彼は言った.

” 過去 10 日間はあまり良くありませんでしたが、私が何を達成したとしても、私のキャリアは重要だ.私がカミングアウトして裁判でそれを示すことが重要だ.

“簡単だったでしょう見せないように。 深く掘り下げて、残り15周で顔が痛くなりました。

“私たちを素晴らしいものにするのは自分自身に挑戦し、それを証明することができるということです。だから、次の段階としてあなたがしなければならないことです」

ファラは 6 月 27 日までに東京の 27 時 28 分基準内に落ち込む必要があります。

代わりに、彼は 5,000 メートルに注意を向けることができます。 6月26日の英国選手権。

しかし、ファラーの残念なパフォーマンスは、東京でのトラックカムバック後に引退するという彼の計画が前倒しされる可能性があることを示唆している.

ファラはスペンを持っている過去 3 年半、彼のトラックでの成功を公道で再現しようと試みましたが、彼のマラソンの切り替えはうまくいきませんでした

2017 年にロンドン スタジアムでワールド タイトルを獲得して以来、初めての 10,000m のトラックで、

2017年ロンドン大会で2位に終わったウガンダのジョシュア・キプテゲイは、彼の後を継いで世界チャンピオンになり、10月にはケネニサ・ベケレの15歳の世界記録を破ったファラーがベストを尽くせるよりも35秒以上速いタイムで.

ファラーの無敵のオーラが消えたというスコットの予測は、彼が国内のライバルに0.7秒差をつけてフィニッシュしたため、正しかったことが証明された. 英国人にとって最初のホームであり、予選タイムが2月にさかのぼり、東京へのチケットを自分で請求するだけで十分だった.

フランス人のモルハド・アムドゥニはよくわかっていたどちらも27:23.39で勝利。

Eilish McColgan

Eilish McColgan は、2012 年のロンドンでの障害物競走と 2016 年のリオでの 5,000 メートルを走った後、3 回目のオリンピックで英国を代表します

女子エリート レースでは、エイリッシュ マッコルガンが最後の 50 メートルでイスラエルのセラマウィット テフェリーをオーバーホールし、31 で勝利を収めました。 :19.21 彼女の東京スポットを確認しましたが、本当の感情は先頭のペアの後ろで爆発しました.

Jess Judd は 31 分 20 秒 84 で 3 位になったときに泣き崩れ、初めてオリンピックに出場するのに十分なタイムでした

26 歳の彼は、中・短距離でのキャリアの後、先月初めて 10,000 メートルにステップアップしました。 その時、彼女はオリンピック予選基準の 31 分 25 秒を 1 秒も満たしていませんでした。

「私はバズーです。私は完全に月を超えています」

<span data-reactid=".28z6va6z98i.0.0.0.1.$paragraph-21.$link-2.0">彼女はAthletics Weeklyに語った.</span><span data-reactid=".28z6va6z98i.0.0.0.1.$paragraph-21.$link-2.1"> <title data-reactid=".28z6va6z98i.0.0.0.1.$paragraph-21.$link-2.1.0.0">外部リンク

「まさかこんなことになるとは」

ヴェリティー・オッケンデンとエイミー・エロイーズ・マルコフクは4位と5位でフィニッシュした – どちらもオリンピック予選時間外

マッコルガンの資格母リズが日本の首都で世界10,000メートルの金メダルを獲得してから30年後、彼女は東京を走ることを意味する.

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button