健康 (Health)

プエルトリコでの中古のマリファナとタバコの煙への曝露リスクと残された有害な残留物

Zimmetry Environmentalは、呼吸器刺激物、発がん性物質、アレルゲン、および煙によって引き起こされる喘息の引き金への曝露リスクを特定および軽減するための空気および表面試験サービスを提供します。 プエルトリコ、バヤモン– WEBWIRE – 2021年9月13日月曜日毎月2,000万人以上のアメリカ人がマリファナを喫煙し、さらに数百万人がタバコを喫煙しているため、他の多くの人々が間接喫煙と屋内表面に残された残留物にさらされています。 間接喫煙への曝露は人の健康を脅かす可能性があることが長い間認識されてきました。 米国疾病予防管理センター(CDC)によると、喫煙をしない人にとっては、間接喫煙やタバコの煙に含まれる何千もの化学物質にさらされると、多くの人が選択の余地がありません。  CDCは、環境たばこ煙(ETS)と呼ばれることもある間接喫煙が、乳幼児突然死症候群(SIDS)、呼吸器感染症、耳感染症、乳幼児および小児の喘息発作の既知の原因であると報告しています。 また、成人の非喫煙者の心臓病、脳卒中、肺がんにも関連しています。 マリファナの煙も多くの人にとって問題です。 CDCによると、スモークマリファナにはスモークタバコと同じ発ガン性物質がたくさん含まれています。 また、マリファナの心理的影響のほとんどに関与する化学物質であるテトラヒドロカンナビノール(THC)も含まれています。 煙は多くの化学物質と粒子状物質(PM)の複雑な混合物です。 PMへの曝露は、肺の炎症を引き起こす可能性があり、この状態の一部の人々に喘息発作を引き起こす可能性があり、肺疾患を患っている人々にとって懸念となる可能性があります。  ??毎月2000万人以上のアメリカ人がマリファナを喫煙し、さらに何百万人ものタバコを吸うことで、他の多くの人々が間接喫煙と屋内表面に残された残留物にさらされていますか? ZimmetryEnvironmentalの社長であるHarryPenaは言った。 ??これらの残留物は臭い、表面の変色を引き起こし、マリファナが使用されたときのTHCを含む多くの化学物質を含んでいます。 家主、施設管理者、住宅購入者、および入居予定者が間接喫煙曝露のリスクと残留物を特定するのを支援するのは、Zimmetryの屋内環境品質(IEQ)の専門家です。 プエルトリコとその周辺地域全体で、Zimmetryは、ETSとニコチン残留物、マリファナの煙汚染、粒子状物質、およびその他のさまざまな大気汚染物質と表面汚染物質のテストサービスを提供しています。 テスト結果が陽性の場合、Zimmetry ?? sのコンサルタントは、将来の曝露の懸念を排除または軽減するのに役立つ、洗浄、換気、およびろ過の変更に関する推奨事項を提供できます。 Zimmetryは最近、https://youtu.be/Yld5gP8Hz2Mで見ることができる中古のマリファナの煙曝露リスクに関する教育ビデオも後援しました。 このまたは他の室内空気質、建築科学、および環境コンプライアンスのテストとコンサルティングサービスの詳細については、www.zimmetry.comにアクセスするか、(787)995.0005に電話するか、info @ zimmetry.comに電子メールを送信してください。  ZimmetryEnvironmentalについて 2002年以来、Zimmetry Environmentalは、建物の所有者と管理者、建築家、エンジニア、EHS専門家、およびFortune500企業に環境コンサルティングサービスを提供してきました。 同社はプエルトリコに拠点を置き、カリブ海と中央アメリカ全体にサービスを提供しています。 Zimmetryの専門家は、環境コンプライアンス、室内空気質、アスベスト、鉛ベースの塗料、フェーズI ESA、および一般的な環境コンサルティングサービスを提供しています。(プレスリリース画像:https://photos.webwire.com/prmedia/12710/279020/279020-1.png)WebWireID279020連絡先情報Paul Cochrane President Cochrane&Associates、LLC電子メールによる連絡先このニュースコンテンツは、合法的なニュースの収集および公開の取り組みに統合される場合があります。 リンクは許可されています。 WebWireが提供するニュースリリース配信およびプレスリリース配信サービス。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button